九州 自動車 道 情報。 南九州西回り自動車道の概要 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所

リアルタイム交通情報

九州 自動車 道 情報

E3A 南九州西回り自動車道 地図 (2019年3月現在) 路線延長 140 km(予定) 陸上区間 140 km(予定) 制定年 6月30日(閣議決定) 開通年 - 起点 上片町 () 主な 経由都市 終点 () 接続する 主な道路 () E3 (予定) テンプレート(ノート 使い方) PJ道路 南九州西回り自動車道(みなみきゅうしゅうにしまわりじどうしゃどう、MINAMI-KYUSHU EXPRESSWAY)は、を起点とし、、、、等を経由して鹿児島県に至る予定の延長約140 kmの((B路線))である。 のとして建設される。 道路利用者へ向けた案内標識上の道路名は、 南九州自動車道(英称:MINAMI-KYUSHU EXPRESSWAY)であり、 南九州道(英称:MINAMI-KYUSHU EXPWY)と略される。 (高速道路等路線番号)では南九州西回り自動車道の全線(〈JCT〉 - 〈IC〉)に「 E3A」が割り振られている。 概要 [ ] 熊本県の八代市から鹿児島県のまでは(不知火海)、の沿岸部を通り、いちき串木野市からはを横断し、鹿児島県の県庁所在地であるに至る高速道路である。 概ねや、に沿ったルートである。 は、南九州西回り自動車道全線に対して「 E3A」が付番されているが、付番ルールでは並行する一般国道の番号を使用することとなっており、この付与ルールでは全線で並行しているから「E3」となるところであるが、先行して整備されていたの路線番号に「E3」が付番され、南九州西回り自動車道には「 E3A」が付番されている。 また、南九州西回り自動車道が全線開通することにより、とのダブルネットワークを形成し、災害時であっても鹿児島県と福岡・熊本方面のネットワークを維持できるほか 、九州自動車道の八代市からえびの市にかけての区間にある、といった危険物積載車両の通行が禁止されている長大トンネルをのみで回避することが可能となる。 開通状況 [ ] 熊本県側は起点であるのからのまで開通している。 八代JCT - 間はが管轄するであるとして、日奈久IC - 芦北IC間が、芦北IC - 水俣IC間がとしてそれぞれ管轄のとなっている。 鹿児島県側は、のからのおよび、のから終点であるのまで開通している。 出水IC - 阿久根IC間が、薩摩川内水引IC - 薩摩川内都IC間が、薩摩川内都IC - 間がとしてそれぞれ国土交通省管轄の無料区間として、市来IC - 間はNEXCO西日本が管轄する有料道路区間であるとして、鹿児島西IC - 鹿児島IC間は無料の一般道路(自動車専用道路、国道3号バイパス)として開通している。 2019年3月2日現在、総延長140 km中103. 2 kmが供用中であり、供用率は72. 7パーセントである。 芦北出水道路の水俣IC - 出水IC間(16. 3 km)、阿久根川内道路の阿久根IC - 薩摩川内水引IC(22. 4 km)間についてはとなっており、未開通の両区間共に国土交通省管轄の無料区間として事業中であるが、全線開通の目処は立っていない。 歴史 [ ] 経緯 [ ] に基づく基本計画策定時に、の終点を鹿児島市にするかにするかで揉めた経緯があり、結局は両方の顔を立てて九州縦貫自動車道の路線は中間を通ることとなった。 後に、(昭和62年6月30日閣議決定)に基づき、九州縦貫自動車道の路線から外れた当ルートが計画路線として定められた。 また、沿線となるを中心にが海に流した廃液により引き起こされた公害病であるによって疲弊した水俣市周辺地域の再生振興につながるとして(9年)の「水俣病に関する関係閣僚会議申し合わせ」により整備を図るとされている。 年表 [ ] 九州では初、全国2番目に設置されたの対応標識。 南九州道の路線番号である「 E3A」が表記されている。 (62年) - が閣議決定したことにより、熊本県八代市から西回りに鹿児島県鹿児島市まで至るルートが 南九州西回り自動車道として「」の計画路線に指定される。 (昭和63年) - 八代日奈久道路(八代JCT - 日奈久IC)及び鹿児島道路(市来IC - 鹿児島IC)が事業化される。 (昭和63年) - 鹿児島西ICから鹿児島IC間が供用を開始し、九州自動車道と接続する。 (3年) - 川内道路(薩摩川内都IC - 市来IC)、日奈久芦北道路(日奈久IC - 芦北IC)が事業化される。 (平成5年) - 芦北出水道路(芦北IC - 出水IC)が事業化される。 (平成7年) - 川内隈之城道路(薩摩川内水引IC - 薩摩川内都IC)が事業化される。 (平成9年) - 出水阿久根道路(出水IC - 阿久根北IC)が事業化される。 (平成10年)• - 伊集院ICから鹿児島西IC間が供用を開始する。 - 八代JCTから八代南IC間が供用を開始し、これにより起点側で九州自動車道と接続する。 (平成13年) - 八代南ICから日奈久IC間が供用を開始する。 (平成14年) - 市来ICから伊集院IC間が供用を開始する。 (平成17年)• - 市来料金所(市来IC)が廃止され、美山本線料金所が設置される。 - 日奈久料金所が廃止され、日奈久本線料金所が設置される。 - 日奈久ICから田浦IC間が供用を開始する。 - 串木野ICから市来IC間が供用を開始する。 (平成18年) - 出水阿久根道路の事業区間に阿久根北IC - 阿久根IC間が追加される。 (平成19年) - 薩摩川内都ICから串木野IC間が供用を開始する。 (平成20年) - 美山ICが供用を開始する。 (平成21年) - 田浦ICから芦北IC間が供用を開始する。 (平成22年) - 八代JCTから日奈久IC間・市来ICから鹿児島西IC間で、が開始される。 (平成23年) - 同日24時をもって高速道路無料化社会実験が終了される。 (平成24年) - 川内IC、高江ICの正式名称を、それぞれ薩摩川内水引IC、薩摩川内高江ICに決定する。 (平成25年) - 薩摩川内水引ICから薩摩川内高江IC間が供用を開始する。 (平成27年)• - 薩摩川内高江ICから薩摩川内都IC間が供用を開始。 - 阿久根北ICから阿久根IC間が供用を開始。 2015年度 - 阿久根川内道路(阿久根IC - 薩摩川内水引IC)が事業化される。 これにより南九州西回り自動車道の全線が事業化された。 - 野田ICから阿久根北IC間が供用を開始。 (平成28年)• - 芦北ICから津奈木IC間が供用を開始。 - 出水IC、高尾野IC(いずれも仮称)の正式名称をそれぞれ出水IC、高尾野北ICに決定する。 (平成29年)• - 高尾野北ICから野田IC間が供用を開始。 また、九州では初めて、全国では2番目となる対応標識が設置された。 - 出水ICから高尾野北IC間が供用を開始。 - 津奈木ICから水俣IC間が供用を開始。 :南九州西回り自動車道の暫定2車線区間のうち、4車線化を優先整備するべき区間案として八代日奈久道路の八代南IC〜日奈久IC間及び鹿児島道路の美山IC〜伊集院IC間を国土交通省が発表。 - 供用中の出水ICから阿久根ICまでの区間の本線をコースとしたマラソン大会「第31回出水ツルkoiマラソン大会〜ツルに恋してハイウェイRUN〜」が行われる。 供用中の高速道路の本線上で行われたマラソン大会は九州地方では初である。 (令和2年)• - 区間のうち特に優先的に4車線化を実施する区間として鹿児島道路のうち美山IC〜伊集院IC間が候補箇所に選定される。 - 鹿児島道路のうち美山IC〜伊集院IC間の一部区間(2. 3 Km)の4車線化について事業許可を行ったと発表。 インターチェンジなど [ ]• なお、未開通区間の名称は仮称である。 英略字は以下の右記の通り。 IC : 、JCT : 、TB : 、BS : 、TN :• 無印はBSなし。 八代JCT - 日奈久IC : 国道3号 《有料》• 日奈久IC - 芦北IC : 国道3号• 芦北IC - 出水IC : 国道3号• 出水IC - 阿久根IC : 国道3号• 阿久根IC - 薩摩川内水引IC : 国道3号• 薩摩川内水引IC - 薩摩川内都IC : 国道3号• 薩摩川内都IC - 市来IC : 国道3号• 市来IC - 鹿児島西IC : 国道3号 《有料》• 鹿児島西IC - 鹿児島IC : 国道3号 鹿児島道路 IC 番号 施設名 接続路線名 から 備考 所在地 18-1 E3 福岡・熊本方面 0. 