慈しみの心 意味。 慈悲の意味を分かりやすく解説

「慈しみ」とは?意味や使い方を解説

慈しみの心 意味

「慈しみ」という言葉を聞いたことはありますか? この言葉を意味を知っていたりするという人はあまりいないのではないでしょうか? この慈しみという言葉は似たような表現では愛などその様な言葉を使うことが多いです。 慈しみというのは相手を慈しむということですが、その意味自体は相手を労わる、愛するという心のことを指すのです。 この心を持って至るすることが1度はあると思います。 例えば彼女や恋人、愛する人、子供など様々なところでこの「慈しみ」という言葉を抱くようになるのです。 この言葉はもともと平安時代の「うつくしむ」という言葉からきており、今でもこの表現を使うことがあると思います。 自分が子供の時はとても感じることが多かったでしょう。 「慈しみ」というのは連用形であり「慈しむ」というのが元になっています。 よく使い方を間違えるという人もいるかもしれません。 今回はそんな「慈しみ」という言葉の意味について教えたいと思います。 どういうことを言うのか、どういう使い方をするのか、元々はどこからこの言葉がきていたのか、意味は何か、正しい表現で使っていますか? 「慈しみ」という意味を間違えてはいませんか? 慈しみとはどの様な表現なのか見てみたいと思います。 ️慈しみってどういうこと? そもそも「慈しみ」とはどういうことなのかと考えることから始まります。 慈しみというのは連用形になっており、元は「慈しむ」という言葉からきている言葉です。 この慈しむの意味を知らないと「慈しみ」という言葉を理解するのは難しいでしょう。 「慈しむ」というのは簡単に言うと愛情があるということになります。 愛するということなのです。 基本的には可愛がる、大切にするというような意味もあるのが「慈しむ」です。 では「慈しみ」になるとどうなるでしょうか?例えば子供を愛するというときにも「慈しみ」という言葉を使うと思います。 この2つの根本的な違いというのは、どこにあると思いますか?それは自分に当てはめて考えると解りやすくなると思います。 この様に「慈しみ」というのは似たような表現でありながら意味が少し違ってくるものでもあるのです。 少し混乱をしがちですが、間違った使い方をしないようにしましょうね。 慈しみの意味 では「慈しみ」の意味についてです。 この言葉は先ほども言ったように子供を愛すると言ったときに使う言葉ですが、他にも恵みという意味や慈愛という意味があります。 では慈しみというのはどの様なことを言うのかというと、自分の都合で動くのかどうかということが一番当てはまるものになるのではないかと思います。 どういうことかというと、例えば「どんな事があっても、子供を愛する」というのはこの「慈しみ」というのに当てはまると思います。 慈しみの最大の特徴というのは、どんな事があっても、自分の都合や相手の都合などを考えずに意識して行動をするということなのです。 なので相手のことを考えたりする時があると思いますが、その時に都合を考えて意識をするのであれば、それは「慈しみ」というのは少し違うのです。 「何があっても慈しみの心を持つ」というような使い方はあっていると思います。 慈愛という意味や恵みという意味があると思いますが、この慈しみという意味は何があっても愛するという心のことも示すのです。 慈しむこと 「慈しむ」という言葉を知っているのであれば、だいたい意味が解ってくるのではないでしょうか?「慈しむ」という意味自体は可愛がる、愛でるといった意味があると思います。 基本的には赤ちゃんや子供、下の人達に対して使う言葉であるとされており、根上の人などには基本的に使用はしません。 仮にその様な状態になった時は慈しむのではなく、愛するという言葉に近くなるのではないかと思うからです。 基本的には「慈しむ」というのは自分から見て下の人達に使うような言葉であり、上の人にこの様な言葉を使うということをあまり見ないです。 仮に使ってしまっているという人がいれば注意をするようにしましょう。 慈しむというのは愛するという意味もありますが、基本的には「我が子を慈しむ」というような意味で使うのです。 慈しむの連用形 慈しむの連用形であるのが「慈しみ」です。 まず連用形とはどのようなものなのかご存知ですか?