カゲロウプロジェクト。 古参ボカロファンの「目」に映る『カゲロウプロジェクト』

メカクシ団作戦本部

カゲロウプロジェクト

「私はきっと、明日も忘れない」 概要 の楽曲には、カゲロウプロジェクトと題して世界観を共有し合い、ストーリーに繋がりを持った作品群がある。 ちなみにこのストーリーの舞台は。 ニコニコ動画にて2011年より公開が始まった。 2012年5月30日にDVD付きフルアルバム が発売した。 2012年8月15日にシングル が発売した。 2013年5月29日にDVD付きフルアルバム が発売した。 2014年1月1日に今までのMVを集めたDVD、 が発売した。 2015年4月1日にアニメの挿入歌や新録verの楽曲が収録されたMEKAKUCITY M's COMPLETE BOXが発売した。 2018年11月7日にDVDフルアルバム が発売した。 曲・作品 ・を参照。 メディアミックス 小説 楽曲を手掛けるじん氏本人による小説。 イラストは。 カゲロウプロジェクトの楽曲を繋ぐストーリーが明らかにされている。 (2012年5月30日発売)• (2012年9月29日発売)• (2013年5月30日発売)• (2013年8月30日発売)• (2014年3月29日発売)• (2015年3月30日発売)• (2016年8月29日発売)• 2017年12月29日発売 (最終巻) 漫画版 題名は『 』。 ()にて2012年7月号より連載され、2019年3月号にて完結した。 作者は佐藤まひろ。 ストーリーは上述の小説版が元となっている。 2013年11月号から、じん氏による書き下ろしアナザーストーリーが始まった。 テレビアニメ 第1期 『 』が題名。 制作会社はで、総監督が。 毎週土曜日24時からネットと同時放送された。 第2期 『 』が題名。 制作会社や監督、放送日時など詳しいことはまだ不明。 2016年8月15日にニコニコ生放送にて制作とタイトル 仮 が発表された。 劇場用アニメ 『 』が題名。 監督は(アニメ初監督)。 体感型シアター「MX4D」専用の短編作品。 2016年11月4日公開。 短編小説 『 』が題名 Pixiv chatstoryにて2018年3月から毎週金曜日に連載されている。 監修はじん。 アイコンと表紙イラストはあさひまち、構成協力は樋口はるき。 スピンオフ企画のため、本編とは違う物語を進んでいる。 カゲロウデイズ 仮 2019年6月9日に発表された作品。 3年後が舞台。 世界観 登場人物 を参照。 カゲロウデイズ カゲロウデイズとは、10の蛇の能力によって創り上げられた「終わらないセカイ」のことである。 カゲロウデイズには、以下の2種類が存在すると考えられている。 アザミのカゲロウデイズ メデューサであるが人間の夫との死別を恐れ、悲しみに暮れていたアザミが、アザミが作り出した能力 蛇 のひとつであるに「終わらない世界を創り家族と過ごせばいい」とそそのかされ、生み出された。 いわば、平行世界のようなもの。 元は、8月15日に死んだ二つの魂を引き込むという特性はなかったが、アザミが、8月15日に死亡した娘のと孫のをカゲロウデイズに飲み込んだ時に、アザミがマリーを蘇らせるために蛇を統括する『目を合体させる能力』をマリーに譲渡した事で、以来その指示を撤回できなくなってしまった。 これに接触し、外に出てくる際に蛇に憑かれ、能力を得ることができる。 マリーのカゲロウデイズ でメデューサの末裔であるが(主に)との死別を恐れ、現実世界をカゲロウデイズ化しているもの。 