愛子 さま 2019。 愛子様の現在・2019年は太った!?令和初日のお姿はすっかり大人に

愛子さまの現在2020!偏差値72で学習院大日本語日本文化学科へ

愛子 さま 2019

Sponsored Link 愛子様の現在 2019 出典: 出典:yahoo. jp 2019年5月1日赤坂御用地を出られる愛子さま 出典: 2019年8月19日 ご静養先に向かうため、JR那須塩原駅に到着した天皇、皇后両陛下と愛子さま• 続柄 :天皇陛下第一女子(今上天皇皇孫)• 称号: 敬宮(としのみや)• 全名 :愛子• 身位 :内親王• 敬称 :殿下• 生年月日:2001年12月1日 17歳 最近、愛子さまがたいへん社交的になられたと保護者の間でも評判なのです。 高等科に進学した直後は、学校をお休みになる日も少なくありませんでした。 急激に痩せられたり、一気にふっくらされたりと、思春期特有のこととはいえ体重の増減も心配になるほどでした。 ところが、ここ数カ月は学校でもいつも笑顔。 ご友人にも積極的にご自分から話しかけられているとうかがっています 出典: 激やせの過去 出典:excitenews 写真は2016年12月のご様子。 年頃の ダイエットだったり、ストレスなどからくる 適応障害など 様々な憶測を呼び、一時 55キロから37キロまで体重が落ちてしまいました。 Sponsored Link スーパープリンセス愛子様 愛子さまは学業、芸術、スポーツ、全てにおいて優秀な才能をお持ちです。 学業 現在は 文系の特別進学クラスにご在籍です。 常に学年でトップクラスで 偏差値は72という才媛です。 東大を視野に入れてもおかしくないほどの優秀な成績でいらっしゃいます。 英語も堪能で、東宮御所を訪れた外国の王族と 通訳を介さずに英語で懇談されるそうです。 芸術 出典:時事通信社 学習院初等科から続けられているチェロ。 皇太子様と一緒にオーケストラにも参加されています。 学芸会では演劇用に 楽曲の編曲をされるほど音楽に熱心だということです。 スポーツ 中学生になってからはテニスとソフトボールに関心をお持ちになり、 赤坂御用地のコートや庭で、皇太子夫妻や宮内庁職員とプレーを楽しむことがあり、 特にソフトボールでは、経験者の雅子さまも驚かれるほどの スピードボールをお投げになるそうです。 全員父は天皇家の男子• 男系男子が天皇に御即位されるまでの中継ぎ 女性天皇ではダメな理由は遺伝子の問題「万世一系」(ばんせいいっけい) 人の性別を決めるのは性染色体です。 男性はXY、女性はXX。 男性のY染色体は父親のY染色体をそのまま引き継ぎます。 ということは、天皇家の男系のY染色体は全て同じで、 さかのぼれば、 初代天皇の神武天皇のY染色体を そのまま継いでいることになります。 それを 万世一系といいます。 一方、女性天皇に男の子が生まれると、 そのY染色体は その父親のY染色体となり、 その子が天皇になると 女系天皇となり、 つまり女系天皇は、 天皇家の血(神武天皇のY染色体)を継いでいない天皇だということです。 そうなると 万世一系が途絶えてしまいます。 遺伝子を残すための解決策 天皇家の血(神武天皇のY染色体)を残すには、 皇族として生まれた父親をもつ男性との結婚です。 (例えば愛子様なら悠仁様と結婚されるなど) 過去に繰り返されたという、皇族の血を絶やさない近親婚の歴史と結びつきます。 この解決策は、遺伝上のリスクや倫理的な観点からふさわしい選択とは言えません。 愛子様の女性天皇の可能性 退位の際の今上 (きんじょうてんのう)のお言葉 出典: 始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。 そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、 これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、 相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、 そして 象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことを ひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。 国民の理解を得られることを、切に願っています。 引用: 日本国憲法の第一条に、天皇の地位は「 主権の存する日本国民の総意に基く」とあり、 第二条には「 皇位は、世襲のもの」とあります。 国民の総意に基づくのであれば、 男系男子の継承を条件とする 「皇室典範」を改正して、 女性天皇や女系天皇を認めることは、憲法上、なんの問題もありません。 さらに共同通信が2019年5月1日、2日に実施した全国緊急電話世論調査によると、 男性に限られている 皇位継承を巡り、 女性天皇を認めることに 賛成が79. 6%、反対が13. 3%となりました。 女性天皇容認の声が高まっています。 愛子様が将来の 天皇になられる可能性はおおいにあるということです。 世間の声 ここのところの秋篠宮家騒動もあってのことか女性天皇も再検討されるとか? 性別云々より 品性知性全てにおいて愛子様がふさわしい気がする。 — まりん 4mika8 愛子さま「令和への決意」美智子さまに花束のサプライズ!(女性自身) - Yahoo! ニュース 17年5月の共同通信による世論調査でも女性天皇賛成は86% 能力的には勿論、万人に愛される器のある愛子様が天皇に相応しいと思う 世論にもっと耳を傾けて欲しい — pionlion tkomho うぅん…… 愛子様が将来的に天皇を継ぐのは何の問題もないかと……イギリス皇室は成り立ってるし。 他国と一緒に出来ないのは勿論承知だけども、現行のままで、秋篠宮家が後を継がれるのはとても違う気がしてくる。 そもそも長子を天皇としてきたら、当然2子の教育は大きく異なり役割も違う — Emily 手話講師) Emily1978725 まとめ 愛子様の現在は成長とともに、 文武両道の才女ぶりを発揮し、 ますます聡明でいらっしゃいます。 皇位継承問題も、愛子さまは、 新天皇の直系の血を引く唯一の子であり、 新天皇である父の姿を間近で見てきた愛子様が、 天皇にふさわしいという意見も高まっています。 今上天皇のお言葉にあるとおり、今後の天皇家のあり方は 「象徴としての 天皇の存在が安定的に続く事」です。 そのお気持ちをしっかりと理解して正しい判断がされることを祈ります。 皇室関連: 皇室関連:.

