更年期 障害 何 歳 から。 「更年期障害」が始まる年齢は何歳くらい? 30代後半から始まる人も!更年期障害の年齢について

更年期障害って60代になってもあるの?症状や解消法について

更年期 障害 何 歳 から

更年期になると女性の体の中ではどのようなことが起きているのでしょうか。 更年期にさしかかると、このエストロゲンの分泌量が急激に減ると言われています。 エストロゲンはさまざまな体の機能を補佐しているため、急に分泌が減少するとその変化にうまく体が機能しなくなります。 そのときに脳から卵巣に対してもっとエストロゲンを出せと信号が送られます。 しかし卵巣側はエストロゲンを出したくても出せない状態なので、その信号が過剰になり脳が興奮状態となって自律神経が乱れるのです。 更年期の症状は、急なホルモンの減少に脳と体が着いていけない状態ということです。 主な症状には、 ・ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗) ・冷え ・息切れや動悸 ・イライラ などがあります。 プレ更年期は40歳前後から起こる場合が多いですが幅は広く、20代で更年期の症状を訴える人もいます。 本来ならば、20代はエストロゲンの分泌がピークを迎えるのですが、不規則な生活やストレスなどが原因で分泌が減り、ホルモンバランスが乱れてしまうのでしょう。 20代から30代で更年期障害のような症状が出てきたら、生活を見直してみることをおすすめします。 睡眠時間が確保できているか、食事のバランスは取れているか、生活のリズムが整っているかを振り返ってみましょう。 ストレスをためないような気持ちのコントロールも身に付けるのも有効です。 さらに軽い運動を定期的にするだけでもストレス発散になります。 それでもさまざまな症状があったり、生理不順が続く場合は、早めに病院を受診しましょう。 産婦人科だけでなく、内科や精神科と連携して総合的にサポートしてくれる女性外来を設けているところもあります。 しかし、これは少数なので、婦人科を受診するのが一般的でしょう。 プレ更年期は正式な病名ではないので、若年の場合、 月経前症候群(PMS)と診断されることが多いです。 プレ更年期だけでなく、症状が重い更年期障害に悩まされているのなら婦人科へ行きましょう。 婦人科へ行ったらまず詳しい問診が行われます。 月経の状態や症状が現れた時期、病歴や生活環境などを聞かれるが一般的なので、あらかじめメモしていくと良いかもしれません。 問診で病気の疑いが強ければ血液検査によって血中ホルモン量を調べます。 また、内診で子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう腫などの病気がないかをチェックします。 さらに閉経後は骨粗しょう症にかかりやすいので、骨量を調べることも大事です。 加えて、ガンの検査をする病院もあるでしょう。 検査で他の病気の可能性がなく、血中ホルモン検査で更年期障害とされると、女性ホルモン剤を用いての治療に入るのが一般的です。 また、更年期障害に似た症状が出る病気には心臓病や糖尿病、バセドウ病、甲状腺機能障害など、色々なものがあります。 40代以降は病気にかかりやすい年代なので、躊躇せずに受診して病気を早期に発見することが大切です。 女性ホルモン剤を用いての治療はホルモン補充療法(HRT)といいます。 特にホットフラッシュが出ている人に高い効果があり、不眠や膣の乾燥、関節痛、頻尿にも効果的です。 さらに骨粗しょう症や動脈硬化などの予防にもなることが期待されています。 副作用として不正出血や下腹部の張り、吐き気などがありますが、1、2ヶ月も経つと体が慣れてくる場合がほとんどで薬の量を調整すれば治まります。 2014年にQLifeが実施したアンケートでは、HRTの治療を始めて7割の人のホットフラッシュが和らいだという結果が出ました。 その他にはめまいや頭痛、冷えが改善したという人もいて、それらの症状が改善したことによって精神的に楽になったとたくさんの人が感じています。 治療にかかった期間で一番多いのが1年から3年で、次に多いのが3ヶ月以内でした。 長い期間辛い状態で苦しむよりも、早めに薬を飲んで症状を抑える方が楽かもしれません。 「今までできていた仕事が更年期障害の症状で思うようにできなくなった」そんな声は多く聞かれます。 特に何の理由もなくイライラしてしまって、つい部下にあたってしまった…そんな自分に自己嫌悪でますます気分が塞ぐ…。 真面目に頑張ってきた大人の女性であればあるほど、そんな風に思って自分を追い詰めてしまうのでしょう。 ですが、更年期障害は誰のせいでもありません。 そういった症状に苦しむのはあなたのせいではないのです。 現代の日本ではなかなか「更年期障害」という言葉を職場で共有することは難しいかもしれません。 ですが、周囲に理解を求めることはとても大切ですし、昔のように仕事ができない自分を自分自身が認めてあげることがとても重要です。 「今はそういう時期なんだ。 しょうがない」と、自分が次のステージへ移行している時期だと思って、自分を認めてあげてください。 そうすることで、気分が軽くなり症状も改善するかもしれません。 ストレスが一番の敵。 更年期の症状が酷くなると、もう何をするのも嫌になり積極的に情報収集をしたり、外を出歩いたりできなくなります。 自分に更年期症状が出てきたら、どんな治療を受けたいか、それができる病院はどこにあるのか? どんな治療方法があるのか、ということを事前に調べておくことも大切です。 また、症状が軽い段階ではサプリメントも有効です。 どんなサプリメントがあってどんな風にいいのか、など調べておくと安心です。 さらに家族など同居人がいる場合には、それらの人たちにも事前にどんな症状が現れる可能性があるのか説明しておきましょう。 突然ふさぎ込んだり、イライラしたりして周りに迷惑をかけてしまうかもしれません。 関係にヒビが入るようなことがあれば、余計に落ち込んでしまいます。 事前に話し合っておけば「ああこれがそうなんだな」と理解を得やすくなります。 更年期は人生をよりよく生きるためのチャンス!ぜひ、しっかりと事前知識を得て更年期も楽しく乗り越えましょうー!.

