モラハラ 意味。 モラハラをする人の特徴・心理・対処法

モラハラ(モラルハラスメント)の意味と被害に遭った場合の具体的な7つの対処法

モラハラ 意味

・・・・・・・・・ (怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い!!!!!お前が怖いわーーーーー!!!!)(心の叫び) 我が家でも、こんなような会話が何度も繰り返されていました。 私の夫は必ず一度は 「お前の好きな方にしたらいい」「お前が決めたらいいよ」という、優しくて寛大な夫のポーズをとってきますが、私が決めたことに 必ず必ず絶対に!!いちゃもんをつけてきます。 「好きにしていいっていうなら文句言わないでよ」というと、「いやまさかそんなん選ぶと思わへんやん 笑 」と笑顔でバカにしてきます。 これは機嫌が良くても悪くても同じ。 本当に180度意見が変わるので、こっちはワケがわかりません。 今言ったことと180度真逆のことを平然と言ってくるので、私自身「この人頭おかしいの?」「なんかの記憶障害なの?」「夫の頭が悪すぎるのか、私の頭が破滅的に悪すぎて理解できないのか、誰か教えて!? 」と本気で悩んだほどです。 普通は「Aがいい。 Bはない」という自分の意思があるのなら、 たとえ記憶がなくても自分の意思として「Aがいい。 Bはない」という意見は変わらないはずですよね。 だけど気分や状況などでそこがブレまくるのは、 モラハラ夫には自分の意思は一切ないということです。 モラハラ夫の気分だけで、その時その時の言動が変わります。 しかも本気で。 本気で「Aがいい」と言っていて、数分後には本気で「Bしかない」と思っているんです。 最初は私が「Aがいい」というので 「(お前の思い通りにさせたくない!)Aなんかありえんやろ!絶対にB!!」と、 まるでAを選んだ私がバカだといわんばかりの態度でした。 しかしその後舌の根も乾かぬうちに、「それじゃBにするね」と最終確認をおこなったところ、 「(なんでお前が決めてんねん!お前のいうやつなんか絶対に認めん!)なにがなんでもA!!」となるんです。 そのくせ「お前の好きな方にしたらいいよ」と寛大な夫のフリ。 モラハラ夫自身は結局AだろうとBだろうと、どっちでもいいんです。 だって意思がないから。 子どもでも、もうちょっと自分の意思あるよね。 結局モラハラ夫は、妻の思い通りになんて動くのがイヤなだけなんですよね~ そこんところの一貫性はものすごくありますよね! 「妻の思い通りにはさせないぜ!」という部分だけは一切ブレません。 モラハラ夫に相談や話し合いは無意味。 結果報告だけで良し!! ということです。 「ケンカしたら話し合え」 「他人同士が意見や考え方が合わなくて当然なんだ!解決するには話し合いしかない」 「それがまっとうな夫婦だ。 」 そう周りからアドバイスを受けて、あなた自身一生懸命モラハラ夫に相談や話し合いを持ち掛けてきたと思いますが、これらのアドバイスは 一般的な夫婦の場合に限りで、モラハラ夫には当てはまりません。 こんなアドバイスをくれる人は、モラハラ夫がどんな生き物なのか、モラハラ夫の意味不明な言動とその不気味さをわかってないんですね。 話し合いを持ち掛けた結果、多くのモラハラ被害者は鼻で笑われ、バカにされ、「頭がおかしいのか」と暴言を吐かれ、最終的に自分のやりたいことを妨害されて終わったのではないでしょうか。 そもそも話し合いとは、お互いが自分の想いや希望を話し、意見が合わなければお互いの話しをすり合わせ、落としどころを見つけて、お互いが納得できる解決策を模索することです。 しかしモラハラ夫は、あなたの想いや希望を全力でつぶしてきます。 モラハラ夫にとっての話し合いとは、「妻の想いや希望をつぶして自分の意見を押し通すこと」なのです。 モラハラ夫の許可を取らなくていいことはたくさんある 何かを決めるときは、「必ず話し合いが必要だ。 」「夫婦円満の秘訣はいかによく話し合っているかで決まる!」などという風潮がありますから、何かあれば「すぐに夫と話し合いをしなくては!」と考える人が多いのは仕方ありません。 むしろ被害者の中には「話し合いをしたい!」と考えている人も多いのでは? 私もそうでした。 「話し合いをしなければ!」「話し合いがしたい!」とすら思っていたので、一時はあれやこれやとうまく話し合える方法はないものかと模索したものです。 すべて完敗でしたが。 そうなんです。 結局モラハラ夫に関していえば、 話し合いは全く無意味です。 もちろんどうしてもモラハラ夫には話さなくてはいけないこともあるかと思いますが、あくまで事後報告でOK! 「Aに決まったから」 とだけ言っておきましょう。 文句は言われますが、相談したところで文句を言われバカにされ、自分の意見を一切無視して「妻の思い通りにしたくない」という想いだけで、あなたのやりたくない方にしろと強制されるんです。 だったら自分の好きな方を選んでから、文句を言われた方がまだマシではないですか? モラハラ夫にバレないようなことなら、報告すらしなくていいです。 そうすると思ったよりもたくさんのことが自由にできると驚くはず! 「自分の希望を叶えるには話し合わない方法が最も効率がいい」ということです。

