砂塚 あきら。 砂塚あきら (すなづかあきら)とは【ピクシブ百科事典】

砂塚あきらSSR<ライフ・オンライン>評価と画像と特技アピール値3D【デレステ】

砂塚 あきら

更新ペースが異様に遅くなってしまっていて、本当に申し訳ございません。 私の感覚では、 今日は5月10日くらいのハズなのですが、カレンダーは5月24日を示していて、泣きそうです。 今月はこれから、短めの記事でガンガン更新したいと思っていたのですが、今日は無駄に長文になってしまいました。 183人のキャラ 『アイドルマスター シンデレラガールズ』というソシャゲでは、2011年から2014年までに、 183人のアイドルが登場しました。 あまりにも数が多いため、 年単位で出番がないキャラがいます。 SSRが1枚出たきり、 1300日待っても2枚目が来ないキャラもいます。 運営的にも、なにかあるたびに 183人分の作業が発生するので大変です。 そんな感じで、人数が多すぎる弊害があるためか、2014年9月を最後に、キャラの追加はストップ。 4年以上ものあいだ、新アイドルは登場しませんでした。 辻野あかり登場 しかし、2018年末、運営は 7人の新アイドルを登場させると発表しました。 やはり、新しいキャラを出すメリットは大きいという判断なのでしょう。 そうして、2019年4月から、新キャラが追加されていきました。 その先陣を切ったのが、 辻野あかりです。 見た目は、なんとなく 主人公っぽいキャラ。 (普通の子で、すごい美人ではないけど、ちょっとドジな頑張り屋さんで、元気で明るくて好かれるタイプ……みたいな方向性) しかし、この子は、 語尾が「んご」でした。 「アイドルになるんご!」「照れるんご!」と喋る姿は、完全に なんJ民。 ただ、本人はネットに疎くて、 「んご」が都会で流行っていると勘違いしているという設定でした。 また、彼女の実家は 山形のりんご農家で、やたらと 山形りんごをアピールしてきます。 りんごといえば、青森が圧倒的で、山形は全国3位です。 「青森出身のりんごアイドル」なら分かりやすいところ、 「山形出身のりんごアイドル」というキャラ付けは、地味に 謎の発想でした。 そして、彼女が登場してからしばらくして、 山形が 岩手に抜かれて4位になったのも面白かったです。 ちなみに、『週刊少年ジャンプ』の『ジモトがジャパン!』では、 などと、山形りんごは 全否定されています。 このように、 「青森はりんご、山形はさくらんぼ」という常識に対して、 山形のりんご農家も生きているというカウンターをぶつけてくる不思議な存在が、辻野あかりなのです。 また、第一印象では、がんばり屋さんキャラに見えたのですが……。 と、意外な 諦観を持っています。 りんごキャラも、実は 親に言われてやっているフシがあります。 この女、意外と一筋縄ではいきません。 そして、 りんごろうという 微妙なマスコットを売り出して、 一発当てることを狙っています。 そんな感じで、正統派に見えて クセのある変化球を持っているキャラ。 個人的には、追加キャラのセンターポジとしては、面白いバランス取りだと感じました。 砂塚あきら登場 少し遅れて登場した2人目の新キャラは、 砂塚あきらでした。 趣味は ゲーム実況。 SNSで ファッション垢も持っていて、オシャレな自撮りとかを投稿しているみたいです。 本人は 「さとり世代」を自認しており、最初から高望みはせず、ムキにならず、合理的に……みたいな生き方。 アイドルとして上を目指すよりも、 好きなことができていれば良いという感じです。 2011年~2014年に登場した183人よりも、 「最近っぽさ」があります。 個人的には、7人の追加キャラで、この子が一番好きです。 夢見りあむ登場 そして、新アイドルの3人目が、 夢見りあむでした。 この子は、登場したタイミングでの 流行の最先端って感じです。 外見は、 最新のVTuberだと言われても納得できそうな今風のデザイン。 「チヤホヤされたい ぼっち」 「特技は SNSで炎上すること」 「クソザコメンタル」 「 身長149cmでバスト95cmとかいう狂った体型」 「自己評価が低いのに 態度はデカい」 ……といった性格が、爆発的にウケます。 登場から3か月後には 総選挙で3位という、異常な人気でした。

