プロスピ ニール。 【プロスピA】2020年Sランク選手評価リスト (Series1)|最新スカウトガチャランキング|プロスピA攻略ブログ 球宴ナイン

【プロスピA】TS 西口文也2020シリーズ1のステータス評価(タイムスリップ)

プロスピ ニール

今年も西武で頑張ってもらうことに。 外国人ながら最も安心できるピッチャーだったので今年も大きな期待がかかりますね。 ニールの投手ステータス評価 投手ステータス A 数値的には良いんですが球威Aに届かないかあ。 称号も特に大きな影響が出ない感じですね。 コントロールもいいし使いやすさは問題ないのではないかと思います。 今年も大活躍ならさらなるUPは見込めますね。 称号チャレンジ 特になし。 スピか球威かなあ。 ニールの変化球・適性評価 第1球種 第2球種 変化球・適性評価 B 結構いろいろ揃ってますね。 このツーシームは動くより流れるタイプの方なんですかね? 大きい変化はないものの外国人特有の動く球ですね。 援護 E これはまあ打線がね、うん。 ニールのリアタイおすすめ度 リアタイおすすめ度 B まだまだ未知数な部分がありますが、めっちゃ通用するぞってなるのには少し難しいような気がします。 もうちょい大きい球種があればなあと思います。 最後に この人の活躍なくして優勝はなかったと思うので今年も期待いっぱい!安定した投球でどんだけ勝つのか楽しみですね。