次の

モラハラの意味とは!?具体例と合わせて詳しく解説!「マインドコントロール」はお手の物です!

モラハラ 意味

・・・・・・・・・ (怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い!!!!!お前が怖いわーーーーー!!!!)(心の叫び) 我が家でも、こんなような会話が何度も繰り返されていました。 私の夫は必ず一度は 「お前の好きな方にしたらいい」「お前が決めたらいいよ」という、優しくて寛大な夫のポーズをとってきますが、私が決めたことに 必ず必ず絶対に!!いちゃもんをつけてきます。 「好きにしていいっていうなら文句言わないでよ」というと、「いやまさかそんなん選ぶと思わへんやん 笑 」と笑顔でバカにしてきます。 これは機嫌が良くても悪くても同じ。 本当に180度意見が変わるので、こっちはワケがわかりません。 今言ったことと180度真逆のことを平然と言ってくるので、私自身「この人頭おかしいの?」「なんかの記憶障害なの?」「夫の頭が悪すぎるのか、私の頭が破滅的に悪すぎて理解できないのか、誰か教えて!? 」と本気で悩んだほどです。 普通は「Aがいい。 Bはない」という自分の意思があるのなら、 たとえ記憶がなくても自分の意思として「Aがいい。 Bはない」という意見は変わらないはずですよね。 だけど気分や状況などでそこがブレまくるのは、 モラハラ夫には自分の意思は一切ないということです。 モラハラ夫の気分だけで、その時その時の言動が変わります。 しかも本気で。 本気で「Aがいい」と言っていて、数分後には本気で「Bしかない」と思っているんです。 最初は私が「Aがいい」というので 「(お前の思い通りにさせたくない!)Aなんかありえんやろ!絶対にB!!」と、 まるでAを選んだ私がバカだといわんばかりの態度でした。 しかしその後舌の根も乾かぬうちに、「それじゃBにするね」と最終確認をおこなったところ、 「(なんでお前が決めてんねん!お前のいうやつなんか絶対に認めん!)なにがなんでもA!!」となるんです。 そのくせ「お前の好きな方にしたらいいよ」と寛大な夫のフリ。 モラハラ夫自身は結局AだろうとBだろうと、どっちでもいいんです。 だって意思がないから。 子どもでも、もうちょっと自分の意思あるよね。 結局モラハラ夫は、妻の思い通りになんて動くのがイヤなだけなんですよね~ そこんところの一貫性はものすごくありますよね! 「妻の思い通りにはさせないぜ!」という部分だけは一切ブレません。 モラハラ夫に相談や話し合いは無意味。 結果報告だけで良し!! ということです。 「ケンカしたら話し合え」 「他人同士が意見や考え方が合わなくて当然なんだ!解決するには話し合いしかない」 「それがまっとうな夫婦だ。 」 そう周りからアドバイスを受けて、あなた自身一生懸命モラハラ夫に相談や話し合いを持ち掛けてきたと思いますが、これらのアドバイスは 一般的な夫婦の場合に限りで、モラハラ夫には当てはまりません。 こんなアドバイスをくれる人は、モラハラ夫がどんな生き物なのか、モラハラ夫の意味不明な言動とその不気味さをわかってないんですね。 話し合いを持ち掛けた結果、多くのモラハラ被害者は鼻で笑われ、バカにされ、「頭がおかしいのか」と暴言を吐かれ、最終的に自分のやりたいことを妨害されて終わったのではないでしょうか。 そもそも話し合いとは、お互いが自分の想いや希望を話し、意見が合わなければお互いの話しをすり合わせ、落としどころを見つけて、お互いが納得できる解決策を模索することです。 しかしモラハラ夫は、あなたの想いや希望を全力でつぶしてきます。 モラハラ夫にとっての話し合いとは、「妻の想いや希望をつぶして自分の意見を押し通すこと」なのです。 モラハラ夫の許可を取らなくていいことはたくさんある 何かを決めるときは、「必ず話し合いが必要だ。 」「夫婦円満の秘訣はいかによく話し合っているかで決まる!」などという風潮がありますから、何かあれば「すぐに夫と話し合いをしなくては!」と考える人が多いのは仕方ありません。 むしろ被害者の中には「話し合いをしたい!」と考えている人も多いのでは? 私もそうでした。 「話し合いをしなければ!」「話し合いがしたい!」とすら思っていたので、一時はあれやこれやとうまく話し合える方法はないものかと模索したものです。 すべて完敗でしたが。 そうなんです。 結局モラハラ夫に関していえば、 話し合いは全く無意味です。 もちろんどうしてもモラハラ夫には話さなくてはいけないこともあるかと思いますが、あくまで事後報告でOK! 「Aに決まったから」 とだけ言っておきましょう。 文句は言われますが、相談したところで文句を言われバカにされ、自分の意見を一切無視して「妻の思い通りにしたくない」という想いだけで、あなたのやりたくない方にしろと強制されるんです。 だったら自分の好きな方を選んでから、文句を言われた方がまだマシではないですか? モラハラ夫にバレないようなことなら、報告すらしなくていいです。 そうすると思ったよりもたくさんのことが自由にできると驚くはず! 「自分の希望を叶えるには話し合わない方法が最も効率がいい」ということです。

