レギュラ トリー サイエンス 学会。 レギュラトリーサイエンスについて

PMDAレギュラトリーサイエンスセンター開設記念シンポジウムの開催について

レギュラ トリー サイエンス 学会

開催趣旨 PMDAでは、医薬品・医療機器・再生医療等製品の品質・有効性・安全性の科学的な評価・判断に資するレギュラトリーサイエンスに係る取組みを進めてきました。 その活動を組織的に一元化するためにレギュラトリーサイエンスセンターを平成30年4月1日に設置したところです。 レギュラトリーサイエンスセンターは、PMDA業務に関連する科学的課題への対応の強化及び効率化、承認審査及び安全対策の質の向上、科学的エビデンス等のレギュラトリーサイエンス関連情報の発信やガイドライン等の発出支援を通じて、PMDAにおける相談から承認審査、安全対策まで一貫した科学的根拠に基づく予測、評価及び判断に資することを目的としています。 レギュラトリーサイエンスセンターの目的と取組み、今後の展望を紹介するとともに、レギュラトリーサイエンスセンターへの期待などに関する基調講演をいただきながら、併せて第3期科学委員会の成果も発信すべく、「 PMDAレギュラトリーサイエンスセンター開設記念シンポジウム」を下記のとおり開催いたします。 数多くの皆様のご参加をお待ちしております。 開催案内ポスターは 盛会裏に終了しました。 ご参加くださいました皆様には重ねて御礼申し上げます。 <一般参加者の皆様>• 参加費は無料です。 参加ご希望の方は、以下のサイトより平成30年7月30日(月)までにお申し込みください。 参加申込サイト:• 申込サイトは既定の人数に達した場合、受付を締め切らさせていただきますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。 車椅子でご来場の方は、下記の「問合せ先」にございますRSセンターシンポジウム事務局までご連絡ください。 ただし、車椅子専用席が1席しかないため、希望者多数の場合は抽選とさせていただきますのでご了承ください。 なお、抽選漏れの場合は、可能な限り出入口付近や通路側に着席できるよう予め座席の調整をいたします。 <報道関係者の皆様>• 申込み方法 以下の取材申し込み先宛てに、ご来場される全ての方の(1)所属(社名・部署名)、(2)氏名(漢字・フリガナ)、(3)連絡先(電話番号)をご記入いただくとともに、メールタイトルに「PMDAレギュラトリーサイエンスセンター開設記念シンポジウム取材希望」と明記の上、 7月27日(金)16時までにメールにてお申し込みください。 なお、動画撮影をされる場合はその旨明記ください。 また、スペースが限られているため、申込人数が多い場合、動画撮影希望が想定よりも多い場合は、1社あたりの人数などを制限させていただくことがあります。 【取材申し込み先】 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 研究支援・推進部 科学委員会事務局 メール:scienceboardアットマークpmda. 第1部 13:00~14:55 司会:矢守 隆夫(PMDA理事) 時間 内容 演者 13:00-13:05 開会挨拶 近藤 達也 (PMDA理事長) 13:05-13:10 来賓挨拶 森 和彦 (厚生労働省 大臣官房審議官(医薬担当)) 13:10-13:45 基調講演 間野 博行 (国立がん研究センター 理事・ がんゲノム情報センター長・研究所長) 13:45-13:55 永田 恭介 (筑波大学長) 13:55-14:15 上田 龍三 (愛知医科大学 医学部 教授) 14:15-14:35 井上 純一郎 (東京大学医科学研究所 分子発癌分野 教授) 14:35-14:55 光石 衛 (東京大学 大学執行役・副学長、教授) 休憩:14:55~15:15• 第2部 15:15~17:00 司会:佐藤 大作(PMDA審議役) 時間 内容 演者 15:15-15:35 新井 洋由 (PMDA RSセンター長) 15:35-15:55 下川 昌文 (PMDA 先端技術評価業務調整役) 15:55-16:15 安藤 友紀 (PMDA スペシャリスト(生物統計担当)) 16:15-16:35 宇山 佳明 (PMDA 医療情報活用部長) 16:35-16:55 国忠 聡 (日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 委員長) 16:55-17:00 閉会挨拶 林 憲一 (PMDA理事(技監)) 主催 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 問合せ先 RSセンターシンポジウム事務局 E-mail:RSC-symposiumアットマークpmda. jp (「アットマーク」を「 」に置き換えてください).

