巨大 ラプラス 育成 論。 【ポケモン剣盾】ラプラスの育成論と対策

【ポケモン剣盾】キョダイマックスラプラスの入手方法と種族値【ソードシールド】|ゲームエイト

巨大 ラプラス 育成 論

ページ:• 投稿者:??? コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:USBロム• コメント 16 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:あんこー• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:ありま• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:メタイオン• コメント 66 みんなの評価 :• 投稿者:shino• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:キリト• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:イーロ• コメント 13 みんなの評価 :.

次の

【必見育成論!】最強ラプラスの作り方!

巨大 ラプラス 育成 論

の解説はこちらです。 基本データ No. 5m 重さ 220. こおりタイプにより無効• 守る身代わりを貫通するほろびのうた• くらいなら何発か受かる耐久 以上の点からを流すことができる。 麻痺を入れられようと、ムラっけで回避率を上げられようとあまり関係ないのも魅力的。 に強い 面倒なに対して、Z技を使うことで何もさせずに一撃で処理できる。 が逃げた際にも、水+の優秀な技範囲によって後続のに大きな負荷をかけられる。 対ペリラグ性能 でペリラグに一方的に4倍弱点をつける。 対バトンパ と同じように、滅びの歌で流せる。 せっかく使ったZも水の泡になる。 対耐久 ラッキーやを、連打により圧力をかけることが可能。 身代わりを貼ってくるやに対しても広い技範囲で身代わりを残すことを許さず、起点にされない。 そこそこのタイマン性能 上に挙げた相手以外にも優秀な技範囲と高めの耐久により腐りにくい。 水技+を両方半減以下にできるのは 、 、 、の4体のみである。 運用方法 対 相手のパーティにがいたら2番目以降に選出。 他のでの取り巻き達と適当に戦って、が出てきたらを後出しする。 そして滅びの歌で流す。 取り巻きを2体とも倒したらラス1になったに滅びの歌を打って終了である。 取り巻きに削られないようにのHPは守りきる必要がある。 対 相手のパーティにがいたら先発で出す。 水Zでを倒したら2体目にもできるだけ負荷をかけて仕事終了。 が逃げていったら、引き先がZ技を受けるので有利に戦える。 対ペリラグ 雨パにはいつ出しても活躍する。 ただし、ちょすいでない場合は先発か死に出しが無難だ。 ぺリラグと対面したらが安定する。 その他草枠と対面したら逃げる。 採用の場合でもペリラグへの役割が残っているうちは大切にした方が良い。 コケコその他電気枠と対面した場合も逃げるべき。 後ろに地面タイプか電気無効特性持ちがいると心強い。 対バトンパ 対策の時と同じように2番目以降に選出する。 やフワライドなどのバトン要員が出てきたら後出しして滅びの歌を打つ。 滅びの歌はバトンタッチで引き継がれるのでこれで終了。 対リサイクル、、ピクシー 対策の時と同じく2番目以降に選出。 これらのが出てきたら後出しして滅びの歌で流すか、零度がある場合は零度連打。 対受けループ 受けループの場合は先発に出して零度を連打し崩しにいく。 やなどには、には水Z、2vs1になったら滅びの歌など。 技構成 確定技 ほろびのうた 対。 この型のコンセプトなので確定。 こちらもこの型のコンセプトなので確定。 命中不安のでは毒or宿り木+身代わりを使ってくる、、の起点にされる恐れがある。 Z技化でD特化 100. 4~118. Z技化で無振りカプコケコ 105. 5~124. Z技化で無振り 94. 1~111. Z技化で無振りメガ前* 110. 3~131. Z技化でH振り 86. 8~102. 1~113. H振り 30. 8~36. H振り 26. 9~32. 無振り 100. 5~120. 無振り 127. 0~150. 無振り 85. 1~101. H振りカプレ 45. 1~54. H振り 45. 8~54. 霊獣 75. 3~90. 無振りメガ 47. 0~56. H振りチョッキ 81. 6~97. と選択になる。 無振り 11. 3~13. 無振り 24. 3~29. 無振り霊獣 35. 0~42. H振り霊獣 威嚇込み 32. 6~38. どうしようもない時の最後の賭けとしても使用可能。 には相手を拘束する追加効果があります。 調整 特性はシェルアーマー、持ち物は水Zで確定。 ステータスだが、を一撃で落とす火力を確保。 Zでを落とすにはCに補正有り+228振りが必要である。 耐久面は砂ダメや毒ダメを考慮してHPを16n-1調整。 D振りは意識。 素早さについて 実数値 控えめで31【80】 最速 S-2 【72】 冷静で28or29【71】 無振り50属 アローラ 【70】 冷静で24or25【69】 無振り 【67】 実数値71でS2段階ダウン抜かれ調整と無振り50属抜き。 実数値69でトリル下無振り50属抜き。 に抜かれるメリットは、滅びの歌で倒れる順番があちらが先になることだ。 ラス1でゴーリのSがたまたま2段階下がっていた時にはこの調整が勝敗を分ける。 被ダメ 物理方面• 砂ダメ+A特化の 78. 4~92. 砂ダメ+A特化のZ 83. 4~98. 2+5. A特化のじしん 51. 1~60. 霊獣 A特化霊獣のじしん 55. 1~65. メガA振りメガの 41. 7~49. の 17. 9~21. 霊獣 C特化霊獣の10万ボルト 75. 3~88. C振りのZ流星群 66. 3~78. カプ・コケコC振りカプコケコのフィールド下10万ボルト 75. 3~89. C特化カプレの 29. 5~34. 耐性こそ微妙だがタイマン性能に優れる。 技構成 確定技 より威力は低いが、水タイプに有利な攻撃。 H4:168(91. H252:150(74. H4:(44. H188:99(56. H252水、草:69(43. H252:75(38. 1%)〜90(45. H252火:84 53. H252:129(69. H4(ひでりX):84(54. H4:117(72. H4:135(72. 耐久や倒せないを強制的に突破できる。 がんじょうには効かない。 被ダメ 物理耐久• 8%)〜118(49. A252の: 96 40. A252のおんがえし:118(49. 上記の:56(23. これにより、、等の水、耐久型、小さくなる持ちに役割を持てる。 チョッキ型と比較すると、物理相手で2度耐えられる相手が多くなり、補助技を扱えるようになる。 特性 水タイプ、特にを意識して貯水で確定。 ダメージを無効化するだけではなく、滝登りで怯まない、熱湯で火傷しないといった利点もある。 シェルアーマーはドラゴンに対する安定性が高まるが、を意識する場合は候補外。 オボンの効率が良い4n• 特化ガブの逆鱗2耐え、意地っ張り・陽気メガの龍舞高確率2耐え• メガ、意識の全振り H振り確1• 臆病の眼鏡流星確定耐え、無振りFCの10万V2耐え• 4振り抜き抜き 技構成 威力は高くないものの、水相手に抜群となる氷技。 H4メガ ダメージ: 80~96 割合: 46. H228D12 ダメージ: 116~140 割合: 56. 20%• H252 ダメージ: 220~264 割合: 106. H252 ダメージ: 90~108 割合: 43. H252 ダメージ: 158~188 割合: 92. 無振り ダメージ: 232~276 割合: 126. 無振り ダメージ: 67~79 割合: 43. 耐久型にとっては脅威となる技。 ほろびのうた 守る、身代わり貫通の必中で、耐久型やちいさくなる害悪型に打つ技。 しかし撃った後の立ち回りが難しく、そう気楽に撃てる技ではない。 ほえる 滅びより低リスクで身代わりや小さくなる持ちを流せ、起点回避に役立つ。 ラス1には効かないため、小さくなる持ちへの対策としては不十分。 炎、鋼相手を意識する場合は欲しい技。 無振りアロー ダメージ: 170~204 割合: 111. 無振り ダメージ: 74~90 割合: 42. 無振りリザX ダメージ: 73~87 割合: 47. H252シールド ダメージ: 45~54 割合: 26. H252ブレード ダメージ: 109~129 割合: 65. H252 ダメージ: 82~97 割合: 49. 無振り ダメージ: 90~108 割合: 51. 同条件噛み砕く ダメージ: 115~136 割合: 54. 同条件噛み砕く ダメージ: 127~150 割合: 59. 補正無しの逆鱗 ダメージ: 102~120 割合: 48. 補正有りの逆鱗 ダメージ: 111~132 割合: 52. 補正無しの ダメージ: 93~109 割合: 43. 補正有りの ダメージ: 100~118 割合: 47. 補正無しの珠叩き落とす持ち物有り ダメージ: 135~161 割合: 63. 力持ちの馬鹿力 ダメージ: 166~196 割合: 78. 補正無し眼鏡の龍星群 ダメージ: 172~204 割合: 81. 補正有り眼鏡の龍星群 ダメージ: 184~217 割合: 86. 無振りFCの10万V ダメージ: 110~132 割合: 51. 補正有りスキンの ダメージ: 102~120 割合: 48. 補正無しA252振りの聖剣 ダメージ: 112~134 割合: 52. お読みいただきありがとうございました。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】ラプラスの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

