エルレイド 種族値。 メガエルレイド|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

メガエルレイド育成論

エルレイド 種族値

第4世代で新たに進化系統が増えたポケモンの1匹。 第4世代当時は タイプ2にかくとうタイプが付加されたという考えで良かったが、では タイプ2がかくとうタイプに変化したと考える方が正しくなった。 に近い容姿をした。 男性的な外観で、両肘に刃物のような突起がついている。 突起は自由に伸び縮みさせられる。 名前の由来は恐らく 「エル(エルニーニョ:スペイン語で男の子またはエルボー:英語で肘)+レイド(ブレイド:英語で刃)」だろうか。 とても尻がでかい。 むしろ尻だけでなく前の方もとても大き……もとい、腰が全方向に膨れている。 サイコ的な何かでも溜めているのだろうか? 体格も華奢な外見だったサーナイトと比べるとバランスの取れたものとなっており、足腰もしっかりしている。 このため、サーナイトとは異なり、 長距離を移動する際には走って移動する。 ちなみに足元は足袋のようにも見え、下記設定を含め和のテイストが強く出ている。 礼儀正しいポケモンで、の名手でもある。 誰かを守ろうとした時に、肘を伸ばしての様にして激しく戦う。 しかし、下手に力を乱用する事はなく、。 また、相手の考えを敏感にキャッチする為、相手より先に攻撃する事ができる。 しかしながらと同様、 図鑑には野生での生態が書かれていない。 石で進化することもあり、と同じく人間環境下でのみ進化するポケモンと考えられる……と思いきや、サーナイト同様に ので、遂に野生の個体とシンボルエンカウントできるようになった。 ゲーム上の特徴 サーナイト同様、 ひ弱だったキルリアから一気に強くなり、頼もしいポケモンになった。 能力 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 合計値 エルレイド 68 125 65 65 115 80 518 サーナイト 68 65 65 125 115 80 518 サーナイトの「こうげき」と「とくこう」の種族値を入れ替えたステータスをしている。 エスパータイプのポケモンとしては珍しく「こうげき」の方が「とくこう」より高い。 やなどと並び貴重な物理である。 加えて「とくぼう」もかなり高く、弱点タイプの特殊技も高確率で耐えることが出来る。 ラルトス一家の例に漏れず、多種多様な技を覚える。 攻撃技の候補としては、タイプ一致の「」「」「」などを軸に、「」「」「」など。 チャーレムと異なり「」や先制技の「」があるためエスパー・ゴースト相手でも止まらない。 補助技の候補としては、「」「」「」「」「」「」などが挙げられる。 特に、手間をかければ「」「」「」を全て覚えられるので捕獲要員としても役立つ。 また、ORASで新たに「」「」を得て、「」「」などと組み合わせて複数戦のサポート要員にも名乗りを挙げた。 はサーナイトと違い「せいぎのこころ」である。 の技を受けると攻撃が上がるという優秀な特性だが、他の多くの「せいぎのこころ」持ちと異なりの技を半減することができない。 