0 九州道は 熊本方面のみ接続 1 (現道) 6. 6 - 10. 4 2 国道3号(現道) 12. 0 3 国道3号(現道) 20. 8 に隣接 4 28. 8 に隣接 5 国道3号(現道) 36. 5 6 国道3号(現道) 42. 1 - 国道3号(予定) 49. 5 事業中 - 53. 9 事業中 9 58. 4 10 62. 3 11 65. 1 12 (現道) (事業中) 69. 1 13 73. 3 - 国道3号(予定) 77. 4 事業中 - 国道3号(予定) 82. 7 事業中 - 90. 5 事業中 17 国道3号(現道) 95. 7 18 99. 2 19 国道3号 105. 9 20 112. 4 - 市来BS 115. 7 - 120. 7 鹿児島方面出入口のみ - 124. 7 - 124. 9 - 129. 8 24 135. 6 - 松元BS 136. 0 26 E3 141. 道路管理者は八代日奈久道路及び鹿児島道路が、日奈久芦北道路及び芦北出水道路の熊本県内の区間については国土交通省九州地方整備局八代河川国道事務所、出水芦北道路の鹿児島県内の区間及び出水阿久根道路、阿久根川内道路、川内隈之城道路、川内道路、鹿児島道路(鹿児島西IC〜鹿児島IC)は国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所の管轄となる。 附近 八代日奈久道路(やつしろひなぐどうろ)は、東片町のから同市日奈久下西町のに至る延長約12 kmの()であり、南九州西回り自動車道()の一部である。 日奈久八代道路の全区間をがとして管理している。 1988年(昭和63年度)度に事業化が決定され、1998年(平成10年)4月20日に八代JCT - 八代南IC間(6. 6 km)、2001年(平成13年)10月6日には八代南IC - 日奈久IC間(5. 4 km)暫定2車線で供用開始しており、全線が供用されている。 路線データ• 起点 熊本県八代市東片町()• 終点 熊本県八代市日奈久下西町()• 全長 12. 0 km• 規格 第1種第3級• 設計速度 80 日奈久芦北道路 [ ] 日奈久芦北道路(ひなぐあしきたどうろ)は、日奈久下西町の日奈久ICから大字花岡のに至る延長16. 8 kmの国道3号バイパス(自動車専用道路)であり、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部である。 (平成3年)度に事業化が決定し、(平成17年)に日奈久IC - 田浦IC間(8. 8 km)、(平成21年)には田浦IC - 芦北IC間(8. 0 km)が暫定2車線で供用開始し、全線が供用された。 路線データ• 起点 熊本県八代市日奈久下西町• 終点 熊本県葦北郡芦北町花岡• 全長 16. 8 km• 規格 第1種第2級• 道路幅員 20. 5 m• 車線数 4車線(暫定2車線)• 車線幅員 7. 0 m• 6 kmの国道3号バイパス(自動車専用道路)であり、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部である。 に水俣IC - 県境(・)間が整備計画区間に指定され、(平成5年)度に事業化された。 (平成9年)には芦北IC - 水俣IC間が整備計画区間に指定され、(平成19年):水俣IC - 県境間、県境 - 出水IC間が都市計画決定された。 2016年(平成28年)2月27日に芦北IC - 津奈木IC間が 、(平成31年)に津奈木IC - 水俣IC間が開通した。 路線データ• 起点 熊本県葦北郡芦北町花岡• 終点 鹿児島県出水市下知識町• 全長 29. 6 km• 規格 第1種第3級• 道路幅員 20. 5 m• 車線数 4車線(暫定2車線)• 車線幅員 7. 0 m• 9 kmの国道3号バイパス(自動車専用道路)であり、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部である。 (9年)に出水IC - 阿久根北IC間が出水阿久根道路として事業化され 、(18年)に阿久根北IC - 阿久根IC間が出水阿久根道路の事業区間に追加された。 (平成20年)に - 間が着工した。 2015年3月29日に阿久根北IC - 阿久根IC間が、2015年12月19日には野田IC - 阿久根北IC間が 、2017年3月11日には高尾野北IC - 野田IC間が それぞれ開通。 2017年11月12日に出水IC - 高尾野北IC間が開通し 、これにより全線が供用された。 路線データ• 起点:鹿児島県出水市下知識町• 終点:鹿児島県阿久根市鶴川内• 全長:14. 9 km• 規格:第1種第3級• 道路幅員:20. 5 m• 車線数:4車線(暫定2車線)• 車線幅員:7. 0 m• 4 kmの国道3号バイパス(自動車専用道路)であり、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部を構成する道路として建設される予定。 阿久根IC - 西目IC(仮称)間(4. 1 km)はに都市計画決定済。 西目IC(仮称) - 薩摩川内水引IC間(19. 3 km)は長らく都市計画決定が未策定であったが、2012年(平成24年)9月3日に国土交通省がに基づく方法書を鹿児島県知事に提出し、提出を受けて鹿児島県は同年に都市計画の策定及びに着手した。 に都市計画案が公表され、完成4車線で「大川IC」 「湯田西方IC」 (いずれも仮称)が設置される計画であることが明らかになった。 (26年)に環境影響評価書を公表し 、を決定。 南九州西回り自動車道における最後の調査区間となっていたが、度より事業化された。 なお、事業化後の(平成28年)3月に阿久根市議会では、牛之浜海岸付近に等の整備要望に関する意見書を議決している。 (平成30年)にの本線予定地で着工式が挙行され、工事に着手した。 路線データ• 起点:鹿児島県阿久根市鶴川内• 終点:鹿児島県薩摩川内市水引町• 延長 : 22. 4 km• 規格:第1種第3級• 道路幅員:20. 5 m• 車線数:完成4車線(暫定2車線)• 車線幅員:7. 0 m• 2 kmの国道3号バイパス(自動車専用道路)であり、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部である。 (7年)に事業化し 、(平成20年)、からまでの区間が着工した。 2013年3月10日に薩摩川内水引IC - 薩摩川内高江IC間 、2015年3月7日に薩摩川内高江IC - 薩摩川内都IC間が開通し、これにより全線供用された。 また、薩摩川内水引ICから薩摩川内高江IC間にある川内川大橋には歩行者専用の薩摩川内市道が併設されている。 路線データ• 起点: 鹿児島県薩摩川内市水引町• 終点:鹿児島県薩摩川内市都町• 延長:10. 2 km• 構造規格:第1種3級• 車線数 暫定2車線(完成4車線)• 8 kmの国道3号バイパス(自動車専用道路)であり、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部である。 (平成3年)度に事業化され、(平成17年)には串木野IC - 市来IC(7. 3 km)間 、(平成19年)には薩摩川内都IC - 串木野IC(6. 5 km)間が供用開始され、全線供用された。 路線データ• 起点 鹿児島県薩摩川内市都町• 終点 鹿児島県いちき串木野市大里• 全長 13. 8 km• 第1種第2級(串木野IC〜市来IC間)• 第1種第3級(薩摩川内都IC〜串木野IC間)• 道路幅員• 一般部 23. 5 m• 橋梁部 22. 0 m• 車線数 (完成4車線) 串木野IC〜八房橋までの区間は完成4車線で建設されている。 車線幅員 3. 5 m• 設計速度• 2 の国道3号のバイパス(自動車専用道路)であり、南九州西回り自動車道(高規格幹線道路)の一部である。 鹿児島道路のうち市来ICから鹿児島西ICまでの区間はがとして管理している。 (63年)度に事業化され、1988年(昭和63年)10月19日に鹿児島西IC - 鹿児島IC、1998年(平成10年)3月26日には伊集院IC - 鹿児島西IC、2002年(平成14年)4月6日には市来IC - 伊集院ICが開通し、全線供用された。 (2年)3月10日に美山IC - 伊集院ICの暫定2車線の4車線化を計画的に推進するため、課題の大きい優先整備区間として国土交通省より選定された。 同年3月30日に前述の区間の4車線化の事業許可をに対して行った旨を国土交通省が発表した。 路線データ• 起点 鹿児島県いちき串木野市大里• 終点 鹿児島県鹿児島市田上八丁目• 全長 22. 2 km• 車線数 (完成4車線)• 3 Kmは4車線化工事に着手中。 主なトンネル [ ] 小津奈木トンネル(熊本方面) 熊本県側• 妙見トンネル(全長722 m、 - )• 古麓第一トンネル(全長592 m、八代JCT - 八代南IC)• 古麓第二トンネル(全長140 m、八代JCT - 八代南IC)• 二見トンネル(全長1,936 m、 - )• 赤松トンネル(全長2,138 m、日奈久IC - 田浦IC) を貫いている。 新佐敷トンネル(全長2,919 m、田浦IC - ) 2016年(平成28年)現在南九州西回り自動車道で最長のトンネルであり、を貫いている。 乙千屋トンネル(全長172 m、田浦IC - 芦北IC)• 花岡トンネル(全長487 m、田浦IC - 芦北IC)• 湯治トンネル(全長1,166 m、芦北IC - 津奈木IC)• 湯浦トンネル(全長1,085 m、芦北IC - 津奈木IC)• 新津奈木トンネル(全長1,848 m、芦北IC - 津奈木IC)• 小津奈木トンネル 全長399 m、津奈木IC-水俣IC 鹿児島県側• 宮里トンネル(全長1,241 m、 - 薩摩川内都IC)• 都トンネル(全長809 m、 - )• 金山トンネル(全長1,378 m、薩摩川内都IC - 串木野IC)• 大里トンネル(全長1,238 m、串木野IC - )• 細田口トンネル(全長314 m、 - ) 橋梁 [ ]• 川内川大橋(薩摩川内水引IC - 薩摩川内高江IC)• 大里高架橋(全長1,187 m、串木野IC - 市来IC)• 刈敷高架橋(全長644 m、松元IC - 鹿児島西IC) 道路管理者 [ ]• 西日本高速道路• 西日本高速道路熊本高速道路事務所(八代JCT - 日奈久IC)• 西日本高速道路鹿児島高速道路事務所(市来IC - 鹿児島西IC)• 国土交通省• 九州地方整備局八代河川国道事務所• 九州地方整備局鹿児島国道事務所 交通量 [ ] 24時間交通量(台) 2015年時点での交通量は、 - 、 - 間の交通量は概ね1万台を超え、特に鹿児島市街にある - 鹿児島IC間は2万台を超す状況となっている。 また道路の混雑具合を示すは2015年の道路交通センサスによると - 間ではその道路の交通容量を示す1. 0を概ね超えており、市来IC付近では混雑度が1. 72を示している。 2010年(平成22年)度の調査期間中において有料区間全線では、高速道路無料化社会実験が行われていた。 地理 [ ] 通過する自治体 [ ]• - - 葦北郡 -• - - - 出典 [ ] []• - 国土交通省八代河川国道事務所、2019年4月21日閲覧。 - 国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所 2018年6月2日閲覧。 - 南九州西回り自動車道建設促進協議会、南九州西回り自動車道建設促進期成会(熊本県サイト内) 2013年7月3日閲覧。 1—2 国土交通省 2013年7月3日閲覧。 - 国土庁、2015年3月8日閲覧。 2010年2月3日付南日本新聞• 2010年8月20日, at the. - 公式ウェブサイト 2011年6月19日閲覧。 鹿児島国道事務所、2012年8月24日(南日本新聞紙面には翌25日付23面に掲載)• 『』 2013年3月11日付 28面(水引 - 高江IC間が開通 薩摩川内)• - 国土交通省、2015年4月14日閲覧。 国土交通省九州地方整備局 鹿児島国道事務所 2015年11月20日. 2015年11月20日閲覧。 