トイレットペーパーの代わり。 トイレットペーパーは不潔じゃないですよね?

トイレットペーパーは不潔じゃないですよね?

トイレットペーパーの代わり

管理人の紙コンサルこと、べぎやすです。 今回は、新聞紙をトイレットペーパーの 代わり?水洗トイレでは無理、というお話。 管理人、流石にトイレで新聞紙、 使ったことはありません。 子供の頃、田舎では新聞紙を切って 使っているところもあったようですが。 昔は水洗トイレではなかった。 汲取式だったんですよね。 だから新聞紙をトイレットペーパーの 代わりにすることもできたんですが 今の日本のように水洗トイレが 当たり前になるとこれはまずい。 残念ながら新聞紙を使うと トイレが詰まってしまうんです。 ということで。 この記事では、新聞紙をトイレットペーパーの 代わり?水洗トイレでは無理、について 管理人の調べたことを お伝えしたいと思います。 新聞紙をトイレットペーパーに使ってはいけない! 結論から言うと、新聞紙をトイレット ペーパーの代わりに使ってはいけない。 現代日本の水洗トイレの場合ですが。 結局ですね、トイレットペーパーって 日本の場合は水ですぐ溶けるんです。 溶ける、というのは専門的に言うと 離解するということですけどね。 いずれにしても水に流すと すぐにドロドロになって流れます。 しかし。 新聞紙はそうはいかない。 新聞紙も水中である程度の時間 撹拌していたら離開します。 しかし、そんなに簡単には溶けません。 細かくちぎって流すならともかく 普通に使って流すと詰まる。 一旦詰まると取り除くのは相当面倒。 本格的に詰まると逆流して 溢れてくるかも知れません。 それ最悪ですよね? なので、日本のトイレットペーパーは そうならないようにすぐに溶ける。 理由と言ってもそういうふうに作っている というかできていると言うしかないんですが。 新聞紙をトイレットペーパーの代わりに使うなら? それで。 先程お話しましたが、かつてのように トイレが汲取式なら新聞でもOKでした。 「水で流す」というのがないですから。 トイレの下で溜まっている間に 新聞紙も腐っていくでしょう。 でも水洗トイレだと新聞紙は詰まる。 それでも使う、というのなら これはもう仕方がないので 拭いた紙だけ別の袋にでも 入れて燃えるゴミとして処分する。 そういう感じになるでしょうね。 実際問題、他国ではトイレに紙を 流してはいけないというところもある。 そういうところはトイレットペーパーの 品質が日本とは違うみたいですね。 そんなにすぐに水に溶けてくれない。 国や地域によってはそういうことを しないといけない場合があるようです。 管理人は未体験ですけど。 正直、衛生って大丈夫なのか? と思ってしまいますけどね~ トイレットペーパーはそう簡単にはなくならない? 色々パニックが起こると トイレットペーパーがなくなる。 なくなったと言ってもスーパーの 棚から消えたということですが。 これは完全にデマに踊らされた結果。 実際のところ、製紙会社は普通に トイレットペーパー生産しています。 物流さえ止まらなければ問題ない。 管理人、昔のオイルショックのときも 似たようなことがあったと思っています。 石油がないからトイレットペーパーを買う。 意味が分かりません。 分かりませんが、みんなで買えば 不足するのは当然のこと。 家の中に置き場所がなくなるほど 買いだめしてどうするんでしょうか? そんなことしたら普通に買えていたものも 買えなくなるのは当たり前じゃないですか。 それが分かっていても買っておかねば という心理が働くんですよね~ 怖い怖い。 それで。 現実にはトイレットペーパーは国産品。 輸入はほとんどありません。 原料のチップは輸入していますが これは長期契約で輸入しています。 そう簡単に途切れることはない。 製紙会社は装置産業なので そう簡単に工場は停止しません。 結局ですね、原料不足で 製造できないことはないんです。 海外から製品を輸入しているなら なくなるかも知れないと思うでしょう。 しかし、ほとんどが国産で原料も 工場も心配なければ問題ないはず。 なのでこのパニックはデマなんです。 一般の人では分かりにくいでしょうが 管理人は元製紙会社社員。 そのあたりの仕組みは流石に知っています。 だから、災害に備えて備蓄する以上に 購入しても仕方がないんですよね。 まあ、紙なんて何年も持ちますから 保管して使えなくなることはないです。 しかし、ものには限度があるでしょう。 買いすぎて人にあげるなんて バカなことにならないように。 マスクは輸入が多いでしょうが トイレットペーパーはそうではない。 原料もまったく違う。 マスコミもおかしな煽りは 止めてほしいなと思いますね。 スポンサーリンク 管理人のまとめ 今回は新聞紙をトイレットペーパーの代わり? 水洗トイレでは無理というお話でした。 日本のトイレットペーパーは水洗トイレに 流せるようにすぐ溶ける設計になってます。 しかし、新聞紙はそうではない。 細かくちぎって水に濡らせばドロドロに なるでしょうけどトイレに流すと詰まります。 なので、新聞紙を水洗トイレに 流してはいけません。 あえて使うなら新聞紙だけを別の 袋に入れて燃えるゴミで出す。 ということになるんですが、 今の日本でそれはちょっとね~ 管理人としては水洗トイレでは トイレットペーパーのみ。 他の選択肢はない。 そう理解してほしいと思います。 この記事が、新聞紙がトイレットペーパーの 代わりにならない理由の参考になればと。 紙は正しく使って下さいね!.

