フレッツ光 契約内容。 フレッツ光の契約内容を見直そう~無駄をなくして節約する方法を解説!

法人向けインターネット回線でフレッツ光がベストな6つの理由|オフィス向けネット回線の選び方

フレッツ光 契約内容

フレッツ光の契約内容の確認方法 電話orネットorメールからフレッツ光の契約内容を確認できます。 契約内容のどこをチェックする? 以下のチェックポイントに注意して、契約内容を確認して下さい。 契約期間が2年の定期契約プランに加入することにより、NTT東日本エリアにお住まいの人なら「」に、NTT西日本エリアの人なら「」に加入でき、それぞれ月額料金の割引が受けられます。 この「にねん割」や「光はじめ割」を適用させると、数年単位縛りの契約となります。 例えば、「にねん割」を適用させてから2年以内に解約すると、解約金がかかります。 その代りに毎月の月額料金が100円~1,290円お得になります。 もしまだ加入していないで、かつこれから2年以上継続してフレッツ光を利用するつもりなら、ぜひとも定期契約プランに加入しましょう。 フレッツ光には多くのオプションがありますが、契約中のオプションに次のようなものはありませんか? ・契約しているものの利用していないオプション ・キャッシュバックをもらう条件として加入したオプション 利用していないオプションは、解約して月額料金を節約することをおすすめします。 ただし、キャッシュバック条件として加入したオプションの場合は、キャッシュバック需給の条件となる加入期間が過ぎていることを確認してくださいね。 どのプロバイダを選択するかによって、料金は月額税抜700円、年間で税抜8,400円も変わります。 解約手数料がかからないタイミングを確認してから、より月額料金の安いプロバイダに変更して見ましょう。 フレッツ光のプロバイダの変更については、でも解説しています。 プロバイダのオプションもチェック プロバイダ自体は解約するつもりがなくても、 プロバイダのオプションを見直すことによって、月額料金を抑えることができる場合があります。 プロバイダのオプションとしても、サポートサービスやセキュリティサービス、ひかりTVサービスなどがありますが、まったく利用していないサービスは解約をおすすめします。 また、 これらのオプションがフレッツ光のオプションとダブってしまっていて、同じ内容のサービスを、フレッツ光とプロバイダの両方と契約していることもあります。 そのときは、お得で使いやすい方を残して、不要な方を解約して下さい。 フレッツ光の契約内容の変更方法 では、フレッツ光の契約変更方法について解説していきます。 フレッツ光の契約内容変更方法 NTT東日本・西日本それぞれの契約内容の変更方法は次の通り。 プロバイダの変更はプロバイダのサイトで プロバイダの解約・契約内容変更方法は、加入しているプロバイダによって異なります。 電話もしくは、契約内容を確認するマイページから行いましょう。 無駄をなくしてすっきり整理しよう 使ってもいないオプションや電話サービスに加入しているだけで、月に数千円、1年なら数万円も損をしていることもあります。 フレッツ光とプロバイダの契約内容を確認し、利用していないものはすっぱりと切り捨てて下さいね。

次の

フレッツ光が安くなる詐欺に注意!光回線の電話勧誘は全部断るべき|やさしくねっと.

