ダンガン ロンパ 江ノ島。 【ニューダンガンロンパV3】なぜ結末が賛否両論なのか?オチに対する考察

『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

ダンガン ロンパ 江ノ島

個性溢れるキャラクターたちはもちろん、謎めく事件を解き明かしていく手応え、不可解な状況との対峙など、物語面やゲームシステムにも魅力が溢れており、新規IPながらも高い人気と支持を獲得。 後に、続編となる『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』もリリースされ、シリーズ化への道を歩みました。 スピンオフに当たる『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』といった展開も見せ、また2016年には最新作『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』の発売も予定されています。 また、1作目を原作としたTVアニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation」も、多くの視聴者を虜としました。 そして更なるアニメ化となる、「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」の制作も進行中。 「希望ヶ峰学園」シリーズの完結編となるこの作品は、時系列としては『スーパーダンガンロンパ2』の後を描く物語となります。 これは、2作目に当たる『スーパーダンガンロンパ2』のアニメ化が飛ばされた形と見ることもできるため、一部のファンからは疑問の声もあがりました。 なぜ『スーパーダンガンロンパ2』をアニメ化しなかったのか。 この点について、このたび小高氏がその心境を語りました。 まず、『2』のアニメを見送ったのは新しい「ダンガンロンパ」を見せたかったからと切り出し、「2は2で終わった話だし、あのキャラ達の物語はあれでお終い」と、作品として区切りがついていると説明します。 また、「『2』のキャラが嫌いだからでは?」といった憶測に対しては「自分が産んだキャラだから嫌いな訳ないじゃない」と応じており、加えて「書かないし書けないだけ」と、個人の好みではなくクリエイターとしての判断だと述べています。 アニメ、ダンガンロンパ3の新キャラが発表になりましたねー。 アニメの2を飛ばしたのは新しいダンガンロンパを見せたかったから。 2は2で終わった話だし、あのキャラ達の物語はあれでお終い。 — 小高和剛 kazkodaka まぁ、2のキャラもダンガン霧切とかダンガン十神とかスピンオフで展開できたらいいかもしれませんね。 僕的にはあまり書く気はないから誰かに。。。 — 小高和剛 kazkodaka 2のキャラが嫌いな訳じゃなくて、たとえば2のキャラのその後を描こうとしても軽くは出来ない訳ですよ。 深く掘り下げないといけないので。 また別の作品としてゼロから組み立てないと無理なんですよ。 ただの軽いファンサービスで終わらせたくないので。 — 小高和剛 kazkodaka 自分が産んだキャラだから嫌いな訳ないじゃないの。 なのに2飛ばしたーとか、2のキャラ嫌いだーとか、ばかり言われるとイラッとする。 嫌いじゃないけど書かないし書けないだけ。 — 小高和剛 kazkodaka なお、3月26日午前11時に、「新宿アルタビジョン」と「道頓堀トンボリステーション」にて、TVアニメ「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」に関する最新PVがお披露目される予定です。 この映像に関して小高氏は、「2のアニメ化とかそういうのじゃない」「あくまで3に関するもの」と念を押しています。 さらに「サプライズ発表」という気になる発言も残しているので、小高氏が提案する「新しいダンガンロンパ」の最新情報を、まずは楽しみにしておきましょう。 週末のPVは、まさかのダンガンロンパ2アニメ化とかそういうのじゃないから。 あくまで3に関するものだから。 — 小高和剛 kazkodaka 明日…午前11時……アニメジャパン……新宿アルタ……道頓堀トンボリステーション……サプライズ発表………………集合……………— 小高和剛 kazkodaka 《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》.

次の

ダンガンロンパMMDとは (ダンガンロンパエムエムディーとは) [単語記事]