連用形というのは、用言が連なるということなのです。 具体的に言うと動詞と形容詞のことを言います。 例えば「遅く歩く」という言葉があるとします。 この時の「歩く」という言葉は動詞になります。 そしてこの後ろの「遅く」というのが連なっているので「歩く」という言葉が連用形になるということです。 これを「慈しみ」に例えて説明をすると「深い慈しみ」となった時に「慈しみ」という言葉が連用形になるということです。 「深い」という用言が連なっているので「慈しみ」が連用形になるのです。 少し難しいとは思いますが、慈しみというのは基本的に連用形だということを覚えておきましょう。 恵み 恵みという意味でもあります。 よく名前などでも「恵」という言葉がありますよね。 恵みという言葉は愛おしい、可愛いという意味からきたものです。 例えば「天からの恵みだ!」という表現がよくあると思います。 この様な表現は何かの送り物という形で捉えることが多いですよね?「自然の恵み」という表現でも使われることが多いと思います。 自然のパワー、自然そのもの、ということで使うことが多いです。 「恵み」という言葉は慈しみということも入っているのを忘れないようにしましょう。 慈愛 慈愛の心を持つという言葉もよく聞くのではないでしょうか?慈愛というのは、可愛がるということ、深い愛情を持つというような表現をする時に使う言葉なのです。 普段生活している中でこの様な慈愛の心を感じるということはありませんか? 慈しむの意味 慈しむという意味を知らなければ「慈しみ」という言葉を使わなくなるのではないかと思います。 「慈しむ」という意味は可愛がる、大切にするという意味です。 今までの表現でも似たような表現が多いと思いますが、簡単に言うのであれば、愛する、好きだという気持ちのことですね。 この慈しむというのは様々な意味があり、また似たような意味もあります。 似たようなものになると可愛がるというのが1つあがるでしょう。 「我が子を慈しむ」という表現と「我が子を可愛がる」という表現はどちらも正しいと言えます。 ですが慈しむという表現を使った方がより強調されていると思いませんか?この言葉は目下の人達に対して愛情を注ぐという意味で使われており、平安時代の「うつくしむ」の変化でこの「慈しむ」という言葉が出てきたのです。 慈しむという意味も様々ありますが、具体的に見ていきたいと思います。 目下の者や弱い者に愛情を注ぐ 目下の者や弱い者に愛情を注ぐというのは慈しむという意味です。 子供や赤ちゃんなどによく使う言葉だと思います。 基本的には根上の人に対しては使わない言葉なので、注意をすることが必要です。 仮にこの言葉を根上の人に対して言うのであれば、間違われた解釈で取られてしまうということにでもなります。 弱い者という認識で捉えられている可能性が高いからです。 包むような愛情というのを想像すればよりわかり易くなるのではないでしょうか?母親の愛情などは基本的に、この様な愛情表現をすることが多いと思います。 それは普通に愛しているというのではなく、包み込むような愛情というのが精一杯こめられているからだと思います。 目下の者や弱い者に愛情を注ぐというのは、決して皮肉や差別を使ったという意味では無いのです。 慈しむという言葉はとても良い言葉ということを覚えておくようにしましょう。 可愛がって大事にする 可愛がって大事にするという意味もあります。 これは動物などに対しては使いますが、物などに対して使われる表現が少ないと思います。 意味は通じど、物などに対して「深い慈しみを感じる」というような表現はしませんよね?どちらかと言えば「深い愛情を感じる」という言い方の方がしっくりきませんか?動物や自然の慈しみというのはありますが、物などにはその様な表現を使わないことが多いのではないかと思います。 また、可愛がるというところもポイントです。 何を可愛がるのか、というのが重要であり、その物や事などで慈しむという言葉があったり、素直に愛情という言葉があったりするのではないかと思います。 表現は人それぞれですが、時には間違った使い方をする人もいるので、可愛がって大事にするという意味を大きく捉えるようにしましょう。 よく枕草子などで書かれていることが多いですよね?学校の授業でやったという人も多いのではないでしょうか?