学戦都市アスタリスク 主人公。 「学戦都市アスタリスク」を紹介!主人公最強系かつハーレム系のアニメです!2016年4月から2期も決定していて面白い!!【おすすめアニメ】

学戦都市アスタリスク3期情報まとめ!アニメの続きについても紹介

学戦都市アスタリスク 主人公

学戦都市アスタリスクは、三屋咲ゆうによる日本のライトノベル作品で、MF文庫J(KADOKAWA)により2012年より刊行。 イラストレーションはokiuraが担当しており、コミック版が『月刊コミックアライブ』で連載された(作画:にんげん)。 2014年8月には、『別冊少年マガジン』2014年9月号から外伝コミカライズ『学戦都市アスタリスク外伝 クインヴェールの翼』(がくせんとしアスタリスクがいでん クインヴェールのつばさ)の連載が開始され、2016年10月号まで連載された(作画:茜錆)。 現実世界の近未来にあるような世界を舞台とする学園バトル物で、建物や機器には若干のSF要素も含まれる。 特殊な力を持った《星脈世代》の少年少女が一つの都市「アスタリスク」に集まり年に一度開催される武闘大会《星武祭》に挑戦する。 各地に降り注いだ隕石の影響で情勢は大きく変化している。 学戦都市アスタリスクのストーリー 旧世紀、無数の隕石が降り注ぐ未曾有の大災害「落星雨(インベルティア)」によって世界が一変した。 既存の国家は衰退し、一方で無数の企業が融合して形成された統合企業財体が台頭していく。 また落星雨は万応素(マナ)が結晶化したマナダイトという鉱石と、生まれながらに驚異的な身体能力を持つ新人類《星脈世代(ジェネステラ)》の誕生という、新たな可能性ももたらした。 優勝者は好きな望みを叶えてもらえるというバトルエンターテインメント《星武祭(フェスタ)》、そこでの優勝を目指して《星脈世代》の少年少女たちは水上学園都市「六花」(通称:アスタリスク)で切磋琢磨していた。 アスタリスクにある6つの学園の1つ「星導館学園」に特待生として招かれた主人公の天霧綾斗。 《星武祭》に興味があるわけではなかったが、自分の成すべきことを見つけるためにと、何度か断ってきた特待生としての転入の招待を受けた。 そして綾斗は、祖国の友人たちを貧困や統合企業財体の圧力から救うために《星武祭》で優勝すべく一人奮闘する少女・ユリス=アレクシア・フォン・リースフェルトと出会う。 彼女の眼差しから失踪した姉と同じものを感じた綾斗はユリスの力になる事を決意し、《星武祭》に挑むことになる。

次の

アプリ『学戦都市アスタリスク』を田丸篤志さんがプレイ。《六花》で女の子をじっくりと見てもらいました

学戦都市アスタリスク 主人公

学戦都市アスタリスクは、三屋咲ゆうによる日本のライトノベル作品で、MF文庫J(KADOKAWA)により2012年より刊行。 イラストレーションはokiuraが担当しており、コミック版が『月刊コミックアライブ』で連載された(作画:にんげん)。 2014年8月には、『別冊少年マガジン』2014年9月号から外伝コミカライズ『学戦都市アスタリスク外伝 クインヴェールの翼』(がくせんとしアスタリスクがいでん クインヴェールのつばさ)の連載が開始され、2016年10月号まで連載された(作画:茜錆)。 現実世界の近未来にあるような世界を舞台とする学園バトル物で、建物や機器には若干のSF要素も含まれる。 特殊な力を持った《星脈世代》の少年少女が一つの都市「アスタリスク」に集まり年に一度開催される武闘大会《星武祭》に挑戦する。 各地に降り注いだ隕石の影響で情勢は大きく変化している。 学戦都市アスタリスクのストーリー 旧世紀、無数の隕石が降り注ぐ未曾有の大災害「落星雨(インベルティア)」によって世界が一変した。 既存の国家は衰退し、一方で無数の企業が融合して形成された統合企業財体が台頭していく。 また落星雨は万応素(マナ)が結晶化したマナダイトという鉱石と、生まれながらに驚異的な身体能力を持つ新人類《星脈世代(ジェネステラ)》の誕生という、新たな可能性ももたらした。 優勝者は好きな望みを叶えてもらえるというバトルエンターテインメント《星武祭(フェスタ)》、そこでの優勝を目指して《星脈世代》の少年少女たちは水上学園都市「六花」(通称:アスタリスク)で切磋琢磨していた。 アスタリスクにある6つの学園の1つ「星導館学園」に特待生として招かれた主人公の天霧綾斗。 《星武祭》に興味があるわけではなかったが、自分の成すべきことを見つけるためにと、何度か断ってきた特待生としての転入の招待を受けた。 そして綾斗は、祖国の友人たちを貧困や統合企業財体の圧力から救うために《星武祭》で優勝すべく一人奮闘する少女・ユリス=アレクシア・フォン・リースフェルトと出会う。 彼女の眼差しから失踪した姉と同じものを感じた綾斗はユリスの力になる事を決意し、《星武祭》に挑むことになる。

