パソナ 淡路島。 パソナの氷河期世代・正社員雇用・淡路島が話題

淡路島ゴジラアトラクション「ゴジラ迎撃作戦」ニジゲンノモリ

パソナ 淡路島

淡路島にゴジラアトラクション「ゴジラ迎撃作戦」が2020年夏にオープンします。 兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に、全長約120メートルの実物大ゴジラが設置されます。 「淡路島に上陸した世界最大の等身大のゴジラ」をテーマにして、ゴジラの体内に突入するジップライン、ゴジラ細胞を殲滅するシューティングゲームなど世界初の常設アトラクションとなります。 アトラクションの他にも、ニジゲンノモリとコラボレーションしたグッズやフードが販売されます。 なお、ゴジラのモデルは、映画「シン・ゴジラ」に登場したバージョンのゴジラとなります。 なお、「ニジゲンノモリ」の詳細については、「ニジゲンノモリ 淡路島公園アニメパーク」の記事をご参照ください。 淡路島ゴジラアトラクション「ゴジラ迎撃作戦」 2020年夏に、兵庫県淡路市にある淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」で、ゴジラをテーマにしたアトラクション「ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター~」がオープンします。 ゴジラをテーマにした常設のアトラクションとしては世界初となります。 ゴジラのスケールと迫力を真に体験できる世界唯一のエンターテインメントアトラクションとなります。 世界に発信する日本のクールジャパンコンテンツとして、英語の正式名称は「Godzilla Interception Operation Awaji ~Nathinal Awaji-Island Institute of Godzilla Disaster~」です。 ニジゲンノモリ 公式ホームページ: 2020年夏、兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に、日本が世界に誇る「ゴジラ」の新アトラクションエリア『ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~ 』がオープンいたします! 『ゴジラ迎撃作戦』は、淡路島に上陸した世界最大、全長約120mの等身大ゴジラをテーマにし、強大さと迫力を真に体感できる世界唯一のエンターテインメイントアトラクションです。 参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、細部までこだわり抜いたゴジラの体内に参加者が突入する「ジップライン」や、飛散したゴジラ細胞を殲滅 せんめつ する「シューティングゲーム」などのミッションに挑みます。 また、国立ゴジラ淡路島研究センター限定のグッズをはじめ、『ゴジラ迎撃作戦』の世界観あふれるフード等も販売いたします。 テーマは「淡路島に上陸した世界最大の等身大のゴジラ」です。 モデルは、2016年に庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・ゴジラ」に登場したゴジラとなります。 等身大ゴジラといえば東京新宿のホテルグレイスリー新宿にあるゴジラヘッドが有名です。 初代ゴジラがモデルです。 地上から約50メートルに、高さ約12メートルのゴジラの頭が設置されています。 ゴジラ迎撃作戦の等身大ゴジラは、全長118.5メートルの等身大ゴジラで2倍以上のスケールです。 約120メートルの等身大ゴジラの頭部から上半身にかけて地上に露出します。 残りは地中に埋まっている想定です。 大きさは、長さ55メートル、高さ20メートル、横幅25メートルとなり世界最大の規模です。 圧倒的な存在感と迫力が見どころとなります。 なお、等身大ゴジラの真正面に展望デッキが設置される予定です。 記念写真の撮影スポットになるようです。 インスタ映え、フォトジェニックにおすすめとなりそうです。 設定は、淡路島に来襲したゴジラが爆薬で動きを封じられて、薬剤のミサイルで活動を停止しています。 いつ再びゴジラ動き出すのかはわからない状況というオリジナルストーリーです。 参加者は、ゴジラの動向を監視する国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となります。 「ゴジラ迎撃作戦」が展開されながら数々のミッションに挑戦します。 ミッションは、うつぶせ状態で倒れているゴジラの外側からゴツゴツした表皮でゴジラ細胞を調査したり、牙の並んだ巨大な口から体内に突入して調査したりします。 アトラクションは、ジップラインやシューティングゲームなどが登場します。 ジップラインは、ワイヤーロープに滑車を引っ掛けて滑り降ります。 縦横20メートル近くに広がったゴジラの大きな口から細部までこだわった体内に突入します。 スリル満点ですね。 シューティングゲームは、飛散したゴジラ細胞を殲滅させるために、等身大ゴジラの側面からターゲットとを模型の銃で射撃するようです。 多数参加型のアトラクションになりそうです。 アトラクションの他に、国立ゴジラ淡路島研究センター限定のオリジナルグッズ、ゴジラ迎撃作戦の世界観をイメージしたコラボフードなどが販売される予定です。 なお、アトラクションやグッズ、フードの料金は未定です。 ニジゲンノモリは、クレヨンしんちゃん、NARUTO&BORUTO、火の鳥などをテーマにしたアトラクションがありますが、ゴジラのアトラクションが最大の施設となります。 2017年7月に開園して以降、2019年9月までの来園者は約230万人となります。 新アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」の営業開始から年間200万人を目指しています。 オリジナルストーリー 『ゴジラ迎撃作戦』オリジナルストーリー 伝説とされていたゴジラの姿が初めて確認されたのは明治の初め、淡路島を台風が襲った夜のこと。 高波とともに姿を現したゴジラは島内を蹂躙し、甚大な被害をもたらし、政府はゴジラの再度の襲撃に備えていた。 そして恐れていたことが現実になり、ゴジラが再び淡路島に上陸。 政府は直ちに対応を始めた。 ゴジラをニジゲンノモリまで誘導し、地中に仕掛けた爆薬でゴジラの動きを封じ、その口に薬剤を搭載したミサイルを撃ち込むと、ゴジラは活動を停止した。 現在は国立ゴジラ淡路島研究センターの監視下に置かれているが、ゴジラはあくまでも活動を停止しているのみで、いつ動き出すかわからない。 その行動を監視するため、皆さんの力が必要だ。 