三井住友visaデビュープラス。 三井住友カード デビュープラスの申込前に必読!(2020年最新)クレジットカード情報ポータルBENRISTA

三井住友カード デビュープラス 25歳過ぎたら?26歳で自動更新される?

三井住友visaデビュープラス

25歳まで持てるから、厳密には学生カードとは言えないかな。 どっちかというと新社会人向けの若者向けカードだね 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット 三井住友VISAデビュープラスカードは、若者にしか持てないターゲットがかなり絞られたクレジットカードです。 デビュープラスカードにはどのようなデメリットがあるのか、順番に確認していきましょう。 18歳~25歳しか持てない 先にも述べているように、三井住友VISAデビュープラスカードは 18歳から25歳までの限られた年齢層しか持てないという条件があります。 年齢から考えると、学生か社会人になって間もない年齢層しか持てないことになります。 三井住友VISAブランドが欲しい、新社会人向けにぴったりです。 そのため、世の中のほとんどの人が条件にあてはまらないことになるうえに、この年齢層の人であっても25歳を過ぎたら所持できないという限定されたカードを敬遠する人も少なくないでしょう。 しかし、逆に言うとこの年齢層のカードをわざわざ作っているということから、 三井住友カードが若年層の顧客を獲得したいという意図が見えます。 そのため、多少収入が少なくてもこの年齢層であれば審査に通る可能性があるとも考えられるのです。 年会費は1,250円必要 三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度の年会費は無料ですが次年度以降は年会費が1,250円かかります。 学生や収入が少ない新社会人には、少しの年会費でも負担に感じるのではないでしょうか。 そうそう! 関連記事: また、プライムゴールドカードをずっと所有していると、30歳になった最初のカード更新時にゴールドカードに切り替わります。 ゴールドカードは誰でも持てるカードではないため、デビュープラスからのルートであれば比較的ゴールドカードを所持しやすい環境を作ることができるというメリットがあります。 国際ブランドはVISAのみ クレジットカードに付帯する国際ブランドは、三井住友VISAクラシックカードなど、ほとんどのカードではVISAとMasterの両方のブランドを発行することが可能です。 しかし、デビュープラスカードではVISAブランドしか選択することができません。 クレジットカードにVISAブランドしかつかないというのは、不便ではないかと考えるかもしれません。 しかし、世界ではVISAブランドが圧倒的なシェアを誇り、 国内でもほとんどのお店で使うことができるため、VISAブランドしかつかないことに大きなデメリットを感じることはほぼないでしょう。 あんまり想像できないかも 旅行保険はない クレジットカードにはたいてい付帯している 旅行傷害保険が、三井住友VISAデビュープラスカードにはついていません。 特に海外旅行などによく行く若者にとっては、旅行保険がないというのは不安に感じることでしょう。 しかし逆に考えると、旅行にはめったに行かないという若者にとっては旅行保険の有無は重要ではないでしょう。 また、本格的に海外旅行に行くというのであれば、かなりしっかりとした保険が付帯した別のカードで代用することをおすすめします。 反対に三井住友VISAデビュープラスのメリットは 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットを順番に紹介してきましたが、もちろんデビュープラスカードにはメリットもあります。 どのようなメリットがあるのか確認していきましょう。 ポイント還元率は常に2倍!入会後3ヶ月間は5倍! 三井住友VISAカードには、ワールドプレゼントというポイントプログラムがあります。 三井住友VISAデビュープラスカードでは、 いつでもポイントが2倍になるというメリットがあります。 さらに入会後3ヶ月間は5倍になります。 例えば50,000円のカード利用をした場合、通常なら50ポイントのところ、2倍の100ポイント、入会後3ヶ月間は5倍の250ポイント獲得できます。 これはデビュープラスカード限定のサービスとなっているため、ポイントを効率よく貯めたい人にはおすすめです。 