二ちゃん名人。 欽ちゃん(萩本欽一)の名言「好きでもない仕事に就いた人に名人が多い」

豊島新名人、愛称は「きゅん」 重なる3月のライオン:朝日新聞デジタル

二ちゃん名人

これまでトラクターの耕耘コースや田植え機の植え付けコースの取り方等、我流でやってました。 この本を参考にして作業すると、特に機械作業後の人力での作業がかなり省略されます。 稲作を何十年としている方々の作業が、いかに余計な手間や手作業で溢れていたのか実感できます。 田植機で田植えした後に四隅をわざわざ手作業で補植する事が偉いと思っているのか、最初から補植しないで済むように田植機で圃場の四隅も植えられるようなコース取りをしておけば良いんじゃないの?って、本を読んだ後に補植している人に突っ込みたくもなります。 私には「目から鱗」な一冊でした。 値段はそこそこですが、それ以上に得るものがあります。 兼業・専業、規模の大小に関わらず、非常に参考になる一冊です。 収量が増えなくてもコストの削減になり、結果的に儲けが増えるかもw 今年から嫁の実家の田圃を本格的に手伝う事となりましたが… 判らない事ばかりで「参考書に」と思いAmazonしました。 凸凹だらけの耕盤やクネクネ曲がり放題の畦畔が出来るまでの 「オヤジがやっていたそのままの農業」とやらが本書で、 かなりのところまで理解出来ました。 あとは実践あるのみですが、私のように「イキナリ後継者」 のような立場の方には「目から鱗」以上にセンセーショナル かも知れません。 片っ端からクネクネと田植えをするオヤジに腹が立つ息子さん、 収量を上げたい後継者の皆さん、一読して損は無いと思います。 出来る事からコツコツとやってみましょう。 今年の田植えの時期の私と、この本の読後の私は かなり変わったと…嫁も申しております。 頑張りましょ!!

次の

欽ちゃん(萩本欽一)の名言「好きでもない仕事に就いた人に名人が多い」

二ちゃん名人

世の中に自分の好きな仕事に受かる人は2割くらいしかいない(林先生が驚く初耳学!) 同級生の就活中の女子大生に「一番行きたかった会社に落ちてしまった」と相談を受けた欽ちゃんは、 「世の中に、自分の好きな仕事に受かる人は2割くらいしかいない」 とアドバイスします。 欽ちゃんは、「名人」とか「名工」と呼ばれる職人さんにインタビューに行く機会があったそうです。 包丁を作っている鍛冶職人の方に 「小さい頃からこの仕事をやりたかったんですか?」 と訊いてみると 「いや、商社マンになりたかったです」 って言われたらしいんですね。 ただ家業で継がなくちゃいけないから、仕方なく鍛冶職人になったと。 商社マンと鍛冶職人じゃ、人生が全然違いますよね。 かたや世界を股にかけて飛び回るイメージ、かたや工房でずっと黙々と作業しているイメージ…。 ただ、鍛冶職人の仕事をやっていくうちに、だんだんできるようになっていって、好きになってきたと。 それでいつの間にか、名人の腕前になっていくんですね。 このように、欽ちゃんがいろんな名人にインタビューしていくと、最初は今の仕事がやりたくなかった方が多くいたらしいんですね。 そこで欽ちゃんは、 「好きでもない仕事に就いた人に名人が多い」 という真理を発見していきます。 欽ちゃんも初めは司会をやりたくなかった(一流は嫌いな仕事を好きになった人) 欽ちゃんは、仮装大賞などで司会として活躍しているイメージが僕の中であって、もともと司会の仕事が好きなのかと思ったら、そうではなかったらしいんですね。 欽ちゃんは、初めは司会なんてやりたくなかったそうです。 周りからやってくれと頼まれて、仕方なくやった。 それが結果的に評判が良かったんですね。 つまり「自分がやりたいこと」よりも、周りから頼まれたりする「自分ができること」をやってうまくいったわけです。 これは林修先生が言っていることと同じですね。 ただ、「やりたいこと」をいきなり仕事にできる人というのは、現実的にほとんどいないんです。 商社マンになってドバイでブイブイ働きたい、って言っても、なかなかその通りにはならないんですね(仮に商社マンになれたとしても、他の国に行くかもしれませんし) だから、「やりたいこと」ができなくても、頼まれた仕事や、自分のできる仕事をしっかりやっていくことで、道が開けることもあるんだと、お二人はそういうことを言っているのだと思います。 転職活動なら【doda デューダ】が評判が高くてオススメ! 現在の仕事で、自分のできることもやりたいこともできていない方は、転職活動も視野に入れてますよね。

次の

欽ちゃん(萩本欽一)の名言「好きでもない仕事に就いた人に名人が多い」

二ちゃん名人

棋界全てを巻き込んだトップ争い、二日目。 第1局を勝利したのは挑戦者の渡辺三冠。 現代将棋の最高峰、歴代トップクラスの異次元の難解さを生み出した。 将棋AIの動きも最後まで一切分からない、歴史に残る第1局。 渡辺三冠先手で第2局開幕だ。 豊島名人の逆襲はこれからだ。 第1局も豊島優勢な部分が大いにあり終盤で負けた印象。 今回は持ち時間配分を変えてきそうな予感だ。 第1局は角換わりでの最高の棋譜が出来上がったが、第2局はどうなるのか。 初手7六歩なのか、2六歩なのか、世界が一気に変わる。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。 A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。 名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。 名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。 名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。

次の