国立ゴジラ淡路島研究センターの概要 国立ゴジラ淡路島研究センターは、NIGOD(National Awaji-Island Institute of Godzilla Disasyer)のことです。 明治時代に上陸した巨大生物「ゴジラ」に関する全ての資料の収集・保存から、「ゴジラ」の再上陸に備えた研究と、駆除を前提とした対策のための旧陸軍の流れを汲む国立研究機関となります。 長らく存在自体が秘匿されてきましたが、淡路島の近海に於けるゴジラ出現の兆候が明らかになったことから、正式に存在が公開されました。 ゴジラ出現に於ける官民を超えた指揮を執ることが決定されています。 建設予定地 ゴジラ迎撃作戦の建設予定地は、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」の芝生広場の隣となります。 周辺に水の遊び場、木の遊び場、クレヨンしんちゃんアドベンチャーパークなどがあります。 寄りの駐車場はF駐車場となります。 340台が駐車できます。 F駐車場からゴジラ迎撃作戦のアトラクションまでは徒歩で約5分程度で到着します。 ゴジラ65周年記念 ゴジラは、1954年に公開した特撮怪獣映画「ゴジラ」から始まるシリーズ作品です。 現在では、日本を代表する人気怪獣となっています。 2019年11月3日で誕生65周年を迎えます。 2019年5月にハリウッド版の映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が公開されました。 全世界で大ヒットを記録しました。 今後、1年を通じてゴジラ65周年に関連した様々なイベントが展開されます。 ゴジライヤーを盛り上げる施策となっています。 米国では、公開時期が現在未定のハリウッド映画で3作目となる「ゴジラvsコング」が控えています。 日米のキャラ対決として両キャラクターのファンからは注目されています。 日本では、2020年夏に淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に常設アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」がオープンします。 世界初の常設館で世界最大のゴジラが登場します。 代表者のコメントまとめ 2019年10月31日(木)に、都内で行われた「ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター~」の記者会見で発表されたニジゲンノモリと東映の代表者のコメントをまとめました。 株式会社ニジゲンノモリ代表取締役社長 貞松宏茂さん ゴジラは映画だけでも29本が公開されています。 劇場版のアニメのゴジラまで制作されるなど幅広い年代に支持されています。 2年前からこのプロジェクトを企画して温めていました。 幅広い年代、そして全世界に発信しているコンテンツです。 開設当時から東宝様とご相談をさせていただきました。 ニジゲンノモリのオープン当初から「ゴジラとともに」という思いがありました。 一番大きく、一番迫力のあるものを作らせていただきます。 「ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター~」を通じて、ゴジラの世界観を味わってもらい、日本が誇るクール・ジャパンコンテンツの魅力を淡路島より発信していきます。 東宝株式会社取締役 チーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO)大田圭二さん 今回「シン・ゴジラ」に登場したゴジラをモデルに等身大で再現します。 ゴジラをテーマにしたアトラクションで常設のものとしては唯一、世界最大のゴジラとなります。 等身大ゴジラを登場させたものとしては全世界で初めてとなります。 ワクワクドキドキしています。 凍結したゴジラが活動を再開しないよう監視をするというストーリーは、参加者にとって最大の挑戦となり、ゴジラとしても大きな意義のあるプロジェクトです。 挑戦の物語となっているところも見どころです。 ストーリーを是非体感して欲しいです。 完成が楽しみです。 非常に期待しております。 ゴジラフェス2019で号外新聞 2019年11月3日(日)に東京日比谷で開催された「ゴジラ生誕65周年記念 ゴジラ・フェス2019」で、20分の1サイズの「ゴジラ迎撃作戦」の模型が公開されました。 号外新聞が数量限定で配布されました。 「ゴジラ、淡路島沖に生息か」という見出しです。 記事には以下の内容が掲載されていました。 政府は明治時代に出現した巨大生物「呉爾羅(ゴジラ)」に関する研究機関「NIGOD(国立淡路島研究センター)」の存在を公式に発表するとともに、同機関による観測の結果、「ゴジラ」に極めて近しい生物が、兵庫県淡路島近海に存在すると発表しました。 報告書によれば、ゴジラの存在を示唆する兆候は2019年8月ごろから観測されたとあり、NIGODは急遽淡路島に観測所を設置し、調査を開始した、そして10月初頭にはゴジラに酷似した何ものかが存在する可能性が極めて高く、その出現は「1年以内」との結論に達したため、本日の発表に至った。 NIGODの報告によると現時点に於いて、「ゴジラ」は海中から上陸するまでの器官や機能を持たない状態である可能性が高いが、政府はゴジラ特有の急激な進化や凶暴性に備え、ただちに対策本部を設置し、NIGODの専門部隊の派遣を決定。 近隣住民の避難を最優先に、迎撃や駆除を視野に入れた対処に当たるころも併せて発表した。 既に該当水域での漁業等は停止されており、今後は近隣住民の避難は年内開始を目標とし、現在自治体との協議が進められている。 これに伴い海域や空域の航行禁止等の交通規制も決定しており、こちらも年内にはその封鎖に関する概要が政府より発表される見込みとなっている。 発表を行った内閣官房長官は「官民一体となって事態の対処に当たりたい。 必要ならば諸外国への協力の要請も視野に入れている」とコメントした。 詳細・基本情報• 正式名称:ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター~• 営業開始:2020年夏頃(予定)• 場所:兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」• 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425• 電話:0799-64-7061• 公式サイト:• 入園料金:無料• アトラクション料金:未定• エリア面積:約5000平方メートル• 最寄り駐車場:F駐車場(無料、約344台)• アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約3分.

