ツールド フランス。 今さら聞けないツール・ド・フランスの基礎知識 30億人が熱狂する一大イベントとは?

今さら聞けないツール・ド・フランスの基礎知識 30億人が熱狂する一大イベントとは?

ツールド フランス

詳細は「」を参照 2002年には誌の年間最優秀スポーツマン Sportsman of the Year に輝き、2002年・2003年の年間最優秀男性アスリート、2003年・2004年のの最優秀男性アスリート、2003年の年間最優秀スポーツ選手賞海外選手部門の各賞を受賞しているがこれもドーピングで獲得したタイトル 4回のツールドフランスの優勝を評価されたこと による結果の受賞である。 2005年の終了後に一度競技活動を引退し、財団の財団長としてガン撲滅研究を進める一方、の株主として、新型モデルの開発などに関わっていたが、2009年のツアーダウンアンダーから現役に復帰。 また、U-23の若手育成を目的としたチーム「TREK-Livestrong U-23」を創設、自らオーナーを務めた。 、2度目の現役引退表明が彼自身により発表された。 しかしながら、これはへの参加を控えるという趣旨であり、後述するように、その後はやを利用したレースに活動の場を移した。 、 () USADA により、の7連覇を含む1998年8月1日以降の全タイトルの剥奪とトライアスロンをも含む自転車競技からのの処分を科された。 10月10日にはUSADAがドーピングの調査報告書を公表した。 これを受け、 UCI は10月22日、 CAS には上訴せず、USADAの裁定を受け入れる事を発表 、での7年連続総合優勝(1999年から2005年)を含む1998年8月1日以降の全てのタイトルの剥奪が確定した。 、テレビ番組の収録において自らドーピングを認めた。 経歴 [ ] 生い立ち、プロデビューまで [ ] ランスの誕生時、父親はおらず、彼は母によって育てられた(母の自立の精神は、自分にも強い影響を与えたと彼自身しばしば言及している)。 3歳の時、母のにより現在の姓であるアームストロングを名乗ることになった。 しかし継父との関係は良好とはいかなかった。 子どものころはが人気だったが、自分にはその才能がないと悟ったランスは水泳、そして母が多忙なため送り迎えが出来ず、ジムとの行き帰りに使用していた自転車、それらを複合させたトライアスロンを最終的に始めることとなる。 その身体能力は非常に高く、12歳のときから一般カテゴリーに参戦していたほどであり、16歳でプロに転向。 1987 - 88年は19歳以下のトライアスリートのランキング1位に輝き、1989 - 90年にはアメリカ選手権の部門で2連覇を果たした。 この後ほどなくして自転車競技に専念することを決め、アマチュアサイクリストとしてのアメリカ合衆国チャンピオンとなったほか、のでも14位に食い込んだ。 ちなみにこの時金メダルを獲得したのがである。 競技生活前半 [ ] これらの実績をひっさげてにプロに転向。 翌、アメリカチャンピオンになりツールドフランスを迎えた。 第8ステージで、ラウル・アルカラらと数人での逃げを決め、ゴールスプリントで区間優勝。 数日後に監督の指令によりリタイアしたものの、プロ転向2年目にして早くもでの勝利を収め、大器の片鱗をのぞかせた。 そして、同年で行われたのロードレース種目では単独の逃げを決め、、、といった並み居る強豪を抑えて優勝。 21歳 で世界選手権という大舞台を制した快挙により、一躍世間から注目を浴びるようになる。 ちなみにこの年のアマチュア部門のロードレースの優勝が後に好敵手となるである。 は前年2位に入っていたで優勝したほか、でも優勝。 クラシックスペシャリストとしての地位を高めた後、へ出場。 途中チームメイトのをレース中の事故で失うという悲劇に見舞われながらも、その3日後にファビオが一番取りたいと語っていたリモージュステージにて優勝を遂げた。 そして翌もツアー・デュポン連覇をはじめ、総合2位、優勝などの好成績をおさめ、一時は世界ランク1位を記録するなど成功は続いた。 しかしシーズン中盤以降はを途中棄権したほか、でも12位と期待はずれの結果に終わるなど目立った活躍ができなかった。 精巣腫瘍には化学療法を施すのが一般的だが、治療薬のには肺毒性があり、を引き起こすなど、心肺機能を低減してしまう副作用があるため、プロの自転車選手として復帰することは不可能になると判断したランスはこれを拒否。 結局医学部で心肺機能へのダメージは少ないが、より過酷な化学療法を施し、さらに脳の浸潤部を切除することとなった。 その後、幸運にも治療は成功し、小康状態となったという診断を受けてトレーニングを再開。 しかし所属していたからは、再起不能とみなされて事務的に解雇された。 競技生活後半 [ ] その後もリハビリとトレーニングを続け、デビュー時に所属していたが、に解散したのに伴い、新たに結成されたと契約し、翌年にプロとして復帰。 初戦となったで以前のように動かない自分の体に苛立ち途中リタイア、一時はそのまま自転車人生もリタイアしかかる。 妻やらの説得により全米選手権をラストランとすることにしたが、そこで好成績をあげた事で本人のやる気も復活し、同年ので総合4位、世界選手権タイムトライアル、同ロードレースでもそれぞれ4位に入り、復活をアピールした。 山岳ステージの厳しさではを上回るとされる同レースで上位入賞を果たしたことにより、彼はステージレースを戦い抜く自信を持ったといわれている。 