年間利用金額に応じてボーナスポイント 三井住友VISAカードでは、前年度の年間利用金額に応じて3つのランクのステージが設定され、ステージランクに応じたボーナスポイントが加算されます。 ボーナスポイントの詳細は下記の表にまとめました。 前年度の買物累計金額 ステージ ボーナスポイント 300万円以上 V3 50万円到達時 150ポイント 以降10万円ごとに 30ポイント 100万円以上300万円未満 V2 50万円到達時 75ポイント 以降10万円ごとに 15ポイント 50万円以上100万円未満 V1 50万円到達時 50ポイント 以降10万円ごとに 10ポイント このボーナスポイントは、クラシックカードやデビュープラスカードなどの一般カードに適用されますが、ゴールドカードやプラチナカードではさらに高いボーナスポイントが用意されています。 インターネット経由の申し込みで最短3営業日で発行 三井住友VISAカードでは、インターネット経由での申し込みに限り最短3営業日でカード発行されます。 ただし自宅に届くのは最短約1週間となっています。 最短でカード発行するためには、インターネットで手続きをすること、またインターネットで支払い口座の設定をすることが条件となります。 ただし、インターネットで支払い口座の設定ができる銀行は限られていて、対応していない銀行の場合は最短日数での発行はできません。 ETCカードは年会費無料 デビュープラスカードの作成と共にETCカードを作成することもできます。 ETCカードも別途年会費が必要ですが、初年度は無料、さらに年1回でもETC利用の請求があれば、翌年度は無料となります。 契約しているクレジットカードの利用枠内で利用可能です。 年間最高100万円のショッピング保険 三井住友VISAデビュープラスカードには旅行傷害保険はついていませんが、 ショッピング保険は付帯しています。 デビュープラスカードでクレジット決済をして購入した商品の破損や盗難による損害を、購入日および購入日の翌日から90日間補償されます。 ただし、海外での利用および、国内でのリボ払い、分割払い 3回以上 のみ対象となります。 審査基準が若者向け デビュープラスは若者向けカードなので、審査基準も三井住友VISAカードより若者にあったものになっています。 代表的な高ブランドカードの三井住友VISAカードと同じ基準で審査されると、若者は ・収入が少なくて ・勤続年数も短い ため厳しい結果になりやすいですが、デビュープラスではこうした若者の事情に配慮した審査をしてくれます。 審査が不安な若者はデビュープラスを申し込んだ方が良いですね。 銀行系クレジットカードを作るチャンスですので。 関連記事: デビュープラスとクラシックはどっちが良い? 三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリットについて見てきましたが、三井住友VISAクラシックカードと比較してどちらが優れているのか、下記の表でまとめてみました。 デビュープラス 三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカードA 年会費 1,250円 1,250円 1,500円 年会費無料条件 1度でもカード利用する マイペイすリボ登録+カード利用 マイペイすリボ登録+カード利用 旅行傷害保険 なし 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険 ショッピング補償 年間100万円まで 年間100万円まで 年間100万円まで 国際ブランド VISA VISA、Master VISA、Master このカードだけの特典 ポイントが常に2倍 当初3ヶ月は5倍 特になし 特になし デビュープラスカードとクラシックカードを比較すると、大きな違いは旅行傷害保険がついているかどうかという点です。 旅行を頻繁にするので保険は外せないという人には、デビュープラスカードは向いていません。 しかし、旅行傷害保険以外の項目では、年会費無料になる条件やポイントが2倍になるという特典を考えると、クラシックカードよりメリットも多いといえます。 そのため、デビュープラスカードに向いているのは、海外旅行や国内旅行に行く余裕はまだない新入社員や入社後1~2年の社会人でしょう。 旅行に行く代わりにショッピング利用をすればポイントが2倍貯まるため、効率よくポイントを獲得できます。 逆に時間に余裕があって旅行に頻繁に行ったり、卒業旅行として海外旅行を考えている学生には、旅行傷害保険がないデビュープラスカードはあまり向いていないと考えられます。

