吉永 小百合 cm。 青森県「津軽の逆さ富士篇」|大人の休日倶楽部:JR東日本

吉永小百合が「五島の椿」新CM出演 「長崎 五島の力になれれば」 松下剛 MTG 代表らの産学官民連携事業に賛同(2020年2月29日)|BIGLOBEニュース

吉永 小百合 cm

このフルバージョンを、30秒・60秒に仕立てた新CMが、関東・関西・名古屋・福岡・札幌・長崎の6エリアでオンエアが始まった。 吉永小百合はこのCM出演を快諾した理由と、五島への想いをこう伝えている。 「初めて五島を訪れたとき、波止場で船を見送る地元の人たちの姿をみて、胸が切なくなる気持ちでした。 この五島で、たくさんの人たちが生き生きと暮らせるようになれば、素敵だなと思いました」 「美しい空気や景色、人間が生きる地の原点ともいえる五島の力になれればと思います」(吉永小百合) 吉永小百合を「胸が切なくなる気持ち」にさせたのは、五島の切実な事情。 長崎の西に浮かぶ五島列島はいま、歯止めがかからない人口減少と高齢化が深刻……。 五島出身、松下剛 MTG 代表らが「生かされた命で世の中に恩返し」 この壁を打破すべく、産学官民の力を結集させ「五島の宝」といわれる椿を全国の消費者へ届けるプロジェクト「五島の椿プロジェクト」に、吉永小百合が賛同。 この「五島の椿プロジェクト」をけん引するのが、五島列島 福江島 出身で、MTG 代表取締役社長の松下剛(松下財団 代表理事)。 五島列島 福江島 出身の松下代表は、一般財団法人松下財団を設立し、産学官民連携・地域活性事業「五島の椿プロジェクト」を始動。 そこにかける想いについて、こう語った。 「生まれて3か月のときに、松下家に養子として育てられた。 わたしにとって五島は『命の恩人の島』。 この五島がなかったら、いまの自分はなかった。 そして、満を持して登場させた同プロジェクトの第一弾商品が……。 第一弾は、椿酵母せっけんと椿酵母オイル 「五島の椿プロジェクト」認定商品 第一弾は、「五島の椿・椿酵母せっけん」と「五島の椿・椿酵母オイル(フェイス)」の2品。 手がけるのは、「五島の椿プロジェクト」認定パートナーの「五島の椿」(MTGグループ)。 そのプロダクトの詳細は別で記すとして、この「五島の椿プロジェクト」の今後について。 松下代表は、五島の宝といわれる椿を核とした「持続可能な産業・雇用を創出する『五島の椿プロジェクト』について、こう期待を寄せた。 「いままで捨てていた椿の果皮や枝、根など、すべてを原料にし、あらゆる商品を産官学民で開発。 地域創生に貢献したい」 「すばらしい成分を発見し、新たな酵母も発見した。 まだまだ椿は奥が深い。 ここ五島でさらに研究していけば、可能性はまだまだあると確信している」 「今後、第二弾、第三弾と、賛同いただけるパートナー企業を増やし、産官学民が連携を取りながら、五島の持続可能な産業と雇用を創出していきたい」(松下代表) ———都内で開かれた「五島の椿プロジェクト」発表会には、同CMに出演する吉永小百合をはじめ、長崎県 中村法道 知事、五島市 野口市太郎 市長、染織家 志村洋子氏、新上五島町 江川悦生 町長、五島の椿 谷川富隆 専務らが登壇。 吉永小百合がステージで着てみせた、染織家 志村洋子氏ら制作の着物「椿の詩」や、吉永小百合の五島への想い、新商品の詳細についてなどは、また別記事で。

