長崎 日 大 柔道。 長崎日本大学柔道部

西郷四郎

長崎 日 大 柔道

前列左西郷四郎、右 ・の三男としてに生まれた。 3歳のときにを逃れるため家族で(現:)に移住。 16歳で会津藩家老・の養子となり、石田村(現:)のにとして奉職する頼母に育てられた。 (15年)上京し、当時はの予備校であった()に入学、の道場で学んでいる間に、同流出身のに見いだされ、へ移籍する。 (明治16年)にを取得。 (明治19年)ので講道館柔道が諸派に勝ったことにより、講道館柔道が警視庁の正課科目として採用され、現在の柔道の発展の起点となった。 西郷はこの試合での好地圓太郎(同流のとする文献もあり)に勝ち、勝利に貢献した。 西郷の得意技は「」だが、これは幼少の頃から上で仕事をしていた関係で影響で身についた「タコ足(足指がのような強い力を持っていたことから、この名で呼ばれる)」を生かしたため、相手の足を刈る際の技の切れは他者よりも格段に鋭かったと言われる。 その技は嘉納治五郎に「ソノ得意ノ技ニ於テハ幾万ノ門下イマダ右ニ出デタルモノナシ」と言わしめた。 山嵐はの技法が活用されていたとする説も一部にあるが、西郷が大東流を学んだ形跡はなく、講道館に伝えられている山嵐の技法を見る限りでは、大東流の影響は余り感じられない。 (明治22年)、嘉納治五郎が海外視察に行く際に後事を託され、講道館のとなったが、嘉納が洋行中の(明治23年)、『支那渡航意見書』を残し講道館を出奔。 以前から交流のあったとともにに身を投じる。 (明治35年)、がで『』を創刊すると、同新聞の編集長を務める傍ら、長崎で柔道、を指導した。 また、の創設に鈴木天眼とともに関わり、同協会の監督としてを指導している。 1922年(11年)12月22日、病気療養のため滞在していたで死去。 没後、講道館から六段をされる。 、嘉納は西郷の碑に「講道館柔道開創ノ際 予ヲ助ケテ研究シ 投技ノ薀奥ヲ窮ム 其ノ得意ノ技ニ於テハ 幾万ノ門下未ダ其ノ右ニ出デタルモノナシ 不幸病ニ罹リ他界セリト聞ク エン惜ニ堪エズ 依テ六段ヲ贈リ以テ其ノ効績を表ス」と刻んでいる。 四郎自身の体格は、身長が五一(約153)、体重は十四(約53)だったと伝わる。 大東流合気柔術との関係 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年6月) の主張する伝承史によると、西郷四郎の養父である頼母は、に会津藩に伝わる大東流合気柔術(の元となった武術)を伝授したとされている。 このことから、頼母の養子である四郎も、何らかの形で養父から大東流合気柔術を伝授されたとし、四郎を開祖とする武術団体(西郷派大東流合気武術など)が存在しているが、近年 [ ]の武術史研究では、四郎が大東流合気柔術を学んだ物的証拠が存在しないことが証明されており、この説は否定されている(詳しくはの項を参照のこと) [ ]。 近年 [ ]の研究で、西郷四郎の「山嵐」は古流柔術の背負い落しの変形と足技を組み合わせ、大東流合気柔術とは無関係とされる [ ]。 近年 [ ]が公開した気合術4文献に気合・合気の説明がある。 武田惣角は隣村の易者万之丞に学び、合気は修験道の気合術から引用した言葉と判明した。 西郷頼母研究家牧野登は、「山嵐」は四郎独自の技と修正している [ ]。 モデルとしたフィクション [ ] 小説• - の小説ならび、それを原作とする映像作品 映画• シリーズ - 西郷をモデルにした本郷四郎 (演:) を主人公にした作品 漫画• - の漫画。 黒帯疾風録 - 原作、作画の漫画。 小さな巨人 - の漫画。 関連項目 [ ]•