巨大 ラプラス 育成 論

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 水ポケモン相手にみがわりを貼るだけ ヌオーやドヒドイデ相手にみがわりを貼り、攻撃していくだけで受け回しパーティに勝利できる型。 相手がねっとうしか攻撃技を持っていない場合、ちょすいのお陰でみがわりが割られず、どくどくなども受けないので完封できる。 努力値はBCをベースに調整 努力値配分は低めの火力を補うためのC252を推奨。 また、特殊アタッカーとは無理に撃ち合いしないことが多いため、Bに振って物理に強くするのがおすすめ。 必要に応じてHやD、Sに振り分けよう。 A個体値は0が理想 みがわりがタイプ一致のイカサマを耐えるために、Aの個体値は0が理想。 A0の場合はBに20振れば耐えられるのに対し、A31の場合はBに156も振る必要が出てくる。 10まんボルトの理由 10まんボルトは、ダイマックス後に フリーズドライで弱点を突けなくなった水相手に使う目的で採用している。 アーマーガアにも効果抜群となるので刺さる場面は多い。 ダイマックス前提の採用なら威力の高いかみなりもおすすめだ。 うたかたのアリア持ちの入手方法 うたかたのアリアはラプラスのタマゴ技だが、他に覚えるポケモンが一切存在しない。 レイドやオーラ付きを捕獲し、覚えていることを祈るしか自力での入手方法が無い。 非常に手間なので、持っている人から交換して貰うのがおすすめだ。 4倍弱点でも無い限りラプラスの攻撃は1回耐えられるので、5割以上のダメージを与える技2回で倒しきろう。 水タイプはフリーズドライに注意 現環境のラプラスは間違いなくフリーズドライを覚えている。 水タイプポケモンは弱点を突かれるので注意が必要だ。 特にヌオーやトリトドン、ギャラドスなどは4倍弱点となってしまう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 攻略データベース.

次の