鬼滅の刃 最終回 最悪。 「鬼滅ロス」症候群とは?鬼滅の刃最終話205話が予想に反して完結!ネットの意見は?

鬼滅の刃最終回(205話)が最悪すぎると話題に!SNSの声まとめ|ドラママ

鬼滅の刃 最終回 最悪

【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」 関連記事.

次の

【悲報】ジャンプ、鬼滅の刃最終回で儲けようとして叩かれる

鬼滅の刃 最終回 最悪

人気沸騰の連載漫画『』が5月18日発売号の205話で最終回を迎えた。 そこで残された謎について徹底追求。 いわゆる引き延ばしなしに終了したことで、さらに高い評価を得ています」(漫画雑誌編集者) いつまでたっても戦いが終わらない作品が少なくない中、人気絶頂で連載を終了させた『鬼滅の刃』。 作者・吾峠呼世晴の初連載作品で、'16年から『週刊少年ジャンプ』で連載を開始した。 舞台は大正時代の人食い鬼たちがすむ世界。 主人公の炭焼きの少年・竈門炭治郎は、人食い鬼に家族を惨殺され唯一、生き残った妹の禰豆子も鬼に変えられる。 その妹を救うべく、鬼と戦う物語だ。 昨春にアニメ化されると人気に火がつき、単行本の累計発行部数は電子版を含むと6千万部超に。 関連グッズは発売と同時にソールドアウトで、ネット上で高値で取引されるなど、その人気は子どもだけではなく親や大人のファンも巻き込み、幅広く社会現象を巻き起こしている。 最終回では舞台が突然、現代にうつり、炭治郎ら登場人物の子孫や生まれ変わりが登場するという驚きの展開に。 「SNSなどでは最終回を迎えても未回収の伏線について考察しているサイトもありますが、よく読めば伏線はすべて回収されています」 と、『鬼滅の刃』を読み込んだというジャーナリストの渋井哲也さん。 『鬼滅の刃』を読み解くうえで重要ないくつかの「謎」に迫る! 竈門家が襲われた謎 物語は鬼の始祖であり支配者である鬼舞辻無惨が、竈門家の家族を惨殺し、自分の血を与えて禰豆子を鬼にするところから始まるが、なぜ無惨は、わざわざ山奥にある竈門家を襲ったのだろうか。 『新聞』編集者の西野由季子さんが解説する。 「『鬼滅の刃』最大の謎と言えます。 仮に何かしらの目的で竃門家を狙ったとしても、不在の炭治郎を見逃すはずはないでしょう。 『鬼滅の刃』は、不条理とそれを克服していく物語です。 ラスボスの無惨の存在を冒頭から明らかにしている構成からも、竃門家襲撃が最大の不条理として設定されているのかもしれません」 前出の渋井さんも、 「偶然なのでしょう。 偶然なんだけど、記憶の伝承というのは鬼側にもあって、日の光を浴びても大丈夫な身体になりたいという無惨の願望が、竈門家に足を運ばせたのではないでしょうか」 と分析。 1話目から衝撃の展開だったが、読者人気は高く第7話ではセンターカラー扱いに。 そこから鬼滅の快進撃が始まっていった。 禰豆子が太陽を克服できた謎 最強のラスボス・鬼舞辻無惨も克服できなかった太陽。 しかし、なぜか禰豆子は日の光を浴びても死ななかった。 「禰豆子は鬼化したときから特殊です。 人間のときの自我がわずかに残り、どんなに飢餓感があっても人間を食すことをセーブできています。 食べるかわりに睡眠を取ることで肉体を維持できるのも、禰豆子だけの特徴。 禰豆子の血液は絶えず変化していて、それを調べた、鬼の医者・珠世は、禰豆子が陽光を克服する可能性に気づいています。 「ポイントは千年前の人間時代の無惨が、病弱で医者の治療を受けていたということです。 薬は即効性がなく、回復できない無惨は怒って医者を殺害します。 殺害のあとで体質が変化して不死身になるものの、太陽光を浴びると朽ち果てるという弱点が残ります。 つまり薬が原因で鬼化しました。 柱の生死の謎 途中で引退した音柱の宇髄天元を除いて、最後の鬼舞辻戦を終えて生き残った柱は、水柱・冨岡義勇と風柱・不死川実弥の2人だけ。 最強の柱は岩柱の悲鳴嶼行冥だが、この2人が生き残ったのはなぜなのだろうか。 「生き残った柱のことよりも、なぜほかの柱が死んだのかというほうが重要です。 炎柱・煉獄杏寿郎は、柱でも1人では上弦の鬼には敵わないことを伝えるため早々と倒れたといえます。 霞柱・時透無一郎は若年ゆえ、経験のなさから敗北。 蟲柱・胡蝶しのぶはもともと自分の死を組み込んだ戦略を立てています。 岩柱・悲鳴嶼は、短命のしるしである痣の出現を得たため、治療薬を拒否して若い隊士に譲ります。 もし注射をしていたらあの場で死ぬことはなかったかもしれません。 彼が生き残ったのは、最強ではなかったからこそ、といえるのでは」と見立てる。 * * * 最後に、『鬼滅の刃』がここまでヒットした理由を渋井さんは、こう分析する。 「炭治郎はこれまでの少年漫画のどの主人公よりも優しく、鬼側にも感情移入していきます。 鬼を単なる悪役とするのではなく、悪者もそこに至るまでに悲しみを背負っていることを全編を通して説いています。 勧善懲悪の少年漫画にあって今の時代にとても合っていると感じますね」 10月には映画化も控えている。 『鬼滅の刃』の快進撃は今後も続きそうだ。 外部サイト.