次の

パソナ代表に取り込まれた「西村康稔」大臣 昭恵夫人とお膝元で3ショット

パソナ 淡路島

人材派遣会社でありながら「地方創生」に注力するパソナ 淡路島は同社の地方創生事業の「中心地」 2017年4月1日、パソナグループは初めて淡路島で、新入社員223名の入社式を開催した。 会場となった「兵庫県立淡路夢舞台国際会議場」のすぐ北には、淡路島公園があり、公園内には同年7月、パソナが新しく、体験型エンターテイメント施設「ニジゲンノモリ」を開設した。 さらに2ヶ月後の9月には、淡路市内に淡路島産の食材を使った料理を提供する「オーシャンテラス」をオープンした。 人材派遣の会社がなぜ、淡路島に次々と新しい事業を開設するのか。 同社は、「人材サービス」の他に、「地方創生」を主力事業に掲げており、淡路島の他、京丹後と東北で地方創生事業に取り組んでいる。 淡路島はその中でも、圧倒的に事業展開の多い地で、同社の地方創生事業の中心地であることがうかがえる。 パソナの南部靖之・グループ代表は、「経済界」(2017年12月26日)で、地方創生に力を入れる理由について、次のように述べている。 「地方が元気になれば定住人口も増える。 地方なら、生活費も安いし待機児童問題も都心ほどではない。 しかも豊かな自然、安全な食など健康的に暮らすことができる。 つまり日本が抱える課題の答えはすべて地方創生にあるのです」.

次の

パソナ島に化けた淡路島 4億円かけた小学校まで無償譲渡|日刊ゲンダイDIGITAL

パソナ 淡路島

人材派遣会社でありながら「地方創生」に注力するパソナ 淡路島は同社の地方創生事業の「中心地」 2017年4月1日、パソナグループは初めて淡路島で、新入社員223名の入社式を開催した。 会場となった「兵庫県立淡路夢舞台国際会議場」のすぐ北には、淡路島公園があり、公園内には同年7月、パソナが新しく、体験型エンターテイメント施設「ニジゲンノモリ」を開設した。 さらに2ヶ月後の9月には、淡路市内に淡路島産の食材を使った料理を提供する「オーシャンテラス」をオープンした。 人材派遣の会社がなぜ、淡路島に次々と新しい事業を開設するのか。 同社は、「人材サービス」の他に、「地方創生」を主力事業に掲げており、淡路島の他、京丹後と東北で地方創生事業に取り組んでいる。 淡路島はその中でも、圧倒的に事業展開の多い地で、同社の地方創生事業の中心地であることがうかがえる。 パソナの南部靖之・グループ代表は、「経済界」(2017年12月26日)で、地方創生に力を入れる理由について、次のように述べている。 「地方が元気になれば定住人口も増える。 地方なら、生活費も安いし待機児童問題も都心ほどではない。 しかも豊かな自然、安全な食など健康的に暮らすことができる。 つまり日本が抱える課題の答えはすべて地方創生にあるのです」.

次の