もつ 煮 レシピ 圧力 鍋。 圧力鍋でつくる居酒屋風のモツ煮込みレシピ

トロトロ濃厚な「もつ煮込み」を家で作ってみよう! モツの下処理の時短ワザも必見【おつまみレシピ】

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

スポンサードリンク 材料は豚モツと野菜• 豚モツ 1パック• 野菜(大根、ニンジン、芋、ごぼうなど適当に) 適量• こんにゃく 1枚• ネギ 1本 材料はこちら。 近所のスーパーに豚モツが置いてあったので買ってきました。 無いときはお肉屋さんに行ったほうがいいかな。 あとは野菜(今回は手抜きでカット野菜です)とこんにゃく。 ネギは青い部分は臭み取り、白い部分はみじん切りでトッピング用です。 材料費800円ほどで4,5人分はたっぷり作れますよー。 忘れないように白いご飯も炊いときましょう! 下茹でをしてアク抜きしよう まずは野菜たち(加圧なし) 今回は丁寧にアク抜きをすることがポイントらしいんだ。 ということで、まずは野菜とこんにゃくをサッと下茹でして灰汁を出します。 水から煮込んでしばらく煮立ったらOK。 ザルにあけておきます。 続いて豚モツのアク抜き(加圧あり) 続いて豚モツのアク抜きをします。 こちらは独特の臭みを取るために以下の調味料を合わせて火にかけます。 水 600ml• 酒 200ml• チューブにんにく 2,3cm• チューブしょうが 10cm• ネギのミドリの部分 適当 沸騰するとみるみる灰汁が出てくるので、さっと取り除いてからフタをします。 加圧がスタートしたら10分間。 蒸らしは無くてOKなので次の工程へどうぞ。 アクを洗い流して下準備はおしまい 加圧が終わったらザルにあけて、こびりついている灰汁を洗い流します。 アブラっぽい時はある程度、脂身を取り除いてもOKです。 おつかれさまでした。 これで下準備はおしまいです。 スープを作ろう さて、出汁をとります。 パックを煮出してもいいし、粉末ダシを溶かしてもいいです。 400ml用意しましょう。 酒 200ml• 味噌 スプーン1〜2杯• 醤油 スプーン3杯• 砂糖 スプーン1杯 続いてこいつらを鍋の出汁に溶かします。 濃い目の味噌ベースで仕上げまーす。 調味料が混ざったら、がんばって下湯でした材料を投入。 あとは圧力鍋まかせで完成です! 加圧と蒸らし ふたをして火をつけて加圧が始まったら、火を弱めて5分。 そのあと火を止めて15分。 途中蒸気が勢い良く出て、圧力鍋初心者としては正直びっくりする場面もあったけど、フタを外して完成です! いい匂いがしてるし、見た目もよく煮込まれた感じに仕上がっています! 完成!薬味と七味でどうぞ 皿に盛り付けて、刻んだネギ(白い部分)をトッピング。 お好みで七味唐辛子を振りかけて完成です!味噌とお出汁のとってもいい香りです。 においやアクといったクセもなく、モツも野菜も柔らかく煮込めているので成功といえそうです。 料理でしたが、うまいこといってイイ感じです。 野菜をたーっぷり使って作ってみるのがオススメ。 白いご飯が何杯でもいけそうです。 下準備が少し手間ですが、美味しいモツ煮のために頑張ってください!ではではー.