次の

更年期障害って60代になってもあるの?症状や解消法について

更年期 障害 何 歳 から

更年期になると女性の体の中ではどのようなことが起きているのでしょうか。 更年期にさしかかると、このエストロゲンの分泌量が急激に減ると言われています。 エストロゲンはさまざまな体の機能を補佐しているため、急に分泌が減少するとその変化にうまく体が機能しなくなります。 そのときに脳から卵巣に対してもっとエストロゲンを出せと信号が送られます。 しかし卵巣側はエストロゲンを出したくても出せない状態なので、その信号が過剰になり脳が興奮状態となって自律神経が乱れるのです。 更年期の症状は、急なホルモンの減少に脳と体が着いていけない状態ということです。 主な症状には、 ・ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗) ・冷え ・息切れや動悸 ・イライラ などがあります。 プレ更年期は40歳前後から起こる場合が多いですが幅は広く、20代で更年期の症状を訴える人もいます。 本来ならば、20代はエストロゲンの分泌がピークを迎えるのですが、不規則な生活やストレスなどが原因で分泌が減り、ホルモンバランスが乱れてしまうのでしょう。 20代から30代で更年期障害のような症状が出てきたら、生活を見直してみることをおすすめします。 睡眠時間が確保できているか、食事のバランスは取れているか、生活のリズムが整っているかを振り返ってみましょう。 ストレスをためないような気持ちのコントロールも身に付けるのも有効です。 さらに軽い運動を定期的にするだけでもストレス発散になります。 それでもさまざまな症状があったり、生理不順が続く場合は、早めに病院を受診しましょう。 産婦人科だけでなく、内科や精神科と連携して総合的にサポートしてくれる女性外来を設けているところもあります。 しかし、これは少数なので、婦人科を受診するのが一般的でしょう。 プレ更年期は正式な病名ではないので、若年の場合、 月経前症候群(PMS)と診断されることが多いです。 プレ更年期だけでなく、症状が重い更年期障害に悩まされているのなら婦人科へ行きましょう。 婦人科へ行ったらまず詳しい問診が行われます。 月経の状態や症状が現れた時期、病歴や生活環境などを聞かれるが一般的なので、あらかじめメモしていくと良いかもしれません。 問診で病気の疑いが強ければ血液検査によって血中ホルモン量を調べます。 また、内診で子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう腫などの病気がないかをチェックします。 さらに閉経後は骨粗しょう症にかかりやすいので、骨量を調べることも大事です。 加えて、ガンの検査をする病院もあるでしょう。 検査で他の病気の可能性がなく、血中ホルモン検査で更年期障害とされると、女性ホルモン剤を用いての治療に入るのが一般的です。 また、更年期障害に似た症状が出る病気には心臓病や糖尿病、バセドウ病、甲状腺機能障害など、色々なものがあります。 40代以降は病気にかかりやすい年代なので、躊躇せずに受診して病気を早期に発見することが大切です。 女性ホルモン剤を用いての治療はホルモン補充療法(HRT)といいます。 特にホットフラッシュが出ている人に高い効果があり、不眠や膣の乾燥、関節痛、頻尿にも効果的です。 さらに骨粗しょう症や動脈硬化などの予防にもなることが期待されています。 副作用として不正出血や下腹部の張り、吐き気などがありますが、1、2ヶ月も経つと体が慣れてくる場合がほとんどで薬の量を調整すれば治まります。 2014年にQLifeが実施したアンケートでは、HRTの治療を始めて7割の人のホットフラッシュが和らいだという結果が出ました。 その他にはめまいや頭痛、冷えが改善したという人もいて、それらの症状が改善したことによって精神的に楽になったとたくさんの人が感じています。 治療にかかった期間で一番多いのが1年から3年で、次に多いのが3ヶ月以内でした。 長い期間辛い状態で苦しむよりも、早めに薬を飲んで症状を抑える方が楽かもしれません。 「今までできていた仕事が更年期障害の症状で思うようにできなくなった」そんな声は多く聞かれます。 特に何の理由もなくイライラしてしまって、つい部下にあたってしまった…そんな自分に自己嫌悪でますます気分が塞ぐ…。 真面目に頑張ってきた大人の女性であればあるほど、そんな風に思って自分を追い詰めてしまうのでしょう。 ですが、更年期障害は誰のせいでもありません。 そういった症状に苦しむのはあなたのせいではないのです。 現代の日本ではなかなか「更年期障害」という言葉を職場で共有することは難しいかもしれません。 ですが、周囲に理解を求めることはとても大切ですし、昔のように仕事ができない自分を自分自身が認めてあげることがとても重要です。 「今はそういう時期なんだ。 しょうがない」と、自分が次のステージへ移行している時期だと思って、自分を認めてあげてください。 そうすることで、気分が軽くなり症状も改善するかもしれません。 ストレスが一番の敵。 更年期の症状が酷くなると、もう何をするのも嫌になり積極的に情報収集をしたり、外を出歩いたりできなくなります。 自分に更年期症状が出てきたら、どんな治療を受けたいか、それができる病院はどこにあるのか? どんな治療方法があるのか、ということを事前に調べておくことも大切です。 また、症状が軽い段階ではサプリメントも有効です。 どんなサプリメントがあってどんな風にいいのか、など調べておくと安心です。 さらに家族など同居人がいる場合には、それらの人たちにも事前にどんな症状が現れる可能性があるのか説明しておきましょう。 突然ふさぎ込んだり、イライラしたりして周りに迷惑をかけてしまうかもしれません。 関係にヒビが入るようなことがあれば、余計に落ち込んでしまいます。 事前に話し合っておけば「ああこれがそうなんだな」と理解を得やすくなります。 更年期は人生をよりよく生きるためのチャンス!ぜひ、しっかりと事前知識を得て更年期も楽しく乗り越えましょうー!.