フレッツ光 契約内容

でも嘘や詐欺まがいの勧誘はダメですよね。 ブロードバンドサポートはNTTグループではない ブロードバンドサポートやブロードバンドナビなどの会社はNTTの商品を売っていることはあってもNTTの関連会社ではないので注意してください。 ただNTT(及びKDDIなど)の商品、サービスを販売しているだけの会社です。 いきなり電話してくる会社はすべて無視して大丈夫です。 乗り換えて安くなるは本当? 光コラボの勧誘電話の多くは、フレッツ光からコラボ光に乗り換えることで値段が安くなる、という内容ですが 実際に安くなることはあまりありません。 何故ならフレッツ光が他社に比べて特別高いわけではないので単に他社回線に乗り換えてもそこまで下げることはできないからです。 そもそも光コラボレーションに限っては回線業者がフレッツを購入して再販しているわけですから極端に安く提供できるわけがありませんよね… むしろ、乗り換えることで料金が高くなったり、フレッツ光への解約手数料などが発生して余計なお金を払うことになったりすることがあります。 ただし、フレッツ光から乗り換えることで スマホセット割が適用される場合は月額料金が大幅に安くなります。 auユーザーがauひかりに加入するのも同じだね。 安くなるケースはスマホセット割 スマホセット割とは大手携帯電話会社が実施しているサービスで、 スマホとインターネットの両方を同じ会社でまとめて契約することで月額料金が安くなるというものです。 スマホセット割はドコモが提供している、ソフトバンクが提供している、auが提供している等があります。 例えば現在ドコモのスマホを利用している場合はフレッツ光から ドコモ光に転用すると「セット割」が適用されます。 セット割ならプランにもよりますがスマホの 月額料金が最大で3,200円も安くなります。 このように、光コラボはスマホとのセット割引を含めて初めてお得になります。 勧誘電話などでよく言う 「乗り換えるだけで安くなる」というのは厳密には間違いで、ほとんどの場合はむしろ損をしてしまいます。 乗り換える場合は必ず本当に安くなるかどうかを調べてから検討しましょう。 勧誘電話の甘い言葉に乗せられてはいけません。 高額キャッシュバックは大半が嘘 光回線の勧誘電話ではよく 「高額のキャッシュバックが貰える」などと言われることがあります。 しかしこれは勧誘するために言っているだけで、実際にはキャッシュバックを貰うのに厳しい条件を満たさないといけなかったり、そもそもキャッシュバックを行っていないのに嘘をついていたりすることもあります。 光回線市場の約4割で使われているサービスですしね。 各事業者がそれぞれフレッツ光にはない独自のサービスを行っており、スマホセット割のようにフレッツ光から乗り換えることで実際に安くなることもあります。 注意しなければならないのは強引に加入させようとする悪徳な代理店です。 光コラボレーション自体はとても良いサービスですし、代理店の中にも優良なお店はたくさんあります。 フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える場合は、悪徳な代理店は利用せず、しっかりとした代理店を選ぶことが大事です。 So-net光プラスは安くてお得 光コラボレーション事業者の一例として、を紹介します。 So-net光プラスはプロバイダー会社として有名なSo-netが提供している光回線で、auと提携しているためauスマホの割引、 auスマートバリューが適用できるのが特徴です。 IPv6プラスで高速通信• キャッシュバック20,000円• dポイント2,000円分• フレッツからの乗り換えは工事不要 (それ以外の乗り換えは工事費無料)• ドコモスマホ、携帯とセットで割引 ドコモ光はドコモとセットで割引される唯一の光回線です。 ドコモを利用している方は圧倒的にお得に利用出来ます。 光回線乗り換え等の電話勧誘を断るとっておきの一言(参考) ここからは代理店業者が二度と電話を掛けて来なくなるとっておきの一言を紹介します。 どこでこの番号を知ったんですか? 電話を掛けて来るということは当然あなたの電話番号を知っていて掛けています。 おそらく回線契約時に記入したはずなので顧客リストとして情報が残っているわけですが、勧誘する業者はそのリストを参照し電話しています。 なので例えばフレッツ光を契約して、NTTやその時に契約したプロバイダ会社は当然あなたの電話番号を知っているわけです。 が、以外の身に覚えのない業者からの電話だったらその業者はどこからか知らないけど顧客リストを不当に入手しています。 これは本当によくあることです。 つまり電話主は違法行為を行っているわけなんですね。 そこで、 「どこでこの番号を知ったんですか?」 という問いかけをされると当然相手はビビります。 違法に入手した自覚がある業者なら即電話を切って二度と掛けてくることはないでしょう。 さらにこの一言は正当に顧客情報を入手したNTTやプロバイダ会社にも効果はあります。 何故なら契約時の個人情報は 本来の目的外のことで使用することが禁じられているからです。 つまり顧客管理のためや工事の日時調整、緊急連絡等以外の 勧誘行為等で使用することは禁止されているはずです。 なので、 「入手した番号は勧誘行為に使用して良いんですかね?」 と言ってあげるとそのことを知っている人であればビビります。 「有益な情報を伝えるためです。 」 と上手い逃げ道を言ってくるかも知れないけど、「必要ありません」と返してあげれば一筋縄ではいかないと思い、すぐにあきらめるでしょう。 あなたお名前なんて言うんですか? 電話勧誘業者も電話している人はただの人間です。 特に悪質な業者は会社名しか名乗りません。 何故なら悪いことをやっている自分を知られたくないからです。 なので、 「あなたの名前はなんて言うんですか?」 と聞くとビビって切ることが多いです。 名前をフルネームで聞いて生年月日まで聞かれると、自分が特定されるのではないかと不安になります。 正当で正しい行為をしていると思っている勘違い野郎には効き目がありませんが普通の神経をしている人は、やはりどこかで後ろめたい感情があるはずです。 まあこれもまともじゃない人には効果が薄いかも知れませんが、 「いい加減にしないと警察に訴えますよ!」 と言う前にこの一言を言ってあげると効果があると思います。 まとめ ここまで光回線の電話勧誘に関して解説してきました。 基本的に電話による光回線への勧誘は悪質なことがほとんどなので、すべて断るべきです。 とくにNTTやKDDIを名乗り、光コラボレーションへの乗り換えをすすめてくる電話には注意が必要です。 そういった電話はたいてい代理店が勝手にNTTなどを名乗り、強引に勧誘しようとしているからです。 光コラボレーション自体は悪い物ではないので、乗り換えをする場合は本当に安くなるかを自分でしっかりと調べ、インターネットなどで優良な代理店を探してトラブルなどを起こさないようにしましょう。 そういった勧誘についての質問とその回答をまとめました。

次の

フレッツ光を契約中の人が引っ越しをする時にはどんな選択肢がある?

