寝 てる とき に 足 が つる。 【妊娠】夜中に足をつるのが辛い…睡眠中のこむら返り予防法7選

就寝中に足がつる!ふくろはぎに何が!?足りない栄養は?管理栄養士が考えた|管理栄養士しばづけの徒然なるままに

寝 てる とき に 足 が つる

突然、足がつってしまう症状のことを一般的に 「こむら返り」と呼びます。 睡眠中に突然こむら返りの症状に悩む方は、その原因が足に問題があると思いがちですが、実は違う場合があります。 足の筋肉の異常に間違いはないですが、根本的な原因の多くは、 です。 マグネシウムは筋肉を緩める働きがあり、筋肉を動かす(収縮)際に欠かせない栄養素。 そこで、マグネシウムを沢山摂取しよう!思っても、食生活の改善は難しいものです。 マグネシウムの多い海藻や青魚を毎日食べるのは大変ですから、忙しい方や健康志向の強い方の多くはを選んでいます。 足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ! なぜ睡眠中にこむら返りになるのか? 運動中に足がつるという人も結構多いと思いますが、意外と 睡眠中に足がつるという人が多いとよく耳にします。 実際に身近でも義父が睡眠中にしょっちゅう足がつって眠れないと聞きました。 睡眠中にこむら返りになる主な原因は、下記の通りです。 1.水分不足 寝る前は、夜中寝ている時にトイレに行きたくないと、どうしても 水分を控えてしまいがちです。 ただ寝ている間も汗をかくので身体の中は水分が不足してしまいます。 寝る前にコップ一杯または、コップ半分の水を飲むだけでも水分不足によるこむら返りは、防ぐことができます。 2.ミネラル不足 ミネラルであるマグネシウムやカルシウムは筋肉の収縮に関わる栄養素です。 足がつってしまう方の原因で最も多いのが、このミネラル不足。 筋肉をスムーズに動かすために欠かせないため、不足しないようにしましょう。 食事の改善が難しい方にはまとめて摂れるが人気です。 3.冷え この原因は、運動中に足がつる原因には無い原因で、夏場は、クーラーや扇風機などで寝ている間に身体を冷やすことで、冬場は、寒さによる冷えで足が冷えてしまいます。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になり、急に足を伸ばそうとしてロックがかかってしまい、足がつることがあります。 特に 寝ようとする時や熟睡中、目覚めた時に足がつるという方は、冷えが原因かもしれません。 4.筋肉疲労 普段寝ている時の筋肉は、ゆるんでいる状態ですが、昼間に運動などをして 筋肉が疲れている場合、寝ている間も筋肉が緊張して痙攣を起こし、足がつることがあります。 運動前と運動後のストレッチは、運動中のケガの予防はもちろん、 筋肉の疲労回復にも効果的です。 特に久しぶりに運動をする時には、念入りにストレッチすることをおすすめします。 睡眠中に足がつる人は、年齢に関係なくいらっしゃいますが、特に 中高年の方で多くいらっしゃるようです。 中高年の方が足がつりやすい理由は、 加齢による筋肉量の減少、脱水症状、動脈硬化による血行不良、薬の副作用など若い人に比べるとあらゆる原因が重なって足がつる可能性が高まるからです。 また足がつることが慢性化したり、重症化しやすいのも中高年の方が多いです。 病気が原因の足のつりは、病気を治療しなければ治りませんが、上記に挙げた原因は、ほんの少し日頃の生活を気を付けるだけで することが可能です。 自分の生活を見直して 足のつらないカラダ作りをしましょう。 足がつって辛い方への効果的な改善策はマグネシウムサプリ! こむら返りになりやすい季節ってあるの? 足がつるのは、一年中いつでも起きる可能性がありますが、 一年を通して一番足がつりやすい季節は、 秋から冬にかけての寒い季節です。 冷えは、万病の元とも言われますが、足がつる原因にもなっています。 マッサージをしたり、お風呂に入ったり、靴下を履いたり、いろんな冷え対策を行っていても足は冷えてしまいがちです。 また寒い季節は、汗をかかないためどうしても 水分補給を忘れがちです。 気付かないうちに身体の中の水分量は少なくなり、軽い脱水症状を起こってしまっている場合もあります。 実際に私も毎年冬にスキーをするのですが、スキー中にあまり水分補給を行わずにいて、軽い脱水症状を起こし、具合が悪くなってしまった経験があります。 汗をかいていなくても乾燥している冬は、呼吸、皮膚の湿度保持、衣類に吸湿されたり、気づかないうちに水分を失っています。 冬もしっかり水分補給を行うようにしましょう。 「足がつる」の言葉の意味 「足がつる」の「つる」を漢字で書くと 「攣る」と書きます。 つまり簡単に言えば、足が引き攣ること、痙攣(けいれん)するということです。 ちなみに「痙る」と書かれている場合は、「ひきつる」と読みます。 症状名としては「こむら返り」という言う場合が多い。 (実用日本語表現辞典より引用) 一般的に「足がつる」というと筋肉が急に収縮し、そのまま固まってしまって痛くて動かせなくなることを指し、さらに専門的な言葉では「有痛性筋痙攣」(ゆうつうせいきんれんしゅく)とも呼ばれています。