メカクシ団が持っている能力は このカゲロウデイズとはまったくの無関係であり、マリーのカゲロウデイズに接触することで能力を得ると勘違いする人が多いので注意が必要。 そもそも現実世界を「カゲロウデイズ化」しているだけであり、なにもないところから「生み出した」アザミのカゲロウデイズとは定義が異なる。 ヘッドフォンアクター に登場する2P式のポイント制シューティングゲーム。 後の が養護学級の担任のせいで予算なしの一週間で学園祭の出し物を準備しなくてはならなくなった時、唯一のクラスメイトである 後の の「射的をやりたい」という要望を叶えようとして思い付いたもの。 プログラミングはケンジロウが、イラストや背景画は遥が担当し、徹夜の末の一週間で完成させた。 景品がケンジロウが学園祭の予算を使って買った高価な標本ひとつだけだった為、オンラインシューティングゲーム「DEAD BULLET -1989-」の全国2位の貴音が最後の客まで景品を取られないように調整するため、2P式の射的ゲームになった。 ゲームの内容としては、ボス 貴音をモデルにした「貴音2号」 が操る人形たちを倒していくもの。 貴音たちの住む町をそのまま模写したようなステージで、敵の人形は可愛らしいが、血のエフェクトはかなりリアル。 曰く 変な射的。 または、楽曲ののこと。 メカクシ団 カゲロウプロジェクトの世界で暗躍する謎の組織。 11歳〜19歳の少年少女たち(のみ実年齢が飛び抜けているが)で構成され、ほぼ全員が目に関する能力を持つ。 詳細はへ。 能力 カゲロウプロジェクトにおける重要な要素の一つ。 アザミによって生み出された蛇に宿る 「目にまつわる力」であり、その全てが 終わらないセカイ=カゲロウデイズを創造した。 能力を使用すると瞳が赤くなる。 基本的には8月15日に、片方がもう片方を助けようとしてほぼ同時に死んだ時、カゲロウデイズに 接触することができる(これはアザミがはじめてカゲロウデイズに取り込んだシオンとマリーがそのような状況であった為)。 カゲロウデイズの中で8月15日を繰り返す中、選ばれた片方が能力のひとつを得て現実世界に戻ることができる。 ケンジロウによって人為的にカゲロウデイズに誘導されたエネとコノハはこの条件を満たしておらず、この二人のみ 干渉という表現が使われている。 能力には個々の相性があるようで、マリーがアザミに「目を合体させる」能力を与えられたのも、他の9の蛇はマリーに適合しなかった為である。 能力の持ち主たちは蛇によって生かされているため、蛇を抜かれると死んでしまう。 アザミが作り出した能力は全部で10種類存在する。 なお、メデューサが生来から持つ「目を合わせる能力」と、 マリーによって生み出されたシンタローの能力はその中にカウントされていない。 10の能力 目を隠す の能力。 自分や一定の範囲内にいる対象者の存在感を極限まで薄くし、周囲から認識されないようにする事ができる。 能力を緩めると、顔も覚えていない他人くらいの認識で認知される。 ただし能力の範囲外の人間と接触すると能力が解除され、能力を使う時に相手が目を離していないと、能力を使ってもその相手には姿が見えたままになる。 また長い時を一緒に過ごした家族などには、能力を緩めてしまうと存在を認知されてしまう事がある。 目を欺く の能力。 他人に自分の姿を違った姿に見せる事ができる。 モモ曰く「騙し絵みたいな能力」。 