次の

トイレットペーパーがない状況で家でも出先でも使える5つの最終奥義!

トイレットペーパーの代わり

Contents• トイレットペーパーの代わりに代用できるモノおすすめ3選 いや…え?トイレットペーパーちゃん…? コロナウイルスよぉ…なんだァ?てめェ… トイレからトイレットペーパーが盗まれる事件が起きて、鎖で対策されてるらしい。 供給が安定するまで手に入らない人もいるかも知れませんので、そんなときの代用品をご紹介していきます。 第1位:子どものお尻ふき(トイレに流せるタイプ) 出典:Amazon. jp まず圧倒的におすすめなのが、赤ちゃん用のお尻ふきです。 赤ちゃん用なのですこーしサイズは小さいかも知れませんが、実際に使って見た感想では全く問題ないです。 メリットとして下記があります。 以上がトイレットペーパーの代わりとなる代用品3選になります。 いつになったらトイレットペーパーの品薄は復活するのか?代わりの代用品がいらなくなる日 近所のスーパーで お店のティシュやトイレットペーパーなどほぼ空っぽ😱 週末までに数が揃わなければお客様に持参してもらわないといけないかもしれないです😓 デマに流されて全く😤 — やっさん 戸田みりん(らぁめんもやってます) gu1496 今もまだ続いているトイレットペーパーの品薄騒動はいったいいつ収束するのでしょうか? 見ていきましょう。 割と近日中に復活? トイレットペーパーの品薄は、地域によってその差が様々なようです。 もうすでに手に入るようになった、という人もいれば、どこに行っても品切れ、と言う人もいます。 在庫が無い、というのは嘘のようですので、時間の問題で復活することは間違いなさそうです。 ただし、お店によってはすぐに手に入らない人もいるかもしれませんので、万一の時は上記の対応で難をしのぐ必要があるかもしれません。 無いところは本当に無い トイレットペーパーパニックがここまで来てるんやなぁ。 コンビニでトイレも借りれなくなるとは。 果たして次のコンビニまでがまんできるかな? — 黒ヤギ つんつんオジさん kym861 もうすでに在庫が復活している地域もある一方で、まだまだ品薄が続いているところもあるのが実際のようですね。 時間の問題かとは思いますが、お店のトイレにまでこの波が及んでいるとはちょっと驚きです。 コンビニなどに寄ってトイレに行きたくても、トイレットペーパーがなくてまた次のお店へ、なんてことになりそう。 1日でも早く解決してくれると良いのですが、、、 【トイレットペーパーの代わりに代用できるモノおすすめ3選はこれ!】まとめ 水戸内原のコンビニきたらトイレが閉鎖されてて張り紙に「使用停止。 この先のイオンモール水戸内原のトイレをご利用ください。 なおイオンでトイレットペーパーの盗難が多発し、、」という旨の内容。 閉鎖は恐らくトイレットペーパーの盗難による在庫切れ又はその措置ではないかと思われる。 仕方ない😥 — maxspeed1000km maxspeed1000km 以上、 トイレットペーパーの代わりに代用できるモノおすすめ3選はこれ!について見てきましたがいかがだったでしょうか。 最後におさらいすると、.

次の

トイレットペーパーの代わりに代用できるモノおすすめ3選はこれ!