ただし、1998年8月以降の成績はその後ドーピングによるものとして剥奪されているため、この年のブエルタ以降の成績は現在では無効である。 、を総合8位(ステージ1勝)で終え、好調のままツール・ド・フランスに出場したランスはプロローグステージの個人で優勝。 そのままステージ4勝をあげて総合2位のに7分以上の差をつけて圧勝。 ツール・ド・フランス7連覇へ第一歩を記した。 も最大のライバルとみなされていたに6分以上の差をつけてツール・ド・フランス2連覇。 さらにでは個人タイムトライアルで銅メダルを獲得した。 また同年5月には癌との闘いと復活を綴った『It's Not About the Bike(日本語題:ただマイヨ・ジョーヌのためでなく)』を出版。 アメリカをはじめ各国でベストセラーとなった。 はで総合優勝。 ツール・ド・フランスでは第8ステージで大逃げが決まり、一時は総合で35分差をつけられたが、逆転して3連覇を達成。 続くもで総合優勝を達成し、ツール・ド・フランス4連覇も果たした。 もを連覇し、に並ぶ5連覇の期待がかかるなかでツール・ド・フランスに出場。 しかしこの年はヤン・ウルリッヒが絶好調で、第12ステージの個人タイムトライアルでは補給ミスからのに襲われ1分以上もタイムを詰められてしまう。 さらに次の第13ステージではウルリッヒのアタックにランスが付いていけずに遅れるという事態が発生。 こそ守ったものの、第14ステージ終了時点で両者の差は15秒、さらに3位のとも18秒差というかつてない危機をランスは迎えることになった。 そして次の第15ステージでウルリッヒたちとアタック合戦を繰り広げていたゴール手前9. 5km地点で、ランスのハンドルに沿道の観客の持っていた袋が絡み付いて落車してしまう。 ウルリッヒをはじめとする集団はにのっとり落車したランスを待った。 レースに復帰したランスは待っていた集団に追い付いたあと、そのままアタックを決め、そのままウルリッヒらを置き去りにする。 先頭を走っていたをも追い越しステージ優勝を飾り、ウルリッヒに40秒差をつけることに成功。 個人タイムトライアルの第19ステージでは雨の中必死に走るウルリッヒがロータリーで落車しタイム差を離し勝負が決まった。 第20ステージはこの差を守りきって5連覇を達成した。 また、この年にと契約し、LIVESTRONGプロジェクトとして、黄色のを発売し、その売上げを癌患者の支援にあてる運動を始めた。 は、天候不順や落車でライバルたちが次々脱落していくなか手堅くタイムを刻んでいき、後半の山岳ステージで勝利を量産。 チームタイムトライアルでの1勝を含む5勝をあげて見事総合優勝を果たし、インデュラインを超える6連覇を達成した。 そして4月、同年のツール・ド・フランスを最後に現役を引退することを発表。 危なげないレース運びで見事7度目の総合優勝を獲得し、これを花道にいったん現役を退いた。 現役復帰 [ ] その後、社のアドバイザーを務めたり、の一環でに参加するなどしていたが、9月に現役復帰することを表明。 「家族や親しい友人と話した結果、の苦しみに対する世界の人々の意識を高めるため、プロとしての自転車競技への復帰を決めたことを、喜んで発表する」というコメントを発表し、にへの加入が正式に発表された。 1月、に出場して現役復帰を果たした。 同年5月にはに初出場。 しかし、3月に出場したスペインのレース、で落車しをした影響か序盤は調子が上がらず、第5ステージで大きく遅れて争いから脱落。 その後はチームのエースであるのアシストに徹する形となり、自身は総合12位となった。 なお、落車した時の集団復帰には、エースのライプハイマーがパンクした時の倍近い人数のアシストたちが集団から下りてきてサポートしていた。 2009年7月にはに4年ぶりに出場。 第4ステージのチームタイムトライアルでは通算25勝目となるステージ優勝を飾り、と並ぶ歴代3位タイとなった。 その後は総合優勝したチームメイトののアシストを努め、やらライバル達を徹底マーク。 全盛期のような勢いは無かったものの、安定した走りを見せ、4年のブランクがあったことを考えると驚異的な走りで総合3位に入った。 なお、通算8度目の表彰台(1位7回-3位1回)は(1位0回-2位3回-3位5回)と並んで史上最多となった。 また、ツール・ド・フランスの期間中にはをメインスポンサーとする新チームの設立を発表し、2010年のツール・ド・フランスにこのチームから出場することを表明した。 2009年の10月には、を製造する社と3年間の個人契約を結んだと報じられた。 同社の低カロリー飲料「ミケロブ・ウルトラ」の広告に出演する予定だという。 、自ら立ち上げたから出場したで総合2位に入るが、では全盛期と違って序盤から何度か落車に巻き込まれ、その際に受けたダメージもあってか山岳ステージの第8ステージで大きく後退。 最終的には優勝したコンタドールから39分20秒遅れの23位となり、衰えを隠せなかった。 1月のを最後に再び第一線から引退した。 エクステラ参戦 [ ] その後、ランスは(を利用した版)への参戦を表明し、引き続きTREK社のバイクを用いて 、アメリカチャンピオンシップで5位となった。 2011年10月23日、・のカパルア地区で開催されたエクステラ世界選手権大会に参戦。 を5位で通過。 上位入賞が期待されたものの、バイクコースの終盤で落車し、頭部を強打してしまう。 一時はの危機に瀕するものの、無事に完走し、675人中の23位でゴールした。 ゴール後のインタビューでは「もう少しスイムの練習をして来年戻って来る」と、今後のエクステラ競技の続行を明言した。 