看護師 ボーナス コロナ。 「給料、低すぎ!!」コロナで年収が減った看護師へ、意外に給料が高いオススメな転職先病院|あらうんど30

賞与が3分の1「泣きそう」 医療者、コロナで待遇悪化 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

看護師 ボーナス コロナ

それぞれの医療機関・施設で働く 医師や 看護師のほか、職種にかかわらず窓口職員なども含めて 「患者さん・利用者さんに接する業務」に就いている人全員が対象になります。 勤務先が、実際に新型コロナ患者に対応した医療機関・施設かどうかなどによって、1人あたり20万円、10万円、5万円と段階があります。 「患者さんに接する業務」とは一般の患者を含み、 新型コロナ患者に限りません。 「2)1)以外の病院、、ステーションなど」は1人あたり5万円ですが、 新型コロナ患者の「入院」を受け入れている場合は20万円となります==。 厚労省は、1)2)について 「20万円」の給付対象者は79万人、 「10万円」は35万人、 「5万円」は196万人 と想定しています。 「3)介護施設」は全体で400万人の想定です。 8月下旬をめどに、都道府県、医療機関・施設を通じて、対象となる個人への支給が始まる見込みです。 新型コロナで厳しい病院経営の救済策も また、個人に支給される慰労金だけでなく、 医療機関・施設に対する資金面のサポートも行われます。 新型コロナ患者を受け入れる医療機関では、ベッドを空けておく・休止するといった対応が必要になり、収入が激減しています。 その一方で、コストは通常以上に膨らみ、 病院経営へのダメージは深刻です==。 新型コロナ患者を受け入れている医療機関以外でも、外来患者が減るなどの影響があり、 「今年のボーナスはカットされるらしい」 「職員全員が減給になる可能性があると知らされた」 という声がすでに医療関係者の間で上がっています。 診療体制、そして医療者のモチベーションを維持するためにも、医療機関への金銭的な支援が国の予算に盛り込まれました。 これからの第2波、第3波に備えて 今回の支援策は、国の第二次補正予算として示されたものです。 このほかにも、 検査体制の充実、 ワクチン・治療薬の開発、 看護学校などで病院実習の代わりの演習を行うのに必要な機材整備などのための予算が組まれました。 また、これらの支援策とは別に、 「重症、中等症の新型コロナ患者の入院料を3倍にする」など診療報酬の見直しも既に行われています。 「通常よりも厳しい状況で頑張っているのに病院は赤字、給料も減るなんて…」 という状況が広がれば、医療体制が維持できません。 第2波、第3波に備えて国の適切な予算投入に引き続き、期待がかかります。

次の

看護師のボーナス「全額カット」はなぜ起きた?コロナ患者受け入れのジレンマ(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

看護師 ボーナス コロナ

「コロナ禍でも看護師たちは毎日出勤し、リスクに怯えながら仕事しています。 ところが、私たちの病院では、病院の財政悪化を軽減するためという理由で、医療スタッフの給料も減ったのです。 さらに先日、夏季ボーナスが支給されないことが発表され、看護師たちの我慢は限界を越えています。 本当に悔しいです」 そう悲痛な思いを打ち明けるのは、東京女子医科大学病院(東京都新宿区)の内科系に勤務する入職8年目の20代女性看護師Aさんだ。 東京では7月9日、新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最高となる224人となり、感染の再拡大が懸念されている。 忍び寄る第2波を前に「医療崩壊」を防ぐ方策が検討される中、同病院では「多くの看護師がすぐにでも辞めたいと口にしている」(Aさん)という異常事態が起きている。 12月で創立120年となる名門大学病院で、いま何が起きているのか。 「コロナ病棟に行ってもいい人は手を挙げてほしい」 東京女子医大病院のコロナ患者の受け入れ状況について、Aさんは次のように語る。 「当初は感染症指定病院外のためコロナ患者の受け入れは行っていませんでした。 もともと経営難が指摘されていましたから、上司からも『コロナ患者を受け入れると更なる経営の圧迫が見込まれるため、病院としては断固として断るつもり』と聞いていました。 ところが感染が拡大し、都からの再三の要請を受けた結果、コロナ患者を受け入れることが決まりました」 そして、実際にコロナ患者の受け入れが始まる直前の5月上旬、A子さんがいつも通り病棟で勤務していると、上司から突然、「全員集まってほしい」と大部屋に招集された。 「そこで師長から『各部署からコロナ患者の病棟で勤務に当たる看護師を出さなければならなくなった。 行ってもいいという人は手を挙げてほしい』と言われました。 スタッフの表情は曇り、ほとんどの人が下を向いていました。 正直、行かなくていいのであれば、誰も行きたくないですよね。 即答するには時間が足りなく、その場では手を挙げる人はいませんでした。 『もう一回考えてほしい』と言われ、その2日後に師長と1人ずつ面談を行い、最終的に『誰も行かないのなら、私が行きます』と申し出た看護師数名に決まりました。 私も名乗り出ることが出来ませんでした」(Aさん).

