いぐろいらすと。 【閲覧注意】グロ映画/グロ過ぎるホラー映画 14選【スプラッター映画】

【閲覧注意】グロ映画/グロ過ぎるホラー映画 14選【スプラッター映画】

いぐろいらすと

クリスマス・イヴの日、産婦人科からサラは一人で自宅に戻る。 その夜、黒ずくめの女(ベアトリス・ダル)が電話を貸してほしいと訪ねてきた…。 日本劇場公開版とレンタルDVD版では、クライマックスのあるシーンが、黒いぼかしで修正されている。 これは映倫からオリジナル版が審査を拒否されたため、日本の配給サイドで自主的に修正を加えたものである(映倫を通していない映画は殆どの映画館で上映を拒否されるため)。 なお、無修正の映像はアンレイテッド(未審査)のセル版DVDのみで鑑賞が可能となっている。 フルチ作品の中でも頂点を極めたゴア(グロ)描写が未だ語り草となっている問題作。 1980年のイタリア映画。 アメリカでの公開タイトルは『THE GATES OF HELL』。 日本では劇場未公開、ビデオ・DVD発売。 フルチが『サンゲリア』に続いて発表したゾンビ映画第2弾。 脳が飛び散り、口から内臓が噴き出し、頭をドリルが貫通し、ウジの大群が降り注ぎと、フルチの作品の中でも過激な残酷描写で有名である。 【ストーリー】ミロシュは元ポルノ男優のスター。 現役の頃は幾多の女優をイカせ続けたが、今は引退し、美人妻と幼い息子を愛する平凡な家庭人になっていた。 そんな彼の元に、昔なじみの女優から俳優の仕事の誘いが入る。 外国市場向けの大掛かりなポルノ映画であり、かなりのギャラがもらえるという話に興味を持ったミロシュは、ある大豪邸に招かれる。 そこで謎の男・ヴィクミルは、彼を絶賛しながら、こんな話を始める。 「私には大金持ち顧客がいて、彼らの嗜好を満たす芸術的なポルノ映画を撮りたい。 そのためには貴方の出演が絶対なのだ! 」 彼は高額な報酬に釣られ契約書にサインしてしまう。 これが、悪夢と狂気な世界への入り口であった・・・。 『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』(Imprint)は、世界のホラー映画監督13人を集めて作られた『マスターズ・オブ・ホラー』シリーズの中のひとつで、米ケーブルテレビ(SHOWTIME)用に製作された映画。 2006年。 三池のアメリカ資本での映画制作デビュー作でもある。 放送コードが緩いケーブルテレビにもかかわらず、本作品だけはその内容、特に奇形シーンや拷問シーンがあまりにも残虐なため、アメリカでは放送中止になった。 また、日本でも映画倫理委員会から、審査規格外(審査適応区分外)扱いとなり、ほとんどの映画館から一般上映を拒否されたので、劇場版としては「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」以外は、シアターイメージフォーラム(渋谷)のみでレイトショーという形を取って上映された。 自主規制によりR-18指定となっている。 『マーターズ』(原題: Martyrs)は、2008に公開されたフランスとカナダのスプラッター映画。 『ハイテンション』『屋敷女』とエクストリームな残酷映画を次々と生み出すフランスから、ホラーの概念を覆す超問題作が誕生。 肉体と精神の両面を痛めつけ、映像表現の限界を打ち破る極限の流血表現と、今まで味わったことのない新感覚ショック演出で全世界的が激震。 【あらすじ】1970年初頭のフランス。 少女リュシーが、傷だらけの衰弱しきった姿で路上を彷徨っているところを発見される。 何者かの手で廃墟に監禁され、長時間拷問と虐待を受けた彼女は激しいショック状態にあり、自力で脱出したこと以外は一切、事件の詳細を語ろうとしない。 リュシーに性虐待の痕跡はなく、犯人の正体も動機も不明。 一体、誰が? なぜ惨い仕打ちを・・・? 施設に収容されたリュシーは、同じ年頃の少女アンナの献身的な介護で、平穏な日常を取り戻してゆく。 だが、リュシーは気づいていた。 夜の闇に身を潜め、自分をつけ狙う、おぞましい者が存在することを。 