「うつくしむ」というのは元々その可愛らしいという古語だったのですが、現代になるにつれて「慈しむ」という形に変化をしていった言葉になるのです。 慈しみの読み方 「慈しみ」と読みますが、この読み方が解らないという人は多いのではないでしょうか?学校では中高年当たりで習うのではないかと思います。 基本的に漢字というものは由来があり、その由来から読み方が決まってくるのです。 「慈しみ」という言葉をパッと見て少し悲しそうなイメージがあると感じる人もいるのではないでしょうか。 「慈」と「悲」という漢字はとてもよく似ています。 似ているからこの様な意味に捉えてしまうという人も多いのではないでしょうか?ですがこの意味では逆のことになるのです。 「悲」という字は、何かが起きたときに悲しいという気持ちに使うと思いますが、「慈」という字はその逆です。 嬉しい時というよりは、愛情という意味がこめられているのです。 よく「かなしみ」と読んでしまう人もいますが「かなしみ」の場合は「悲しみ」というように少し字が違うことが解ります。 ですが心という字が入っているので気持ちがあるという意味は間違いないですが、どの様な意味なのだろうと迷う人もいるでしょう。 この慈しみは先ほどから言っている「可愛がる」という意味があります。 言葉というのはどの時代にもありますが、現代になるにつれて使い方などが変わっていくのも事実です。 昔はこの様に言っていたにも関わらず、今ではこの様に言うというような単語があると思います。 例えば「いとおかし」という言葉もそうですよね。 現代になると今で使う言葉は「とても興味深い」というような意味になると思います。 様々なことが現代になるにつれて変わるのと同時に、言葉も変わっていくということを覚えておきましょう。 ️慈しみの使い方 では慈しみについて意味などを理解しましたが、この使い方をご存知でしょうか?様々な表現で使われることが多いです。 基本的には人に関することが多く、その時の気持ちを表したり、その気持ちを受けたりとする時にこの「慈しみ」という言葉を使います。 小説などではよく使われていたりすることがあるのではないでしょうか?またこの言葉には類語もたくさんあるのです。 例えば「可愛がる」という言葉は代表的な言葉といっても過言ではないかと思います。 同じ意味でも類語がたくさんあるので、使い方によっては雰囲気を感じさせるものもありますし、または強く表現をする時に使うという言葉もあるのです。 ではどの様な使い方をするのか具体的に見ていきましょう。 子どもへの慈しみ 子供への慈しみという意味で使われることが多いです。 これはどういう状況かと言うと、親が子供に対して使うことが多いです。 子供への愛情を注ぐという意味です。 これは親が子供のことをとても愛おしく思うという時に使う表現です。 気持ちというのは相手のことを考えますが、自分のことも考えてしまいます。 ですがこの様な状況の時は相手のことを第一に考えるという状態になるのです。 子供への慈しみというのはどの家庭の親にもあるものです。 今子供がいるという人も子供への慈しみを大きく出して、愛情表現をしてみてはいかがでしょうか? 親の深い慈しみ 親の深い慈しみを感じるという時にもこの表現を使います。 この場合は親の立場ではなく、慈しみを受け取る「自分」ということになりますね。 この親の深い慈しみというのは、親からの深い愛情を感じるということでもあります。 成長をしたとしても親と子という関係は変わることがありません。 それはどんな事があってもです。 子供の頃から大切に育ててきた人というのは、成長をしても変わらずに大切に思うのです。 親の深い慈しみを感じることが多いと思いますが、ちゃんと恩返しなどをするようにしましょうね。 慈しみを覚える 慈しみを覚えるというのは愛情を感じ取ってそれが今でも残っているという意味でもあります。 基本的には愛情というのはとても暖かいものであり、それを受け取るというのはそれほど大事に育ててこられたということになると思うのです。 この慈しみを覚えるというのは、親からの気持ちというのもありますが、他の表現でも使われることがあります。 例えば「自然の慈しみを覚える」という表現をすることもあります。 ですがこれだと解り辛いと思いませんか?