商品券と品物。 商品券の経理処理。仕訳と消費税、その他の注意点について

商品券を送る方法は書留と宅急便どちらもOK?ゆうパックの品名は?

商品券と品物

スポンサーリンク 商品券は給与課税になる? 結論から言いますと、商品券は給与課税になります。 つまり、普通の給与と同じように現金で支給されたのと何ら変わらないのです。 商品券で支給して節税しよう!だとか商品券は福利厚生費です!とか少額なら大丈夫です!とか言っている有害な情報があふれていますが、所得税法に照らすと給与課税です。 これについては、国税庁が記念品の支給について説明しているところに明記されています。 2591 創業記念品や永年勤続表彰記念品の支給をしたとき [平成30年4月1日現在法令等] 創業記念で支給する記念品や永年にわたって勤務している人の表彰に当たって支給する記念品などは、次に掲げる要件をすべて満たしていれば、給与として課税しなくてもよいことになっています。 なお、記念品の支給や旅行や観劇への招待費用の負担に代えて現金、商品券などを支給する場合には、その全額(商品券の場合は券面額)が給与として課税されます。 また、本人が自由に記念品を選択できる場合にも、その記念品の価額が給与として課税されます。 引用元: ここでは、記念品を渡すなら、条件付きで給与課税しなくてもいい。 だけど、現金や商品券は給与と全く同じ扱いにします、ということを言っています。 このような内容を公表する背景に、こんな質疑応答もあります。 ここでも、商品券は給与になると明言しています。 【照会要旨】 当社では、創業50周年を迎えたことから、本年12月に在籍する全従業員に対し、一律1万円分の商品券を支給することとしました。 この場合、従業員に支給した商品券については、どのように取り扱われますか。 【回答要旨】 給与等として課税の対象になります。 創業50周年等の区切りを記念して従業員に対し記念品等を支給することは、一般的に行われているものであり、この記念品等については、1その支給する記念品が社会通念上記念品としてふさわしいものであり、かつ、そのものの価額(処分見込価額により評価した価額)が1万円以下のものであること、2創業記念のように一定期間ごとに到来する記念に際し支給する記念品については、創業後相当な期間(おおむね5年以上の期間)ごとに支給するものであること、のいずれにも該当するものについては、強いて課税しなくて差し支えないとしています(所得税基本通達36-22)。 この取扱いを受けるのは記念品に係る経済的利益に限られるため、記念品に代えて支給する金銭については、給与等として課税の対象になります。 照会のように、会社の創業記念として商品券の支給が行われる場合、その支給を受けた各従業員は当該商品券と引き換えに、商品を自由に選択して入手することが可能となりますので、商品券の支給については金銭による支給と異ならないといえます。 したがって、照会の商品券の支給については、課税しない経済的利益には該当せず、給与等として課税の対象になります。 引用元: スポンサーリンク 現物支給には当たらないのか?という疑問 ここまでの引用で説明はほぼ済んでしまっているのですが、「いやいや、商品券はモノを渡すんだから現物給与に当たるだろう」というような悪あがきをする人もいます。 参考までに現物給与を当たってみましょう。 3 現物給与 給与は、金銭で支給されるのが普通ですが、食事の現物支給や商品の値引販売などのように次に掲げるような物又は権利その他の経済的利益をもって支給されることがあります。 1 物品その他の資産を無償又は低い価額により譲渡したことによる経済的利益 2 土地、家屋、金銭その他の資産を無償又は低い対価により貸し付けたことによる経済的利益 3 福利厚生施設の利用など 2 以外の用役を無償又は低い対価により提供したことによる経済的利益 4 個人的債務を免除又は負担したことによる経済的利益 これらの経済的利益を一般に現物給与といい、原則として給与所得の収入金額とされますが、現物給与には、1職務の性質上欠くことのできないもので主として使用者側の業務遂行上の必要から支給されるもの、 2換金性に欠けるもの、3その評価が困難なもの、 4受給者側に物品などの選択の余地がないものなど、金銭給与と異なる性質があるため、特定の現物給与については、課税上金銭給与とは異なった取扱いが定められています。 引用元: ここでも現物給与も原則は給与所得になると言っていますね。 そして、例外的に要件を満たせば非課税になります。 商品券のことを考えた場合に引っかかってくるのが、 「換金性に欠けるもの」という要件です。 商品券は当然のことながら、換金性はとても高いです。 取り扱い店舗であればほとんどのものが買えますし、売ろうと思えば売ることもできます(手数料を取られるので、結局手取りは減りますが)。 同じような考え方で、図書カード、クオカードなども商品券扱いになります。 また、選択の余地がないものに当てはまらないものとしては、カタログギフトがあります。 ちょっと意外かなという気もしますが、選択肢が与えられていることがほとんどですので、課税対象の現物給与になるんですね。 スポンサーリンク 商品券の支給はしたい、課税対象にはしたくないという場合 これって、かなり難しいです。 というか、今まで見てきたとおり、商品券=現金といって差し支えないので、ほぼ無理です。 以下の方法は、単なる個人的見解ですので、これらの方法を採用して生じたいかなる損害等についても管理人は一切責任を負いません。 必ず顧問税理士や税務当局等の専門家とご相談の上判断してください。 限りなく黒のグレーとしては、会社として交際費にして法人税は払うから所得税は見逃して、という方法です。 法人税も所得税も税務署の同じ調査官が調査する、というのであれば忖度の余地もあるかとは思いますが、よほど寛大な調査官出ない限りはこの方法はできないでしょう。 唯一考えられるのが、会社を通さず、個人同士のやり取りとすること。 社長のポケットマネーで商品券を買って配る、という方法ですね。 こうなると贈与税の範囲になるので、年間で110万円までであれば非課税になります。 まぁ、そこまでして支給するのか?という問題はありますが…。