次の

三井住友カード デビュープラス(学生)|三井住友VISAカード

三井住友visaデビュープラス

クリックできる目次• 三井住友VISAデビュープラスカードの審査に落ちる理由5つ 1. 26歳以上の人 三井住友カードは、カードによって申し込み対象年齢がバラバラです。 そのため勘違いして、26歳以上の人がデビュープラスに申し込んでしまっている場合も。 その場合は当然落とされます。 クレジットヒストリーに傷がある ステータスのようなプラスの側面が重視されない代わりに、マイナスの側面が非常に重要です。 クレジットカードの支払い延滞を始めとした、金融事故を過去に起こした人は要注意です。 クレジットヒストリーは通常、過去5年分を参照します。 金融事故を起こしてしまった人は、最低でも6ヶ月以上間を開けて申し込んだ方が良いでしょう。 収入が不安定 自営業やフリーター、契約社員など、収入が不安定な人も落とされる可能性が高いです。 特にデビュープラスに申し込む人は、まだ20代前半でただでさえ数年後どうなっているかが不明瞭です。 会社員ならまだしもそれ以外の職業の方は、残念ながら数年後の支払能力を不安に思われてしまいます。 とはいえデビュープラスならこの点は他のカードよりも寛容です。 借り入れが多い 多額の債務がある、または複数の債務がある人は要注意です。 これは キャッシングや 消費者金融、 ローンなどすべてを含めてです。 借り入れがある以上、現状に対する返済能力が不足してると見られてしまいます。 借り入れ残高が大きければ大きいほど審査ではマイナスです。 多重申込み 一定期間に複数のカードを申し込んでいる人も、落とされる可能性があります。 カード会社としては、カードを何枚も使われると上限を設けている意味が薄くなるからです。 人によってはどのカードも上限いっぱい使い、口座残高不足になることも...。 安全ラインの目安は 「6ヶ月間に2枚まで」です。 つまり 大学生や専門学生、新社会人などの若い層のためのカードです。 それよりも 「安定した収入を得られそうな職業」かどうかが大事です。 具体的には会社員の評価が高く、個人事業主やフリーター、契約社員などの評価は低いです。 ただし学生の場合は、親の支払い能力を元に判断されるので、自分の収入やバイト内容などを気にする必要はありません。 銀行系だが審査甘めの入門カード 三井住友VISAデビュープラスカードは「銀行系クレジットカード」に分類されます。 銀行系の特徴は、セキュリティやサポートがしっかりしている代わりに、カード発行審査が厳しいことです。 しかしデビュープラスはあくまで 若い層を対象とした「入門カード」です。 そのため銀行系とは言え、易しい審査となっています。 会社への在籍確認は人による 三井住友VISAデビュープラスカードに申し込んだ際の、職場や自宅への在籍確認はあったりなかったりします。 しかしだからといって虚偽の情報を申告しても、個人信用情報機関に登録されているあなたの情報を元にバレてしまいます。 虚偽申告が発覚すると 社内ブラックに登録されてしまい、それ以降カードを発行することはできません。 申告情報には気をつけましょう。 社会人の最高でも80万円となっており、 学生であればほとんどの場合10万円が適用されます。 しかしデビュープラス自体は1枚しか発行できません。 利用限度額を上げるにしても、あなたの年収が急激に上がるか、利用年数を積み重ねなる必要があるので、すぐには厳しいです。 そのため限度額に不安のある人は別のカードも入手して、不足分を補いましょう。 三井住友VISAデビュープラスカードのよくある疑問 銀行口座は三井住友銀行じゃないとだめ? どこの銀行口座でもOKです。 また三井住友銀行を引き落とし先にしたからといって、何か優遇されるということはありません。 即日発行してほしいんだけど... デビュープラスカードだと即日発行できません。 以下で即日発行可能なおすすめカードを紹介しているので、よかったら見てみて下さい。 三井住友銀行のカードなので人に笑われるようなカードでないことは確かですが、一般ランクのカードで「ステータスが高い」と言えるものはほぼありません。 しかしデビュープラスからプライムゴールド、ゴールドへと移るごとにステータスは格段に上がっていきます。 高収入を求めない代わりに利用制限は厳し目となっています。 25歳になったら絶対にプライムゴールドに切り替え更新? プライムゴールドに切り替えたくない場合は、他のカードを選択することもできます。 プライムゴールド以外で人気なのは、 三井住友VISAクラシックカードです。 一般ランクのカードですが、三井住友カードの中で1番定番のカードとなっています。 そのため多くの人にとって審査通過は難しくないでしょう。 しかしあなたが信用に関する問題点を抱えている場合、落ちる可能性もあります。 思い当たる節がないか確認してから申し込みましょう。