範囲が小さく自分自身にしか反映されないが、相手によって見せる姿を調整する事ができ、また自分自身ではなく完全に別の人物や生き物の姿を見せる事もできる。 ただし、実際に対面したことがあり、尚かつ鮮明にイメージ出来る有機物のみに限られている。 アザミは不明だが、カノは痛みを感じると能力が解除される。 目を盗む の能力。 対象者の情報を読み取る事ができる。 これによって動物との会話も可能で、対象者の心を読む事もできる。 能力が僅かに発動している時は相手の考えていることを読み取るが、強く発動していると相手の記憶や過去まで読み取ることができる。 ただし自分が読み取りたい情報だけを読む事はできないようで、知りたくもない人の心も分かってしまうため、セトもアザミもこの能力を好んで使いたがらない。 目を奪う の能力。 「何を」「どうしたら」周りの視線を集められるのかが分かり、また相手の趣味や興味を全て無視して、強制的に視線や注目を集める事ができる。 自分自身だけでなく自分が作ったもの等にも反映される。 モモは上手く制御できておらず、能力が強くなるにつれ歩くだけでも目立ってしまっていたが、後に制御出来るようになった。 「目を隠す能力」を使うと能力が打ち消される。 アザミは逆に人の注目が一番集まらない場所を探すために使っていた。 目を凝らす の能力。 千里眼に似た能力で、対象の居場所を探る事ができる。 作中ではヒビヤは能力を得たばかりであるため、まだ上手く使いこなせていない。 アニメ版では、ケンジロウのいる部屋を見つけようとして、女湯を覗いてしまった。 アザミは「この世で一番人に注目されない場所」と指定してその場所を探し当てる事に成功している。 目を覚ます の能力。 不老不死の精神を得る事ができる。 この能力によって肉体を失い消滅しかけた貴音は、精神だけが電子化して残る事ができ、人並み以上の睡眠欲も消失している。 また肉体を取り戻したあとも、電子機器が近くにあれば電脳世界に精神を飛ばす事ができる。 アザミが寝ずとも良かったのはこの能力があったからだと思われる。 アザミの日記に詳細が語られていなかった能力の一つ。 目を醒ます の能力。 自分の身体を自分の理想とする身体に造り変える事ができる。 コノハこと遥の場合は自分が作ったアバターの姿になり、常人離れした身体能力を得る事ができた。 また致命傷を負っても自動的に「造り直す」ことができる。 アザミがまだメデューサではない頃、人間の襲撃と蛇に逢った際メデューサに変貌したのはこの能力があったからだと思われる。 アザミの日記に詳細が語られていなかった能力の一つ。 の能力。 取り憑いた能力者の願いを叶える。 自我を持ち、アザミにカゲロウデイズの創造をそそのかした張本人で、他のどの能力よりも創世に深く関わっている。 願いがなければ自我を維持できず、かといって願いを叶えようとしなければ存在意義に反するため、ケンジロウの願いを利用しその願いを永遠のものとするためを引き起こしている。 アニメでは最終的にの能力になった。 目をかける の能力。 他人に感情や思いを伝えることが出来る、一種のテレパシー。 シオンが誕生した時に、アザミが抱いた家族への愛情から生まれた。 目を合体させる(あわせる) アザミが持つ「10の蛇」を統括するメデューサ本来の能力。 現在はマリーが受け継いでおり、蘇ったマリーはこの蛇以外の能力は適合しなかった。 アザミはこの能力を失ったため、「8月15日に死んだ命を引き込め」という指示を止められなくなってしまった。 