ダンガン ロンパ 江ノ島

そのファッショナブルな容姿とキャラクターから、ファッション雑誌の読者モデルとしても活動している。 裏表のないストレートな性格が魅力的なムードメーカー。 初対面の苗木誠に対しても気さくに接するほど社交的で天真爛漫だが、歯に衣着せぬ言動など喜怒哀楽がはっきりしすぎるところがあり良くも悪くも現代っ子である。 しかし、意外にもタフで打たれ強く、モノクマの理不尽な言動には真っ先に反抗するなど度胸があり精神的にたくましい一面も持っている。 自由行動時間での交流で入手できるスキルは、マシンガントークで少ないコンボ数でテンポが上がる「トランス」と、発言力ゲージの回復量が上がる「カリスマ」。 超高校級のギャルというのは、嘘の肩書でした。 このことが明らかになるのは最終CHAPTERであり最終話です。 超高校級の絶望とは、絶望すること・絶望そのものを崇め讃え、それを世界に蔓延らせようとする者です。 つまるところ苗木たちの敵であり、真の黒幕ということですね。 モノクマを陰で操っていたのはこの江ノ島盾子です。 機械 モノクマ を操る技術ももっているようですね。 希望ヶ峰学園の校舎の中には、メカニックルームの様なものも存在していました。 その部屋が、モノクマの正体と盾子足取りを掴むきっかけの一つとなった訳です。 超高校級の絶望・江ノ島盾子は1話で死んだはずでは……? 出典: ここから先が重大なネタバレであり、ダンガンロンパのストーリーの根幹ともいえるものです。 1話で体育館にて、モノクマに反逆して死んだ江ノ島盾子は、江ノ島盾子ではありません。 じっくりと1話の江ノ島盾子と、最終話の江ノ島盾子を見比べてみて下さい。 少しビジュアルが違うのがわかりますか?刺されて吐血という少しグロ目のシーンの引用で申し訳ございませんが、これが答えに繋がっておりますので……。 目の形が少し違うのと、鼻の上あたりにそばかすがあります。 1話で死んだ江ノ島盾子は彼女自身ではなく、 戦場むくろは江ノ島盾子の姉です。 江ノ島盾子は、姉に自分のコスプレをさせて殺されたように演出したのです。 最終話で死んだはずの江ノ島盾子が全ての黒幕だったことが明らかになります。 が、これはネタバレを知らない方でしたら本当に衝撃的でしたよね……。 江ノ島盾子と戦刃むくろの画像比較 江ノ島盾子・戦刃むくろ比較画像 出典: 江ノ島盾子と戦刃むくろの比較画像をご用意しました。 少し小さめですが、並べてみるとかなり明確にわかると思います。 左側が戦刃むくろで、右側が江ノ島盾子です。 相違点はいくつかありあます。 戦刃むくろは目が釣り上がっており そばかすがある。 これは苗木たちが真理に近づく際に発見した特徴でもあります。 そばかすのあるなしは、なかなかメイクでは誤魔化し切れませんからね。 モノクマモチーフの物を身に着けていたら絶対に怪しまれますから。 戦刃むくろはなし。 このように、良く見比べてみると江ノ島盾子と戦刃むくろは、第一話登場時と最終話登場時のビジュアルがかなり違っているのです。 ただ、初見プレイだと殆ど分からないと思います。 そのため、最終話 CHAPTER で黒幕 犯人 だと他のメンバーに言い当てられてしまった後、自ら?オシオキをされに行きます。 江ノ島盾子のおしおき内容は、なんとCHAPTER1~の犯人に下された おしおきを全てまとめたフルコース。 その時の動画が御座いますので、引用させて頂きました。 よろしければご覧ください。 彼女は、おしおきをされることになり絶望する、という状況下ですら楽しんで・絶望していたのではという説が濃厚です。 キャラ設定、濃いですよね……! 江ノ島盾子のハイクオリティなコスプレ・イラスト画像まとめ 江ノ島盾子のコスプレ 出典: 全てが完璧すぎる……!と言っても良いのではないでしょうか。 このコスプレはウィッグやカラーコンタクトの色、胸の谷間まで全て再現されすぎていて恐ろしい位です。 神田さやかさんが実写版を担当しておられましたが、この方でも良いような気がしない事もないです。 それくらい美しく完璧ですね。 まさに超高校級のコスプレです。 出典: 江ノ島盾子は何重にも人格を持っています。 そのうちの1つ、秀才バージョンの江ノ島盾子のコスプレですね。 ついつい胸元に目が行ってしまいます……! それにしてもこの再現率、海外の方でしょうか?洋風の顔立ちに江ノ島のルックスが良く映えていてとても美しいです。 出典: 完全に黒幕と化した江ノ島盾子のコスプレ。 王冠をかぶっているシーンは原作でも貴重です。 どんな気持ちで最後におしおきボタンを押していたのか……。 一般人には計り知れないどす黒くも純粋な絶望が、彼女の最大の魅力だと言えます。 江ノ島盾子のイラスト・画像 出典: 超高校級のギャルらしい黒幕の江ノ島盾子。 江ノ島は何面にもわたる性格や特徴、さらには人格もあわせもっている、ダンガンロンパ1で一番印象に残るキャラクターかと思います。 絶望ではなく、ギャルとしてコロシアイに参加していたらどうなっていたのでしょうか。 出典: モノクマをバックにした江ノ島盾子。 ポイントゲッターなど、ダンガンロンパの要素をこれでもか!というくらい詰め込んだイラストですね。 江ノ島盾子といえばこのポーズでしょう。 スタイルの良さと推理物っぽい感じが絶妙に表現されています。 出典: バックに沈んでいるのは、偽物にされてしまった彼女の姉・戦刃むくろでしょうか……。 江ノ島盾子の人格を理解することはとても難しいのですが、戦刃むくろとの関係は、江ノ島盾子という人物に迫る重要なキーです。 原色系のタッチで描かれたイラストは、ダンガンロンパの特徴や魅力を大いに伝えてくれています。 さいごに 出典: いかがでしたでしょうか。 江ノ島盾子のネタバレからおしおき、コスプレや画像をまとめさせて頂きました。 江ノ島盾子は、ダンガンロンパという作品の根幹になるキャラクターです。 こちらもネタバレになりますが、江ノ島盾子が登場する作品は「ダンガンロンパ・ゼロ 小説 」「ダンガンロンパ2 ゲーム 」等、様々です。 彼女にまた会いたい方、もっと人格を知りたい方は、是非プレイや視聴をお勧めします! 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

