ほっ ほっ へー ほ は へ ほ ー。 ずーしーほっきー

ほっター

ほっ ほっ へー ほ は へ ほ ー

てことで、某所に先に北海道の思い出書いちゃったので、こっちにも。 コンレポは書き途中なので、もーちょい待っててー><。 」とか書くのはあまり好きじゃないので特に書いてませんでしたが、実は北海道行くまでになんやかんや色々ありました…。 しかも振り込んだ分が昼公演に振り替えられてオーラスに入れない事態に陥り、必死にチケ交換探し。 私がキス担になり始めた頃は(つっても5年前だからそんなに昔でもないけど)、こんなんなかったんだけどなー…。 エビキスコンは当初5公演しかチケットない状態から全ステ(8公演)したけど、全部定価でそこそこの席に入れたヨ…。 4時台でも空が明るいのよ。 びっくりですよ。 で、おニューのキャリーで最寄り駅まで行くものの、あと1分というところで電車に乗り遅れる私…。 海外旅行客に混じって乗ってきました。 上段:左から宮田、二階堂、千賀、玉森 下段:左から藤ヶ谷、北山、横尾 のつもり。 北山のじゃがポックルがちっさいのがポイントです。 このストラップ、かわいすぎて買っちゃったんだけど、間違えて横尾ちゃん買っちゃった><。 けど勝手に「せんが」と名づけました。 (…) で、時間になったのでバス停行くもののバスが来ず…。 「富良野行きのバスならあるかも」と言われ、バス停に行くとよさげな時間を発見!!てことで、バスに乗ると、衝撃のアナウンスが…。 「富良野に着いたら連絡ちょーだい」と言われてたのでパラグライダーのおじさんに連絡すると、「今、風強いから来ないで。 あと1時間後に来て」と断られるwww じゃあおなかすいたので、ごはんー!!というわけで、スープカレー食べにるるぶ見ながら歩くものの、なかなか見つからず。。。 お店は見つからないのに無駄に「ヨコオ」の看板発見w で、やーっとお店発見してごはんー!! ふつーにおいしかったんだけど、店に誰もいなくて不安だったw 私、初めて食べたんだけど、スープカレーってこんなんだっけ?ごはんとスープは別々なイメージだったんだけど>< ごはんのあとは、メインイベントのパラグライダー!! タクシーで行ったんだけど、運転手のおねーさんが気さくで色々お話してくれて楽しかったー。 さすがプロだねぇ…。 快晴すぎるちょーーーーいいお天気だったよー!! これにパラシュート?つけて飛ぶのです。 というわけで、マイペースすぎるおじさんのもと、着々と準備が進められて(どっちが先にやるかじゃんけんとかしようかと思ってたのに…笑)、玉森担は飛び立っていきました。 もう見えない 笑 一応無線っぽいものを渡されたんだけど、玉森担から一切連絡来ず。 そして私もボタン間違えて、一切連絡出来ず 笑。 不安になる私……。 てことで、真下がこんな感じ。 別に高所恐怖症じゃないから怖くはなかったんだけど、なんか不思議な感覚だった。 私、バンジーもいけるかも。 おじさんも私の危険を察知して、ふつーに降りてくれたんだけど、「最初、楽しんでるのかと思ったー」と言われた><。 で、そろそろ時間だし、富良野駅に戻ろうとすると、「ここから六花亭のお店とかワイン工場とか歩いていけるから行って、そこでタクシー呼んで富良野駅に帰れば?」とおすすめされたので、「じゃあそうするかー」と言ってたら、見に来ていた知らないおじさん・おばさんに「車で送っていってあげるよー」と。 「まじで大丈夫か!?私たち、このまま連れて行かれるんじゃないの?!」