四十九日法要 お返し。 四十九日のお返し:「のし」の書き方、相場、マナー

四十九日法要とお返しマナーについて/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

四十九日法要 お返し

香典返しと四十九日法要の引き出物の違いは? 香典返しは通夜や葬儀などのときにいただいた「御霊前」や「香典」に対するお礼の品です。 一方、 四十九日法要の引き出物は、法要のときにいただいた「御仏前」や「御供物料(おくもつりょう)」、「お供え」に対するお礼の品です。 最近では葬儀当日に香典返しをするケースもありますが、もともと香典返しは四十九日の忌明けに行うのがしきたりです。 四十九日法要と香典返しの時期が同じことが混同の原因になりますが、そもそも お礼の対象が違うため、この2つはまったく別のものです。 ですから、同じ方から葬儀の際の際に香典と、四十九日法要の際に御仏前・お供え・御供物料の両方をいただいた場合は、香典返しと引き出物の両方を渡すのが正しいマナーといえます。 法要の引き出物はお供えの半返しや3分の1返しが目安 香典返しは、いただいた香典の半返しが目安です。 当日に香典返しをすませた場合も、高額な香典をいただいた方には、当日返しと合算して香典の2分の1から3分の1になるような品物を、改めて香典返しとして贈ります。 四十九日法要の引き出物の金額も、当日いただいた御仏前・お供え・御供物料の2分の1から3分の1を目安にするのが一般的ですが、地域によっては、会食費を含めて全返しをするケースもあります。 読経のあとに「お斎(おとき)」といわれる会食の場を設ける場合は、会食がお礼の気持ちを込めたものであるため、その費用を差し引いた分を引き出物に充てることも多いようです。 会食をせずに折詰弁当とお酒を持ち帰りいただく場合も同じです。 金額で見ると、会食のある四十九日法要に参列する際の 御仏前・お供え・御供物料は1人1万円が多く、故人との関係によっては1~3万円くらいが相場といわれています。 これをもとにすると、 引き出物代が2~5千円、会食費が3千円~1万円くらいの金額が目安となるでしょう。 四十九日法要の引き出物の表書きは「志」「粗供養」など 法要の引き出物と香典返しは表書きを変えて贈るのも一手 法要の引き出物には香典返しと同じように、掛け紙(のし紙)に表書きを書きます。 引き出物の表書きに使う献辞は「志」「粗供養」などです。 宗教を問わず一般的なのは「志」ですが、香典返しと一緒に渡す場合は、区別するために香典返しの表書きを「忌明志」、「満中陰志」(関西の場合)として、引き出物の表書きを「志」、「粗供養」(関西の場合)と記載するとよいでしょう。 香典返しは薄墨で書くケースが多いですが、法要の引き出物の表書きは濃い墨で書いてもよいとされています。 法要の引き出物の水引 最近は水引が印刷されたのし紙を使うことが多くなっていますが、その際は黒白や双銀の結び切りの水引が印刷されている弔事用のものを用います。 なお、関西地方や西日本では四十九日法要の引き出物に黄白の水引を使う風習がある地域もあります。 香典返しと四十九日の引き出物の比較一覧 香典返しと四十九日の引き出物の違いをまとめると以下のようになります。 香典返し 四十九日の引き出物 返礼の対象 通夜や葬儀の際にいただく「御香典」「御霊前」「御仏前」 四十九日法要の当日にいただく「御仏前」「お供え」「御供物料(おくもつりょう)」 返礼の時期 四十九日明けが基本 四十九日法要当日にお持ち帰りいただく 品物 食品やお茶、タオル、カタログギフトなど 香典返しと同じく食品やお茶、タオル、日用品、カタログギフトなど かさばらないものが良い。

次の

香典返しと四十九日法要の引き出物は違うの?

