メルカリ 匿名 配送。 メルカリの匿名配送の方法【らくらくメルカリ便】

メルカリの匿名配送のやり方と送り方!【出品者は必見】

メルカリ 匿名 配送

個人情報を守るために、出品者でも購入者であっても匿名配送を希望する方がいますが、ゆうゆうメルカリ便とラクラクメルカリ便を選択すれば、必ず匿名になるというわけではありません。 住所がバレることやトラブルを避けるためにも、初心者の方は要注意です。 匿名なのに住所がバレる!? メルカリ提携発送サービスを利用することで、住所や名前を取引相手に知られることなく商品の売り買いが可能になりますが、出品時に【配送の方法】という欄を未定にしている人は注意が必要です。 発送方法が未定のまま商品が購入され、取引画面にて配送方法を変更すると住所や本名が表示されてしまいます。 購入者の取引画面には出品者の住所が表示されることはありませんが、出品者の取引画面には通常表示されない購入者の住所が出てきます。 購入者から匿名配送の希望メッセージが来た場合には、配送の方法をゆうゆうメルカリ便かラクラクメルカリ便に変更したうえで、商品を購入してもらいましょう。 また、自身が購入する時は、配送選択が変更してあるか確認してから購入するようにしてくださいね。 未定のまま進めてしまった場合の対応方法 長期間メルカリを利用している方は先ほど紹介した情報を認知しているので、配送の選択が変更されているか確認してから購入するため、「変更してください」とメッセージにて依頼が来ることが大半です。 ですが、互いに情報を知らない者同士であれば、トラブルの原因となってしまいます。 出品者には購入者の住所が表示されてしまい、匿名配送を希望する購入者からすると驚きを隠せない事態です。 相手に内緒で発送しても伝票でバレてしまうので、正直に購入者へ謝罪をし、取引をキャンセルにするのか続行するのかお伺いしてください。 取引継続した場合には、お礼状や謝罪の一言を添える、評価前に再度謝罪をするなどの対応は必ず行うのがベストです。 まとめ メルカリではガイドだけではなく独自ルールなどもたくさんあり、様々な人が利用しているのでトラブルになってから気づくことも多くあります。 トラブルを避けるためにネット情報で事前対策するのも良いですが、情報が多すぎて嫌気がさしてしまわないようにしてくださいね。 もし、トラブルに発展してしまったときには、ネット情報で自己解決するのではなく、相手とよく話合いつつ、メルカリ事務局へ相談するのがオススメですよ。

