イブ 薬。 生理痛・頭痛には、イブA錠 製品情報|エスエス製薬

イブプロフェン

イブ 薬

詳しい薬理作用 体内で炎症や痛み、熱などを引きおこす物質にプロスタグランジン(PG)というものがある。 体内でPGはアラキドン酸という物質からシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。 PGは炎症や痛みを引き起こす要因となる他、脳の視床下部にある体温調節中枢に指令を伝え、この指令を受け取った体温調節中枢は身体各部に体温を上げるように指示を出す。 これにより発熱が生じる。 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、痛みや炎症、発熱などを抑える作用をあらわす。 () イブプロフェンはNSAIDsの薬剤の一つでPG生成を抑えることで、抗炎症作用、解熱鎮痛作用などをあらわす。 主な副作用や注意点• 消化器症状(主に内服薬)• 胃部不快感、食欲不振、腹痛、吐き気などがあらわれる場合がある• 皮膚症状• 頻度は稀だが、かゆみ、発疹などがあらわれる場合がある• 喘息発作(アスピリン喘息など)(主に内服薬)• 頻度は非常に稀だが、気管支収縮作用などにより咳などの呼吸器症状があらわれる可能性がある• 息をするときゼーゼー・ヒューヒュー鳴る、息苦しい、息苦しいなどの症状がみられる場合はすみやかに医師に連絡する• 腎機能障害(急性腎障害など)(主に内服薬)• 頻度は非常に稀である• 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるいなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する イブ(市販薬・内服薬)• イブシリーズの多くはイブプロフェンを主な有効成分とする製剤• イブシリーズの製剤例• イブ:有効成分としてイブプロフェン単独を含む製剤• イブA錠:有効成分としてイブプロフェンに加え解熱鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した製剤• イブA錠EX:「イブA錠」に含まれるイブプロフェンの1回量(150mg)を1回量200mgに増量した製剤• イブクイック頭痛薬:「イブA錠」に含まれる3種の有効成分に加え、胃粘膜保護及びイブプロフェンの吸収促進成分の酸化マグネシウムを配合し、頭痛によりしっかり効くように設計された製剤• イブクイック頭痛薬EX:「イブクイック頭痛薬」に含まれるイブプロフェンの1回量(150mg)を1回量200mgに増量した製剤 メンソレータムアクネス25メディカルクリームb(市販薬・外用薬) ペアアクネクリームW(市販薬・外用薬) など• イブプロフェンを元に造られたイブプロフェンピコノールを主な有効成分とする外用薬(塗り薬)• 主な用途• ニキビ(尋常性ざ瘡)・イブプロフェンピコノールはニキビの原因菌(アクネ菌)による面ぽうの生成を抑え、抗炎症作用により赤いニキビを抑える作用などをあらわす• イブプロフェンピコノールとイソプロピルメチルフェノール(ニキビの原因となるアクネ菌などに対する殺菌作用をあらわす)の配合製剤の例• メンソレータムアクネス25メディカルクリームb• ペアアクネクリームW• モアファイン アクネ•

