混一色。 混全帯么九(チャンタ)とは? 面子と雀頭のすべてに数牌の1、9と字牌が含まれていると成立する2翻役

混全帯么九(チャンタ)とは? 面子と雀頭のすべてに数牌の1、9と字牌が含まれていると成立する2翻役

混一色

こちらも頻繁に登場した役です、俗に「染める」と呼ばれるものですね。 弱点も多いのがホンイツなどの染め手の特徴ですね。 まず捨牌が片寄るために、相手に読まれやすいですね。 それから終盤になって、自分が集めている種類以外の牌を引いてきても、自分には使い道がないので、どんなに危険でもあがるために捨てないといけないわけです。 柔軟性に欠ける役といえるかもしれません。 ポン チーしないで、メンゼンでのホンイツは「メンホン」「タテホン」と呼ばれています。 逆にポン・チーしてのホンイツは「バカホン」などと呼ばれます。 ポン・チーしてのバカホンは、役牌(ファンパイ)などが絡まないと単独では意外に点数低いものです。 漢字で書けば「混一色」なので、「字牌が混じって数牌が一種類」という意味ですね。 メンゼンで6ハン、ポン・チーしても5ハンと高得点なんですが…。 以下の待ち牌は何かわかりますか? (何待ちか?) ちょっとややこしいな。 ゆっくりと考えさせてくれたら、わかるんだけどな… この場合の当たり牌は8種類 私ならあたり牌を算出するのに1秒もかかりません。 などのネット麻雀では絶対に時間制限があります。 リアル麻雀でも目の前に人がいるので焦るのは間違いないです。 変な牌を切ったり、狭く受けてしまったりと失敗も多いですね。 特に自分のすべての当たり牌を把握しておかないと「」がらみの失敗もあるので注意してください。 あがれると思ったのに、実は自分ですでにあたり牌を捨ててしまっていたケースとかですね。 ネット麻雀ではロンできるボタンが押せないので大丈夫ですが、リアル麻雀ですとあがれもしない牌で「ロン」と言ってしまってせっかくの高得点チャンスに逆に反則金を支払うことになったとかメンチンがらみの失敗談も多いです。 とはいえ、上級者になってもこのメンチンは苦手だって人は多いので練習あるのみだと思います。 ソーズ一種類のみでやる「」というフラッシュソフトがネットで簡単にプレーできるので練習したい人はやってみてください。 それから人間の場合は「ブレーキが効かない」のもチンイツの弱点かもしれません。 ブレーキが効かないってのはなんだ? 非常に難易度の高い高得点の役ですので魅力的です。 テンパイの1つ手前、テンパイになってしまったら「どうしてもあがりたい!」みたいな衝動にかられて、突っ走ってしまいがちです。 結果、危険な牌だとわかっても捨ててしまいロンされるということになります。 確かに高得点なのでリスクを冒す価値のある役ではありますが、時に思いとどまってチンイツの手を崩してでも相手の危険牌を止める勇気も必要だと覚えておいてください。 字一色(ツーイーソー) ・字牌のみで完成させる ・ポン 明カンをしてもOK 漢字で書くとが「字一色」なので、イメージわきますよね。 このような形です。 ポンせずに作るとなるとちょっと難しいかもしれません…。 大三元なんかと複合も可能なのかよ?「大三元 字一色」でダブル役満にはならないのか? ええ、なりますよ。 なかなか難しいですが「大三元 字一色」は不可能ではありません。 大四喜(ダイスーシー)や小四喜(ショウスーシー)とも複合は可能といえば可能になります。 緑一色(リュウイーソー) ・ソーズの23468+字牌の「發」だけで完成させる ・ポン チーしてもOK ・「發」なしの緑一色はルールによって扱いが違う ソーズだけの非常に特殊な役満です。 うまくできてるもんだな。 は、よく見たら赤いのが混じってるし。 こういう形です。 この場合 の3種類が当たり牌なんですよね。 なら緑一色の役満。 ならホンイツってことか。 そうです。 そうです。 の部分だけ順子が使えるので、ここを上手く使ってみてください。 注意点としては「發」なしでも緑一色は完成させることができます。 ただしまれに「發ナシ緑一色」を認めないルールもあります。 リュウイーソーは發が入ってこそ成立するという考え方ですね。 最近は少なくなりましたが、まれにあるので注意してください。 またそのまったく逆として「發ナシ緑一色」をダブル役満として採用している場合もあります。 難易度としては發なしリュウイーソーのほうが、發ありより難しいのでダブル役満として採用してる場所もあります。 こちらもややマイナーなルールで一般的とまではいきません。 そういった特殊ルールを考慮しないで考えると「發なし發あり両方OKで、どちらも普通の役満」というのがスタンダードな感じです。 使える牌の種類が字一色が7種類で、緑一色が6種類か。 そろった形は美しくファンも多い役満ですね。