番外編 目を合わせる アザミ、シオン、マリーが持つ、メデューサが生まれながらに持っている能力。 目を合わせた相手を石に変える事ができる。 メデューサの血が薄まるごとに力が弱くなっていき、ハーフであるシオンは相手を石にできるが、反動で命を落としてしまい、クォーターのマリーは一定時間経つと石化が解けてしまう。 アザミが生み出した「10の能力」にはカウントされていない。 の能力。 人並み外れた記憶力を得ることができる。 アニメのシンタローが産まれるよりも遠い昔のループで、悲劇を終わらせるためにマリーによって宿らされた。 と同様に自我を持ち、の記憶を継いでいる。 この能力だけはアザミではなくマリーによって作られたため、アザミの「10の能力」には含まれない。 ルート分岐 本作は所謂ループものであるため、様々なルート分岐が存在する。 現在確認されているルートは以下の通り。 楽曲ルート 、に収録されている楽曲から成り立つルート。 ほとんどの曲は第1話、第2話などとナンバリングされているが、時系列通りではないらしい。 某雑誌にて、じん氏より「」だと明言されている。 小説ルート 「」を始めとする、じん氏執筆の小説から成り立つルート。 漫画ルートのエンディングから派生したルートである。 漫画では現在2回目のループに入っているが、内容から判断するに1回目のループからの派生と思われる。 各章には楽曲のタイトルが付けられており、その曲を主軸とした内容になっている。 主人公はであるが、章によってスポットを当てられる人物が変わり、その章の主役の視点で描かれている。 2017年12月29日発売の小説8巻にて完結。 詳細は下の関連タグから なおじん氏は続編を書きたいとのこと 漫画ルート コミックジーンより連載中の、じん氏原作の漫画から成り立つルート。 楽曲ルートのエンディングから派生したルートである。 第2巻の「」までは小説とほとんど同じ内容のストーリーを辿っていたが、第3巻の「」には入らず異なったストーリーとなった。 セトがマリーと出会った日にそのまま楯山家に連れて帰っており、そこから大きく関係が変わったようだ。 2019年3月号・2019年3月28日発売の13巻にて完結。 アニメルート アニメ「」から成り立つルート。 によると、 「最も後半に近いループ」とのこと。 最初の方は基本的に同じだが、若干違うところもある テロリストの姿、セトの登場など。 途中までの大まかな流れは小説ルート・漫画ルートと同じだが、その後はかなり違っている。 カゲロウデイズを攻略し、で幕を閉じた。 ちなみに、アニメのOP終了後の、Aパートの3番目のカットの左下に、「2200年10月7日まで」と書かれている工事の看板があるため、時代は 2200年近くに設定されていることが判明した。 ROUTE 1 楽曲ロスタイムメモリーに登場するルートの一つ。 小説ルートと類似しているが、同じなのかどうかは不明。 ROUTE XXとは違うということが、シンタローやエネ達の服装、考え方に現れている。 ROUTE XX 楽曲ロスタイムメモリーに登場するルートの一つ。 ROUTE 1とは違うということが、シンタローやエネ達の服装、考え方に現れている。 ROUTE BADEND 楽曲に登場するルート。 がメカクシ団員を虐殺していく場面が印象的。 また楽曲ルートと似ているが、詳細は不明。 この他にも、幾多のルートが存在していると考えられる。 動画 各リンクはニコニコ動画の本家動画に繋がっています。 アルバムクロスフェード• 公式MV• 関連イラスト.

