リザードン型。 【ダブル】リザードンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

リザードン : スカーフ特殊エース型

リザードン型

こらヤタorカムラ型 リザードン(キョダイマックス) シーズン4で最初に試したのが、この型です。 努力値はH4振りで2nとなってしまいますが、先発ダイマックス運用が前提なので 「ステルスロック」・ 「のろい」を繰り返しもらうことはないだろう…という思惑のもとH振り。 シーズン4はキョダイマックス 「ラプラス」の解禁により、シーズン3で猛威を振るっていた 「カバルドン」が減少していたことも追い風で、結果影響は少なかったと思います。 気になる方はBorD振りをお勧めします。 使用感は可もなく不可もなく。 「キョダイゴクエン」+ 「ダイジェット」のおかげで、ある程度の強さは担保できている感じです。 こらえるは相手のダイマターンを切らしたり、 「ダイウォール」を使えたりと器用な立ち回りが可能となりますが、使用するのはどちらかと言うと不利局面なので、やや使いにくい印象。 「ヤタピのみ」・ 「カムラのみ」はそもそも発動することが少なかったです。 ダイマックスターン中に倒されることも多かったので、結局は次に記載する 「いのちのたま」型にすることにしました。 ただ、ダイマックスを切る運用上、こらヤタ・こらカムが成立しにくかっただけなので、ダイマックスを切らない運用であれば、試してみる価値はあると思います。 【強い点・使いにくい点まとめ】 強い点 ・ 「キョダイゴクエン」が超強力(襷つぶし・大きなリップダメージ) ・ 「こらえる」で器用な戦い方が可能(ピンチきのみや 「特性:もうか」発動」 使いにくい点 ・ダイマックス中に倒されるケースもあるので、こらえるの使用頻度が少ない ・ドラゴンタイプへの打点が稼げない サンパワー型 リザードン こらヤタ・こらカム型の次に試したのがこの型。 「りゅうのはどう」は 「ドラパルト」・ 「ウオノドラゴン」・ 「パッチラゴン」等のドラゴン対策です。 この型の最大の魅力は、何と言っても晴れ下の超火力。 サンパワー発動のダイバーンはかなりの相手を一撃で落としてくれます。 しかしながら、環境には 「ドラパルト」やスカーフ持ち等、ダイジェットを切らないと先手を取られたり、ダイバーンで晴れにするまでに1ターンのタイムラグがある等、なかなか1体だけで完結運用することは難しかったのも事実。 また、 「ミミッキュ」や 「きあいのタスキ」でダイマターンを潰されるこも多いので、パーティ全体で運用を考える必要があるな、と感じました。 また、私はパーティに 「カメックス」や 「ラプラス」等の水ポケモンを採用していたため、晴れの天候が味方の足を引っ張ってしまうことも多かったことも、使用しなくなった理由の一つです。 もしこの型を採用するのであれば、晴れパを組む等、パーティ全体を見直して使用したいと思います。 【強い点・使いにくいまとめ】 強い点 ・晴れ+サンパワーの超火力 つかいにくい点 ・ 「ダイバーン」で晴れ運用する場合、初ターンのダメージは 「キョダイゴクエン」> 「ダイバーン」(スリップダメージがあるため) ・耐久が低い ・天候を考慮したパーティ構築が必要 フルアタ型 リザードン(キョダイマックス) こらヤタ・カムラ型、サンパワー型を試して、シーズン4で最終的に落ち着いたのがこの型です。 サンパワー型の時に、使用感がよかった 「りゅうのはどう」はそのまま採用。 持ち物を 「いのちのたま」したことで、ダイマターン中の火力も底上げしてくれるので、一番しっくりきていました。 ダイマックス時に 「ギャラドス」と対面した時は、 「ダイジェット」でなく 「ダイドラグーン」を使うと、相手の 「ダイストリーム」を耐えることができるので、覚えておくと良いテクニックだと思います。 ただ、この記事を書いている現在(2020. 【強い点・使いにくいまとめ】 強い点 ・ 「キョダイゴクエン」が超強力(襷つぶし・大きなリップダメージ) ・天候を変えないので、後続の水ポケモンも安心して出せる ・サブウエポンが豊富で相手の弱点をつきやすい つかいにくい点 ・ひかえめだと 「ミミッキュ」や 「ドリュウズ」に先手を取られる new! ラムのみ・ふるいたてる型 リザードン(キョダイマックス) シーズン5の途中まで使用していたのがこの型。 リザードンの流行と同時に、対策で 「あくび」「でんじは」を受けることが多くなってたのでこの型に。 「ラムのみ」を持たせた関係で、 「いのちのたま」を持たせられなくなったので火力の底上げとして採用しています。 「りゅうのはどう」は主に 「ドラパルト」や 「パッチラゴン」等への打点となりますが、 「アシレーヌ」や 「ウォッシュロトム」が流行ってきているのであれば 「ソーラービーム」も採用候補だと思います。 シーズン6の終盤では 「アシレーヌ」の増加によりスタメン落ちしましたが、わざを見直して再度先発させても良かったかもしれないと感じています。 【強い点・使いにくいまとめ】 強い点 ・ 「キョダイゴクエン」が超強力 ・相手の状態異常わざを外して積むことができる。 つかいにくい点 「サブウエポン」のわざ範囲が狭い まとめ いかがだったでしょうか? シーズン4では第1世代縛りで遊んでいたので、パーティを入れ替えつつ、リザードンもそれに合わせて型を変えていきました。 私のパーティでは、フルアタ型(キョダイマックス)が一番使いやすかったので、皆さんもいろいろと試す中での参考にしてもらえれば嬉しいです。