次の

出産祝いに商品券を贈るときのポイントを押さえよう!商品券の種類とは?

商品券と品物

スポンサーリンク 商品券は給与課税になる? 結論から言いますと、商品券は給与課税になります。 つまり、普通の給与と同じように現金で支給されたのと何ら変わらないのです。 商品券で支給して節税しよう!だとか商品券は福利厚生費です!とか少額なら大丈夫です!とか言っている有害な情報があふれていますが、所得税法に照らすと給与課税です。 これについては、国税庁が記念品の支給について説明しているところに明記されています。 2591 創業記念品や永年勤続表彰記念品の支給をしたとき [平成30年4月1日現在法令等] 創業記念で支給する記念品や永年にわたって勤務している人の表彰に当たって支給する記念品などは、次に掲げる要件をすべて満たしていれば、給与として課税しなくてもよいことになっています。 なお、記念品の支給や旅行や観劇への招待費用の負担に代えて現金、商品券などを支給する場合には、その全額(商品券の場合は券面額)が給与として課税されます。 また、本人が自由に記念品を選択できる場合にも、その記念品の価額が給与として課税されます。 引用元: ここでは、記念品を渡すなら、条件付きで給与課税しなくてもいい。 だけど、現金や商品券は給与と全く同じ扱いにします、ということを言っています。 このような内容を公表する背景に、こんな質疑応答もあります。 ここでも、商品券は給与になると明言しています。 【照会要旨】 当社では、創業50周年を迎えたことから、本年12月に在籍する全従業員に対し、一律1万円分の商品券を支給することとしました。 この場合、従業員に支給した商品券については、どのように取り扱われますか。 【回答要旨】 給与等として課税の対象になります。 創業50周年等の区切りを記念して従業員に対し記念品等を支給することは、一般的に行われているものであり、この記念品等については、1その支給する記念品が社会通念上記念品としてふさわしいものであり、かつ、そのものの価額(処分見込価額により評価した価額)が1万円以下のものであること、2創業記念のように一定期間ごとに到来する記念に際し支給する記念品については、創業後相当な期間(おおむね5年以上の期間)ごとに支給するものであること、のいずれにも該当するものについては、強いて課税しなくて差し支えないとしています(所得税基本通達36-22)。 この取扱いを受けるのは記念品に係る経済的利益に限られるため、記念品に代えて支給する金銭については、給与等として課税の対象になります。 照会のように、会社の創業記念として商品券の支給が行われる場合、その支給を受けた各従業員は当該商品券と引き換えに、商品を自由に選択して入手することが可能となりますので、商品券の支給については金銭による支給と異ならないといえます。 したがって、照会の商品券の支給については、課税しない経済的利益には該当せず、給与等として課税の対象になります。 引用元: スポンサーリンク 現物支給には当たらないのか?