次の

部員名簿

長崎 日 大 柔道

概要 [ ] 歴史 日本大学第5代総長・により、その郷里の長崎県に日本大学の付属高校として(42年)に開校した。 (3年)に中学校を併設し、中高一貫教育を開始した。 高校設置準備委員会が発足した(昭和41年)を創立年としており、(平成23年)に創立45周年を迎えた。 校訓 「至誠 勤労 創造」 - 至誠の心を元とし、心身の勤労に励み、創造の精神に生きる 校歌 作詞は松原博一、作曲は貴島清彦による。 3番まであり、1・3番に校名の「長崎日大」が登場する。 設置課程・学科• クリエイトコース中学課程• クリエイトコース高校課程 ()• アカデミーコースI類• アカデミーコースII類• プログレスコース• デザイン美術科 施設• 1号館、2号館、3号館、実践棟• 第1体育館、第2体育館、鳳雛舞館(武道館)、旧武道館• 第1グラウンド、第2グラウンド(テニスコート6面・サッカー場・野球場)、第3グラウンド• 食堂、購買部• 中庭 - ステージ・バスケットゴールを備える。 明倫館 - 寮 制服 男女ともに濃紺・濃緑チェックの。 男子は(冬服)、女子は着用。 通学 、、、、小浜町、諫早市小長井町、などとの間にスクールバスを運行している。 沿革 [ ]• (昭和41年)( 創立年)• 6月 - 設立準備委員会が発足。 - 設立発起人会が結成。 - 長崎日本大学高等学校の設置申請書をに提出。 - 長崎日本大学高等学校の設置が認可される。 初代理事長に中村達、初代校長に管野新一郎が就任。 生徒定員を900名とする。 1967年(昭和42年)• - 準付属高等学校とする契約を日本大学との間に締結。 - 南校舎と体育館が完成。 - 「 長崎日本大学高等学校」が開校。 - 第1回入学式を挙行。 - 開校式・落成式を挙行。 - 至誠寮を開設。 - 校旗授与式を挙行。 (昭和43年)• - 図書館が開館。 - 北校舎が完成。 - 第1回校外デザイン展をで開催。 (昭和44年)• 4月1日 - 校訓「至誠・勤労・創造」を制定。 - 長崎日大高新聞第1号を発行。 - 校歌が完成。 (昭和45年)• - 向学寮を開設。 - 第1回体育大会を挙行。 (昭和46年) - 卒業文集「貝津」 第1号を発刊。 (昭和48年) - 創設者・永田菊四郎の胸像を建立。 (昭和49年) - 格技場(柔道・剣道)が完成。 (昭和50年)4月1日 - 生徒定員を1,950名に改定。 (昭和51年) - クラブ部屋20室が完成。 (昭和52年)• - 広報紙「潮鳴」第1号を発刊。 - 創立10周年記念事業として、音楽室・吹奏楽部練習室・地学実験室・生物実験室・記念の鐘が完成。 (昭和53年) - デザイン工作室が完成。 (昭和55年) - 購買部室・小会議室等が完成。 (昭和56年)• - 創立15周年記念事業として実践室棟が完成。 - 至誠寮と向学寮の2寮を閉寮。 - 創立15周年記念事業として教育センター明倫館が完成。 (昭和58年)• - 第1回修学旅行を実施。 - 屋外・屋外室、明倫館カウンセラー棟が完成。 (昭和61年)• 3月31日 - 創立20周年記念事業としてテニスコート6面、サッカー場、野球場を備える第2グランドが完成。 - 第2体育館が完成。 9月1日 - 中庭造園「いこいの広場」が完成。 (平成元年)4月 - 普通科に進学クラスを開設。 (平成2年)4月 - 制服を改定。 (平成3年)• - 3号館が完成。 - 長崎日本大学中学校の設置が認可される。 - 校門を新設。 4月1日• 法人名を学校法人長崎日本大学学園に改称。 「 長崎日本大学中学校」を併設し、中高一貫教育を開始。 高等学校経営科を経営情報科に、秘書科を秘書英語科に、デザイン科をデザイン美術科に変更。 (平成4年)• - 、立テンプルトン・セカンダリースクールと姉妹校を提携。 - 第3グランドが完成。 (平成5年)• 4月1日 - デザイン美術科学科を工業に関する学科から芸術に関する学科に変更。 7月 - 第1回語学研修を中学校で実施。 - 第2駐車場が完成。 (平成6年)3月31日 - 野球部室内練習場が完成。 (平成7年) - 企画室(同窓会・育成会・後援会事務室)を開設。 (平成8年)• - マルチメディアルームが完成。 - 玄関前庭園を整備。 (平成11年)4月1日。 経営情報科と秘書英語科を統合し、総合情報科とする。 普通科に類型別クラス編成を導入• (平成12年)• 9月 - 育成会ルーム・STルームを開設。 12月 - 高校、第1回修学旅行を実施。 (平成13年)• 3月 - 校舎大改修が完了。 8月 - 屋外ステージが完成。 (平成17年)3月 - 第1回デザイン美術科研修を実施。 (平成18年)10月 - 卒業生の活躍を紹介するアニバーサリーホールが完成。 (平成19年)• 2月 - 鳳雛舞館(武道館)が完成。 3月 - 総合情報科の募集を停止。 (平成21年)• 3月31日 - 総合情報科を廃止。 12月 - 高校、・への修学旅行を実施。 (平成26年)• 12月 - 50周年記念行事のひとつとして、2017年(平成29年)完成予定の新キャンパス建設構想が2学期終業式、生徒の前で発表された。 (平成27年)• 1月 - 新校舎建設開始。 学校行事 [ ]。 1学期• 4月 - 入学式、中・スプリングスクール、対面式、中1・高1オリエンテーション、高・日本大学標準学力テスト、遠足、体育祭• 5月 - 生徒会総会、日本大学模擬授業、中間考査• 6月 - 諫早市中学校総合体育大会(中総体)、長崎県高等学校総合体育大会(高総体)、高・進学講演会、創立記念日、生徒会立会い演説会、美術館見学会(デザイン美術科)、高・テーブルマナー講習会、期末考査• 7月 - オープンスクール、球技大会、三者面談、強化ゼミ(デザイン美術科)、夏季進学講座• 8月 - 平和学習(9日、)、中・サマースクール、学習合宿、研修 2学期• 9月 - 永田菊四郎杯弁論大会、中・巡検• 10月 - 校内読書週間、中間考査、デザイン美術科卒業制作展、文化祭(桜菊祭)• 11月 - 高・日本大学統一テスト、芸術鑑賞会、期末考査• 12月 - 高・修学旅行(韓国コースかシンガポール・マレーシアコースの2コースのうちから選択する)、冬季進学講座 3学期• 1月 - 直前合宿、中・修学旅行• 2月 - 校内大会、中・合唱コンクール、学年末考査• 3月 - 卒業式、中学課程修了式、球技大会、発表会、ケンブリッジ大学研修、パリ美術研修(デザイン美術科)、春季進学講座 部活動 [ ] 運動部• 部 (春のセンバツ)• 1993年(平成5年)出場(初)• 1999年(平成11年)出場(2回目) (夏の甲子園)• 1993年(平成5年)出場(初)• 1995年(平成7年)出場(2回目)• 1998年(平成10年)出場(3回目)• 1999年(平成11年)出場(4回目)• 2000年(平成12年)出場(5回目)ベスト8進出• (平成15年)出場(6回目)• 2007年(平成19年)出場(7回目)ベスト4進出• 2009年(平成21年)出場(8回目)• 2010年(平成22年)出場(9回目)• 部 (冬の国立)• 2008年(平成20年)出場(初)• 2011年(平成23年)出場(2回目)• サークル• 応援部• 愛好会 文化部• 部 長崎県吹奏楽コンクール• 第55回(2010年)金賞代表• 第56回(2011年)金賞• 第57回(2012年)金賞代表• 第58回(2013年)金賞• 第59回(2014年)金賞• 第60回(2015年)金賞 九州吹奏楽コンクール• 第55回(2010年)金賞• 第57回(2012年)銅賞 長崎県マーチングコンテスト• 第23回(2010年)金賞代表• 第24回(2011年)金賞代表• 第25回(2012年)金賞• 第26回(2013年)金賞代表• 第27回(2014年)金賞代表• 第28回(2015年)金賞代表 九州マーチングコンテスト• 第28回(2010年)銀賞• 第29回(2011年)銀賞• 第31回(2013年)金賞• 第32回(2014年)銀賞• 第33回(2015年)金賞 長崎県アンサンブルコンテスト• 第37回(2010年)金賞(金管8重奏)• 第38回(2011年)金賞(金管8重奏)• 第39回(2012年)銀賞(管打8重奏)• 第40回(2013年)金賞(管打8重奏)• 第41回(2014年)金賞(金管8重奏)• 第42回(2015年)金賞(クラリネット4重奏)• 愛好会• 部 著名な卒業生 [ ] 芸術・文化• - 美術監督• - 漫画家• - 漫画家• - ダンサー・実業家• - フリーアナウンサー• 富士山富士夫 - ロックバンド「」メンバー• - 版画家• - 歌手• - 漫画家• ヤス - お笑いコンビ「」メンバー スポーツ• - プロ野球選手• - プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 監督• - 元サッカー選手• - 元サッカー選手• - サッカー指導者• - 競艇選手• - 柔道家• - 柔道家• - バレーボール選手 交通アクセス [ ] 最寄りの鉄道駅• 下車後、徒歩約15分 最寄りのバス停• 諫早市内線日大高校前バス停・貝津団地入口バス停下車後すぐ 最寄りの国道・県道・交差点• ・貝津町交差点• ()より車で1分 スクールバス• 浦上方面• 小ヶ倉方面• 大村方面• (長崎県営バス)諫早営業所・中央整備工場• 南部浄化センター• 西諫早ニュータウン店• 西諫早ゴルフ練習場 脚注 [ ] [].