次の

コロナの影響で公務員の給料削減やボーナス減給は決定的

看護師 ボーナス コロナ

平成29年度医療業の夏のボーナスでは78. (厚生労働省毎月勤労統計調査 全国調査より) 賞与は出た利益を業績や在籍分によって分配するものなので、経営状態がうまくいっていない場合、どうしてもボーナス額は影響を受けてしまいます。 家族経営の零細企業など、ボーナスが支給されない職場もあることをあらかじめ知っておくとよいですね。 ボーナスが支給される一般の病院や診療所では、その時期や基準について就業規則に記載されます。 経営者の裁量で決められるものとはいえ、毎回大幅に違う金額が支給されるという事はありません。 これから就職を検討する人は、あらかじめ給与面についてよくチェックしておくとよいと思います。 ではここから、看護師のボーナスの一般的な支給時期について見ていきます。 夏のボーナスの基本的な支給日ともらえる時期 4月から働き始めたばかりの新人ナースでも夏のボーナスはもらえるのでしょうか? 新生活のためにあれこれ必要なものもあるし、ボーナス払いにできればありがたいという気持ちはよくわかります。 しかし、通常6か月間の査定期間での評価によって支給額が決められるのがボーナスです。 働き始めて3か月の新卒の看護師では査定期間が短く、ボーナスは支給されないこともあるのが現状です。 とはいえ、慣れない職場で思ったよりハードな看護業務、人間関係など新人だからこそのストレスを抱えている新人ナースをねぎらい、モチベーションアップのために 寸志程度のボーナスを支給してくれる職場は多くあります。 看護師1年目の冬、ボーナスはもらえる? 看護師2年目の夏ともなれば、きちんとしたボーナスをもらうのも冬に続けて2回目なので余裕が出てくるのではないでしょうか? ボーナスは基本給の何か月分という基準がありますが、実際には保険料や税金などが引かれ、手取り額は思っていたより少なくなるものですよね。 (ボーナスの手取りを計算する方法は後述します。 お楽しみに。 ) 実は 新卒で働き始めた人には、1年目に払わなかった住民税が2年目からはかかってきます。 住民税は毎年1月1日から12月31日までのボーナスを含む所得金額によって決まってくる税金です。 前年分の住民税が計算され、6月以降の1年間に給料から天引きされるのが一般的です。 所得税のようにボーナスから控除されることはないのが一般的ですが、6月以降月割りして引かれるので、分割での買い物には気をつけましょう。 看護師1年目のボーナスの相場は?2年以降のボーナス相場と比べると? 看護師1年目のボーナスは、夏はもらえればありがたい程度で、冬は満額、つまり全賞与額の半分をもらえるのが一般的です。 言い換えると、夏は「ボーナスなし〜給与の半分程度(約10万円ぐらいまで)」が多く、冬は「基本給(各種手当を引いた給料)の1〜2倍ぐらい」というのが相場です。 民間のボーナスと比較して決められる公務員のボーナスについても、新卒公務員の夏が9万程度〜10万程度、冬が31万程度〜38万程度とされています。 夏と冬のボーナスを合わせた年間ボーナスは、 ナース1年目では基本給の1〜2. 5ヵ月分(20万円〜50万円)ぐらいになります。 1年目はボーナスの査定期間が12か月に満たないため、どうしても2年以降と比べて少なくなってしまいますが、2年目以降は普通にもらえますので少しの辛抱ですね。 ボーナスの額は大きな病院や大学病院などが最もよく、小規模経営では低い傾向にあるようです。 2年目以降のボーナスは、雇用契約にあった分(基本給の何か月分)に業績などを考慮して支給されます。 看護師のボーナスの平均支給額は?手取りはどれぐらい? 夏のボーナスと冬のボーナスには、支給時期以外の違いはあまりありません。 違いがあるとすれば、「支給額」についてです。 一般的に、夏のボーナスに比べると冬のボーナスの方が若干多く支払われることが多く、看護師業界も例外ではありません。 その理由としては、夏はまだ1年の前半で今後の経営状態が予測しにくいことや、年末年始に最も出費が重なる事への配慮などがあります。 しかし、その違いはごくわずかであることが多いようです。 2016年度の民間企業のボーナスについて見ると、夏の平均は36. 5万円、冬の平均は37万円(厚生労働省毎月勤労統計調査より)となっており、その違いは5千円です。 労働組合の圧力によって、夏冬均等に分ける企業もあります。 