トライアスロン復帰 [ ] 「アームストロングが大会に参戦する」という情報は、ロードレースに復帰したからネット上で散見されていた が、実際の出場には至らなかった。 しかし、、アームストロングはにて、 ()への参加を宣言。 世界中で2,800万人を数える癌患者へ応援メッセージを送り、世界中の人々に癌への関心を高めてもらうことを今回の参戦の目的だと表明した。 同時に、トライアスロン大会においても、社のを使用することが明らかにされた。 アームストロングは、復帰第一戦として同月12日にで行われたアイアンマン・パナマ70. 3に出場。 これは1. 8 km・バイク90km・ラン21kmの合計70. 3マイルで争われる大会であった。 スイムは1位から34秒遅れの10位でクリア、バイクでは5秒遅れの2時間46分17秒、2位でクリア。 バイクラップ自体は1位の ()がアームストロングを約15秒上回る結果となった。 ランの途中で遂に1位となり、クリスを1分以上引き離して首位に出たが、バイク4位から追い上げた ()(・銀メダリスト、・銅メダリスト)に終盤で抜かれ、優勝は逃した。 しかし、2位でゴールできたことや、との再会、そしてパナマ市民の声援に感謝を示した。 また、今後は、にので開催される世界選手権を目指すことも明らかになっている。 なお、アイアンマン大会のプロカテゴリーで世界選手権に出場するには、世界各地での大会を転戦して複数のポイントを獲得し、ランキング50位以内になる必要がある。 このため、アームストロングは、2012年だけで、のアイアンマン70. 3アメリカ選手権・、のアイアンマン70. 3、のアイアンマン70. 3ハワイ、のアイアンマン・フランス()に出場する予定である。 に行われたアイアンマン70. 3アメリカ選手権では、地元であるテキサスでの開催ということもあり、優勝への期待が高かったが、呆然としながら7位でゴールするという結果に終わった。 ゴール時には、自身の愛娘がゲート付近で祝福しようと待ち受けていたが、アームストロングはそれに気づかず、通り過ぎるという一幕もあった。 しかしながらに行われたアイアンマン70. 3フロリダでは、スイムラップこそ3着であったものの、バイクで他の選手に10分以上の差をつける強さを見せ、優勝した。 さらには、で6月2日に開催された「アイアンマン70. 3ハワイ」では、3時間50分55秒で、フロリダに続き優勝した。 特にバイクで圧倒的な強さを見せ、総合タイムでも2位の選手を3分近く引き離す独走を見せた。 ドーピング疑惑と処分 [ ]• 2012年8月24日、全米アンチドーピング機関(USADA)は以降の記録を全て抹消し、アームストロングに対し、「永久追放」宣告を行う。 10月22日、(UCI)は(CAS)には上訴せず、USADAの裁定を受け入れる事を発表 、1998年8月1日以降の全タイトルの剥奪が確定。 2013年1月17日、14日に収録されたインタヴューが放送され、アームストロング本人がドーピングを認めた。 詳細は「」を参照 ドーピング裁定の後 [ ] ドーピング問題でアームストロングは渦中の人となり、アイアンマン・フランス出場を目前に控えていながら、撤退を余儀なくされてしまう。 このため、その後は地方の小規模な大会に戦いの場を移した。 USADAによる裁定の翌日にあたる2012年、アスペン-スノーマスで行われたマウンテンバイクの大会に出場した。 また、同年には、のコロナドで開催されたスーパーフロッグ・トライアスロン大会に参戦。 スイム1. 93 km・バイク90km・ラン21. 09kmを3時間49分45秒のコース新記録で優勝した。 2013年1月に自ら過去のドーピングを認めた後、アームストロングは、競泳大会(4月5 - 7日・テキサス州オースティン)に出場する動きを見せたが、最終的に出場を取りやめた。 アームストロングは40 - 44歳の部の自由形3種目にエントリーしたが、が素早く反応し、4日に米国のマスターズ競泳大会を統括する団体に対し「この大会は WADA 傘下である」との文書を送付し、出場を認めないよう求めた。 また、アームストロングはに1. 7(約6,900m 2)の広大な自宅を所有していたが、同年四月に会社経営者に売却したと伝えられた。 しかしながらアームストロングは、自宅を売り払った後も引き続きオースティンに住む意向を示しているという。 2013年12月に、トライアスロン選手のクリス・マコーマックから1対1でのトライアスロンレースを申し込まれ、「本気なら電話をくれ」とtwitter上で公開返信した。 人物 [ ] 自らの著書でも語っているが、少年期から20代前半までの時期には、周囲との衝突を繰り返したり、レースにおける無謀なアタックをたびたび仕掛けたりと攻撃的で負けず嫌いな性格だった。 例としては、プロデビュー直後に出場したにおいて、アームストロングの名前を別のアメリカ人選手(アンディ・ビショップ)と混同して声をかけたに対してわざと別の名前()で呼び返し、「くそったれ、俺の名前はアームストロングだ。 このレースが終わるころには、俺の名前を知ることになるさ」と暴言を吐いた事件があげられる。 アルゼンティンは世界選手権を制した経験を持っており、アームストロングの発言は通常では考えられないものであった。 後日、アルゼンティンとは和解している。 しかし、癌の闘いとその克服、レースへの復帰、そしてツール・ド・フランス連覇を経験していく中で、彼は精神的にも大きく成長し、選手生活の晩年は、無茶なアタックをすることもなく、計算し尽くされた老練な戦略の下、集団内でライバルの様子をうかがいながら走るクレバーなタイプの選手となっていた。 