宅建過去問おすすめ。 【宅建】過去問おすすめ勉強法と問題集!私は過去問攻略で1ヶ月で合格した

【2019年】宅建おすすめテキスト・過去問を比較!独学でも使える!

宅建過去問おすすめ

amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ですが、ただ内容を書いているものと、しっかりとした解説付きで書いているものには、明確な違いが出てくるのです。 いくら内容が正しいものでも、 第3者が見て分からないものであれば意味がありません。 そして、参考書の解説というのは、人それぞれ感じる印象が異なるものです。 ある程度の知識がある人なら、簡単な解説だけで分かるでしょう。 ですが、全く知識がない状態から学習する人には、基本からしっかりと解説してあげる必要があるのです。 参考書にも、どれだけのレベルに達した人に向けて解説するかの基準が存在します。 初めての人なら優しい解説、知識がある人なら応用など、 自分のレベルに合ったものを見極める必要があるのです。 これを念頭に置いて、参考書を選ばなければなりません。 宅建士は、国家資格になるため、内容もそれなりに難しいものが多くなっています。 そのため、最初に内容を理解するのが難しく、挫折してしまう人も多いのです。 そんなとき、まず見るべきポイントとしては、 解説内容が見やすいかどうかなのです。 見やすい解説というのは、例えば重要な点を強調して解説している、図や表を駆使して解説しているなどがあります。 特に、図や表にして解説すると、 頭の中で連想しやすくなり、理解力が上がる傾向にあるのです。 こうした工夫をしている参考書は、チェックしておきましょう。 また、人それぞれの感性にも注目するべきだと言えます。 感性は、人それぞれ全く異なるものであり、同じものを見ても、考えることや感じることには違いが生まれます。 参考書も全く同じであり、自分の感性に合ったものでなければ、内容が理解しにくいことを覚えておいてください。 宅建士の参考書には、法律関係の内容が多く載っています。 法律関係の知識というのは、元々の内容からして、理解するのが難しい分野となります。 そのため、法律の原文だけを読んでも理解することは難しく、どうしても解説などに頼る必要があるのです。 法律用語というのは、 普段から触れていない人には、とても難しいものに感じるでしょう。 特に、宅建士で使う民法や宅建業法などは、読んでいるだけでも嫌になるくらい、難しい内容が多くなっています。 こういった難解な内容を理解するポイントとして、参考書の解説が重要になってくるのです。 解説を交えながら、 何が正しくて何が間違っているのかを理解していくことが、宅建士への近道となります。 こういった点から、参考書の解説は、非常に重要な役割を持っていることを、肝に銘じておいてくだい。 宅建の参考書に限らず、ネットが普及した今の時代において、商品レビューの価値は非常に高くなっていると言えます。 というのも、一昔前であれば、商品の価値などを調べるには、人から聞くか、自分で使うしか方法が無かったのです。 これらは、今でも必要なことではありますが、効率は悪いと言えるでしょう。 そのため、参考書などを実際に使ったことのある人の意見が簡単に見れる現代は、とても効率の良い世界だと言えます。 レビューには、その人の価値観も繁栄されますが、多くのレビューを見ることで、 大まかな評価を見極めることが出来ます。 良い評価が多い参考書は、それだけの理由があるとわかります。 逆に悪い評価があるときは、どこかに欠陥があるということなのです。 レビューは、100%正しいとは言えませんが、 自分がどんな参考書を選ぶかの目安にはなる、重要なものだと覚えておいてください。 商品レビューを見ていく上で、注目するべきポイントは、他の人が実際に使っているかどうかです。 レビューの中には、単純によかったという内容だけのものも多くあります。 これは嘘でないにしても、その人が、続けてその参考書を使っているかは分かり兼ねます。 逆に、よく使っている人のレビューを見ると、 どんなところが良いのか、逆に劣っている部分はどこかなど、参考書に関する様々な情報が載っています。 これらの情報は、実際に使ってみた人にしか判断できないことです。 そして、レビューの評価を見ることで、自分でも使えるかどうかという判断を下すことが出来るのです。 特に、使っていると思われるレビューが多い参考書は、 万人受けしやすい内容である可能性が高くなります。 信頼度はかなり高くなるため、試してみる価値はあると言えるでしょう。 