フレッツ光 契約内容

通信量無制限で定額!「フレッツ光 ネクスト」の月額料金 まずは、毎月無制限でフレッツ光を使用できる「フレッツ光 ネクスト」の月額料金を紹介します。 詳細: フレッツ光は一戸建て契約の「ファミリータイプ」と集合住宅の「マンションタイプ」に大別されます。 そしてマンションタイプでもその集合住宅の規模によって3タイプに分けられます。 どのタイプに分類されるかは住まいの状況によって決まります。 <NTTマンションタイプの分類> ・プラン1・・・集合住宅内で、8契約以上見込める場合 ・プラン2・・・集合住宅内で、16契約以上見込める場合 ・ミニ・・・集合住宅内で、4契約以上見込める場合(NTT西日本は6契約以上見込める場合) マンションタイプのプランは「提供エリアの確認」で調べる マンションタイプではプランが3種類に分かれており、自分の住んでいるマンションの規模とマンション全体でのフレッツ光の回線利用状況によって、利用できるプランが変わります。 自分が利用できるプランは、フレッツ光のサイトの「提供エリアの確認」で住所検索をして調べることができます。 同時に、月額での利用料金がどのくらいになるのか見積もりを出すこともできます。 また、表からもわかるように NTT西日本のほうがやや割安な料金設定になっています。 表の料金はフレッツ光の回線料金ですが、インターネット利用のために別途プロバイダ契約が必要になります。 プロバイダ料金は選ぶプロバイダ業者によって異なり、概ね500~1,500円程度です。 使わなかった月は安い!「フレッツ光 ライト」の月額料金 「フレッツ光ライト」は、2段階定額制とも呼ばれており、利用した通信量に応じて月額料金が変化する仕組みとなっています。 <ファミリータイプ(戸建て)> プラン名 NTT東日本 料金 NTT西日本 料金 フレッツ光ライトファミリータイプ (上下最大100Mbps) (200MBまで下限料金) 2,800円~5,800円 3,200円~6,000円 フレッツ光ライトプラス (上下最大100Mbps) (3,000MBまで下限料金) 3,800円~5,500円 — <マンションタイプ(集合住宅)> プラン名 NTT東日本 月額 NTT西日本 月額 フレッツ 光ライトマンションタイプ (上下最大100Mbps) (200MBまで下限料金) 2,000円~4,300円 2,600円~5,400円 フレッツ光ライトは通信量をあまり使わなければ最低額で収まりますが、たくさん使って最高額になると定額プランの「フレッツ光 ネクスト」よりも割高になってしまいます。 「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」の場合、下限料金が適用になるのは200MBまでですが、「フレッツ光 ライトプラス」の場合3,000MBまで下限料金が適用となります。 NTT東日本によると、200MBで動画なら月に約1時間、ホームページなら月に約133ページが閲覧可能、とのこと。 3,000MBと言えば単純計算でその15倍、動画なら月に15時間視聴可能な計算になります。 家にいる時間がほとんど無い人や、ネットを使うことが滅多にないお年寄り向け用のプランといえるでしょう。 気兼ねなくインターネットを利用されたい方は定額制のフレッツ光ネクスト良いです。 フレッツ光の公式割引内容 フレッツ光は公式に割引特典を実施しており、割引を適用することで料金は上記の表よりも安くなります。 割引特典はNTT東日本とNTT西日本でそれぞれ別に行っているため割引額もNTT東西で違います。 NTT東日本が「フレッツ光ネクスト」向けに実施している割引は、次の通りです。 にねん割(2年単位契約で、ファミリープラン月額700円、マンションプラン月額100円割引)• マンスリーポイント(ファミリープラン・マンションプラン共に、1年目100円割引) すべての割引を適用すると、東日本エリアで「フレッツ光ネクスト」の1年目の月額料金は下記のようになります。 ファミリープラン:4,600円• マンションプラン:2,950円~3,950円 NTT西日本が「フレッツ光ネクスト」向けに実施している割引は、次の通りです。 光はじめ割 「光はじめ割」を適用すると、契約から2年間、ファミリープランで月額料金が毎月1,100円(マンションプランでは450円)割引となり、3年目以降はファミリープランで毎月1,290円(マンションプランで620円)割引になります。 この割引により、西日本エリアで「フレッツ光ネクスト」の1年目の月額料金は、下記のようになります。 