も ぺも ぺ 太鼓 の 達人。 てらの太鼓のオワタツジン

太鼓の達人(新) ヒカリアレ ゲーム ニコニコ動画のニコッター

も ぺも ぺ 太鼓 の 達人

その評価は言うまでもなくで、中央値部門では4位となった。 3曲中の4位である。 反はそれだけでは止まらず、に名前が載り、当時となっていたの一つとしてのみならずのやの放送で紹介されるなどして名前が広がってしまい、既存ののをかに越えた問題作として認識されている。 に先述の通りのが向け設定になってしまった際にはそのあまりの衝撃からで。 は事に定が解除された模様。 とのは翌年に開催されたG218ではを発表し、がということでまたをかっさらった。 こちらも入りしている。 なお、が系列のには参加しないことを表明したため、同様の問題作はもう出ないと思われる。 上記の通りに収録されたのが、 やならともかく向けのが強いにこの曲が収録された為にかなりのとなった。 もっとも、にはを中心に怖い曲が多く、太鼓らしい選曲と言えなくもない。 おにはまさかの10。 Ver. でたびたび出ていた極端な局所難傾向のであり、基本と低速であるものの難所では24分と分が敷き詰められているため人によっては全くない。 がしく200地帯にも視できない数のがあるためばいそくでもがあまり低下せず、10で最も個人差の出るの一つとも言われる。 また、ゴーゴーが一拍ごとに切り替わる、追い越し、小節線が消える、が分裂するように見えるといった特徴的ながほぼ全共通(分裂のみむずかしい以上でないと出てこない)で使用されておりその点でもを呼んだ。 尚、氏の楽曲が太鼓に収録されたのはこれが初であり、またこの曲がに収録されたのも太鼓が初である。

次の

太鼓の達人(新) ヒカリアレ ゲーム ニコニコ動画のニコッター

も ぺも ぺ 太鼓 の 達人

ありがとうございました。 スコアタ締切を2月28日に延長。 オワタコース以外は今度追加。 」 スコアタ1曲目 追加。 8 &アンケート結果発表&リンク更新。 にあります。 「千本桜」「千本桜」「Blue Zenith」「Fastraffic」「NO NIGHT MORE SOUL! jkpeさん作成の投稿譜面3曲に全コース追加。 軽く、すっきりしました。 Ver8. 0 検索も新しくなりました。 URLは変わりません。 全良したらに報告 2014. 癒されます。 あり 2chから始まった百合曲。 maimaiにも収録されています。 27人参加の合作に参加。 なのさんとの合作です。 VOCALOID曲の中でもかなりの再生数。

次の

太鼓の達人(新) ヒカリアレ ゲーム ニコニコ動画のニコッター

も ぺも ぺ 太鼓 の 達人

みなさんこんにちは! お知らせ担当の11号です。 消毒液を置いているお店さんも多いと思います。 これからも、マスクの着用や、こまめな手の消毒、手洗い・うがいなどで衛生を保ちつつ、太鼓の達人を楽しんでもらえれば嬉しいです! …あ、でもゲーム機に直接、消毒液をかけるのは止めて下さいね。 パーツによって、割れたり、壊れたりして しまいます。。。 みなさんは「ミリ秒」という言葉をご存じですか? 秒というのは、時計の秒針が刻む「秒」のことです。 少し話は変わって・・・ 太鼓の達人 ニジイロ Ver. から採用となったモニターは、 120FPS駆動!ということを以前お知らせしていたと思います。 ここでいうFPSとは、1秒あたりに描画する画像の枚数をイメージしてください。 画面に表示される映像は、もともとは1枚1枚の画像です。 それが超スピードで連続して少しずつ違う画像が表示されるため、「映像」として見えます。 仕組み自体は、パラパラ漫画と一緒です。 つまりFPSの数値が高いほど、「超スピード」で画像が表示され続け、 より、なめらかな映像として見えてくるのです。 なので、ニジイロ Ver. では以前までの太鼓の達人と比べて、 なめらかな映像が体験できるんですね! 120FPSだと、理論的には、 1秒あたり120枚の画像を連続的に表示していることになります。 (おや、さっきの「ミリ秒」に近い数値になりましたね。 ) ちなみに、ニジイロ Ver. 以前の太鼓の達人は、60FPSで駆動していました。 そろそろ難しくなってきたので、一回、図にしてまとめてみましょう。 こんな感じになります。 ニジイロだと2倍すごい!(雑)ってことでもあるんですが、 そうなると、今までになかった「瞬間」があることにも気づいてもらえると思います。 今までになかった瞬間の「画像」があるということは、 今までになかった瞬間の「機械(ゲーム)側の判断、判定」もあるということになります。 「画像」を生み出している、表示しているのは、機械(ゲーム)ですからね! そうなってくると、従来の「体験・体感」とは、 どうしても同じにならない部分というのもでてくる「可能性」があるわけです。 近づけることはできるが、まったく同一にならない可能性の方が高い というのは、感覚的には伝わったと思います。 当然、開発チームとしては、変えないべき箇所がどこかわかったつもりで、 そこに向けて「変わらないようにする」努力をしたつもりでおりました。 さて、前置きがとても長くなりましたが、そのうえで今回のお知らせはコチラです。 ニジイロ稼働後のみなさんからの意見等をうけて、 「太鼓の達人」の入力時(太鼓の面やフチをたたいた時)の安定性に対して、 グリーン以前と、ニジイロ以降とでは、「体感を寄せ切れていない」と考え直し、 なるべく同じような安定性を再度めざしながら、判定処理の修正を行いました。 今回の修正において、機械(ゲーム)側の内部的な処理における「安定性」は 理論上これ以上ないほどのものになりました! 長々説明してしまいましたが、 ・とても精密で細部の世界の調整であること ・判定の「安定性」をしっかりと担保したこと ・なるべく「同等の体感」を目指したこと が今回の修正の内容であり、考えになります。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ エトウ先生、詳しい説明ありがとうございました! すごく細かい世界の調節なのですね~。

次の