次の

レギュラトリーサイエンスについて

レギュラ トリー サイエンス 学会

2018. 会見には菊地理事長や中野壮陛専務理事、新見裕一常務理事、林茂事務局長らが出席し、3年前の設立30周年時に立案した『中期経営計画』の達成状況などを発表した。 新事務所で各種事業を充実、強化 会見で菊池理事長は「当センターは3年前に設立30周年を迎えたが、その時に5年間の中期経営計画を策定した。 今年度は中期経営計画の3年目の折り返し地点にあたる。 中期経営計画ではこれまでの事業を継承しながら、かつ時代の要請に応じ、日本の医療機器の振興をより高めるため、新しい事業にも取り組んでいる」と中期経営計画を着実に推進していることを明かした。 事務所を移転したことにふれては「中期経営計画を実現するため、職員間のコミュニケーション向上や、業務の効率化、お客さまとの相談・打ち合わせスペース拡充を目的に、事務所移転を計画し、7月9日に新事務所に移転した。 物件探しに苦労したが、前事務所と同じ本郷の地に新事務所を構えることができ安堵している」と述べ、新事務所移転を機にさらなる発展を祈念した。 新しい事業については「就活生向け医療機器産業の情報サイト『医機なび』を6月に開設した。 医療機器産業を基幹産業の1つにしよう、という政府の方向もあり、優秀な人材を集めるため、就活生向けに医療機器産業全体の魅力を正確に伝えていく。 これは1企業ではできないことなので、業界企業からは好評を得ている。 また、日本医療研究開発機構(AMED)の『若手研究者向け医療機器事業化サポート機関』として当センターが採択(7月13日付け)された。 医療機器を開発してもなかなか上市できない現状や、産業側に市場を熟知した開発者が育っていないなどの課題もあることから、開発から上市までの知識やノウハウの習得を目的に、若手研究者の人材育成を行っていく」と説明した。 国際交流活動では米国のAdvaMedやAAMIの主催のカンファレンスに研究員を派遣し、情報収集と交流を図ってきた。 一方、認証事業ではやさしく、ていねいな対応による短期間での認証取得をめざし、無料面談・企業訪問や、無料説明会を実施した。 認証実績は平成 28年度が41件、平成29年度が43件となる」と説明した。 助成金は1件あたり50万円で、平成29年度に採択した4件は8月下旬に公開する予定だ」と語った。 また、新設の医療機器・社会経済研究会に関しては「今後ますます重要な役割を担う医療機器やICT技術について、社会経済面からの実証実験を推進するため、研究者間の交流の場として、医療機器・社会経済研究会を設置した。 特に若手研究者が医療機器について学び、医療機器に関する実証実験を行うことを支援している。 同研究会は2か月に1回開催しており、1回あたり約20名が参加している」とした。 公募型リサーチペーパーと医療機器・社会経済研究会の活動は車の両輪で、相乗効果により若手研究者の育成が強化されることで、政策提言活動も充実してくることが期待される。 「医療機器産業における初任者研修や開発人材育成、コーディネータ養成、中小医療機関向け医療安全人材育成のための研修事業などを実施していく」とし、平成31年の1月に東京で『医療機器の開発実務者育成セミナー』、同2月に東京と大阪で『医療機器品質管理監督システム(QMS)入門講座』を開講すると予告した。 今後は医療機器団体の協力を得ながら長期的に発展させていきたい」と説いた。 若手研究者を育て開発支援 一方、AMEDの『若手研究者向け医療機器事業化サポート機関』に採択されたことについては「AMEDが採用する5名ほどの若手研究者の医療機器の開発をサポートしていく。 NEWS カテゴリー• 129• 167• 4 NEWS タグ•

次の

中期経営計画の達成状況を発表【医療機器センター】

レギュラ トリー サイエンス 学会

棚の段変更が、25mmピッチで、自由に調整、変更ができます。 高さ、奥行が同じであれば、増結することができます。 また、支柱を兼用することにより、コストダウンが図れます。 優れた断面構造で、荷重、横からのねじれにも強いC型形状の支柱を採用しています。 樹脂ベースの使用により、床を傷つけません。 必ず均等に荷重を分布させてご使用ください。 連結型のみではご使用できません。 【代引不可】M3型中量棚 1500X921XH1200 4段 連結 ネオグレー M3-4594BNG商品情報 オレンジブック発注コード 508-4997 質量 83. 1 kg 原産国 日本 古代オリエントの動物をつくろう! 展示している作品をアイデアに、粘土で自由につくってみましょう。 夏休みの宿題にもピッタリ!.

次の