「ぼうぎょ」も低い為あまり受け続けられないのが難点(流石に「」でやられるようなことはないと思うが……)。 それでも通常特性の「ふくつのこころ」よりかは優秀で、「」を撃たれづらくなるという点は大きいのでメガシンカさせずに使うならこちらで厳選してもいいだろう。 『』でサーナイトにが追加され、エスパー共々の弱点を突くようになった。 これによって何と サーナイトがタイプ一致技でエルレイドの弱点を突いてくるようになってしまった。 正に嫁の尻に敷かれる旦那の図。 なんてこった。 厄介な「」は「ワイドガード」で無効化できる。 エルレイド自身も『』でメガシンカを獲得しており、その場合すばやさで上回るので先手で対処することも可能。 ……いずれにしても熾烈なと言える。 他作品での活躍 『探検隊』以降 レイダースという探検隊のリーダーになっている。 他のメンバーは、。 だが彼らは物語終了後を救出したところにちらっと出て来るだけで、どういう存在なのかは一切不明。 のパートナー。 技は「サイコカッター」で、正面2マス攻撃。 「敵に回すと厄介、しかし味方にすると心強い」という性能ではあるが、がを手にしてしまうとお留守番が多くなりがち。 ただしエスパータイプ唯一の「ししふんじん」持ちなので、一度特性が発動すれば強い。 2019年2月1日、満を持して実装された。 シンオウストーンは現在のところフィールドリサーチの「大発見」(7日達成ボーナス)やトレーナーバトルの報酬などでしか入手方法がなく、非常に稀少。 こいつ以外にも進化先がたくさんいるので使用は慎重に。 性能はというと、かくとうタイプとしてはそれなりの性能といったところ。 最大CPは高く3000を超える。 通常技に「けたぐり」があるため発生が早い。 かくとうゲージ技は「」しか覚えられないため、現状などに一歩劣っていると言わざるを得ない。 とはいえ「けたぐり」「インファイト」は発生が早いため相手の攻撃を避けやすいという利点があり、小回りを重視するなら採用の余地があるだろうか。 一方、エスパータイプとして見た場合、通常技で「」、ゲージ技で威力90の2分割ゲージ技であるを覚えられるので、それなりには使える。 また、のでは限定技として威力80の半分ゲージ技である「 」を習得できた。 ジム戦やレイドではただのサイコキネシスの劣化版にしかならないが、こちらはトレーナーバトルでも半分ゲージ技のままなので、その点では差別化できている。 なお、原作では習得できた「サイコカッター」は残念ながら習得不可。 今後のアップデートで習得できるようになることを祈りたい。 2019年7月から何故か通常技に 「」が追加された。 ……「あまえる」!? 一応かくとうタイプでは唯一の追加で、数多くいるドラゴンタイプへの牽制にはなるが、自らの弱点に対抗できるわけではない上にと異なりタイプも不一致のため誰得追加である。 ジム防衛でかくとう対策として使う場合に出番があるかどうかといったところ。 総じて、フェアリータイプのエースとして大車輪の働きをしているサーナイトと比べると聊か地味な存在である点は否めない。 もっとも、かくとうおよびエスパータイプには既に強力なアタッカー(=ライバル)が大勢いるという事情もあるので、決してエルレイド自身が弱いというわけではない。 主な使用ポケモントレーナー•