次の

長崎県柔道場連盟

長崎 日 大 柔道

概要 [ ] 歴史 日本大学第5代総長・により、その郷里の長崎県に日本大学の付属高校として(42年)に開校した。 (3年)に中学校を併設し、中高一貫教育を開始した。 高校設置準備委員会が発足した(昭和41年)を創立年としており、(平成23年)に創立45周年を迎えた。 校訓 「至誠 勤労 創造」 - 至誠の心を元とし、心身の勤労に励み、創造の精神に生きる 校歌 作詞は松原博一、作曲は貴島清彦による。 3番まであり、1・3番に校名の「長崎日大」が登場する。 設置課程・学科• クリエイトコース中学課程• クリエイトコース高校課程 ()• アカデミーコースI類• アカデミーコースII類• プログレスコース• デザイン美術科 施設• 1号館、2号館、3号館、実践棟• 第1体育館、第2体育館、鳳雛舞館(武道館)、旧武道館• 第1グラウンド、第2グラウンド(テニスコート6面・サッカー場・野球場)、第3グラウンド• 食堂、購買部• 中庭 - ステージ・バスケットゴールを備える。 明倫館 - 寮 制服 男女ともに濃紺・濃緑チェックの。 男子は(冬服)、女子は着用。 通学 、、、、小浜町、諫早市小長井町、などとの間にスクールバスを運行している。 沿革 [ ]• (昭和41年)( 創立年)• 6月 - 設立準備委員会が発足。 - 設立発起人会が結成。 - 長崎日本大学高等学校の設置申請書をに提出。 - 長崎日本大学高等学校の設置が認可される。 初代理事長に中村達、初代校長に管野新一郎が就任。 生徒定員を900名とする。 1967年(昭和42年)• - 準付属高等学校とする契約を日本大学との間に締結。 - 南校舎と体育館が完成。 - 「 長崎日本大学高等学校」が開校。 - 第1回入学式を挙行。 - 開校式・落成式を挙行。 - 至誠寮を開設。 - 校旗授与式を挙行。 (昭和43年)• - 図書館が開館。 - 北校舎が完成。 - 第1回校外デザイン展をで開催。 (昭和44年)• 4月1日 - 校訓「至誠・勤労・創造」を制定。 - 長崎日大高新聞第1号を発行。 - 校歌が完成。 (昭和45年)• - 向学寮を開設。 - 第1回体育大会を挙行。 (昭和46年) - 卒業文集「貝津」 第1号を発刊。 (昭和48年) - 創設者・永田菊四郎の胸像を建立。 (昭和49年) - 格技場(柔道・剣道)が完成。 (昭和50年)4月1日 - 生徒定員を1,950名に改定。 (昭和51年) - クラブ部屋20室が完成。 (昭和52年)• - 広報紙「潮鳴」第1号を発刊。 - 創立10周年記念事業として、音楽室・吹奏楽部練習室・地学実験室・生物実験室・記念の鐘が完成。 (昭和53年) - デザイン工作室が完成。 (昭和55年) - 購買部室・小会議室等が完成。 (昭和56年)• - 創立15周年記念事業として実践室棟が完成。 - 至誠寮と向学寮の2寮を閉寮。 - 創立15周年記念事業として教育センター明倫館が完成。 (昭和58年)• - 第1回修学旅行を実施。 - 屋外・屋外室、明倫館カウンセラー棟が完成。 (昭和61年)• 3月31日 - 創立20周年記念事業としてテニスコート6面、サッカー場、野球場を備える第2グランドが完成。 - 第2体育館が完成。 9月1日 - 中庭造園「いこいの広場」が完成。 (平成元年)4月 - 普通科に進学クラスを開設。 (平成2年)4月 - 制服を改定。 (平成3年)• - 3号館が完成。 - 長崎日本大学中学校の設置が認可される。 - 校門を新設。 4月1日• 法人名を学校法人長崎日本大学学園に改称。 「 長崎日本大学中学校」を併設し、中高一貫教育を開始。 高等学校経営科を経営情報科に、秘書科を秘書英語科に、デザイン科をデザイン美術科に変更。 (平成4年)• - 、立テンプルトン・セカンダリースクールと姉妹校を提携。 - 第3グランドが完成。 (平成5年)• 4月1日 - デザイン美術科学科を工業に関する学科から芸術に関する学科に変更。 7月 - 第1回語学研修を中学校で実施。 - 第2駐車場が完成。 (平成6年)3月31日 - 野球部室内練習場が完成。 (平成7年) - 企画室(同窓会・育成会・後援会事務室)を開設。 (平成8年)• - マルチメディアルームが完成。 - 玄関前庭園を整備。 (平成11年)4月1日。 経営情報科と秘書英語科を統合し、総合情報科とする。 普通科に類型別クラス編成を導入• (平成12年)• 9月 - 育成会ルーム・STルームを開設。 12月 - 高校、第1回修学旅行を実施。 (平成13年)• 3月 - 校舎大改修が完了。 8月 - 屋外ステージが完成。 (平成17年)3月 - 第1回デザイン美術科研修を実施。 (平成18年)10月 - 卒業生の活躍を紹介するアニバーサリーホールが完成。 (平成19年)• 2月 - 鳳雛舞館(武道館)が完成。 3月 - 総合情報科の募集を停止。 (平成21年)• 3月31日 - 総合情報科を廃止。 12月 - 高校、・への修学旅行を実施。 (平成26年)• 12月 - 50周年記念行事のひとつとして、2017年(平成29年)完成予定の新キャンパス建設構想が2学期終業式、生徒の前で発表された。 (平成27年)• 1月 - 新校舎建設開始。 学校行事 [ ]。 1学期• 4月 - 入学式、中・スプリングスクール、対面式、中1・高1オリエンテーション、高・日本大学標準学力テスト、遠足、体育祭• 5月 - 生徒会総会、日本大学模擬授業、中間考査• 6月 - 諫早市中学校総合体育大会(中総体)、長崎県高等学校総合体育大会(高総体)、高・進学講演会、創立記念日、生徒会立会い演説会、美術館見学会(デザイン美術科)、高・テーブルマナー講習会、期末考査• 7月 - オープンスクール、球技大会、三者面談、強化ゼミ(デザイン美術科)、夏季進学講座• 8月 - 平和学習(9日、)、中・サマースクール、学習合宿、研修 2学期• 9月 - 永田菊四郎杯弁論大会、中・巡検• 10月 - 校内読書週間、中間考査、デザイン美術科卒業制作展、文化祭(桜菊祭)• 11月 - 高・日本大学統一テスト、芸術鑑賞会、期末考査• 12月 - 高・修学旅行(韓国コースかシンガポール・マレーシアコースの2コースのうちから選択する)、冬季進学講座 3学期• 1月 - 直前合宿、中・修学旅行• 2月 - 校内大会、中・合唱コンクール、学年末考査• 3月 - 