辛抱 パワハラ。 深層ニュースの女性プロデューサーは誰?辛坊治郎のパワハラ画像は?|気になる情報をチェック

「許されざるパワハラ」辛坊治郎“女性社員に壁ドン”日テレ「社内報告書」入手

辛抱 パワハラ

フリーのニュースキャスター・辛坊治郎氏が、自身が司会を務める『深層NEWS』(BS日テレ)を3月いっぱいで降板することが決まった。 辛坊氏といえば、同番組の「総合デスク」であるA子さんへのパワハラ疑惑が今年1月発売の『週刊文春』で報じられた。 記事によれば、放送終了後の夜11時過ぎに退社しようとする辛坊氏をA子さんが通用口付近で呼び止め、番組出演者に関する問題で議論。 2人が話しているうちにヒートアップし、辛坊氏が壁に手をつき「お前なんかいつでも飛ばせる」などと恫喝した、とのことだ。 その後、文春はパワハラ疑惑報道の第2弾として、A子デスクと、その場にいたBプロデューサーが書いた「報告書」と称する文章を写真とともに掲載した。 実は、このパワハラ疑惑の現場には辛坊氏、日テレ報道局員のA子デスクとBプロデューサーのほかに、同番組の演出担当で外部スタッフであるC氏の4人がいた。 これまで、3人の証言は報じられていたが、今回、初めてC氏が取材に口を開いた。 ですが、言い合いは五分五分でした。 お互いに口調が強くなったり、抗議調になった場面はありましたが、2人とも声が響き渡るほどの大声は出していません。 「お前ならいつでも飛ばせる」と恫喝したという疑惑に対しては、 「辛坊さんは、『お前ならいつでも飛ばせる』という恫喝的な言葉は一度も言っていません。 むしろ、『ダメだと思うなら僕を切ればいい』と話したくらいです。 放送終了後の午後11時30分頃でしたので、局の表玄関ではなく狭い通用口の前で議論になったんです。 その間にシーツなどのリネンを運ぶ業者が大きな荷車を押してきて、『ちょっとどいて頂けませんか』と言われたので、避けるために4人とも壁際に寄り、お互いの距離が近づいたんです。 そのときに壁際によった辛坊さんが壁に右手をついたこともありました。 このような議論の場合、「言った、言わない」の水掛け論になることが多い。 だが、A子デスク、B氏プロデューサーの報告書には辛坊氏によって壁際に追いやられたとされているが、C氏が証言した「リネンを運ぶ業者の荷車を避ける際に、壁際に寄った」という記述は、なぜか出てこない ……と、報告書や証言を突き合わせてみると、報じられたような辛坊氏によるA子デスクへの「一方的なパワハラ」とは、いささか違った印象に思えてくる。 また、BS日テレ、及びA子さんが所属する日本テレビは、辛坊氏や現場にいたC氏に対して、会社としての公式な聞き取り調査は行っていないという。 それなのに、「パワハラ報道」が出た直後の1月中旬に、局側は辛坊氏の降板を決めたという。 そこで、辛坊氏に電話で直撃取材すると、3月いっぱいでの『深層NEWS』降板を認めた上で、こう明かす。 特に今回のパワハラ騒動が原因で契約更新をしないとも言われませんでした。 せっかく視聴率も上がっていたのに、もったいないという気持ちは強いですね。 私は出入り業者ですし、雇う側であるテレビ局社員にパワハラなんてできないことを、ある意味、この降板劇が物語っているんじゃないでしょうか」 つまり、局としてはあくまで「契約満了での降板」であり、パワハラ疑惑での降板とは辛坊氏側に説明していないようだ。 この一連の降板劇に対し、ある日本テレビ関係者はこう嘆く。 文春報道が出たら、十分な調査もせずに辛坊氏をすぐに切った。 写真:時事.