宅建の参考書を調べていくと、低評価が多いものを見つけることもあります。 この場合、多くの人が、この参考書では役に立たないと感じていることが分かるのです。 一概に、そのレビューが正しいかどうかは判断しにくいですが、参考にする価値は十分にあります。 世の中には、敢えて悪い評判を流して、相手を陥れる人が存在します。 こうした人は、情報操作などを上手く使い、相手の評判を下げるといった行為を行うのです。 ですが、本当に優れたものというのは、 どこかで真っ当な評価を受け、自然と評判になっていくものなのです。 レビューが悪い参考書は、基本的に選ぶ価値はあまりありません。 ですが、内容を見て違和感を感じたり、様々なレビューの中に、全く違った評価がある場合は話が違ってきます。 そのような参考書は、チェックを入れておき、 自分の目で真偽を判断してみてください。 宅建の参考書を選ぶ際は、内容が文章だけのものは避けると良いでしょう。 大まかな解説は、文章であるにしても、 要所の重要な部分に図や表を使っているものは、とても分かりやすい内容となります。 人が文章を読むとき、頭の中で情報を整理しているのですが、これに図や表が加わることで、視覚的にも印象に残りやすく、理解力が上がります。 文章だけを読んで理解するには、それなりの慣れと時間が必要になるのです。 特に、初めて宅建の勉強をしている人にとっては、分かりやすさが重要になってきます。 分かりやすい参考書には、 必ずといって良いほど、図や表が入っています。 そして、これらを見ながら頭を整理していき、何度も読み返すことで理解力を高めることが出来ます。 文章が悪いとは言いませんが、文章だけに頼った参考書は、避けるようにしましょう。 宅建やその他ことを学ぶためにある参考書ですが、やはり差が付くポイントとしては、分かりやすくなる工夫をしているかどうかです。 分かりやすい工夫というのは、 丁寧な解説・図や表を使う・構成など、様々なものがあります。 結局のところ、参考書で解説している内容は、どれも同じことに過ぎません。 ですが、それを言ってしまうと、世の中で勉強を教えているほとんどのものが意味のないものとなってしまいます。 ですが、重要なことは、 何を学ぶかではなく、何から学ぶかなのです。 教えるのが上手い人や、とても分かりやすい内容の参考書には、その評価を受けるだけの理由があります。 そこには、他の物とは違う工夫が隠れており、教えてもらう側は、無意識にその工夫を見抜いているのです。 工夫を見抜く方法は、自分で実際に見て感じるしかないので、見極めはしっかりと行っていきましょう。 参考書は、その内容によって値段の違うことがあります。 そして、適当に選んでしまう場合、 どうしても高いものを購入してしまう傾向があるのです。 ですが、この方法は、あまりおすすめできるものではありません。 特に、参考書を選ぶ際は、 値段よりも内容を見ることが重要であり、さらに言えば、自分に合っているものかどうかを見極める必要があるのです。 この条件を満たしていない参考書は、いくら値段が高くても、宝の持ち腐れとなります。 値段を最初に見るのではなく、とにかく中身を確認することから始めてみましょう。 手っ取り早く参考書を選んで勉強を始めたいと考える人もいますが、急いで損をするなら意味がありません。 特に、高いものには、それだけの価値があると考えるのが普通なので、その気持ちを少し抑えて、冷静に参考書を選んでみてください。 宅建の参考書に限らず、例え値段が安くても、中身がとても分かりやすいものは存在しています。 これは、勉強する人がどのレベルにいるのかによっても決まるため、一概に正しいとは言えません。 ですが、 手に余る内容より、自分に合ったものから勉強するのは、非常に有効な方法なのです。 値段が安い参考書の特徴は、初歩的な内容を網羅しているというものがあります。 当たり前だと思われることでも、それを懇切丁寧に解説しているため、理解しやすい内容と言えるのです。 もちろん、応用するレベルの人には物足りないかもしれません。 ですが、中には、レベルの高い人でも見逃している内容が書かれていることもあります。 また、ただ値段が安いだけで、 高い参考書に負けないだけの内容となっている参考書もあるのです。 値段だけで判断せず、自分の目で判断するようにしてみてください。 参考書の値段は、内容の良し悪しに比例するものではありません。 参考書を販売する上で、利益を計上できる値段が設定されているだけなのです。 こうしたことからも、安易に値段が高い参考書を選ぶべきではないことが分かるでしょう。 また、値段が高くても、 試験の内容にそぐわないものも存在します。 