次の

モラハラとは、どんな行為が該当しますか?

モラハラ 意味

概要 [ ] の、が提唱した言葉。 等が残るために顕在化(見える化)しやすいと違い、言葉や態度等によって行われる精神的な暴力は見えづらいため、長い間潜在的な物として存在していたが、イルゴイエンヌの提唱により一般にも知られるようになった。 イルゴイエンヌは、社会は精神的な暴力に対しては対応が甘いが、精神的な暴力は肉体的な暴力と同じ程度に、場合によっては肉体的な暴力以上に人を傷つけるものでであると述べる。 フランスにおいては、1998年時点では、社会は精神的な暴力に対しては対応が甘く、肉体的な暴力に対して厳しいので、その点が問題だという。 イルゴイエンヌは、セラピストとしてたくさんの被害者に接してきた結果、被害者が加害者の攻撃から身を守ることがいかに難しいか、よく知っている。 ストレスは行き過ぎなければ心身に深い傷を与えないが、これに対してモラル・ハラスメントは、心身に深い傷を与えるのが普通の状態なのである。 「モラルハラスメントがどれほど被害者の心身の健康に破壊的な影響を与えるのか、その恐ろしさを嫌と言うほど見てきた。 モラルハラスメントは精神的なである」とも述べている。 「モラル・ハラスメント」が成立するためには、「いやがらせ」が行われると共に、それが隠蔽されねばならない。 「いやがらせ」と「いやがらせの隠蔽」とが同時に行われることが、モラル・ハラスメントの成立にとって、決定的に重要である。 は、「愛」だと思い込んで相手を支配する「サディズムの変装」を、モラルハラスメントをする人自身が、「愛」だと思い込んで理解できない側面を指摘している [ ]。 また、被害者の支援者は肯定的な対応を行い、加害者と離れることを勧めたり適切な支援機関を紹介をしたりすることが大切である。 マリー=フランス・イルゴイエンヌによる定義 [ ] 加害者にとり、被害者は人間ではなく「モノ」 である。 とはいっても、モラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物にも傾向が存在する。 被害者は、起こった出来事に対して「自分が悪いのでは」と罪悪感を持ちやすい 、誰かに与えることを欲している というが利用される。 自己愛的な変質者が欲しているが持っていないものを持っているか、自身の生活のなかから喜びを引き出しているという性格の場合も被害者に選ばれやすい。 加害者は道徳家のように振舞うことが多い。 の人格に近いところがある。 しかしながら、加害者が人を支配しようとするのに、妄想症の人間が自身の「力」を用いるのとは対照的に、モラル・ハラスメントの加害者は自身の「魅力」を用いる (婉曲的な表現や倒置法を好んで使うなど)。 次に、ひとつひとつを取ってみればとりたてて問題にするほどのことではないと思えるようなささいな事柄・やり方により、被害者の考えやを支配・制御しようとする。 この段階では、加害者は被害者に罪悪感を与え、周囲には被害者が悪いと思わせようとする。 被害者が自立しようとすると、や罵倒などの精神的な暴力を振るい始める。 だが、モラル・ハラスメントのメカニズムが機能しているかぎり、加害者の心には安寧がもたらされるので、被害者以外の人には「感じのいい人」として振る舞うことが出来る。 そのため、その人が突然モラル・ハラスメントの加害者として振る舞ったとき、周囲には驚きがもたらされ、時にはハラスメントの否認さえなされる。 故に、被害者は自分のほうが悪いのではないかと逡巡し、暴力行為自体は相手が悪いが、原因は自分にあると思考してしまう。 モラル・ハラスメントの加害者が行う個々のは、普通の人でもやってしまうことがあるものだが、普通の人はためらいや罪悪感を伴ってしまうところを、「本物の加害者」 は自身のほうが被害者だと考える。 反対に、耐えかねた被害者が加害者に肉体的な暴力をふるってしまうこともよく起こる。 加害者がそのように仕向けることすらある。 「自己愛的な変質者」、この人達は人々をひきつけ支配下に置き価値観の基準をひっくり返すことができる。 集団に混じっていれば集団的倫理観が破壊されてしまう。 [ ] 加害者は自分のしていることを周りにも、相手にも気づかれないようにして、巧みに被害者を傷つけていく。 その結果、被害者は、肉体的にも精神的にもかなり苦しんでいるのにその苦しみの原因がわからず、時には随分時間がたってからようやく自分がモラルハラスメントを受けていた事に気づく。 また、何年も経過した後でも被害者は、行動する度に加害者から言われた中傷誹謗や軽蔑の言葉が頭に蘇り、(PTSD)に長期的に悩み苦しむこともよくある。 [ ] 加藤諦三による例示 [ ] 親に「勉強しなさい」と言われて子供が「イヤだ」と言っているような関係なら、モラルハラスメントは成立しない。 しかしモラルハラスメントが成立していると「なんで誰々さんのようになれないの」と言われて「あんたの子供だからだよ」とはとても言い返せない。 