ラムエースバーン。 【エースバーン対策】ダイマも切らずに楽々処理!ゴツメ頑丈ウソッキーのすすめ【育成論】【ポケモン剣盾】

エースバーン

ラムエースバーン

これが今のポケモンか・・・😳 正直カプ環境や ガル環境よりは楽しいと思う😆 エースバーンは どうあがいても強いので 育成してない方は最優先に育成するべき。 — だいちゃん 1日1記事 Daichanblog 特性のリベロが強く、 ダイマックス環境との相性が良すぎです。 特にダイジェットで弱点だった地面技をすかす動きが強い。 今回はそんな、 エースバーンの対策ポケモンを思いつく限り記載してみます。 エースバーン対策 ・カバルドン エースバーン対策として今最も流行っているポケモン。 HB特化すれば火炎ボールも2耐えする耐久の持ち主。 ステルスロック、あくび、じしんと厄介な技を使えるので 相手に不利な択を迫れる。 ラム持ちには一方的にボコられたり 珠持ちの火炎ボールは2耐えしなかったりするので注意。 ・ミミッキュ 特性を利用したトリックルーム展開+のろいで退場する型なら エースバーン対策になる。 選出しておくだけで とびひざやダイナックルをすかせるので プレッシャーにもなる。 ・ウオノラゴン スカーフエラがみやトリックルームエラがみで倒す。 エースバーン側からの有効打はカウンター以外ないのも強み。 ・パルシェン 超物理耐久でとびひざもギリ耐えられます。 返しのシェルブレードで乱数一発。 ハイドロポンプなら確定一発。 対面からでしか勝てないので後出しは不可能。 ・ギャラドス 威嚇ギャラドスならワンチャンあり。 格闘技や炎技を半減で受けられる強みもある。 とはいえダイジェットに後出しすると半分以上入ってしまうため ダイマックスを切るしかなくなる。 ・ドサイドン こいつが最強の対策だと思う。 物理耐久がかなり高い上に 火炎ボールやダイジェットを半減で受けられる。 とび膝蹴りもHぶっぱするだけで半分入りません。 まとめ エースバーンの対策はどんな形であれ 考えておかないとランク対戦に行けません。 例として上記対策を試すのもあり。 以上、参考になれば幸いです。

次の

コオリッポ育成論 : エースバーンを起点にしたい型コオリッポの供養|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ラムエースバーン

が相棒ポケだったので書きました エースバーン育成論 色違いのクラウンめっちゃすこ そもそもこの記事をご覧の皆様は についてどれくらい知っているでしょうか? のは 115-115-85-90-75-100 高いHとAが目立ちますね。 7世代までにおいてSがしっかりと100あるのも高評価です。 なにより特筆すべきは専用技『 せいなるほのお』 炎物理威力100命中95と特筆すべき火力ではありませんが、大切なのは追加効果 なんと 5割の確率であいてを火傷状態にできるのです。 実質鬼火 これにより物理主体アタッカーの安易な受け出しを許さず、高い制圧力を誇っていました。 USUM環境では対 性能が素晴らしく、皮をはぎつつやけどにすることで剣の舞や襷を潰し、素早さでも勝っているため次のターンにそのまま押し切ることができました。 僕は最速AS鉢巻で使っていたのですが、使用時の9割は せいなるほのおブッパしてました。 たまに や 交代読みでじだんだを撃ちましたがそれくらいです。 準伝説だけあって耐久も並み以上あり、 テテフのサイキネくらいなら無振りで確定耐え、そもそもSが上回っているため上から鉢巻 せいなるほのおで確定一発… 昔語りはこれくらいにしましょう。 今我々がいるのはガラル地方。 彼は、もういないのですから。 …彼は、もういない? <俺がいるぜ! きっ、君は! エースバーン君!! ここで、 エースバーンのを見てみましょう。 80-116-75-65-75-119 80とそこそこ高いHに116もあるA、ガラル地方ではそこそこ早めな119あるS …なんかこの説明、見たことあるぞ? エースバーンのと のを比較してみましょう 犬: 115-115-85-90-75-100 兎: 80-116-75-65-75-119 …おわかりいただけただろうか? そう、この二体。 が非常に似通っているのである。 H:ぶっぱ はH4振りでHP191になります。 エースバーンは252振り切ることで と近いラインの耐久力を得ることができます。 岩地面覚えないのはうんこだと思ってるけど 高耐久高速高火力アタッカー…最高ですね ぜひ使ってあげてください 剣盾 Bspider.