15年後のある朝、ごく普通の家庭の玄関で呼び鈴が響く。 そこには猟銃を構えたリュシーが立っていた。 忘れもしない虐待者たちの面影。 復讐の銃弾を浴び、朝食を楽しんでいた家族は一瞬で血の海に沈んだ。 しかし、リュシーは背後に異様な気配を感じ取った。 屋敷のなかで、今再び想像を絶する地獄への扉が開かれようとしていた。 『ムカデ人間2』(むかでにんげん2、原題: The Human Centipede II Full Sequence )は、2011年に公開されたトム・シックス監督作のホラー映画。 前作『ムカデ人間』の直接的な続編ではなく、前作の映画を鑑賞した主人公が、映画の内容を自分で実行するという狂気へと呑まれるというストーリー。 ほぼ全編モノクロで制作されているが、「ムカデ人間 完全連結 ブルーレイBOX」には、カラー版が収録されている。 として全世界を絶句させ、大ヒットした超問題作『ムカデ人間』。 その待望の続編『ムカデ人間2』は、倫理も、良識も前作以上に一切ナシ。 イギリス、オーストラリアなど世界各国で、審査拒否、上映禁止の処分を受けている、正真正銘のだ。 『ホステル2』(原題:HOSTEL PART II)は、2007年に公開されたアメリカ映画。 純粋に娯楽として拷問と殺人を楽しむための金持ち達のクラブを舞台にしたサスペンス・ホラー映画。 大ヒットした前作『ホステル』の製作チームが再集結して作り上げた、戦慄のホラームービー第2弾。 アメリカ人女子大生3人が標的となり、むごい拷問にかけられるさまを徹底的に見せる。 【あらすじ】ローマに留学しているアメリカ人女子大生ベス、ホイットニー、ローナの3人は旅行を計画しプラハへ向かう。 しかし、行きの列車の中で天然のスパの情報を聞きスロバキアへ行くことにする。 街のホステルに到着した3人はその日の夜、収穫祭に参加したもののローナが男性に誘われボートに乗り込んでしまう。 翌朝になってもローナは帰ってこない。 3人は自分達がホステルへ到着した時点でオークションにかけられていることなど知るはずもなかった。 ネクロマンティック【HDリマスター版】予告編 【あらすじ】死体清掃会社で働くロベルト(ダクタリ・ロレンツ)。 誰もが嫌がるその仕事だが、彼にとっては趣味と実益を兼ねた物だった。 そう、彼はネクロフィリア 死体愛好 で、仕事を通して手に入れた死体の一部を保存・鑑賞する事を、最大の至福としていた。 そして同嗜好の趣味を持つガールフレンドのベティ(ベアトリス・M)と共に、そのコレクションを楽しんでいたのだった。 そんなある日、彼は仕事で、事故死でありながら、全身が綺麗に揃った死体に出会う。 そして、密かにその死体を自宅に持ち帰ってしまう。 その見事なまでの死体を目にし、興奮しながら喜ぶベティは、スチールパイプを死体の股間部分に突き立て、そのままベッドでロベルトも交えて、禁断の行為に耽るのだった…。 【あらすじ】第二次世界大戦末期、地獄の最前線。 ソ連軍の偵察部隊が目撃した想像を絶する悪夢! 1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。 ソ連の偵察部隊がある任務を帯び、ドイツの占領地域に足を踏み入れた。 やがて古い教会を見つけた部隊は、そこで何者かによる大虐殺が行われた形跡を目撃する。 さらにその建物の地下には迷路のような通路が張り巡らされ、広大な研究室が隠されていた。 その研究室こそ、フランケンシュタイン博士の末裔が、死体と機械を合成し、不死身の改造人間を製造している大量破壊兵器工場だった…。 C 2013 MPI MEDIA GROUP 【あらすじ】子離れできないライオネルの母親であるヴェラは、2人の後を追跡して動物園へ向かうが、事故により檻の中のラット・モンキーに噛まれてしまう。 ヴェラはそれ以来体調を崩し、ライオネルの献身的な介抱も虚しく、容態は目に見えて悪化する一方。 腐って落ちた皮膚を元に戻そうと努力してはみるものの、気づいたときにはゾンビとなっていた。 仕方なくヴェラを地下室に閉じ込めるが、看護婦や神父など関わった者達も次々にゾンビと化していく。 