芸能人 新型 コロナ。 新型コロナ検査で陽性反応も公表せず?看護師LINEグループに投稿

コロナ禍で大物芸能人TV界から消滅!?日程押さえただけで高額ギャラ発生

芸能人 新型 コロナ

新型コロナで寄付が話題になった芸能人一覧まとめ!【韓国】 新型コロナが世界で猛威を振るっています。 そんな中で、新型コロナに対しての寄付金が多く集まっています。 芸能人による寄付が盛んな韓国では多くの芸能人が寄付をして話題となっています。 寄付をする芸能人が多くいる韓国での、寄付をした芸能人を一覧にまとめました。 寄付した金額も併せて紹介していきます。 新型コロナによる寄付競争が勃発?「寄付天使」と呼ばれる芸能人たち! 新型コロナの被害が拡大している中で、韓国では多くの芸能人による寄付活動が広がっています。 韓国では「寄付天使」と呼ばれる言葉があり、「寄付を積極的にする人」を指しています。 日本ではあまり表立って寄付をするという活動は見られません。 しかし、韓国では良い行いの寄付は堂々と公表すべきだ、という考えがあり、多くの芸能人や有名人が寄付を盛んに行っています。 そんな寄付をした芸能人を一覧にしました。 イ・ミンホさんは自身とファンとの共同で寄付を行いました。 そして、その集めた寄付金で8機関に対して寄付を行ったのです。 イ・ミンホさんがコロナのために寄付をした総額は合計で3憶ウォンと言われています。 日本円で約2600万円です。 さらに、イ・ミンホさんは「愛の実」や「セーブ・ザ・チルドレン」「緑の傘 こども財団」などの8団体に7. 5トンものお米を振り分けて贈ったことも公表しています。 パク・シネさんが寄付をした金額は、5000万円ウォン(約450万円)となっています。 ポン・ジュノ監督はコロナのために寄付した金額は1憶ウォン(約900万円)の寄付をしています。 本人の希望により公表はしない予定でしたが、協会から公表となりました。 「少しでも力になれたらという気持ちで寄付をした」とコメントしています。 「コロナがこれ以上増えないで欲しい」という思いから寄付をしたそうです。 新型コロナで被害を受けた低所得者への生活必需品や医療スタッフの防護用品などの支援に使われます。 「SUPER JUNIOR」はマスク1万個を寄付 人気アイドルグループのSUPER JUNIORは、社会福祉共同募金会「愛の実」にマスクを1万個の寄付しました。 このマスクは国内の児童・青少年福祉施設に渡されたということです。 SUPER JUNIORは「免疫力の低い児童や活動が多い青少年の健康を懸念して、寄付を決めました。 役に立てたら嬉しい。 」とコメントも公表しています。 イ・シオンは金額が少ないと批判? 韓国で寄付が盛んに行われている一方で、寄付をしたことで批判にあっている芸能人もいるのです。 イ・シオンさんは全国災害救護協会に100万ウォン(約10万円)の寄付を行いました。 この金額に対して、「ほかの芸能人と比べて少ない」や「恩着せがましい」といった批判が殺到していしまったのです。 寄付をしたことで批判にあってしまった芸能人もいるのです。 韓国での寄付金の使われ方は?総額10億円以上の寄付? 韓国では芸能人から100組以上の寄付が集められています。 