次の

【S5使用構築】 脱兎ドラパカビミミ【最終2176(9位)】

ラムエースバーン

はじめに 育成論の投稿は初めてなのでアドバイス等々宜しくお願いします。 採用理由と役割 受ける事が非常に難しいエースバーンを安定して処理したいと思い、コオリッポの特性に目を付けました。 この育成論の目標はエースバーンを含む物理アタッカーに後出しでコオリッポを投げ、ダイマックスターンを枯らし、後続の自分のアタッカーを通すことです。 よって あられと オーロラベールを採用しています。 通常のはらだいこ型では後出しではアイスフェイスが割られてしまい、はらだいこを積む余裕がなく、こちらがダイマックスを切っても火力不足に陥ります。 だったらあられでアイスフェイスを復元して敵のダイマックスターンを枯らし、壁展開をし、後続の自分のエースを通した方がいいのではないかという事です。 後出しをする理由としては、コオリッポとエースバーンの対面では必ず特殊アタッカーに引かれてしまい、はらだいこを積んでもアイスフェイスのSが低い状態で不利対面を強いられるからです。 かわいいですねコオリッポ 持ち物• きあいのたすき エースバーンに後出しした際、ダイジェットを打たれると上から殴られてしまうので採用しています。 その他の候補• オボンのみ、ラムのみ はらだいこ型と両立する際の候補です。 ひかりのねんど きあいのタスキではナイスフェイス時に上からあられを打てる相手には必要以上に残留してしまうのでアリな選択肢です。 努力値 H4 A252 B0 C0 D0 S252 ぶっぱですね。 エースバーンの上を取るだけならSに性格補正をかけて172振るだけで達成できますが、余った努力値の使い道も思いつかないため最速です。 ちなみにHDやHBに特化しても不利な相手が有利になる事はないのでASが無難だと思います。 はらだいこオボンと両立するならHの4をDに振ってHPを偶数にしてください。 技構成 あられ オーロラベール つららばり もろはのずつき 補助技• あられ 確定枠です。 オーロラベール ほぼ確定枠です。 はらだいこ 最強の力と引き換えに体力の半分を失います。 ロマンがありますね。 採用するなら通常のはらだいこ型の攻撃技にあられをピンポイントで刺すイメージでしょうか。 或いは「あられ・オーロラベール・はらだいこ・攻撃技」でもそれなりに使えると思います。 はらだいことつららばりがあればミミッキュに強く出られるのでおすすめです。 攻撃技 他の育成論で語りつくされていると思うのであまり触れませんがつららばりともろはのずつきの採用理由は つららばり:エースバーンがみがわりを覚える事 もろはのずつき:自傷による自主退場 です。 また、もちものがきあいのタスキの場合はきしかいせいも選択肢に入ります。 エースバーンのダイスチルにそこそこ刺さります。 立ち回り例 仮想的のエースバーンに後出しした場合を書きます。 ダイジェットアイスフェイス破壊• ふいうち等で退場 エースバーンが三ターン目にダイバーンで晴れがオーロラベールの裏目ですが相手はあられを恐れてダイスチルを打ってくるので大丈夫です(多分)。 後続に負担をかけずにエースバーンのダイマックスターンを枯らせるのはおそらくコオリッポだけなので許してください。 コオリッポを後出ししてエースバーンがダイマックスを切らなかった場合やほかの物理アタッカーに対してはあられしてオーロラベール貼ってもろはで退場でOKです。 最大威力のきしかいせいでダイマックスエースバーン(ダイスチル一回)に5割程度です。 あられと玉ダメ込みでかなり削れます。 相性の良い味方 かたやぶり持ちに強いポケモン ステルスロックを撒かせないマジックミラー持ちのポケモン等 コオリッポの後続に投げる積みエース、ダイマックスエース エースバーンを呼びにくいやなどはパーティーに入れない方がいいかもしれません。 おわりに 早足ですが以上とさせていただきます。 エースバーンが入っていないパーティーの方が珍しい現在の環境ですので、このようなピンポイントメタなポケモンも面白いのではないかと思い投稿させていただきました。 ところでポケモン名人の諸兄らは当然のように直近に迫るDLCについては把握していることと存じます。 エースバーンのキョダイマックスについて、も。 釈迦に説法とは存じ上げつつ、僭越ながらエースバーンのキョダイマックス技の効果について下記したいと思います。 キョダイカキュウ:他のダイマックスわざよりも高い威力を持つだけでなく、 相手の特性に影響を受けずにダメージを与えることができる。 アーメン 数日後に死ぬ育成論 一応タスキ込みで2ターンないし3ターンは確実にエースバーンのダイマックスターンを枯らせるしダイマックス技のバフを受けさせないというメリットがあります。 多分カバルドンの方が強いです。 後出しでダイマックスターンをいなすことが読まれない点がメリットだと思って使っています。 非常に面白い型だと思います。 DLC後はキョダイエースバーンに貫通される点は考えても仕方ないと割り切り、残りの期間で使用するだけでも十分有用だと考えています。 評価は5です。 DLC後はこらえるを採用することも考えて追記したいと思います。

次の