プロとしての紳士的な一面も持っている。 の第13ステージでは、カーブを曲がりきれず草むらの中へ突っ込んだウルリッヒを、ランスはスピードを緩めて合流するまで待った。 の第15ステージでランスが落車した際に、今度は逆にウルリッヒがランスの合流を待っている。 これは2001年のことがあったからだとされている。 ともすれば「つまらない走り」と評されることも多かったが、2002年は2日続けての頂上ゴール制覇や2003年の第15ステージのアタック、2004年には山岳だけで4勝を含む6勝(TT、チームTT含む)をはじめとして山岳ステージではたびたび激しいアタックを見せた。 またでに僅差で敗れた際に「(ドーピング騒動からの復帰に)敬意を表して最後は手を抜いたんだ」と発言してパンターニを激怒させたり (著書では「先に行けよ」と慣れないイタリア語で声をかけたが、「のろま! 」と聞かれてしまった。 とも書かれている)、2004年のツール・ド・フランスの第12ステージで、死の今際にいる母のためにツール・ド・フランスでの初勝利を渇望していたとになったとき勝利を譲って、王者の貫禄を見せたかと思いきや、次の第13ステージで再び一騎討ちになった時は容赦なくスプリントしてステージ優勝したり、ドーピングを自白しランスの薬物使用を示唆したフィリッポ・シメオーニのアタックを大差の付いた状態にもかかわらず即座に潰しに掛かるなど、かつての攻撃的な性格の一端を垣間見ることが出来るエピソードは多い。 一番大切な人は母だと語っており、「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」の中でも「母は自分のために献身的になんでもしてくれた」と感謝を表す文が何度も登場する。 また、最大のライバルとして何度も優勝争いを演じたウルリッヒについても、引退後に「選手として本当に大好きだった」と愛の告白に近い賞賛さえ贈っている。 エピソード [ ] ツール・ド・フランスに関するもの [ ]• 2003年の第15ステージで転倒した時、実はフレームが破損しており、レース復帰直後にペダルを踏み外してもう一度転倒しそうになったのもそれが原因だった(ペダルを踏み外した瞬間にフレームが通常ではありえない曲がり方をしているのが映像で確認できる)。 2004年の第17ステージではアシストを務めたとともにライバルのを封じ込め、決死のアタックをかけたをスプリントで差して5勝目を挙げたが、その後の「(4勝もしているのだから)勝利を譲ってもよかったのでは? 」という質問に「考えてもいない("No gifts, no gifts this year. ")」と言い切った。 これは、前述したパンターニとの一件をふまえてのものと考えられる。 2005年については、その前に引退する気持ちもあったが、メインスポンサーがUSポスタルから大手CS放送チャンネルのに変わり、スポンサーの意向もあって出場することを決めたと語っている。 復帰した2009年のツール・ド・フランス終了後「確実に(と)緊張関係があった」と発言、コンタドールも同時期に同じ発言をしていた。 その他 [ ]• トライアスロン選手時代は自転車だけでなく水泳に関しても非凡な才能を発揮し、1500m自由形ではナショナルチームに入る一歩手前だった。 元々出身のため、プロデビュー当時は自転車競技に疎かったらしく、所属していたモトローラ・チームに供給されていた自転車のロゴを指して「エディ・マークス(の英語読み)って誰だい? プロに転向して初めてのレースは1992年のクラシカ・サンセバスティアンだったが、他の選手より大幅な遅れをとり、大会関係車両にクラクションであおられて棄権するよう指示を受けながら、最下位でゴールするという惨めなデビューだった。 しかし、翌年の同時期のチューリヒ選手権では2位に入っている(優勝はその後チームメイトとなるVエキモフ)。 一見のような細身の体型をしているが、プロデビュー時はまるで正反対の、がっしりした筋肉質な体型だった。 これはトライアスロン選手の名残で、泳ぐのには必要だが自転車では余り必要の無い筋肉が残っていたためである。 またなぜそこまで体型が変化したのかについての理由は、闘病生活中の化学療法の副作用で筋肉が全て落ちてしまったためと著書で説明されている。 現役時代の安静時心拍数は31 - 33といわれる。 )、生存への希望を保ってもらう目的でウソを言ったと告白された。 ツール連覇を続けていた2004年には、映画『』で、でのを果たしている。 癌撲滅チャリティーの為に出場した2006年のではほぼイーブンペースを保って、856位でゴール。 2時間59分35秒の好タイムで、3時間を切るという目標を果たしたが、レース後に足の痛みを訴え検査したところ、それまでのトレーニングのせいで右脛骨が疲労骨折しており、そのまま参加、完走していたことが発覚した。 2009年シーズンに自転車競技に復帰すると発表があった際、記者団の「3年間何をしていたんですか? 」という質問に対し「ソファーで横になってビールを飲んでいた」と笑顔で答えた。 実際にはTREKでの仕事や、マラソン他チャリティーへの参加はしていたので、ずっとそういう生活ではなかったはずではあるが、今まで無かった茶目っ気を見せた瞬間でもあった。 この発言の頃から決まっていたのかは不明だが、後に個人スポンサーとしてビール会社と契約することとなった。 