看護師のボーナスについても同様で、 夏と冬でそれほど違いはないのが一般的です。 ただし公務員については、2017年国家公務員の冬のボーナスが681,500円、2018年夏のボーナスが652,600円(内閣官房内閣人事局 新着情報より)と、よりその差がハッキリしていると言われています。 看護師のボーナスの平均支給額ってどれぐらい?何か月分貰えるのが相場? 厚生省の調べによると、2017年度の 看護師のボーナス平均支給額は年間で799,900円となっています。 きまって支給する現金給与額(手当を含む月給)の平均が331. 900円であることから、月給の約2. 5ヵ月分貰えるのが平均と言えるでしょう。 各種手当の含まれていない基本給で考えるならば、3、4ヵ月分が平均ですね。 データ上でボーナスの平均値を出すのは簡単ですが、実際の相場を知るのは難しいものです。 なぜなら、ボーナスの額は年間40万ぐらいから150万ぐらいまで幅広く、普通はこのぐらい、といった言い方をするのが難しいからです。 ここでは平均をとって、 月給の約2. 5倍もしくは基本給の3. 4ヶ月分が相場としておきます。 准看護師になると、年間ボーナスの平均は657,200円となるため、正看護師と年間約15万円もの差が出ています。 基本給が違うだけでなく、一般的に管理職になれない点もボーナス額に差をつける原因になっています。 看護師のボーナスは役職や経験年数、勤務する病院によっても違う? また、経験年数も重要なポイントです。 現在年功によって賃金を決定する病院がほとんどで、実力や年功以外の理由だけでボーナス額を決める病院はまずないようです。 2017年度の厚生省による賃金構造基本統計調査によると、60歳を迎えるまで勤続年数、年齢があがるに伴い、年間ボーナスの平均もあがっています。 800円であるのに対して、経験5〜9年の場合は835,200円、経験10〜14年では850,600円、経験15年以上では959,700円と 年功による評価が反映されていることがわかります。 その他、勤務先の病院・診療所の経営状態によってもボーナス額は変わってきます。 従業員をたくさん抱える大病院ほど経営が安定しているため、ボーナス平均額も高く、小規模のところほど低い傾向にあります。 看護師のボーナスは他の職種と比べて高い? 看護師はボーナスがいいと言われますが、実際のところはどうなのでしょう? 2017年度の年間ボーナスの平均で、他職種のボーナスと比べてみましょう。 看護師の平均は799,900円です。 看護師の年間平均ボーナス額と多職種との比較 他職種 年間平均ボーナス額 高等学校教員 1582. 700円 保育士 662. 500円 航空機客室乗務員 638. 400円 保険外交員 496. 300円 百貨店店員 432. 100円 ワープロ・オペレーター 433. 400円 調理師 351. 400円 ホームヘルパー 297. 600円 スーパー店チェッカー 178. 500円 これら 他業種のボーナスと比べても看護職のボーナスは高いことがわかりますね。 また、 医療関係の職種においてもそれなりの待遇がされていると言えます。 医療関係の職種 年間平均ボーナス額 医師 902. 900円 臨床検査技師 862. 600円 診療放射線、診療エックス線技師 861. 300円 薬剤師 778. 600円 理学療法士・作業療法士 639. 900円 栄養士 573. 800円 歯科衛生師 412. 700円 看護師のボーナス支給に関する良くある疑問と回答まとめ! アルバイトやパートなどの非常勤看護師、派遣看護師のメリットは、自分の希望する期間や時間帯で仕事でき、わずらわしい人間関係やサービス残業に束縛されないところです。 勤務時間に対する報酬を受け取る雇用形態(非常勤は職場から、派遣は派遣会社から給料が出る)なので、長時間働く常勤の看護師と比べたら金銭面でも福利厚生の面でも待遇が悪くなるのは仕方がありません。 手当等がないため、時給や日給は多めに設定されているところもありますが、 ボーナスに関しては支給されないのが普通です。 ただ、まれに非常勤でも寸志程度のボーナスを支給してくれるところもあります。 公務員看護師のボーナスは一般の看護師よりも支給額が多い? 同じ休みでも産休と育休とでは少し性質が違っています。 産休は出産後8週間の、働いてはいけないと法律に定められている期間を含むからです。 産後8週間の産休は合法的な休暇なので、これを理由に解雇することは許されていませんが、産休中の給料については何も規定がありません。 