ニトリ キャッシュ レス ポイント 還元。 キャッシュレス・ポイント還元の仕訳方法、値引きとの違いに要注意!

ニトリで使えるクレジットカード・電子マネー支払いまとめ

ニトリ キャッシュ レス ポイント 還元

Contents• キャシュレス5%還元の仕組み キャシュレス5%還元や2%還元は2019年10月1日の消費税率10%引上げに対応した政策です。 中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元制度です。 5%還元や2%還元が受けられるのは中小・小規模事業者に限定されています。 どこの店が5%還元や2%還元などになるかは下記の「キャシュレス5%還元を受けられる店の検索方法」で説明します。 キャシュレス5%還元を受けられる期間 キャシュレス5%還元を受けられる期間は2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月間です。 キャシュレス5%還元が受けられるには、• サービス• 店舗 が、限定されています。 キャシュレス5%還元を受けられるサービス 主なキャッシュレス方法は• 電子マネー/プリペイドカード• デビットカード• クレジットカード• スマートフォンスマートフォン が、あります。 一番手軽なキャシュレス5%還元のサービスは 一番手軽なキャシュレス5%還元のサービスは、現在持っているカードを利用できれば簡単ですね。 事前準備が必要ないキャッシュレスサービスは 主要なキャッシュレスサービスは事前準備は必要ありません。 クレジットカード 事前準備が必要のない会社は以下の通りです。 ただし、キャシュレス5%還元を受けられる店舗に限ります。 同じようにキャシュレス2%還元の店舗でもクレジットカード決済を選べば、2%の還元が受けられます。 クレジットカードが楽なのは 引落し時に相殺してくれることです。 あなたが忘れていても、何もしなくても、引落し時に相殺して5%還元・2%還元ができちゃいます。 これって、いいですよね。 交通系プリペイドカード 交通系プリペイドカードには• PASMO• Suica• manaca• ICOCA などがあります。 これらの交通系プリペイドカードは全部事前登録が必要です。 WEBサイトで登録していないとポイントが貰えません。 また、そのポイントをカードにチャージする方法は指定駅に行き駅員さんにチャージを頼むなど、仕組みが複雑です。 Suicaでコンビニで買い物を知る場合には、その場で2%割り引いて還元して貰えます。 記名式Suicaを使用している人はコンビニの買い物には2%還元を受けられます。 交通系以外のプリペイドカード 交通系以外のプリペイドカードには• nanaco• WAON• 楽天Edy などがあります。 利用月の翌月15日にポイントが付与されるなど、ちょっと面倒ですかね。 QRコード QRコード決済は20代から30代が多く使っている決済方法です。 おもな QRコード決済は以下の通りです。 LINE Pay• PayPay• Origami Pay• 楽天ペイメント• メルペイ• au PAY• J-Coin Pay などがあります。 5%還元はポイントの付与です。 決済と同時に5%還元が受けられるのはOrigami PayとLINE Payです。 QRコード決済は各社が顧客獲得目的でオリジナル・ポイントを設定しています。 10月~11月限定で5%還元プラスオリジナルポイントを5%、併せて10ポイントが貯まるPayPayがあります。 しかし、10%のポイントがすべての5%還元+5%ではありません。 PayPayが5%上乗せポイントを付与するのは1回の決済が2万円までです。 もちろん、2万円を超えた分でも5%還元ポイントは付与されます。 この点は誤解しやすいですね。 来年6月までにはもっとすごいことがあるかも知れません。 QRコード決済は情報を常に新しくして、賢く使いたいですね。 キャシュレス5%還元を受けられる店の検索方法 対象店舗検索は 経済産業省のホームページからダウンロードしましょう。 あなたのエリアで買いたい商品やサービスについて検索ができます。 キャシュレス5%還元を受けられる商品 キャシュレス5%還元を受けられる商品やサービスに限定はありません。 ただし、• 中小店舗では5%還元• コンビニ、フランチャイズチェーンのレストランやガソリンスタンドなどでは2%還元 になります。 キャシュレス5%還元・まとめ 9か月限定ですが、賢く使えば135,000円まで還元できます。 なんと9か月で270万円分も買い物やサービスが対象になります。 5%還元は使わない手はありませんね。 ただし、あなたにとって必要なものを選んで5%還元を受けましょう。 5%還元して貰っても、無駄な買い物に使ってはもったいないです。 ライター紹介 編集長 国内生保・損保、生損保代理店に通計38年間所属しました。 最終保有資格・所属会社は、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定AFP、認定生命保険士、少額短期募集人。 損害保険・普通資格。 生損保代理店募集人、取り扱い26社。 その経験をもとに「難解な保険の仕組みを分かり易く説明」し、「複数社の保険を組み合わせ」て設計し、理想的なプランを作成できるようにお手伝いします。 保険やファイナンシャルプランナーの業務にはコンプライアンスが求められています。 退社しても法律に違反は出来ませんが、お客様のお顔を思い出しながら丁寧な説明をして行きます。 趣味は「築46年の古民家」に住んで、DIYで古民家の修理や庭の手入れなどです。 最近は、年に一度の車中泊も楽しみの一つです。

次の

消費増税「キャッシュレスでポイント還元」ってどんな制度?