とちょっと不安だったんだけど(ていうか、パラグライダーのおじさんとあまりにも気さくにしゃべってるから知り合いなのかと思ってた)、六花亭のお店まで乗せていってもらうことに。 話聞いたら、どーやらうちらは孫世代っぽかったので、思わず声かけちゃった感じなのかなーて思ったんだけど、東京(というか都会)じゃ有り得ないよねー!!ほんっとに北海道の人って優しい!! てことで、六花亭とワイン工場行ってきた。 閉店間際だったので、お土産しか買えなかった…。 5時閉店とか早すぎるwww ほんとはラベンダー見たかったんだけど、タクシーのおねーさんによるとまだまだ咲いてないらしい。 夏ツアーだとちょーどいいんだろうなぁ…。 北海道、ほんとに広すぎるwww免許はあるけどペーパーなんだよねー。 さらにホストクラブっぽくするために名刺も作りました。 すごくね?クオリティー高くね?てことで、色んな人に見せびらかしました 笑。 ごめんね、あんたたちの写真で遊んでw>キスマイ てことで、クリアファイルwith名刺。 「早すぎるよー」とかとか文句言いまくってたけど 笑 、すごくすごくいい子だったので、今後は頑張って某くん担を克服したいと思います。 (誰とはかけないけど、某くん担には色々トラウマがあります。。 某くん自体は嫌いじゃないんだけどね…) 時間が有り余ってるので、朝も早くから典型的観光。 荷物をがさごそやってたので「テレビ塔がある公園で荷物整理するなよw誰担だよw」てことで、双眼鏡でキス担を観察しましたすいませんwwwしかも色々面白がって撮影大会やりましたすいませんwww そのあと、テレビ塔の雪印パーラーでアイス食べて、朝昼ごはんでお寿司食べに回転寿司へ! 写真撮り忘れたけど、予約?の名前書くところに「せんが」て書きました。 コンサートだからキス担いただろうにすいません。 恥じらいもなくやったのはわたしです………。 キヨスクに行って聞いてみたら「ファイターズショップにあるかも」と言われて場所を教えてもらい、ファイターズショップに行ったら、一生懸命探してくれてもなくて「狸小路のお土産屋さんにあるかも?」と言われ、狸小路のお土産屋さんにて無事はっけーん! 前日の車に乗せてくれたおじさん・おばさんといい、北海道の人ってほんとに優しい!!!名古屋でもストラップ探してキヨスクの人に聞いたけど「取り扱ってないです」の一言で終わったよーーー。 あと、お土産屋さんのきつねのストラップがキスマイ担当カラー分の種類があったので、思わず並び替えて遊び、そのままにしてきました。 すいません。 そして、わざわざべきちゃんが会いにきてくれました。 ありがとー! そのあとは、よーやくメインのコンサートへ。 載せれないけど 笑。 外には「譲ってください」の紙を持ったたちんぼさんがいっぱいいました。 うん、次のツアーもこんな感じで大成功するといいね。 はー、無理してでも昼公演は入るべきだったな…と、ちょっと後悔。 クリエで夜空〜を歌って、まわりに「かっこいい」いわれまくって自分に自信を持ち、キスコンで自分にかんっぺきに陶酔しながら歌うせんがくんをおちょくりたかったです。 陶酔してかっこつけてるせんがくんがみたかったです。 私がお寿司食べて、きつねのストラップ並び替えてきゃっきゃやってるときにそんな事が起きてるとは…!!しょっく!!ていうか、私が当たったオーラスのチケはせんがくんリサイタルのためだったのね…。 ごめんね、リサイタル見れなくて><。 ぜひ見たいから早く千賀ソロコンやって><。