ライオネルは仕方なく地下室にゾンビたちを隔離して生活させていたが、ゾンビ同士の交配でベビーゾンビまでもが生まれる始末。 一方、ゾンビの存在を知らない狡猾な叔父のレスがヴェラの遺産と家を奪い取って盛大なパーティを開いてしまった。 饗宴の最中に地下室に閉じ込められていたゾンビたちが解き放たれ、血みどろの終幕へと加速する。 【あらすじ】1939年8月、一人の赤ん坊が食肉処理工場の血まみれの床で生まれた。 その子は生まれながらの奇形児で、生肉の包装紙に包まれ、すぐにゴミ箱に捨てられた。 たまたまゴミを漁っていた女に拾われた赤ん坊はトーマスと名付けられ、女の家族ヒューイット家で育てられる。 トーマスは6歳のとき、自傷性の変性顔面異常症と診断されるが、その頃から動物を殺して解体するなど異常性が際立っていた。 やがて9歳から食肉処理工場で働き始めた彼は、30歳のとき食肉処理工場が閉鎖されたショックから工場長をハンマーで殴り殺してしまう。 住む土地に異常な執着を持つヒューイット家は、逮捕に来た地元の保安官を殺害し、その人肉を食卓に並べた。 かくしてヒューイット一家の殺戮が始まった。 ある男女4人が交通事故に合い、内3名が保安官の格好をしたホイト・ヒューイットのパトカーに拘束されヒューイット家の自宅に連れて行かれてしまう。 そこには冷酷な殺人鬼と変貌しつつあるレザーフェイス(トーマス)が待ち構えていた。

次の

【閲覧注意】グロ映画/グロ過ぎるホラー映画 14選【スプラッター映画】

いぐろいらすと

クリスマス・イヴの日、産婦人科からサラは一人で自宅に戻る。 その夜、黒ずくめの女(ベアトリス・ダル)が電話を貸してほしいと訪ねてきた…。 日本劇場公開版とレンタルDVD版では、クライマックスのあるシーンが、黒いぼかしで修正されている。 これは映倫からオリジナル版が審査を拒否されたため、日本の配給サイドで自主的に修正を加えたものである(映倫を通していない映画は殆どの映画館で上映を拒否されるため)。 なお、無修正の映像はアンレイテッド(未審査)のセル版DVDのみで鑑賞が可能となっている。 フルチ作品の中でも頂点を極めたゴア(グロ)描写が未だ語り草となっている問題作。 1980年のイタリア映画。 アメリカでの公開タイトルは『THE GATES OF HELL』。 日本では劇場未公開、ビデオ・DVD発売。 フルチが『サンゲリア』に続いて発表したゾンビ映画第2弾。 脳が飛び散り、口から内臓が噴き出し、頭をドリルが貫通し、ウジの大群が降り注ぎと、フルチの作品の中でも過激な残酷描写で有名である。 【ストーリー】ミロシュは元ポルノ男優のスター。 現役の頃は幾多の女優をイカせ続けたが、今は引退し、美人妻と幼い息子を愛する平凡な家庭人になっていた。 そんな彼の元に、昔なじみの女優から俳優の仕事の誘いが入る。 外国市場向けの大掛かりなポルノ映画であり、かなりのギャラがもらえるという話に興味を持ったミロシュは、ある大豪邸に招かれる。 そこで謎の男・ヴィクミルは、彼を絶賛しながら、こんな話を始める。 「私には大金持ち顧客がいて、彼らの嗜好を満たす芸術的なポルノ映画を撮りたい。 そのためには貴方の出演が絶対なのだ! 」 彼は高額な報酬に釣られ契約書にサインしてしまう。 これが、悪夢と狂気な世界への入り口であった・・・。 『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』(Imprint)は、世界のホラー映画監督13人を集めて作られた『マスターズ・オブ・ホラー』シリーズの中のひとつで、米ケーブルテレビ(SHOWTIME)用に製作された映画。 2006年。 三池のアメリカ資本での映画制作デビュー作でもある。 放送コードが緩いケーブルテレビにもかかわらず、本作品だけはその内容、特に奇形シーンや拷問シーンがあまりにも残虐なため、アメリカでは放送中止になった。 