次の

更年期障害とは?症状をチェックしよう!年齢はいつから?

更年期 障害 何 歳 から

閉経 1年間月経がない状態 の平均年齢は、50. 5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。 卵巣から分泌される女性ホルモン エストロゲンとプロゲステロン は、20~30代でピークを迎えますが、40代に入ったころから急激に低下が始まります。 これにともなって、さまざまな身体的、精神的症状が現れるのが更年期障害です。 個人差はありますが、早い人は40代に入ってすぐ症状を自覚することもあります。 女性ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが、全員が更年期障害を起こすわけではありません。 更年期障害を起こす背景には、心的ストレスや性格的なものが強く影響し、たいした症状を感じないまま過ぎる場合もあれは、日常生活に支障をきたすほどひどくなる場合もあります。 症状も千差万別で、重い人も軽い人も、あまり不調を感じない人もいます。 40代、50代は家庭の主婦であれば、子どもの成長と独立、夫の定年、親の加齢による病気や死、などの変化が訪れるときであり、また働く女性には仕事の責任が増してくる時期です。 もちろん、その両方をこなしている女性も現代では多いことでしよう。 特にこの世代は、高学歴で社会経験があり、結婚や妊娠で仕事を辞めるケースが多かったので、子育ての終了とともに生きがいを喪失してしまうことがあります。 ポテンシャルは高いのに、そのエネルギーの使い道が見つからない、ということです。 これが更年期障害の原因になることも多いのです。 このような外的なストレスに加えて、体の中ではホルモン低下という変化が起こるので、上手にストレスマネージメントができないと、更年期障害は重症化してしまいます。 女性ホルモンの低下による不調に対しては、ホルモン補充療法 HRT やによる治療が行なわれます。 HRTに使うホルモン剤はいろいろありますので、症状により使い分けができます。 ホルモン剤は内服薬のほかに、皮膚に貼るパッチ剤や皮膚に塗るジェル剤もあります。 腟の乾きやには、ホルモン剤の腟錠や潤滑ゼリーなどが有効です。 ホルモン剤と漢方薬を併用して使うこともできますし、漢方薬だけで対処する場合もあります。 また、自律神経調整薬、睡眠剤や向精神薬を使うこともあります。 ここで大事なのは、更年期障害の背景に心的ストレスや性格的なものがあるので、薬物療法だけでは十分でないことがある、ということです。 カウンセリングが有効なこともあります。 平均寿命が80歳を超えるようになった今、更年期から後の人生が昔に比べ長くなっています。 ある意味、更年期は人生のターニングポイントです。 ここでもう一度自分の人生を見直し、今までの生活パターンをシフトさせることこそ、この時期に必要なことです。 更年期をネガティブに捉えず、生きがいを持って生き生きとした毎日を過ごすことが更年期障害の予防といえます。

次の