青色 申告 と は。 青色申告

青色申告・白色申告のTaxnote

青色 申告 と は

個人法人問わず、1年間の収入が20万円を超える場合は事業の収支を記録した帳簿をつけ、決められた期限までに申告をし、最終的に確定申告の内容に従って税金を納めることは国民の義務です。 確定申告をクリアしてきちんと納税することは、事業者としての信頼や自信にもつながると考えてもいいでしょう。 しかし、個人での申告には「白色申告」と「青色申告」2種類があります。 白色申告の確定申告書類は下記の通りです。 ・確定申告書類 A:サラリーマン・パート勤務の方 B:フリーランス・個人事業主の方 ・各種控除関係の書類 ・源泉徴収票 給与所得などがあった場合 ・収支内訳書 「帳簿の記帳」は青色申告、白色申告のどちらでも必須ですが、白色申告の帳簿は収支を記録するだけの「単式簿記」と呼ばれるタイプです。 青色申告よりも経理作業が手軽で簡単なため、白色申告を選んでいる個人事業主の方もいらっしゃいます。 まず、開業届を出して開業したのち、青色申告を行う年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を提出していずれも受理されていなければいけません。 開業届を出したうえで、 ・継続的な事業による事業所得がある ・不動産所得がある ・山林所得がある これらが当てはまる事業者のみが青色申告が可能です。 所得の内容が「給与所得(一部例外を除く)」「譲渡所得」「配当所得」「利子所得」「一時所得」「雑所得」の場合は、青色申告での確定申告はできせん。 青色申告は白色申告と違って、以下のメリットがあります。 ・控除を受けることができる(「10万円控除」「65万円控除」) ・損益(赤字)が出た場合、その損失を3年間繰り越して黒字と相殺することができる。 ・30万円未満の固定資産は、経費にすることができる(減価償却の特例) ・家族への給与を専従者給与として経費にすることができる まず白色申告と青色申告の違いとして挙げられる「複式簿記による帳簿作成」のほかは、すべて節税対策として有効です。 ただし、このメリットを受けるには、「複式簿記による帳簿作成」が必要になります。 ・ 現金出納帳 ・ 売掛帳 ・ 買掛帳 ・ 経費帳 ・ 固定資産台帳 単式簿記の帳簿は、収入と支出を合算した金額を出すだけのシンプルなものです。 これに対して青色申告で使用する複式簿記とは、以下の帳簿が必要です。 <補助簿> ・現金出納帳:現金の入金・出金がすべて記載されたもの ・預金出納帳:口座上の入出金がすべて記載されたもの ・売掛帳:後払いで支払われる売上の取引を整理したもの ・買掛帳:後払いで支払う仕入れの取引を整理したもの ・経費帳:必要経費をすべて記載したもの ・固定資産台帳:減価償却する固定資産を整理したもの <主要簿> ・仕訳帳:すべての取引を簿記の仕訳で日付順に並べたもの ・総勘定元帳:仕訳帳の内容をもとにすべての取引を勘定科目ごとにまとめたもの お金の動きを「借方(財産が増えた)」と「貸方(財産が減った)」の両方の見方から帳簿を付ける方法です。 事業によるお金の動きを整理するために、「勘定科目」「取引仕訳」の項目を利用して、収益発生の理由や、損益の原因ごとに分別していきます。 単式簿記の場合、残額しか確認することができません。 例えば借金をしていたとしても口座にお金があればそれがすべてになってしまいます。 しかし、複式簿記の場合は入金の理由、借金、赤字を含めた財産を記載するため、より明確に財産の把握ができるようになります。 長期の事業を考えるのにも有効ですので、銀行などから融資を受ける際には、複式簿記で作成される「貸借対照表」と「損益計算書」は重要な資料にもなります。 