次の

Vita「ニューダンガンロンパV3」プレイ感想(5)、やっぱり江ノ島盾子という呪縛からは逃れられないのか?&王馬くんの思惑の真相(第5章終了)

ダンガン ロンパ 江ノ島

【ニューダンガンロンパV3】賛否両論のオチについて考察! ニューダンガンロンパV3の結末(オチ)について考察していきます。 私自身の考察や他のファンの考察、制作スタッフの発言などもまとめていきたいと思います。 ストーリー全般に関するネタバレや感想については、以下の記事をご覧ください。 希望ヶ峰学園史上最大最悪の事件とは、 希望ヶ峰学園の生徒会がコロシアイをした事件です。 これは江ノ島盾子が引き起こした事件で、カムクライズルも関係しています。 そして「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」で描かれたコロシアイが全国に放送され、その影響で 人類史上最大最悪の絶望的事件へと発展します。 知っての通り、この事件により世界は破滅へと向かいます。 未来機関と絶望の残党との戦い 最初のコロシアイを生き残った苗木・霧切・朝日奈・十神・腐川・葉隠は未来機関に入ります。 その際、希望ヶ峰学園の77期生(狛枝の代)の捕獲に成功します。 苗木は彼らから絶望を取り除くため、 新世界プログラムにかけます。 しかし、超高校級の絶望になってしまったカムクライズルによって持ち込まれた江ノ島ウィルスによって、新世界プログラムでコロシアイが起こってしまいます。 最終的には、強制シャットダウンにより脱出した日向・左右田・ソニア・九頭竜・終里が生還します。 そして未来機関の話... つまりダンガンロンパ3未来編に繋がります。 未来編では、 未来機関の幹部によるコロシアイが始まり、絶望から目が覚めた77期生の力もあってこの件はなんとか解決します(これが希望編)。 大きな戦いは終わりましたが、世界にはまだ絶望の残党が残っており、未来機関の戦いは終わりません。 それでも絶望の勢力は弱まり、世の中は平和になってきました。 未来機関と絶望の残党の戦いによって機能を失った希望ヶ峰学園は再建し、学園長を苗木誠とし、新らしく生徒をスカウトし始めました。 隕石による世界滅亡とゴフェル計画 平和を取り戻しつつあった世界に隕石が降り注ぎます。 隕石はウィルスを運び、人類は滅亡の危機に瀕します。 この計画は希望ヶ峰学園が主導しています。 しかし、「人類はこのまま滅びるべきだ」とする カルト集団(絶望の残党)はこの計画を阻止しようとします。 世間ではゴフェル計画に参加する16人は死んだとされました。 しかし、希望ヶ峰学園は彼らの記憶を思い出させ、極秘裏にゴフェル計画が進めます。 そして16人は宇宙へと飛び立ちました。 どこかの星に着陸するまでは眠っているというコールドスリープ状態のはずでしたが、そこをモノクマに起こされ、これまでの記憶を消されてコロシアイに参加させられることになるのです。 6章で明らかになる真実 白銀の正体 6章で明らかになる真実はこれまでの記憶がすべてひっくり返されます。 1章で起きた事件は首謀者が真犯人であると確定し、アリバイから容疑者として 白銀が浮上します。 白銀が首謀者であると確定すると、 江ノ島盾子53世として登場します。 「ダンガンロンパ」はフィクション しかし、白銀は人間のコスプレ(変装)をすると、キモイブツブツが出てきます。 つまり、江ノ島はフィクションの人物であるということが判明します。 その後、江ノ島だけでなくロンパ1やスーダン2の様々なキャラになります。 このことから、「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」の話は フィクションの話となります。 「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」の世界でロンパ1やスーダン2がフィクションということです。 人類史上最大最悪の絶望的事件なんて全く起こってません。 そんな平和な世界だからこそ、刺激が欲しくなり「 ダンガンロンパ」というフィクションがゲームやアニメの枠を超えて、実際に行われるようになったということです。 最原たちも大好きなダンガンロンパに参加したくて自らコロシアイに志願したわけです。 