ニトリ キャッシュ レス ポイント 還元

1.ポイント還元制度の仕訳 1-1.ポイント還元制度の仕組み まず始めに、「ポイント還元制度」の仕組みについておさらいしましょう。 「ポイント還元」とは、消費者が物品を購入した際に、その物品の種類や金額によって一定の金額がポイントとして還元される制度です。 2019年10月からの消費税増税に伴う消費の冷え込みを避けるために、政府が2020年6月末まで行う政策です。 1-2.ポイントの使用に関する原則的な取り扱いは? 結論から言います。 ポイントの使用に関する会計処理は定められた基準があるわけではありません。 法人税法では「金品引換券付販売」という規定がありますが、発行者側についての規定があるのみで、使用者側については触れられていません。 そのため、今回は一般的に行われている会計処理をご紹介します。 一般的には、ポイントを使用した時点で、ポイントという現金同等物の権利を行使したため「 収入」として捉える考え方と、ポイントの使用により物品が「 値引き」されるという考え方があります。 どちらの考え方も間違いではありません。 しかし、考え方次第で会計処理が異なります。 1-3.ポイント還元の一連の会計処理を確認しよう! ポイントを使用した際に「収入」として捉えるか、「値引き」として捉えるかにより会計処理が異なります。 ここでは、ポイント還元についての一連の会計処理を確認します。 <ポイント取得時> クレジットカードを使用して10,000円の冷蔵庫を購入。 この取引により3,000円分のポイントが付与された場合の会計処理 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 10,000円 未払金 10,000円 物品を購入してポイントが付与された場合、必要な会計処理は「物品の購入」にかかる仕訳のみで、 「ポイント付与」についての会計処理は不要です。 理由は、ポイントが付与された時点では、値引きが行われたわけでもなく、一定期間経過後に使用期限切れをむかえてポイントが失効する可能性があるためです。 <ポイント使用時> クレジットカードを使用して30,000円のデスクを購入し、前回付与された3,000円分のポイントを使用し、27,000円の支払いを行った場合。 しかし、この取引で使用されたポイントは、前回の「冷蔵庫を購入した際に付与されたポイント」であるため、今回購入したデスクの値引きとして計上した場合、 デスクの価値を適正に表示されなくなってしまうため、少し違和感があります。 2.販売者側のポイント還元時の消費税の処理 2-1.「売上値引き」として捉えた場合の誤った記帳方法 「販売者側」では、 ポイントの付与を「売上値引き」として取り扱った場合、消費税法上、誤った記帳を行う可能性があります。 「販売者側」のポイントの会計処理を行う場合は、そのポイント制度が次のどちらのポイント制度なのか判断する必要があります。 自社がポイント発行して、ポイントの付与、割引を行う「自己完結型」• 他社がポイント発行して、ポイントを付与、割引を行う「提携型」 1. の「自己完結型」と2. の「提携型」では消費税の取扱いが異なると一般的に言われています。 今回の政府主導で行われる「ポイント還元制度」については、キャッシュレス事業者がポイントの還元などを行う制度なので、今回は2. の 「連携型」についてご紹介します。 例 顧客が1,000円(税抜)の消耗品をクレジットカードにより購入。 代金は消費税の10%を合わせて1,100円。 お店は、総額の5%にあたる55円分のポイント付与した。 顧客がポイントの即時利用を選択したため、1,100円から55円分のポイントを差引き、1,045円の支払いを受けた。 後日、キャッシュレス事業者よりポイント使用分の55円が入金された。 また、クレジットカード会社から決済手数料20円を支払金額1,045円から差し引かれ、1,025円の入金があった。 <商品の売上時> 借方科目 金額 貸方科目 金額 未収入金 1,045円 売上 950円 仮受消費税 95円 <ポイント使用分の入金(キャッシュレス事業者より)> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 55円 雑収入 55円 <クレジット会社からの入金> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 1,025円 未収入金 1,045円 支払手数料(非課税) 20円 以上の仕訳は、 ポイント使用後の金額で消費税を計算しているため誤っています。 2-2. 「売上値引き」として捉えた場合の正しい会計処理 上記の例における正しい仕訳は以下のようになります。 <商品の売上時> 借方科目 金額 貸方科目 金額 未収入金 1,100円 売上 1,000円 仮受消費税 100円 <ポイント使用分の入金(キャッシュレス事業者より)> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 55円 未収入金 55円 <クレジット会社からの入金> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 1,025円 未収入金 1,045円 支払手数料(非課税) 20円 「提携型」のポイント付与を利用する場合は、キャッシュレス事業者からのポイント使用分の入金とクレジット会社からの販売代金(クレジット利用手数料を差引後)の入金があります。 (キャッシュレス事業者が全て取りまとめるケースもあります。 ) そのため、会計処理が複雑になります。 また、キャッシュレス販売の利用料にかかる消費税は、 クレジットカード会社から直接請求された場合は「非課税取引」、カード決済代行会社からの請求の場合は「課税取引」になります。 電子マネーはプラットフォームにより「非課税取引」になる場合と、「課税取引」になる場合があります。 契約相手によって消費税の取扱いが変わるため、 請求書をよく確認する必要があります。 3.購入者側のポイント還元の消費税の処理 前章では「 販売者側」の会計処理をご紹介しましたが、次はポイントを発行する「 購入者側」の会計処理についてご紹介します。 「例外的」な会計処理方法を採用する場合は、 「継続」して同じ会計処理を行っている場合に認められます。 消費税の10%を合わせて1,100円になり、代金の5%にあたる55円分のポイントが付与された。 ポイントを即時利用し、1,100円から55円分のポイントを差引き、1,045円の支払いを行った場合。 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 1,000円 未払金 1,100円 仮払消費税 100円 未払金 55円 雑収入 ( 仕入の対価の返還等) 55円 「雑収入」については、消費税法上、 「仕入の対価の返還等」に該当します。 消費税の計算では 課税仕入のマイナスとして取り扱われます。 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 950円 未払金 1,045円 仮払消費税 95円 「原則的」な会計処理に比べて、「例外的」な会計処理の方がポイントを差引いた金額で処理するため、 シンプルで分かりやすい仕訳になっており、 どちらの会計処理を用いても消費税の計算は同じ結果になります。 しかし、「例外的」な会計処理については、 継続適用が要件になっています。 社内での会計処理を統一する必要があるでしょう。 「購入者側」と「販売者側」を比べてみると、「購入者側」は「雑収入」(仕入の対価の返還等)を計上するため、実質的に消費税は ポイント使用後の金額に課税されています。 しかし、「販売者側」の消費税は ポイント使用前の金額に課税されています。 消費税の性格上、1つの取引で非対称な状態が起こることは公平ではなくなってしまいますし、将来インボイス方式が採用された場合に問題が生じます。 そこで、国税庁よりポイント使用時の具体的な会計処理方法についての見解が示されました。 3-3.国税庁の見解 キャッシュレス・消費者還元により、即時ポイント充当が行われた場合でも、商品対価の合計額が変わるものではないとしています。 一方で、売主が自社でポイントを付与して「値引き」となる場合には、値引き後の金額を、商品対価の合計額と判断するとしています。 しかし、購入者側からすると、即時充当ポイントが、キャッシュレス・消費者還元によるものなのか、自社ポイントによるものなのかは区別がつきませんので、 レシートの表記から判断して良いとしています。 【引用】 4.ポイントを利用して高額な固定資産を購入した場合 少額の備品の購入の場合(10万円未満)は一括で経費となるため問題になりませんが、 高額な備品を購入した場合は、資産計上することになります。 備品の取得価額が会計処理によって異なることで、 減価償却費の金額も異なってきます。 まとめ 今回は、ポイントを使用した場合の会計処理方法をご紹介しました。 会計処理方法には「収入」として処理する方法と、「値引き」として処理をする方法があります。 「値引き」として会計処理を行う方法がシンプルで経理担当者の負担を減らすことができますが、同じ会計処理を継続して行わなければなりません。

次の

キャッシュレス・ポイント還元の仕訳方法、値引きとの違いに要注意!