青色申告の確定申告書類には、複式簿記によって作成される「貸借対照表」「損益計算書」を合わせた決算書と、青色確定申告書が必要になります。 保管方法に特に指定はなく、帳簿に記入したあとは1年分をまとめて紙袋に入れている人や、月ごとにまとめている人もいます。 日付に合わせて順番にスクラップまでする必要はありませんが、あとで税務調査が入ったときに、すぐに提供できる程度にはまとめておいた方がいいでしょう。 確定申告をより楽にする「会計ソフト」とは? このように様々な情報を管理していく必要がありますが、できる限り手間をかけず円滑に管理し、本来の業務に時間を割いていきたいものです。 そんな時は、クラウド会計ソフトを活用し、経費管理を行っていくのがおすすめです。 例えば、会計ソフト「freee」の場合、 ・簡単な入力によって青色申告に必要な書類を作成 ・スマホアプリもあるので、スキマ時間に経費管理が可能 ・WindowsやMacからの電子申告に対応 ・事業用に用意した金融機関の口座や、クレジットカードを登録し、同期するだけで、過去の登録情報から振り込みの名義や項目を自動的に仕分けしてくれる。 などのメリットがあります。 これらの経理情報から決算書、申告書類も自動で作成し、オンライン電子申告にも対応しているのでほんとに簡単。 不安なら、サポートや会計士紹介を利用することも可能です!入力するだけで、自動的に振り分け管理ができるのは非常に便利で手間や打ち間違えなども防ぐことができるので是非活用したいところです。 このような非常に便利な「freee(フリー)」ですが法人カードによっては優待で利用できるカードがありますので、まだ使ったことがない方はこの機会に会計ソフトと連携できるクレジットカードを見なおし、検討していきましょう。 freeeに興味があるなら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カード また起業したて・スタートアップの個人事業主の方向けに設計されたセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カードにもクラウド会計ソフトの優待が付帯されています。 カード会員様限定で、会計ソフトのプロ、 株 ミロク情報サービスが提供する「かんたんクラウド MJS 」を3カ月無料でお試しすることができます。 かんたんクラウド MJS は、銀行やクレジットカードのWebサイトから、取引日、金額、摘要、店舗名を取得し、「仕訳入力」または「出納帳入力」で補足入力を行うことで、仕訳に連結することができます。 セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カードならWebサイトから明細を取得することができるので、会計処理もスムーズに行うことができます。 年会費も1,100円 税込 と大変リーズナブルな価格になっています。 ビジネスカードの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか? 個人事業主にとって確定申告は、事業所得と納税額を決める大事なイベントです。 少しでも節税に有利な青色申告を利用するには、複式帳簿による記帳は必須。 これを忙しい毎日に取り入れるのは至難の業。 さりとてプロに頼むほどではない場合は悩ましい問題でしょう。 しかし、経理ソフトをフル活用すれば、日々の経理業務を軽減できるうえに、複式帳簿はもちろん、開業書類から確定申告書類の作成、電子申告まで一括して行うことができます。 会計ソフトと連携したクレジットカードを利用すれば、面倒な入力作業も省くことができますので、オールインワンの経理ツールとして導入するメリットは少なくないでしょう。 さらなる成長を目指すすべての個人事業者様におすすめです。 おすすめのクレジットカード.