次の

三井住友カード デビュープラスの還元率は?ポイントをお得に貯める方法や注意点など

三井住友visaデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカードで貯めたワールドプレゼントポイントは、マイルにも交換することができます。 そこで気になるのは、• 「デビュープラスカードをどれくら利用すれば何マイル貯まるのか?」• 「目標のマイルを貯めるまでのデビュープラスカードの利用金額や期間は?」• 「そもそもデビュープラスカードでマイルを貯めるのは得なのか?」 などになるでしょう。 このような疑問を解決できるようにこれから詳しく解説してきます。 ワールドプレゼントポイントは一定額貯まるとマイルはもちろん、商品券やTポイント、楽天ポイントなどの他社のポイントへ移行することもできます。 1000円(税込み)利用するごとにワールドプレゼントポイント2ptが貯まるのが基本です。 ポイントの貯まり方については後ほど詳しく説明しますが、入会から3ヶ月は1000円(税込み)利用で5ptなど、ポイントアップするサービスがあります。 ワールドプレゼントポイントをマイルに移行するために必要なポイント数 デビュープラスカードで貯めたワールドプレゼントポイントのマイル移行はこちらです。 航空会社 移行レート ポイント移行単位 移行期間 ANA 1pt=3マイル 100pt以上100pt単位 約1週間 シンガポール航空 1pt=3マイル 100pt以上100pt単位 約1ヶ月 アリタリア航空 1pt=3マイル 100pt以上100pt単位 約3週間 国内ではANAのみ、海外ではシンガポール航空やアリタリア航空などが対象になっています。 ワールドプレゼントは海外の航空会社のマイルにも移行できますが、やはり国内のANAマイルが身近だと思うので、これからANAマイルを対象に説明をしてきます。 ANAマイルが貯まる目安は? ワールドプレゼントポイントをANAマイルに移行するためには、最低でも100pt貯める必要があります。 100pt貯めれば、300マイルに移行することができます。 デビュープラスカードではワールドプレゼントポイントが「 1000円で2pt貯まる」のが基本です。 100pt貯めるには、デビュープラスカードを5万円利用すれば良い計算になります。 目安として「 デビュープラスカードを5万円利用すれば 300ANAマイル」と覚えおくのがいいですね。 目標のマイルを貯めるまでのデビュープラスカードの利用金額や期間は? ANAマイルは「 1マイル=1円」から使うことができます。 例えば、「ANAショッピングA-style」では1マイルを1円として利用するこができます。 他にも、• 10,000マイルを10,000円分のANAご利用券• 10,000マイルを10,000円分のスターバックスカード• 10,000マイルを10,000円分のiTunesギフトコード など「1マイル=1円」として利用できるものがあります。 とは言っても、貯まったマイルが最もお得になるのは、ANA特典航空券に交換することです。 交換するためには少なくとも「5,000マイル」以上貯める必要があります。 時間はかかるかもしれませんが、コツコツと貯めることで、「1マイル=1円以上」の価値になります。 大学生であれば「4年間かけてマイルを貯めて、卒業旅行で使う」と言う目標でもいいですね。 ANA特典航空券への交換とデビュープラスカード利用の目安 ANA特典航空券へ交換に必要なマイル数は、5,000マイルからです。 シーズンによって異なりますが、5,000マイルあれば東京から大阪まで片道移動することが可能です。 ちなみに、東京から大阪までANAを利用すれば、最低でも片道16,000円くらいかかります。 特典航空券に交換できれば「1マイル=3円以上」の価値になりますね。 デビュープラスカードを利用して5,000マイル貯める目安は? ここでデビュープラスカードをどれくらい利用すれば5,000マイル貯まるのかを計算してましょう。 1,000円(消費税込)でワールドプレゼントポイントが2pt貯まる• ワールドプレゼントポイント1pt=3ANAマイル• ワールドプレゼントポイントは100pt単位でANAマイルに移行できる• デビュープラスカードを5万円利用すれば、300ANAマイル(目安) 移行単位の関係で、5000マイルぴったりにするのはできないですね。 