トイレットペーパーの代わり

「これだけあるなら、無理して買わなくても大丈夫じゃん!って思わせる」 「こんなに訴えかけてくれるなんて最高です」「近所のイオンのやる気を感じた!」。 ツイッター上では4日ごろから、複数のユーザーがそんな声とともに店内の写真をアップし、拡散された。 イオンの店内だといい、整然と積みあがったトイレットペーパーが写されている。 4日のある投稿によると、イオン東雲店では、大量に陳列されたトイレットペーパーに「おひとり様10点まで」と書いた張り紙が掲示。 商品自体も数百個はあろうかという数が陳列されており、ツイッター上では、 「なるほど。 お一人様1点だと、購買意欲に火がついて、買う必要のない人まで買ったり、何度もレジに並んだりとかしたくなる。 お一人様10点までって言われると、一気に購買意欲が萎える」 「圧倒的在庫数を見せつけることで消費者にこれだけあるなら、無理して買わなくても大丈夫じゃん!って思わせる」 「流言からくる不足感(恐怖心)に対しては、精神的に満たされるくらいの物量作戦で払しょくするしかない」 と買い占めや転売の抑制に一役買っていると評価する声が寄せられた。 イオンの広報担当は5日、J-CASTニュースの取材に次のように話す。 「今週末にかけて、トイレットペーパーの供給が平常通りに戻っていくことを方向性として示させていただいています。 その一環で、東雲店、幕張店などの店舗にトイレットペーパーが入荷されてきています。 他の店舗でも順次、通常どおりの入荷がなされていく予定です。 今回、需要の増加で売り切れる時期がありました。 ご迷惑をおかけしていた分、入荷体制が整っていることをお客様にお伝えする意味も込めて、特設売り場を設けて告知しています」 丸富製紙「個数では3000~4000パックくらい」 新型コロナウイルス感染拡大の影響でトイレットペーパーが「品薄になる」というデマが流れる中、日本家庭紙工業会が2月28日、「トイレットペーパー、ティシューペーパーについては殆どが国内工場で生産されており、新型コロナウイルスによる影響を受けず、現在も通常通りの生産・供給を行っております」との声明を出すなど、業界ではデマを打ち消す動きが続く。 ツイッターでアップされている写真を見る限り、並んでいるトイレットペーパーは丸富製紙のものだ。 同社もツイッターで3月2日、大量に製品を備蓄した倉庫の写真とともに「各地でトイレットペーパーが不足するなど、一部報道されておりますが、当社倉庫には在庫が潤沢にございますので、ご安心ください! 今後も通常通り、生産・出荷を行なっていく予定です」と呼びかけるなど、デマを打ち消してきた。 ただ、目下のトイレットペーパー不足については「製造はされているが、物流が間に合わない」というのが実態。 物流の面はどのようにクリアしているのか。 丸富製紙の担当者は5日、取材に対し「イオンさんの協力がなければ、あの量は店舗まで届けられなかった」と話す。 「我々にも通常の2~3倍の受注があります。 ただ、輸送用のトラックを急に増やすことができず、出荷量は通常の1. 5倍程度にとどまっています。 イオンさんから入荷のお願いがあって、そうした現状をお伝えしたところ、イオンさんの方でトラックを手配して取りに来てくださる、と申し出いただきました。 当社は静岡県内でも製造していますが、関東にも一時的に需要が増加した場合のために在庫を置いていましたので、そこから供給させていただきました」 出荷量は、「正確な数は分かりませんが、400~600ケース、個数では3000~4000パックくらい」と見られるという。 担当者は「我々としてはとにかく鎮静化し、平常に戻ってほしいというだけです」と話している。 イオン「売り場に物がないとお客様が安心できない」 こうした入荷の経緯について、イオンの広報に再度聞いたところ、詳細な流れまでは追い切れていないとのことだったが「いずれにしても、メーカーさんに在庫はあるが、ネックは物流で、トラックがなかなか手配できないという状況です。 我々は自社での輸送ができるので、調整して、いくつかの店舗に今までの量より多く行き渡るようにしています」と話した。 大量に入荷・販売したのは、デマの影響による買い占めなどを鎮静化したいという考えから。 「少し多めに供給し、お客様に安心感を与えたいと思っています。 関係各社、省庁、政府でも冷静になるよう呼びかけている中、私たちとしては売り場に物がないとお客様が安心できないと思いますので、多くの量をお届けしている次第です」と話している。 また、東雲店の「おひとり様10点まで」の掲示は、店舗の判断で行っているものだといい、加熱するトイレットペーパー購入の鎮静化を図るための呼びかけの一環だとしている。 経済産業省の担当者は5日、取材に対し、次のように物流強化をしていると話す。 「メーカー在庫自体は倉庫にあります。 ただトイレットペーパーはかさばるので、運送するトラックをたくさん配車しなければならず、小売店では売り場スペースの幅も取ります。 小売店で在庫を大量に置いておけるわけではない商品なので、物流の強化が課題でした。 その中で昨日から一昨日(3~4日)にかけ、我々がお願いしていた物流関係の方で輸送量が増し、イオン様など一部小売店で並ぶようになりました」 通常時は1日あたり約2000万ロールを運ぶが、現在はその2倍の4000万ロールの運送に努めているという。 経産省担当者は「落ち着いてきたら通常の物流量に戻していきますが、今はとにかく(需要が高いため)届けないといけない。 物流サイドの協力を仰ぎながら全国に届けていきます」としている。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の