次の

No.2070 青色申告制度|国税庁

青色 申告 と は

aoiro 2020-05-30 バージョン 0. 6 リリース• 扱える金額の桁数を拡張して 99,999,999,999 円まで扱えるようにしました。 法人の場合は 、 損益計算書に 「家事消費等 」 を表示しないようにしました。 総勘定元帳に月計を印字する機能 (オプション -m ) を追加しました。 青色申告 (複式簿記 ) で 55 万円または 65 万円の控除を受けるために必要な帳簿と決算書をかんたんに作成できる無料の会計ソフト aoiro を紹介します。 はじめて青色申告に挑戦されるフリーランス (個人事業主 ) の方に特におすすめです。 確定申告には 、 白色申告 、 青色申告 (簡易簿記 、 現金式簡易簿記 、 複式簿記 ) の 4 種類があります。 4 種類の中でも青色申告 (複式簿記 ) の控除金額は 55 万円と抜きん出ています。 さらに 、 電子申告 (e-Tax ) または電子帳簿保存を利用すれば控除金額が 10 万円アップして 65 万円になります。 でも 、 大丈夫! 複式簿記とても簡単なんです。 帳簿を手書きしていた時代ならともかく 、 今はコンピューターがあります。 日々の取引を入力していくだけで必要な帳簿や決算書はすべて自動で作成できる時代になっています。 日々の取引を記録していくことを仕訳といいます。 たとえば 、 100 円の文房具を購入したら 「消耗品費が 100 円増えて 、 現金が 100 円減った 」 という仕訳を入力します。 この仕訳だけは人が入力しなければなりません。 コンピューターの外で何が起こっているかコンピューターには分かりませんからね。 この仕訳さえ入力してしまえば 、 あとはコンピューターが帳簿 (仕訳帳 、 総勘定元帳 ) と決算書 (損益計算書 、 貸借対照表 ) を自動的に出力してくれます。 これらの自動的に出力される帳簿と決算書で青色申告 (複式簿記 ) 55 万円または 65 万円の控除を受けることができます。 aoiro って何? aoiro は青色申告 (複式簿記 ) に必要な帳簿と決算書を自動的に作成して PDF 形式で出力してくれる会計ソフトです。 フリーソフトウェアなので 、 ずっと無料で使えます。 私自身 、 個人事業主として仕事をしています。 青色申告 (複式簿記 ) をするために大手の会計ソフトやクラウドサービスを試してみたこともあります。 市販のパッケージソフトは毎年新しいバージョンが発売されサポートの更新や買い替えを促されます。 複式簿記や決算処理といった会計の基本は何も変わっていないはずなのに 、 毎年 、 新しいバージョンが発売されて何が変わっているのでしょう? 実は基本的な会計機能は何も変わっていません。 オンラインバンキングや交通系 IC カードからデータ連携できるとか 、 カメラでレシートを読み取ってデータ連動できるとか 、 各社 、 付加価値の向上に力を入れているようです。 多機能になっていくのは悪いことではありませんが 、 多機能になればなるほど 、 すべての機能を使いこなすのは難しくなっていきます。 「会計は好きじゃない。 青色申告特別控除 65 万円で節税したいだけ。 余計な機能なんて要らない。 55~65 万円控除を受けるのに必要な最低限の帳簿と決算書を作るソフトウェアが欲しい。 」 こう思っている人も少なくないはずです。 私もそうです。 そして 、 青色申告 (複式簿記 ) に必要な最小限の機能だけを備えた会計ソフトを自分で作ることにしました。 私はソフトウェア開発を専門とする IT フリーランスだったのです :- こうして生まれたのが青色申告に特化した会計ソフト aoiro です。 元々は自分で使うために作ったものですが 、 せっかくなのでオープンソース ・ ソフトウェアとして公開することにしました。 何ができるの? aoiro で仕訳をすると以下の帳簿と決算書を自動的に作成することができます。 仕訳帳• 総勘定元帳• 損益計算書• 貸借対照表 この 4 つは青色申告 (複式簿記 ) で作成と保管が義務付けられています。 逆を言えば 、 「この 4 つだけ作成すれば青色申告特別控除 (55 万円 ) が受けられる 」 ということです。 帳簿 会計の勉強をすると 、 現金出納帳 、 売掛帳 、 仕入帳など様々な帳簿が登場しますが 、 これらは補助簿と呼ばれるもので必須ではありません。 必ず作成しなければならないのは主要簿と呼ばれる仕訳帳と総勘定元帳だけなのです。 そして 、 総勘定元帳は仕訳帳から自動的に作成することができるので 、 入力しなければならないのは仕訳帳だけということになります。 そもそも 、 現金出納帳 、 売掛帳 、 仕入帳は総勘定元帳のサブセットのようなもので 、 総勘定元帳には同じ内容が含まれています。 総勘定元帳の現金勘定のページが現金出納帳と同じ 、 総勘定元帳の売掛金勘定のページが売掛帳と同じといった具合です。 