次の

プレイヤー自身が学園生活を体験できる! ゲーム版オリジナル主人公でもプレイ可能なPS Vita『学戦都市アスタリスクフェスタ 鳳華絢爛』!

学戦都市アスタリスク 主人公

さんの感想・評価 3. 3 物語 : 2. 5 作画 : 4. 0 声優 : 4. 0 音楽 : 4. 0 キャラ : 2. 0 状態:観終わった 主人公最強でヒロインがそこそこ可愛く、作画も綺麗なのでそういった面ではオススメ 主人公の耳が良い系アニメです。 ツンデレっぽい赤髪とお姉さんタイプの金髪とか古き良きラノベの王道を突き進む作風だと思います。 一話は作画が綺麗で戦闘も良く動くので観てみても良いかも? 四話感想 主人公の力が実は封印されていたようでやろうと思えば封印が解ける設定だったようです。 こういったヒロインを抱えながらサクサクと敵を倒す展開はもう清々しいくらい俺最強な特色が出てて、面白いと感じました。 ただキャラに愛着が湧いたとか、興味が出てきたかと言われるとそうでもないんですけどね。 物語の方はまあ生徒会長が思ったより黒いキャラで闇の組織の一員という感じがしてヒロインとしてはあんまりなキャラになったのは良かったのか悪かったのか…まだ判断するのは早い気がします。 六話にして魅力が薄まってきた感じがします、敵側が何をしたいのか良く分からないしキリンは良いのですが主人公が鬱陶しくて魅力を感じません。 これまでのラノベアニメとの差別化があまり出来ていないのでこれからは挽回してほしいところ… 十話感想 まあまあ面白くなったかな?という印象。 主人公組以外の戦闘描写は良かったと思いました、主役の戦闘は淡白さが出てしまっていてイマイチ入り込めないのが残念。 私がレスターに感情移入してしまうのは綾人にあまり魅力が無いからでしょう、主役としてどうなんだそれ。 綾人がただ流されているように見えるのは主体性が見えてこないからかも知れません(私の読解力不足もある) 物語の起伏があまりなくて淡々と進行しているように見えるのですが気のせいでしょうか?山場がどこなのかが分からないのが難点なのかも。 年上系ヒロインがそろそろ出てきて欲しいところ。 最終話まで観た感想 あまり面白くなかったかなぁというのが素直な感想。 エロス描写と戦闘描写がどこかのラノベアニメと比べてしまうと見劣りしてしまうのは否めませんでした。 しかしエフェクト…特殊効果の見せ方というかそういう描写は好きな部類でした、OPとEDも好みでした。 何というか作画が良いだけに薄味なストーリーなので怒りというか勿体無いと思う感情の方が強いと思わせるアニメでした。 ・キャラとか物語について それぞれのキャラの背景はまあ一長一短という感じでメインヒロインであろうユリスの戦う理由が孤児院に寄付(あやふや)だったのが個人的には薄味だったかなーという印象(イレーネの目的も金だったので被るというのもある) ユリスのハンカチって結局如何に大事なものかという設定も無いみたいですし、なんだったんだあのハンカチ… キリン関係の親父の刑期を軽くするとか無実の証明とかは良かったと思います、小物なおじさんも良い味だしていたと今思えばそう感じます。 綾人の目的が不明瞭なのは頂けなかった…というか明確な目的が無いのはどうかと思いました、姉の失踪理由を探るということも一切していないのはどうなのよと感じました。 彼のやっていることは戦うことと、女の子を口説くことしかしてません。 ・音楽とか作画 なかなか良かったと思います、特に武器を振る時のビームサーベルみたいな音は好きです。 ・総括 面白さというよりヒロインの可愛さに助けてもらっているアニメだった。 戦闘シーンはイマイチな時とまあまあな時があり安定しなかったのも残念でした。 主人公最強物語やヒロインの可愛さを味わいたい方にはオススメ出来ます、物語の品質は保証出来かねます。

次の