次の

【画像】愛子様の歯並び悪すぎ?歯列矯正をしない理由とは?|LifeNews Media

愛子 さま 2019

愛子さまに起きた急激な体の変化 愛子さまは御称号が敬宮 としのみや 、正式名称が愛子内親王 あいこないしんのう 、敬称は殿下です。 愛子さまが生まれ、雅子さまと赤ちゃんの愛子さまを一目見ようと、退院された日都心の沿道に朝から列が作られました。 お名前が「愛子」と決まり、仙台市の「愛子(あやし)駅」では、記念に切符を買い求める人で行列までも。 立派に成長された愛子さまは皇族として過ごされ、学業も優秀との報道があります。 しかし、その一方で学校の長期間の休みが伝えられていましたね。 愛子さまのお体の変化が出てきたのは、2016年8月頃から。 真実は定かではありませんが、体調不良により激やせをされていました。 参考:女性セブン2017年3月16日号 愛子さまがもっとも体重が減少していたと言われた2月の写真では、さらに痩せ細った体がはっきりとわかります。 しかしその後、高等科に進むとともにお元気になられ、体調も良くなったものだと誰もが安心していたでしょう。 激変!急にふっくらした愛子様 すっかり体調も回復したようすの愛子さま。 上の画像は、8月30日10日間の那須ご静養を終えた帰りの愛子さまです。 極端に激痩せしていたので、現在はまるで別人のような変化を感じます。 全体的に体形がふっくらして、大変健康そうな印象がありますね。 愛子さまは、7月頃からすでにこのようなお元気な姿でした。 激やせで心配されていた体重も、かなり回復しているでしょう。 元のお元気な様子を取り戻されたのは大変喜ばしいことです。 しかし、もっとも痩せていたのが今年2月末。 まだ若い愛子さまがこんな短期間で急激な体重の増減をされると、体に悪影響ではないのでしょうか。 これについて、専門家の見解が掲載されていました。 約1年2カ月の間にここまで上下動があるのは、愛子さまが拒食と過食を順に繰り返したからではないかと危惧せずにはいられません。 つまり、愛子さまは体形が元に戻ったのではなく、過食による体重増加の途上なのではないか、という不安が募るのです 出典: ポニーテール・デニムスカートと白いカットソーが清楚なイメージを醸し出しています。 若草色のシュシュや白い花びらがデザインされたネックレスがはご自身で選ばれたのでしょうか。 大変お似合いですね。 写真のように、元気よく応援しているようすの愛子さま。 ごく普通のその年代の女の子そのものです。 驚いたのは以前、初等科5年の時に愛子さまが野球クラブに入りたい気持ちを持っていたという話。 熱の入った応援は、愛子さま自身が野球好きな事もあるのでしょうね。 この野球応援が10月8日。 愛子さまの最新画像では極端な変化はないように見えます。 愛子さま!真のロイヤルプリンセスとして 愛子さまのお印であり、那須の御用邸にも咲いている「ゴヨウツツジ シロヤシオ 」。 ゴヨウツツジは大株になるまで花を咲かせにくい特徴があります。 花は満開になると、真っ白な花を一面に咲かせその存在を際立たせます。 天皇家で一番の頭脳と言われているほど頭の良い愛子さま。 何があろうとも、お印の「ゴヨウツツジ」のようにしっかりご成長なさり、遅咲きながらロイヤルプリンセスとして美しい大輪の花を咲かせるでしょう。

