公明党 芸能人。 創価学会と公明党支持者。

公明党と創価学会ってどういう関係なの?(テレ東で池上彰がF票を話題に)

公明党 芸能人

「山口代表は信心がわかっていない」と古参学会員。 東京都在住のある創価学会員は、冗談ともつかぬ顔でそう言う。 2019年7月21日に投開票された参議院選挙で、公明党は改選議席11のところ14人の候補者を当選させた。 一方の自民党は、自公の与党で改選議席の過半数を押さえたとはいえ、改選議席66のところ当選57と党勢を衰退させた。 いわゆる改憲勢力も参院の3分の2を割り込み、単純に「勝利を祝う」というムードでもない。 しかし公明党は22日に出した党声明で、この結果を「わが党の大勝利」と表現。 表面上、喜びに沸いているともいえる状況だ。 ただし「大勝利」の背後にある数字は、決して公明党の将来について楽観視できるものではない。 今回の選挙で公明党が全国から集めた比例票は653万票。 国政選挙における公明党の比例票は、2005年衆院選の898万票を頂点に以後減少し続けているが、17年衆院選の697万票から、ついに2回連続で700万票を割った。 比例票だけで見れば、最盛期と比べて、14年間で公明党の票は240万以上(約30%)が消えた計算になる。 ただし今回の参院選で公明党を救ったのは、48. 8%という過去2番目に低い投票率だった。 これで公明党は得票数を減らしながら、比例代表全体の得票率では前回同様の13%台をキープ。 それで「正直、比例での議席は取れて最大6と考えていた」(ある創価学会幹部)との予測を裏切る勝利となった。 投票日の19年7月21日は全国的に天候もすぐれず、「晴れていたら投票率が上がって危なかった」という前出の学会員の言葉は、あながち的を外したものでもない。 公明党票の減少、つまりアクティブな創価学会員の減少という問題に関して、その第一の原因と多くの関係者が指摘するのが学会員の高齢化だ。 カリスマ・池田大作名誉会長とともに学会の伸張を支えてきた熱心な世代の会員たちは、現在軒並み高齢者。 現在の新規入会者がほとんど「親が創価学会員だから」という理由で入る2世や3世で、創価学会の活動に関してそこまで熱心ではない。 今や創価学会の日常行事などの多くは「まるで老人会」と内部関係者でさえ揶揄するほどだ。 ただ今回の参院選の比例票減少には、別の要因があると指摘する声もある。 「今回は比例票の掘り起こしはいいから、とにかく選挙区候補の応援をがんばれというのが上からの指示だった」 そう話すのは、関西在住のある古参学会員。 19年4月の統一地方選から続く維新旋風への警戒感は今なお強く、「大阪と兵庫の選挙区から出ている候補者だけは絶対に落とすなという厳命だった(結果として大阪・兵庫の候補は無事当選)」(同前).