次の

【鬼滅の刃】最終回(205話)がひどい?駄作でつまらない・オチが最悪と言われる理由

鬼滅の刃 最終回 最悪

最終回への世の中の反応 この頃の鬼滅と本当に同じ作者が描いてた?サイコパスなの?自分には合わないと思ったよ、面白いとは思わなかったよ。 でもここまで酷い最終回になるとはさすがに思ってなかったよ。 — 頭痛 kmtowr 鬼滅の刃よかったなぁ。。。 掲載順が後ろから数えた方が早い時から読んでた漫画がなぁ。。。 自分だけが知ってる特別な漫画って感じで勝手に応援してたからなぁ。。。 よき最終回でした。 ワニ先生お疲れ様です。 ありがとうございました。 — 龍くん sekaowaryu1 『鬼滅の刃』今日で最終回!いい終わり方だった! 鬼滅ロス 始まるね(笑) — あべっち。 鬼滅は途中までほんとに素晴らしかったよ、でもあの最終回はありえないだろ。 否定派も 最悪とまでは言っていませんが、かなりご不満がある様子…。 多分夕方には賛否の論争がもっとひどいことになっているでしょうw 最終回への私的見解 冒頭にも書いたように、正直これで終わるとは思っていませんでした。 鬼滅の刃、この社会現象・人気絶頂の最中に最終回。 絶対、集英社や担当に止められただろうに…。 もしかしたら集英社や担当編集との間にこんなドラマがあったんじゃないかってバクマンのこのシーンを思い出した。 人気絶頂の最中にバシッと終わらせる。 漫画家として、漫画として最高の終わらせ方。 — クロード 9696SAC 集英社が人気絶頂のこの作品をこのまま終わらせるはずがないと。 しかし、予想は外れ、最終回を迎えました。 過去、男一匹ガキ大将に始まり、ドラゴンボール、BLEACH、NARUTOと様々な作品が編集部のあからさまな引き延ばしにあってきました。 正直な感想を言うと、 この最終回は「打ち切り?」と思わせるくらい駆け足の内容でした。 最終回だけいきなり現代に飛ぶとか想定外でしたしね。 実際、この人気絶頂時に最終回を迎えるのは、何か特殊な事情があったのではないかと思われます。 ここからはなぜ最終回がこんなにも駆け足になったのか、私個人の予想と見解です。 先にも述べたように超人気作は中々終わらせてくれないのが集英社の常。 しかし、作者は当初の予定通り、無惨を倒して終わりにすると強硬に主張。 最終話の直前まで交渉を続けたが、作者は折れず、交渉は決裂。 それならあと数話で終わらせるようにと打ち切りに近い形で編集部も通告。 作者はもう少し具体的にエピローグを書きたかったが、編集部の強硬な姿勢に逆らえず、指定通りの話数で終わらせようとし、このような形になった。 この予想は、編集部と作者の吾峠先生が仲たがいをし、円満に終われなかったというパターンを想定しました。 文春オンラインの記事にこんな情報がありました。 「ジャンプではすでにボスの鬼舞辻無惨との戦いも終わっています。 ネット上では様々に噂されてきましたが、実は作者は女性です。 家庭の事情もあり、長く東京で漫画家生活を続けることはできないみたい。 連載終了のタイミングで実家に帰るのではと囁かれています」(別のジャンプ関係者) 引用:文春オンライン この家庭の事情が吾峠先生の妊娠だとしたらどうでしょうか? 吾峠先生の年齢は31歳と言われていますので十分その可能性はあります。 とすると、体力的にもこれ以上連載を続けるのは難しくなり、体調を考慮して駆け足で最終回まで行ったのではと思われます。 またこ れまでは「鬼を殺す」ことが作品のテーマでしたが、 最終回のタイトルは「幾星霜を煌めく命」、テーマは「転生」と今までと真逆のものを描いています。 これは吾峠先生の死生観に大きな変化があったからと捉えることは出来ないでしょうか? その変化をもたらしたのが新たな命を生む「妊娠」ではないのかと。 