宅建士などの試験では、過去の内容と重複する問題が出ることは多くあります。 ですが、時代とともに、その内容も変化しているため、場合によっては使い物にならない参考書も出てくるのです。 大抵の場合、最新の参考書を選ぶ人が多いのですが、中には先輩などから紹介された古い参考書を使っている人もいます。 この場合、 値段が高くても、テキスト内容が全く参考にならなかったという場合も出てくるのです。 そういった点も考慮しながら、参考書選びをしてみてください。 東京リーガルマインド• 商品名• みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応 例題付 ] 2019年度 みんなが欲しかった! シリーズ• わかって合格 うか る宅建士 基本テキスト 2019年度 わかって合格る宅建士シリーズ• 2019年版 らくらく宅建塾 らくらく宅建塾シリーズ• ゼロからスタート! 水野健の宅建士1冊目の教科書• スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12 2019年度 スッキリわかるシリーズ• うかる! マンガ宅建士入門 2019年度版• 2019年版 ユーキャンの宅建士 過去12年問題集 ユーキャンの資格試験シリーズ• 2019年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門 ユーキャンの資格試験シリーズ• 2018年版 ズバ予想宅建塾 直前模試編 らくらく宅建塾シリーズ• 2019年版 宅建士問題集 過去問宅建塾〔1〕 権利関係 らくらく宅建塾シリーズ• 2019年版 ユーキャンの宅建士 これだけ!一問一答集【「ポイントまとめ」コーナーつき】 ユーキャンの資格試験シリーズ• パッと見るだけでも理解しやすい参考書• 分かりやすさを追求した参考書• わかりやすい表現で解説する参考書• 人気講師が教えてくれる参考書• 基礎から応用まで万全の学習が出来る参考書• 過去問を徹底的に絞り込んだ参考書• 宅建士を目指すならまず読みたい参考書• 本試験さながらの参考書• 過去12年間の問題が網羅できる参考書• 漫画を使った参考書• 効率重視の参考書• 試験直前に使える参考書• 全部で3冊あるシリーズ• 通勤・通学にも使いやすい参考書• 3240円 税込• 3240円 税込• 3240円 税込• 1620円 税込• 2484円 税込• 2808円 税込• 2160円 税込• 3240円 税込• 2808円 税込• 2376円 税込• 2376円 税込• 1620円 税込• 1944円 税込• 1944円 税込• 3240円 税込• ページ数• 610ページ• 738ページ• 532ページ• 224ページ• 429ページ• 702ページ• 256ページ• 948ページ• 856ページ• 272ページ• 493ページ• 108ページ• 456ページ• 432ページ• 595ページ• 発売日• 商品リンク• 独学のメリットは、何と言っても 費用が抑えられること。 教材費以外にお金がかからないのでお財布に優しいです。 また、 自分のペースに合わせて勉強できる点も魅力です。 通信教育はどうしても組まれたカリキュラムに沿って進むので個人のペースには合わせてくれません。 デメリットは 挫折しやすい点。 持続力の強い人でしたら問題ありませんが三日坊主の方は喝を入れながら進まないといけません。 また、講師がいないので 何かあった時質問できないのもデメリットです。 あとは、 教材を自分で選ばなければいけない、法改正などに対応できないのが痛いところです。 持続力があって値段を抑えたい方、質問できる先輩・上司がいる方には独学がおすすめです。 自分のペース重視の方はこちらのランキングも合わせてどうぞ。 通信のメリットは、 講師に質問できるところでしょう。 わからないところをあやふやなままにするのは試験の時命取りになりかねません。 また、 法改正に対応できるのも強いです。 宅建は法律系の国家資格なので、改正点は特によく出題されます。 デメリットは 費用がかかる点。 講座にもよりますが約4〜8万円の受講料がかかります。 せっかく受講料を払ったのに時間がなくて課題をこなせなかったり、講座との相性が悪かったりするともったいないですよね。 また独学でも自分にあった教材を選ぶのを悩むように、 講座を選ぶのも一苦労。 始めるまでに数日時間もかかるので、本を買ってパッと始める独学とは手軽さが違います。 通信は、困った時に質問できる講師が欲しくて、お金にもある程度余裕のある方におすすめです。