次の

太ももがつるのが痛い!太ももがつる原因と対策から予防法まで|足から健康に!「あしカラ」

寝 てる とき に 足 が つる

もう1人の人が痺れを書いていますので冷え症の改善を書きますが冷えを治すと痺れも泊まる可能性が有ります。 痺れの事は自分の所でも説明していますので其方も参考にして下さい。 冷え性の改善何にでも影響が出る病気ですので調べた事を貼り付けますので参考にして下さい。 冷え性や低体温の解消には適度に体を動かして、血液の循環を良くして、体の中から熱を発生させることも大切です。 紅茶に生姜を入れて黒砂糖を入れて1日に4. 5杯飲むこの黒砂糖は抜かないで下さい。 肥満の予防効果も出ます。 体温が一度低いのは体の代謝(燃焼効率)が12%下がります。 筋肉の運動が12%下がると言うのは脂肪が12%アップすると言う事です。 体全体の筋肉の運動量が落ちるので全てマイナスに作用します。 免疫力も体温が一度下がると30%落ちるそうですので万病の元と言われています。

次の

足がつるのは冬が多い!理由に迫る

寝 てる とき に 足 が つる

寝ている時、足がつって激痛で飛び起きた!そんな経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?夜中に何度も足がつってしまうために睡眠不足になってしまうことも・・・。 特に高齢の方は足がつりやすいといわれています。 今回は、足がつる原因とその対処法、予防法をご紹介いたします。 なぜ足がつるのか 私達が普段身体を動かす時、脳が命令を出して筋肉を収縮させています。 しかし、なんらかの原因で 脳が命令を出していないのに筋肉が異常に収縮・痙攣し、足がつってしまうのです。 異常な収縮・痙攣は、激しい運動をした後、疲れている時、立ち仕事の後、就寝中に起こりやすいとされています。• つりやすい場所 足の裏や指、背中がつることもありますが、一番多いのはふくらはぎと言われています。 ふくらはぎがつることを、ふくらはぎの辺りのふくらみを指す 「こむら」から「こむらがえり」と呼びます。 筋肉の疲労 通常運動をした後は、脳から筋肉を緩める命令が送られます。 しかし、激しい運動などで筋肉が疲労していると、エネルギーの補給が間に合わず、足のつりを起こします。 ミネラルの不足 カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなど血液中のミネラルは、神経や筋肉の動きを調節しています。 このミネラルが不足すると、筋肉の痙攣が起こるのではないかと言われています。 汗をかくなど、 日常生活の些細な出来事でミネラルは体外に出てしまいます。 体内にミネラルは僅かしか蓄えておくことが出来ないため、こまめに補給しないと足のつりを起こします。 水分不足 水分が不足すると血液がドロドロになり 流れが悪くなります。 血流が悪くなると、筋肉が硬くなり足がつりやすい状態になります。 その為、水分が不足しがちな夏に足がつりやすいのです。 冷え 身体が冷えると筋肉が緊張状態になり、急な動きに対応できず、足がつってしまいます。 また、冷えによって血流が悪くなることも、足がつる原因になります。 寝ている時に足がつりやすいのは、汗をかいてミネラルが不足し、水分が不足して血流が悪くなり、寝ている間は足を動かさないため筋肉が硬くなったところに、寝返りなどで急に筋肉を動かすという条件が重なるためです。 高齢になると、つりやすくなる理由 多くの方が「歳をとってからよく足がつるようになった」と口にされています。 これは、高齢になるにつれて身体が「足がつりやすい状態」に陥りやすくなるからと言われています。 筋肉量の減少 高齢になると運動量が減り、筋肉が衰えてしまします。 