次の

歯痛に効く市販薬は?成分別の痛み止めを薬剤師が紹介

イブ 薬

妊娠を希望する時期は、基本的に健康であるという認識から、注意を促す添付文書などは少ないが、実は気をつけるべき薬があります 薬の添付文書には、よく「妊娠中、妊娠の可能性のある女性、また授乳中の方は服用を医師、薬剤師にご相談ください」という注意事項が記載されています。 一方で、妊活中、不妊治療中の女性への注意事項は、あまり見かけないものです。 妊娠を希望する女性は健康であることが前提であるため、過度に注意しすぎり必要はないのですが、習慣的に飲み続けていると妊活、不妊治療に影響する薬があります。 今回は、私が担当している不妊治療専門クリニックの漢方外来で、実際にご相談を受けた事例を中心にご紹介させていただきます。 ロキソニン、イブ等の非ステロイド性消炎鎮痛剤・NSAIDs 女性は生理痛や頭痛を抱えている方が多く、ロキソニン、イブなどのNSAIDsを常用している方は少なくありません。 「生理期間は初日から3日目まで、最高量を服用します」という方もよくいらっしゃいます。 NSAIDsは、プロスタグランジンの合成酵素の一つであるcyclooxygenase(COX)を阻害することで、解熱鎮痛作用の効果を発揮します。 このCOXは、排卵前の卵胞に発現し、卵の成熟や排卵を促すプロスタグランジンの合成に関わっています。 また、排卵期には頭痛を起こす方も多く、NSAIDsに頼るというお話もよく伺いますが、妊娠を希望されている時期は、排卵期の服用は可能な限り控えた方がよいでしょう。 またプロスタグランジンには、血管を拡張し、血液量を増やす作用があります。 COXを阻害され、プロスタグランジンの生成が抑えられた結果として、血液量が抑制されて、血流も悪くなり、冷えやすい身体になっていきます。 妊活中には、冷えることも、血液量が減ることや血流が悪くなることも、卵子の成長や、内膜の状態に関わってきますので、むやみなNSAIDsの服用はお勧めできません。 生理痛は本来は生理現象であり、痛みを伴うものではありませんが、冷えや、血流が悪いことで生理痛が起きやすい環境になります。 つまり、解熱鎮痛剤を常用することで、より痛みが生じやすい身体になっていきます。 もちろん、激しい痛みを伴う時や、炎症が強い時には、必要な薬です。 疾患の状態によりますが、基本的には、月に7回以上のNSAIDsの服用が毎月のように続く場合には、解熱鎮痛剤によって身体を冷やしている状態と考えていいでしょう。 妊活中、不妊治療中に頻繁な服用が必要な場合には、その場しのぎの解熱鎮痛剤に頼るのではなく、痛みを起こさないための処方や身体作りをすることが大切です。 中医学には「不通則痛、通則不痛」「通ぜざればすなわち痛み、通ずれば則ち痛まず」と言う言葉があります。 これは、体の水分、血液、気力、の循環が上手くいっていれば、痛みは起きないという理論です。 実際の漢方外来でも、初めての問診では、生理痛や、頭痛、排卵痛などの痛みを訴えられる方はとても多いのですが、体の状態を伺って、血流の悪さや水分代謝を改善することで、痛みが軽減される方、全く無くなる方も少なくありません。 初潮から、生理痛で悩まれていた方からは、「もっと早く知りたかった……」という声も頂きます。 