国土交通省九州地方整備局 八代河川国道事務所 2016年1月20日. 2016年1月20日閲覧。 - 国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所、2016年11月3日閲覧。 国土交通省九州地方整備局 鹿児島国道事務所 2017年1月26日. 2017年1月26日閲覧。 国土交通省九州地方整備局 鹿児島国道事務所 2017年9月22日. 2017年9月22日閲覧。 国土交通省九州地方整備局 八代河川国道事務所 2019年1月22日. 2019年1月22日閲覧。 国土交通省 2019年9月4日. 2020年1月18日閲覧。 国土交通省. 2020年1月18日閲覧。 読売新聞オンライン 2019年10月21日. 2019年11月25日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年10月21日. 2019年11月25日閲覧。 国土交通省道路局 2020年3月10日. 2020年5月3日閲覧。 トラベルwatch 2020年3月10日. 2020年5月3日閲覧。 国土交通省道路局 2020年3月31日. 2020年5月3日閲覧。 鹿児島県 2020年4月8日. 2020年5月3日閲覧。 西日本高速道路株式会社 2020年3月31日. 2020年5月3日閲覧。 「南日本新聞」 2016年4月1日付(北薩横断道路・阿久根-高尾野着手へ 国交省、16年度事業化)• 註:(仮称)鶴川内ICが阿久根ICに名称が決定する以前の西目ICの仮称は阿久根ICであった。 - 八代河川国道事務所 2013年4月18日閲覧。 - 八代河川国道事務所 2013年4月18日閲覧。 - 国土交通省、2013年9月24日閲覧。 - 国土交通省、2013年9月24日閲覧。 国土交通省九州地方整備局 2015年3月3日. 2015年3月4日閲覧。 『南日本新聞』 2012年9月4日付 4面(西回り道阿久根 - 川内 県が環境アセス手続き月内着手)• (鹿児島県、2013年5月16日閲覧)• (鹿児島県2013年9月17日公表、同年9月24日閲覧)• (鹿児島県2013年9月17日公表、同年9月24日閲覧)• 環境影響評価法に基づく環境影響評価書の作成および縦覧(平成26年7月29日公告、同日鹿児島県公報第3029号所収)• 西日本新聞. 2015年2月27日. 2015年3月4日閲覧。 - 阿久根市、2017年10月15日閲覧。 - 鹿児島建設新聞、2018年10月14日付• - 国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所、2015年4月27日閲覧。 国土交通省. 2020年6月25日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ]•

次の

高規格幹線道路 西九州自動車道 佐賀国道事務所

九州 自動車 道 情報

【災害等関連情報】• H28年 熊本地震 関連情報• (九州地方整備局)• H23年 東日本大震災 関連情報• (東日本高速道路株式会社)• (東日本高速道路株式会社)• 【JARTICからのお知らせ】• [新型コロナウイルスの都内交通渋滞への影響]• 都内一般道路について、新型コロナウイルスによる影響が及んでいることを想定し、当センターが提供する『渋滞統計システム』 を活用して調査を行いました。 ・ 2020. ・ 2020. 『渋滞統計システム』の詳細は からご覧いただけます。 [報道発表]• 2014. 10 『災害時情報提供サービス』 の報道発表について• 『災害時情報提供サービス』 を報道発表しました。 発表資料につきましては からご覧いただけます。 [各種情報の提供]• 一般道路の「交通規制情報(11種別)」、「交通規制情報(103種別)」、「断面交通量情報」、「交差点制御情報」を更新しました。 (2020. 01) ダウンロードはへ。 断面交通量情報及び交差点制御情報のリンク番号の最新情報については、公益財団法人日本交通管理技術協会のホームぺージ( 及び )に掲載しています。 [職員採用について]• 2020. 