また、日本でも映画倫理委員会から、審査規格外(審査適応区分外)扱いとなり、ほとんどの映画館から一般上映を拒否されたので、劇場版としては「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」以外は、シアターイメージフォーラム(渋谷)のみでレイトショーという形を取って上映された。 自主規制によりR-18指定となっている。 『マーターズ』(原題: Martyrs)は、2008に公開されたフランスとカナダのスプラッター映画。 『ハイテンション』『屋敷女』とエクストリームな残酷映画を次々と生み出すフランスから、ホラーの概念を覆す超問題作が誕生。 肉体と精神の両面を痛めつけ、映像表現の限界を打ち破る極限の流血表現と、今まで味わったことのない新感覚ショック演出で全世界的が激震。 【あらすじ】1970年初頭のフランス。 少女リュシーが、傷だらけの衰弱しきった姿で路上を彷徨っているところを発見される。 何者かの手で廃墟に監禁され、長時間拷問と虐待を受けた彼女は激しいショック状態にあり、自力で脱出したこと以外は一切、事件の詳細を語ろうとしない。 リュシーに性虐待の痕跡はなく、犯人の正体も動機も不明。 一体、誰が? なぜ惨い仕打ちを・・・? 施設に収容されたリュシーは、同じ年頃の少女アンナの献身的な介護で、平穏な日常を取り戻してゆく。 だが、リュシーは気づいていた。 夜の闇に身を潜め、自分をつけ狙う、おぞましい者が存在することを。 15年後のある朝、ごく普通の家庭の玄関で呼び鈴が響く。 そこには猟銃を構えたリュシーが立っていた。 忘れもしない虐待者たちの面影。 復讐の銃弾を浴び、朝食を楽しんでいた家族は一瞬で血の海に沈んだ。 しかし、リュシーは背後に異様な気配を感じ取った。 屋敷のなかで、今再び想像を絶する地獄への扉が開かれようとしていた。 『ムカデ人間2』(むかでにんげん2、原題: The Human Centipede II Full Sequence )は、2011年に公開されたトム・シックス監督作のホラー映画。 前作『ムカデ人間』の直接的な続編ではなく、前作の映画を鑑賞した主人公が、映画の内容を自分で実行するという狂気へと呑まれるというストーリー。 ほぼ全編モノクロで制作されているが、「ムカデ人間 完全連結 ブルーレイBOX」には、カラー版が収録されている。 として全世界を絶句させ、大ヒットした超問題作『ムカデ人間』。 その待望の続編『ムカデ人間2』は、倫理も、良識も前作以上に一切ナシ。 イギリス、オーストラリアなど世界各国で、審査拒否、上映禁止の処分を受けている、正真正銘のだ。 『ホステル2』(原題:HOSTEL PART II)は、2007年に公開されたアメリカ映画。 純粋に娯楽として拷問と殺人を楽しむための金持ち達のクラブを舞台にしたサスペンス・ホラー映画。 大ヒットした前作『ホステル』の製作チームが再集結して作り上げた、戦慄のホラームービー第2弾。 アメリカ人女子大生3人が標的となり、むごい拷問にかけられるさまを徹底的に見せる。 【あらすじ】ローマに留学しているアメリカ人女子大生ベス、ホイットニー、ローナの3人は旅行を計画しプラハへ向かう。 しかし、行きの列車の中で天然のスパの情報を聞きスロバキアへ行くことにする。 街のホステルに到着した3人はその日の夜、収穫祭に参加したもののローナが男性に誘われボートに乗り込んでしまう。 翌朝になってもローナは帰ってこない。 3人は自分達がホステルへ到着した時点でオークションにかけられていることなど知るはずもなかった。 ネクロマンティック【HDリマスター版】予告編 【あらすじ】死体清掃会社で働くロベルト(ダクタリ・ロレンツ)。 誰もが嫌がるその仕事だが、彼にとっては趣味と実益を兼ねた物だった。 そう、彼はネクロフィリア 死体愛好 で、仕事を通して手に入れた死体の一部を保存・鑑賞する事を、最大の至福としていた。 そして同嗜好の趣味を持つガールフレンドのベティ(ベアトリス・M)と共に、そのコレクションを楽しんでいたのだった。 そんなある日、彼は仕事で、事故死でありながら、全身が綺麗に揃った死体に出会う。 そして、密かにその死体を自宅に持ち帰ってしまう。 