決算書 損益計算書と貸借対照表の出力レイアウトは会計ソフトによって異なります。 aoiro では決算書のレイアウトと科目の並びを 、 国税庁の確定申告書 B 決算書 (損益計算書 、 貸借対照表 ) と同じにしてあるので 、 そのまま確定申告書用紙に転記したり 、 国税庁ウェブサイト にスムーズに入力していけるようになっています。 帳簿と決算書の出力例 実際にどのような PDF ファイルが出力されるのかサンプルを見てみましょう。 仕訳帳 と 総勘定元帳 仕訳帳は文字通り仕訳が記帳される帳簿です。 あなたが入力した仕訳データだけでなく 、 家事按分や締切の振替仕訳も自動的に出力されます。 総勘定元帳は仕訳を勘定科目ごと分けた帳簿です。 仕訳帳の仕訳が総勘定元帳の何ページ目に記載されているか 、 逆に 、 総勘定元帳の仕訳が仕訳帳の何ページ目に記載されているか辿れるように相手帳簿のページ番号が出力されます。 仕訳帳の 「元丁 」 欄は対応する総勘定元帳のページ 、 総勘定元帳の 「仕丁 」 欄は対応する仕訳帳のページを表しています。 総勘定元帳は勘定科目ごとに分かれているので特定の勘定科目に着目して推移や残高を確認するのに役立ちます。 たとえば 「普通預金 」 勘定科目のページは銀行の通帳記帳の結果と一致しますし 、 「売掛金 」 勘定科目のページ最下行 (残高 ) を見ればまだ回収できていない売掛残が分かります。 損益の 「益 」 は売上など収益の勘定科目を集計したものです。 「損 」 は消耗品費や水道光熱費など費用の勘定科目を集計したものです。 一般的な損益計算書では売上を月別に集計することはないのですが 、 aoiro では確定申告書 B 決算書 2 ページ目 (月別売上 ) にそのまま転記できるように損益計算書の右側に月別売上も印字するようにしています。 貸借対照表には 、 期首 (1 月 1 日 ) と期末 (12 月 31 日 ) の資産 、 負債 、 純資産 (資本 ) が出力されます。 期末の現金残高 、 預金残高 、 売掛残などが分かります。 ダウンロード 実行には 64 ビット版の Windows が必要です 上記のリンクをクリックして aoiro をダウンロードします。 ダウンロードした ZIP ファイルを好きな場所に展開します。 使ってみよう aoiro には仕訳を入力するための専用の GUI 画面はありません。 自分の好きなテキスト ・ エディターを使って仕訳を入力することができます。 samples フォルダーに仕訳のサンプルデータが入っているので 、 自分で仕訳データを入力する前に 、 まずはこのサンプルデータを使って aoiro の使い方を覚えましょう。 仕訳データは YAML というテキスト形式で作成します。 拡張子は yml です。 YAML は XML のように複雑ではなく 、 人が読み書きしやすいように設計されているデータ形式です。 仕訳データサンプル1. yml をテキスト ・ エディターで開いてみると以下のようになっています。 仕訳データサンプル1. メモ帳でも大丈夫です。 テキスト ・ エディターにこだわりがないという方は を試してみてはどうでしょうか? YAML 形式にも対応しており項目ごとに色が付くので見やすく編集もしやすいおすすめのテキスト ・ エディターです。 1 つの仕訳データは - (ハイフン ) で始まります。 そして 、 日付 、 摘要 、 借方 、 貸方の 4 つの行で構成されます。 日付は yyyy-mm-dd 形式で記述します。 摘要は任意の文字列です。 借方と貸方の書き方はちょっと複雑に見えますね。 上記の例は 20,000 円の 「元入金 」 仕訳と 、 100 円のボールペンを購入したときの 「消耗品費 」 仕訳です。 まずは 、 このサンプルデータを処理してみましょう。 展開したフォルダーに コマンドプロンプトを開く. bat という名前のファイルがあります。 このバッチファイルをダブルクリックするとコマンドプロンプトが開きます。 このコマンドプロンプトは aoiro. exe が使えるようにあらかじめ PATH 環境変数が設定されています。 samples フォルダーに移動して 、 次のコマンドを入力します。 exe -o 仕訳データサンプル1. yml 次のデータファイルを使用して、個人決算処理を実行します。 yml 2件 帳簿を作成しています. 仕訳帳. pdf を出力しました。 総勘定元帳. pdf を出力しました。 すべての処理が終了しました。 続行するにはEnterキーを押してください. 「仕訳帳. pdf を出力しました。 」 「総勘定元帳. pdf を出力しました。 」 というメッセージが表示されていますね。 Enter キーを押すとプロンプトに戻ります。 エクスプローラーで samples フォルダーを見てみると 、 仕訳帳. pdf と 総勘定元帳. pdf が出来ているのが分かります。 仕訳帳. pdf をダブルクリックして開いてみましょう。 