「自然を大切にする、愛する」という表現の方がより伝わると思うのです。 表現を変えると意味は通じても少し違和感を感じることが多いと思います。 慈しみを覚えるという表現はより他の事にも使えますが、違和感を感じる表現だと思う時は、何か別の意味に例えると良いでしょう。 お互いに慈しみ合う お互いを慈しみ合うという表現もあると思います。 このお互いに慈しみ合うというのはお互いに愛するということでもあります。 カップルや夫婦などで使われることが多い表現です。 「お互いのことを愛し合っている」というより「お互いに慈しみ合っている」という表現の方がより強い愛情で愛し合っているという風に捉えることもできるのではないでしょうか?表現というのは1つ変えるだけで、その印象を変えることもできるのです。 お互いに慈しみ合うというのはお互いを愛し合う、大切にするというようなこともあるので、この場合は根上や下などは関係なく、2人の関係性を重視することになると思います。 慈しみの目で見る 慈しみの目で見るというのはその愛情を遠くから見守るという意味で使うことが多いと思います。 慈しみの目というのは別の言い方をすると「愛する目」とも捉えられることができるでしょう。 例えば子供が遊んでいる時に親は遠くから見守ったりすると思います。 何かがあると真っ先にかけつけるというようなことになりますよね?その時は常に子供のことを見ていると思うので、慈しみの目で見るというのは、愛する子供を見るということでも使われることがあるのです。 遠くから見守るという表現でも良いでしょう。 愛おしい、可愛がるという似たような類語がありますが「愛おしい目」という表現は良いでしょう。 「可愛がる目」になると少しおかしいですよね?基本的に類義語からこの「慈しみ」という表現に変えるときは少し文章がおかしく感じることが多いです。 基本的にこの「慈しみ」というのは連用形なので逆から見るとおかしな表現になってしまうことが多いということに注意をするようにしましょう。 慈しみに満ちた 慈しみに満ちたという表現もあると思います。 これは愛情に満ちているという表現もすることができます。 愛情というのは様々なものがあり、時には辛いこともあるでしょう。 ですが慈しみに満ちるということは、深い愛情を受け取っているということになるのです。 それがいっぱいいっぱいになり、とても愛されると感じるのです。 慈しみに満ちたという表現は。 別の使い方をすると「愛情でいっぱいになる」という使い方もできるのではないかと思います。 慈しみ深い気持ち 慈しみ深い気持ちという表現もあります。 これは慈しみたいという深い気持ちであり、親が子供などに対して使う言葉だと思います。 例えば「深く愛したい気持ち」という表現をすれば通じるのではないでしょうか?子供を愛したくてたまらないという人は多いはずです。 その様な人達に向けての言葉だと思います。 慈しみ深い気持ちという表現はあまり聞かないと思いますが、この様な使い方もするということを覚えておくようにしましょう。 ️慈しみの類語 「慈しみ」というのは、可愛がるといったような意味がありますが、たくさんの類語があります。 よく皆が使う言葉で言うのであれば、先ほど言った「可愛がる」という言葉もそうですし「愛情」というのも慈しみの類語になります。 またLOVEという英語もこの慈しみの意味になるのです。 これはLOVEの意味が愛するということでもあるため、類語になるということなのです。 この「慈しみ」という言葉は、いろいろな似たような表現をする別の単語とが多くあり、類語も多く存在するのです。 ではどの様な類語があるのか見てみたいと思います。 可愛がる 可愛がるというのも類語の1つです。 よく「動物を可愛がる」という表現で使うことが多いですよね?この言葉は皆にとっても馴染みのある言葉だと思います。 ですが普段使用しているこの「可愛がる」という言葉を「慈しみ」に変えてしまうと少し難しいと思うのではないですか?基本的には「何かを」というのがつくのがこの「可愛がる」です。 「慈しみ」の場合も「何か」というものがつきますが、この何かというのがだいたい決まっています。 親や根上からのということで「慈しみ」は使われるからです。 ですが普通に「可愛がる」の場合はこの様なことを気にせずに使うことができますよね?