2009年シーズン序盤、ブエルタ・ア・カスティーリャ・イ・レオンの落車により復帰後初のを喫したが、その痛みのためにモチベーションが全く上がらず、ツールを前にして復帰をあきらめようとしかかった。 しかし、監督であるブリュイネールに説得され、残りのレースへの出場を決意した。 2009年シーズン、表向きはLivestrong ProjectのPRのためボランティアで走るということで、アスタナからは給料を受け取らずに走っていたが、出場した各レースプロデューサーから、レースのPR報酬として1億円近い金額を受け取っていたことを明らかにしている(実際に、ランス初登場となったジロ・デ・イタリアは、観客増員や視聴率が跳ね上がった)。 社会活動家としての顔も持ち、ランス・アームストロング基金やのLIVESTRONGを設立し、癌患者と生存者の支援や教育活動を実施している。 2007年に「30億ドル(2468億円)を癌の研究や予防プログラムに充てて、テキサス州を癌研究のリーダーにする」という条例案Proposition15がテキサス州議会で可決されたが、これはアームストロングの功績が大きかった。 医療格差の大きい米国の制度改革の提唱者としても知られており、一時期は政治家に転身するのではと噂されたこともある。 LIVESTRONGは、2012年2月、を値上げしてその収益を癌研究に充当するというカリフォルニア州条例案Proposition29(住民投票事項29)の運動に、1500万ドル 12億3400万円 を寄付した。 これに関し「現在のに1ドルをプラスすることにより、多くの人の命が救われ、喫煙者を減少できる」とアームストロングはコメントしている。 家族 [ ] 精巣腫瘍にかかったため、癌からの復帰後に凍結保存精子を用いたによって、妻との間に男の子を、2年後には双子の女児を授かった。 しかし、夫妻は5年間の結婚生活の後、2003年に離婚。 2005年9月には歌手と婚約したが、2006年2月に婚約を解消したことを発表した。 2008年には女優と結婚間近と思われたが、破局。 その後2008年12月、交際中の一般女性が自然妊娠したことを発表。 翌2009年6月に男の子を授かり、合わせて4人の子の父親となった。 機材 [ ] 現役時代、機材に対しては、多くのプロ選手と同じく保守的な面を見せていた。 ペダルについては、ペダルをが購入して開発したPD-7401 を2001年まで愛用していたが、既に廃版となっていたため、チームのメカニックは在庫が残っていないか、アメリカ中の小売店に電話をかけて探したという。 さらには、シマノから派遣されていたメカニックが個人的に持っていたペダルを譲り受けてまで、同モデルを使い続けたというエピソードが残っている。 2002年からはそれを愛用するようになった。 ちなみに、このペダルの開発コードネームは「PDランス」。 名前から分かるとおり、本来はランス専用モデルだった(SPD-SLはルック・タイプを元にしており、従来型のSPD-Rとは全く異なるビンディングの構造を持っていることからもそれが分かる)。 ただ復帰時には、メインコンポネートがSRAMに切り替わってしまった事もあり、PD-7750の後継機であるPD-7810をチョイス出来ないランスは、本家LOOK製のkeo blade carbonに変更した。 サドルはサンマルコ社の定番モデルであるコンコール・ライトを愛用している。 アームストロングが使用するのは特に、サドル上面に刺繍のないモデルであり、年々登場する新モデルを使用することはなかった。 ハンドル・バーのクランプ径は近年登場した31. 8mmのオーバーサイズではなく、旧来の26. 0mmのものを、タイヤはユッチンソンの廃盤モデルであるOROを使い続けていた。 ディスカバリーチャンネル所属時にチームが使用していたコンポーネントは、シマノの。 シマノはランスが選手時代から機材を供給しており、シマノ製品でを制したのは、ランスが初めてだった(ランスが引退した後、残った選手の多数とブリュイネール監督が合流したは、引き続き社のバイクを使用しているが、コンポーネントはに切り替えた)。 ただアスタナから離れレディオシャックとなった後もシマノには戻さずSRAMのままである。 山岳ステージでは、の左側をブレーキレバーに交換し、フロントディレイラーの変速には、ダウンチューブに装着した伝統的なシフター()を使って変速していた。 こうしたセッティングは主に軽量化が目的とされ、ランス以外の選手でも行うケースがあったが、機材の最低重量がUCI規定で決まっており(6. 8 kg)、当時は既にSTIレバーを両方装着しても、最低重量に近い自転車を準備出来た。 上記に関連するが、が、ランスの現役時には、Wレバーに対応した最上級モデルのバイクを出荷していたが、2007年からは対応しなくなっており、影響の大きさをうかがい知る事が出来る。 また、エクステラ参戦時にはトレック・コレクション29erMTB「スーパーフライ」を使用した。 