次の

公明党

公明党 芸能人

創価学会と公明党支持者。 公明党を支持してる方たちってみんな創価学会の方たちなんですか? 無知ですみません。 創価学会と公明党が強く結び付いてることは分かりますが、みんながみんな創価学会なのでしょうか? 20歳になってから毎年実家に電話をしてくる子がいます。 高校時代の同級生です。 たいして仲良くもなく名前を言われてもしばらく思い出せなかったような子なのですが 熱心に選挙前になると電話してきて「公明党にいれてねお願いします」と言われます。 最初はは??と思って流してましたが今は色々わかり無視してます。 上司だし「はい。 」と答えました。 その途端「ご主人とご両親たちにもお願いしてくれる?」と言われ 「はぁ。 言うだけ言ってみますけど・・・」と流したら「これで6人ね。 」と数を数えとてもうきうきした表情になられました。 その方のことをネットで調べたら公明党で創価学会員でした。 やっぱりなって思いましたがなんで公明党を支持するひとって周りにこういう個人的お願いをするんでしょうか? 他の党の支持者にはこんなことされたことありません。 ノルマとかあるんですか?御苦労なことだなぁと思う反面、純粋に疑問に思いました。 貴方が言われるように公明党支持者の全てが創価学会員というのは違うと思います。 自分は難病認定者です。 自分だけでなく自分の同窓生や友人・知人にも難病認定者や難病の方々がいます。 創価学会員ではなくても公明党を支援しています。 なぜなら、公明党や公明党議員が、難病指定の拡大に粘り強く活動してくれたお陰で、認定を受けられたし、まだ指定されていない病気の指定拡大に活躍してくれているからです。 他にも障害者やがん治療家族の方なども知っております。 それ以外にも、有識者の方々や団体等も支援されているようです。 皆さん共通しているのは、世間の悪辣な風評とは全く異なり、真実の公明党や公明党議員の行動と実績を知っているからだと思います。 それから貴方が言われるような支援活動は、公明党に限らずどの政党や、企業や組合・団体組織等々の多くが実施しており、何か公明党だけが特別な活動をしていると言うのは、間違いだと思います。 そのような支援活動は投票日前日まで、どこのどんな所から依頼や確認の電話や訪問があるか解らないのではないでしょうか? はっきり言って、あなたは成人でしょ? 選挙権もってるなら、メニフェストをみて、その党の実績をみてから判断したほうがいいと思います。 実績がものを言いますから。 わたしは公明は昔から嫌いでしたが、庶民から出た団体で、住民の身近な声を直接聞いてくれて吸い上げてくれる こんな党はほかにはないと思います。 公明党イコール創価学会だから、支持しないなんていうのなら、定額給付金も子供手当ても子宮頸がんワクチンも、公明党が法案をとおして実現したものはご自身のポリシーでお受けなければいいと思いますね! 創価学会と公明党はまた違うものですから。 公明党に面倒見てもらってるのに、創価学会だから入れないなんていうのは、 やっぱり、正しい目で社会を見れてない証拠でしょう。 実績をみて判断が一番いいやり方です。 公明党に入れたからといって、聖教新聞を取る必要はありませんし、 次回頼まれたときには、別の党に入れてもかまわないのです。 投票は自由です。 自分の生活がよくなるなら、投票する。 創価学会が大嫌いで投票したくないなら、 公明党を頼んでくる友達に、二度と来るな!学会は嫌い!公明党に入れません!と言ったらいいと思います。 大人なのですから、自分が気にいらないものは理由があるのが当然でしょ? はっきりと学会員に理由を言わないから、食事なんか誘われるんですよ。 大人なんですから、自分の生活が果たしてくるなるのか?どうか判断くらい出来ないとだめです。 公明党=創価学会。 公明党の議員さんは創価学会の名誉会長に逆らえないという関係。 選挙頼んでくる人は100%創価学会員だからと思って間違いないです。 彼らが訴える政策も上から言われた事をそのまま伝えてるだけ。 公明党は自民党と与党でしたが、世の中どんどん悪くなるばかりで借金が増える一方でした。 あれやったこれやったと聞こえの良いこと言ってますが、大きなことは全然やっていないどころか、 年金100年安心だと嘘までついていました。 自民党の監視役だなどと言いながら、監視機能を果たさないどころか、一緒に悪政をやってきました。 創価学会の人はいいところしか見ようとせずに公明党支援を人に押し付けてきますが、選挙頼めば頼むほど宿命転換ができるだの、願いが叶うだのという本音があるから必死です。 役職者は集めた票=実力と見られるので必死です。 国を良くしたいと言っていますが、創価学会に支配されて創価学会のあのおかたの顔色伺いながらでは無理です。 末端信者は何も知らずに動かされてますが、創価学会が政治的力が欲しい理由が国民の為ではなく、実は別のところにある以上安易に支援に応じないほうが無難でしょう。 20年位前のアメリカ映画で「デッド・ゾーン」というSFがありました。 ストーリーは、未来を見る能力を持ってしまった主人公が、新大統領が核のスイッチを入れる未来が見えたため、かつての恋人のためにも、その大統領候補の暗殺を計画する、というものでした。 その映画で、そろいのTシャツを着たボランティアの男女ペアが、選挙活動で大統領候補のアピールのため、各家庭を個別訪問する場面が出てきます。 でも今仕事中なので、ちらしだけもらえますか」「もちろん」。 実はその女性がかつての恋人で、思いがけず再開した、重要なシーンでもありました。 いやいや、何がいいたいか、というと、そのとき、「アメリカではこうやって、選挙活動するんだな~」と思った記憶があります。 一般市民一人ひとりが人と会って、自分が推薦する候補のアピールをし、応援をお願いする。 これは民主主義の国アメリカでは、当たり前の民主主義的な選挙活動なんだなと。 主様の上司も、支持する候補と街頭演説か何かで会って、人柄や話の内容が信頼できるとふんだから、主様に薦めたのでしょう。 他の政党ではこんなことされたことない、といいますが、そりゃ、巨大な労働組合だの企業だのマルマル団体だの、既成の利権のからんだ大票田の上にあぐらをかいてる候補は、しないで済むでしょうよ。 その団体のトップにいい顔してれば済みますから。 主様は、どうせ組織の上から命令されて仕方なく頼んでるのだろう、とふんでるようですが、こうは考えられないですか?。 「この1票1票の積み重ねが、日本を良くする、人びとの暮らしをよくするに違いない。 」と思ってるからこそ、活動できるのだと。 意外でしょうがノルマはないです。 主様の上司もそうですが、知り合いに頼んだらその責任がありますから、その候補がちゃんと約束を守るか、頼んだ方も、見てます。 だから議員も手は抜けません。 仕事をします。 実際、公明党のマニフェスト達成率は90%以上です。 奨学金の拡充、出産一時金のアップ、子宮頸がんワクチンを認めさせた、父子家庭への加算、・・・まだまだ。 できればHPで実績みていただきたいです。 マネーゲームやパワーゲームでない、「人間のため」という実績ばかりです。