次の

西武ザック・ニールはなぜ“優良外国人“へと変貌したのか?――日本とアメリカの“違い”を考える

プロスピ ニール

プロスピAで追加されたSランク選手を100点満点で点数化し、ランキング形式で掲載しています。 あくまでプロスピA内での点数評価であり、実際の選手の評価とは一切関係ありません。 このランキングは12球団のリーグオーダー(自動試合)で起用することを前提として評価を行っています。 純正チームやリアルタイム対戦での評価は考慮に入れていません。 オーダーで起用するかどうかの参考になれば幸いです。 <評価基準> 評価 概要 100 A 12球団オーダーで必須級の選手 90 A 能力が高く称号次第でさらに強力になる選手 80 A 能力が高い選手 70 B 称号次第でさらに価値が高まる選手 60 C コンボ面などオーダー状況次第ではオーダー入りする可能性のある選手 50 D 能力はあまり高くないが状況次第でオーダー入りする可能性のある選手 40 E 現時点では低めの能力で純正のユーザー向けの選手 12球団別 Sランク能力評価 評価 選手名 Point 100 A 松坂 大輔 (TS) 球威A84スタミナA84の球威スタミナのA同値。 球種も6球種あり、B以上の球種は3つと変幻自在コンボ的にも申し分ない能力。 人気・能力含め、TSの投手の中でも有数の目玉選手になる。 100 A 則本 昂大 (通常) 球威A80、スタミナA84のスタミナ型。 称号で制球+3UPできればオールAが可能。 球種は7つでB球種は2つ。 特殊能力も強い。 100 A 森 唯斗 (通常) 4月3日に追加の抑え投手12名の中でトップクラスの能力。 球威Aの球威型で、称号で制球Aも狙える。 球種も7球種あり、変幻自在コンボを出すうえで重宝する存在。 限界突破を5回できれば中継ぎ起用も可能。 100 A 有原 航平 (通常) 2020年シリーズ投手の中で有数の能力の高さで、球威と制球のA同値。 称号次第ではオールAも可能。 球種も7球種と豊富でB球種以上も4つあるため、変幻自在コンボ的にも十分。 100 A 菅野 智之 (通常) 一時期に比べると能力は落ちたが、それでもオールAで十分な強さを維持している。 デフォルトでは制球型で、称号で球威型や同値にできればさらに使いやすくなる。 100 A 山本 由伸 (通常) 全体能力が高く球威Aの球威型。 球種は1つ減ったがそれでも十分豊富な8球種あるため変幻自在コンボとしても貢献してくれる存在。 限界突破3回できれば中継ぎ起用も可能になる。 称号次第では制球Aを狙える。 100 A 千賀 滉大 (通常) 今シリーズからスタミナ型に変更され球質が少し弱体化したが基本的な能力の高さは相変わらず。 球威とスタミナはA超えで称号で同値も狙える。 全7球種でB球種以上3つと変幻自在コンボ的にも申し分ない能力。 100 A 宮西 尚生 (通常) 球威と制球両方A超えという中継ぎ投手でトップクラスの能力。 球種は4球種と多くはないがスラーブの変化量は驚異的。 称号で球威と制球の同値も狙える。 特殊能力も強い。 100 A サファテ (TS) ソフトバンクでは初のTS登場。 シーズン54セーブを挙げた2017年モデルで、球威は驚異のA89。 称号で球威Sや制球Aも狙える能力。 100 A 金子千尋 (TS) 最多勝と最優秀防御率に輝いた2014年モデルでTS初登場。 能力は球威Aの球威型。 称号で制球+3できればオールAが可能。 球種は驚異の11球種あり、を考えても必須の選手。 90 A 杉内 俊哉 (TS) 球威A83スタミナA80の球威型。 球種は5球種でB以上の球種は2つ。 90 A 山口 鉄也 (TS) 球威A81制球A83の制球型でseries1の中継ぎの中で最強クラスの能力。 称号で球威型や球威制球の同値にできれば使い勝手もさらに良くなる。 球質もB以上が3つあって強く、限界突破4回以上できれば抑え起用も可能。 90 A 三浦 大輔 (TS) 制球A81スタミナA81の制球・スタミナのA同値。 球種は6球種あり、B球種は1つ。 90 A 山岡 泰輔 (通常) スタミナA80のスタミナ型。 称号で球威Aや球威・スタミナの同値が狙える。 90 A 柳 裕也 (通常) 全体的な能力が高く、スタミナAのスタミナ型。 称号で球威型・球威Aにできればさらに価値は高くなる。 6球種あり、B球種以上も2つあるので変幻自在コンボに有利。 90 A 能見 篤史 (TS) 2011年モデルでTS初登場。 