次の

エルレイド育成論

エルレイド 種族値

Lv 名前 タイプ 分類 威力 命中 進化 きりさく ノーマル 物理 70 100 1 アシストパワー エスパー 特殊 20 100 1 インファイト かくとう 物理 120 100 1 リーフブレード くさ 物理 90 100 1 つじぎり あく 物理 70 100 1 にらみつける ノーマル 変化 - 100 1 ねんりき エスパー 特殊 50 100 1 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 1 テレポート エスパー 変化 - - 4 ねんりき エスパー 特殊 50 100 6 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 9 テレポート エスパー 変化 - - 11 ファストガード かくとう 変化 - - 14 れんぞくぎり むし 物理 40 95 17 つばめがえし ひこう 物理 60 必中 19 いやしのはどう エスパー 変化 - - 23 ワイドガード いわ 変化 - - 26 つるぎのまい ノーマル 変化 - - 31 サイコカッター エスパー 物理 70 100 35 てだすけ ノーマル 変化 - - 40 フェイント ノーマル 物理 30 100 44 みねうち ノーマル 物理 40 100 49 まもる ノーマル 変化 - - 53 インファイト かくとう 物理 120 100 58 アシストパワー エスパー 特殊 20 100 エルレイドに使えるわざマシン No. 名前 タイプ 分類 威力 命中 1 ふるいたてる ノーマル 変化 - - 3 サイコショック エスパー 特殊 80 100 4 めいそう エスパー 変化 - - 6 どくどく どく 変化 - 90 8 ビルドアップ かくとう 変化 - - 10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100 11 にほんばれ ほのお 変化 - - 12 ちょうはつ あく 変化 - 100 15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90 16 ひかりのかべ エスパー 変化 - - 17 まもる ノーマル 変化 - - 18 あまごい みず 変化 - - 20 しんぴのまもり ノーマル 変化 - - 21 やつあたり ノーマル 物理 - 100 24 10まんボルト でんき 特殊 90 100 26 じしん じめん 物理 100 100 27 おんがえし ノーマル 物理 - 100 29 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100 30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100 31 かわらわり かくとう 物理 75 100 32 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 33 リフレクター エスパー 変化 - - 39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95 40 つばめがえし ひこう 物理 60 必中 41 いちゃもん あく 変化 - 100 42 からげんき ノーマル 物理 70 100 44 ねむる エスパー 変化 - - 45 メロメロ ノーマル 変化 - 100 46 どろぼう あく 物理 60 100 47 ローキック かくとう 物理 65 100 48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100 49 エコーボイス ノーマル 特殊 40 100 52 きあいだま かくとう 特殊 120 70 54 みねうち ノーマル 物理 40 100 56 なげつける あく 物理 - 100 57 チャージビーム でんき 特殊 50 90 61 おにび ほのお 変化 - 85 68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90 71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80 73 でんじは でんき 変化 - 90 75 つるぎのまい ノーマル 変化 - - 77 じこあんじ ノーマル 変化 - - 78 じならし じめん 物理 60 100 80 いわなだれ いわ 物理 75 90 81 シザークロス むし 物理 80 100 84 どくづき どく 物理 80 100 85 ゆめくい エスパー 特殊 100 100 86 くさむすび くさ 特殊 - 100 87 いばる ノーマル 変化 - 85 88 ねごと ノーマル 変化 - - 90 みがわり ノーマル 変化 - - 92 トリックルーム エスパー 変化 - - 99 マジカルシャイン フェアリー 特殊 80 100 100 ないしょばなし ノーマル 変化 - - エルレイドが覚えられる教え技 名前 タイプ 分類 威力 命中 ダブルチョップ ドラゴン 物理 40 90 シグナルビーム むし 特殊 75 100 けたぐり かくとう 物理 - 100 かみなりパンチ でんき 物理 75 100 ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100 れいとうパンチ こおり 物理 75 100 マジックコート エスパー 変化 - - しねんのずつき エスパー 物理 80 90 ハイパーボイス ノーマル 特殊 90 100 いびき ノーマル 特殊 50 100 はたきおとす あく 物理 65 100 いたみわけ ノーマル 変化 - - ドレインパンチ かくとう 物理 75 100 きあいパンチ かくとう 物理 150 100 でんげきは でんき 特殊 60 必中 てだすけ ノーマル 変化 - - トリック エスパー 変化 - 100 マジックルーム エスパー 変化 - - ワンダールーム エスパー 変化 - - リサイクル ノーマル 変化 - - よこどり あく 変化 - - スキルスワップ エスパー 変化 - - テレキネシス エスパー 変化 - - サイドチェンジ エスパー 変化 - - じごくづき あく 物理 80 100 とぎすます ノーマル 変化 - - エルレイドのタマゴ技 ポケモン関連データ• 道具関連データ• お役立ち情報• 捕獲関連• 厳選関連• 育成関連• 対戦関連• 施設関連• ゲームガイド• 掲示板• ニュース・動画• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