例え相手が根上の人だろうとこの言葉を使うことができると思います。 「親を可愛がる」という表現も通ってしまうのです。 あまり聞かないとは思いますが、この様な表現もできたりします。 「慈しみ」の代表的でもある類語になるのがこの「可愛がる」と言っても良いでしょう。 覚えておいて損はないと思います! 愛情 愛情というのも「慈しみ」の意味と似ています。 愛情というのは「愛する感情」ということですよね?「慈しみ」も「愛する心」という意味が込められています。 この言葉はとてもよく似ていると思いませんか?これも類語の代表的な1つです。 愛情というのは、深く愛するということもあるので、「慈しみ」とほとんど同じ意味を持っています。 この愛情と慈しみはイコールの関係でもあるのではないかと思いますよね。 基本的にはどちらも似たような意味が書かれていることが多いです。 その差というのは相手が何なのかということくらいでしょうか。 必ず1度は目にする言葉ですが、この愛情があるからこそ人というのは結婚などをして、夫婦として頑張って生活をするのです。 そして「慈しみ」の心が生まれます。 これは赤ちゃんができた時がそれに当たりますよね?愛情と慈しみは少し意味が違うkれど、いずれなる果てのものだと思っていても良いでしょう。 愛情の先には慈しみがあるという考えを持てるので、その様な考えでも良いのではないかと思います。 人により愛情という捉え方が違いますが、いずれは「慈しみ」という感情に誰もがなるものだと思うのです。 LOVE 「LOVE」という表現も愛情という意味が込められています。 これは英語ですが、英語にも「慈しみ」と同じような表現があるということになりますね。 日本語で「うつくしむ」ということから始まりましたが、それが英語になると「LOVE」に最終的に辿りつくことになるのです。 こちらでは「いつくしみ」という読み方になりましたが、英語では「LOVE」と読むようになるということです。 英語と日本語の違いというのは、その文化によるので、当時の海外などがどの様になっているのかということは解らない状態ですね。 歴史を調べてみるともしかしたら語源が解るようになるのかもしれません。 LOVEはもともと英語の言葉ではない? この「LOVE」という言葉は語源を調べると元々は英語ではないのです。 実は英語圏に入ってきた際に別の意味の言葉だったとも言われています。 様々な本では「LOVE」という語源についていろいろな表現の仕方をしています。 ヨーロッパ地域の「lof」という言葉が元になっているというようなことも書かれているので、語源が気になるという方は一度調べてみてはどうでしょうか? 敬愛 敬愛という言葉も類語にあたります。 この言葉の意味はもともと「親しむ心を持つ」という意味で使われることが多いです。 ではこれと「慈しみ」というのはどの接点があるのかというと「大切にする」というところが類語になるわけです。 よく敬愛という言葉は聞くと思います。 様々な場所で使われることがあり、学校にもこの敬愛という言葉がついていたりもしますよね?敬愛というのは「親しむ心を持つ」という意味でお互いのことを尊敬しあうということでもあります。 基本的にはこの敬愛という言葉で「慈しみ」という言葉に置き換えるのは少し難しいと思いますが、類語としてはこの敬愛という言葉も当てはまるようになるのです。 愛心 これは「あいしん」と読みます。 「慈しんで愛する心」という意味でもあり、まさに「慈しみ」という類語になるのです。 愛心という言葉を使うというときは文章に入れるのが難しいので「慈しみ」というように別の表現で使うということが多い類語です。 愛心というのは相手のことを愛する心を持つということで、漢字をそのままの意味にしたような意味も持っています。 その様な環境になったりしたことはありますか?人を愛するという事を誇りに思うようにしましょう。 仁愛 「仁愛」という言葉も「慈しみ」の類語になるのです。 「じんあい」と読みますが、この単語は深く思いやるという意味が強く、愛情を注ぐという意味も込められています。 基本的には「仁愛の心」という言葉で使われることが多いですよね。 同じ仲間同士「仁愛の心」で接するようにするというような表現をしたりすると思います。 