次の

混全帯么九(チャンタ)とは? 面子と雀頭のすべてに数牌の1、9と字牌が含まれていると成立する2翻役

混一色

こちらも頻繁に登場した役です、俗に「染める」と呼ばれるものですね。 弱点も多いのがホンイツなどの染め手の特徴ですね。 まず捨牌が片寄るために、相手に読まれやすいですね。 それから終盤になって、自分が集めている種類以外の牌を引いてきても、自分には使い道がないので、どんなに危険でもあがるために捨てないといけないわけです。 柔軟性に欠ける役といえるかもしれません。 ポン チーしないで、メンゼンでのホンイツは「メンホン」「タテホン」と呼ばれています。 逆にポン・チーしてのホンイツは「バカホン」などと呼ばれます。 ポン・チーしてのバカホンは、役牌(ファンパイ)などが絡まないと単独では意外に点数低いものです。 漢字で書けば「混一色」なので、「字牌が混じって数牌が一種類」という意味ですね。 メンゼンで6ハン、ポン・チーしても5ハンと高得点なんですが…。 以下の待ち牌は何かわかりますか? (何待ちか?) ちょっとややこしいな。 ゆっくりと考えさせてくれたら、わかるんだけどな… この場合の当たり牌は8種類 私ならあたり牌を算出するのに1秒もかかりません。 などのネット麻雀では絶対に時間制限があります。 リアル麻雀でも目の前に人がいるので焦るのは間違いないです。 変な牌を切ったり、狭く受けてしまったりと失敗も多いですね。 特に自分のすべての当たり牌を把握しておかないと「」がらみの失敗もあるので注意してください。 あがれると思ったのに、実は自分ですでにあたり牌を捨ててしまっていたケースとかですね。 ネット麻雀ではロンできるボタンが押せないので大丈夫ですが、リアル麻雀ですとあがれもしない牌で「ロン」と言ってしまってせっかくの高得点チャンスに逆に反則金を支払うことになったとかメンチンがらみの失敗談も多いです。 とはいえ、上級者になってもこのメンチンは苦手だって人は多いので練習あるのみだと思います。 ソーズ一種類のみでやる「」というフラッシュソフトがネットで簡単にプレーできるので練習したい人はやってみてください。 それから人間の場合は「ブレーキが効かない」のもチンイツの弱点かもしれません。 ブレーキが効かないってのはなんだ? 非常に難易度の高い高得点の役ですので魅力的です。 テンパイの1つ手前、テンパイになってしまったら「どうしてもあがりたい!」みたいな衝動にかられて、突っ走ってしまいがちです。 結果、危険な牌だとわかっても捨ててしまいロンされるということになります。 確かに高得点なのでリスクを冒す価値のある役ではありますが、時に思いとどまってチンイツの手を崩してでも相手の危険牌を止める勇気も必要だと覚えておいてください。 字一色(ツーイーソー) ・字牌のみで完成させる ・ポン 明カンをしてもOK 漢字で書くとが「字一色」なので、イメージわきますよね。 このような形です。 ポンせずに作るとなるとちょっと難しいかもしれません…。 大三元なんかと複合も可能なのかよ?「大三元 字一色」でダブル役満にはならないのか? ええ、なりますよ。 なかなか難しいですが「大三元 字一色」は不可能ではありません。 大四喜(ダイスーシー)や小四喜(ショウスーシー)とも複合は可能といえば可能になります。 緑一色(リュウイーソー) ・ソーズの23468+字牌の「發」だけで完成させる ・ポン チーしてもOK ・「發」なしの緑一色はルールによって扱いが違う ソーズだけの非常に特殊な役満です。 うまくできてるもんだな。 は、よく見たら赤いのが混じってるし。 こういう形です。 この場合 の3種類が当たり牌なんですよね。 なら緑一色の役満。 ならホンイツってことか。 そうです。 そうです。 の部分だけ順子が使えるので、ここを上手く使ってみてください。 注意点としては「發」なしでも緑一色は完成させることができます。 ただしまれに「發ナシ緑一色」を認めないルールもあります。 リュウイーソーは發が入ってこそ成立するという考え方ですね。 最近は少なくなりましたが、まれにあるので注意してください。 またそのまったく逆として「發ナシ緑一色」をダブル役満として採用している場合もあります。 難易度としては發なしリュウイーソーのほうが、發ありより難しいのでダブル役満として採用してる場所もあります。 こちらもややマイナーなルールで一般的とまではいきません。 そういった特殊ルールを考慮しないで考えると「發なし發あり両方OKで、どちらも普通の役満」というのがスタンダードな感じです。 使える牌の種類が字一色が7種類で、緑一色が6種類か。 そろった形は美しくファンも多い役満ですね。