また、申請して取得することのできる 産前休暇や産後休暇の延長中、育児休暇取得時のボーナスについても、それぞれの病院やクリニックの判断に委ねられており、法律に決められているわけではありません。 長期の休暇を取得した場合、ボーナスの対象外とする規定を設けているところもありますし、 休業中は欠勤扱いとなるため、お給料もボーナスも出ないところもあります。 施設や職場によってボーナスの支給基準が違う!まずは職場や同僚などに聞いてみるのが大事! ただ、 全支給対象期間から休暇期間分をカットしてボーナスを支給するというケースもあります。 例えば2か月休暇を取った場合、4か月間分をボーナスの対象月として計算するわけです。 出産・育児にお金がかかる時期です。 少しでもボーナスがもらえればありがたいので、それぞれの職場に問い合わせてみるとよいですね。 これに対して公務員看護師はずいぶん待遇が良くなっています。 産休は産前も産後も有給休暇扱いになるため、休暇中の給料もボーナスも支払われます。 育休に関しては休業となるため給料は支払われず、その間のボーナスは査定対象になりません。 退職予定後にボーナス支給日がある場合、退職前の数か月分はボーナスが貰える? 第2の間違いは基本給の4ヵ月分がすべてもらえると考えることです。 実際にはこの額面からいろいろ引かれて 受け取れるのは8割〜8. 5割程度なのです。 ボーナスからは大きく社会保険料と所得税が引かれます。 社会保険料には健康保険料(40歳以上の人は介護保険料も含まれる)・厚生年金保険料・雇用保険料の3つがあり、それぞれについて計算していきます。 健康保険料・厚生年金保険料の率は都道府県や年、年齢によっても若干違ってきますがここでは健康保険料9. 9%、厚生年金保険料18. 3%で考えます。 保険料率については()を参照して下さい。 被保険者と会社は半分ずつ払うことになっていますから、以下のような計算をします。 この計算も面倒で嫌な人は、 大体「額面の8割程度」と覚えておくとよいかのしれません。 看護師のボーナスが少ない場合どうしたらいい? ボーナス額決定の要因には、基本給、勤続年数のほか、査定期間での実績評価も挙げられます。 プラスの査定が得られるように働き方を工夫してみるという方法もあります。 人が嫌がる仕事、責任ある仕事、夜勤なども積極的に引き受けると評価してくれ、ボーナスアップが見込める可能性もあります。 年功序列を重んじる職場で、年配の先輩看護師がそれなりのボーナスをもらっている職場ならば、 働き続けるのも一つの方法です。 勤続年数の長い看護師ほどボーナスがたくさん支給されるという事は調査結果によって明らかになっています。 また、 専門資格取得や昇進を目指してスキルアップに力を入れるのもいいかもしれません。 大学病院などでは資格を持つ看護師には手当がつきます。 しかし小規模の職場ではそういったことが求められていないところもありますのでよく状況を見極めましょう。 こういった努力をしても、やはり支給額に反映されずつらいという場合、 転職という選択肢について考えてみる必要があるかもしれません。 いろいろな求人案内を見てみるといったところからはじめてもよいのではないでしょうか? 基本給アップを目指すのもひとつの方法! ボーナス支給額の少なさに不満を感じている人はボーナス支給アップを期待できる求人ばかりに目がいってしまうかもしれません。 しかし、いくら不況の煽りを受けにくい医療業界とはいえ、ボーナスというのは不確定要素が強いものであることは否めません。 一方、病院やクリニックの賃金形態は多種多様で、ボーナスは少ないが基本給が比較的良いところや、ボーナスよりも手当をたくさん出すところなどいろいろあります。 今の職場より基本給が高く、ボーナス支給実績も比較的高い、安心感のある職場は収入アップの可能性が高まります。 ボーナスの少なさでお悩みの方は、 基本給アップを意識して求人探しをしてみるのもよいかもしれません。 「実際の手取りってこんなもん?」、「私の手取りって他の看護師と比べて少ないんじゃないの?」なんて疑問をお持ちの看護婦さんは是非目を通して頂ければと思います。 看護師の給料について、給与面が高待遇な病院の特徴や地域についてをまとめました。 一度勤めると忙しさのあまり、給料面で他と比較するような暇もありません。 しかし、あなたの給料が、他の病院や地域に比べて、驚く程低いこともありえます。 