モラル・ハラスメント加害者の人格・心理構造 [ ] マリー=フランス・イルゴイエンヌによると、 「自己愛的な変質者」 は、誰かから奪うことを欲している 、内心の葛藤を自身で引き受けることが出来ず外部に向ける、自身を守るために他人を破壊する必要を持つという「変質性」を持つ。 子供の頃に受けた何かのによってなるだと考えられるが 、普通の人なら罪悪感を持ってしまうような言動を平気で出来る 、そのような特徴から「症状のない精神病者」と理解される。 加害者の攻撃性はが病的に拡大されたものである。 モラル・ハラスメントの加害者は、自分が「常識」であり、真実や善悪の判定者であるかのようにふるまい 、優れた人物であるという印象を与えようとし 、自分の欠点に気づかないようにするために他人の欠点を暴きたて 、称賛してもらうために他人を必要とする。 加害者の論理では、他人を尊重するなどという考えは存在しない。 加害者は復讐の気持ちをともなった怒りや恨みも持ち 、被害者にすべての責任を押しつけてしまうことによって、ストレスや苦しみから逃れる。 相手の弱みを見つけ暴き攻撃することによって優位を保とうとする。 この時その相手というのは、自己愛的な変質者の心のなかでは全てに責任のある悪い人間、すなわち破壊されなければならない人間であり、執拗に攻撃を繰り返すのだが、この過程で加害者が相手のアイデンティティーが破壊していくのを見て喜んでいるのには間違いない。 カレン・ホルナイによると、 加害者のサディズムは、攻撃的パーソナリティーでは顕著に表れ、直接攻撃でわかりやすいが、迎合的パーソナリティーの人の場合には狡猾に表れる。 迎合的パーソナリティーの人によるモラルハラスメントは迎え入れた相手に合わせ、優しい言葉や態度で誘惑し、を通して相手を攻撃していく。 モラル・ハラスメント加害者 モラル・ハラスメンター の特徴・行動パターン [ ] この記事はに基づく疑問が提出されているか、議論中です。 そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。 議論はを参照してください。 ( 2015年2月)• を持たない。 責任を他人に押し付ける。 強い者には弱く弱い者には強い。 猫なで声や慇懃無礼。 ある事柄においてのみ感情的恐喝をするのではなく、もともと感情的恐喝が出来る人格である。 立派な言葉を使う。 しかしその人の日常生活や内面の世界は、その立派な言葉に相応しいほど立派ではない。 際限もなく非現実的なほど高い欲求を周囲の人にする。 縁の下の力持ちとなり、自分は「愛の人」となる(本質にあるのは憎しみと幼児性)。 子供に反抗期がない(信頼関係がない)。 ターゲットにする相手に対し、前に言ったことと今言うことが矛盾していても、何も気にならない。 人を怒鳴っておいて、それが自分にとって不利益になると分かれば態度をがらりと変える。 他人の不幸は蜜の味。 恩に着せる(自己無価値感が基にある)。 不安を煽り、解決し、相手に感謝を捧げさせる()。 その一方で自分への被害は甚大な被害に扱う。 恩を売られるのを拒む。 しつこい人であることが多い。 心に問題がある。 誘発者としての側面がある• 相手の実績や功績を全く認めず、学歴や家柄、家庭環境だけで相手を判断する。 仕事や学力で他人より劣っているというコンプレックスがあり、それを隠すため他人を言動による攻撃を行う。 感情のコントロールが出来ず、相手の些細な言葉で場所や状況をわきまえずに喚きちらす。 一部の加害者には、発達障害同様の言動が見られる。 モラル・ハラスメントの条例・法律など [ ] 1月には、フランスで、職場におけるモラル・ハラスメントを禁止する法律が制定された。 、モラル・ハラスメントは犯罪()となり、実刑懲役1年と1万5千ユーロの罰金となる。 2014年8月の法改正により、懲役2年、3万ユーロの罰金(被害の深刻度により実刑・罰金は変動する)。 、スウェーデンでは、企業におけるモラルハラスメントが犯罪として認められる。 モラル・ハラスメントのセカンド・ハラスメント [ ] セカンド・ハラスメントを行う人には少なくとも三種類ある。 悪質な「担当者」あるいは「専門家」• 同じ虐待者に脅かされて混乱している周辺の人物• 同じような虐待者によるハラスメント被害を受けており、それを受け入れているお節介な人 心身への影響と治療 [ ] 一般的に見られる症状と治療法など。 これらの症状がある場合、適切な治療を行い加害者には更生、被害者には治療をサポートする。 (治療法については「」を参照)• による機能障害(不眠、食欲不振、頭痛、腰痛、イライラなど)(管理・治療法については「」「」を参照)• (治療法については「」を参照)• (治療法については「」を参照)• (治療法については「」を参照)• PTSD (治療法については、「」を参照)• 脚注 [ ]• イルゴイエンヌ 2006 pp. 12 - 14. イルゴイエンヌ 2006 pp. 19, 12 - 13• 「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」P25• イルゴイエンヌ「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p31• 『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』P236• 安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』P31 その他、「 harceler ( アルスレール )」(しつこく攻める、悩ませる)の語源 「 harer ( アレーレ )」(犬を獲物にけしかける)など。 