その見事なまでの死体を目にし、興奮しながら喜ぶベティは、スチールパイプを死体の股間部分に突き立て、そのままベッドでロベルトも交えて、禁断の行為に耽るのだった…。 【あらすじ】第二次世界大戦末期、地獄の最前線。 ソ連軍の偵察部隊が目撃した想像を絶する悪夢! 1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。 ソ連の偵察部隊がある任務を帯び、ドイツの占領地域に足を踏み入れた。 やがて古い教会を見つけた部隊は、そこで何者かによる大虐殺が行われた形跡を目撃する。 さらにその建物の地下には迷路のような通路が張り巡らされ、広大な研究室が隠されていた。 その研究室こそ、フランケンシュタイン博士の末裔が、死体と機械を合成し、不死身の改造人間を製造している大量破壊兵器工場だった…。 C 2013 MPI MEDIA GROUP 【あらすじ】子離れできないライオネルの母親であるヴェラは、2人の後を追跡して動物園へ向かうが、事故により檻の中のラット・モンキーに噛まれてしまう。 ヴェラはそれ以来体調を崩し、ライオネルの献身的な介抱も虚しく、容態は目に見えて悪化する一方。 腐って落ちた皮膚を元に戻そうと努力してはみるものの、気づいたときにはゾンビとなっていた。 仕方なくヴェラを地下室に閉じ込めるが、看護婦や神父など関わった者達も次々にゾンビと化していく。 ライオネルは仕方なく地下室にゾンビたちを隔離して生活させていたが、ゾンビ同士の交配でベビーゾンビまでもが生まれる始末。 一方、ゾンビの存在を知らない狡猾な叔父のレスがヴェラの遺産と家を奪い取って盛大なパーティを開いてしまった。 饗宴の最中に地下室に閉じ込められていたゾンビたちが解き放たれ、血みどろの終幕へと加速する。 【あらすじ】1939年8月、一人の赤ん坊が食肉処理工場の血まみれの床で生まれた。 その子は生まれながらの奇形児で、生肉の包装紙に包まれ、すぐにゴミ箱に捨てられた。 たまたまゴミを漁っていた女に拾われた赤ん坊はトーマスと名付けられ、女の家族ヒューイット家で育てられる。 トーマスは6歳のとき、自傷性の変性顔面異常症と診断されるが、その頃から動物を殺して解体するなど異常性が際立っていた。 やがて9歳から食肉処理工場で働き始めた彼は、30歳のとき食肉処理工場が閉鎖されたショックから工場長をハンマーで殴り殺してしまう。 住む土地に異常な執着を持つヒューイット家は、逮捕に来た地元の保安官を殺害し、その人肉を食卓に並べた。 かくしてヒューイット一家の殺戮が始まった。 ある男女4人が交通事故に合い、内3名が保安官の格好をしたホイト・ヒューイットのパトカーに拘束されヒューイット家の自宅に連れて行かれてしまう。 そこには冷酷な殺人鬼と変貌しつつあるレザーフェイス(トーマス)が待ち構えていた。

次の

【閲覧注意】グロ映画/グロ過ぎるホラー映画 14選【スプラッター映画】

いぐろいらすと

クリスマス・イヴの日、産婦人科からサラは一人で自宅に戻る。 その夜、黒ずくめの女(ベアトリス・ダル)が電話を貸してほしいと訪ねてきた…。 日本劇場公開版とレンタルDVD版では、クライマックスのあるシーンが、黒いぼかしで修正されている。 これは映倫からオリジナル版が審査を拒否されたため、日本の配給サイドで自主的に修正を加えたものである(映倫を通していない映画は殆どの映画館で上映を拒否されるため)。 なお、無修正の映像はアンレイテッド(未審査)のセル版DVDのみで鑑賞が可能となっている。 フルチ作品の中でも頂点を極めたゴア(グロ)描写が未だ語り草となっている問題作。 1980年のイタリア映画。 アメリカでの公開タイトルは『THE GATES OF HELL』。 日本では劇場未公開、ビデオ・DVD発売。 フルチが『サンゲリア』に続いて発表したゾンビ映画第2弾。 脳が飛び散り、口から内臓が噴き出し、頭をドリルが貫通し、ウジの大群が降り注ぎと、フルチの作品の中でも過激な残酷描写で有名である。 【ストーリー】ミロシュは元ポルノ男優のスター。 現役の頃は幾多の女優をイカせ続けたが、今は引退し、美人妻と幼い息子を愛する平凡な家庭人になっていた。 