能力はオールBのスタミナ型ながら全体的にかなり高く、称号次第では全同値や球威A、制球Aなどオーダー状況に合わせて様々なバリエーションがあるのが魅力。 90 A 上沢 直之 (通常) 能力はオールBでスタミナ型。 デフォルトではスタミナ型だが称号で球威型や球威A、制球型や全同値、スタミナAなど称号次第でさまざまな型に変えることができるため、オーダー状況次第でかなり重宝する選手になる。 90 A 山崎 康晃 (通常) 球威Aの球威型。 球種は5球種でB以上の球種は2つ。 抑え適性のみで、起用法は限られる。 特殊能力はコンボの組みやすさ・効果の両面で強い。 90 A 増田 達至 (通常) 球威Aの球威型で球種も5球種あるため、能力の高さはもちろん、球威Aのコンボ面でもオーダーで起用しやすい。 限界突破4回以上で中継ぎ起用も可能。 90 A 秋吉 亮 (通常) 今seriesから能力が上がり、球威Aの球威型。 球種も2種類増えて、オーダーで起用しやすくなった。 中継ぎ適性Bあり、限界突破なしで中継ぎ起用できる点も大きい。 90 A 大瀬良大地 (通常) 全体能力が高く制球とスタミナがA超えのスタミナ型。 球種は6つあり、カットボールの球質はS。 称号で球威Aや球威型にできればさらに価値が高まる。 90 A 大野 雄大 (通常) 全体能力がかなり高く球威とスタミナがA超えのスタミナ型。 球種は5つでA球種が2つある。 称号「うなる豪腕」が付けられると球威スタミナの同値にでき、さらに強力になる。 90 A 岸 孝之 (通常) A能力こそ無いものの全体的な能力が高く制球型。 称号で球威型や球威A、制球Aなどオーダーバランスに応じて能力タイプを変えることができるのも魅力。 90 A 西 勇輝 (通常) 8球種という球種の豊富さが魅力。 表の能力もかなり高く制球とスタミナのA超え同値。 先発の柱としてリーグオーダーで大きな信頼を置ける投手。 90 A 石川 歩 (通常) 全体的に能力が高く、球威と制球の同値。 7球種あるため球種数の強力コンボ「超変幻自在」を出すうえで貴重な存在になる。 中継ぎ適性Bあるのも起用の幅が広がるため大きなプラス要素。 90 A 今永 昇太 (通常) 球威とスタミナがAを超えていて球威型。 球種は5つでB以上の球種は2つ。 特殊能力も優秀で先発の柱として期待できる。 限界突破5回できれば中継ぎでの起用も可能になる。 90 A エスコバー (通常) 昨季は74試合に登板するなど剛腕でチームに貢献する助っ人投手。 能力も大きく上がり、球威Aに。 制球・スタミナもBになり、リリーフ投手全体の中でもかなり高い能力になった。 90 A 内海哲也 (TS) 2017年以来、3年ぶりのTS登場。 能力は前回に比べ球威+3、制球+1強化され、制球Aの制球型。 称号で球威Aや同値が狙える。 球種も7球種と豊富で、B以上の球種3つあるなど強い。 90 A 佐々岡真司 (TS) 2年連続のTS登場。 能力は前回と変動なく、球威AスタミナAのスタミナ型。 抑え適性もSあり、超4で中継ぎも可能。 球種面は、球質こそ高いが球種数が少ないので変幻自在にはネックになる。 80 A 岩崎 優 (通常) 昨季防御率1. 01の大活躍で、大きく能力が強化された。 球威Aの球威型で、球種も5つに増えたことでオーダーで起用しやすくなった。 特殊能力も強い。 80 A 藤川 球児 (通常) 球威Aの球威型というのは魅力だが、制球の低さと3球種という点は変幻自在コンボとしてはネックになる。 超0で中継ぎ起用も可能。 80 A ジョンソン (通常) 球威B78スタミナ78の球威とスタミナの同値。 球種は5球種でB以上の球種は2つ。 称号で球威AやスタミナA、球威スタミナのA同値が狙える。 80 A 美馬 学 (通常) 球威B・制球A・スタミナBの制球型。 球種は6球種でB球種は1つ。 80 A 益田 直也 (通常) 球威B78の球威型で、称号で球威Aにできる。 球威型なので比較的オーダーに入れやすく、超0で中継ぎ・抑えどちらでも起用できるのも魅力。 80 A 石川 雅規 (通常) 制球力が高く制球Aの制球型。 球速95キロのカツオカーブも健在。 80 A ニール (通常) 5月8日に追加されたエース枠12名の中では若干見劣りするかもしれないが全体的に能力は高く制球Aの制球型で制球型オーダーには欠かせない存在になる。 球種も6球種あり変幻自在コンボ的にも悪くない。 80 A 平井 克典 (通常) 昨季81登板でパ・リーグ記録を樹立した鉄腕リリーバー。 能力は球威B78の球威型で6球種 球質B以上の球種2つ あり、変幻自在コンボ的にも心強い存在。 称号で球威Aが狙える。 