痛みは体のSOS反応です。 体のSOSが起きないように、体の血流、水分代謝を良好に保つことが、妊娠に向けての体作りにも繋がります。 ドグマチールなどの胃腸薬、一部の抗精神病薬、抗うつ薬、制吐剤など プロラクチンは脳の下垂体から分泌され、本来は産後の女性が授乳をするために必要なホルモンです。 授乳期間ではなくても、血中のプロラクチン濃度が高いと、授乳期と同様に排卵が抑制されてしまうので、妊娠しづらい状態になってしまいます。 また、血中プロラクチン濃度が高いと、男女にかかわらず、性欲を低下させる作用もあります。 副作用として高プロラクチン血症を招く可能性が高い薬として、一部の抗精神病薬、抗うつ剤、制吐剤などが挙げられます。 服薬を中止することで治ることが多いのですが、減薬や休薬には十分な注意が必要なケースも多いので、かかりつけの医師のもと、休薬、減薬、変更を行うようにしましょう。 花粉症時に頻用される小青竜湯、胃炎・高血圧等で用いる黄連解毒湯など 漢方の中には、体内の余分な「湿」を除くことで症状を改善させる処方があります。 湿とは、中医学で考える自然界に存在する六気「風・寒・暑・湿・燥・火」の一つで、体の不調を引き起こす、湿気のことです。 小青竜湯は、花粉症やアレルギー性鼻炎でもよく使われますが、水鼻や涙といった症状を、身体の表面を乾かすことで改善させます。 黄連解毒湯は、体表の熱を冷まし、乾燥させる効果があります。 ですが、妊娠のためには、女性の膣が頸管粘液で潤い、精子が侵入できる状態であることが必要です。 これらの処方を服用することで、膣の頸管粘液も乾きやすくなるので、妊活中、不妊治療中は、できる限り服用を避けましょう。 また、漢方だけではなく、スパイシーな香辛料や、激辛の料理を好んで食べることも、身体を乾燥させます。 これらの食事を適度に食べる分には大きな影響はないのですが、食べ過ぎには注意しましょう。 クリニックで処方された場合には、医師から副作用や子作りの時期の休薬期間などの注意事項が伝えられますが、最近では、個人輸入によって安価にフィナステリドを入手される方が増えています。 この場合には、副作用などの説明も受けないまま、服用を継続されているケースもあります。 子作りの3ヶ月前からは休薬が望ましい薬ですので、妊娠を意識し始めたらお休み期間に入りましょう。 また、フィナステリドには、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きを低下させることで効果を発揮しますが、ジヒドロテストステロンは男性胎児の生殖器官等の発達に必要でなホルモンです。 フィナステリドを妊婦が服用、もしくは触るだけでも、皮膚を通して体内に吸収され、胎児の発育に影響が出てしまう可能性があり、妊婦さんにとってはリスクの高い薬です。 十分に注意して取り扱うようにしましょう。 今回は、4つの製剤をご紹介させて頂きました。 妊娠中だけではなく、「赤ちゃんが欲しい」と妊活に夫婦で取り組む時期にも、注意が必要なお薬があります。 薬はリスクよりも有益性が上回った場合には必要になりますが、「影響があるとは、知らずに服用してしまっていた……」とならないように、妊活中も、薬を内服する場合には、医師、薬剤師に相談をするようにしてください。

