日本 天気。 【週間天気予報】梅雨明けは4連休以降か?西日本では30度超の真夏日

19日夜 西日本・東海の天気と注意点(2018年7月19日)|BIGLOBEニュース

日本 天気

19日の夜も西日本や東海は気温や湿度が高く、寝苦しさが続きます。 日中だけでなく、夜間の熱中症にも注意が必要です。 夜は危険な蒸し暑さ 19日も西日本や東海は猛烈な暑さが続き、あちらこちらで最高気温が35度以上の猛暑日となりました。 暑さを和らげてくれるにわか雨は局地的で、日が暮れてからも気温の下がり方は鈍いでしょう。 30度以上の気温の高い時間が長く続くこともポイントです。 岐阜では午後9時頃まで、岡山では午後10度頃まで、広島や福岡では深夜0時頃まで30度以上の高温が予想されます。 夜間は湿度が高くなるため、かなり蒸し暑く感じられるでしょう。 夜間も熱中症にならないよう、注意が必要です。 続く猛暑 日中の猛烈な暑さと、夜間の寝苦しさは来週にかけても続きそうです。 疲れがたまっている時や寝不足の時は、熱中症のリスクが高まります。 避難所での生活や復旧作業の際は、できるだけ周りの人と声をかけあって、無理のないようになさってください。 めまいや立ちくらみ、顔のほてりは熱中症の初期症状の可能性があります。 すぐに涼しい場所へ移動する、首筋や両わきを冷やすなど応急処置をして、医療機関を受診しましょう。

次の

19日夜 西日本・東海の天気と注意点(2018年7月19日)|BIGLOBEニュース

日本 天気

19日の夜も西日本や東海は気温や湿度が高く、寝苦しさが続きます。 日中だけでなく、夜間の熱中症にも注意が必要です。 夜は危険な蒸し暑さ 19日も西日本や東海は猛烈な暑さが続き、あちらこちらで最高気温が35度以上の猛暑日となりました。 暑さを和らげてくれるにわか雨は局地的で、日が暮れてからも気温の下がり方は鈍いでしょう。 30度以上の気温の高い時間が長く続くこともポイントです。 岐阜では午後9時頃まで、岡山では午後10度頃まで、広島や福岡では深夜0時頃まで30度以上の高温が予想されます。 夜間は湿度が高くなるため、かなり蒸し暑く感じられるでしょう。 夜間も熱中症にならないよう、注意が必要です。 続く猛暑 日中の猛烈な暑さと、夜間の寝苦しさは来週にかけても続きそうです。 疲れがたまっている時や寝不足の時は、熱中症のリスクが高まります。 避難所での生活や復旧作業の際は、できるだけ周りの人と声をかけあって、無理のないようになさってください。 めまいや立ちくらみ、顔のほてりは熱中症の初期症状の可能性があります。 すぐに涼しい場所へ移動する、首筋や両わきを冷やすなど応急処置をして、医療機関を受診しましょう。

次の

19日夜 西日本・東海の天気と注意点(2018年7月19日)|BIGLOBEニュース

日本 天気

概要 [ ] において、「」が空に起こるを指すのに対して、「天気」は空の状態を指す。 では"weather"で一括りにされる(厳密に定義すれば、気象は"weather phenomenon"である)。 また、「気象」現象を表すのは主にであるのに対して、「天気」の状態を表すは主にであり、時には現象名を用いた単語で代用する。 そもそも、多数の現象の組み合わせの結果として表れるのが天気であり、分類して定義すること自体が難しい。 「晴れ」などは特別な例だと言える。 天気をするためには、まず「晴れ」「雨」「雪」といった大分類を用いるが、雨にさまざまな降り方があるように多種多様な「天気」がある。 詳しく説明するためには、どの場所に(空間的分布)、どれくらいの期間に(時間的分布)、どれくらいの強さ・速さで(量的分布)現れたのかを示す必要がある。 あるいは、や感覚的な説明を用いるとより分かりやすくなる場合もある。 「天候」とは、「天気」ととの中間的概念とされるが、ある程度の広さのある地方や、そこのも含めた場合については、ほぼ「天気」と同様の用いられ方をすることも多い。 分類 [ ] 定時観測のなどで国際的に使用される天気の分類は96種類が定められている。 のでは、一般市民向けの気象情報には以下の15種類を用いている。 また、日本式は気象庁が観測する天気とは別個に存在しており、こちらは21種類である。 含まれる天気の種類についても異同がある。 天気名 記号 定義 画像 空全体に対して、雲の占める面積が2割未満の状態。 空全体に対して、雲の占める面積が2割以上9割未満の状態。 雲の占める面積が9割以上で、巻雲、巻積雲または巻層雲が多い状態。 雲の占める面積が9割以上の、上記以外の状態。 黄砂・煙または降灰があって、視程が1km未満になっているか、全天がおおわれている状態。 (砂塵嵐) 砂じんあらしのため、視程が1km未満になっている状態。 (地吹雪) 地ふぶきのため、視程が1km未満になっている状態。 霧または氷霧のため、視程が1km未満になっている状態。 直径0. 5mm未満の細かい水滴だけが降っている状態。 直径0. 5mm以上の水滴が降っている状態。 (霙) - 雨と雪が混ざった降水の状態。 結晶状態の氷滴が降っている状態。 (あられ) - 直径5mm未満の氷滴が降っている状態。 (雹) - 直径5mm以上の氷滴が降っている状態。 過去10分以内に、雷電または雷鳴があった状態。 これらの定義は、大気の異なる様相を捕らえているため、晴れているにもかかわらず雨が降っているという状態などが起こりうる。 この場合、上記一覧のより後ろの種類を採用する。 脚注 [ ] [].

次の