80 A モイネロ (通常) 球威Aの球威型の中継ぎ投手。 球種面は全5球種持ちでB球種は2つ。 特殊能力は効果・コンボの組みやすさの両面で強い。 80 A 西口 文也 (TS) 2018年以来2年ぶりのTS登場。 能力はスタミナAのスタミナ型で、称号で球威Aが狙える能力。 球種は5つで、B球種2つ。 汎用性が高く、限界突破4回で中継ぎ、5回で抑え起用も可能。 80 A 吉川 光夫 (TS) 3年連続のTS登場。 球威Aの球威型で球種は全4つ、そのうち3つがB以上の球種。 特殊能力もコンボ・効果両面で強い。 80 A 石井 弘寿 (TS) 2018年以来2年ぶりのTS登場。 球威がかなり高く球威A86の球威型。 球種は全4球種で速球が魅力でストレートは球質S。 限界突破3回で抑え起用も可能で、中継ぎ強化したいユーザーには特に魅力的な投手。 80 A 大谷智久 (TS) 49試合で防御率1. 94を記録した2014年モデルでTS初登場。 球威B77制球B79の制球型。 8球種あり、にも有用な選手。 Sランク強さランキングと能力評価(野手) 2020series1 評価 選手名 Point 100 A 福留 孝介 (TS) 攻守のバランスがとれたプロスピAの野手最高能力の選手。 右翼守備適性もAあり、限界突破なしで左翼・中堅での起用も可能。 100 A 柳田 悠岐 (通常) 能力は前回seriesから大きな変動はなく、ミートパワー走力オールAでミートパワーAの同値という現役野手最強能力。 能力・コンボ面で文句なしの能力で、間違いなく大当たり枠と言える。 100 A 坂本 勇人 (通常) 間違いなく現役最強のショート。 ミート・パワーA超えのパワー型。 称号でミート・パワーのA超えの同値にできればさらに強さは増す。 守備適性もBあり、攻守で頼れる存在。 100 A 小笠原 道大 (TS) ミート・パワー両方A超えのミート型で、series1の三塁手の目玉選手になる。 称号でも完全ミート型の点は変えられないが、「特守」によって三塁守備適性Bが可能。 限界突破3回以上で一塁での起用もできる。 100 A 吉田正尚 (通常) 弾道アーチストでミートA81パワーA80のミート型。 ミートパワーの両方がA超えという点だけでも十分強いがなおかつ同値が狙えるのも魅力。 100 A グラシアル (通常) ミートパワーAの同値なので能力・コンボ面の両面で重宝する選手。 適性ポジションは以前に比べて減ったがそれでも4ポジションあり、起用の幅も広がる。 特殊能力も強い。 100 A 鈴木 誠也 (通常) ミート・パワー両方Aを超えていてミートAのミート型。 ライト守備適性も今seriesからBになり、さらに強化された。 称号で同値にできればさらに価値が高まる。 100 A 松井稼頭央 (TS) 2年ぶりに西武でTS登場。 能力は前回と変動なく、オールAの走力型。 走力型の中ではトップクラスの能力で、称号でミート型やミート・走力の同値が可能。 TSの中でもかなりの目玉選手。 100 A ラミレス (TS) 昨年は巨人で登場したが、今年は2年ぶりにヤクルトでTS登場。 能力はミート・パワーA超えのパワー型。 称号で同値を決めることができればさらに強くなる。 守備適性はEなのでDHでの起用がおすすめ。 90 A 森 友哉 (通常) 現役最強クラスの捕手で、ミートAのミート型。 パワーヒッターなので自操作でも打ちやすく、特殊能力も強い。 限界突破4回以上でライト、5回でレフトでの起用も可能。 90 A 丸 佳浩 (通常) 打撃・守備の全体的な能力が高く、パワーAのパワー型。 前回seriesに比べミートが落ちたため、ミートパワーA同値は崩れたが称号でミートAや同値が可能。 中堅守備適性B79で「特守」によりAが可能。 弾道は特殊能力を上げることでパワーヒッターに。 90 A 中村 剛也 (通常) 弾道アーチスト、パワーA超えのパワー型ということで、現役最強クラスの能力を持った選手。 90 A 松田 宣浩 (通常) ミートパワー走力の全体能力が高く、パワーAのパワー型。 守備適性は前回seriesに比べて落ちたが、それでも打撃・守備の総合値で強い能力なのは間違いない。 90 A 岡本 和真 (通常) ミートB71パワーA81のパワー型。 パワーAのパワー型なので能力・コンボ面でも頼れる存在。 メイン適性はサードで、限界突破4回以上でファーストとレフトも守れる。 特殊能力も強い。 90 A 大島 洋平 (通常) ミートA81・走力A81の同値なので、能力面でもコンボ面でも貴重な存在。 