次の

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策

リザードン型

キョダイマックスリザードンは普通に使用するなら晴れに出来るダイバーンが使える通常個体の方が強いですが、この型だとキョダイゴクエンを打ったあとならタスキポケモンと対面しても上から空を飛ぶで勝てるので強かったです。 サポート役に関してはトリトドンも相性がいいと思います。 その場合、身代わり持ちや挑発持ちに何も出来なくなる恐れがあるのでサーナイトなんかの他の起点作りと組み合わせるのがいいかもしれません。 持ち物をオボン以外にする場合でも、厚底ブーツで運用するならステロは関係無いのでやはり偶数で大丈夫だと思います。 所感を書かせていただきます。 まず、本論は仮想敵や技構成をはらだいこ前提として話を進めておりますが、積めなかった場合の戦い方を考慮していません。 ある程度順位が上がると展開構築にリザードンがいる時点ではらだいこもケアしてくる為、積まずにDMを切ったりすることもあります。 この場合、本論の技構成だと詰みとなる仮想敵が多く存在する為(ロトム、バンギ、竜タイプ大半)、そのリスクもケアしようとすると選出時点で除外することが多くなりました。 展開できなければ負けるので考慮しない、というのは育成論とした如何なものかと私は思いますので、以下技を採用候補として挙げさせていただきます。 ・ドラゴンクロー、鋼の翼 (耐久を補うダイドラグーン・ダイスチル) ・シャドークロー、瓦割り (火力を底上げするダイホロウ・ダイナックル) ・雷パンチ (欠伸で流しに来る受けポケ対策のダイサンダー) (ダイジェットを先に撃たれた場合の打開策) 私個人として最も使いやすかったのがドラゴンクローでした。 次点で雷パンチ、シャドークローです。 キョダイラプラスが増えた場合は、瓦割りも有効かもしれません。 以上となります。 参考になれば幸いです。 ちなみに、ダイサンダーの眠る妨害を書き加えたのはこの前ラプラスでダイサンダー撃った後に眠るで回復しようとしたら眠れなくて負けた時に着想を得たものです、、それじゃあリザードン欠伸で流しに来る奴に刺したらどうかと。 それはそれでカバに効かないし微妙な意見ではあったのですが。 傷口に塩が沁みます。 失礼しました。 EFやMFの眠り無効はカビの多い今の環境にはマッチしてるのですがリザには恩恵がないという点が残念です。 リザは積むかダイマックスを切らないと全ての数値がたりてないのでダイマックス技の考察が欲しいという点は同意です。 両壁を貼れて、マジックミラーで相手の変化技防げる上に、S110ととても速いです。 どこの育成論にもないんです😭.