次の

辻野あかり&砂塚あきら、ボイス獲得おめでとうございます|ちゆ12歳|note

砂塚 あきら

プロフィール 「 今日のあきらコーデ 変な顔」 タイプ クール 年齢 15歳 身長 154cm 体重 42kg BMI 17. 本人の出身地も新潟。 で告知された「7人の新アイドル」のうちの1人で、に続く2人目となる。 『』には2019年4月12日午後3時を以て実装された。 人物像 ファッションとSNSが趣味という現代っ子。 服屋でバイトしており、帰ってゲームしようとしていたところをスカウトされる。 バイトしているというセリフから女子高生説が有力だったがぷちデレラでファッション好きでSNSが好きな普通の女子高生と発言した。 ファッションとゲームで最低2つはアカウントを持っており、ゲーム垢では『兄ぃ』とのを配信している。 本人曰く撮られるのは慣れてるとのことで、動画配信経験のおかげもあってアイドル活動への抵抗感も薄い。 自分でもスマホ中毒気味の自覚はあるようだ。 アイドル活動にもスマホを活用する一方で、SNSへの投稿が禁止された事項は自分用も含めて一切撮影しないなど区別は截然としている。 敬語は苦手で、Pにもタメ口を利くが、たまに「~デス」という語尾を使う。 時折、を用いた発言をする。 一人称は『自分』が多い。 「悟り世代」を自称し、普段は醒めたような態度を取っているが、センスの合ったアイドル衣装にはテンションが上がるようで、いい笑顔を見せてくれる。 服を買う店はリアルの服屋もネット販売もいいものがあればなんでも使うらしい。 家族 出身。 先述の『兄ぃ』は実際に兄であるようで、小さい頃から一緒にゲームをしてケンカもほとんどしない良好な関係の模様。 そして妹のアイドル活動の事を気にしているようだ。 ゲームに詳しい一般人。 あきらの自室PCはじめ配信機材類は彼が調達しているらしい。 母親の事は『お母さん』と呼んでおり、ネットですぐに会えるので両親とも東京でのアイドル活動に心配はないらしい。 モバゲー版カード 無印 このカードの特訓後が新潟エリアのボスとして登場する。 特技名は『シャークティース』。 特訓前は細めに垂れるカール気味のにマスクをして、制服と思しき服の上にゴツい上着を着ている。 マスクの裏に見える小さく開けた口とギザ歯が特徴的。 本人がギザ歯をどう思っているかはわからないが言及する台詞もある。 特訓後は髪を下ろしてアイドル衣装。 FPS趣味からか衣装に似合う銃器を考えている より、個人的には。 Pのセンスを認めてくれたようで、いろいろな衣装を着られる事や自分では出来ない事を出来るという理由から、特訓前は「飽きるまでは続ける」程度の関心だったアイドル活動に乗り気になる。 ただし、変な服はやめてくれと言っており、具体例としてを挙げている。 ボスとしてのコメントは「 ところで LIVEバトル 何」。 こっちが知りたい。 これに言及したのは、デレステ稼動前最後の追加キャラであるに続き2人目である。 配信を提案してみたり彼女なりにLIVEバトルにアプローチしていき、最終的には勝敗を越えたところで楽しんでくれたようだ。 なお、新潟エリアの背景はアイドルLIVEとは縁遠いである。 ストリーミングチアー 2019年6月10日に開催された「第25回チーム対抗」のメダルガチャSR。 特訓前は本番前の楽屋。 無印特訓前と同じツインテールスタイルでSNSを更新しているところで、落ち着いた様子で本番前に焦っても無意味だと語る。 本番前にうろちょろしているPに対して偉い人なのに暇なのかと言うが、自分が本番前に緊張していないか心配して見に来た事に気付くと素直に感謝してくれる。 その他 季節イベントなど 2019年のイベントはPがアイドルにお礼の手紙を書いて手渡すというものだったのだが、お礼ならSMS1通でよかったのにと言いながら手書きの手紙への感動を素直に伝えてくれる。 2020年に復刻開催されて新規参加した2018年バレンタインキャンペーンの好みのお菓子はスコーン。 地味で華やかじゃなくて映えないけど好きとの事である。 ぷちデレラ アイドル砂塚あきらのフォロワー第1号は、Pサンねっ! 2019年4月3日、・とともにぷちデレラが実装された。 ぷちデレラエピソードでは特訓前のイラストのマスクなしで登場する。 スターライトステージ リズムゲーム『』では2019年4月12日15時にノーマルが実装。 2日前に追加されたと同様に実装特典としてその後の初回ログイン時に1枚付与された。 メモリアルコミュではスカウト時の模様が詳しく描かれており、件の棚田は彼女の帰宅途中の風景だった。 また、メールでは丁寧な文面の一方でSNSではテンションが高い二面性を見せる。 歯については特徴としてPなら活かしてくれるだろうと語り、3Dモデルでも再現されている。 