センター守備適性はBあり、打撃力・守備力のバランスの良さが魅力。 特殊能力も強い。 90 A 大田 泰示 (通常) 打撃・守備全体の能力が高く、パワーBのパワー型。 ライト適性Aで捕球スローイング・肩力も高く安心して任せられる。 称号次第では全同値やパワーAも可能。 90 A 原 辰徳 (TS) 2年連続のTS登場。 パワーAのパワー型で、称号次第ではミートAや同値も狙えるので強い。 弾道アーチストも魅力で、限界突破4回以上でセカンド起用も可能。 90 A 石井 琢朗 (TS) 2年連続のTS登場。 ミートA・走力Aで走力型。 称号でミート型や同値が可能。 遊撃守備適性Aで、スローイング・肩力も高い能力。 限界突破3回でサード起用も可能。 90 A 糸井嘉男 (TS) 今年は日本ハムでTS登場(2年ぶり)。 能力は前回と変動なくミート・走力のA同値。 メイン適性は中堅でC。 超4以上で左翼・右翼起用も可能。 80 A 青木 宣親 (通常) 38歳を迎えるシーズンながら全体能力が高く、ミートAのミート型。 センター守備適性はCで限界突破4回以上でレフト・ライト起用も可能。 TSでの登場候補にもなるが、現役バージョンもまだまだ強い。 80 A 源田 壮亮 (通常) 守備力の高さが魅力のショートで、守備力を重視してオーダーを組むなら欠かせない存在。 走力もAを超えていて代走や守備固めとしての起用も選択肢になる。 80 A 栗原 健太 (TS) 3年連続のTS登場。 能力に変動はなくミートAのミート型。 特殊能力も効果・コンボ両面で強い。 80 A レアード (通常) パワーAのパワー型。 超特殊能力は、恐らく一番コンボを組みやすい超パワーヒッター。 サード守備適性はCで肩力はA82。 80 A 荻野 貴司 (通常) ミートA80走力A84の走力型。 走力型の選手の中ではトップクラスの能力なので12球団オーダーでも選択肢に入る選手。 80 A 近藤 健介 (通常) ミートA82の完全ミート型。 ミートをアップさせる特殊能力が中心で、弾道はラインドライブながら自操作での期待値は高い。 限界突破4回でサードとライトも守れる。 80 A 亀井 善行 (通常) ミートパワー走力オールBでミート型。 メイン適性はレフトだが、限界突破なしでライト起用も可能。 80 A 川端慎吾 (TS 首位打者に輝いた2015年モデルでTS初登場。 能力はミートA83のミート型。 守備適性が豊富で、限界突破4回以上で一塁と遊撃、5回できれば二塁起用も可能になる。 80 A ブラッシュ (通常) 打撃能力が高く、パワーAのパワー型なのでオーダーに入れやすい。 メイン適性はCあるが捕球・スローイング・肩力の数値はEなのでDHでの起用の方が良いかもしれない。 80 A 糸井嘉男 (通常) ミート・パワー・走力の能力が高くミートAのミート型。 守備適性はDで捕球・スローイングはEだが肩力はA87の高さ。 特殊能力はあまりコンボを組みやすくない。 今年はでの登場も確定している。 80 A 平田良介 (通常) 打撃・守備全体の能力が高くミート型。 ライト適性はBで捕球スローイング・肩力の能力も高い。 称号次第ではミートAが可能で、ミートAにできればさらに強くなる。 80 A 鉄平 (TS) 2年連続のTS登場。 ミートAのミート型なのでミート型オーダーには入れたい存在。 センター守備適性Bあり、特殊能力は効果の強い「超アベレージヒッター」。 80 A 今江 敏晃 (TS) 2年連続のTS登場。 ミートAのミート型で、ミート型オーダーには入れたい存在。 守備適性Bあり、捕球スローイング・肩力も悪くない能力でトータル的なバランスが良い。 80 A 内川聖一 (TS) 2016年から5年連続同一球団でTS登場。 能力はミートAのミート型で、称号でミートSが可能。 守備はメイン適性一塁で、超4で二塁と外野での起用が可能。 80 A 矢野輝弘 (TS) 2年連続のTS登場。 能力は前回と変動なくミートAのミート型。 ミートAの捕手という面ではかなり貴重で、捕手強化を目指しているユーザーには助かる存在。 80 A パウエル (TS) 昨年は外国人OBで登場したが、今年はコーチに就任したためTSで初登場。 能力はミートAのミート型。 メイン適性は中堅で適性C、超4で右翼・超5で左翼起用が可能。 80 A 本多雄一 (TS) 2018年以来、2年ぶりにTS登場。 能力は変動なく、走力Aの走力型。 称号でミートAにできるため、称号が重要になる。 二塁適性Bで安定感がある。 【プロスピA】Sランク強さランキング&能力評価2020最新版 リセマラ 記事一覧.