そうすると 「家庭の事情で地元に帰る」=「里帰り出産する」とも取れるので、理由としては十分合理的かと思います。 この場合、編集部と吾峠先生の関係は円満に終わったとみていいのではないでしょうか。 表紙に不自然さを感じた方もいらっしゃったのではないでしょうか? 【鬼滅の刃最終回掲載のジャンプ24号の表紙】 「最終回なのに鬼滅の刃は表紙右上にちょっとだけしか載せてない。 」 「やっぱり作者と編集部が仲たがいしたに違いない…」 と、表紙の扱いの小ささから、やはり打ち切りだったのではと言う声も聞こえます。 それでは本当に表紙のスペースが作者と編集部の関係を表しているのか、検証していきたいと思います。 人気作がジャンプで最終回を迎えた際の表紙を見ていきましょう。 人気作の最終回のジャンプの表紙 【スラムダンク】 湘北のスタメン5人で締められてます! やはり最終回はこういう形の表紙ですよね! 【こち亀】 両さん、40年の長い間お疲れさまでした! 【ドラゴンボール】 え…?どこにもドラゴンボールの絵がない… 【BLEACH】 鬼滅の刃と同じく右上のワイプだけ…。 【ナルト】 こちらも右上のワイプだけ… 【幽遊白書】 いやいや、遊助でなくて仗助かい!? 幽遊白書じゃなくてジョジョ白書!? 結論:ジャンプは表紙で最終回をアピールしない。 あのドラゴンボールや、幽遊白書でさえ表紙を飾ることが出来ず、ワイプさえ載せられていません。 近年になって右上に「最終回」というワイプが載せられるようになってきました。 なのでジャンプ編集部のスタンスは、「新連載の方が重要で、終わる作品には固執しない」ということがわかります。 実際スラムダンクと、こち亀は表紙を飾っていますが、両方とも最終回とは明確に書かれていません。 スラムダンクに至っては最終回のラストが「第一部完」で終わり、最終回とは銘打ってませんし、表紙にも「熱戦終結!!湘北5新たなる飛翔!!巻頭カラー」と続きを匂わせるような形になっています。 こち亀も「40周年ありがとう」「不滅の大記録達成」と称賛していますが、最終回とはどこにも書かれていません。 なので終わりよりこれからを重視するのがジャンプ編集部の意向だと汲み取れます。 なので今回鬼滅の刃の表紙の扱いが小さいと感じた方も、決して編集部が嫌がらせでやったわけではないということをご理解いただければと思います。 結論:最終回はこれでよかった! 僕はこの最終回は駆け足であれ、作者の吾峠先生の希望通りに終えられたのではないかと思います。 今まで殺し合いが続いていた作品を生命の輪廻、転生で締めくくることで暗い作風だった「鬼滅の刃」が、明るいエンディングを迎えることが出来ました。 もちろん納得できない点も多少はあります。 残された伏線(痣の運命、ヒノカミ神楽)とか、鬼の正体とか。 しかし、広げた風呂敷を全てキレイにたためる作品は中々ないので、ラスボスを倒し、その後も登場人物達が幸せに生きたであろうことがわかったので、十分満足です。 ラストの鬼殺隊関係者が笑顔で写ってる写真には、じわりと来るものがありました。 【関連記事】 鬼滅の刃を全巻半額で購入する方法を伝授 中々古本屋にも置いていない鬼滅の刃ですが、 電子書籍で読めばすぐに、しかも安く読めます。 近頃はU-NEXTやFODプレミアムといったVODサイトを使って漫画を無料で読む方法が紹介されることが多いですが、あの方法だと良くて4冊ぐらいしか読めません。 それは DMM電子書籍の初回半額クーポンを使って鬼滅の刃を購入する方法です。 では初回購入の方に限り、100冊まで半額で本を購入可能です。 無料会員登録が必要になりますが、SNSやグーグルのアカウントでカンタンに登録できます。 1巻あたり218円です。 古本屋でも300円前後なので、かなりお買い得な金額と言えます。 購入するには下のリンクからDMM電子書籍に行き、 ページ下部の「50%オフクーポン」を押してくださいね。

次の