次の

宅建おすすめテキストを紹介します。|銀行員が社畜を脱出する資格ブログ

宅建過去問おすすめ

宅建試験で過去問を軽視すると失敗する 宅建士の勉強をする上で、過去問は最も重要なツールです。 しかし、過去問を使っての勉強を直前までスルーしてしまう人や、過去問にほとんど触れずテキストと問題集だけで勉強を進める人が多いです。 このような人は、過去問が大事と分かっていながら、活用法がよく分からずに本番を迎えてしまうようで、非常にもったいないです。 やりがちな間違った過去問勉強法 メリハリをつけずにとりあえず解くだけ 「過去問は大事らしいからとりあえず解いておこう」という感じで集中せずに解くと、せっかく取り組んでも知識として定着しません。 過去問は、過去にどのような問題が、どのような文面で出題されていたかが分かるとても重要なデータでもあります。 過去問に取り組んでいるときは、試験本番と同じように集中した環境で取り組むようにしてください。 「練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで」日頃から問題をこなしていくよう、心がけてみてください。 学習の仕上げとして過去問を解く 過去問を本番試験問題の腕試しだと勘違いしている人も多いですが、 過去問演習は勉強の仕上げではありません。 確かにそういった使い方でも合格できるかもしれませんが、過去問の良さがほとんど活かせておらず、 非効率です。 過去問は試験直前に解くものではなく、テキストを読んだ後に解いて知識として定着させるものです。 そして実際に解いてみて間違えたらテキストに戻って確認する、という地道な作業が重要なのです。 失敗から学ぶ正しい過去問の使い方 過去問には、過去のデータを分析した頻出度を掲載していることが多いです。 頻出論点を把握して、集中的に取り組むことによってより効果的な学習となります。 また、実際の試験問題では毎年5問程度難問が出題されますが、過去問演習で慣れておけば当日に慌てることもありません。 過去問を通じて難問・奇問を経験しておくことで、 本番までに目指すべき本当のレベルを把握することもできるでしょう。 頻出論点の把握と目標到達水準の把握。 過去問演習を通じてこの2つを理解することを意識するのが大切です。 人気講座ランキング (上位3社) 宅建試験で過去問を中心にした勉強法が最適な理由 まずは、過去問が大切な理由を正しく知ることが大切です。 過去問が大切な理由を知らずに勉強を進めると、過去問に取り組むのを後回しにしてしまい、合格を遠ざけてしまう大きな原因となってしまいます。 過去問ほど優れた教材は存在しない 過去問は直前期に解くものではなく、普段の勉強に取り入れてテキストと並行して進めるべきツールです。 過去問を使うことで頻出論点を把握したり、出題傾向のクセがわかったり、本番試験の出題スタイルなどをつかむことができます。 また、 本試験と同じレベルの難易度の問題を解けるため、非常に実践的な学習ができると言えるでしょう。 本番試験では過去問と全く同じ問題が出ることは基本的にありません。 しかし、 文章の一部を変えただけであったり、角度を少しだけ変えただけの実質同じ出題がされることが多々あります。 また、同じ論点を違う角度から問う問題(例えば、民法で債務者と債権者の立場を変えただけの問題)も多いです。 そのため、過去問で出題された論点をしっかりと押さえて勉強することで、 本試験のほとんどの問題に対応できるようになるのです。 特に民法などは試験範囲が広く、苦手意識を持つ受験生が多いです。 そこで、このような 過去問を通じて勉強するべき範囲を絞らなければ、勉強にとても時間がかかってしまいます。 さらに、当日の試験日は当然緊張しているため、過去問を通じて試験形式に慣れておくことも重要になってきます。 試験問題に見たことが無い問題が出ると面食らいますが、日頃から過去問で対応力を磨いておくと冷静に対処できるようになるでしょう。 過去問で苦手科目を見つけられる 例年、宅建試験の合格率は15%程度ですが、宅建の士業への格上げに伴い近年では試験の合格ラインが上がってきています。 そのため、勉強を進める中で苦手科目は出てくると思いますが、 苦手科目をそのまま放置し、捨てるのは危険です。 特に30点台中盤の得点者は集中するため、1点が合否を分けます。 1点足りなかっただけで不合格となり、 また一年間勉強を続けるのは苦痛ですよね。 確実に合格点を超えるためには、 苦手科目であっても他の受験者が解けるような比較的簡単な問題は最低限解けるようになっている必要があります。 まずは過去問を通じて、自分の苦手科目は何なのかを知ることが大事です。 過去問では各分野で似たような論点の問題が繰り返し出題されています。 何度も間違える論点や、2周目に入っても同じ間違いをしてしまう問題などは苦手科目といえます。 自分の苦手科目が分かったら、繰り返し繰り返し丁寧に反復をして、苦手を潰していきましょう。 やり方としては過去問とテキストで同じ問題を繰り返し解いて知識の定着を重点的に測ることのがおすすめです。 宅建の過去問の解き方のポイント3つ 過去問の解き方のポイントは、以下の3点です。 体系別の過去問を使う• 一問一答形式の過去問が使いやすい• 過去問は10年分は解いておく これら3つのポイントを意識するか否かで、合格までにかかる勉強時間が大きく変わってくると言えるでしょう。 体系別の過去問を使う 過去問題集選びの際には、体系別に問題が収録されているものがオススメです。 宅建士の場合、論点別に特徴をよく理解し、その特徴の解説がわかりやすく記載されている過去問を活用していくことが大切になってきます。 特に他の問題集にこだわる理由がなければ論点別の過去問題集を活用しましょう。 