次の

「メルカリ」匿名配送のやり方と仕組み

メルカリ 匿名 配送

メルカリで商品を発送する時、購入者でも出品者でも個人情報を相手に知られてしまうことに抵抗がある人は以外にも多いのではないでしょうか? 取引相手に自分の本名や住所を知らせることもなく、商品を発送することができる便利なサービスが、らくらくメルカリ便による 匿名配送です。 また、匿名配送は商品を発送する側である出品者だけでなく、 購入者も自分の住所や本名を相手に知らせることなく、匿名で商品を受け取ることができるようになっています。 まったく面識のない他人に自分の個人情報を知られるのが怖いという人や、何かしら事情があって住所や名前を知られたくない場合、匿名配送は非常に都合の良いサービスだと言えるでしょう。 匿名配送はいつから始まった? らくらくメルカリ便の匿名配送は、2015年9月15日からサービスが開始されていましたが、当初はメルカリユーザーのうち、匿名配送サービスに応募した一部の人しか利用できませんでした。 まぁ、テスト期間といった感じでしょうか・・・? そんな感じで、しばらく新規受付を停止したいたようですが、2016年1月18日よりすべてのメルカリユーザーが利用できるようになりました。 私が過去にメルカリで取引したことがあるユーザーさんの中にも、匿名配送を利用している人が何人かいましたが、それほど多くの人たちに利用されているわけではないといった印象ですね~ 現在では、メルカリ利用者であれば誰でも普通に匿名配送サービスを利用することができるようになっていますので、知らない人に住所や本名をどうしても知られたくない場合は、是非、この機会に利用してみてください。 匿名で商品を発送できる仕組み 「どうして個人情報を相手に知らせずに匿名で商品を発送できるのか?」についてなんですが・・・ メルカリに会員登録した際に入力した住所や名前などの個人情報が入ったデータベースは、らくらくメルカリ便の配送業者であるヤマト運輸のデータベースと連携していて、それらのデータを暗号化した二次元バーコードを発行することによって、商品を発送する際に貼りつける送り状には、住所や氏名などの個人情報が記載されないため、商品を受け取った相手に自分の個人情報はわからないという仕組みになっています。 ちょっと複雑というか…、難しいかも知れませんが、本来、商品を送る側に必要な個人情報が二次元コードに変換されるシステムだと考えてください。 ザックリと説明すると、 住所や氏名がQRコードに変換された状態で発送するといった感じです。 商品を出品する時に配送の方法でを選択• 宅急便コンパクトを利用する場合は専用BOXを用意• 商品が売れたら取引画面から配送方法を選択• 商品を梱包してヤマト運輸の直営店や営業所、コンビニに持ち込む• 設置された端末から配送用二次元コードを発行• 配送手続き• 配送完了 二次元コードは、ヤマトの直営店および営業所ではネコピット、ファミリーマートはfamiポート、サークルKサンクスはKステーションなどの端末から生成します。 上記の各端末で表示されたQRコードを読み取って申込券を出力します。 2018年5月7日より全国2万店のセブンイレブンからも、らくらくメルカリ便の発送が可能となりました。 匿名配送にかかる送料は? らくらくメルカリ便の匿名配送は、個人情報を相手に知られない状態で、安全な取引ができるという大きなメリットがあるというのはご理解頂けたと思いますが・・・ ここで気になることと言えば、サービスを利用するために必要な 料金ですよね? 通常、個人間の取引って相手に住所とか本名を教えるのが常識ですからね~ 個人情報を相手に教えずに発送というと、やはり普通に発送する時よりも送料が多少は高くなってしまっても仕方ないかなぁ~ ・・・なんて思う人も多いと思いますが、 なんと! らくらくメルカリ便の匿名配送は通常の送料だけで利用可能です。 匿名だからといって追加料金を取られるなんてことはありません。 メルカリ会員であれば誰でも安心してサービスを利用することができます。 商品出品時に配送方法でらくらくメルカリ便を選択していないと利用できない• 取引開始後に匿名配送への変更はできない• らくらくメルカリ便で宅急便コンパクトを利用する場合は専用BOXが必要• 取引相手が匿名配送を利用することを知らないとトラブルに発展する可能性もある• 購入者による商品購入後の発送先住所の変更ができない 商品を出品した後に配送方法を匿名配送に変更することはできないので、 必ず出品時にらくらくメルカリ便を選択するようにしてください。 また、稀に取引相手が購入した商品が匿名配送で送られてくることを知らないで、受け取った時に「自分の住所や名前を書かずに送ってくるなんて非常識な人!!」と勝手に解釈してしまって、それがクレームや悪い評価につながる可能性もなきにしもあらずなので、一応、商品説明文にその旨を記載しておいたり、購入後の取引メッセージで「商品は匿名配送で送ります」と一言伝えておいたほうが良いかも知れません。 こちらは当たり前に思っているようなことでも、相手が必ずしも同じように思っているとは限りませんからね。