次の

リザードン育成論

リザードン型

皆さんこんにちは。 知っている人は知っている、Lには負けねぇです。 (そうなのか?www) BWの育成論も100を突破し、DSの有名育成論者の方々も本格的に書き始めて、勢いに乗ってきましたね。 まあ、そんな中に前回化石から復元された私ですが宜しくお願いします。 今回は真・太陽神となったリザードンを投稿させていただきます。 (太陽神とは、第4世代でのキマワリのあだ名です。 圧倒的な晴れ時の火力で場に出る事が出来れば3タテ上等という圧倒的な火力と、素早さがわずか30族という超鈍足、そしてあのalways smileによって多くのトレーナーにネタ扱いされていました。 今回は晴れの時の圧倒的な火力のポケモンのことを太陽神と勝手に解釈している私ですが、そこはお許しください。 ) 前置きはさておいて、育成論の解説に入ります。 リザードン 利点• 今作になって会得した新特性「サンパワー」によって、晴れ時に尋常でない火力を得ることができる。 (なんと、Lv50 ひかえめ 特攻個体値31だと特攻は265!wikiによると189族相当らしいです。 素早さは100族と速い。 飛行タイプなため、地震への後出しが出来る。 速いといわれる素早さだが、100族は激戦区なため素のままでは抜かれる相手も多く、同速相手とは運ゲーになることもある。 炎・飛行タイプなため、ステルスロックが4倍、岩技ではほぼすべての敵に確一にされてしまう。 (何とあのツボツボにも攻撃に極振りされると確一になるというwwwまあまずそんな奴はいませんがwww)• 素の耐久が高くなく、弱点も多いため攻撃を受けることが難しい。 晴れ時にはサンパワーによって毎ターン8分の1体力が削られていく。 以上のことから、サンパワーリザードンは、死に出しまたは地震読みの交換からの無双を狙う型がもっともあっている型だと予想されます。 しかし、そこで 100族という微妙な素早さが足を引っ張ります。 そこで、この育成論では、リザードンにスカーフを巻かせてスピードを上げながら火力を維持することにします。 努力値 防御6 特攻252 素早さ252 基本の振り方です。 先に説明したとおり、素早さは100族という激戦区で、他の素早さのポケモンにも目標とされやすい値の為、全振りした方が安全です。 (まあスカーフを巻くためあまり関係ないかもしれませんがwww)特攻は火力を高めるために全振りがいいのですが、HPが偶数だとステルスロックで確二になってしまうため、個体値によってはHPを奇数にするためにここから削ってください。 性格 ひかえめ 上の性格では抜けないポケモンを抜くための性格です。 しかし、この性格だと、HP無振りのハピナスが確二で落ちません。 どちらがいいかは個人での選択になるでしょう。 特性 サンパワー 今回の育成論はこの特性を軸にしているので、この特性一択です。 持ち物 こだわりスカーフ 100族(ryなので、素早さを補うためにスカーフを巻きます。 しかし、同時に小回りが利かなくなるので、もらいびシャンデラなどで簡単に止まってしまいます。 ちなみに、火力の面は心配ありません。 威力270を189族の特攻から放たれれば、等倍の相手はひとたまりもありません。 半減の相手でも2発以上耐えうるのは不可能に近いでしょう。 ダメージ(スカーフ時) H252、D140サンダー( )ロンドさん ダメージ: 210〜247 割合: 106. これも、抜群の相手には耐えることはとても難しいです。 ダメージ(スカーフ時) H252、B252振りスイクン ダメージ: 178〜210 割合: 85. 特攻がとても高いので、相手には結構な痛手となります。 地味に3割のひるみがウマい。 (厳選めんどくせ〜www) (岩の場合最速をあきらめなくてはなりません。 しかし、この場合は撃ち逃げになってしまいます。 立ち回り 天候が晴れになったら、地震読みや死に出しで場に出ましょう。 場に出るときに、ステルスロックが場に出ていると、体力の半分が削られてしまいますが、そこはあきらめるかスピンで解除してください。 (まあステロなんか6vs6の時以外あまり見ませんがねwww) いったん場に出たら相手の体力や様子を見て、だいもんじやエアスラッシュを打ってください。 6vs6の場合は、もらい火持ちなどがいなくなってから登場すれば圧倒的な火力ですべてを制圧できるはずですwww シャンデラの多い現環境下ですと、最初の方は様子見でエアスラッシュを打った方が良いかもしれません。 しかし、下にある注意書きの性能を見ると、6vs6の場合、このポケモンは終盤まで切り札として取っておいて、終盤の鬼として活躍してもらいましょう。 このポケモンはステルスロックが撒かれている中に2回繰り出すとHPを回復しない限りターンの終わりに倒れてしまいます。 また、1もダメージを食らわなくても、9ターンたつと自然と倒れますので、そこは気を付けてください。 あとがき 長々と見ていただいて、ありがとうございました。 御三家はPGLだとオスしか出ないことが確定したようです。 だとするとこいつの厳選はかなりめんどくさいですね。 まあ今度はメタモンの登場を祈りましょうwww ダメージ計算を載せさせていただきました。 間違いやこいつは入れるべきだなどがありましたらコメで知らせてください。 コメント、評価をよろしくおねがいします。 また、誤字、脱字等がありましたら知らせていただけると助かります。 コメ返はかなり遅いのでご了承ください。 威力70めざめるパワー岩には威力が劣りますが最速も狙えますし厳選も楽になります。 修正します。 まあその時は悲しいですね…誰かから貰うしか無いのでしょうか。 評価5ありがとうございます。 確かに、目覚めるパワーは地面の方が良いかも知れませんね。 遺伝が出来ればコバルトさんのおっしゃっている原始の力のほうがめざ岩よりは楽ですしwww 、16威力不足はあるかも知れませんが、珠時などにシャンデラに刺さるので、原始の力も候補には入れておきます。 まあ、スカーフ時には威力が足りないのでないほうが良いかも知れません。 ヒトカゲが原始の力使えるとは…知らなかった…orz ちょっと修正は遅れますが、ご了承をお願いします。 あと、威力の数字に サンパワーが反映されてない気がします。 評価は一応5を入れました。 変な質問してすみません。 にしても189族相当とは.... 訂正&ダメ計を載せさせていただきました。 また、前回言っていた原始の力は、シャンデラを確1にできないため、見送らせていただきました。 確かに。 今の環境では習得不可能でしたね。 訂正で消させていただきました。 ご指摘ありがとうございます。 シャンデラはめざパ地岩でもHP6振りが3割で生き残ります。 控えめリザードンは臆病シャンデラにも素早さで勝るのでエアスラで十分な気がします。 あまり変わるポケはいないかもしれません。 ですので、命中重視でしたらだいもんじより火炎放射のほうがいいかも知れませんね。 (私は命中85までは信用しているのでだいもんじにしてあります。 めざ氷は私も放置していた間に考えつきました。 近頃修正するつもりですので、その時に採用します。 放置している間に無理に100属以上抜く必要もないような気もしてきました。 近頃大幅な修正をするつもりです。 時代がどれほど変化しても、リザードンが一番好きなポケモンなので、とても型として為になりました。 大幅な更新を楽しみにしています。 上記に遺伝わざの、げんしのちからについて記載されていたので、書いてしまいまして、すみませんでした。 わざマシンはないですが、キバゴ系から遺伝で、ヒトカゲさんに、りゅうのはどうは引き継がれることは確認しました。 サンパワーリザードンさんにはふさわしくないログで重ねてすみませんでした。 WCSで伝説が解禁されても十分戦えそうですね。 ただ、襷が持てないのに速さが微妙、竜の波導が現状では覚えられない、メザパの厳選が難しい、不意のエッジで簡単に落ちるなど、欠点もありますが、この超高火力をつかいこなせれば怖い物なしですね。 駄文失礼しました。

次の