主な成績 [ ]• 総合優勝• ・アマ個人ロードレース 優勝• ブエルタ・ア・リベラ 総合優勝• フィッツバーグ・ロンショ・クラシック 総合優勝• GPマロスティカ 優勝• 選手権・個人ロードレース 優勝• 区間1勝 第8• ウェスト・ヴァージニア・クラシック 総合優勝• スリフト・ドラッグ・クラシック 優勝• スリフト・ドラッグ・クラシック 優勝• 区間1勝 第18• 区間1勝 第5• ウェスト・ヴァージニア・クラシック 総合優勝• 総合優勝• ツアー・デュポン 総合優勝• パリ〜ニース 総合2位• 総合優勝• カスケード・クラシック 総合優勝• ラインラント=ファルツ・ルントファールト 総合優勝• エクステラ世界選手権 23位• 総合4位• 総合優勝、区間4勝 プロローグ、第1、8、9、19• 区間1勝 プロローグ• 総合優勝、区間1勝 第19• ドーフィネ・リベレ 区間1勝 第3• 総合優勝、区間4勝 第10、11、13、18• 総合優勝、区間2勝 第1、8• アムステルゴールドレース 2位• 総合優勝、区間4勝 プロローグ、第11、12、19• 総合優勝、区間1勝 第6• 総合優勝• ドーフィネ・リベレ 総合優勝、区間1勝 第3• 総合優勝• ドーフィネ・リベレ ポイント賞• 総合3位、TTT1勝 第4• 総合12位• 総合2位• 総合3位 脚注 [ ]• 2012年1月21日, at the. com 10月22日付 (英語)• [ ] - 2013年1月18日配信• 史上最年少での優勝とされることがあるが、史上最年少での優勝はのの20歳46日で、ランスは史上3番目の年少記録での優勝である。 2012年5月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年2月13日閲覧。 - cyclingnews. com 8月24日付 (英語)• - 毎日新聞 2012年08月25日付• - cyclingnews. com 2012年10月22日付 (英語)• - CYCLINGTIME. com 2013年1月18日付• 2013年4月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月11日閲覧。 土肥志穂『ツール・ド・フランス完全ガイド』(、2007年)p. パテント品であるためか、デュラエース系の7000番台がついていながら、同シリーズではない。 参考文献 [ ]• ランス・アームストロング(安次嶺佳子 訳)『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』 、講談社、2000年8月25日初版• ランス・アームストロング、サリー・ジェンキンス(曽田和子 訳(『毎秒が生きるチャンス! 』 、学習研究社、2004年9月29日• 原題 Every Second Counts (一瞬一瞬が大事) , Broadway Books 2003. 山口和幸『シマノ 世界を制した自転車パーツ』光文社、2003年 関連項目 [ ]• - アームストロングの栄光と転落の人生を映画化した作品。 がアームストロングを演じた。 外部リンク [ ]• - サイクリングアーカイヴス (英語).

次の

ツール・ド・フランスが7月4日からバーチャルで! ZWIFTで男女のレースを開催

ツールド フランス

<主な製品特徴> 【ツールドフランスの国で作られる、ハンドメイドで描かれたミニチュアの自転車選手】 この小さなサイクリストのミニチュアは、ダイキャストの模型に手作業でペイントされた伝統的なものです。 フランスなどでは昔から、こういった自転車選手のミニチュアが玩具店などに並べられ、自転車ロードレースを愛するサイクリスト達に親しまれてきました。 the model cyclist と名付けられたこのフィギュアは2014年、ツールドフランスがヨークシャーでグランデパール(大会の第1日目のこと)を迎えたことから、当地の小さな雑貨店においてお土産物として販売され始めました。 それ以来、 the model cyclist はヨークシャーの雑貨店を訪れた人だけでなく、ヨーロッパ中の多くのサイクリストに愛されています。 【Wednesday Bicycle Happy!! オリジナルの別注モデル。 発売以来大好評を頂いています。 いずれもサイクルロードレースファンにとって特別な意味を持つ美しいジャージをモチーフにしたthe model cyclist は、Wednesday Bicycle Happy!! でしか買うことのできないスペシャルなモデルです。 そして、 そのラインナップに新たに4種類のデザインが加わります。 いずれもプロトン(自転車レースで形成される選手の集団)内で特別な意味を持つジャージをモチーフにしており、多くのサイクリストに愛されるデザインです。 【GREEN JERSEY】 GREEN JERSEY はツールドフランスのポイント賞、マイヨヴェールがモチーフ。 ツールのポイント賞は最強のスプリンターの証です。 グリーンのジャージを全身に誇らしげに纏う姿は、まさに最強のイメージですね。 【WHITE JERSEY】 WHITE JERSEY はツールドフランスの新人賞、マイヨブランがモチーフです。 新たな世代のヒーローが生まれるツールの新人賞は、世界中のサイクリストが大注目するジャージ。 まっさらな白いジャージは輝かしい未来の象徴です。 【RED JERSEY】 RED JERSEY はスペインで行われるグランツール(ツールドフランスのように3週間で争われるステージレース)、 ブエルタアエスパーニャの総合優勝者に贈られる真っ赤なジャージ、マイヨロホがモチーフ。 厳しい山岳コースが多いブエルタを勝つのは、3週間に渡って上りで強かった選手です。 情熱の国を象徴する深い赤が、夏のスペインを想像させます。 【EUROPEAN JERSEY】 EUROPEAN JERSEY はヨーロッパ選手権の優勝者に与えられるヨーロッパチャンピオンジャージがモチーフ。 自転車ロードレースの本場でそれぞれの国の威信を背負うなか争われるレースで、最も強かった選手を称える名誉あるジャージです。 EUの旗と同じく青地に金色の星が描かれる、ヨーロッパを代表するシンボルです。