卒業式、中学課程修了式、球技大会、発表会、ケンブリッジ大学研修、パリ美術研修(デザイン美術科)、春季進学講座 部活動 [ ] 運動部• 部 (春のセンバツ)• 1993年(平成5年)出場(初)• 1999年(平成11年)出場(2回目) (夏の甲子園)• 1993年(平成5年)出場(初)• 1995年(平成7年)出場(2回目)• 1998年(平成10年)出場(3回目)• 1999年(平成11年)出場(4回目)• 2000年(平成12年)出場(5回目)ベスト8進出• (平成15年)出場(6回目)• 2007年(平成19年)出場(7回目)ベスト4進出• 2009年(平成21年)出場(8回目)• 2010年(平成22年)出場(9回目)• 部 (冬の国立)• 2008年(平成20年)出場(初)• 2011年(平成23年)出場(2回目)• サークル• 応援部• 愛好会 文化部• 部 長崎県吹奏楽コンクール• 第55回(2010年)金賞代表• 第56回(2011年)金賞• 第57回(2012年)金賞代表• 第58回(2013年)金賞• 第59回(2014年)金賞• 第60回(2015年)金賞 九州吹奏楽コンクール• 第55回(2010年)金賞• 第57回(2012年)銅賞 長崎県マーチングコンテスト• 第23回(2010年)金賞代表• 第24回(2011年)金賞代表• 第25回(2012年)金賞• 第26回(2013年)金賞代表• 第27回(2014年)金賞代表• 第28回(2015年)金賞代表 九州マーチングコンテスト• 第28回(2010年)銀賞• 第29回(2011年)銀賞• 第31回(2013年)金賞• 第32回(2014年)銀賞• 第33回(2015年)金賞 長崎県アンサンブルコンテスト• 第37回(2010年)金賞(金管8重奏)• 第38回(2011年)金賞(金管8重奏)• 第39回(2012年)銀賞(管打8重奏)• 第40回(2013年)金賞(管打8重奏)• 第41回(2014年)金賞(金管8重奏)• 第42回(2015年)金賞(クラリネット4重奏)• 愛好会• 部 著名な卒業生 [ ] 芸術・文化• - 美術監督• - 漫画家• - 漫画家• - ダンサー・実業家• - フリーアナウンサー• 富士山富士夫 - ロックバンド「」メンバー• - 版画家• - 歌手• - 漫画家• ヤス - お笑いコンビ「」メンバー スポーツ• - プロ野球選手• - プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 元プロ野球選手• - 監督• - 元サッカー選手• - 元サッカー選手• - サッカー指導者• - 競艇選手• - 柔道家• - 柔道家• - バレーボール選手 交通アクセス [ ] 最寄りの鉄道駅• 下車後、徒歩約15分 最寄りのバス停• 諫早市内線日大高校前バス停・貝津団地入口バス停下車後すぐ 最寄りの国道・県道・交差点• ・貝津町交差点• ()より車で1分 スクールバス• 浦上方面• 小ヶ倉方面• 大村方面• (長崎県営バス)諫早営業所・中央整備工場• 南部浄化センター• 西諫早ニュータウン店• 西諫早ゴルフ練習場 脚注 [ ] [].

次の