この言葉も相手のことを思う気持ちというものが入っているので、人に関するようなことなのです。 愛着 愛着というのは少し「慈しみ」から意味が離れてしまいますが、類語でもあります。 愛着というのは人などもそうですが、物に対しても言うことができるからです。 例えば「愛着の心で大事にする」という表現があるとして、これは人にも言えることですが、物に対しても言うことができます。 慈しみは基本的に「下の人達に対しての愛情」という意味がありますがこちらの愛着というのは「どんな物に対しても離れたくないという気持ちがある」ということになるのです。 愛着がわいてしまったという表現を聞いたことはありませんか?これも「慈しみ」の類語の1つになるのです。 この言葉はよく使われると思いますが、皆さんも愛着が湧くという物はありますか? 愛しみ 「愛しみ」という言葉も類語の1つになるのです。 「愛おしい」という意味がありますが、別の漢字でも「いとしみ」と読むものがありますよね?そちらの意味の場合になると「悲しい」という意味になってしまうので注意が必要です。 そしてこの「愛しみ」というのは「愛しむ」という言葉の連用形なので「慈しみ」と同じような表現になっています。 ️慈しみの意味を正しく使おう 「慈しみ」の意味について理解することができましたか?まだ難しいと思う人もいるかもしれません。 ですがこの意味を正しく使うことで、文章なども理解することができるようになり、強調したいところや、どの様な意味なのかを理解することができるようになると思います。 「慈しみ」というのは多くの類語があるので、解らないという場合はそちらの類語からまず覚えて、「慈しみ」という言葉に置き換えてみてはいかがでしょうか?その様に考えることでこの言葉の意味もより深く理解できるようになり、正しく使うことができるのではないかと思います。

次の

慈悲

慈しみの心 意味

人の死に直面した時や病気の人と接する時に、その人が元気であった時の事を想って過去の戻れない時を想って慈しむ事ができます。 例えば、夫婦である場合には旦那さんがもうすぐ死ぬという場面で、過去にもう少し優しくしてあげれば良かった、もっと色々な場所に出掛けたかったという風に相手の事を想いながら思い出します。 その時というのは、自然と相手の事を想いながらあれこれ思い出すものです。 人は、人を愛するという事に限界を感じにくいものです。 どれだけ愛しても愛しきれないという言葉があるように、過去の戻れない日々を想って慈しみ、相手を想うという事に限界はありません。 もっと愛してあげれば良かったという風に感じる時こそ、過去の戻れない日々に思いを馳せているという時に慈しみを感じるという事なのかもしれませんね。 愛し合うと混同してしまう事もあるかもしれませんが、愛し合うよりももっとお互いの事を心から想い、自分よりも相手を優先するような気持ちが心情に表れているという事も言えます。 また、「慈しみ」というのは、古来から日本らしい奥ゆかしい心情を表現する表現法として使用されてきました。 その為、この言葉を使った俳句や歌などが多く残されています。 愛する相手に対して贈る歌を作る際には、必要不可欠な言葉であった事がこの事からもわかりますよね。 そして、その歌を受け取った相手もまた、相手の事を想い、慈しみという言葉を使って歌を返すというやり取りがなんとも、奥ゆかしいですよね。 相手の事を大切に想う気持ちが、込められた言葉であると言えます。 しかし、慈しみの心を持った人というのは、他者を責めるという事はまず、しません。 子供が何か悪い事をした時に、親は叱る事はあっても責めるという事はしませんよね。 それは、親が子供に対して惜しげもない慈しみの心を持って接している事が関係しています。 親は、子供の為を想っての気持ちが子を叱るという事に繋がっているのです。 この感情を他人に対して持つという事は、容易な事ではありません。 しかし、この気持ちを他人に対して持つ事ができれば、自然と相手の事を慈しみ接していく事で、自然と相手もあなたに対してそうしたいという風に感じてくるという可能性もあります。 血のつながりがあったとしても、子供も一人の人間です。 その為、自分と全く同じ価値観を持っているという事はまず、あり得ません。 自分とは違う人間の考えをそのまま受け入れようとするには、まず相手の話をよく聞く事です。 