次の

混一色(ホンイツ) [ 3翻 喰下2翻 ] 麻雀役3分講座!

混一色

概要 萬子、筒子、索子のどれか1種類と字牌のみを使って和了すると成立。 但し副露している場合食い下がって2翻となる。 3翻役ではあるが下手な1翻、2翻役よりも出現頻度は多く、間違いなく3翻役の中では最も出やすい役で、だと萬子の中張牌が抜かれているため 更に頻度が多くなる。 また、 萬子においては使用する牌が1・9のみのため、 必ずが複合する。 配牌の時点でどれだけ数牌が一種類になっているか、というのが成否の鍵であり他の種類の数牌は一切使えない為 捨て牌にそれらがボロボロ捨てられる事となる。 字牌が少なければ上位役であるへと移行することが多いだろう。 前述の通り、1種類を除く数牌が河にどんどん捨てられることになるため、中盤以降、下手すると序盤でさえ他のプレイヤーにばれやすい役で、また赤牌ありだと役の特性上 1種類しか使えない欠点もある。 また、副露した場合、他に役が無いと最悪2翻30符で2,000点となる。 この場合バカホンと呼ばれる。 一方で、やが絡むと容易に満貫以上が見える為、注意が必要。 また、 後付けなしルールでも後付け扱いにならない 役の特性上、数牌1種・字牌のみで構成 ため、 積極的に副露できるのも利点 清一色も同様。 ホンイツと略される事も多い。 昔はホンイチと言われたが今ではあまり言わない。 また、門前で完成した混一色はメンホンと呼ばれることが多い。 この場合 3翻40符確定 子5,200、親7,700 であり、をかければ満貫が確定する。 では6点役で、前述の出現頻度の多さから比較的妥当な配点だが、リーチ麻雀と違い、前述のバ力ホンで和了できる程の配点ではないため、和了するには 役牌 2点役 等との複合で8点以上にする必要あり。 余談だが、メインイラストの様に、の状態で「ホンイツ」宣言するパロディイラストが時々、掲載されている。 詳細はの項を参照。 関連イラスト pixivision• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 13:55:06• 2020-07-17 13:48:43• 2020-07-17 13:48:21• 2020-07-17 13:48:04• 2020-07-17 13:46:29 新しく作成された記事• 2020-07-17 13:48:50• 2020-07-17 13:08:47• 2020-07-17 13:01:24• 2020-07-17 12:57:52• 2020-07-17 12:46:33•

次の