ファミリープラン:4,300円• マンションプラン:2,850円~3,950円 割引を適用すると、解約時に解約金が発生します! フレッツ光は公式割引特典を適用することで他社の光回線と比べて同等の価格帯になります(参考:SoftBank光月額料金<2年契約>は東日本・西日本エリア共に、戸建てプランで5,200円、マンションプランで3,800円。 ただしプロバイダ料金込)。 そのため公式割引を適用することはほぼ必須となるのですが、NTT東日本の「にねん割」やNTT西日本の「光はじめ割」を適用すると2年単位の契約内容となり、 契約更新月以外に解約すると解約金発生する仕組みになっています。 ただし、他社回線でも同様に解約金による縛りはあり、フレッツ光が特別厳しい仕組みになっているわけではありません。 フレッツ光のオプションサービス月額料金 フレッツ光には、さまざまなオプションサービスがあります。 代表的なオプションサービスについての月額料金は下記の通りです。 ひかり電話:基本プラン500円• フレッツ・テレビ:660円• ひかりTV:1,080円~3,780円+対応チューナーレンタル540円 参考: 参考: フレッツ光のオプション料金について、詳細は別記事「」を参照してください。 インターネットと携帯電話の料金をまとめるならフレッツ光以外の契約がおすすめ 日本の携帯電話の3大キャリアといえば「docomo」、「au」、「SoftBank」の3社です。 この3社はそれぞれ下記の名称で光回線事業も行っています。 docomo=ドコモ光(月額料金<2年契約>:戸建てプラン5,200円~5,400円、マンションプラン4,000円~4,200円。 プロバイダ料金込み)• au=auひかり(1年目の月額料金<3年契約>:戸建てプラン5,100円、マンションプラン3,800円。 プロバイダ料金込み)• SoftBank=SoftBank光(月額料金<2年契約>:戸建てプラン5,200円、マンションプラン3,800円。 プロバイダ料金込み) 上記の3社で、携帯電話とインターネット契約を同じ運営会社にまとめると携帯電話料金が割引になるサービスがあります。 これを一般的に「セット割」と呼んでいて、例えばSoftBankでは、光回線とセットで家族みんなのスマホからそれぞれ月額1,000円が割引になります。 各社が行っているセット割の名称は以下になります。 ドコモ光 「ドコモ光パック」• auひかり 「auスマートバリュー」• SoftBank光 「おうち割 光セット」 このような携帯電話と契約をまとめることで料金をお得にする方法は、フレッツ光にはありません。 もしも家族の大半が同じ携帯電話キャリアの携帯電話を利用していなら、フレッツ光よりも、携帯電話キャリアで携帯電話と光回線をセットで契約するほうがトータルの料金は割安になり、おすすめです。 代理店経由でお得に契約しよう 光回線を申し込む場合、光回線各社の公式ホームページから申し込む方法がありますが、それとは別に、各社の代理店を経由して申し込む方法があります。 代理店を経由する最大のメリットは、各社の公式特典とは別に、代理店独自の特典が利用できること。 代理店独自の特典とは、キャッシュバックやゲーム機など高額なものが多く、条件に合えばよりお得に光回線を申し込むことができます。 代理店経由で申し込み、独自の特典を利用する場合は、特典の適用条件、特典の申請方法及び受け取り方法、受け取り時期を確認の上利用するようにしましょう。 高額なキャッシュバックのためには、オプションへの加入などが必要な場合があります。 下記に、フレッツ光のほか、携帯電話キャリアの光回線を申し込める代理店を紹介します• フレッツ光:• ドコモ光:• auひかり:• SoftBank光: まとめ フレッツ光の料金は公式割引を適用させることで他社回線と同等の価格帯になります。 同じフレッツ光でもNTT西日本のほうが東日本より月額料金は多少安くなりますが、東日本・西日本のどちらのフレッツ光になるかは住んでいるエリアにより自動的に決まるため、自分で選ぶことはできません。 フレッツ光は携帯電話キャリアとのセット割が利用できません。 携帯電話の料金とのセット割引を狙うのであれば、携帯電話キャリアの光回線を利用するのがおススメです。 家族の携帯電話の契約をすべてまとめることで、トータルの利用料金が安くなります。 フレッツ光、携帯電話キャリアともに、公式ホームページから申し込む以外に、代理店経由で申し込む方法があります。 代理店を経由すると、代理店独自の特典を利用できる場合があります。 インターネットおすすめ光回線.

次の