相手と懇意になってくると、自然と相手の事を理解しようとしなくても理解できているかのような錯覚に陥ってしまうので、そういう意味でも意見の食い違いが起こってしまうという事も否めません。 その為、どんなに親しくなった間柄であっても、必ず面と向かって話し合うという事は大事な事です。 相手の本音を聞こうとする姿勢こそが、相手にもあなたが本当に自分の事を理解しようとしているんだという風に思わせる第一歩です。 もし、仲の良い相手と最近、イマイチ理解し合っていないような感じがあるのであれば、一度話し合ってみるというのもおすすめです。 他者の本音が、必ずしもあなたの考えていたものだとは限りませんよね。 その為、あなたが聞きたくなかった事も聞く事になってしまう事もあるでしょう。 慈しみというのは、相手のそのままを受け入れる事です。 そして、その事を聞いたうえで相手を受け入れながらも愛すという事になります。 これは、子供と親の間でのやり取りでも多く見られますよね。 しかし、子供も一人の人間として認識し、自分の思い通りに動かないという事であっても頭ごなしに怒っては相手も余計に話を聞いてくれません。 そういう意味でも、一人の人間としてしっかりと見つめ、「この子はこういう性格なんだ」という風に理解しましょう。 そして、それも一つの個性として認める事も大事な事です。 相手の個性を認めるという事は、案外難しい事ですが、その事で相手とも意思疎通ができるようになる事も少なくありません。 ぜひ、お互いの事を認め合うという事を意識した行動を心掛けましょう。 それは、あなたの事を想って言ってくれているという風に感じているからです。 中には、そうは思わないという人もいると思いますが、その場合には理不尽な怒り方をされたり、自分の感情のまま怒りをぶつけられた事があるからではないでしょうか?そうなれば、あなたに対しての愛情を感じる事もなく、疑念しか残りません。 そうではなく、愛情を感じる叱り方はしっかりとあなたに残ります。 慈しみを感じる怒り方で育てられた子供は、親に対して安心感を感じて育つという事です。 両親の愛情を感じながら育った子供は、自分の子供に対しても同様に慈しみを持って接する事ができるのです。 慈しみという言葉は、一見すると特別な人しか身に着ける事ができない精神であるという風に感じる人もいると思いますが、ちょっとした意識を変えるだけで身に着ける事もできるんです。 相手を想う気持ちが強ければ強いほど、相手に対してしてあげたいという気持ちが強くなりますよね。 そういう意味でも、慈しみの精神を身に着けるという事は、難しいようで実は簡単な場合もあります。 子供を産むと考え方が変わるとよく言いますが、それと同じで守るべきものができると途端にできるようになる事もあります。 もし、慈しみの気持ちを持って相手と接したいという場合には、まずは自分自身の考え方を改める事が大事な事です。 そうする事で、相手に対して無償の愛を注ぐ事ができるはずです。

次の

「慈」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

慈しみの心 意味

人の死に直面した時や病気の人と接する時に、その人が元気であった時の事を想って過去の戻れない時を想って慈しむ事ができます。 例えば、夫婦である場合には旦那さんがもうすぐ死ぬという場面で、過去にもう少し優しくしてあげれば良かった、もっと色々な場所に出掛けたかったという風に相手の事を想いながら思い出します。 その時というのは、自然と相手の事を想いながらあれこれ思い出すものです。 人は、人を愛するという事に限界を感じにくいものです。 どれだけ愛しても愛しきれないという言葉があるように、過去の戻れない日々を想って慈しみ、相手を想うという事に限界はありません。 もっと愛してあげれば良かったという風に感じる時こそ、過去の戻れない日々に思いを馳せているという時に慈しみを感じるという事なのかもしれませんね。 愛し合うと混同してしまう事もあるかもしれませんが、愛し合うよりももっとお互いの事を心から想い、自分よりも相手を優先するような気持ちが心情に表れているという事も言えます。 また、「慈しみ」というのは、古来から日本らしい奥ゆかしい心情を表現する表現法として使用されてきました。 