つ ゆり 苗字。 名字検索No.1/名字由来net|日本人の苗字・姓氏99%を掲載!!

日本人の姓名――日付篇

つ ゆり 苗字

こんな名字の人に出会ったらどうしよう。 1)「一口」、2)「京」、3)「鉄」、4)「直下」、5)「肥満」、6)「日本」。 ビジネスマンなら、名刺交換の際に「この名字はなんて読むの?」と悩んだことがあるだろう。 しかも、前述のような読めるけど正しいのか微妙な名字はけっこう手強い。 「なんとお読みすれば?」と尋ねてしまえばいいのだが、「常識がないと思われるかも…」と考えるとなかなか口に出せない。 しかも初対面の人である。 一方の名字は、姓だけでは区別がつきにくくなったため、自分たちから名乗り出したものだ。 例えば、徳川家康の正式名は「徳川次郎三郎源家康(とくがわ、じろうさぶろう、みなもとの、いえやす)」で、「徳川」=名字、「次郎三郎」=名乗り(通称)、「源」=姓、「家康」=名前、に分類される。 なんだかややこしい姓と名字の見分け方にはポイントがある。 つまり、私たちが普段使っているのは、姓でなく、名字になるのである。 ここからはちょっと面白い由来を持つ名字を紹介 さて、名字によっては「なぜ?」と頭をかしげてしまう、当て字にすらなっていない読み方もある。 しかし、それをひも説いていくと、実に日本らしい、粋な由来があったりするから面白い。 例えば「薬袋」はなんと「みない」。 諸説あるが、山梨県に多い名字から戦国武将の武田信玄が関係しているといわれ、御館様が薬袋を落としても、家来は中身は「見ない」。 つまり、御館様の持ち物、しかも健康状態が分かってしまう薬を見てしまったら大変なので、見えても、「見ない」というわけ。 そして「小鳥遊」。 これは「たかなし」と読み、小鳥が遊ぶには敵となる鷹がいない方がいい、つまり鷹無=たかなし。 なかなかトンチが利いている。 他にも「栗花落」で「つゆり」。 これは、栗の花が落ちるころが梅雨入り(つゆいり)だったことから派生したそう。 「月見里」は「やまなし」。 月を見るには山がない方がいいので、山無=やまなし、というわけ。 どれも日本らしい風流な由来を持っている。 では、冒頭の問題の答えを 1)「いもあらい」、2)「かなどめ」、3)「くろがね」、4)「そそり」、5)「ひまん」、6)「にっぽん」 ここで紹介したのは実在する(もしくは実在した)名字だ。 まぁ、実際にこんな名字の人に出会う確率はかなり低いだろう。 だからそんな人たちに出会ったら、せっかくなので素直に「なんとお読みすればいいのでしょうか?」と尋ねてみよう。 そこから話が弾み、商談のきっかけにもなるかもしれない。

次の

実在苗字(名字)辞典

つ ゆり 苗字

五月七日 つゆり 大阪市、神戸市、全国に少し 何故五月七日が「つゆり」なのか? これについてはこんな昔話がある。 昔あるところに、水無瀬殿 (みなせどの)という大臣 (おとど)がいた。 彼は露姫という摂津国第一の美女を娶ったが、露姫は一年も経たぬうちに亡くなった。 大臣は悲しみのあまり、庭先に一宇 (いちう)の堂を建て、妻の霊を祀った。 栗の花の落ちる頃なので、露姫の代りに栗花落姫と当てた。 妻の遺言により堂脇に井戸を掘り、朝夕、水を汲んでは飲んだ。 水はどんな時でも涸れることなく、評判になり、水をもらいに来る者も出た。 堂宇はいつの間にか栗花落 (つゆり)神社と呼ばれ、霊水は雨乞いの呼び水として知られるようになったという。 そして旧暦五月七日に栗花落祭りという雨乞いの祭りを行うので、この読み方のになったとのこと。 他の書き方:栗花落(つゆり、つゆ).

次の

湯梨浜町

つ ゆり 苗字

五月七日 つゆり 大阪市、神戸市、全国に少し 何故五月七日が「つゆり」なのか? これについてはこんな昔話がある。 昔あるところに、水無瀬殿 (みなせどの)という大臣 (おとど)がいた。 彼は露姫という摂津国第一の美女を娶ったが、露姫は一年も経たぬうちに亡くなった。 大臣は悲しみのあまり、庭先に一宇 (いちう)の堂を建て、妻の霊を祀った。 栗の花の落ちる頃なので、露姫の代りに栗花落姫と当てた。 妻の遺言により堂脇に井戸を掘り、朝夕、水を汲んでは飲んだ。 水はどんな時でも涸れることなく、評判になり、水をもらいに来る者も出た。 堂宇はいつの間にか栗花落 (つゆり)神社と呼ばれ、霊水は雨乞いの呼び水として知られるようになったという。 そして旧暦五月七日に栗花落祭りという雨乞いの祭りを行うので、この読み方のになったとのこと。 他の書き方:栗花落(つゆり、つゆ).

次の