仕訳帳には 仕訳データサンプル1. yml の仕訳データが記載されています。 まだ仕訳データ件数が少ないので仕訳帳は 1 ページしかありません。 PDF ファイルを開くには? PDF を開くアプリケーションをインストールしていない場合は あらかじめ をインストールしておきましょう。 続いて 総勘定元帳. pdf をダブルクリックして開いてみましょう。 総勘定元帳は勘定科目ごとにページを分けて出力するため 、 すでに 3 ページあります。 決算書も出力してみよう 次は仕訳帳 、 総勘定元帳だけでなく損益計算書と貸借対照表も出力してみましょう。 今度は引数 -o を付けずに 仕訳データサンプル1. yml のみを指定して aoiro. exe を実行します。 Acrobat Reader で仕訳帳や総勘定元帳の PDF ファイルを開いている場合は 、 aoiro. exe を実行する前に PDF ファイルを閉じておいてください。 PDF を開いている状態で aoiro. exe を実行すると 「別のプロセスが使用中です。 」 というエラーが表示されて PDF が出力されずに終わります。 exe 仕訳データサンプル1. yml 次のデータファイルを使用して、個人決算処理を実行します。 yml 2件 決算処理を実行しています. 収益の損益振替が完了しました。 費用の損益振替が完了しました。 損益の資本振替が完了しました。 資産の残高振替が完了しました。 負債の残高振替が完了しました。 資本の残高振替が完了しました。 帳簿を作成しています. 仕訳帳. pdf を出力しました。 総勘定元帳. pdf を出力しました。 損益計算書. pdf を出力しました。 貸借対照表. pdf を出力しました。 繰越処理を実行しています. 次年度の開始仕訳. yml を出力しました。 すべての処理が終了しました。 続行するにはEnterキーを押してください. yml ) を aoiro. 今度は決算処理も実行されているので出力メッセージが長いですね。 損益計算書と貸借対照表も出力されているか 、 samples フォルダーを確認してみます。 ちゃんと出力されたようです。 仕訳帳. pdf• 総勘定元帳. pdf• 損益計算書. pdf• 貸借対照表. pdf• 次年度の開始仕訳. yml という 5 つのファイルが出力されています。 損益計算書. pdf をダブルクリックして開いてみましょう。 ボールペンを購入した仕訳しか入力していないので寂しい損益計算書ですが 、 経費として 100 円が計上されていて 、 最下部の 「青色申告特別控除前の所得金額 」 が -100 円になっています。 次は 貸借対照表. pdf を開いてみます。 こちらも仕訳を 2 件しか入力していないのでほとんど空っぽです。 資産の部 「現金 」 を見てみると期首 20,000 円が期末 19,900 円に減っています。 100 円のボールペンを購入したからですね。 決算処理をすると仕訳帳と総勘定元帳にも変化があります。 もう一度 、 仕訳帳と総勘定元帳を開いてみます。 仕訳データは 2 件しかないのに仕訳帳には 7 件の仕訳が表示されています。 期末 (12 月 31 日 ) の日付で自動的に追加されているこれらの仕訳を 決算振替の仕訳と言います。 決算振替の仕訳は自動的に追加されるので仕訳を入力するときに気にする必要はありません。 あなたは実際の取引の仕訳を入力するだけです。 あとはコンピューターが自動で決算処理をしてくれるので振替仕訳の方法が分からなくても大丈夫です。 決算処理は何度でも実行できます 決算処理を実行しても入力した仕訳データファイル (YAML ) にデータが書き加えられることはありません。 決算仕訳はメモリー上で処理されて PDF にのみ出力されます。 そのため 、 間違いがあれば仕訳データを修正して再び決算処理をする 、 といったことを気軽に何度でも繰り返すことができます。 決算処理は 総勘定元帳. pdf にも影響を及ぼしています。 決算振替の仕訳が追加されたのにともない 、 「損益 」 「控除前の所得金額 」 「残高 」 という 3 つの振替勘定科目のページが総勘定元帳に追加されています。 各勘定科目ページの末尾には 「残高 」 もしくは 「損益 」 の行が追加され 、 借方と貸方の金額が一致 、 二重線が引かれています。 これを 帳簿の締切と言います。 帳簿の締切も自動的におこなわれるため 、 仕訳帳と総勘定元帳の記帳方法を知らなくても正しい帳簿を作成することができます。 「日々の取引を仕訳データとして入力していけば 、 青色申告 (55 万円控除 ) に必要な帳簿と決算書をすべて自動的に作成できる 」 という aoiro の特徴が少しは伝わったでしょうか。 ここまではサンプルの仕訳データを使ってどのような出力が得られるのかを説明してきました。 次のページからは 、 あなたの実際の取引を仕訳データとしてどうやって入力していけばいいのかを説明していきます。 最終更新日 2020-06-11.