その為、この言葉を使った俳句や歌などが多く残されています。 愛する相手に対して贈る歌を作る際には、必要不可欠な言葉であった事がこの事からもわかりますよね。 そして、その歌を受け取った相手もまた、相手の事を想い、慈しみという言葉を使って歌を返すというやり取りがなんとも、奥ゆかしいですよね。 相手の事を大切に想う気持ちが、込められた言葉であると言えます。 しかし、慈しみの心を持った人というのは、他者を責めるという事はまず、しません。 子供が何か悪い事をした時に、親は叱る事はあっても責めるという事はしませんよね。 それは、親が子供に対して惜しげもない慈しみの心を持って接している事が関係しています。 親は、子供の為を想っての気持ちが子を叱るという事に繋がっているのです。 この感情を他人に対して持つという事は、容易な事ではありません。 しかし、この気持ちを他人に対して持つ事ができれば、自然と相手の事を慈しみ接していく事で、自然と相手もあなたに対してそうしたいという風に感じてくるという可能性もあります。 血のつながりがあったとしても、子供も一人の人間です。 その為、自分と全く同じ価値観を持っているという事はまず、あり得ません。 自分とは違う人間の考えをそのまま受け入れようとするには、まず相手の話をよく聞く事です。 相手と懇意になってくると、自然と相手の事を理解しようとしなくても理解できているかのような錯覚に陥ってしまうので、そういう意味でも意見の食い違いが起こってしまうという事も否めません。 その為、どんなに親しくなった間柄であっても、必ず面と向かって話し合うという事は大事な事です。 相手の本音を聞こうとする姿勢こそが、相手にもあなたが本当に自分の事を理解しようとしているんだという風に思わせる第一歩です。 もし、仲の良い相手と最近、イマイチ理解し合っていないような感じがあるのであれば、一度話し合ってみるというのもおすすめです。 他者の本音が、必ずしもあなたの考えていたものだとは限りませんよね。 その為、あなたが聞きたくなかった事も聞く事になってしまう事もあるでしょう。 慈しみというのは、相手のそのままを受け入れる事です。 そして、その事を聞いたうえで相手を受け入れながらも愛すという事になります。 これは、子供と親の間でのやり取りでも多く見られますよね。 しかし、子供も一人の人間として認識し、自分の思い通りに動かないという事であっても頭ごなしに怒っては相手も余計に話を聞いてくれません。 そういう意味でも、一人の人間としてしっかりと見つめ、「この子はこういう性格なんだ」という風に理解しましょう。 そして、それも一つの個性として認める事も大事な事です。 相手の個性を認めるという事は、案外難しい事ですが、その事で相手とも意思疎通ができるようになる事も少なくありません。 ぜひ、お互いの事を認め合うという事を意識した行動を心掛けましょう。 それは、あなたの事を想って言ってくれているという風に感じているからです。 中には、そうは思わないという人もいると思いますが、その場合には理不尽な怒り方をされたり、自分の感情のまま怒りをぶつけられた事があるからではないでしょうか?そうなれば、あなたに対しての愛情を感じる事もなく、疑念しか残りません。 そうではなく、愛情を感じる叱り方はしっかりとあなたに残ります。 慈しみを感じる怒り方で育てられた子供は、親に対して安心感を感じて育つという事です。 両親の愛情を感じながら育った子供は、自分の子供に対しても同様に慈しみを持って接する事ができるのです。 慈しみという言葉は、一見すると特別な人しか身に着ける事ができない精神であるという風に感じる人もいると思いますが、ちょっとした意識を変えるだけで身に着ける事もできるんです。 相手を想う気持ちが強ければ強いほど、相手に対してしてあげたいという気持ちが強くなりますよね。 そういう意味でも、慈しみの精神を身に着けるという事は、難しいようで実は簡単な場合もあります。 子供を産むと考え方が変わるとよく言いますが、それと同じで守るべきものができると途端にできるようになる事もあります。 もし、慈しみの気持ちを持って相手と接したいという場合には、まずは自分自身の考え方を改める事が大事な事です。 そうする事で、相手に対して無償の愛を注ぐ事ができるはずです。

次の