四十九日法要 お返し

本来、四十九日法要はぴったり49日目に行うのが正式とされていますが、多忙な現在では平日に行うのが難しい場合も多いでしょう。 従って、参列者が集まりやすいように49日目の前の土日に法要を設定するのが一般的となっています。 必ず命日を1日目として数え、49日目よりも前に設定するようにしてください。 後に日程をずらすことは避けるのが通例となっています。 時間帯は午前でも午後でも問題ありませんが、法要後の会食の事を考えるとお昼前の時間帯に設定される場合が多いようです。 四十九日法要の会場はお寺か自宅がほとんどですが、会食の段取りを考えて、食事施設がある霊園施設や仏事料理店で行われる事もあります。 菩提寺の境内にお墓がある場合は、お寺の本堂で供養を行う事になります。 自宅で行う場合、会場使用料はかかりませんが法要の準備を自分たちで行う必要があります。 四十九日法要を身内や親族だけで行う場合は電話での案内のみになる場合もありますが、基本的には案内状をお送りするのがマナーとされています。 引き出物や料理の手配の関係からも、案内状には相手の出欠確認をする意味合いがあります。 返信用のはがきを同封するか、往復はがきを利用して法要への出欠を確認しましょう。 ただし、往復はがきはあくまで略式であり、白い無地の封筒に案内状を入れて送るのが正式なマナーです。 二重封筒は不幸が重なるという意味から使用しませんので気を付けてください。 案内状の基本的な内容は• 故人の氏名• 施主の氏名• 四十九日の法要を行う旨• 法要の日時と会場の場所• (法要後に会食がある場合は)会食がある旨• 行事の内容 となります。 四十九日法要では僧侶による読経や会食以外にも、お墓参り、卒塔婆供養、納骨といった行事を行う場合があります。 自宅で法要を行う場合は墓地が遠方であるなどの理由から墓参りや納骨は別で行う場合もあります。 当日にどの行事を行うのかを記載しておきましょう。 四十九日の法要は法事の中でも規模が大きく、故人にとっても遺族にとっても大切な行事です。 それだけに、どのような事にどのくらいお金がかかるものなのか、目安を知っておきたいところですよね。 まず、法要を自宅以外で行う場合は会場利用料がかかります。 こちらの料金はお寺やホテル、葬儀場などの会場、参列者の人数によっても大きく異なります。 法要後の会食費や引き出物代も必要です。 会食費は一人当たり3,000円~1万円程度で、会食を行わない場合はお弁当を持ち帰っていただくのが一般的です。 引き出物は一人当たり2~3,000円程度が相場となっています。 他には読経を行う僧侶への読経料(3~5万円)、僧侶を自宅などに招いて法要を行う場合はお車代(5,000~1万円)、僧侶が法要後の会食を辞退した場合や会食自体を行わない場合は御膳料(5,000~1万円)が必要になります。 会場や人数によって金額は大きく異なりますが、20人の出席者であれば50万円前後を目安に考えておくといいでしょう。 四十九日の法要では、遺族は喪服の着用が基本とされていましたが、近年では施主や遺族であっても略礼服の着用が主流となっています。 略礼服は、男性であれば黒いスーツに白無地のシャツを着用し、ネクタイ、靴も黒、小物類も黒で統一します。 女性の場合は黒のワンピース、スーツ、アンサンブルなどが主流で、夏であっても露出を控え、ストッキングや靴も黒で統一します。 平服で法要を行う場合は、必ず事前に参列者側に平服で来ていただくよう通達しておきましょう。 施主の持ち物は僧侶にお渡しするお布施、故人の遺影、位牌、参列者への引き出物が挙げられます。 四十九日の法要と同じ日に納骨式を行う場合は埋葬許可書も用意しておく必要があります。 一般的な四十九日法要の流れは以下の通りになります。 読経・焼香 僧侶の読経が始まり、僧侶の合図で施主から焼香を行います。 一般的には個人と関係が深い方から順番に焼香をします。 読経のあと、僧侶から法話がある場合もあります。 納骨式・墓参り 納骨を行う場合はお墓に行き、納骨式を行います。 法要を自宅で行う場合やお墓が遠方である場合は後日行うこともあります。 施主の挨拶・会食 会食会場へ移動し、会食前に施主から参列者へ挨拶をします。 その後、故人を偲んで会食を行います。 引き出物を渡す 会食後、参列者へ感謝の気持ちを込めて引き出物をお渡しします。 四十九日法要を始め、仏事は地域の習慣などによって違いがある場合がありますので、事前にお寺や葬儀社に確認しておくと安心です。 四十九日法要には欠かせない施主から参列者への挨拶ですが、法要を自宅で行う場合とお寺などで行う場合とでは多少挨拶の仕方が異なります。 お寺で法要を行う場合は、施主は参列者が集まるのを静かに待ち、僧侶が読経を行うことで法要が始まりますので特に開始の挨拶を行う必要はありません。 自宅で行う場合は、開始の挨拶、中締め、会食時、締めの挨拶を行います。 開始の挨拶は参列者に集まっていただいた感謝の意と、法要を行う事の2点を述べ、僧侶を仏壇の前にお招きします。 中締めの挨拶でも参列していただいた感謝の気持ちと、法要を無事に終えることが出来た事をお伝えします。 会食が無い場合はこれが最後の挨拶となりますので、故人の思いや遺族の決意などを手短に伝えてもいいでしょう。 会食がある場合は、ささやかな席を設けてある旨をお伝えします。 締めの挨拶も最後まで参加していただいたことへの感謝の気持ちや、今後も変わらないお付き合いをお願いする旨を手短に伝えしましょう。 法要後の会食は「お斎(おとき)」と呼ばれ、本来は午前中に食べることや、精進料理を振舞うといった決まりがありました。 しかし、現在では食事をしながら故人を偲ぶという考えが主になっており、故人の好きなメニューや会席料理、仕出し弁当を頼む場合もあるなど、比較的自由な献立を用意するケースがほとんどです。 ただし、騒がしくなりがちな立食形式や取り分けが必要な大皿料理ではなく、一人分の料理がはっきりと分かれているお膳を用意するのが一般的となっています。 注意点としては、予約の段階で法要後の食事であることをしっかりと伝えておくことです。 これは慶事の食事が含まれたり、仕出し弁当でも赤や白の容器が使われたりすることを避けるためにも大切ですので忘れないように気を付けて下さいね。