【ポケモン剣盾】エルレイドの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

エルレイド 種族値

【良いところ】• メガエルレイドは、シンオウ地方で初登場したラルトス分岐進化形であるエルレイドがメガシンカした姿。 ポケモンORASではミツルも使用します。 メガシンカしたことで攻撃・防御・素早さが大きく伸び、他の能力に変化はありません。 特に攻撃種族値は165に達し、メガエルレイドよりも攻撃種族値が高いポケモンはメガヘラクロスとメガガブリアスのみとなっています 伝説・幻は除く。 メガシンカ前のエルレイドは素早さが低く、物理耐久も低かったため素早い物理アタッカーの先制攻撃で倒されがちでした。 メガシンカで素早さと物理耐久が上がったため、メガシンカ前よりもタイマン戦に強くなりました。 メガエルレイドは弱点が3つと少なく、炎・氷・地面などの最メジャー技に弱点を持たないのもいいところ。 【悪いところ】• メガエルレイドはタイプ耐性を格闘と岩の2つしか持たず、半減技読みでの交代出しをしにくいポケモンです。 バトルに出にくいため、一度繰り出したらなるべく止まりにくくしたいところです。 メガエルレイドはメガシンカで素早さが上がったとはいえ、110族と特別素早いわけではありません。 よって相手の素早いポケモンの死に出しに弱く、残念ながら止まりにくいポケモンとはいえません。 メガエルレイドの特性は「せいしんりょく」ですが、効果はひるまないことだけしかありません。 「せいしんりょく」は相手がひるみの追加効果を持つ技や「おうじゃのしるし」を使ってこないと発動しません。 しかしひるみ技はあまり使用率が高くなく、ひるむ確率も低かったりするので「せいしんりょく」が役立つ機会はあまりありません。 メガチャーレムは攻撃種族値が100と特別高くありませんが、特性「ヨガパワー」で攻撃ステータスが2倍になるため実質火力はメガエルレイドよりも高いです。 メインウェポンの火力で比較した場合、メガチャーレムはメガエルレイドの約1. 5倍の火力があります。 メガエルレイドがメガチャーレムよりも有利な点は、素早さと耐久が高く、タイマン戦に強いことです。 特に素早さではメガチャーレムが抜けないガブリアスをメガエルレイドなら抜くことができ、ラティアス・ラティオスやメガメタグロスなどと同速で戦えます。 1回のバトルでメガシンカできるポケモンは1匹までなので、エルレイドをメガシンカさせると他のメガシンカポケモンが使えなくなってしまいます。 メガシンカポケモンには強力なアタッカーが揃うので、どのポケモンをメガシンカさせるか悩みどころです。 現在ほとんどのエルレイドがメガシンカするため、パーティに入っているとメガシンカ枠がバレやすいポケモンです。 メガエルレイドは高い攻撃に加え、威力120の「インファイト」を初めとする格闘技で戦えます。 格闘技は弱点を突きやすい一面半減もされやすいので、サブウェポンも必要です。 メガエルレイドはタイプ耐性が少なく交代出ししにくいポケモンです。 味方の死に出しで登場するほか、格闘や岩といった半減技読みでの繰り出しができます。 格闘技や岩技は物理技が多いので、メガシンカで防御が上がったのは嬉しいところ。 メガエルレイドは特別素早いポケモンではありません。 バトル終盤にHPが減った状態で残してしまうと、相手の素早いアタッカーとのタイマン戦に負けてしまうため注意です。 メガエルレイドのHPが減ってしまったら潔く倒れ、味方の死に出しチャンスを作ることも必要です。 メガエルレイドにメガシンカすると特性が「せいしんりょく」になります。 メガシンカ前のエルレイドの特性は「ふくつのこころ」と隠れ特性「せいぎのこころ」から選択です。 すぐにメガシンカしてしまうためそこまで関係ありません。 「ふくつのこころ」ではエルレイドがひるむと素早さが1段階上がります。 素早さアップした状態でメガシンカできれば速攻アタッカーとして期待できます。 大抵のひるみ技は低確率で追加効果が発動するというものなので、狙って発動はさせにくいです。 「せいぎのこころ」ではエルレイドが悪技を受けると攻撃が1段階上がります。 バンギラスなどが使う悪技が読めれば狙って発動させやすいのが特徴です。 悪技はあまりメジャーではないのが欠点です。 またエルレイドは他の格闘ポケモンと異なり、悪技に耐性を持たないため大ダメージを受けてしまうことが一番の問題です。 性格をいじっぱりにすると火力が上がりますが、素早さに全振りしても最速95族までしか抜けず、最速97族~109族が抜けなくなります。 この素早さ帯は激戦区で、サザンドラ、メガリザードンXY、メガガルーラ、メガサーナイト、サンダーなど多くのメジャーポケモンが属しています。 どのポケモンも最速でない型も多いですが、最速型も少なからずいます。 メガエルレイドの性格をようきにしておけば、これらのポケモンを確実に抜けるので安心です。 性格ようきの場合、素早さに全振りすると108族のテラキオンが抜けるほか、110族のラティアス、ラティオス、メガメタグロス等にランダムで先手が取れます。 