過去問が論点別に収録されているので、各分野ごとに集中して勉強することができ、苦手潰しにも活用しやすいです。 体系別のものを使うメリットは他にもあります。 論点ごとの知識を定着させることができる。 論点ごとの出題傾向やパターンがつかめる。 自分の苦手分野がわかり、対応できるようになる。 特に出題傾向やパターンについてクセを掴むのは重要です。 1周目は「こんな切り口で出題してくるんだな」程度に取り組み、2周目以降、知識が定着してからは本番のつもりで取り組むと効果的です。 このように論点別の過去問を活用することで、他の形式の過去問(例えば年代別になっているもの、頻出頻度順になっているもの)に取り組むよりも効率よく合格を目指せるのです。 一問一答形式の過去問がおすすめ 特に初学者の方は、いきなり本番と同じ4択の択一式の問題に取り組むのではなく、一問一答形式のものを選ぶと良いでしょう。 いきなり知識が定着しきっていない状態で4択問題を解いていくのは難しく、場合によっては自信の喪失につながってしまうためです。 その一つの問題の正誤について集中的に考えることができるため、知識の定着につながります。 また、4択問題に取り組むと、1問あたりにかける時間が長くなってしまい、隙間時間を活用したい方には向きません。 このように、一問一答形式の過去問を活用することで1つ1つの問題をより深く理解することができます。 一問一答形式の問題がほぼ完璧に仕上がってから、本試験問題同様の択一式の過去問に着手すると良いでしょう。 過去問は10年分は解いておく 宅建士試験は過去問の焼き直しが多いため、量をこなせばこなすほど本番での対応力が磨かれます。 そのため、あくまで目安ですが10年分の過去問は解くようにしましょう。 10年分を解くことで多種多様な問題に向き合うことができるため、その分試験当日に「見たことがない問題」が減ります。 他にも過去問を多く解くことで、頻出問題を繰り返し解くことができるというメリットもあります。 何度も見かけた問題であれば、本番試験でも一瞬で解答することができるでしょう。 数多く過去問を解くことにより、自分はこれだけの量の過去問を解いてきたという自信にもなるので、10年分の量をこなすことを目標に頑張っていきましょう。 過去問は暗記が勉強の基本 宅建試験は暗記の割合が高い 宅建士試験は、権利関係(民法)・宅建業法・法令上の制限・税その他の4科目に大別されます。 宅建で学ぶことの多くは暗記が求められるため、暗記が苦手な方は自分なりに工夫して整理しておく必要があります。 覚えられない箇所は繰り返し読み込んで覚えるようにしてください。 当然、理解が大切になる科目もありますが、勉強を進める上での中心は暗記となり、 覚えているだけで正解できる問題も非常に多いです。 暗記科目は勉強時間と得点が比例しやすいので、勉強のモチベーションも保ちやすいといえます。 過去問を解き進めて知識を定着させ、自信をつけていってください。 暗記がメインの科目 宅建士試験の中で、宅建業法、法令上の制限、税・その他は暗記が基本の科目となります。 宅建業法 ほぼ暗記で本試験でも得点をすることができるため、勉強をすればするほど得点が伸びる科目といえます。 その分、多くの受験生がこの科目を得点源にします。 そのため、宅建業法での取りこぼしがないようにしましょう。 ここでは、ほぼ全問の正解が欲しいところです。 単純な知識問題が多いので、数字などは細かい箇所まで暗記するように心掛けてください。 コツコツと知識を積み上げることが重要です。 法令上の制限 法律上の制限においては、試験に出題される法律の種類が多く、勉強を進める中で「今、この法律について学習している」ということを常に意識しましょう。 扱う法律の数が多いため、問題と向き合ったときに「これは何の法律の規定だっけ?」となってしまう恐れがあります。 このような迷子状態になると、理解も進まず効率の悪い勉強となってしまいます。 勉強法としては、テキストの読み込みよりも過去問のやり込みがおすすめです。 ただ、闇雲に暗記するのではなく、その法律の本来の目的などを一緒に考えることでより印象に残ります。 法令上の制限の勉強をする際には、規制の対象、内容、理由を横断的に学習するのが良いでしょう。 税、その他 この科目では、税率や税金の額など数字を覚えないといけません。 正確に覚えていれば一目で正誤が判断でき、それだけで得点できる問題が出てきます。 引っ掛け問題が少なく、シンプルな問題が多いため、暗記さえしてしまえば解ける問題が多いです。 特に統計情報や税法の分野は、暗記をしていれば得点源にすることができますので、丁寧に取り組むようにしましょう。 民法だけは暗記が通用しない 民法は暗記だけでは得点することが難しく、条文の理解が重要となります。 条文を理解する際には、法律の目的や趣旨にも注目しましょう。 法律の第一条に、たいてい制定された趣旨が記載されていますので、是非目を通してみてください。 また、条文を理解するためには用語の理解も必要となるため、意味の分からない用語が出てきたら面倒ですが逐一調べることをオススメします。 繰り返しにはなりますが、 民法の学習範囲は膨大なので、過去問を使って範囲を絞るのはほぼ必須です。 頻出頻度の低い論点はり深入りしないように注意しましょう。 民法の出題では、不動産取引の問題に代表されるように、事例問題が多いです。 事例問題の対策としては図を書くことがおすすめです。 債権者はA、債務者はB、連帯保証人はCとDなど、丁寧に図に表すとわかりなすくなります。 過去問を通じてこのような事例問題に慣れていくようにしましょう。 ある程度出題パターンは決まっているので、しっかりと条文を理解した上で過去問演習をすれば、自然と解けるようになります。 民法は苦手という受験生は多いため、民法で得点ができれば周りと差が付きやすく、合格に一気に近づきます。