ニトリ キャッシュ レス ポイント 還元

Contents• キャッシュレス決済へのポイント還元 2019年11月26日に開催された「経済財政諮問会議・未来投資会議・まち・ひと・しごと創生会議・規制改革推進会議 合同会議」において、消費税引上げに伴う対応策の一つとして、次の内容が議論されました。 6.中小小売業に関する消費者へのポイント還元支援 需要平準化を図るとともに、キャッシュレス化を推進するため、経営資源が少ない中小・小規模事業者向けに、消費税引上げ後の一定期間に限り、ポイント還元支援を行う。 この際、以下の点に留意する。 期間を集中し十分な還元率を確保する等、ポイント発行のための補助金が中小・小規模事業者に十分還元される仕組みとすること• 対象店舗や対象品目については可能な限り幅広く対象とすること• ポイント還元は、クレジットカードのみならず、QRコード、各種電子マネーなど様々なキャッシュレス決済手段を幅広く対象とすること。 その上で、ポイント発行の範囲内で各種決済手段が手数料等について競争できる環境を整えること• マルチ決済端末を含め決済端末の導入に対し、従前の2分の1補助を上回る十分な支援措置を取るとともに、実効あるセキュリティ対策を講じること• 国内のキャッシュレス化率が低い状況を踏まえ、事業者及び消費者の双方にとって、分かりやすい制度設計やきめ細かな周知・広報を行うこと (出典:経済財政諮問会議・未来投資会議・まち・ひと・しごと創生会議・規制改革推進会議 合同会議「」) 上記のうち、消費者に影響があるのは次の点でしょうか。 ポイント還元は期間限定であること• 中小・小規模事業者での買い物に限定されること• 対象店舗や対象品目に制限が設けられる可能性があること• 対象となる決済方法は、クレジットカードに限らず、QRコードや電子マネーも含まれること さらに、上記日本経済新聞の報道によれば、次の点が明らかになっています。 ポイント還元の期間は2019年10月から2020年6月までの9ヵ月間に限定• なお、ポイント還元はあくまでも期間限定の措置であり、恒久的な施策ではない点に留意が必要です。 また、中小・小規模事業者での買い物に限定される点も忘れてはいけませんね。 ポイント還元の仕組み ポイント還元は上図のとおり、カード会社から消費者に付与される形が想定されます。 消費者に還元されたポイント分は、国が最終的に負担します。 消費者は、通常の決済ごとに付与されるポイントに加え、キャッシュレス決済に係るポイントが付与されることとなります。 税引後の金額が1,100円であるため、1,100円から5ポイントを差し引いた1,050円が実質負担額となります。 1,100円から55ポイントを差し引いた1,045円が実質負担額となります。 このように、ポイント付与を「税抜金額」か「税込金額」のどちらを基準にするかで、ポイント付与の額が異なることとなります。 現時点の報道では、この基準は明らかにされていませんが、おそらく消費税増税負担の軽減という趣旨を鑑みる限り、「税抜金額」が基準になるのではないかと予想されます。 電子マネーへのポイント付与対応は 上図のとおり、消費者へのポイント還元はクレジットカード会社の通常ポイントに上乗せされる形での実施が予想されます。 クレジットカードの場合はこのようなアレンジが可能となりますが、たとえば、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーで支払った場合は、どうなのでしょうか。 SuicaであればJR東日本の「Suicaポイントクラブ」、PASMOであれば東京メトロの「メトポ」などがポイント発行体となっていますので、カード会社と同様に、これらの機関がポイントを付与するものと考えられます。 クレジットカードと異なり、これらのポイントを取得するには、カードを保有するだけでなく、ポイント会員登録をする必要がありますので、クレジットカードに比べるとひと手間かかりそうな印象です。 軽減税率との兼ね合いは ポイント還元は、消費税増税時の景気対策の側面がありますが、消費税増税の影響を受けにくいと考えられる飲食料品等へのポイント還元はどうなるのでしょうか。 軽減税率対象品の購入にもポイントを付与した場合、本来の目的とは異なった形の消費者還元となることが懸念されます。 しかしながら、実務的な対応を考慮した場合、軽減税率対象商品のみポイント還元をしないという運用は困難を極めることが予想されます。 ただでさえ、軽減税率の導入で現場の混乱が予想される中、ポイント還元まで商品ごとに取り扱いが異なる場合、特にポイント還元の対象である小規模・中小小売店は対応できないのではないでしょうか。 現時点では、軽減税率との兼ね合いも不明瞭なため、早期に指針が示されることが待たれます。 まとめ 以上、キャッシュレス決済におけるポイント還元施策について、現時点で判明していること・判明していないことについて解説しました。 一消費者としては、ポイント還元は喜ばしい施策ではありますが、現場の混乱や、クレジットカードを保有していない層との格差が問題視されています。 また、クレジットカード会社への事務負担増加も予想されることから、来年10月まで引き続き議論を行い、事業者及び消費者ともに望ましい施策となることが期待されます。 ポイント還元についての続報はコチラの関連記事をどうぞ。

次の