超愛媛。 「シロ猫ちゃん 超甘えん坊」愛媛県

1個1,000円超え!“超高級みかん”「愛媛クィーンスプラッシュ」の甘さにとろけそう [えん食べ]

超愛媛

田丸雅智さん ショートショートとは「短くて」「不思議で」「印象的な結末がある」物語です。 超ショートショートのアイデアと作品を募集します。 【応募内容】アイデア部門=7月10日(金)付の愛媛新聞紙面の応募シートに沿って創作。 応募シートは愛媛新聞オンラインからもダウンロードできます。 7月30日(木)締め切り(必着) 【発表】8月中旬の紙面で紹介。 後日、明屋書店MEGA平田店で作品を展示予定 【その他】未発表でオリジナルの作品に限ります。 個人情報や実在の企業名などを使用することはご遠慮ください。 作品に関する権利は愛媛新聞社に属します。 応募者の個人情報は作品の選考、発表など本事業の運営にのみ使用します。 作品は返却いたしません 【問い合わせ】愛媛新聞社営業局「超ショートショート」係=電話089(935)2313(平日午前9時~午後5時) 主催 愛媛新聞社 協賛 大王製紙、明屋書店、松山エデンの園 キーワードで関連記事を検索できます•

次の

1個1,000円超え!“超高級みかん”「愛媛クィーンスプラッシュ」の甘さにとろけそう [えん食べ]

超愛媛

写真1:スプリング8開設時の愛媛大チーム 1997年10月 一方で、X線領域の波長を持つ強い光である放射光を利用し、高温高圧下での反応をリアルタイムで観察する、X線その場観察技術の開発もすすめてきました。 特に1997年秋に完成した、世界最大の放射光実験施設「スプリング8」において、下部マントル鉱物のX線その場観察実験に成功し、スプリング8全体で最初の研究成果を、1998年3月にサイエンス誌に発表しました。 ちなみに、この折実験をおこなった私と井上徹助手(現在本センター教授)を中心とした愛媛大チーム(写真1)の学生4人のうち、その後3人が博士号を取得しました。 このうち1人が九大准教授、1人が愛媛大准教授となっており、放射光科学分野の最先端で活躍しています。 この結果、スプリング8を利用する数百のユーザーグループの中から選ばれた、5つの「パワーユーザー」の1つに認定されています。 また、超高圧実験技術の応用により、未知の物質の合成にも挑戦しています。 特に愛媛大学に赴任した1989年から長年取り組んでいるのが、ダイヤモンドの合成です。 ダイヤモンド合成は1950年代にアメリカなどで成功していましたが、これは1粒の結晶をゆっくり成長させた「単結晶」です。 このような単結晶は、5万気圧・1500度C程度の圧力温度条件で触媒を用いて合成されます。 このダイヤモンドは、10ナノメートル(1ミリの10万分の1)程度の小さな結晶の集合体であり、しかも通常のダイヤモンドより硬い「世界最硬」物質であることがわかりました。 このダイヤモンドは、ヒメダイヤと名付けられ、現在もその大型化や実用化に取り組んでいます。 地球深部ダイナミクス研究センターでは、これらの伝統的手法と異なり、実験と数値計算による研究を行っています。 私は実験系のグループに属し、超高圧装置や各種の分析装置・放射光などを組み合わせ、また独自の実験技術や装置を開発することにより、地球深部の物質科学的研究に取り組んでいます。 2001年に設立された本センターにおいて、世界最高水準の超高圧装置群や分析装置類を設置し、また数値計算分野の研究者との協力も得て、先進的・独創的な研究活動を行っています。 研究の魅力 地球深部に対応する、超高圧高温という極端条件下での実験技術は、地球科学者が中心となり開発がすすめられてきました。 様々な技術開発や周辺技術を取り込むことにより、発生可能な圧力温度は年々上昇するとともに、新しい測定技術の開発もすすんでいます。 このような超高圧高温状態は未知の世界であり、我々が知らなかった現象の発見や、新しい物質の合成が相次いでいます。 このようにして、地球科学や物質科学のフロンティアを切り拓く点に、大きな研究の魅力を感じます。 研究の展望 世界最硬ヒメダイヤを超高圧発生装置に応用することにより、更に高い圧力の発生や、より精度の高い実験が可能になると考えています。 これにより、地球のマントル最下部や核の物質・沈み込むプレートの物質科学的研究、またそのダイナミクスや進化過程、更には地球外惑星の内部物質へと研究を進展させたいと思います。 一方で、ダイヤモンドを越える新たな超硬物質の開発や、新奇超伝導物質の合成など、超高圧実験技術を利用した学際的研究の展開も図りたいと考えています。 この研究を志望する方へ 理科系の基礎学力も重要ですが、なによりもやる気があることが大切です。 また、研究への高いモチベーションを持ち、世界をリードする研究成果を発信するには、美しいものに感動する感性や、語学力・表現力も重要です。 一方、実験には体力や手先の器用さが必要な場合もありますし、チームワークが大事な局面もでてきます。 これらのことを考えると、理科系以外の国語、英語、社会、美術、音楽、保健体育、技術家庭など、高校で学ぶあらゆる科目に意味があります。 これらの幅広い素養とともに、(勉強に限らず)これだけは他人に負けないというものを複数持つことが重要です。

次の

超ショートショートアイデアと作品募集|愛媛新聞ONLINE

超愛媛

超分子キラリティのためのキラル分光法の開拓 ポイント• 原子・分子スケールでのミクロなキラリティがマクロなキラリティ構造(超分子キラリティ)をどのように構築するかに焦点をあてて、キラル分光法のひとつである振動円偏光二色性分光法(VCD法)の開拓をおこなった。 超分子キラリティの例として、ゲル化に伴いVCDシグナルの増大する系を見出した。 キラル増幅を測定するための新しい測定手法(固体VCD法、時間ステップVCD法)の開拓をおこなった。 時間分解及び空間分解能をもつ多次元VCD法への挑戦をおこなっている。 王立化学会の物理化学系雑誌のPCCP Emerging Investigatorに選ばれた。 概要 キラル分光法の一つである振動円偏光二色性分光法(VCD法)は、赤外領域の円二色性を検出方法であり、ほとんどすべての分子に対して適用できることが特徴です。 しかしながら、シグナル強度が非常に小さいために、数時間の測定が必要であり、これまで主に安定な溶液中の分子への適用に限られてきました。 愛媛大学大学院理工学研究科 佐藤久子教授らの研究グループは、原子・分子スケールでのミクロなキラリティがマクロなキラリティ構造(超分子キラリティ)をどのように構築するかに興味をもって研究を進めてきました。 その結果、ゲル化にともない、VCDシグナルが増大する系を見出しました。 本論文ではVCD法の超分子キラリティへの応用に関しての成果をまとめ、その手法の開拓と今後の展望について解説し、VCD法の新しい潮流を示しました。 その成果が王立化学会の物理化学系雑誌のPCCP Emerging Investigatorに選ばれました。

次の