賞与 所得税 率。 ボーナスの所得税が高い!税率と増えた理由・年末調整で戻る可能性は?

賞与の所得税の源泉徴収の計算方法とは?前月給与を基準に算出

賞与 所得税 率

Contents• 1.賞与の計算が毎月の給与計算と違うところは3つ 賞与の計算が毎月の給与計算と違うところは3つです。 社会保険料(健康保険料及び厚生年金保険料)の計算方法が違う• 源泉所得税の額の計算の仕方が違う。 賞与支払届総括表及び賞与支払届の提出が必要 2.賞与の社会保険料の計算の特長。 賞与の社会保険料の計算は次の様に行います。 まず、社会保険料の金額を定めた料額表という書類を探してきましょう。 東京都の場合はになります。 (他の都道府県の方はで自社の所在する都道府県を選択してダウンロードして下さい) 凄く大きな表なのですが、今回使う箇所はとっても小さいです。 赤い枠で囲まれた部分を使って計算します。 見づらいと思いますので、下記で内容をご確認下さい。 賞与に係る保険料額は、賞与額から1,000円未満の端数を切り捨てた額(賞与標準額)に、保険料を乗じた額となります。 また、標準賞与額の上限は、健康保険は年間540万円(毎年4月1日~翌年3月31日)厚生年金保険と児童手当拠出金の場合は年間150万円となります。 この人の標準賞与額は、「賞与額から1,000円未満の端数を切り捨てた額」である166,000円になります。 料率の後に2で割っているのは、社会保険料は労使折半だからです。 また、上記の計算で発生する端数の処理は、「50銭以下の場合は切り捨て、50銭を超える場合は切り上げて1円とする」ルールになっていますので、それに従って端数処理を行っています。 例えば、同一人物が月給250,000円の人だとすると、標準報酬月額が260,000円となり、料額表に従い計算すると、健康保険料が12,961円、厚生年金保険料22,716円になるのですが、同一人物が賞与をもらう場合にはそれと無関係に賞与の額面の金額をベースに社会保険料を算定するという違いがあるということです。 なお、雇用保険の計算は給与計算の場合と同じで、賞与の支給額に雇用保険の料率を乗じて計算します。 雇用保険料の端数処理も、健康保険・厚生年金保険料と同じく、50銭以下を切り捨て、50銭を超えるものについては切り上げて1円とするよう端数を処理しますので覚えておいて下さい。 3.賞与の源泉所得税の特長について 賞与の源泉所得税の計算は、「」に従って行います。 表の下部に、「(備考)1.賞与の金額に乗ずべき率の求め方は次の通りです」という説明書きがありますが、難しく書いてあるので、私の方で下記のとおり要約させてもらいました。 ・対象者の前月の課税対象額(=(給与の額面額+各種手当)-(健康保険料+介護保険料+厚生年金保険料+雇用保険料))の1,000円未満切り捨て額を算定します。 ・扶養控除等申告書を参照して対象者の扶養人数を確認します。 ・課税対象額と扶養人数を上記の税額表にあてはめて交わったところの、一番左の軸に記載されている「賞与の金額に乗ずべき率」で賞与にかかる源泉所得税の額を計算します。 先ほどの事例を基に説明しましょう。 月給250,000円で手当がゼロ、扶養人数は0人と想定して下さい。 その結果を税額表に当てはめるとすると、• 最初に扶養人数を確認して列を選択します。 この事例は扶養人数が0人なので0人の列を選択します。 次に、前月の給与計算の課税対象額の千円未満切り捨て額が213,000円なので、79千円以上252千円未満該当します。 その金額の一番左の列に定められた税率が4. なお、扶養控除等申告書の提出が無い場合は、税額表の「乙欄」を利用するようにして下さい。 また、前月の給与計算が無い、扶養親族に障害所等を含むといった場合には計算方法が異なります。 「」の備考欄に小さい字ですが記載されていますので、該当する場合はこちらを参照して計算するようにして下さい。 4.実際に支給する金額の計算方法は毎月の給与計算と同じ 実際に社員に対して支払う賞与の金額は136,921円となります。 これは賞与の額面額から各種社会保険料と先ほど計算した所得税を差し引いた金額となります。 この手続がないと、社会保険事務所(又は職域健康保険組合(以下、同じ))は、賞与をいくら支払ったのかを把握することが出来ず、賞与にかかる社会保険料を引き落とす手続が出来ないからです。 この書類は、あらかじめ社会保険事務所に賞与の支払い予定月を登録しておくことによって、社会保険事務所からそのタイミングに合わせて書類が郵送されてきます。 しかし、手書きするのも面倒だと思いますので、社会保険事務所のホームページからエクセルで作成されたフォーマットをダウンロードして入力したものをプリントアウトして提出することも出来ます。 賞与支払届と賞与支払届総括表はからダウンロードすることが可能です。 (リンク先の下の方に該当書類へのリンクがありますので、そちらをご利用下さい。 ) 6.まとめ 以上で、賞与計算の3つのポイントの説明は終わりになります。 賞与を支給すると社員の笑顔を見ることが出来るでしょう。 その笑顔の先には、社員の家族の笑顔があります。 これらの笑顔を励みに、次回の賞与はもっと沢山出せるように頑張りましょう。 だからこそ、計算間違いしてドン引き!なんてことにならないように注意して頂きたいと思います。 最近の記事• 2020年5月12日• 2020年3月21日• 2020年2月28日• 2019年12月2日• 2019年9月9日• 2019年8月27日• 2019年8月2日• 2019年1月25日• 2018年10月29日• 2018年10月7日• 2018年2月5日• 2018年1月31日• 2018年1月22日• 2018年1月19日• 2018年1月15日• 2018年1月11日• 2018年1月9日• 2018年1月5日• 2018年1月1日• 2018年1月1日• 2017年12月26日• 2017年11月25日• 2017年10月18日• 2017年10月6日• 2017年9月13日• 2017年8月1日• 2017年7月25日• 2017年7月18日• 2017年7月11日• 2017年6月29日• 2017年6月13日• 2017年6月6日• 2017年5月30日• 2017年5月24日• 2017年4月28日• 2017年4月15日• 2017年2月10日• 2017年1月31日• 2017年1月21日• 2017年1月15日.