総額ではおよそ100憶ウォンで、日本円で約10億円にも及ぶと言われているのです。 この寄付金の使われ方はどうなっているのでしょうか? 寄付金の使われ方は団体によって様々となっています。 社会福祉共同募金会の「愛の実」では社会福祉施設の閉鎖により、困っている高齢者や児童たちに日用品や感染予防用品の支援をしています。 新型コロナで寄付が話題になった芸能人一覧まとめ!【アメリカ】 新型コロナが全世界に拡大している中で、寄付をする芸能人が数多くいます。 アメリカでも多くの芸能人が寄付をして話題となっているのです。 アメリカでの寄付をした芸能人を一覧にまとめました。 寄付をした金額も併せて一覧で紹介していきましょう。 その要請が判明する前日にマサチューセッツ総合病院に100万ドルの寄付をしたのです。 その寄付金額の総額が500万ドル(約5億5千万)と言われています。 医療現場への物資の供給やワクチンの開発資金などにもあてられるそうです。 子供たちへの食事の供給や学校への支援などに充てられます。 端数は娘2人が自分の貯金箱から出したそうです。 寄付をうけた病院の医師により公表されました。 日本で新型コロナへの寄付を公表しているのは? 日本でも寄付をした人がいます。 その人物は、YOSHIKIさんです。 この行動が賞賛され話題となりました。 さらには、中国にマスクを13万枚も寄付した日本人もいたのです。 そして、日本の医療従事者に充ててGLAYが1000万円の寄付をすることを発表したのです。 世界ではなく、日本への寄付をした芸能人は初めてということもあり話題となっています。 日本でも寄付活動が今後も盛んになってくるかもしれません。 現在までに寄付したことがわかっている人たちを一覧でまとめました。 YOSHIKIがコロナで10万ドルの寄付を公表 YOSHIKIさんが「COVID-19救済基金」への寄付を公表しました。 寄付金額は10万ドル(約1000万円)の寄付金額です。 この寄付はコロナによってい公演中止の影響を受けた音楽業界への支援です。 YOSHIKIさんは「音楽の身を置く一人として、音楽関係者の窮地を救う手助けが出来ればとの思いで寄付をしました」とコメントをしています。 日本の矢野浩二がコロナで中国にマスクを13万枚寄付 新型コロナの発生源とされている中国では大混乱を起こしていました。 そんな中、中国にマスクを13万枚も寄付していた日本人がいたのです。 俳優の矢野浩二さんです。 矢野浩二さんはいち早く、中国にマスクを寄付していたのです。 そのため、中国では「最も尊敬できる日本人」として賞賛され感謝の声が多数上がっているのです。 GLAYが医療従事者に1000万円の寄付 人気ロックバンドグループのGLAYが医療従事者に対して1000万円の寄付をすることを公表しました。 「不眠不休で日々治療を続けている医療に従事している方には感謝しかない」とコメントを発表しました。 そして、「GLAYから何かお役に立てないかなと、1000万円を信頼できる機関を通して寄付させていただきます。 と語りました。 今後、寄付金が団体を通して、医療従事者への支援に充てられます。 アラブスターたちの寄付がすごい!?.