3Dモデルは特訓後の姿で、特訓前のツインテール姿を期待していた人には残念だったようだ。 また、頬を染める表情のときだけ、SSR以外ののように視線を逸らす特殊な仕様になっており、特に『』のラストに至っては口元も笑っておらず恥ずかしがった表情を見せる。 動揺していた照れ顔が、SSRではばっちり決められるようになったのような例もある。 営業ステータスではスマートが非常に高く全アイドル6位。 ちなみに同期のあかりは総合ステータス6位、りあむはユニーク6位とおそらく意図的なステータスになっている。 キャラクター的に期待されていた『デレぽ』には2019年5月1日の13時丁度に投稿開始。 なぜか、、とお姉様方にレスをもらっている。 ライフ・オンライン 2020年2月10日、「シンデレラキャラバン」の報酬として登場したSR。 センター効果はクールブリリアンス、特技は『 ちょい甘モード』 コンボボーナス 特訓前はとの自撮りで入手演出で撮影風景が描かれた。 特訓後はお菓子が並んだ中でショッピングカートに載せられたバレンタインの広告塔のお仕事。 黒以外で固めた服装は初めてだが意外と悪くないらしい。 ちなみに並んでいるお菓子はルームでアイドルに渡すと親愛度が上がるギフトアイテム。 また、カートに乗るのを真似するのはNGで本人も釘を差している。 同時登場SSRは、。 特訓前はエナジードリンクフラッペを片手に夏祭りを楽しむ浴衣姿。 特訓後はエナジードリンクをイメージした衣装でLIVEステージに立つ。 あきら初のツインテ3Dモデルである。 イメージテーマのエナジードリンクは黒と緑の配色から説が有力。 モバマスからのPにとってはエナジードリンクといえば赤い缶なので若干の違和感があった模様。 その他 季節イベントなど 2020年エイプリルフールイベント「」でプレイするミニゲーム「Cinderella Versus」第2ステージの対戦相手としてシャドウ砂塚あきらが登場。 クリア後は事件解決後また対戦したいと語る。 メディアミックス Extra Stage 第5期 第1回で、隠し芸のサンバを披露して来た夢見りあむをNGやあかりと共にスタジオで出迎えた。 ボイスはなし。 関連アイドル• あかりはあきらの前月、りあむは翌月に登場。 ぷちデレラは同時に実装された。 ちとせ、千夜はあきらの翌月、久川姉妹は4月に登場。 - 年下だが、先輩ゲーマーアイドル。 他にもオタクに類するアイドルは少なくないが、現在交流が見られるのは彼女とのみである。 - 、同じ15歳、自身のファッションにこだわりがある、特訓前後でテンションの差が激しい、などの共通点がある。 体格にはかなり差があるが。 (右目)・(左目)・(左目)・(右目) - 泣きぼくろを持つ仲間。 全員がCoアイドル。 - シャイニーカラーズの泣きぼくろアイドル。 位置は大体あきらと同じ。 参加ユニット 【砂塚あきら】砂塚あきら 「第33回」5日目 2019年1月27-28日 のスペシャルゲストユニットに個人で登場。 衣装は無印特訓後。 イベント初登場。 ファンは男子が多くて女子は服垢をフォローしてそうな感じらしい。 FPSを意識したセリフもある。 「第37回アイドルLIVEロワイヤル」では 【 ユニット名募集中】という名義で再登場。 美玲とファッショントークに花を咲かせる。 上記の【 ユニット名募集中】の3人のメンバーに、【みくにゃんご】であかりと組んだみくと【My-Style Revo】であきらと組んだ美玲が加わったユニット。 ボイスアイドルオーディション 2020年5月21日、にて2位に入賞。 、と共にボイス実装・CDデビューが決定した。 元々一定の人気があった事に加え、今回の選挙でがありボイス実装が有力視されていたあかり、前回の選挙ですでにボイスがついていたりあむのPからの、ユニット需要による投票も多かった。 また、ここ1年で絡みのあった早坂美玲や小関麗奈に関しても、彼女達と特に関係の深いアイドルにボイス実装済が多いため支援を受けやすく、あきらにとってはかなり好環境のオーディションであったと考えられる。 そしてあきらP達もその勢いを逃さず票交換を積極的に行い、大量得票・ボイス実装につなげる事ができた。 デレステ稼働後に新規に実装された最初のアイドルであるのファーストネームをローマ字読みに分解するとになる(AkiraとAkari)。 登場時期も名前の発音も近いので調べる際は混同に注意。 台詞のひとつである『 今日のあきら』は、現実のSNSであきらについて語るタグとしても機能しつつある。 無印特訓後のセリフでSR スナイパーライフル が好きだと伺わせる台詞があるが、名字にも使われている漢字『砂』はスナイパーライフルやスナイプの略称である。 登場時にはことサメぬいぐるみ『ブローハイ』がSNSでバズっており、あきらの特技や衣装の意匠からサメと組み合わせて描かれることが多かった。