次の

カゲロウプロジェクト (かげろうぷろじぇくと)とは【ピクシブ百科事典】

カゲロウプロジェクト

じん(自然の敵)Pが展開するメディアミックス・プロジェクト「カゲロウプロジェクト」の一角である、マンガ版『カゲロウデイズ』が2018年2月発売の「 2019年3月号」を以ってその連載を終えた。 そして今月の27日にその最終巻である13巻が発売された。 マンガ・アニメ・小説・音楽と、それぞれ時系列が異なる独自の時間軸(ルート)を持った「ループもの」として展開される本作であり、今回迎えたマンガ版のルートの結末は、私がこれまで本作から感じ取ってきた「分裂」と「創造」というモフを、より確信へと至らせるものであった。 マンガ『カゲロウデイズ』1-13 (著・じん 作画・佐藤まひろ 刊・) 小説『カゲロウデイズ』1-8(著・じん 刊・) アニメ『』 マンガ『カゲロウデイズ』の結末は次のようなものである。 アザミから分離した最初の蛇、「目が冴える蛇」との最後の決戦に臨むシンタローたち。 激闘の末、マリーは祖母から受け継いだ「女王」の力でカゲロウデイズを現出させ、目が冴える蛇を閉じ込めることに成功する。 けれども生存したのは、シンタロー、マリー、アヤノの三人のみで、他の子どもたちは全員目が冴える蛇に殺されてしまった。 この状況を「敗北」と受け取ったアヤノは、マリーに提案をする。 ひとつは、時間を巻き戻すこと。 もうひとつは、以降のループにおいて宿主が経験した出来事を全て記憶する能力を持つ「目に焼き付ける蛇」にアヤノ自身がなり、シンタローに宿してもらうこと。 これら二つである。 かくして時間は巻き戻された。 アヤノは、それから何度も巻き戻される時間を「目に焼き付ける」能力のなかの世界を通して、シンタローが経験してきたことを観測しかつ記憶し続けた。 その中には、自分とは異なる存在である「アヤノ」がシンタローと会話するものもあった。 そしてようやく、シンタローが「目に焼き付ける」能力のなかの世界へ到達し、二人は再開する。 シンタローが自らの能力に覚醒し、「目に焼き付ける蛇」となったアヤノが消滅することを予感させ、物語は幕を閉じることになる。 このマンガルートでの結末によって、アニメルートにおいての「目に焼き付ける蛇」に関する様々な謎が氷解させられた。 「シンタローはいつ、どのようにしてマリーから目に焼き付ける蛇を受け取ったのか」「何故アヤノの姿をしてシンタローの前に現れるのか」「何故、宿主とは独立して人格を有しているのか」といった諸問題は、「アヤノが焼き付ける蛇になったから」ということで結論がついた。 しかしここで同時に、読者は次のことに気づくことなる。 それは 「焼き付ける蛇」となったルート(マンガ第2ルート)のアヤノと、そのルート以後のルートで出てくるアヤノは、それぞれ独立した存在であり「別人」であるということだ。 考え方としては、「時間者が過去に行って未来を変えると並行世界が生まれてしまう」タイプのタイムトラベルものにおいて、その時点から過去の時間者が独立した別の存在になってしまう、といったケースに近いのだろうか。 ともかく「焼き付ける蛇」となったアヤノが観測している、その後の時間軸の世界のアヤノは、「分裂」していると言わざるを得ない。 実はある解釈を取ると、この「目に焼き付ける蛇のアヤノ」は、アニメで登場する以前に『ロスタイムメ』のMVにおいて登場していることになる。 『ロスタイムメ』の3番サビの部分(上記動画の3:46以後)の舞台となる教室。 ここはマンガルートの描写に準拠するならば、「焼き付ける」能力のなかの世界ということになる。 そしてここでシンタローが会うアヤノは「屋上から飛び降りたアヤノ」ではなく、「目に焼き付ける蛇となったアヤノ」ということになる。 この解釈に従えば当然のことながら、歌詞の中に出てくるセリフも後者のアヤノのものということになる。 そして 「死んじゃった、ごめんね」というのは「屋上から飛び降りた」ことではなく「命を代償にして蛇になってしまったこと」であり、「『サヨウナラ』しようか」というのは「カゲロウデイズ入りしたこと」ではなく「完全に能力に覚醒したシンタローがこの能力の内的世界に入ることはなくなる(時間が巻き戻らなくなる)」ため……、という解釈は考えられないだろうか。 また『アディショナルメ』のMVにおいて、覚醒したマリーの目の前でアヤノの首筋から蛇が生えている描写(下記動画、2:45)があるが、これもマンガ第2ルートのアヤノかもしれない。 