「 e-moveo ( イー・ムヴィオ )」=「外へ-動く」)• 安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』P33• 加藤諦三『モラル・ハラスメントの心理構造』• 鈴木 由美 2007 ..桐生短期大学紀要, 18,79-85.• イルゴイエンヌ「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p163,p230• 9 - 10. 241. イルゴイエンヌ 2006 pp. 218 - 220. イルゴイエンヌ「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p226• イルゴイエンヌ 2006 p. 226. イルゴイエンヌ 2006 pp. 250 - 255. 10 - 11. イルゴイエンヌ 2006 p. 228. イルゴイエンヌ 2006 pp. 250 - 259. イルゴイエンヌ 2006 p. イルゴイエンヌ 2006 pp. 11, 209. イルゴイエンヌ 2006 p. イルゴイエンヌ『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』• イルゴイエンヌ『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. イルゴイエンヌ 2006 pp. 209 - 210. イルゴイエンヌ 2006 pp. 12, 211, 222 - 224, 227 - 228. イルゴイエンヌ 2006 pp. 210 - 211. イルゴイエンヌ 2006 pp. 211 - 215. イルゴイエンヌ 2006 pp. 209 - 228. 215. 216. イルゴイエンヌ 2006 p. 212, 218. イルゴイエンヌ 2006 p. 256. イルゴイエンヌ『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』P338• 加藤諦三『モラル・ハラスメントの心理構造』P. イルゴイエンヌ 2006 pp. 224 - 225. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 140• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 139• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造』P. 120• 同 P. 139• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造』P. 181• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造』 P. 128• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 183• 同 P. 184• 同 P. 177• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造』P. 185• 安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』P. 209• イルゴイエンヌ 2006 p. 独立行政法人労働政策研究・研修機構 2015年11月. 2005年11月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年4月19日閲覧。 誰が星の王子さまを殺したのか モラル・ハラスメントの罠 P104• イルゴイエンヌ 「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p210-219• 大和田 敢太 2011 ..彦根論叢, 387,136-165. 参考文献 [ ]• 安冨歩 『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』 明石書店、2014年。 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で相手を苦しめる人〜』 大和書房、2013年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の