次の

北朝鮮で12人立て続けに死亡…「新型コロナか」病院が疑惑の行動(高英起)

芸能人 新型 コロナ

「悲しいけど今は我慢が必要ですよね」 同番組は生放送の音楽番組として知られ、1986年10月の放送開始以来33年半の歴史を誇る人気番組。 このため、ネット上では「Mステも生放送中止 悲しいけど今は我慢が必要ですよね」といった、生放送中止に驚きつつもやむを得ないとする声が続々と上がる事態に。 また、サンスポによると、放送内容は「VTRのみの放送で対応する」とされており、また、番組公式サイトでも「春うた30年の名曲ヒストリーを大特集」といったラインナップとなっている。 昨今のテレビ界はMステに留まらず、新型コロナウイルスの流行によって4月期ドラマの放送開始時期が遅れるなど、感染症の拡大によって多大な悪影響を受けており、状況は極めて深刻。 いつになったら通常放送に戻るか、全く見通せない状況だ。 このため、芸能人のSNSでは「仕事がキャンセルになった」などとする情報発信も目立ってきており、テレビ界と芸能界双方にとって死活問題となり始めている。 ただ、そんな中、一部の芸能人は新型コロナウイルスの流行に関係なく、むしろ、今まで以上に順調に仕事をこなすようになっている。 その仕事内容は何かと言えば、ズバリ、YouTuberとしての仕事である。 コロナの中でも勢いが止まらない「芸能人YouTuber」たち お笑い芸人の江頭2:50さん(54)は4月14日、自身のYouTubeアカウント「エガちゃんねる」の登録者数が200万人を突破。 2月1日にアカウントを開設してから約2ヶ月半での快挙となった。 江頭さんといえば、以前から人気お笑い芸人として名を馳せていたが、YouTuberデビュー以降は以前にも増してその注目度は上がっており、正に、水を得た魚といった状況だ。 また、江頭さんの1日前である1月31日にYouTuberデビューした女優の川口春奈さん(25)も、昨今の芸能界では特に勢いがある芸能人のうちの1人。 本人が登場する「はーちゃんねる」では、「実家への帰省」「おじや作り」「女子会」「メイク方法」「ヨガ」「激辛グルメ」といったさまざまなジャンルに川口さんが挑戦する様子が公開中であり、再生回数100万回以上を連発する大フィーバーが続いている。 新型コロナウイルスの流行をものともしない、これら、絶大な人気を誇る芸能人YouTuberたちだが、これらの人々が新型コロナウイルスの流行を予測していたわけではもちろんないわけだが、その情報発信方法を見てみると、YouTuberとしての情報発信の方法が、テレビ番組に比べて感染症の流行に対応しやすい要素があることに気付く。 テレビ番組に比べてはるかに高い、「放送中止への耐性の高さ」 まず、「出演者が少ない」というのが、YouTube番組の強さとして挙げられるだろう。 YouTube番組の特徴として、「アカウントの運営者が自ら番組に出演する」という特徴があるが、その出演人数は多くの場合、アカウントの運営者1人。 まれにゲストが招かれる場合もあるが、それでも出演者は計2人となる場合がほとんどであり、その出演者の少なさから、感染が拡大する可能性が低い番組制作方法であると言えるだろう。 また、出演者の少なさに引きずられる形で、撮影スタッフも必然的に少なくなるため(場合によっては出演者がそのまま撮影)、これもまた、感染拡大を防ぐのにプラスの要素と言えるだろう。 さらに、その撮影スタッフの少なさから、「撮影が中止になった場合の損害」がテレビ番組に比べて少ないということも言えるのではないだろうか。 例え中止になっても、撮影スタッフが少なければ人件費は抑えられるからだ。 YouTube番組の長所は他にもある。 それは、「定期的に放送しなくて良い」という点だ。 ドラマやバラエティー番組は週1回の放送が1クール以上要求されるなど、ひとたび撮影が滞った場合は番組存続の危機に陥るが、YouTube番組の公開は不定期に行われるのが当たり前であり、撮影が滞った場合は「新たな放送回を公開しない」という手段が容易に取れるからだ。 それはすなわち、「公開日という締め切りがない」ということでもあり、撮影スタッフが感染症にかかってしまった場合に無理に仕事をしなくて良いということであり、やはり、感染拡大を防ぐことが出来るからだ。 とどめとして挙げられるのが、「放送中止になった場合に総集編を放送しなくて良い」という点だ。 新型コロナウイルスの流行により放送開始時期が延期されたドラマのうち、「ハケンの品格」(日本テレビ系)を例に挙げると、放送を予定していた毎週水曜日のうち、4月15日と22日については2007年に放送された前作の総集編が放送されることが決まり、その後に関しては15日時点では放送開始日が確定していないが、YouTube番組は前述の「新たな放送回を公開しない」という要素に加え、アカウント内にはこれまでの放送回がいつでも閲覧できる状態で公開されているのだ。 これら、テレビ番組とは比較にならないほど放送中止への耐性が高いYouTube番組。 昨今の、芸能人のYouTuberデビューのブームは新型コロナウイルスの流行を予測したものではもちろんないわけだが、奇しくも、その「耐性の高さ」がある以上、新型コロナウイルスの流行が長引いた場合はこれまで以上に芸能人のYouTuberデビューが進み、その反動としてテレビ界の「過疎化」が進むという事態もあり得るのではないだろうか。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