次の

ボーナスの税金|賞与の所得税の計算|税理士検索freee

賞与 所得税 率

賞与に対する源泉徴収税額の計算方法は、給与における源泉徴収税額の計算方法と異なる点があります。 そのうちの1つが、「賞与に対する源泉徴収税額算定のベースが、その前月に支給された給与にある」という点です。 「非課税支給額」とは、交通費や出張にかかった旅費などのことを指します。 賞与における源泉徴収税額の計算式:賞与表の税率で決定 しかし、賞与の場合は、実際に支給された賞与の額に対して源泉徴収税額を計算するのではなく、賞与が支給される前月に支給された給与額に対し計算が行われ、そこで算出された金額に対して「税額」ではなく、支給される賞与額に対しての「税率」が決まります。 そのため、支給される賞与の額にかかわらず、前月の給与が高ければ、源泉徴収税率は高くなります。 なお、毎年国税庁のホームページで表を確認することができます。 前月の給与支給額が高いと源泉徴収税額も高くなり賞与の手取り額が減る! もしまったく同じ金額の賞与を支給された人が複数いたとしても、前月に支給された給与の支給額によって、賞与の源泉徴収税額は一定ではありません。 前月の給与支給額の高い人の方が、源泉徴収税額が高く、その分賞与の手取り額が少なくなるのです。 賞与の源泉徴収税額の計算例 ここでは、賞与の源泉徴収金額を具体的に計算してみましょう。 【例】 ・扶養親族なしで、前月の課税対象となる給与総支給額が200,000円 ・給与控除されている社会保険料50,000円 ・賞与支給額300,000円 ・賞与控除されている社会保険料70,000円 賞与の源泉徴収税額の計算手順 【1】まず、税率の基となる金額を計算します。 基となる金額が150,000円なので、税額表の79,000円以上252,000円未満に該当します。 支給された賞与にかける税率は4. 「賞与支給額-社会保険料」で算出される金額に表で求めた税率をかける。 084=9,393. 賞与は68,000円以上であれば課税の対象 給与への源泉徴収税額は、課税対象額88,000円未満までは非課税になりますが、賞与は68,000円未満までが非課税扱いで、それ以上の支給があった場合は、課税対象になります。 近頃は、正社員への賞与以外にもパート従業員等へ比較的少額の賞与が「寸志」といった形で支給されることがありますが、それについても68,000円以上であれば、課税の対象となります。 賞与の源泉徴収税額は前月の給与額から計算される 賞与に対する源泉徴収税額の計算方法をご紹介しました。 賞与は給与と違い、源泉徴収税額を支給額だけでは計算することができません。 これまで、賞与の源泉徴収税額に疑問を持っていた人は、ご紹介した内容を参考に一度ご自身で源泉徴収税額の計算をしてみてはいかがでしょうか。 きっと実際に計算してみることで、源泉徴収税額の計算の仕組みをより理解することができます。

次の

賞与の計算方法と支給額について

賞与 所得税 率

スポンサーリンク 賞与の源泉所得税の計算方法 例外編 基本的には上記で説明した基本の計算方法で賞与に対する税額の計算をしますが、以下の場合は基本とは違った方法で計算することとなります。 賞与の金額が前月の給料の10倍を超える場合 賞与の金額 社会保険控除後 が前月の給料 社会保険控除後 の10倍を超える金額になる場合は以下の方法で賞与に対する源泉所得税の計算を行います。 基本の計算方法よりも複雑な計算方法となります。 又、税額の表もこの場合は 「給与所得の源泉徴収月額表」を用いることとなりますのでご注意ください。 前月に給料の支払いが無かった場合 賞与の支給月の前月に給料の支払いが無い従業員がいた場合には、以下の方法で税額の計算を行います。 計算手順は多くなく煩雑ではありませんが、この場合も 「給与所得の源泉徴収税額表の月額表」を用いるという点に注意するようにしましょう。 基本的には賞与の源泉を求める時には「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」 上記の2例とイレギュラーな場合は「給与所得の源泉徴収税額月額表」を使って求めることとなります。 源泉徴収税額の計算がめんどくさい、よくわからないという場合には給料計算のソフトを使うことをお勧めします。 以下にお勧めの給料計算ソフトごご紹介いたしますので気になる方はご確認ください。 給料計算は給料計算ソフトがおススメ 給料計算は源泉所得税、健康保険、厚生年金、雇用保険、住民税など様々な税金等との関わりがあるためとても煩雑で大変な作業を必要とします。 今回解説した賞与の源泉所得税の計算方法だけでも基本と例外を合わせれば3通りの計算方法があり それを一つ一つ計算するとなるととても大きな事務的負担となり小規模事業所や個人事業主の方にとっては本業にしわ寄せが行ってしまいます。 そこでおススメがクラウド給与計算の「人事労務Freee」 クラウド給与計算ではシェア第一位の信頼性があり月々の給料計算事務から年一回の年末調整まで自動化され事務負担を大きく減らすことが出来ます。 これまで給料計算に悩まされていたという事業主の方、給料計算担当の方にお勧めしたいソフトとなっています。

次の