次の

辻野あかり&砂塚あきら、ボイス獲得おめでとうございます|ちゆ12歳|note

砂塚 あきら

更新ペースが異様に遅くなってしまっていて、本当に申し訳ございません。 私の感覚では、 今日は5月10日くらいのハズなのですが、カレンダーは5月24日を示していて、泣きそうです。 今月はこれから、短めの記事でガンガン更新したいと思っていたのですが、今日は無駄に長文になってしまいました。 183人のキャラ 『アイドルマスター シンデレラガールズ』というソシャゲでは、2011年から2014年までに、 183人のアイドルが登場しました。 あまりにも数が多いため、 年単位で出番がないキャラがいます。 SSRが1枚出たきり、 1300日待っても2枚目が来ないキャラもいます。 運営的にも、なにかあるたびに 183人分の作業が発生するので大変です。 そんな感じで、人数が多すぎる弊害があるためか、2014年9月を最後に、キャラの追加はストップ。 4年以上ものあいだ、新アイドルは登場しませんでした。 辻野あかり登場 しかし、2018年末、運営は 7人の新アイドルを登場させると発表しました。 やはり、新しいキャラを出すメリットは大きいという判断なのでしょう。 そうして、2019年4月から、新キャラが追加されていきました。 その先陣を切ったのが、 辻野あかりです。 見た目は、なんとなく 主人公っぽいキャラ。 (普通の子で、すごい美人ではないけど、ちょっとドジな頑張り屋さんで、元気で明るくて好かれるタイプ……みたいな方向性) しかし、この子は、 語尾が「んご」でした。 「アイドルになるんご!」「照れるんご!」と喋る姿は、完全に なんJ民。 ただ、本人はネットに疎くて、 「んご」が都会で流行っていると勘違いしているという設定でした。 また、彼女の実家は 山形のりんご農家で、やたらと 山形りんごをアピールしてきます。 りんごといえば、青森が圧倒的で、山形は全国3位です。 「青森出身のりんごアイドル」なら分かりやすいところ、 「山形出身のりんごアイドル」というキャラ付けは、地味に 謎の発想でした。 そして、彼女が登場してからしばらくして、 山形が 岩手に抜かれて4位になったのも面白かったです。 ちなみに、『週刊少年ジャンプ』の『ジモトがジャパン!』では、 などと、山形りんごは 全否定されています。 このように、 「青森はりんご、山形はさくらんぼ」という常識に対して、 山形のりんご農家も生きているというカウンターをぶつけてくる不思議な存在が、辻野あかりなのです。 また、第一印象では、がんばり屋さんキャラに見えたのですが……。 と、意外な 諦観を持っています。 りんごキャラも、実は 親に言われてやっているフシがあります。 この女、意外と一筋縄ではいきません。 そして、 りんごろうという 微妙なマスコットを売り出して、 一発当てることを狙っています。 そんな感じで、正統派に見えて クセのある変化球を持っているキャラ。 個人的には、追加キャラのセンターポジとしては、面白いバランス取りだと感じました。 砂塚あきら登場 少し遅れて登場した2人目の新キャラは、 砂塚あきらでした。 趣味は ゲーム実況。 SNSで ファッション垢も持っていて、オシャレな自撮りとかを投稿しているみたいです。 本人は 「さとり世代」を自認しており、最初から高望みはせず、ムキにならず、合理的に……みたいな生き方。 アイドルとして上を目指すよりも、 好きなことができていれば良いという感じです。 2011年~2014年に登場した183人よりも、 「最近っぽさ」があります。 個人的には、7人の追加キャラで、この子が一番好きです。 夢見りあむ登場 そして、新アイドルの3人目が、 夢見りあむでした。 この子は、登場したタイミングでの 流行の最先端って感じです。 外見は、 最新のVTuberだと言われても納得できそうな今風のデザイン。 「チヤホヤされたい ぼっち」 「特技は SNSで炎上すること」 「クソザコメンタル」 「 身長149cmでバスト95cmとかいう狂った体型」 「自己評価が低いのに 態度はデカい」 ……といった性格が、爆発的にウケます。 登場から3か月後には 総選挙で3位という、異常な人気でした。

次の