筋肉が衰えると、 筋肉の血液を送り出すポンプとしての機能が低下してしまうため、血液の流れが悪くなり、血液から各細胞への栄養・ミネラル補給が上手くいかなくなります。 その結果、日常生活でも疲れやすく疲労が蓄積されやすくなります。 水分不足になりやすい 水分を蓄える筋肉が減ってしまう、食事の量が減るため食べ物からの水分摂取量が減るなどが原因で、 高齢になると水分が不足しがちになってしまいます。 また、喉の渇きを感じにくくなるため水分を摂取するのが遅れがちになります。 薬によるミネラルバランスの変化 持病をもっていて薬を飲まなければならない場合、その薬によってミネラルバランスが崩れ、それが原因で足のつりが起こることもあります。 また、高血圧の薬など副作用として足がつる場合があります。 いずれにせよ、あまりにも足がつる場合は主治医に相談することをおススメします。 足がつってしまったときは?(対策) 足がつったときは、痙攣している筋肉を伸ばしてあげる必要があります。 仰向けで寝ている時、ふくらはぎがつってしまったら足先をつかんで 足の裏が上に向くようにゆっくりと引くことで筋肉を伸ばすことができます。 この時、急に行うと筋肉がびっくりしてしまい最悪肉離れを起こしてしまいます。 早く痛みを楽にするために、急いで筋肉を伸ばしたくなりますが 必ずゆっくりおこなって下さい。 また、優しくマッサージすることも効果的です。 力を入れてマッサージするのではなく、 さする程度の力で下から上へリンパを流すようにゆっくり優しくマッサージしてください。 つることで疑われる病気 病気が原因で足がつる場合もあります。 例えば、 糖尿病・腎疾患・椎間板ヘルニア・動脈硬化・脳梗塞があげられます。 これらの病気の場合、足がつる症状以外に 手足の痺れや、むくみ、言葉のもつれ、歩行障がいなどのそれぞれの病気の特徴的な症状が重なってみられます。 水分もしっかりとって、適度に運動しているはずなのに 頻繁に足がつるという方は、一度診察を受けるようにしましょう。 つらない為の予防策 バランスの良い食事を心がける カルシウムやマグネシウム、ビタミンB1が不足すると足がつりやすくなると言われています。 カルシウムは乳製品や小魚、マグネシウムは大豆製品や海草やゴマ、ビタミンB1は豚肉や玄米などに多く含まれています。 ミネラルの不足は、足がつるだけでなく様々な体調不良を引き起こしたり、骨粗しょう症を引き起こすことに繋がったりします。 日ごろからバランスの良い食事を心がけましょう。 水分をしっかりとる 喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給をするようにしましょう。 特に寝ている時は、水分不足に陥りやすくなります。 夜中にトイレに行きたくない為、寝る前の水分補給を控える方は多いのではないのでしょうか?しかし、寝ている間も汗をかき、どんどん体内の水分量は減っていきます。 寝る前に、 コップ半分~1杯の水を飲むことを習慣にしましょう。 身体を冷やさない 冬場は特に、寒さによる冷えで筋肉が収縮し、つりやすくなってしまいます。 シャワーではなくお風呂にしっかり浸かり身体を芯から温めるようにしましょう。 また、寝ている間に身体が冷えてくるので足元を暖かくしておきましょう。 適度に身体を動かす 筋肉量の減少を防ぐ為にも、無理のない程度に身体を動かしましょう。 次の日に疲れが残らない程度のウォーキングやストレッチがおススメです。 ストレッチをして身体を柔らかくすることで、血行促進につながり足がつりにくい身体になります。 夜、軽くストレッチすることを習慣にすると良いでしょう。 また、マッサージも筋肉を柔らかくし、血行を良くします。 高齢の方は肌が乾燥しやすいので、保湿クリームやオイルなどを塗ってマッサージをすることで、保湿もできます。 予防をしていても、慢性的に足のつりが続くようでしたら必ず診察を受けるようにしましょう。

次の