次の

【独学向け】宅建おすすめテキスト7選~マンガ+参考書+過去問

宅建過去問おすすめ

読みたい場所へ飛ぶ• 目的別おすすめ問題集 あなたにあった問題集をすぐに選べるように一覧形式にしました。 おすすめ問題集のところをクリックすれば、ページ内で問題集を詳しく紹介しているところに飛ぶので参考にしてください。 こんな人におすすめ おすすめ問題集 厳選問題集で効率よく勉強したい人は 年代別に過去問を勉強したい人は 分野別に過去問を勉強したい人は 一問一答で勉強したい人は ベストセラーの問題集で勉強したい人は おすすめの宅建テキスト・参考書ランキング 紹介する問題集はすべて過去問集ですが、年代ごとに勉強できたり分野ごとに勉強できたりと同じ過去問でも少しずつ違うので、自分にあった問題集を探してみてください。 1位 みんなが欲しかった!宅建士の問題集• 厳選問題集で要領良く勉強したい人向け• 過去10年強から290問を厳選• 分野別に勉強できる• amazonでベストセラーのテキストと完全リンクした勉強ができる• 問題ごとの難易度付き• 3分冊が可能• amazonでなか見!検索できる• ベストセラーテキストと完全にリンクした形で勉強できる問題集です。 問題ごとにテキストのどこを見れば解説が載っているかが一目でわかるのでテキストをペラペラめくる必要がありません。 「」の購入を考えている人はセットで購入しておくといいでしょう。 分野ごとにまとめられているので宅建士の教科書を読んでこの問題集をするという風に勉強していけば力が付くでしょう。 ちなみに2位の「みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集2020年度」と同様の冊数が当サイトで売れておりみんなが選んでいる問題集です。 年代別に過去問をしっかり勉強したい人向け• 過去12年分600問を掲載• やさしい年代順に勉強ができる• 問題ごとの難易度付き• 2分冊が可能• amazonでなか見!検索できる• みんなが欲しかったシリーズの過去問題集です。 先程紹介した1位のは厳選問題集ですがこちら過去問題集となっています。 特徴は合格点基準点が高いやさしい順に過去問が掲載されていることです。 問題がやさしかった年代順に勉強することにより自信をつけながら確実に過去問を解いていくことが可能になっています。 また、問題数も12年分とたくさん掲載されているため消化不良になるおそれもありますが、これだけやっておけば合格間違いないでしょう。 ちなみに1位の「みんなが欲しかった!宅建士の問題集」と同様の冊数が当サイトで売れておりみんなに選ばれる問題集となっています。

次の