次の

吉永小百合が「五島の椿」新CM出演 「長崎 五島の力になれれば」 松下剛 MTG 代表らの産学官民連携事業に賛同

吉永 小百合 cm

かつて「ミツバチ族」と呼ばれたライダーや、鉄道と徒歩で北海道を周遊した旅人は、冒険心、探検家スピリッツにあふれていました。 そんな時代の若者たちが選んだ、北海道の最果て(あくまで当時の最果てですが)の岬が、北海道三大秘岬... カテゴリ:• 日本一高い山は、富士山ということは知られていますが、では2番というと・・・。 案外知られておらず、南アルプスの北岳で標高3193m。 山男ならベスト3はスラスラのはずですが、実は、近年、3番めは、奥穂高岳(北アルプスの最高... カテゴリ:• 授業で習った「カルスト地形」。 地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形のこと。 実は、日本各地にこの石灰岩地帯はあるのですが、日本三大カルストと呼ばれる大規模な奇観は、有名な秋吉台(山口県美祢市)、四国カルス... カテゴリ: ,• 商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。 日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川... カテゴリ: , ,• 2019年6月15日(土)12:00頃〜、香川県まんのう町で『満濃池ゆる抜き』が行なわれます。 香川県最大のため池、満濃池の池の水を抜き豊作祈願の儀式を行なう、江戸時代以前から行われている行事で、讃岐平野の本格的な田植え... カテゴリ: ,• 山あり谷ありの日本列島にはたくさんの橋がかかっていますが、歴史的に日本三奇橋といわれるのは、甲州(現・山梨県大月市)の猿橋、防州・岩国(山口県岩国市)の錦帯橋、越中新川郡(富山県黒部市)の愛本橋ですが、愛本橋は現存しない... カテゴリ:• 日本国内の巨木・巨樹は環境省の「巨樹・巨木林データベース」が基本。 ところが、北金ヶ沢のイチョウ(青森県深浦町)のように、平成7年に民間団体が雑誌に発表してから、調査が入り「日本第3位の巨木」と判明したものもあります。 カテゴリ: , , , ,• 平成6年に竜神峡に架けられた歩行者専用の吊り橋「竜神大吊橋」は、12年の長きにわたって日本一の地位を守りました。 それに代わって1位となったのが九州・大分県の九重"夢"大吊橋。 平成18年10月30日に日本一を奪取し、多くの... カテゴリ: , , , , , , , , , ,• 古代のヤマト王権の大王や、地方の豪族が築いた古墳。 とくに前方後円墳は、墳丘長486mという大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を筆頭に巨大古墳の上位に君臨しています。 なんと巨大古墳は27位までが西日本に築かれていますが、ベスト10に... カテゴリ: , ,• ダムの大きさは堤高でも表現しますが、その機能を考えると総貯水容量も大切。 水がめの役割は、発電だけでなく、上水道、工業用水、農業用水、さらには洪水防止と多目的に活用されているのです。 さらに加えて、湖上遊覧など観光スポット... カテゴリ:.

次の

吉永小百合が「五島の椿」新CM出演 「長崎 五島の力になれれば」 松下剛 MTG 代表らの産学官民連携事業に賛同

吉永 小百合 cm

かつて13,000基を超える古墳が造られていた群馬県。 現在でも2,000基余りがその姿をとどめ、石室の中まで入ることができる「大室古墳群」をはじめ、貴重な古墳・遺跡が数多く残存します。 歩いて、登って、触れて、リアルに体感することで1,500年以上前の東国文化への想像が膨む。 書物や映像から学べる歴史もいいですが、その土地で、その空気で、想いを馳せる。 そんな歴史の旅もいいものです。 撮影地のご案内• 古墳時代から平安時代にかけて、現在の関東地方で栄えた「東国文化」の中心地であった「上毛野国(かみつけぬのくに)」。 現在の群馬県です。 豊かな自然に恵まれ、交通の要衝にあった上毛野国は、当時日本の政治・経済・文化の中心であった畿内地域を治めるヤマト王権と連携して、大きな勢力となっていきました。 ヤマト王権とのつながりを示す西日本と同様の大型の前方後円墳や豪華な副葬品など、歴史的な遺産が群馬県内には数多く残っています。 関連情報.

次の