しかし103族~109族には超メジャーポケモンがいないため、メガエルレイドの素早さを102族のガブリアス抜きまで落とし、残りをHPに振って耐久を上げる手もあります。 【ようき】 調整先 調整先の ポケモン例 必要努力値 素早さ実数値 最速102族抜き ガブリアス 196 170 最速 - 252 178 努力値調整は個体値Vを仮定しています。 エルレイドナイト: エルレイドをメガエルレイドにメガシンカさせます。 インファイト・ドレインパンチ: タイプ一致の格闘技です。 「インファイト」は威力120の格闘技で、使用後に自分の防御と特防が1段階ずつ下がります。 高威力なのでメインウェポンとして優秀ですが、使用後はタイマン戦に弱くなります。 メガエルレイドよりも素早いポケモンは多いので、「インファイト」で相手を倒した後、相手の素早いアタッカーを死に出しされやすいです。 「ドレインパンチ」は威力75の格闘技で、与ダメージの半分だけ自分のHPを回復できます。 低威力なので相手を一撃で倒しにくく、回復を合わせてもメガエルレイドが反撃で倒される危険が高まります。 はたきおとす: 威力65の悪技ですが、相手が持ち物を持っていると威力97に上がります。 ついでに持ち物を叩き落してそのバトル中は使えなくできます。 メガストーンなど一部のアイテムを叩き落すことはできません。 悪技は格闘技に耐性を持つゴースト・エスパー相手に効果抜群です。 れいとうパンチ: 威力75の氷技で、1割の確率で相手を凍り状態にします。 氷技は格闘技を半減してくる飛行ポケモンに効果抜群であるほか、メガボーマンダやガブリアスといったドラゴンやランドロスの4倍弱点を突けます。 ストーンエッジ・いわなだれ: 岩技は格闘技を半減してくる飛行ポケモンに効果抜群です。 ついでに虫ポケモンの弱点も突けます。 「ストーンエッジ」は威力100・命中80の岩技で、急所に当たりやすいです。 飛行ポケモンに対しては「れいとうパンチ」よりも高威力な代わりに、ガブリアスやランドロスの弱点を突けなくなるのが欠点です。 命中率もタイマン戦で使うには不安です。 「いわなだれ」は威力75・命中90の岩技で、3割の確率で相手をひるませます。 威力が「れいとうパンチ」と同じなのにガブリアスやランドロスの弱点を突けないため、「れいとうパンチ」の方が優秀です。 かみなりパンチ: 威力75の電気技で、1割の確率で相手をまひ状態にします。 電気技は格闘技を半減してくる飛行ポケモンに効果抜群ですが、氷技や岩技と比べて狙える範囲が狭いです。 電気技では特にギャラドスの4倍弱点を突けて、ついでにマリルリの弱点も突けます。 しねんのずつき・サイコカッター: タイプ一致のエスパー技です。 低威力な上に格闘技との相性補完があまり良くないため、優先度は低めです。 一応格闘技を半減してくる毒ポケモンの弱点を突けますが、毒ポケモンは他のタイプと比べてマイナーです。 「しねんのずつき」は威力80・命中90のエスパー技で、2割の確率で相手をひるませます。 「サイコカッター」は威力70・命中100のエスパー技で、急所に当たりやすいです。 「しねんのずつき」と異なり外れない代わりに威力が少し下がります。 じしん: 威力100の地面技です。 地面技は格闘技と半減される相手や弱点を突ける相手が被るため、優先度は低いです。 一応格闘技に耐性を持つ毒ポケモンの弱点を突けますが、毒ポケモンはマイナーです。 「じしん」では格闘技を無効化するギルガルドの弱点を突けます。 直接技ではないため「キングシールド」で攻撃を下げられる心配がありません。 つるぎのまい: 攻撃ランクを2段階上げる積み技で、交代読みなどで積むことができます。 相手の残りポケモンがこちらより鈍足なら、攻撃力を一気に上げて全抜きも期待できます。 メガエルレイドは特別素早いポケモンではないため、実際は積んでも相手の素早いアタッカーに死に出しされてしまい、全抜きは厳しかったりします。 ビルドアップ: 攻撃・防御を1段階ずつ上げる積み技です。 相手の残りポケモンが物理アタッカーならタイマン戦に効果的です。 上がった物理耐久から「ドレインパンチ」で回復しつつ戦う戦法も存在します。 交代読みで使えば、相手の交代先を確認してから攻撃技を選択できます。 また「おにび」「でんじは」など厄介な補助技を避けることもできます。 さいみんじゅつ: 命中60で相手をねむり状態にします。 相手の高耐久ポケモンなど、メガエルレイドでは通常突破が厳しいポケモンを倒せることがあります。 眠らせたら交代してもOKです。 おにび: 命中85で相手をやけど状態にします。 交代読みで使い、メガボーマンダなど相手の物理エースに当たれば効果的です。 ちょうはつ: 3ターンの間、相手は補助技を使えなくなります。 回復技に頼る高耐久ポケモンなどに当たれば効果的ですが、相手に補助技メインのポケモンがいなければあまり役に立ちません。 まもる: 使用ターンはほぼ全ての技を無効化できます。 メガシンカ前のエルレイドは素早さ種族値が80とあまり高くなく、物理耐久も低いのでメガシンカに危険が伴います。 「まもる」を使えばほぼ確実にメガシンカできますが、メガシンカするだけで技枠を1つ消費してしまうことになります。 役割関係.

次の