クズ過ぎ行為で大批判! コロナ禍で株を落とした芸能人たち…

芸能人 新型 コロナ

クルーズ船をはじめ新型コロナウイルスへの稚拙な対応が問題になっているが、日本ではアンダーグラウンドから爆発的に感染が広がる可能性がある。 風俗嬢発の大感染だ。 プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい) 作家、アルファブロガー。 政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「」、アジアの闇をテーマにしたブログ「」を運営している。 「経路が分からない感染者」多発は当然 日本全国でじわじわと新型コロナウイルスが広がっている。 政府は1月の段階で大量の中国人を阻止しないで国内に入れてしまったので、今になって日本国内のあちこちで感染者が出てきている。 タクシーの運転手が「100人と濃厚接触」だとか、「医師と看護婦が濃厚接触」と書いてあるのを見て、ぼんやりしていると「タクシーの運転手は100人と性行為を行ったのか」「医師と看護婦が性行為していたのか」と勘違いしてしまう。 濃厚接触とは『感染症などの疑いがある有症者と行動をともにしたり、接触したり、航空機などで近隣の座席に座ったりした人』を指すので、それこそ誰かと一緒に食事したり談笑したりしているだけで「濃厚接触」となる。 当然だが、満員電車の中で感染者と隣り合ったりしたら濃厚接触だ。 春節の時期に1月下旬から2月2日までに大量に日本に入ってきた中国人が、日本国内で多くの日本人と濃厚接触をしたのは事実である。 タクシーの運転手、バスの運転手、病院の医師が感染者となってクローズアップされているが、濃厚接触の現場はそれだけではない。 中国人観光客は日本国内を自由に歩きまわり、自由に店に入り、自由に様々な人と接触したのだから、今後は「経路が分からない感染者」が多発しても何ら不思議なことではない。 中国人・韓国人の客と遭遇する風俗嬢が恐怖している 幸いなことに日本人は衛生観念がしっかりした民族だ。 多くの人はマスクをつけて他人にうつさないようにしている。 また、しっかりと手洗いをして清潔を心がけているので、感染は比較的緩やかであるかもしれない。 こうした衛生観念が抑止になって、日本国内でのエピデミック(伝染)が最小限に抑えられることを私は期待している。 しかし、そうだとしても家族のひとりが感染したら、その一家は濃厚接触で全滅になるだろうし、会社や学校でも濃厚接触は避けられないので、感染がネズミ算式に拡大していくと、もはや日本人の衛生観念でも太刀打ちできなくなるかもしれない。 私が懸念しているのは、アンダーグラウンドもまた新型コロナウイルスの影響を避けることができなくなるだろう、というものだ。 金曜日、私は歌舞伎町で中国語でも宣伝している風俗に勤める20代前半の風俗嬢に会ってきたのだが、彼女の恐怖と危機感は尋常なものではなかったことを報告したい。 こんな状況下にあるのだから、さすがの風俗店も外国人客を100%シャットアウトしているはずだと私たちは思うはずだ。 ところが風俗嬢に話を聞いてみると、そうではなかった。 さすがに日本語のできない中国の客は店側がすべて拒否しているということだが、問題は日本語がうまい客はケースバイケースになってしまうということだ。 たとえば、日本在留の長い中国人や韓国人の客は店もことさら拒めない。 つまり、受け入れる外国人客もいるということを意味している。 彼女は中国人の客はまだ当たっていないのだが、日本語のできるアジア系の外国人の客は仕方なく受け入れたと言う。 しかし、恐怖は消えないし「怖い」と心情を吐露していた。 今ごろどこかの風俗嬢が感染しているはずだ 日本人なら絶対に安全で、中国人なら絶対に危険であるというわけではない。 日本人でも感染者はいるかもしれないし、中国人でも感染していない人はいくらでもいる。 そもそも、中国人とひとことで言っても、香港人もいればシンガポール人もいれば台湾人もいるわけで一概に「すべて大陸から来た中国人」ではない。 そういう意味で、中国人でなければ安全が担保されるわけではない。 