次の

四十九日法要とお返しマナーについて/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

四十九日法要 お返し

香典返しとは、葬儀の際に頂いた「香典」へのお返しです。 昔から四十九日の忌明けにお返しするものでしたが、現在では葬儀の当日にお返しする「即返し」を行う人も増えてきています。 香典返しの場合は頂いた金額の半額をお返しする「半返し」が基本とされ、場合によって3分の1をお返しすることもあります。 一方、法要引き出物は法要に参列して頂いた方への「お供え」へのお返しになります。 引き出物の品物の相場は一般的に3,000円~5,000円あたりと言われています。 四十九日法要の後には、多くの場合お斎(おとき)という会食が設けられます。 「会食の費用+引き出物」の金額が、頂いた金額の半額程度になるようなイメージですね。 会食を設けずに、折詰のお弁当を渡す場合は引き出物の金額を少し上げてもよいでしょう。 香典返しを渡すタイミングは忌明け法要後か、葬儀当日の即返しが一般的です。 即返しの場合は香典の額に関係なく一律同じ品物の香典返しを贈りますので、高額の香典を頂いた方には後日改めて金額の相場に見合った品物を贈ります。 葬儀に参列しても、遠方にお住まいなどの理由で法要は欠席されるという方も多いので、香典返しは忌明け後にお礼状を添えて郵送する場合が多いと言えます。 もちろん可能であれば持参して直接お渡しした方が丁寧な贈り方です。 法要の引き出物を渡すタイミングは法要後、もしくは会食後に参列者がお帰りになる時に渡します。 お礼の言葉と共に、一人ずつ直接手渡しするのが一般的です。 法要に参加できない親族の方などからお供えのみ届く場合もあります。 この場合は頂いた金額の半額程度の品物を用意し、法要後に郵送すると良いでしょう。 品物選びは、香典返しと法要引き出物、同様の考え方で問題ありません。 どちらも不祝儀にあたるため、すぐ使って無くなってしまう「消えもの」が定番です。 お菓子や海苔、お茶、コーヒーといった食品類や、洗剤、石鹸のように「洗い流せるもの」、高級タオルなどの日用品が人気の品物です。 近年では相手が好みの商品を自由に選べることや、持ち帰るのに負担にならないという理由でカタログギフトを贈るという人も非常に増えています。 現在ではあまり昔からの慣習にとらわれない自由な選び方をする人が増えていますが、香典返しや法要の引き出物としてふさわしくないものもありますので注意が必要です。 生肉や生魚、明太子のように「殺生」を連想させるものはNG。 昆布やかつおぶしのような喜びを表す「縁起物」も避けた方が無難でしょう。 「苦」や「死」を連想させる「櫛」や、目上の人に贈ると失礼とされる「履物」など、元々贈り物としてふさわしくない商品もありますので、気を付けて下さいね。 香典返しと法要引き出物に使われる代表的な表書きである「志」。 しかし、どちらも表書きが同じではちょっとわかりにくいかもしれませんね。 実際は表書きを変えなくてはならないという決まりはありません。 しかし、とりわけ同時に手渡しするような場合は「どちらも法要引き出物」だと勘違いされ、香典返しが贈られてこないと誤解を受けてしまう場合も稀にあるものです。 なぜなら、引き出物を「品物と引き菓子」の2品渡す習慣を持つ地域もあるからです。 せっかくマナーを守って品物を手配したのですから、無用な誤解は避けたいところですよね。 このような誤解を避けるためには、かけ紙の表書きを変えてみるのも一つの方法です。 例えば、香典返しは「忌明け志」、法要引き出物は「志」や「粗供養」と書き方を変えてみると受け取った相手もわかりやすいのではないでしょうか。 書面でのお礼というものはあくまで略儀であり、直接お会いしてご挨拶するのが本来のマナーです。 従って、香典返しや法要引き出物を直接お渡しする場合には挨拶状を添えなくても失礼には当たらないという考え方もあります。 しかしながら、手渡しで挨拶状を添えても決してマナー違反という訳ではありません。 上記のように香典返しの品物と法要引き出物の品物を一緒に渡す場合は、混同を避ける意味で香典返しの挨拶状を添えることもありますし、そもそも「手渡しでも挨拶状は添えるべきだ」いう考え方も実際少なくありません。 たくさんの方が出席する法要の場合は直接参列者一人ひとりに丁寧にあいさつし切れない場合もありますし、その上、さらに香典のお礼もお伝えするとなるとなかなか難しいかもしれません。 直接お渡しする場合に挨拶状を添えるべきかどうかは地域や人によって考え方が異なるのが現状です。 迷ってしまう場合は改めて丁寧にあいさつをするという意味でも、手渡し・郵送にかかわらずやはり挨拶状は添えた方が無難だと言えるでしょう。

次の