基本的に看護師の給料の知識として、事前に持っておくと指標となるので、是非チェックしてみてくださいね。 看護師の給料は基本的に上がらない?そんな噂も多いようですが、実際はどうなのでしょうか?もしかすると勤めているあなたも「何故給料が全然上がらないんだろう・・・上げるにはどうすればいいの?」と疑問に思っているかもしれません。 そんな方へ向けて、看護師の給料が上がらない理由や、キャリアアップに必要な情報をお伝えしています。 是非興味があるようでしたら、一度目を通して下さいね。 看護師の給料について、勤める先は色々ありますが、今回は大学病院にピックアップして情報をまとめてみました。 民間の病院との給料や待遇の違いは?技術や知識を身につけたいなら?など様々な角度から徹底的に解説していきます。 是非、気になる方はチェックしてみて下さいね。 看護師の給料について、男性看護師の場合、女性看護師(看護婦)とはどれぐらい給料格差があるのでしょうか?将来的に一家は養えるのか?などについてまとめました。 もしあなたが男性看護師で給料に不満や不安がある場合は是非一度チェックしてみてくださいね。 看護師の給料に関する悩みや相談、疑問や質問などを回答とともにまとめてみました。 少しでも給与に関して不安があったり悩みがあったりする看護師さんは是非一度目を通しておいてください。 そこで、この保育園看護師についての給料や仕事についてまとめました。 これから転職を考えている人は是非ご参考頂ければと思います。 看護師免許を保有していないと取得できない保健師の免許、その為、求人数は少ない物の基本給も高くまた看護師とは違った仕事内容が求められる事となります。 今回はそんな保健師の給料や仕事内容について調査しまとめてみました。 実際に求人募集案件などを参考に考察していきますので、是非ご参考下さいね。 看護師の中でも特殊な仕事になるメンタルクリニック。 (精神科、心療内科)その実際の仕事内容や給料についてまとめてみました。 年収や平均給与相場、メンタルクリニックで働く看護師のメリットやデメリットについても紹介しておりますので、今後転職や就職を考えている場合は是非ご参考下さいね。 看護師の中でもリハビリテーション病院で勤務する看護師さんにピックアップして、その仕事内容や給料、年収や病院内での役割などについてまとめてみました。 今後転職を考えている人や、これから就職しようと考えている人は一度目を通しておくと役に立つかも知れません。 労災病院の看護師の給料や仕事内容についてまとめました。 年収や、勤務病院内での看護師の役割は?また、平均月給なども実際に看護師求人サイトを調査してまとめています。 今後労災病院への転職や就職を考えているなら、是非一度目を通して頂くとお役に立てるのではないかと思います。 老人ホームや介護老人保健施設など老人施設で働く看護師の給料と役割について、基本的な知識や転職に役立つ情報などをまとめました。 一般の内科や外科に勤める看護師との仕事内容の違いやメリット、デメリットなども掲載しているので、興味のある方は是非一度チェックしてみてくださいね。 眼科で働く看護師さんの給料と仕事内容をまとめました。 メリットやデメリット、資格はいるのか?などを掲載していますので、これから眼科への就職、転職を考えているなら、一度チェックしてみてくださいね! 看護師資格に加えて助産師の国家試験に合格しなければ働く事が出来ない助産師、その給料や年収差は看護師と比べた際どれぐらい違うのでしょうか?また、仕事内容や資格についてもまとめましたので、今後助産師の仕事をしたいと考えているなら是非目を通してみてくださいね。 看護師の給料について、5年目の看護師の給料についてまとめてみました。 転職する人も増えると言われる5年目、その多くの転職理由や、やめる際に対処金は出るのか?また、看護師5年目の給与相場や平均年収なども紹介しているので、是非興味があれば目を通してみてくださいね! 小児科で勤める看護師の給料や役割についてまとめました。 同じ小児科看護師でも給与に差はあるのか?また仕事内容や役割は?など、今現在小児科で働いている看護師の目安にもなりますし、今後小児科への転職を考えている人は是非チェックしてみてくださいね。 そのメリットやデメリットについても紹介しています。 人間ドックで働く看護師の仕事内容や役割、年収や月給などの給料に関してをまとめてみました。 