という疑問 ここまでの引用で説明はほぼ済んでしまっているのですが、「いやいや、商品券はモノを渡すんだから現物給与に当たるだろう」というような悪あがきをする人もいます。 参考までに現物給与を当たってみましょう。 3 現物給与 給与は、金銭で支給されるのが普通ですが、食事の現物支給や商品の値引販売などのように次に掲げるような物又は権利その他の経済的利益をもって支給されることがあります。 1 物品その他の資産を無償又は低い価額により譲渡したことによる経済的利益 2 土地、家屋、金銭その他の資産を無償又は低い対価により貸し付けたことによる経済的利益 3 福利厚生施設の利用など 2 以外の用役を無償又は低い対価により提供したことによる経済的利益 4 個人的債務を免除又は負担したことによる経済的利益 これらの経済的利益を一般に現物給与といい、原則として給与所得の収入金額とされますが、現物給与には、1職務の性質上欠くことのできないもので主として使用者側の業務遂行上の必要から支給されるもの、 2換金性に欠けるもの、3その評価が困難なもの、 4受給者側に物品などの選択の余地がないものなど、金銭給与と異なる性質があるため、特定の現物給与については、課税上金銭給与とは異なった取扱いが定められています。 引用元: ここでも現物給与も原則は給与所得になると言っていますね。 そして、例外的に要件を満たせば非課税になります。 商品券のことを考えた場合に引っかかってくるのが、 「換金性に欠けるもの」という要件です。 商品券は当然のことながら、換金性はとても高いです。 取り扱い店舗であればほとんどのものが買えますし、売ろうと思えば売ることもできます(手数料を取られるので、結局手取りは減りますが)。 同じような考え方で、図書カード、クオカードなども商品券扱いになります。 また、選択の余地がないものに当てはまらないものとしては、カタログギフトがあります。 ちょっと意外かなという気もしますが、選択肢が与えられていることがほとんどですので、課税対象の現物給与になるんですね。 スポンサーリンク 商品券の支給はしたい、課税対象にはしたくないという場合 これって、かなり難しいです。 というか、今まで見てきたとおり、商品券=現金といって差し支えないので、ほぼ無理です。 以下の方法は、単なる個人的見解ですので、これらの方法を採用して生じたいかなる損害等についても管理人は一切責任を負いません。 必ず顧問税理士や税務当局等の専門家とご相談の上判断してください。 限りなく黒のグレーとしては、会社として交際費にして法人税は払うから所得税は見逃して、という方法です。 法人税も所得税も税務署の同じ調査官が調査する、というのであれば忖度の余地もあるかとは思いますが、よほど寛大な調査官出ない限りはこの方法はできないでしょう。 唯一考えられるのが、会社を通さず、個人同士のやり取りとすること。 社長のポケットマネーで商品券を買って配る、という方法ですね。 こうなると贈与税の範囲になるので、年間で110万円までであれば非課税になります。 まぁ、そこまでして支給するのか?という問題はありますが…。

次の

新築祝いで商品券を贈るときのマナー!のしはつけるべき?