最原たちは 肉体は生身の人間ですが、超高校級の才能やこれまでの過去などは全て嘘で固められたもの... ダンガンロンパに参加するための設定... つまり、言ってみれば フィクションの存在だったということです。 そして「ダンガンロンパ」はこれまで53回繰り返された... だから「V3」なんですね。 希望でも絶望でもない中途半端な終わり ロンパ1でもスーダン2でも最後は希望が勝って終わりました。 だから、またこんなコロシアイが53回も続いてしまう... そう考えた最原は 投票の放棄という提案し、他のキャラも賛同します。 視聴者代表であるキーボを説得することで、視聴者の「希望が勝って終わることを望む」のを「コロシアイはやっぱりダメだ。 投票を放棄することでダンガンロンパというコロシアイを終わらせよう」という意見に変えました。 最後にみんなの処刑が行われましたが、キーボは彼らを生かしました... 視聴者がそう望んだからです。 そして最原は「実は希望ケ峰学園も実在するのかもしれない」という意味深発言をし、外の世界へと出ていく... という話でした。 なぜなら、白銀が実在する人間のコスプレはできないと言い、1章でそれが明らかになっています。 それに対し、ロンパ1やスーダン2のコスプレが出来たのでやはりこれは 変わらない事実だと思います。 世界観について、わかりやすく整理した図が以下になります。 ロンパ1やスーダン2は本当にフィクション? 最後に「実は... 」と最原は言っていますが、これは 最原が示した願いなのかもしれません。 思い出しライトによって植えつけられた記憶によって、 希望ケ峰学園からスカウトされたとかゴフェル計画のメンバーに選ばれたという記憶が正しいという思いを捨てきれていないのではないでしょうか? 自分に当てはめて考えてみてください。 あなたがこれまで生きてきた軌跡が実は思い出しライトによって植えつけられた記憶だと言われた... そしてその根拠も突きつけられた...。 たとえそうであっても、自分の記憶は正しいと思ってしまいませんか?記憶にすがってしまうのではないでしょうか。 なので、あのような発言をしたのではないかと思います。 制作スタッフの意図は?伝えたかったことは? まず、意図について考えてみましょう。 先程の図で、「 全世界の人々(視聴者)= ロンパファン」であると示しました。 これは 私たちがダンガンロンパの世界に近づけた、もしくは ダンガンロンパが私たちの世界に近づいてくれたと考えています。 フィクションとリアルの世界の壁をダンガンロンパは破ってくれたのです。 他にこんな作品はあるでしょうか?こんなことができるのはダンガンロンパだけだと思います。 このような意図が込められた「 ダンガンロンパらしい終わり方」だったのではないでしょうか。 そして、伝えたかったことについて考えてみます。 今作の主人公(途中交代でしたが)である最原たちは 完膚なきまでに「ダンガンロンパ」を否定しました。 コロシアイのために生まれるキャラ、コロシアイを望む私たちユーザー... それをニューダンガンロンパV3のキャラたちには否定したのです。 「こんなのはおかしい」と。 そして、希望でも絶望でもない中途半端な終わり方をすることで、 「コロシアイは... ダンガンロンパはここで終わりにしよう」とキャラが言ったのです。 そんなキャラを生んだのは 制作スタッフです。 制作スタッフはキャラたちの口を通して、私たちに「 ダンガンロンパは間違っている... 終わりにしよう」というメッセージを伝えたかったのではないでしょうか? 「間違っている」というのは、 コロシアイのために生み出されて死んで行くキャラとしての在り方を否定しているのではないかと思います。 そして、「終わりにしよう」とフィクションである彼らから訴えることで「ダンガンロンパの終わり」としたかったのではないでしょうか。 意図についての考察で、ダンガンロンパと私たちの間の世界が近づいた(フィクションの垣根を超えてきた)と言いました。 だからこそ、彼らの言葉を重く捉えるべきなのです。 これが制作スタッフからのメッセージだと私は考察しました。 それをキャラが訴えるという前例のないやり方で終わらせようとしたのではないでしょうか。 そうすることで、 ダンガンロンパらしい終わりを演出したかったのではないかと思います。 この結末にはそのような意味合いも含まれているのかもしれません。 ファンとして「ダンガンロンパが間違っていた」なんて信じたくありません。 