次の

【2020最新版】メルカリの発送方法・早見表!安く簡単に送れる手段を徹底比較

メルカリ 匿名 配送

メルカリの匿名発送のやり方は? 出品者が商品を出品する際、配送方法を『らくらくメルカリ便』か『ゆうゆうメルカリ便』に設定するだけで、自動的に出品者・購入者の住所や氏名が表示されない 匿名配送になります。 やり方もすごく簡単で、コンビニや郵便局から気軽に発送することができます。 下記のようにメルカリ便同士であれば、配送方法を変更したとしても、匿名配送をそのまま利用することができます。 もし、出品時の配送方法で『らくらくメルカリ便』か『ゆうゆうメルカリ便』を選択していたのに、普通郵便で発送することになったような場合には、購入者の住所・氏名を聞かないと発送することができません。 メルカリ便から普通郵便に変更することは、購入者にとってデメリットでしかありませんので、取引がキャンセルになるなどのトラブルになる可能性もあります。 メルカリの匿名配送を使っても料金は同じ 『らくらくメルカリ便』や『ゆうゆうメルカリ便』で匿名配送を利用したとしても、送料が変わることはありません。 追加料金がなく利用できるので、積極的に利用したいサービスですね! メルカリの匿名配送の仕組みは? 『匿名配送』では、 メルカリで登録した住所や氏名を2次元コードにすることによって、配送業者のスタッフのみしか、出品者と購入者の個人情報を見ることができない仕組みになっています。 配送業者のスタッフが、商品を預かった後に2次元コードを読み取って購入者の住所・氏名の書かれてある伝票を発行するので、出品者に購入者の個人情報が漏れることはありません。 また、配達業者のスタッフが、出品者の個人情報が書かれてあるラベルをはがしてから商品を届けるので、購入者にも出品者の個人情報を確認することはできないのです。 メルカリでは匿名配送の方が購入率が高い! 個人情報を気にする人の中には、商品を検索する時点で『匿名配送』のみを絞り込む人もいます。 そうなると『未定』など他の発送方法を選択している場合には、商品がひっかかることもありません。 また、 発送方法が『未定』だと購入を諦める人も多いようです。 よっぽど欲しい商品であれば、「配送方法を変更してもらえませんか?」とコメントするかも知れませんが、同じような商品が『メルカリ便』で売っていれば、そちらの商品を優先してしまうのは仕方がないことですよね。 メルカリで匿名配送する際の注意点は? メルカリ便の送料が販売利益を上回る場合は、ペナルティがある 以前、メルカリ便を使うには、販売金額が一定の金額以上でなければ利用できませんでしたが、今は、販売金額に関係なく利用することができます。 例えば、販売金額が300円の商品をメルカリ便の60サイズ(700円)で送った場合、送料の差額のマイナス分はメルカリが負担することになります。 例:300円(販売価格)-30円(販売手数料10%)-700円(メルカリ便60サイズ)= -430円 メルカリ便の送料が販売金額を上回るようなことが何度も続くと、メルカリ側も損をすることになり、ペナルティが加算されていきますので注意しましょう。 この場合は、当然ですが、手元に入る金額は0円になります。 もし、メルカリ便の60サイズ(700円)を使うのであれば、販売金額は800円以上の方がいいですね。 例:800円(販売価格)-80円(販売手数料10%)-700円(メルカリ便60サイズ)=20円 ただし、販売金額が800円のものをメルカリ便の60サイズで売っても、手元には20円しか残らないので、きちんと送料のことも考えてから出品するようにしましょう。 購入後に配送先を変更する場合は、購入者自身でする 商品が購入された後に、購入者から「配送先を変更してもらえませんか?」と言われたとしても、出品者の方で変更することはできません。 商品を発送する前に配送先を変更する場合には、 購入者自身で取引画面の『お届け先』をタップして変更してもらいましょう。 ちなみに、商品を購入された後にメルカリ便に変えた場合には、出品者の取引画面でしかお届け先を変更できない仕様になっています。 返品や交換の際には匿名配送できない 購入された商品に不備があって、返品や交換になった場合には、商品の返送にメルカリ便を使うことはできません。 メルカリ便が使えなければ、『匿名配送』も使うことができないので、お互いの住所・氏名を伝えることになります。 返送や交換で揉めた状態で個人情報を教えるとなると、「何かされるんじゃないか?」と不安になってしまうかも知れませんが、教えないと取引が進まないので仕方がないですね。 もし、出品者の立場で個人情報をどうしても教えたくないのであれば、その商品自体を破棄してもらい、取引をキャンセルすることもできます。 返品の場合も含めて、取引自体がキャンセルになった場合には、出品者はメルカリ便の送料を負担しなくていいことになっています。 購入者が匿名配送を理解してないとトラブルになる さきほども述べたように、配送方法が『メルカリ便』の商品は自動的に『匿名配送』になるわけですが、メルカリ初心者の人だと『匿名配送』自体を知らない人もいます。 『匿名配送』を知らない人の中には、出品者の住所や氏名が書いていない荷物が来たことに怒って『悪い評価』をつける人もいるようです。 私は今まで、1500件近くメルカリで取引していて、そんなことを言われたことは一度もないんですけど、『メルカリボックス』では、こういう事例が多いとの書き込みがあります。 もし、『悪い評価』や『普通評価』の理由が、匿名発送によるものであれば、メルカリ事務局にお問い合わせすれば、評価を変更してもらうことができます。 ただ、評価コメントに何も書いていない場合には、評価の理由が匿名配送によるものであるかわからないので、評価の変更や削除は難しいです。 購入者情報を見て、取引数が少ないようであれば、「メルカリ便の匿名配送で送りました」とひとこと伝えておくと、トラブルは回避できますね。 評価が悪いことがある 匿名配送で個人情報がばれていないからと言って、簡単に『悪い』や『普通』の評価をしてくる人も中にはいます。 でも、これは、もう防ぎようがありません。 メルカリを長く利用しているといろんな人がいますし、ちょっとくらい良くない評価がついたからと言って、極端に取引に影響がある訳ではないので、割り切っていきましょう。 大型メルカリ便は匿名配送を利用できない 大型らくらくメルカリ便は匿名配送できないシステムとなっています。 匿名配送できる一番大きなサイズは、らくらくメルカリ便の160サイズになりますね。 さいごに いかがだったでしょうか? 見ず知らずの人に個人情報を明かすのって、ちょっと怖い気もしますから、『匿名配送』はいいサービスですよね。 今は、ヤフオクやラクマでも一部で『匿名配送』のサービスがはじまりましたが、メルカリ一番最初に『匿名配送』のシステムを導入しています。 さすがメルカリは、No. 1のフリマアプリですよね。 『匿名配送』は、少し注意点もありますが、メリットの方が断然多いです。 使い方も簡単なので、どんどん活用してみてくださいね!.

次の