次の

ツール・ド・フランスの賞金額は20年変わってない/ランス・アームストロングが語ったツールの賞金事情

ツールド フランス

間食で甘めのパンとか甘めのカフェオレとか飲んでますけれども。 世界で一番有名な自転車ロードレースである ツールドフランス。 (日本ではあまりなじみが無いんですけれども・・・!) このレースに出場する選手達の1日に食べるご飯、その量を知った時私熊ノ助は、 「こぎゃん食べても全然太らんとたいっ!!羨ましいかーー!!」(訳:こんなに食べても太らないなんて羨ましいなぁ) と思いました。 そうです、食べてる食事の量がハンパなかったんです!! なので今回は、 ツールドフランスに出場する選手達の食事の量 について話していきたいと思います! いや、ほんとにすごい量でした・・・! 目次• ツールドフランス出場選手はこんなに食べる! ツールドフランスに出場する選手達は1日に、 8000kcalものエネルギーを摂取します・・・!!実はこれ本当にすごい量で、日本人の男性平均摂取カロリーは約2500calと言われています。 約3日分の食事を、選手達はたった1日で摂取しているのです。 その8000kcalの中には、レース中に摂取するエネルギー、基礎代謝に関するエネルギー、回復に必要なエネルギーなどが含まれます。 ツールドフランスは約21日間もの間行なわれて、選手達は1日に約170kmもの距離を走り切ります。 なのでそれを走りきるエネルギーとしてそのくらいのカロリーを摂取しておかないといけないのです。 レース中にこんなのを食べている! ツールドフランスに出場する選手達は、レース中に ロードバイクに乗りながら食事を取ります。 「ど、どゆこと!?」と思われるかもしれませんが、その通りです・・・! 別にロードバイク上でパスタや定食を食べるわけではなく、運転しながらでも食べられる物を食べています。 これらは 補給食と呼ばれています。 これが選手達がレース中に食べている補給食の例です。 甘いジャム入りパニーニ・・・イタリアのサンドイッチです。 丸いパンの中にいろんなジャムや具材を挟める、ロードレーサーに人気の補給食です。 バナナ・・・言わずと知れたあのバナナ。 消化吸収が良くて、すぐにエネルギーに変換されるんです。 エネルギーバー・・・日本でも人気のソイジョイみたいな補給食です。 エネルギーだけでなく、ビタミンミネラルなどもバランスよく入っています。 エネルギージェル・・・ジェル状の補給食です。 ゼリーみたいな食感なので、短い時間で補給完了です。 ライスケーキ・・・日本でも有名な「ポン菓子」を固めたような補給食です。 好みの味をトッピングできます。 などです。 補給食以外にも飲み物も専用のものを飲んでいます。 炭酸が抜けたコーラ・・・マラソンランナーがよくレース中に飲むやつです。 炭酸が抜けて飲みやすいし、甘いのでエネルギーチャージにはもってこいです!• その他のエネルギードリンク・・・選手に応じてスタッフが作ってくれるドリンク。 水分補給用の水・・・水分補給だけでなく、頭からかけて上がり過ぎた体温を下げます。 これらの飲み物を選手達は1時間に2・3本も消費します。 レースが大体4時間から5時間なので 1回のレースで2000kcal 以上のエネルギーを消費します。 これらを体内に常にチャージしておかなければならないので、選手達はレース中定期的にこれらを摂取しなければなりません。 ツールドフランスに出場する選手達は、それぞれ体質や体型が違います。 なのでその選手に合わせた物をスタッフが準備してくれるのです。 なので「 自転車ロードレーサーの強さは胃腸の強さ」とよく言われます。 消化器系が強くないと、自転車ロードレースはおろかツールドフランスで完走する事なんて出来ないのです。 それくらい過酷なんですね・・・。 ちなみにレース中の食事の量に関して制限はないそうですが、ゴール前数キロからはサポートカーから補給食やボトルを渡されることは禁止されています。 ちなみに胃腸の強さだけ見れば、熊ノ助はツールドフランス級の物を持っているのではないか・・!?と思う事がたまにあります。 しかし摂取カロリーは、消費されることなくお腹周りにチャージされ続けています笑 スポンサーリンク レース前後も凄い量を食べる! レース中ロードバイクに乗りながら補給するという事はお話ししました。 でもそれだけではありません。 選手達は レース前後も結構な量の食事を取ります。 まずレース前ですが、これだけのものを食べます。 ~ 1. 朝食~• パスタ100g• オムレツ• オートミール• サンドウィッチ• コーヒー• フルーツジュース• ヨーグルト ~ 2. レース前~• ナッツ• エネルギーバー• エネルギージェル• 果物 次はレース後の食事です。 ~ 3. レース後~• スムージー• 良質なたんぱく質(鶏肉など)• コーヒー ~ 4. 夕食~• パスタ200g• 良質なたんぱく質(牛肉・鶏肉)• ヨーグルト• フルーツジュース• コーヒー ~ 5. 寝る前~• ナッツ• フルーツ• ヨーグルト な、なぬっ!!!凄い量ですよね・・! もう、朝・朝・昼・昼・おやつ・おやつ・夜・夜みたいな感じで、終始何かを食べている感じです! エネルギーチャージ、 疲労回復、 ダメージを受けた筋肉の修復、これくらい食べないと、1日150キロ以上を21日間も走れないんですね・・・。 