構図 フリー。 写真の基本的な構図と黄金比や分割構図のレイアウト

【構図】キャラクターに迫力を出す見せ方のコツ

構図 フリー

この記事を書いている、フリーカメラマンのユキカです。 初心者一眼レフを買って3年でプロに転身。 子供・家族・プロフィール写真撮影は年間100件以上。 ネットショップ・店舗向けのファッション雑貨や料理写真の撮影経験もあり。 最近は、起業家・フリーランス向けに写真撮影とホームページ制作や更新のサポートも行っています。 印象的な写真を撮るためには、構図の工夫がとても大切です。 工夫の仕方はとてもシンプルです。 ずばり、「 全部を構図に入れないこと」。 【写真は引き算】と言われます。 構図を少し工夫し、シンプルにするだけで、メッセージ性の高い、印象的な写真が誰でも撮れます。 それでは、詳しくお話ししていきましょう。 この【引き】の写真にタイトルをつけるなら、「庭の畑で大根を収穫する男の子」でしょうか。 広角で撮ると、男の子の背格好や、どんな場所で撮ったのか、周りはどんな様子だったのかなど、 いろんな要素が写真に入ります。 その結果、たくさんの情報が伝わる 【説明的な写真】になりがちです。 写真の主役を明確にする この写真の主役は何か?何を見せるための写真なのか?そこを明確にしましょう。 最初につけたタイトルのように、庭の畑で男の子が大根を収穫していることを伝えたい写真だったなら、上の写真でOKですね。 ただ、 上 の写真が印象に残るかどうか?と考えると、疑問が残ります。 インパクトがあるとは言い難いですね。 本当に背景の畑を写す必要があるのでしょうか? 男の子の全身を写す必要があるのでしょうか? この写真で一番見せたいポイント、つまり 主役はどれなのかを明確にすることで、より印象に残る写真になるのです。 写真を引き算で考え構図をすっきりさせる あくまでも、この 写真の主役は男の子です。 それを考えて、必要のないものを引き算し、そぎ落としていきましょう。 同じ写真を トリミングして、【寄り】の写真にしてみました。 トリミング後の写真で 目を引くのは、男の子の表情ですね。 手元を見つめるうれしそうな目が印象的です。 指に土がついているところもよく見えて、 現場の臨場感も伝わります。 頭や足が切れるくらいズームすることで、主役である男の子の細かな様子がよく分かり、 写真から強いメッセージが伝わるようになりました。 改めて【引き】で撮った一枚目を振り返ると、写真の主役があまり目立たず、メッセージが弱かったと感じます。 印象に残る写真に仕上げたいなら、主役を明確にした【寄り】の構図がおすすめ。 思い切ってズームをきかせ、主役が引き立つ構図で撮影してみましょう。 全部を見せないことで見る人の想像力にゆだねる 連続する被写体を写すとき、その全部を写さないことが印象的な写真に仕上げるポイントです。 多くの要素を入れた写真は説明的• 写真の主役を明確にする• 写真を引き算で考え構図をすっきりさせる• 全部見せないことで人の想像力にゆだねる• 引き算で余白を作る 思い切って寄ってみようというアドバイスをしましたが、 どれくらい寄ったらいいのか、最初は加減が分からないと思います。 解決策は、何パターンも撮ることです。 撮影後にパソコンで見返すと印象が変わることもありますので、微調整しながらいくつかのカットを抑えておきましょう。 経験値が上がっていくと、そのさじ加減も少しずつ分かってきます。 構図と主役を意識することで、あなたの表現力は確実にアップします。 【写真は引き算】であることを忘れず、 たくさんの写真を撮っていきましょう。