ダンガンロンパが... 大好きなダンガンロンパが間違っていたなんて...。 でも、キャラがそう訴えているんです。 たかだかフィクションなのかもしれません。 それでも、 本当にキャラが好きならば、ダンガンロンパが好きならば、変わるべきは私たちなのかもしれない、とふと思いました。 これらを私たちユーザーがどのように捉えるかで、賛否が大きく分かれているのでしょう。 締めくくったのは、 ダンガンロンパのプロデューサーである寺澤善徳さんと、 シナリオライターでリアルモノクマとも呼ばれる小高和剛さんです。 ここで、寺澤さんと小高さんは今作の結末に対する解釈について言及しました。 物事には全てに表があり裏がある。 その中で、最後は自分がどのように解釈するのか、それに尽きると思います。 本作も、さまざまな解釈が出来るようになっており、僕らスタッフでさえ、それぞれが違う解釈をしているのも事実です。 () ここからも、解釈は個人の自由であることがわかります。 このように考察できるのも、ダンガンロンパの楽しさ何だと思います。 常在戦場でした。 でも、全力であがき続きました。 妥協のない作品を作ること、それこそが命懸けで戦っている彼らに対しての礼儀でもあるからです。 彼らが戦うなら、僕らも戦わねばなりません。 彼らをただの消費物にしない為に。 () 意味深な発言ですね。 ロンパファンの感想や意見まとめ! のオチは — テラ V3クリア済 Tera757 ロンパファンの皆さんにTwitterでアンケートを取ってみました!がっかりした... という方もややいますが、私と同じように「ダンガンロンパらしい!」という方もまあまあいるようです。 ですが、やはりファンだけに「なんとも言えない」という意見が最も多いという結果になりました。 他のブログやサイトの感想を取り上げていきます。 「嘘」というあまりにも大きく深い闇を真剣に覗き続けた人間が、それに覗き返され魅入られてしまえば、結論が常識と大きくかけ離れるように流されていくのは明白だろう。 そしてその代償として得た最終章、ひいては『ダンガンロンパV3』全体に沸騰する血液のように流れる熱量は間違いなく本物であり、その点でこの作品の質は間違いなく前2作をはるかに凌いでいる。 () 例え残酷な部分がある作品であっても面白いと感じ、評価して、これまで支えてきたファンに「コロシアイが終わらないのは悪趣味な視聴者のせいだ」「フィクションだからってなんでもやっていいのか」と正面切って突き付ける面の皮の厚さには、さすがに開いた口が塞がりませんでした。 () この『V3』のオチが何らかの発作で酷くなったのはしょうがないとしても、過去のシリーズまで巻き込むなよ、とは思うんですよね。 過去のシリーズのキャラクターが次から次へと登場して、「これはみんなフィクションでしたー!」って今作の登場人物を小バカにするシーンは、観ていて心底腹が立ち、そして、あきれ果てました。 () あー終わった! ニューダンガンロンパV3終わった! いやー最高だったね! ラストのオチには言いたいこともないではないけど、それを差し引いても最高だったよ! それに俺は好きだよこういうオチ — ヤナギ BF1始めました yanagi8270 いやちゃうねん 別にこのオチだけならまだ許せるんや 今までやったことを全て茶番化して無かったことにしたのが許せんねん 今までのファンに対してケンカ売るのがやりたかったことなんか?あぁ? — セレナーデ serenarde ニューダンガンロンパV3クリアした! うーん、なんというかダンガンロンパシリーズはラストが絶望的にダメですね。 今回のやつも例に漏れずそう。 今すぐに売りに行きたい。 あとは解釈の問題だよなぁ — ニューダンガンロンパV3はいいぞ 285bn1 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。 ニューダンガンロンパV3の結末に関する私なりの考察をしてきました。 また、他のロンパファンの感想もご紹介させていただきました。 ここからダンガンロンパについて思考を巡らせ、1つの楽しむ要素にしていただければ嬉しいです。 私の考察を読んで「なるほどな」と思っていただけたり、「それは違うよ!」などの感想がありましたら、ぜひコメント欄の方に書き込みをお願いします! ダンガンロンパ関連情報 tera757.

次の