次の

頭痛薬のイブは飲み過ぎると危険!!

イブ 薬

妊娠を希望する時期は、基本的に健康であるという認識から、注意を促す添付文書などは少ないが、実は気をつけるべき薬があります 薬の添付文書には、よく「妊娠中、妊娠の可能性のある女性、また授乳中の方は服用を医師、薬剤師にご相談ください」という注意事項が記載されています。 一方で、妊活中、不妊治療中の女性への注意事項は、あまり見かけないものです。 妊娠を希望する女性は健康であることが前提であるため、過度に注意しすぎり必要はないのですが、習慣的に飲み続けていると妊活、不妊治療に影響する薬があります。 今回は、私が担当している不妊治療専門クリニックの漢方外来で、実際にご相談を受けた事例を中心にご紹介させていただきます。 ロキソニン、イブ等の非ステロイド性消炎鎮痛剤・NSAIDs 女性は生理痛や頭痛を抱えている方が多く、ロキソニン、イブなどのNSAIDsを常用している方は少なくありません。 「生理期間は初日から3日目まで、最高量を服用します」という方もよくいらっしゃいます。 NSAIDsは、プロスタグランジンの合成酵素の一つであるcyclooxygenase(COX)を阻害することで、解熱鎮痛作用の効果を発揮します。 このCOXは、排卵前の卵胞に発現し、卵の成熟や排卵を促すプロスタグランジンの合成に関わっています。 また、排卵期には頭痛を起こす方も多く、NSAIDsに頼るというお話もよく伺いますが、妊娠を希望されている時期は、排卵期の服用は可能な限り控えた方がよいでしょう。 またプロスタグランジンには、血管を拡張し、血液量を増やす作用があります。 COXを阻害され、プロスタグランジンの生成が抑えられた結果として、血液量が抑制されて、血流も悪くなり、冷えやすい身体になっていきます。 妊活中には、冷えることも、血液量が減ることや血流が悪くなることも、卵子の成長や、内膜の状態に関わってきますので、むやみなNSAIDsの服用はお勧めできません。 生理痛は本来は生理現象であり、痛みを伴うものではありませんが、冷えや、血流が悪いことで生理痛が起きやすい環境になります。 つまり、解熱鎮痛剤を常用することで、より痛みが生じやすい身体になっていきます。 もちろん、激しい痛みを伴う時や、炎症が強い時には、必要な薬です。 疾患の状態によりますが、基本的には、月に7回以上のNSAIDsの服用が毎月のように続く場合には、解熱鎮痛剤によって身体を冷やしている状態と考えていいでしょう。 妊活中、不妊治療中に頻繁な服用が必要な場合には、その場しのぎの解熱鎮痛剤に頼るのではなく、痛みを起こさないための処方や身体作りをすることが大切です。 中医学には「不通則痛、通則不痛」「通ぜざればすなわち痛み、通ずれば則ち痛まず」と言う言葉があります。 これは、体の水分、血液、気力、の循環が上手くいっていれば、痛みは起きないという理論です。 実際の漢方外来でも、初めての問診では、生理痛や、頭痛、排卵痛などの痛みを訴えられる方はとても多いのですが、体の状態を伺って、血流の悪さや水分代謝を改善することで、痛みが軽減される方、全く無くなる方も少なくありません。 初潮から、生理痛で悩まれていた方からは、「もっと早く知りたかった……」という声も頂きます。 痛みは体のSOS反応です。 体のSOSが起きないように、体の血流、水分代謝を良好に保つことが、妊娠に向けての体作りにも繋がります。 ドグマチールなどの胃腸薬、一部の抗精神病薬、抗うつ薬、制吐剤など プロラクチンは脳の下垂体から分泌され、本来は産後の女性が授乳をするために必要なホルモンです。 授乳期間ではなくても、血中のプロラクチン濃度が高いと、授乳期と同様に排卵が抑制されてしまうので、妊娠しづらい状態になってしまいます。 また、血中プロラクチン濃度が高いと、男女にかかわらず、性欲を低下させる作用もあります。 副作用として高プロラクチン血症を招く可能性が高い薬として、一部の抗精神病薬、抗うつ剤、制吐剤などが挙げられます。 服薬を中止することで治ることが多いのですが、減薬や休薬には十分な注意が必要なケースも多いので、かかりつけの医師のもと、休薬、減薬、変更を行うようにしましょう。 花粉症時に頻用される小青竜湯、胃炎・高血圧等で用いる黄連解毒湯など 漢方の中には、体内の余分な「湿」を除くことで症状を改善させる処方があります。 湿とは、中医学で考える自然界に存在する六気「風・寒・暑・湿・燥・火」の一つで、体の不調を引き起こす、湿気のことです。 小青竜湯は、花粉症やアレルギー性鼻炎でもよく使われますが、水鼻や涙といった症状を、身体の表面を乾かすことで改善させます。 黄連解毒湯は、体表の熱を冷まし、乾燥させる効果があります。 ですが、妊娠のためには、女性の膣が頸管粘液で潤い、精子が侵入できる状態であることが必要です。 これらの処方を服用することで、膣の頸管粘液も乾きやすくなるので、妊活中、不妊治療中は、できる限り服用を避けましょう。 また、漢方だけではなく、スパイシーな香辛料や、激辛の料理を好んで食べることも、身体を乾燥させます。 これらの食事を適度に食べる分には大きな影響はないのですが、食べ過ぎには注意しましょう。 クリニックで処方された場合には、医師から副作用や子作りの時期の休薬期間などの注意事項が伝えられますが、最近では、個人輸入によって安価にフィナステリドを入手される方が増えています。 この場合には、副作用などの説明も受けないまま、服用を継続されているケースもあります。 子作りの3ヶ月前からは休薬が望ましい薬ですので、妊娠を意識し始めたらお休み期間に入りましょう。 また、フィナステリドには、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きを低下させることで効果を発揮しますが、ジヒドロテストステロンは男性胎児の生殖器官等の発達に必要でなホルモンです。 フィナステリドを妊婦が服用、もしくは触るだけでも、皮膚を通して体内に吸収され、胎児の発育に影響が出てしまう可能性があり、妊婦さんにとってはリスクの高い薬です。 十分に注意して取り扱うようにしましょう。 今回は、4つの製剤をご紹介させて頂きました。 妊娠中だけではなく、「赤ちゃんが欲しい」と妊活に夫婦で取り組む時期にも、注意が必要なお薬があります。 薬はリスクよりも有益性が上回った場合には必要になりますが、「影響があるとは、知らずに服用してしまっていた……」とならないように、妊活中も、薬を内服する場合には、医師、薬剤師に相談をするようにしてください。

次の