次の

イラストの構図、ポーズが浮かばねえなあって時の処方箋6つ

構図 フリー

構図の考え方:キャラクターの迫力を出したい Q. 迫力があるのはどっち? 下図のAとBではどちらが迫力がありますか? もちろんBですね。 では、なぜBのほうが迫力があるように見えるのでしょうか? ここでは迫力を出すための見せ方やポイントを解説していきます。 迫力を出すためのポイント キャラクターに迫力を出すための構図は以下の3つがポイントになります。 優位に見せる 2. 大きく見せる 3. 構図のコツ キャラクターに迫力を出すためのポイントをそれぞれ見ていきましょう。 今回の人物は強者として迫力を出したいので、右配置左向きにしています。 左向きでネガティヴな印象にならないよう、視線は上を向かせたいので、次のズームとアングルの項目で調整を行っていきます。 また、煽ることで自然とストロークが上に集中するので、三角構図に似た効果を発揮し、安定感とモチーフが押し上がっているような力強さが出てきます。 漫画を描く際のスピード線や集中線の効果を応用し、勢いをつけたい方向に長いストロークを有した身体の部位やモチーフを配置します。 今回は左下に視線がいくように配置しています。 ロングストロークは、リーディングライン(主役に視線を導くための交線)の活用や、対角線構図、斜線構図など、視線誘導を促す際にも活躍します。 勢いをつけたい方向、あるいは点に向かってストロークの長いものを配置することで、主役に動きを与えたり画面に躍動感を生むことができるのです。 通常、余白を多めに取ることで上品な絵作りになり、余白を狭く描くことで主役が迫ってくるような力強い印象に仕上がります。 余白は見る人の想像を掻き立てる役目も担っています。 迫力をとるか、想像の余白をとるか、絵のテーマに合わせて活用していきましょう。 余白と同様、画面からはみだした見えない部分にも見る人の想像の余地があるため、開放的な印象を与えることができるでしょう。 「描けるけどなんか変? 」に答えるイラスト再入門書 描けるけどなんか違和感がある。 いまいち魅力的な絵が描けない…。 人体のパーツや、具体的な構図例に沿って解説しているので、 読み進めるうちにどこを直せばいいのかが自然と見えてくるようになります。 キャンペーン応募方法 本キャンペーン、第2週目の募集は終了いたしました。 たくさんのご応募ありがとうございました。 本記事で一部内容を紹介したを抽選で1名様にプレゼントいたします! 申込方法: 描きナビ公式Twitterアカウントをフォローしてをリツイートしてください。 ・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。 ・当選者についてのお問合わせにはお答えできません。 ・当選のご連絡後6営業日以内に送付先をご連絡いただけない場合は、当選を無効とさせていただく場合がありますのでご注意ください ・当選者の権利を譲渡・換金・変更することはできません。

次の

【漫画・イラスト】魅力ある構図の作り方!実践的な例11パターン

構図 フリー

イラストの描き方に参考のキスの構図の一つ目は、BLのシーンのイラストです。 キスをしているのは二人とも男性ですが、受け身側の男性をか弱そうに書くことで、キスシーンに臨場感が生まれています。 余計な線などは一切書かず、シンプルなタッチなので、初心者の方でも参考に出来るイラスト画像ではないでしょうか。 キスシーンのイラストは、さまざまな角度で練習するのが上達のコツだと言われています。 王道の横顔だけではなく、画像のように上下のバージョンも参考にすると、さまざまな姿勢が書きやすくなるのではないでしょうか。 グレーを中心としたキスのイラストなので、大人な雰囲気が漂っていませんか?顔だけではなく手も描くことで、キスに対する慣れが伝わって来ます。 体のラインや線を書かない場合でも、しっかりとバランスを取ることがポイントとなります。 また、キスシーンを書く上で、顔は得意なのに体が上手く書けない…という方も多いですよね。 そういう場合は、紹介したイラストのように体を小物で隠すのもアリです!しかし、下書きの段階では、軽い線だけでも良いので、ちゃんとバランスを見ておきましょう。 顔だけ浮いたようなキスのイラストになってしまいますよ。 カップルに優しげな雰囲気を出したい場合は、髪の毛をエアリーにしてみてください。 ドキッとするようなキスシーンのイラストは、体は硬い線で書くことをおすすめします。 上の画像のように、女の子が男の子の洋服を掴んでいる仕草は人気です! また、男性は体のラインが出やすいTシャツなどのぴたっとした洋服、女性は可愛らしいニット素材の洋服で書くと、よりリアルなキスシーンを書くことが出来ます。 顔や体も重要ですが、どのようなファッションアイテムを着せるかもポイントですので、ぜひ参考にしてみてください。 インスタグラムの画像風に書いてあるイラストは、工夫が施されていてキュートですよね!カップルのそれぞれの表情も官能的です。 男性の止まっている手がリアルで、一気に臨場感を高めていませんか?王道のキスを練習したい方におすすめです。 また、カップルの王道のキスのイラストだけではなく、構図のアドバイスや描き方のポイントも含めた、胸キュン出来るイラスト11選などについても、詳しく紹介されています。 胸キュンするイラストは、色遣いも綺麗なので、見ているだけで幸せな気持ちになりますよね!何があるのか、気になった方は、ぜひ見てみてください!.

次の