次の

辛坊治郎のパワハラ報道に世論は真っ二つ「教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」の声も (2020年1月9日)

辛抱 パワハラ

辛坊治郎 怒り 辛坊治郎さんの怒りについてデイリースポーツが報じました。 キャスターの辛坊治郎氏(63)が21日、ABCラジオ「週刊ニュース解説 辛坊治郎のズバリ&どうよ!」(土曜、後0・30)に出演。 BS日テレの「深層NEWS」を3月いっぱいで降板することに触れた。 辛坊氏は「深層NEWS」番組スタッフへのパワハラ疑惑を伝えた週刊誌を名指しで批判。 先週のラジオでも「突然クビにしやがって」と突然の降板を告白していたが、この日の放送でも「文春と、某根性悪い放送局のおかげで番組クビになって、この2カ月ヒマになった」と怒りをあらわにした。 引用元:デイリースポーツ|2020年3月21日 スポンサーリンク 怒りの理由 辛坊治郎さんの怒りの理由はBS日テレの深層ニュースのデスクA子さんに対して壁ドンなどのパワハラをしたと文春に報じられ降板になった事が原因の1つとなっているようです! しかしその後、フライデーが報じた内容では実際はパワハラではなかったとの報道もあり、このガセパワハラ報道で辛坊治郎さんの立場が悪くなってBS日テレの深層ニュースの番組を降板する羽目になってしまっています。 BS日テレ側はあくまでもパワハラ報道とは関係なしに6か月ごとの契約更新月である3月で一旦、契約打ち切りにするとの事です。 という事から考えると辛坊さんが発言した某根性悪い放送局とはBS日テレの事を指しているのでしょう! この騒動で辛坊治郎さんはBS日テレからの仕事のオファーが無くなるでしょうから実質の出入り禁止処分となってしまったともいえます。 しかし本体の日テレと辛坊治郎さんの関係は良好のようなので日テレなどには出演はするようです。 スポンサーリンク 怒りの辛坊治郎の様子 辛坊治郎さんが自身のツイッターで怒りをぶちまけていますが顔はニッコリとしています。 器の大きい人間でありますね。 今夜もあと10分! 生放送 当然ながら何があろうと、最後の1秒まできちんと放送をお届けします。 とのことです。 こちらはいち司会者の意見より専門家の見識を聞きたい。 ご自身はうまく回しているおつもりかもしれないけど、コメンテーターに気持ちよく話させてあげる聞き上手な羽鳥さんくらいマイルドな方が良い。 品格って大事。 少し、テレビから離れた生活したほうがよさそう。 放送界の方なのに、放送業界を逆恨みも傍からみるとどうかと思う。 放送局の根性が悪いかどうかは別として、辛抱さんを使い続ける理由が希薄になっているとは思う。 となれば他の番組で感情論のみでモノを言うような人をキャスターとして使い続けたいか、という話になる。 長年同じ仕事をしていると思い上がって足元を見失いがちになる。 この件は反面教師として覚えておきたい。 自分も気をつけなきゃなと思う。 この方は完全に後者のようですね。 たとえそれが正論であっても立場と言葉を選ばなくなると重症化していき、気付けば正論でもなんでもなくただの不平不満を吐いてるだけになる。 そんな予感。 普通に考えたら家でおとなしくしていればいいのではないのかな。 司会者なのに、相手によ質問して回答者が喋り終わらない内にさえぎって喋りだす。 司会者として失格じゃないですか。 言葉使いも年々、品がなくなってきましたね。 ヨット横断でさんざん自衛隊の人にお世話になっていたのに、人柄が分かりますよね。 スポンサーリンク 辛坊治郎 怒りのまとめ 辛坊治郎さんの怒りの理由は週刊文春にBS日テレの深層ニュースのデスクA子さんに対してパワハラをしたと報道された事で3月いっぱいで降板になってしまう事に対してでした! しかしフライデーの報道ではパワハラではなかったとの目撃情報もでてきていて騒動内容が2転3転していますが辛坊さんは真実は1つと自信をもってツイッターでつぶやいています。 パワハラは無かったとしても番組制作者との意見の食い違いがあって口論となったことで番組降板は決定したようです。 よってBS日テレはほとぼりが冷めるまで辛坊治郎さんへの仕事のオファーは無くして実質の出入り禁止という措置をとるのでしょう。 しかし辛坊治郎さんは歯に衣着せぬ発言で人気も高いので他のテレビ局からオファーも増えてくると思います。 今後の活躍に期待していきたいと思います。