次の

【プロスピA】西武ライオンズ選手評価リスト|純正オーダー向け早見表|プロスピA攻略ブログ 球宴ナイン

プロスピ ニール

もくじ(みたい項目にジャンプします。 初めてメジャーに昇格できたのは2016年、アスレチックスでメジャーデビューし、 この年は 24試合に登板しました。 2018年はほとんどをマイナーリーグで過ごし、メジャーには1試合だけ登板しています。 メジャー通算成績 試合 勝 負 イニング 奪三振 防御率 31 2 4 85. 2 37 4. 94 三振を奪うよりも ゴロを打たせて取るピッチングスタイルですね。 コントロールを重視していて低めに集める投球が持ち味のようです。 ニール選手の1番の特徴としては 圧倒的なフォアボールの少なさになります。 メジャーデビューを果たした2016年シーズンは24試合に登板(うち6試合が先発)して、 70イニングを投げて与えたフォアボールがたったの 「6個」でした。 与四球率が 0. 77という驚異的な数字を叩き出してます。 めちゃめちゃフォアボール少ないですよね。 コントロールがすごく良いんでしょう。 与四球率が1. 66でした。 これは 相当コントロールが良い外国人選手ですね。 さらに 被本塁打率も非常に低く、2016年の被本塁打率は 1. 16でした。 (9イニング投げたとしたら打たれる本塁打は1. 16本) これはもしかしたら 日本で成功できるんじゃないでしょうか。 コントロールの良い投手は日本人でも手こずりますからね。 スポンサーリンク ザック・ニールの球速や球種は? 動画を見ただけで判断しますけど、ストレートに関しては投げているシーンがないのでわからないのですが、 MAX150km前後は投げれるんじゃないでしょうか。 変化球は スライダー・チェンジアップ・シュートを投げてますかね?(ツーシームかな?) 特にシュート系のボールを軸にして投球しています。 おそらくこれはツーシームという事なのでしょうが。 ニール選手が 絶対的に自信を持っているのがこのツーシームでしょう。 右バッターにはかなり厄介になるボールですね。 9月19日追記分〜先発で二桁勝利 ニール選手は今シーズン、西武の先発投手陣で 唯一の二桁勝利をあげています。 1 47 15 2. 96 前評判の高かった制球力の良さも十分に発揮しており、94. 1回を投げて与えた四球は15個。 (四球率1.

次の