次の

【画像】愛子様の歯並び悪すぎ?歯列矯正をしない理由とは?|LifeNews Media

愛子 さま 2019

Contents• 愛子さまの学力とご苦労 愛子さまは、2006年4月に 大学まで一貫教育の 学習院幼稚園に入園されています。 学習院は、皇族の為の学校と言っても過言ではないぐらいで、昭和天皇、今上天皇、皇太子さまなど歴代の皇族方が学習院大学を卒業されています。 2008年には、小学校はそのままエスカレーターで 学習院初等科へ進学されます。 愛子さまの学力は、小学校の頃から優秀で、 通知表は常にオール5で学年トップだったそうです。 国語が特にお好きだったようで、知らない言葉や漢字はご自身で辞典を開いて調べていらっしゃったようですよ。 数学が唯一苦手だったそうですが、そこは雅子さまが付きっきりで指導され、成績は5だったそうです! ただ、低学年の頃は愛子さまの周りは、皇室とお近づきになろうとする父兄の子供ばかりだったようで、苦労もされたようです。 更に2〜3年生の頃には、クラスに乱暴な男子生徒がおり、 怯えてしまい不登校になられる事もありました。 この頃は、勉強好きな愛子さまも勉強に集中することができず、成績は中の上ぐらいになっていたそうです。 この事はニュースでも報じられ、心配されましたが、愛子さまはこの状況を乗り越え、高学年の頃にはチェロやバスケットボールにも興味を持たれ、ご友人も増えて笑顔が戻られました。 2014年には学習院初等科を卒業され、 学習院女子中等科へ進学されます。 中等科時代は、勉強とスポーツに打ち込まれ、ご公務もこなされるなど精力的に活動をされていました。 2017年には学習院中等科を卒業され、発表された卒業文集の作文「世界の平和を願って」は、修学旅行で広島を訪れ原爆の悲劇を見て感じた平和を築いてゆく願いを綴り、多くの国民の感動を呼びました。 中等科をご卒業されてからは、エスカレーターで 学習院高等科へ入学されます。 2年生になられた2018年には、 7月22日〜8月9日までイギリスに短期留学をされました。 高校の海外研修プログラムで、ロンドン郊外のイートン校で英語教育を受けられ、ポーツマスやオックスフォードでは英国の文化を体験されました。 2018年10月現在、高等科の2年生として勉学に励まれています。 Sponsored Link 皇太子夫妻の大学進学の考え 愛子さまが、まだ初等科に通われていた頃、 皇太子ご夫妻は学習院以外への進学のお考えがあったといいます。 それは、 皇太子ご夫妻がともに海外の大学を卒業されている事が根底にあったようです。 皇太子さまは、 イギリス・オックスフォード大学へ留学され、その後のライフワークとなる水運史を学ばれました。 雅子さまは、 アメリカ・ハーバード大学に留学された才媛で、海外で学ぶことの重要性を理解されています。 愛子さまが将来、皇室外交を担うためにも、海外の文化を知ることも必要だとのお考えだったようです。 海外の大学進学への布石として、2018年のイギリスへ短期留学された可能性が高いと思われていました。 しかし、進路をおおよそ決める高校2年生のクラス選択では、どうも別の進路を選択されたようなのです。 高2のクラス選択から推察する進路 学習院高等科では、高校2年からは5クラスのうち2クラスに、学習院以外への大学への受験を希望する生徒が振り分けられるそうですが、 愛子さまはその2クラスに入らなかったそうです。 つまり、噂されていた雅子さまの母校である東大や上智、一橋、眞子さまが卒業され、現在、佳子さまが籍を置くICU(国際基督教大学)などの受験をやめて、 学習院大学への内部進学を決められた可能性が高いという事です。 学習院女子高等科では、約7割の生徒が内部進学で学習院大学に進み、外部の大学を受験するのは3割程度だと言われています。 中等科のときから愛子さまと仲のよかったお友達の多くは、他大学の医学部や獣医学部を受験されるそうですが、愛子さまが「内部進学を決断された背景」には、どうやら「 あの人」の一件があるようなんです。 進路決断の背景にあるもの 学習院大学への進学の決断の背景には、 「眞子さまと結婚が延期になった小室圭さんの一件」が影響を及ぼしているようなんです。 眞子さまと小室圭さんは、ICUのキャンパスで出会われましたが、小室圭さんの借金トラブルが報じられ、眞子さまのご結婚が延期になってしまいました。 もし学習院大学以外に進学された場合、愛子さまが同じような事に巻き込まれないとは言い切れません。 なので、歴代の皇族方が卒業されている学習院大学に進学すれば、皇族方を支えたいと考えているOB、OGの人脈も残っています。 関係者の間では『学習院で将来のお相手をお選びになれば安心だ』という声が多く聞かれるようになったようです。 宮内庁関係者の方も次のような見解を示しています。 雅子さまとしては、むしろ皇族の受入れ態勢がしっかりしている学習院のほうが、愛子さまが学生生活を送れるとお考えになったのでしょう。 愛子さまも、昨年は外国の要人と英語で懇談されるなど、皇族としてのご活動にもやりがいを見出されているように感じられます。 世界中の王族や要人も東京に集まりますから、皇太子さまや雅子さまと一緒に、愛子さまもご接遇のため、お出ましになるに違いありません。 皇室としても、絶対に小室さんのような事は起こしてはいけないと安全な道を選択したようです。

次の