次の

辛坊治郎のパワハラ報道の真相とは!完全なウソなのか?反論まとめ

辛抱 パワハラ

辛坊治郎が日テレ女性プロデューサーにパワハラ疑惑 改めて、パワハラ疑惑を整理すると、 事件が起きたのは12月中旬のこと その事件のポイントは、 ・帰ろうとする辛坊治郎さんを女性プロデューサーが呼び止める ・番組内容について口論になる ・辛坊治郎さんが壁ドンの態勢で「お前なんかいつでも飛ばせる」と面罵 ・女性プロデューサーは体調を崩し会社を休む事態になった。 これが週刊文春で取り上げられているポイント。 けれども、本当にパワハラだったのか? 女性プロデューサーから辛坊治郎さんに アプローチしていることから 本当にパワハラだったのか 謎という声も上げっています。 女性プロデューサーが辛坊治郎さんに 言い負かされたことからの報復なのでは? なんて声も上げっています。 一体、この女性プロデューサーとは どんな人物なのでしょうか? デスク:小倉宏、徳留美保、鈴木徹 演出:菊池正史 チーフ兼統括プロデューサー:岩隈政信 と、なっていました。 女性プロデューサーの名前は 無いようですね。 デスクに徳留美保さんの名前がありますが デスクとプロデューサーは違いますよね? 上記には男性の名前しかないので 複数人のプロデューサーがいるようです。 女性プロデューサーについて 詳しくわかる情報はありませんでした。 辛坊治郎のパワハラ問題、ネットの反応は? 辛坊治郎のパワハラ問題。 ネットではどんな反応が起きているのでしょうか? ヤフーニュースのコメントを見てみると・・・ 辛坊氏が玄関を出て車に乗って帰ろうとしていたところを、女性プロデューサーが呼び止めて、その場で立ったまま話を始めた。 女性プロデューサーが、自分の仕切りで決めた来週のゲストやテーマを辛坊氏に伝えたが、辛坊氏は納得いかない内容で、お互い自分の主張を述べ口論になったのだろう。 帰ろうとしていたところを呼び止められた上に、大勢の人が通る玄関先で立ったまま、意見がかみ合わず話が長引きそうになったら、周りの目も気になるし、余計にイライラするはずだ。 収録終えて、やれやれと大阪への帰路につくタイミングで、疲れているのに立ったまま口論になったら、片方の手を壁においてもたれかかっても不思議ではない。 番組プロデューサーたるものが、タレントと口論になって、言い負かされたからと言って、こんな形で報復することの方が異常なことだ。 この場合は何を言っても辛坊さんが悪いことにされてしまうのではないかな。 辛坊さんが話すことは疑わしくとられ、女性プロデューサーが話すことは、かわいそうにとなり、結局真相はわからなくなる。 ここは第3者のチーフプロデューサーが話せば良いのではないかな この番組の開始当初の治郎さんの愚痴が半端なかった。 本人も契約書上しかたなくやってる感あるし、この番組自体引き際なんじゃないかな。 次のMCの成り手はいないでしょ。 プロデューサーには番組を終わらせる権限あるでしょうから。 辛坊治郎さんの批判ではなく 女性プロデューサー側に落ち度があるのでは? そんな声が上がっています。 ちなみに、辛坊治郎さんは 深層NEWS以外にはこの番組に 出演しています。 ・ウェークアップ!ぷらす ・かんさん情報ネットten ・そこまで言って委員会NP まとめ 辛坊治郎さんのパワハラ問題の お相手の女性プロデューサーの ことを調べてみました。 けれども、番組スタッフの情報に 女性プロデューサーの名前はありません。 そして、本当にパワハラだったのか? その真相も今の情報からは なんとも言えない感じです。 あなたはこの問題について どう感じましたか?.

次の