なので、5100マイルで計算してみると、「 デビュープラスカードの利用額が85万円」で良いことになりますね。 1年で5000マイルを貯めようと思えば「 1ヶ月間に約7万円分のデビュープラスカード利用」が目安になります。 ANA国内線特典航空券はシーズンによって必要なマイル数が異なる 必要マイル数はシーズンに変わります。 利用できる期間は次のように決まっています。 なので、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み期間などのハイシーズンは避けたいところですね。 ANA国内線特典航空券に必要なマイル数(片道)とデビュープラスカードの利用金額 ANAを利用する期間、出発空港と到着空港が決まれば、片道の移動で必要なマイル数が分かります。 代表的なものはこちらです。 ちなみに国際線は往復航空券になるのが、国内線とは違うところです。 必要なマイル数は、国や地域、シーズン、席の種類(エコノミー、ビジネス)によって違ってきます。 ただ、国内線に比べると交換に必要なマイル数は最低でも12000マイル必要です。 かなり多いため、デビュープラスカードの利用だけで貯めるには相応の利用金額必要です。 なので、「ふ~ん、こんな感じか…」と参考にする程度で良いかもしれませんね。 ローシーズンにエコノミーで行くのに必要なマイル数、ワールドプレゼントポイントとデビュープラスカードの利用金額はこのようになります。 国内線で利用することを目標に、デビュープラスカードでワールドプレゼントを貯めて、ANAマイルに交換するのが現実的ですね。 そもそもデビュープラスカードでマイルを貯めるのはお得なのか? デビュープラスカードは他社のポイントにも移行可能です。 具体的にはこのようになります。 デビュープラスカードを10万円利用すれば、1000pt分の楽天ポイントへ移行できます。 還元率は1. 0%になります。 対して、ANAマイルの場合、デビュープラスカードを5万円利用すれば、300マイル貯まります。 ANAショッピングA-styleなどで「1マイル=1円」で利用すれば、還元率は0. 6%になります。 一見すると、楽天ポイントへ移行するのが得策だと思いますよね?しかし、マイルを特典航空券へ交換すれば、楽天ポイントよりもお得になります。 還元率にすれば、1. 9%以上の価値になります。 ANAマイルを特典航空券に交換すれば還元率が1. 9%以上になる理由• 5000マイルの価値=東京-大阪の片道航空券の料金• 東京-大阪の片道航空券の料金=約16,050円(スーパーバリューを利用した場合)• 1マイル=約3. 21円• ワールドプレゼントポイント1pt=3マイル• ワールドプレゼントポイント1pt=約9. 62円 デビュープラスカードは1000円の利用で2ptのワールドプレゼントポイントが貯まります。 なので、マイルを貯めて特典航空券に交換する前提で考えれば、1000円の利用で約19円還元されることになります。 還元率で言えば、1. 9%になります。 5000マイル貯めるにはデビュープラスカードの利用額85万円が目安になるため、本当に貯めることができるのか不安になるかもしれませんね。 しかし、デビュープラスカードには1000円の利用で3pt以上ワールドプレゼントポイントが貯まるようなポイントアップサービスがあります。 出勤前の朝食でコーヒーとパンを買えば250円くらいですね。 ちょっとしたコンビニの利用でも、積極的にデビュープラスカードを利用することでポイントが貯まっていきます。 ポイントアップモールの利用 三井住友VISAカードのポイントアップモールを経由して、Amazon、楽天、ヤフーショッピングで買い物をするとポイントが、2倍~20倍貯まります。 このようなポイントアップサービスを利用することで、さらに効率的にポイントを貯めることができます。 そして、それが特典航空券につながっていきます。 コツコツと貯めていけば1年に1回くらいは、航空券に交換してお得に旅をすることができるようになるはずです。

次の