次の

こっくりモツ煮込み by藤井恵さんの料理レシピ

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

モツは、塩少々を入れたたっぷりの熱湯で5〜6分ゆで、湯をきって水で洗う。 煮汁のねぎの青い部分はぶつ切りに、にんにくはたたいてつぶし、ほかの材料とともに鍋に入れ、モツを加えて火にかける。 煮立ったらを除いてにし、約1時間煮る。 モツは、味つけする前に、香味野菜と一緒にじっくり煮ると臭みが消え、やわらかくなる。 ごぼうは1〜1. 5cm厚さのにする。 にんじんは1〜1. 5cm厚さのにする。 こんにゃくは1. 5cm角に切り、熱湯でさっとゆでる。 2の鍋に3と、足りなければかぶるくらいの水を加え、野菜がやわらかくなるまで約30分煮る。 合わせ調味料の半量を加えて15分、残りを加えてさらに10分煮る。 みそなどの調味料は2回に分けて加えるとしっかり味がしみて、風味もよくなる。 また黒砂糖で甘みをつけると、グッとコクが増す。 器に盛ってねぎをのせる。 好みで七味とうがらしをふって。 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。 切り方 細切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 乱切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 ささがき(1) 縦に長い切り込みを、5mmくらいの間隔で外側全周に入れます。 ささがき(2) まな板の上でごぼうを回しながら、皮むき器で削っていきます。 薄くすんなりとした笹 ささ の葉の形に仕上げるのが理想的です。 斜め薄切り 斜めに包丁を入れて1〜2mm厚さに薄く切ります。 斜めの角度は、仕上げたい形によって調節して。 たたきごぼう 鍋に合わせた長さに切って、3〜10分、ごぼうの太さや、かたさの好みなどで加減してゆで、やわらかくしてからすりこ木などでたたきます。 こうすると繊維が切れて食べやすくなると同時に、味がしみこみやすくなります。 切ったら水につける アクが強く、空気に触れると変色しやすいので、切ったそばから水につけてアクを抜きます。 長くつけすぎると逆にアクが戻ったり、香りが抜けるので、5分ほどつけたらざるに上げます。 切り方 輪切り 横にして小口から厚さをそろえて切れば、輪切りに。 厚さは、料理に合わせて調節を。 いちょう切り(1) 作りたい分量の長さに切り、縦四つ割りにします。 いちょう切り(2) 四つ割りにしたうちの2本を、切り口を下にして置き、端から薄切りにします。 厚さを揃えて切ると、火の通りが均一に。 せん切り(1) 皮をむき、斜め薄切りにします。 せん切り(2) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 せん切り(3) 縦薄切りにしてからせん切りにしても。 この場合、4〜5cm長さに切ったら、縦に薄切りにします。 このとき、端を1枚切ったら、その切った面を下にして置くと、安定して切りやすくなります。 せん切り(4) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 短冊切り(1) 4〜5cm長さに切ったら、縦に1cm厚さに切ります。 短冊切り(2) 端から薄切りにします。 あられ切り(1) さいの目切り(約1cm角)よりさらに細かく、約5mm角に切る角切り。 4〜5cm長さに切ったら、5mm厚さの薄切りにします。 あられ切り(2) これを5mm角の細切りにしたら、端から5mm幅に切って、立方体にします。 ねじ梅 野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、立体感のある梅の花の形にしたもの。 煮ものなどに。 ねじ梅(1) にんじんは皮をむいてから7〜8mm厚さの輪切りにし、花形の抜き型を使って、抜きます。 ねじ梅(2) 花びらの境目5カ所全部から中心に向かって、包丁の刃元を使って2〜3mm深さの切り込みを入れます。 ねじ梅(3) 花びらの中心から、左側の境目の切れ込みに向かって、包丁の刃元を斜め下向きに進め、薄くそぎ落とします。 これを花びらごとに繰り返します。

次の

トロトロ濃厚な「もつ煮込み」を家で作ってみよう! モツの下処理の時短ワザも必見【おつまみレシピ】

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

スポンサードリンク 材料は豚モツと野菜• 豚モツ 1パック• 野菜(大根、ニンジン、芋、ごぼうなど適当に) 適量• こんにゃく 1枚• ネギ 1本 材料はこちら。 近所のスーパーに豚モツが置いてあったので買ってきました。 無いときはお肉屋さんに行ったほうがいいかな。 あとは野菜(今回は手抜きでカット野菜です)とこんにゃく。 ネギは青い部分は臭み取り、白い部分はみじん切りでトッピング用です。 材料費800円ほどで4,5人分はたっぷり作れますよー。 忘れないように白いご飯も炊いときましょう! 下茹でをしてアク抜きしよう まずは野菜たち(加圧なし) 今回は丁寧にアク抜きをすることがポイントらしいんだ。 ということで、まずは野菜とこんにゃくをサッと下茹でして灰汁を出します。 水から煮込んでしばらく煮立ったらOK。 ザルにあけておきます。 続いて豚モツのアク抜き(加圧あり) 続いて豚モツのアク抜きをします。 こちらは独特の臭みを取るために以下の調味料を合わせて火にかけます。 水 600ml• 酒 200ml• チューブにんにく 2,3cm• チューブしょうが 10cm• ネギのミドリの部分 適当 沸騰するとみるみる灰汁が出てくるので、さっと取り除いてからフタをします。 加圧がスタートしたら10分間。 蒸らしは無くてOKなので次の工程へどうぞ。 アクを洗い流して下準備はおしまい 加圧が終わったらザルにあけて、こびりついている灰汁を洗い流します。 アブラっぽい時はある程度、脂身を取り除いてもOKです。 おつかれさまでした。 これで下準備はおしまいです。 スープを作ろう さて、出汁をとります。 パックを煮出してもいいし、粉末ダシを溶かしてもいいです。 400ml用意しましょう。 酒 200ml• 味噌 スプーン1〜2杯• 醤油 スプーン3杯• 砂糖 スプーン1杯 続いてこいつらを鍋の出汁に溶かします。 濃い目の味噌ベースで仕上げまーす。 調味料が混ざったら、がんばって下湯でした材料を投入。 あとは圧力鍋まかせで完成です! 加圧と蒸らし ふたをして火をつけて加圧が始まったら、火を弱めて5分。 そのあと火を止めて15分。 途中蒸気が勢い良く出て、圧力鍋初心者としては正直びっくりする場面もあったけど、フタを外して完成です! いい匂いがしてるし、見た目もよく煮込まれた感じに仕上がっています! 完成!薬味と七味でどうぞ 皿に盛り付けて、刻んだネギ(白い部分)をトッピング。 お好みで七味唐辛子を振りかけて完成です!味噌とお出汁のとってもいい香りです。 においやアクといったクセもなく、モツも野菜も柔らかく煮込めているので成功といえそうです。 料理でしたが、うまいこといってイイ感じです。 野菜をたーっぷり使って作ってみるのがオススメ。 白いご飯が何杯でもいけそうです。 下準備が少し手間ですが、美味しいモツ煮のために頑張ってください!ではではー.

次の