そんな彼の元に、昔なじみの女優から俳優の仕事の誘いが入る。 外国市場向けの大掛かりなポルノ映画であり、かなりのギャラがもらえるという話に興味を持ったミロシュは、ある大豪邸に招かれる。 そこで謎の男・ヴィクミルは、彼を絶賛しながら、こんな話を始める。 「私には大金持ち顧客がいて、彼らの嗜好を満たす芸術的なポルノ映画を撮りたい。 そのためには貴方の出演が絶対なのだ! 」 彼は高額な報酬に釣られ契約書にサインしてしまう。 これが、悪夢と狂気な世界への入り口であった・・・。 『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』(Imprint)は、世界のホラー映画監督13人を集めて作られた『マスターズ・オブ・ホラー』シリーズの中のひとつで、米ケーブルテレビ(SHOWTIME)用に製作された映画。 2006年。 三池のアメリカ資本での映画制作デビュー作でもある。 放送コードが緩いケーブルテレビにもかかわらず、本作品だけはその内容、特に奇形シーンや拷問シーンがあまりにも残虐なため、アメリカでは放送中止になった。 また、日本でも映画倫理委員会から、審査規格外(審査適応区分外)扱いとなり、ほとんどの映画館から一般上映を拒否されたので、劇場版としては「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」以外は、シアターイメージフォーラム(渋谷)のみでレイトショーという形を取って上映された。 自主規制によりR-18指定となっている。 『マーターズ』(原題: Martyrs)は、2008に公開されたフランスとカナダのスプラッター映画。 『ハイテンション』『屋敷女』とエクストリームな残酷映画を次々と生み出すフランスから、ホラーの概念を覆す超問題作が誕生。 肉体と精神の両面を痛めつけ、映像表現の限界を打ち破る極限の流血表現と、今まで味わったことのない新感覚ショック演出で全世界的が激震。 【あらすじ】1970年初頭のフランス。 少女リュシーが、傷だらけの衰弱しきった姿で路上を彷徨っているところを発見される。 何者かの手で廃墟に監禁され、長時間拷問と虐待を受けた彼女は激しいショック状態にあり、自力で脱出したこと以外は一切、事件の詳細を語ろうとしない。 リュシーに性虐待の痕跡はなく、犯人の正体も動機も不明。 一体、誰が? なぜ惨い仕打ちを・・・? 施設に収容されたリュシーは、同じ年頃の少女アンナの献身的な介護で、平穏な日常を取り戻してゆく。 だが、リュシーは気づいていた。 夜の闇に身を潜め、自分をつけ狙う、おぞましい者が存在することを。 15年後のある朝、ごく普通の家庭の玄関で呼び鈴が響く。 そこには猟銃を構えたリュシーが立っていた。 忘れもしない虐待者たちの面影。 復讐の銃弾を浴び、朝食を楽しんでいた家族は一瞬で血の海に沈んだ。 しかし、リュシーは背後に異様な気配を感じ取った。 屋敷のなかで、今再び想像を絶する地獄への扉が開かれようとしていた。 『ムカデ人間2』(むかでにんげん2、原題: The Human Centipede II Full Sequence )は、2011年に公開されたトム・シックス監督作のホラー映画。 前作『ムカデ人間』の直接的な続編ではなく、前作の映画を鑑賞した主人公が、映画の内容を自分で実行するという狂気へと呑まれるというストーリー。 ほぼ全編モノクロで制作されているが、「ムカデ人間 完全連結 ブルーレイBOX」には、カラー版が収録されている。 として全世界を絶句させ、大ヒットした超問題作『ムカデ人間』。 その待望の続編『ムカデ人間2』は、倫理も、良識も前作以上に一切ナシ。 イギリス、オーストラリアなど世界各国で、審査拒否、上映禁止の処分を受けている、正真正銘のだ。 『ホステル2』(原題:HOSTEL PART II)は、2007年に公開されたアメリカ映画。 純粋に娯楽として拷問と殺人を楽しむための金持ち達のクラブを舞台にしたサスペンス・ホラー映画。 大ヒットした前作『ホステル』の製作チームが再集結して作り上げた、戦慄のホラームービー第2弾。 