しかし、新型コロナウイルスの震源地は中国大陸であるのは「まごうことなき事実」であり、風俗嬢が警戒したり恐怖を感じたりするのは分からないことでもない。 今は言ってみれば非常事態なのである。 非常事態である以上は、リスクのある客と関わりたくないと思うのは自然な感情である。 何しろ風俗嬢の仕事は、表社会の人たちが言うところの「近隣の座席に座ったりした人」どころではないのだ。 濃厚な性的接触なのである。 もし相手が新型コロナウイルスの感染者であれば、もはや「100%の確率で感染してしまう」と言っても過言ではない。 密室で、近距離で、全裸で、長時間に渡って皮膚接触と粘膜接触を行うのである。 新型コロナウイルスの場合は、有症者と2メートルの距離で2分間一緒にいたら間違いなく感染するとか、1メートルの距離で15秒一緒にいた人も感染したとか、いろんなことが言われている。 風俗嬢は0ミリの距離で60分以上に渡って一緒にいる。 まさに「超濃厚」である。 これでは避けられるわけがない。 1月の下旬から2月2日の春節の休みの間に日本にやってきて、日本人の風俗嬢と関わった中国人の男はゼロではないはずだから、その中で「たったひとり」でも感染者がいたのであれば、どこかの風俗嬢が感染しているはずだ。 風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染が起きるか? 新型コロナウイルスに感染したら1日で発症する人もいれば、25日目に発症する人もいる。 平均して14日であるというのが今の定説だ。 新型コロナウイルスに感染した風俗嬢が、仮に14日間フルで風俗の仕事をして1日4人の客と関わったとしたら、彼女は14日で56人の客に感染させることになる。 もし、感染した風俗嬢が10人いたらその10人が560人の人間を感染させることになる。 10人の風俗嬢だけで560人の男が感染してもおかしくないのである。 風俗嬢と関わる男は30代から50代までの働き盛りが大半なので、彼らは満員電車に乗って通勤する。 満員電車でこの560人が新型コロナウイルスをばら撒くと、東京は1ヶ月も経たないうちに武漢を彷彿とさせるほどの凄惨な汚染エリアと化す。 場合によっては日本が壊滅するようなレベルになっても不思議ではない。 私は新型コロナウイルスが1,000万人レベルの日本人を感染させるような事態になったとしてもまったく驚かない。 すでに日本政府がインバウンド政策を採ってから、アンダーグラウンドでは梅毒やエイズが大量発生している。 日本の梅毒感染者は20代の女性と30代から50代の男性の間で大量発生しているのだが、梅毒は2年連続で6,000人超えなのである。 日本はインバウンド政策で風俗嬢が非常に危険な状況に陥ってしまったのに、このことについては冷淡かつ無関心で放置してきた。 そうであれば、風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染が始まったとしても、ツケが回ったとしか言うしかない。 パンデミックの下地は整っている もう一度まとめよう。 春節で日本にやってきた新型コロナウイルスの中国人感染者が日本の風俗嬢を抱いたら、風俗嬢は100%の確率で感染する。 その風俗嬢は2週間で50人超の男に100%感染させることができる。 感染した男たちは働き盛りでアクティブに行動して感染を広げる。 そうであるならば、風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染で、日本が壊滅状態になったとしても不思議ではない。 そうならないことを望むが、最悪そうなってもおかしくないことは覚悟しておく必要がある。 日本政府は中国人の観光客を無尽蔵に入れた。 だから、日本のアンダーグラウンドで感染が広がっていても何ら驚きではないのだ。 春節の時期に日本に入った中国人の感染者が、風俗嬢と関わっていないことを私たちは祈ろう。 () 2019年12月配信分• 「捨て石」の概念を見直せ。 2019年の総括と、2020年のこと。 相場の動きは読まない。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の