マリーに頼み、「目に焼き付ける蛇」となったことを意味しているのだろう。 ここからようやく本題に入りたい。 周知のように、「カゲロウプロジェクト」という物語のなかでは、このような人格の解離や、別の人格の憑依、ある登場人物が別人だと思っていた人物と物が実は同一人物、といった描写が何度となく描かれてきた。 榎本貴音とエネ、九ノ瀬遥とコノハ(目を醒ます蛇)、目が冴える蛇による憑依などである。 このようなカゲプロの作中における「分裂」は、一体何を表現しているのだろうか。 それは、 「『創造』を志向する分裂」と「『破壊』を志向する分裂」の戦いである。 貴音、遥、アヤノ、彼らの人格の分裂は全て、「自分」や「世界」の連続性を終わらせたくないと願い、引き起こった(引き起こした)ものである。 そもそもにして全ての蛇は、アザミが望んだことを叶えるために、独立した存在として誕生した存在であって、分裂が創造を意味する、というモフはこの作品の根底を支えている土台とすら言えるのだ。 もっというと、「子どもを産む」という行為自体が、「ひとつのものから分裂し、独立した存在を誕生させる」という行為なのである。 「カゲロウプロジェクト」では、子どもたちの過去のエピソードで「親子」の関係が描かれることが多いが、「親子」や「家族」というのはまさしく「創造の分裂」の生産物なのである。 このような「創造」の分裂に対して、真っ向から否定にかかるのが「目が冴える蛇」である。 世界(宇宙?)が生まれる前、アザミから最初に別れた彼は、アザミの「自分が何者なのか知りたい」(『カゲロウデイズ』12巻 p. 63)という「望み」から生まれた。 その望みを叶えるためアザミは、自分を映す鏡としてこの世界を作り出した。 だがアザミは、その世界のなかでツキヒコと出会い、家族をつくったことで関心が他者へと向かい、やがて「望み」を忘れてしまう。 望みを叶えることが本懐である目が冴える蛇は、忘れられた存在となってしまい、絶望に陥る。 そして彼は、「この世界は主を映すに相応しくなかった」(同掲書 p. 67)と独断し、「この世界をゼロに戻すこと」を目的とするようになる。 彼の作中における破壊活動は、この目的に収斂されるのだ。 世界が生まれる前に戻す、という究極の胎内回帰願望を抱く「目が冴える蛇」は、未来を創造しようと時間を巻き戻す子どもたちと、真っ向から対立する。 「『破壊』を志向する分裂」は、最終的にゼロに行きつくというわけである。 こうした「分裂」をモフとした「破壊と創造」の二概念によるコンフリクトは、先史より人間が作り出す神話や文芸作品における軸とされてきた。 : ただし、同じように宿主とは独立した人格を有する、目を醒ます蛇(コノハ)、目が冴える蛇については、人格を獲得した詳しい原因が未だ不明瞭なままである。 : しかし、そうであるのならば制服姿ではなく、マンガ第2ルートで着用し続けた白のワンピースを着ているはずである。 このような矛盾は、『ロスタイムメ』に対する上述の解釈にも言える。 けれどもマンガ版最終話「」において、「目に焼き付ける」能力の世界でシンタローと再開した蛇と化けるアヤノは制服姿であり、教室でマフラーを渡す際(『カゲロウデイズ』13巻 p. 136)には、白のワンピース姿に変わっている。 こう考えると、このような矛盾は些細な誤差の範疇なのかもしれない。 SemiuNatsuhito.

次の

『カゲプロ』に動きあり。『カゲロウデイズ』新作『No.9』(仮)は3年後の未来が舞台

カゲロウプロジェクト

ここでカップリングとかカップルとかでけんかしないでください。 正直迷惑です。 私も苦手なカップルありますし ですがここでこのカップル嫌い、とか言わないでください。 ここはいろんな人が見てるんですから。 公式や公式に近い〇〇が好き、とだけ言えばいいじゃないですか。 そしたら私も共感できたし。 ここのクロマリファンってマナー悪いんだね? 全員がそうとは限らないけど クロマリどちらかというと好きだから同じファンとしてがっかりした。 0 コメントは新しい順に1000件まで表示されます。 ユニテンのランキングは最新のアルゴリズムにより不正投票・多重投票を自動で除外し、より適切な順位を算出できるようにアップデートを繰り返しています。 なお別の投票項目へ最初に投票した場合は、問題なくカウントされます。 1000票以前の投票は自動的に削除されます。

次の