人間ドックの看護師と言えば一見暇そうに思われたり、楽そうに思われがちですが実際はどうなのでしょうか?今後転職などを考えている場合は是非一度目を通してみてくださいね。 今回の記事では看護師の中でも健診センターで働く看護師さんについて、その仕事内容やお給料事情などをまとめて紹介させて頂きます。 今の職場に疲れて転職を考えている方も、今すぐでなくても、今後職場復帰を考えている看護師資格を持ったあなたも、是非参考までにチェックしてみてくださいね! 看護師の中でも女性の疾患に特化した婦人科の看護師、その仕事内容や給料については一般の内科や外科などで勤務する看護師とどういった違いがあるのでしょうか?今回は婦人科で働く看護師の給料や仕事内容についてをまとめてみました。 もしあなたが婦人科に興味があるようでしたら、是非一度目を通しておいてもらえれば、きっと役に立てるのではないかと思います。 看護師の中でも救命救急センターなどに勤める救急看護師の仕事内容についてまとめました。 基本的な役割や、勤務する事のメリット、デメリット、実際に求人で募集されている給料や年収などについても紹介していますので、今後救急センターなどへの転職を考えている場合は是非目をとおして下さいね。 透析看護の仕事内容や給料、やりがいや魅力に関して今回はまとめてみました。 スキルアップを目指して転職を考えていたり、今の給与に不満がある場合などは透析看護についても気になっているかと思いますので、是非こちらを参考に魅力的な転職先かどうか?を見極めてもらえればと思います。 看護師の中でも、優良老人ホームなどの介護施設で働く人もいます。 今回はそんな介護施設で働く看護師の給料と仕事内容に関してまとめてみました。 介護施設で働く看護師のやりがいや役割などについても紹介していますので、今後介護施設への転職は復職を検討しているなら、是非参考にしてもらえればと思います。 看護師は女性が多いと言う事もあり、病院や施設内での男性看護師の仕事内容や役割に関しては、男性に特化したものもあります。 今回はそんな男性看護師の仕事内容や給料、平均年収や役割などについてまとめてみました。 新人看護師でも「思っていたより手取りが安い・・・」という理由から、他一般の看護師の給料が気になると言う人も少なくありません。 今回はそんな新人看護師の平均年収や給与状況に関してまとめてみました。 もし今後企業で働きたいと考えているようでしたら、是非参考にしてもらえればと思います。 看護師の働き方としては、一般的な内科や外科はもちろん、様々な科や病院があります。 もし外来看護師に興味があると言う事なら、是非参考にしてくださいね。 求人募集についても調査していますので、今後転職を考えていると言う事なら、是非チェックしてみてくださいね。 看護師が活躍する職場の一つに介護施設があります。 介護施設はきついというイメージのある仕事ですがとてもやりがいのある仕事です。 実際の介護施設の仕事内容や給料相場などくわしくまとめています。 また、高待遇な介護施設の求人の探し方も紹介していますので、介護施設への転職を考えている方は是非参考にしてください。 同じ病院でも外来担当として勤務している看護師の仕事内容は他の看護師に比べて大変なのでしょうか。 夜勤はあるのでしょうか?外来勤務の看護師の仕事内容や給料、外来勤務のメリット・デメリットなどについてまとめました。 また、外来勤務の看護師の求人や面接で成功する志望動機などについてまとめていますので是非参考にしてください。 看護師が活躍する現場の多くは病院です。 病院の中でも大学病院と民間病院がありますが、仕事内容や給料に違いはあるのでしょうか。 大学病院と民間病院の違いや、看護師の仕事内容、給料相場などについてまとめました。 病院勤務への転職を考えている看護師の方は是非参考にしてください。 長年勤めても給料が上がらない・・・年収が頭打ちで転職するべきか迷っている・・・という看護師は少なくありません。 ただ転職を考えても、今より待遇の良い所はあるのか、採用してもらえるか、など不安はつきません。 そこで看護師の年収アップの方法やコツ、転職先の選び方、探し方などを詳しく紹介します! 准看護師から正看護師になった場合、給料はアップしますし、任される仕事も多くなります。 准看護師から正看護師になった場合どのくらい給料が違うのか、地位や待遇は変わるのか、などについてまとめました。 また、同じ職場で准看護師から正看護師になった場合の苦労や、良かった事などもまとめています。

次の