今回挙げたのは一例ですが、これは選手によって内容も量もかなり違ってきます。 意外にコーヒーが多いのは、やっぱり選手達が欧米の方々が多いせいでしょうか笑。 おそらく精神をリラックスさせてくれるのでしょう・・・。 次は選手を食事面で支えるスタッフのお話です。 スタッフによるサポートがカギ! これだけの量の食事、さすがに選手だけで準備はできません。 優秀なチームスタッフがサポートしてくれています。 食事だけでも、専属の栄養士・補給食を準備するスタッフ・優秀なシェフ達が毎日栄養のバランスを考えてレース中選手達が 最高のパフォーマンスが出来るようにサポートしています。 その中でこんな動画があります。 『EAT. RACE. WIN. 』~食べて 走って 勝って~レースに勝つための食事~ これはツールドフランス出場チームであるミッチェルトン・スコットの専属シェフのドキュメンタリー動画です。 このドキュメンタリーの主人公は選手ではなくシェフのハンナ・グラントさんです。 彼女は選手に最高の食事を提供するために、酪農家・農家・漁師の元へ出向いています。 これを見ると、レースを走っているのは選手だけではなく、こういう裏方のスタッフ達も選手と一緒にツールドフランスを走っているんだな・・!と感心させられます。 こちらでフルバージョンを観る事が出来ます。 「」 最後はおすすめの補給食のお話を少し・・。 パニーニはおススメ補給食 ここで余談ですが、おすすめの補給食である「 パニーニ」を紹介したいと思います! 先ほど「レース中にこんなのを食べている!」のところで紹介したパニーニ。 手軽に食べる事が出来るイタリアンサンドウィッチです。 下の写真の美味しそうなパン。 これがパニーニなんです。 エネルギー補給はライドやレース時の最大の関心事の一つ。 コラム「つれづれイタリア~ノ」は簡単かつおいしい、イタリアのサンドイッチ「パニーニ」を使った補給食の作り方を紹介します。 日本全国で再現できるマルコ式パニーニのレシピも。 簡単な作り方を紹介したいと思います! (熊ノ助は・・今から作ってみたいと思います!笑) パニーニの作り方 ~ 材料~ ロールパン、クリームチーズ、ハム・鶏肉など、ジャム、フルーツ(バナナ・イチゴ) ~ 作り方~• まず手をしっかり洗い、アルコール等で除菌します。 ロールパンの上部をスライスして切り取ります。 中の柔らかい部分を取り出してクリームチーズを塗り込みます。 その中にお好みで、ハム・鶏肉、ジャムやフルーツを入れます。 特に夏場は避けた方がいいかもしれません! パニーニはなんだかおしゃれなカフェで食べるようなサンドウィッチです。 そうです、専用シュー ロードバイクに乗っていると、夏はもちろん水分補給は必須ですし、冬でも乾燥するので水分は取らな 毎年フランスで、7月に行なわれる世界最大級の自転車プロロードレース「ツールドフランス」。 約2 ロードバイク初心者がまず考える事、それは 「最初はどのくらいの距離を走ればいいんだろう 憧れのロードバイク。 でもロードバイクに限らずスポーツバイクって高額なものが多いですよね。 毎年7月にフランス国内で開催されるツールドフランス。 世界最大の自転車競技レースです。 その歴史 私はロードバイクに乗るのが趣味なのですが、長い距離を走っていると40キロを過ぎたあたりからと 毎年7月にフランスを中心に行われるツールドフランスは、世界最大級の自転車ロードレースです。 心 さぁ、やって参りましたツールドフランス2019! 今年はマイヨジョーヌ100年記念とい ロードバイクに乗っていると、特に春から秋にかけての季節ですが、かなりの量の汗をかきます・・! ななしさん、初めまして。 当ブログにきていただき、またコメントまでいただいてありがとうございます。 私の記事の書き方に問題がありましたね・・・・ 分かりづらい書き方で申し訳ありません。 ななしさんがコメントで書かれた通り、選手は1回のレースで約2000kcalものエネルギーを消費します。 「摂取する8000kcal」の中には、「レース中に摂取するエネルギー、基礎代謝に関するエネルギー、回復に必要なエネルギー」などが含まれるのです。 イメージ的にはこんな感じですね。 摂取する8000kcal= レース中に摂取するエネルギー+ 基礎代謝に関するエネルギー+ 回復に必要なエネルギー もちろん選手によって、食べるものによって、その日のコンディションや環境で変化はあります。 ご理解頂けましたでしょうか・・・? 管理人:熊ノ助 どうも皆様、我が「 熊ノ助の情報ブログ」に来ていただき、まことにありがとうございます。 管理人の 熊ノ助と申します。 このブログでは、趣味のロードバイクを中心に、地元熊本の色んな情報、生活に役立つことなどを発信しております。 以後、お見知りおきを!• 性別・ 年齢:男子40歳• 出身在住・在住:熊本県の北の方• 結婚:未婚• 仕事:サラリーマン&ブロガー• 家族:両親・弟・妹・柴犬(5才)• 趣味:ロードバイク・ラジオ・映画• 出身校:熊本学園大学• 好きな物:菓子パン• 嫌いな物:虫 ほぼほぼ興味はないと思われるのですが・・ もし仮に少し興味があって、お時間がある方だけで大丈夫なのですが、。 になっております。 人気記事• カテゴリー• 最近のコメント• に kumanosuke より• に ななし より• に kumanosuke より• に ぽんた より• に kumanosuke より• アーカイブ アーカイブ.

次の