次の

ずーしーほっきー

ほっ ほっ へー ほ は へ ほ ー

寧ろあの時リンちゃんが傍にいて殺生丸は今苦しんでるから、 自分のせいだと思ってるみたい。 それは違うよって励ましたけど殺生丸が元気にならなきゃリンちゃんも元気にならない。 早く何とかしなきゃっ…。 「……ものすっごく居づれぇ」 「…………。 」 焚き火が照らされながら殺生丸の看病をすると言うこの環境。 「…しゃーねぇなぁ…今は大丈夫みてぇだな」 まさかこんな風にこいつと過ごす何て思いもしなかったぜ。 「……はぁ」「居づらいなら出ろ」「うわぁっテメェ起きてたのか!?」 「……お前の臭いで覚める」「悪かったな、慣れねぇんだよ。 」 話してる事自体だって慣れねぇ。 「テメェだって嫌だろうけどな…しゃーねぇだろ」 「………ならば何故兄の世話をする」「…んなのほっとけねぇからだろ」 「……相変わらず甘いな貴様は」「五月蝿ぇよ別に良いだろ」 「……邪見とリンはどうした?」「邪見は手掛かり探しに行ったぜリンは…」 つうかこの時間がやっぱり慣れねぇ。 「リンはかごめ達と一緒だ」「……そうか」「つかお前体動かせねぇのか?」 「動かせるならとうにしている」「動かせたら何する気だ?」 「……あの妖怪を斬る」…まぁそうだろうな。 「……だが臭いすら解らん…嫌…」「何だ殺生丸何か知ってんのか?」 「……良く…覚えておらん…」「覚えてねぇだぁ?」 「……犬夜叉…刀々斎の所に行け」「何でだ?」「冥加なら知っている…」 確かにあいつなら何か知ってそうだな。 「……嫌良い私に構うな」「はぁっ?っておい殺生丸っ!?」 無理矢理体を起こして出ようと…。 「馬鹿野郎ムチャすんな寝てろッ!! 」「お前の手は借りぬ…ウグッ!」 胸の魔石って奴が怪しく輝き始めやがった!? 「うっぐあぁあぁあっ!!」体が傾いて…「殺生丸ッ!? 」何とか抱き止めたぜ 「…くそッ」「だから…大人しく寝てろっての」 けど殺生丸を歩く事すらままならねぇのか何て代物だっ。 「……犬夜叉何時まで兄を抱いている離せ」「お前今離したら倒れるだろ」 布団にまた戻さねぇとな。 つうかやっぱり思ったんだがこいつ…スゲェ軽い。 女みてぇに軽いし…。 「…とにかくテメェは寝てろ冥加の所は俺が明日行ってやるからよ」 「何故…兄の世話をそこまでする私はお前を…」「良いから寝てろっての」 …ほっとけねぇとか言うつもりなかったってのに…。 「分からぬ…お前が何を考えてるのがか…」「…ほっとけねぇだけだ」 「……犬夜叉…」「何だよ?」「一度しか言わぬ……礼を言う」…へ? 「…勘違いするな…貴様に借りを…作りたくないだけだ」「…あぁそうかよ」 …何だよいきなり礼を言うとか柄でもねぇ。 …お互いらしくねぇなぁ。 調子狂うぜ。