【その他のお知らせ】• 2020. 24 (国土交通省)• 2019. 12 (一般社団法人日本自動車タイヤ協会)• 2015. 28 (一般社団法人日本自動車連盟)• 【道路交通情報】• 2020. 29 (首都高速道路 台場線)• 2020. 24 (日本海東北自動車道)• 2020. 23 (常磐自動車道、東北中央自動車道)• 2020. 22 (南阪奈道路)• 2020. 18 (中村宿毛道路)• 2020. 16 (八戸自動車道、山形自動車道)• 2020. 10 (仙台東部道路、首都高速道路 羽田線)• 2020. 09 (東海北陸自動車道)• 2020. 05 (中部横断自動車道)• 2020. 02 (北陸自動車道、中央自動車道、首都高速道路)• 2020. 29 (秋田自動車道・日本海東北自動車道)• 2020. 28 (日本海東北自動車道)• 2020. 27 (東北自動車道・秋田自動車道、山形自動車道・日本海東北自動車道)• 2020. 25 (秋田自動車道、常磐自動車道・仙台東部道路)• 2020. 22 (小田原厚木道路)• 2020. 15 (秋田自動車道・湯沢横手道路、常磐自動車道)• 2020. 13 (山形自動車道)• 2020. 07 (磐越自動車道)• 2020. 28 (名神高速道路)• 2020. 27 (中央自動車道)• 2020. 23 (日本海東北自動車道)• 2020. 20 (中国自動車道)• 2020. 13 (青森自動車道、日本海東北自動車道)• 2020. 16 (首都高速道路 湾岸線)• 2020. 18 (首都高速道路 横浜北線)• 2020. 13 (三陸沿岸道路)• 2020. 10 (神戸淡路鳴門自動車道)• 2020. 07 (東海環状自動車道、松山自動車道、九州自動車道)• 2020. 06 (新東名高速道路)• 2020. 31 (常磐自動車道、中国自動車道)• 2020. 28 (根室道路)• 2020. 27 (深川・留萌自動車道、東名高速道路)• 2019. 23 (首都高速道路 横浜北西線、阪神高速道路 環状線及び大阪港線渡り)• 2013. 27 (工事行事予定情報、冬期閉鎖情報等を提供開始)• 【個人の方】• 2020. 【採用情報】• 2020. 【その他】• 2014. 2020.

次の

NEXCO西日本のSA・PA情報サイト

九州 自動車 道 情報

インフォメーションコーナー• 老眼鏡の貸し出し• 無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fi」• 無線LANサービス「docomoWi-Fi」• ウェルカムゲート• ハイウェイオアシス• ハイウェイスタンプ(記念スタンプ)• 郵便ポスト• バス乗務員休憩室• 携帯電話充電器• 喫煙ルーム• FAX・コピーサービス• 宅配便受付• 宅配サービス 持込不可• デジタルプリントサービス• キャッシュコーナー• ティーサービス• スマートIC• Edy• Edyチャージャー• ETC利用履歴発行プリンター• ベビーコーナー• ベビーカーの貸し出し• KIDSコーナー• 遊具施設• レストラン• スナックコーナー・フードコート• 専門店(その他)• カフェ• ベーカリー• ハイウェイホテル• シャワーステーション• コインランドリー• マッサージチェア• ショッピングコーナー• 宝くじ• プロスポーツグッズコーナー• 生鮮野菜直売場「やさい村」• コンビニエンスストア• ファミリーマート• ミニストップ• ローソン• デイリーヤマザキ• ポプラ• セブン-イレブン• 出光興産 株• ENEOS 株• 出光興産 株 「シェル」• エクソンモービル 有• 東燃ゼネラル石油 株• 太陽石油 株• 株 西日本宇佐美• エネクスフリート(株)• 株 ENEOSウイング• 総合エネルギー株式会社• 西フリート株式会社• EV急速充電スタンド• トイレ情報• パウダーコーナー• ECOトイレ• おむつ交換台• 身体障がい者用駐車スペース• 身体障がい者用トイレ• オストメイト対応トイレ• 車いす貸し出し• AED自動体外式除細動器• 災害対応型自動販売機.

次の