アメリカ人女子大生3人が標的となり、むごい拷問にかけられるさまを徹底的に見せる。 【あらすじ】ローマに留学しているアメリカ人女子大生ベス、ホイットニー、ローナの3人は旅行を計画しプラハへ向かう。 しかし、行きの列車の中で天然のスパの情報を聞きスロバキアへ行くことにする。 街のホステルに到着した3人はその日の夜、収穫祭に参加したもののローナが男性に誘われボートに乗り込んでしまう。 翌朝になってもローナは帰ってこない。 3人は自分達がホステルへ到着した時点でオークションにかけられていることなど知るはずもなかった。 ネクロマンティック【HDリマスター版】予告編 【あらすじ】死体清掃会社で働くロベルト(ダクタリ・ロレンツ)。 誰もが嫌がるその仕事だが、彼にとっては趣味と実益を兼ねた物だった。 そう、彼はネクロフィリア 死体愛好 で、仕事を通して手に入れた死体の一部を保存・鑑賞する事を、最大の至福としていた。 そして同嗜好の趣味を持つガールフレンドのベティ(ベアトリス・M)と共に、そのコレクションを楽しんでいたのだった。 そんなある日、彼は仕事で、事故死でありながら、全身が綺麗に揃った死体に出会う。 そして、密かにその死体を自宅に持ち帰ってしまう。 その見事なまでの死体を目にし、興奮しながら喜ぶベティは、スチールパイプを死体の股間部分に突き立て、そのままベッドでロベルトも交えて、禁断の行為に耽るのだった…。 【あらすじ】第二次世界大戦末期、地獄の最前線。 ソ連軍の偵察部隊が目撃した想像を絶する悪夢! 1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。 ソ連の偵察部隊がある任務を帯び、ドイツの占領地域に足を踏み入れた。 やがて古い教会を見つけた部隊は、そこで何者かによる大虐殺が行われた形跡を目撃する。 さらにその建物の地下には迷路のような通路が張り巡らされ、広大な研究室が隠されていた。 その研究室こそ、フランケンシュタイン博士の末裔が、死体と機械を合成し、不死身の改造人間を製造している大量破壊兵器工場だった…。 C 2013 MPI MEDIA GROUP 【あらすじ】子離れできないライオネルの母親であるヴェラは、2人の後を追跡して動物園へ向かうが、事故により檻の中のラット・モンキーに噛まれてしまう。 ヴェラはそれ以来体調を崩し、ライオネルの献身的な介抱も虚しく、容態は目に見えて悪化する一方。 腐って落ちた皮膚を元に戻そうと努力してはみるものの、気づいたときにはゾンビとなっていた。 仕方なくヴェラを地下室に閉じ込めるが、看護婦や神父など関わった者達も次々にゾンビと化していく。 ライオネルは仕方なく地下室にゾンビたちを隔離して生活させていたが、ゾンビ同士の交配でベビーゾンビまでもが生まれる始末。 一方、ゾンビの存在を知らない狡猾な叔父のレスがヴェラの遺産と家を奪い取って盛大なパーティを開いてしまった。 饗宴の最中に地下室に閉じ込められていたゾンビたちが解き放たれ、血みどろの終幕へと加速する。 【あらすじ】1939年8月、一人の赤ん坊が食肉処理工場の血まみれの床で生まれた。 その子は生まれながらの奇形児で、生肉の包装紙に包まれ、すぐにゴミ箱に捨てられた。 たまたまゴミを漁っていた女に拾われた赤ん坊はトーマスと名付けられ、女の家族ヒューイット家で育てられる。 トーマスは6歳のとき、自傷性の変性顔面異常症と診断されるが、その頃から動物を殺して解体するなど異常性が際立っていた。 やがて9歳から食肉処理工場で働き始めた彼は、30歳のとき食肉処理工場が閉鎖されたショックから工場長をハンマーで殴り殺してしまう。 住む土地に異常な執着を持つヒューイット家は、逮捕に来た地元の保安官を殺害し、その人肉を食卓に並べた。 かくしてヒューイット一家の殺戮が始まった。 ある男女4人が交通事故に合い、内3名が保安官の格好をしたホイト・ヒューイットのパトカーに拘束されヒューイット家の自宅に連れて行かれてしまう。 そこには冷酷な殺人鬼と変貌しつつあるレザーフェイス(トーマス)が待ち構えていた。

次の