次の

ほっター

ほっ ほっ へー ほ は へ ほ ー

てことで、某所に先に北海道の思い出書いちゃったので、こっちにも。 コンレポは書き途中なので、もーちょい待っててー><。 」とか書くのはあまり好きじゃないので特に書いてませんでしたが、実は北海道行くまでになんやかんや色々ありました…。 しかも振り込んだ分が昼公演に振り替えられてオーラスに入れない事態に陥り、必死にチケ交換探し。 私がキス担になり始めた頃は(つっても5年前だからそんなに昔でもないけど)、こんなんなかったんだけどなー…。 エビキスコンは当初5公演しかチケットない状態から全ステ(8公演)したけど、全部定価でそこそこの席に入れたヨ…。 4時台でも空が明るいのよ。 びっくりですよ。 で、おニューのキャリーで最寄り駅まで行くものの、あと1分というところで電車に乗り遅れる私…。 海外旅行客に混じって乗ってきました。 上段:左から宮田、二階堂、千賀、玉森 下段:左から藤ヶ谷、北山、横尾 のつもり。 北山のじゃがポックルがちっさいのがポイントです。 このストラップ、かわいすぎて買っちゃったんだけど、間違えて横尾ちゃん買っちゃった><。 けど勝手に「せんが」と名づけました。 (…) で、時間になったのでバス停行くもののバスが来ず…。 「富良野行きのバスならあるかも」と言われ、バス停に行くとよさげな時間を発見!!てことで、バスに乗ると、衝撃のアナウンスが…。 「富良野に着いたら連絡ちょーだい」と言われてたのでパラグライダーのおじさんに連絡すると、「今、風強いから来ないで。 あと1時間後に来て」と断られるwww じゃあおなかすいたので、ごはんー!!というわけで、スープカレー食べにるるぶ見ながら歩くものの、なかなか見つからず。。。 お店は見つからないのに無駄に「ヨコオ」の看板発見w で、やーっとお店発見してごはんー!! ふつーにおいしかったんだけど、店に誰もいなくて不安だったw 私、初めて食べたんだけど、スープカレーってこんなんだっけ?ごはんとスープは別々なイメージだったんだけど>< ごはんのあとは、メインイベントのパラグライダー!! タクシーで行ったんだけど、運転手のおねーさんが気さくで色々お話してくれて楽しかったー。 さすがプロだねぇ…。 快晴すぎるちょーーーーいいお天気だったよー!! これにパラシュート?つけて飛ぶのです。 というわけで、マイペースすぎるおじさんのもと、着々と準備が進められて(どっちが先にやるかじゃんけんとかしようかと思ってたのに…笑)、玉森担は飛び立っていきました。 もう見えない 笑 一応無線っぽいものを渡されたんだけど、玉森担から一切連絡来ず。 そして私もボタン間違えて、一切連絡出来ず 笑。 不安になる私……。 てことで、真下がこんな感じ。 別に高所恐怖症じゃないから怖くはなかったんだけど、なんか不思議な感覚だった。 私、バンジーもいけるかも。 おじさんも私の危険を察知して、ふつーに降りてくれたんだけど、「最初、楽しんでるのかと思ったー」と言われた><。 で、そろそろ時間だし、富良野駅に戻ろうとすると、「ここから六花亭のお店とかワイン工場とか歩いていけるから行って、そこでタクシー呼んで富良野駅に帰れば?」とおすすめされたので、「じゃあそうするかー」と言ってたら、見に来ていた知らないおじさん・おばさんに「車で送っていってあげるよー」と。 「まじで大丈夫か!?私たち、このまま連れて行かれるんじゃないの?!」とちょっと不安だったんだけど(ていうか、パラグライダーのおじさんとあまりにも気さくにしゃべってるから知り合いなのかと思ってた)、六花亭のお店まで乗せていってもらうことに。 話聞いたら、どーやらうちらは孫世代っぽかったので、思わず声かけちゃった感じなのかなーて思ったんだけど、東京(というか都会)じゃ有り得ないよねー!!ほんっとに北海道の人って優しい!! てことで、六花亭とワイン工場行ってきた。 閉店間際だったので、お土産しか買えなかった…。 5時閉店とか早すぎるwww ほんとはラベンダー見たかったんだけど、タクシーのおねーさんによるとまだまだ咲いてないらしい。 夏ツアーだとちょーどいいんだろうなぁ…。 北海道、ほんとに広すぎるwww免許はあるけどペーパーなんだよねー。 さらにホストクラブっぽくするために名刺も作りました。 すごくね?クオリティー高くね?てことで、色んな人に見せびらかしました 笑。 ごめんね、あんたたちの写真で遊んでw>キスマイ てことで、クリアファイルwith名刺。 「早すぎるよー」とかとか文句言いまくってたけど 笑 、すごくすごくいい子だったので、今後は頑張って某くん担を克服したいと思います。 (誰とはかけないけど、某くん担には色々トラウマがあります。。 某くん自体は嫌いじゃないんだけどね…) 時間が有り余ってるので、朝も早くから典型的観光。 荷物をがさごそやってたので「テレビ塔がある公園で荷物整理するなよw誰担だよw」てことで、双眼鏡でキス担を観察しましたすいませんwwwしかも色々面白がって撮影大会やりましたすいませんwww そのあと、テレビ塔の雪印パーラーでアイス食べて、朝昼ごはんでお寿司食べに回転寿司へ! 写真撮り忘れたけど、予約?の名前書くところに「せんが」て書きました。 コンサートだからキス担いただろうにすいません。 恥じらいもなくやったのはわたしです………。 キヨスクに行って聞いてみたら「ファイターズショップにあるかも」と言われて場所を教えてもらい、ファイターズショップに行ったら、一生懸命探してくれてもなくて「狸小路のお土産屋さんにあるかも?」と言われ、狸小路のお土産屋さんにて無事はっけーん! 前日の車に乗せてくれたおじさん・おばさんといい、北海道の人ってほんとに優しい!!!名古屋でもストラップ探してキヨスクの人に聞いたけど「取り扱ってないです」の一言で終わったよーーー。 あと、お土産屋さんのきつねのストラップがキスマイ担当カラー分の種類があったので、思わず並び替えて遊び、そのままにしてきました。 すいません。 そして、わざわざべきちゃんが会いにきてくれました。 ありがとー! そのあとは、よーやくメインのコンサートへ。 載せれないけど 笑。 外には「譲ってください」の紙を持ったたちんぼさんがいっぱいいました。 うん、次のツアーもこんな感じで大成功するといいね。 はー、無理してでも昼公演は入るべきだったな…と、ちょっと後悔。 クリエで夜空〜を歌って、まわりに「かっこいい」いわれまくって自分に自信を持ち、キスコンで自分にかんっぺきに陶酔しながら歌うせんがくんをおちょくりたかったです。 陶酔してかっこつけてるせんがくんがみたかったです。 私がお寿司食べて、きつねのストラップ並び替えてきゃっきゃやってるときにそんな事が起きてるとは…!!しょっく!!ていうか、私が当たったオーラスのチケはせんがくんリサイタルのためだったのね…。 ごめんね、リサイタル見れなくて><。 ぜひ見たいから早く千賀ソロコンやって><。

次の