次の

元友人であった創価学会員があまりにも怖すぎる件について

公明党 芸能人

いわゆる大物芸能人が登場したのは、ほぼ全てしんぶん赤旗日曜版です。 赤旗日曜版といっても、実際に目にしたことがない人が大半だと思いますので、簡単にその概要や特長を簡単に説明します。 赤旗日曜版の概要と特長 共産党機関紙赤旗とは別物 赤旗日曜版は、日刊紙である共産党機関紙赤旗とは別物で週刊誌という形態です。 実際、下記の広告をみると一般の週刊誌かと思うくらい、共産党色は希薄です。 共産党がなぜ一般紙のような週刊誌を発行しているかというと中心購読者である共産党員も一般の国民とおなじように社会ネタ・日常生活ネタ・芸能ネタに情報ニーズがあるからです。 発行部数は約100万部 赤旗の日曜版は約100万部もありますので、下手な週刊誌や地方新聞よりも影響力が大きいことが特徴です。 つまり、赤旗は共産党機関紙ではあるものの、共産党に関わる政治記事だけではなく、事件や芸能情報等、一般紙で掲載されている情報も扱うという編集方針の下、発行されているのです。 最近でも毎週のように芸能人が赤旗日曜版に登場しています。 クライムサスペンス・オトナの土ドラ「仮面同窓会」(東海テレビ・フジテレビ系、原作・雫井脩介)でヒロインの竹中美郷を演じたことに関するインタビュー記事となっています。 桐谷健太もドラマ「水族館ガール」に主演した俳優として登場しました。 つまり、赤旗日曜版に登場したといっても芸能欄にインタビュー形式で記事化されていますので政治的な要素は全くありません。 赤旗に登場した芸能人=共産党支持者・シンパではありません。 上記から、赤旗の紙面に登場したからといって共産党支持者・シンパというわけではないのです。 赤旗編集部も共産党支持の芸能人しか登場させないということではないようです。 ただ、全くの共産党嫌いであれば取材に応じないというのも事実だと思います。 この点で、創価学会の信者の芸能人しか登場しない聖教新聞とは根本的に異なります。 芸能人サイドからすれば、自分の出演したドラマやテレビを広く知ってもらえるというメリットは大きいですので、こちらが考えているよりは共産党の機関紙に登場するハードルは低いようです。 また、芸能人からすると他の週刊誌にくらべ、赤旗はゴシップ記事は載せないという安心感があることも大きいようです。 実際には藤原紀香は、特に共産党支持者というわけでないようですが、そう思われても仕方ないような登場の仕方でした。 一方AKB48の内山奈月は、憲法に関する記事に登場していましたので、大きな反響がありました。 共産党支持を明確にしている有名人や芸能人 一方で、共産党支持を明確にしている有名人や芸能人が存在するのも事実です。 古くは、鉄腕アトムの生みの親、漫画の神様と称される手塚治虫氏は共産党シンパだったとされています。 また、作家の瀬戸内寂聴さんは、選挙のたびに共産党に投票すると公言しています。 また、、ユニコーンの奥田民生は、父親が共産党だと公言してましたが、本人が支持者かどうかは不明です。 共産党シンパとされる有名人・芸能人一覧 共産党シンパとされる有名人・芸能人は、共産党の記念行事等に実名でお祝いを寄せることが通例です。 最近だと、「しんぶん赤旗」日曜版の創刊60周年を記念して、以下の方々が紙面上で祝意を表しています。 いわば、能動的に共産党を支持しているのに等しいです。 共産党シンパとされる有名人・芸能人一覧 作家 赤川次郎さん 生活研究家 阿部絢子さん エッセイスト 海老名香葉子さん 俳優 大竹しのぶさん オペラ歌手 幸田浩子さん 日本棋院副理事長・九段 小林覚さん 将棋名人 佐藤天彦さん 俳優 白石加代子さん 作詩家・作家 なかにし礼さん 歌舞伎俳優 中村芝翫さん 俳優 奈良岡朋子さん 沖縄音楽ボーカルグループ ネーネーズ 演歌歌手 福田こうへいさん 俳優 冨士眞奈美さん 歌手 松崎しげるさん 料理人 森野熊八さん 芸能人が共産党支持だと公言することのデメリットとは? 仮に著名な芸能人が共産党支持を公言すると様々なデメリットがあります。 具体的には以下の通りです。 他の放送局もほぼ同様ですので、仕事激減という事態に直面するリスクが高いです。

次の