商品券と品物

香典返しに贈る品物と言えば、昔からお茶や海苔、お菓子などの食品類や洗剤などの消耗品、タオルなどが定番とされてきました。 これらは食べたり使ったりしてしまえば消えて無くなる「消えもの」と呼ばれており、不幸が無くなる、不幸を洗い流すという意味からも弔事の贈り物にふさわしいと考えられています。 しかし、時代とともに人々の贈り物に対する考え方は「贈った相手に喜んでもらう事」「贈った相手を困らせない事」を重視するように変化してきました。 このような考え方の変化から、現代では昔からの習慣にあまりこだわらずに品物選びをする方も増えており、香典返しに商品券を贈るのは決して珍しいことではなくなってきています。 ただし、商品券を贈るにはいくつか気を付けるべき注意点があります。 以下の項目でお話ししていきますので、香典返しに商品券を考えている方はしっかり押さえておきましょう。 これは香典返しに限ったことではありませんが、様々な冠婚葬祭の場面での「もらって嬉しい贈り物」のランキングを見てみると、もらった相手が好きなものを選べる商品券やカタログギフトが必ずと言っていい程上位にランクインしています。 多くの人は自分が欲しいものを自由に選べることに魅力を感じているという事が分かりますね。 従って、商品券は「贈った相手が喜んでくれる可能性が高い」、別の言い方をすると「失敗が少ない」という大きなメリットがあると言えるでしょう。 同時に、香典返しを贈る側にとっても「品物選びで悩む事がない」というメリットがあります。 高額な香典を頂いて金額に見合った品物を選ぶのが難しい場合でも、商品券なら金額を増やすだけでいいので大変便利ですね。 商品券には「金額が明確になっている」という大きな特徴があります。 一般的に香典返しはもらった金額の半額をお返しする「半返し」が相場とされています。 しかし、出来れば相手に正確な金額が分かってしまうのは避けたいと考えるのは自然なことではないでしょうか。 これは商品券を選ぶデメリットと言えるでしょう。 また、商品券は明確な金額が記載されているので、現金と同じと考える人もいらっしゃいます。 現金でいただく香典に現金でお返しするのは、もらった物を突き返す意味になるので失礼にあたるとされていますし、目上の方に現金を贈るのもマナー違反とされています。 このようなことからも、実際は現金ではなくても贈る相手によってはマナー違反と思われてしまう可能性がありますので、目上の方や昔からの習慣を重んじる年配の方へは商品券の香典返しは避けた方がいいと言われています。 このように贈る相手を選ぶのも、商品券を選ぶデメリットと言えるでしょう。 一口に金券・商品券と言っても、お米券や図書券、ビール券、グルメカードなど様々な種類がありますよね。 最近ではAmazonカードのようなネットショッピング用のギフトカードも多数ありますが、香典返しとして贈る場合はどのような商品券を選べばよいのでしょうか。 まず、特定の店舗でしか使用できない商品券は避けておきましょう。 相手がお住いの地域によっては近隣に使用できる店舗がない場合もあります。 また、ビール券やお米券のように特定の品物専用の商品券だと「好きなものを選べる」という商品券のメリットが無くなってしまいます。 やはり、全国百貨店共通の商品券やカード会社が発行する商品券、クオカードが一番無難でしょう。 百貨店の商品券は高級感がありますし、クオカードはややカジュアルな印象がありますね。 贈る相手との関係や金額によって使い分けるといいかと思います。 香典返しに商品券を贈る際に知っておいた方がいい、ちょっとしたコツがいくつかありますのでご紹介します。 まずは商品券の枚数について。 例えば1万円の商品券を贈る場合、1万円の商品券を1枚贈るよりは1,000円の商品券を10枚贈る方がもらった相手は使いやすくなりますよね。 おつりが出ない商品券では金額や枚数も考慮する必要があります。 また、商品券はどこか味気ない気がして選ぶのをためらっている方もいるかと思いますが、そんな時は「商品券+品物」を贈るという方法がおすすめです。 1万円分のお返しをするのであれば、5,000円分の商品券と5,000円分の品物を贈る、という感じですね。 お返しの金額が高額になると見合った品物を選ぶのが難しくなりますので、悩んでしまう場合はこのような方法で商品券を上手に使ってあげると品物選びの負担も軽減されると思います。 是非参考にしてみて下さい。 商品券は現金ではありませんのでどのような方法で郵送しても法律上問題はありませんが、実際は現金と同じようなものですので盗難や紛失を心配する方も多いでしょう。 おすすめは一般書留か簡易書留で紛失補償を付けて郵送する方法です。 簡易書留であれば+310円で5万円まで、一般書留であれば+430円で10万円まで補償を付けることが出来ます。 (一般書留で10万円を超える場合は+21円で5万円の増額、最大500万円までの補償が可能)商品券の金額に応じて使い分けて下さい。 書留はポストには投函されませんので、お礼状を別で送って香典返しを郵送した旨をお伝えしておくと親切ですね。 また、商品券の水濡れなどを防ぐためにも、緩衝材入りの封筒などを利用し、しっかりと包装して郵送した方が安心です。

次の