次の

無料で使える青色申告フリーソフトウェア

青色 申告 と は

個人事業主の確定申告には、青色申告と白色申告の2種類があります。 個人事業主となると確定申告が必要となりますが、確定申告には、青色申告と白色申告の2種類の申告方法があります。 それぞれの申告方法には、メリットとデメリットがありますが、以下で説明していきます。 青色申告とは あらかじめ税務署に対して青色申告で確定申告を行うことを申請した上で、毎日の個人事業の取引を複式簿記の方式で帳簿へ記録し、所得を申告する方法です。 青色申告のメリット• 青色申告特別控除(最高65万円)• 赤字が繰り越せる(3年間)• 家族への給与が経費にできる もう少し詳しく説明していきます。 青色申告特別控除(最高65万円) 青色申告のルールに従った記帳と、関係書類の保存をすることで、個人事業で生じた所得から最高65万円を控除することができるため、青色申告を行うことで節税することが可能です。 赤字の繰越し、黒字との相殺(3年間) 赤字を確定申告することによって、その赤字額を向こう3年以内に稼いだ所得と差し引くことができます。 「独立した当初は赤字だったものの、その後は売上が伸びて黒字になった」という場合に、黒字年度の税金を抑えることができます。 貸倒引当金 不測の損害に備えるという名目で、売掛金、貸付金、未収金などの貸金の貸倒れによる損失の見込額として、貸倒引当金を設定することができます。 わかりやすくいうと、その年の売掛金、貸付金、未収金などの金額を、貸倒引当金として「経費」にすることができるため、所得を少なくすることができます。 青色申告のデメリット 一方、青色申告のデメリットは、主に以下です。 税務署に対して、事前に届出が必要• 帳簿をつけることが面倒• ある程度、会計の知識が必要となる (多くの個人事業主は、会計ソフトを利用することで対応している) 白色申告とは あらかじめ税務署に対する届出などは不要で、単式簿記を使って帳簿(家計簿やお小遣い帳と同じように簡単なもの)を作成し、所得を申告する方法です。 青色申告を申請していなければ、自動的に白色申告となります。 白色申告のメリット• 届出の必要がない• 帳簿づけが簡単なので、会計の知識はそれほど必要ではない 白色申告のデメリット• 青色申告のような特典がなく、節税効果が少ない 青色申告と白色申告の比較 青色申告と白色申告には、以上のようなメリットとデメリットがありますので、主な違いをまとめてみました。 青色申告 白色申告 記帳の義務 複式簿記による帳簿の記帳が必要 単式簿記(家計簿レベル)による帳簿の記帳が必要 決算書の作成 「貸借対照表」「損益計算書」 「収支内訳書」 特典 最大65万円の特別控除 特典なし 家族への給与 家族の給与は全額経費となる 配偶者ならば86万円 配偶者でなければ1人50万円 赤字の繰越 赤字を翌年以降3年間の黒字から差し引くことができる 赤字の繰り越しができない 申請手続 税務署に「青色申告承認申請書」を提出する。 家族に給与を支払う場合は、「青色申請事業専従者給与に関する届出書」と「給与支払事務所等の開設届出書」を税務署に提出する。 申請は必要なし。 青色申告を申請しなければ自動的に白色申告となる。 青色申告と白色申告のまとめ 上記のように、白色申告は税務署に対する届出が不要で、申告書の作成も簡単なことから、個人事業の売上が少ない場合には、メリットがあると言えるでしょう。 個人事業の売上が少ない場合には、経費もそれほど必要ではありませんので、より簡単にできる白色申告のほうがメリットがあります。 一方、個人事業の売上が増えてくると、今度は税金が多くなってくるため、青色申告で確定申告を行い、青色申告の節税メリットを最大限に生かすほうが得策です。 ただし、青色申告にする際に注意が必要なのは、その年の売上が多くなったため、年末になって急に青色申告を行おうと思っても、青色申告での確定申告は残念ながら認められません。 青色申告は、青色申告で確定申告を行おうとする年の3月15日までに、所轄の税務署に「」を提出しなければ認められませんので、ある程度の売上が見込めるようになったら、事前に申請をしておきましょう。 また、青色申告を行うとなると、最低限、会計ソフトは使わざるを得ないと思います。 よっぼど簿記などに自信がある人は別ですが、ほとんどの個人事業主が会計ソフトを利用するか、税理士に任せています。 最近の個人事業主(フリーランス)が利用している主な会計ソフトは以下です。 会計ソフトはどうしても苦手という個人事業主は、 で、税理士を探してみましょう。 何度でも無料で税理士を紹介してもらえます。 個人事業主の確定申告•

次の