不思議探偵。 【攻略、感想】自宅で謎解きグッズ「魔法探偵と不思議な宝石」(リアル脱出ゲームのSCRAP制作)

SCRAP新商品「謎解き推理BOX 魔法探偵と不思議な宝石」、「エニグマくん 謎付きクリアファイル」発売決定!

不思議探偵

本エントリーは怖い話を扱っております。 ご注意ください。 幣ブログでは過去にテレビ番組 『探偵!ナイトスクープ』で紹介されたインコの発言が怖いという旨の記事を掲載いたしました。 実はこの他にも『探偵!ナイトスクープ』には伝説的に怖い回があったといいます。 その回では、 町中のいたるところに 謎のビニール紐が括り付けられている という謎を解明しようとするのですが、結果を申し上げますと結局原因はわからず迷宮入りに。 さらに、番組はこの謎に対する情報を受け付けないと言うのです。 当時の視聴者は『探偵!ナイトスクープ』らしからぬ 捜査打ち切り、さらに、放り出されてしまった感から、この「謎のビニール紐」に恐怖を覚えたといいます。 今回は『探偵!ナイトスクープ』から「謎のビニール紐」をご紹介したく存じます。 1992年3月20日『探偵!ナイトスクープ』 前エントリーでもご紹介いたしましたが、『探偵!ナイトスクープ』は視聴者から寄せられた悩みや疑問、を、テレビの力で解決・解明していこうというバラエティ番組です。 現在はMCとして俳優の西田敏行氏が出演なさっておりますが、「謎のビニール紐」が紹介された当時は上岡龍太郎氏がMCをお努めなさっておりました。 他、多数のお笑い芸人達が番組を盛り上げるので、たまに不気味なお便りがあったとしても、 基本的に賑やかな雰囲気で番組が進行して行きます。 問題の「謎のビニール紐」が登場する回は、1992年3月20日に放送されたものですが、この回も番組は賑やかなムードで進行していきました。 何しろこの謎のビニール紐を調査したのは、お笑い芸人のトミーズ雅氏。 普通に考えたら、怖い回になるはずはなかったのです。 依頼内容 以下が1992年3月20日の『探偵!ナイトスクープ』で紹介された「謎のビニール紐」に関する調査依頼です。 私は東大阪市で衣料品販売店を営んでおります。 早急にお調べいただきたいことがあり、お便りいたしました。 実は数週間ほど前から当店の前の電柱に 黄色い紐のようなものが括られているのに気がつきました。 最初は気にも留めていなかったのですが、毎朝毎朝見るたびにその紐が増えていくのです。 最初は店の前だけと思っていた紐も、よく見るとあらゆるところに括ってあるのです。 それに当店の前が特にひどいのです。 気になって仕方ありません。 誰が何のためにこの紐をくくっているのか調べてください。 「謎のビニール紐」調査概要 依頼人からのお便りを受けて、トミーズ雅氏が大阪府東大阪市鴻池新田(こうのいけしんでん)に向かいました。 依頼人の店舗 まずトミーズ雅氏が向かったのは、「謎のビニール紐」に関するお便りを送ってきた依頼人の店である「SAURUS(ざうるす)」という衣料品店。 実際に依頼人に話を伺い、ビニール紐を見てみることに。 警察官: おちゃらけちゃいます? 次々と住人が集まり、周囲は大騒ぎに。 ひとまずトミーズ雅氏はその場を離れました。 謎のビニール紐は人の家の物干しの支柱にも括りつけられており、鴻池新田の駅周辺ではほぼ全域にわたってビニール紐を確認することができたそうです。 役所もお手上げ トミーズ雅氏は公園の鉄棒の支柱に結び付けられていた黄色い謎のビニール紐を試しに取ってみることにしました。 すると、結び方が 「カタカタ結び」になっていることが判明しました。 「カタカタ結び」とは詳しくは不明ですが、固結びを2回やっているということでしょうか。 トミーズ雅氏は謎のビニール紐を足で追いましたが、その 規則性はなく、ただランダムに結び付けられているようにしか思えないとのこと。 警察の他に更に助力を得ようと、今度は東大阪市役所に電話をしたトミーズ雅氏。 調査打ち切り! 本件に関する情報は 今後一切、取り扱いません ご諒承下さい。 というメッセージが。 これにてVTRは終了です。 考えられる説 番組の放送から既に20年以上も経っている現在でも謎の多いこの『探偵ナイトスクープ』の「謎のビニール紐」。 インターネット上でも様々な説が飛び交っており、実際にどれが真実なのかわからない状態です。 看板を止めていた紐がそのまま残っただけ説 発見された謎のビニール紐はかつては看板を止めていた紐であって、放送当時の段階で看板のみが取り外され紐だけが残ってしまったという説がございます。 たしかにモデルルームなどの広告の看板を電柱に設置する際にビニール紐で括りつける場合はございますね。 しかし、• ガソリンスタンドのビニール紐• ビニール紐は比較的低い場所に集中している ことから、看板設置という説の真実味は薄いのではないかと存じます。 地上絵・魔方陣説 これは放送当時、『探偵!ナイトスクープ』スタジオの上岡龍太郎氏からも指摘されたのですが、 この謎のビニール紐を 上から見ると、絵になっているのではないか という説がございます。 さらにその説から派生してインターネットでは、 謎のビニール紐は 何らかの結界なのではないか とも… もはやスピリチュアルの世界。 しかし、トミーズ雅氏はスタッフと共に夜中まで車で町中のビニール紐を確認し、地図に記録していたのです。 謎のビニール紐が何らかの図形を示していたのなら、何となく気づくのではないでしょうか。 スタジオでの上岡龍太郎氏の問いかけに対しても、肯定しておりませんでしたし。 放送できない人が犯人だった説 仮に犯人が真面目にビニール紐を括っていて、明らかに気が触れている方であったら、たとえ『探偵!ナイトスクープ』でも放送できないでしょう。 番組は 犯人を突き止めた結果、放送することを断念した という説が囁かれております。 確かにVTRの最後に表示された、.

次の

じゃあまん探偵団 魔隣組

不思議探偵

3 那珂川から早良区へと抜ける県道56号線にあるのだが、普通に同県道を通っていては気付かない。 那珂川市方面から早良区方面へ探偵さんは向かったのが、一旦見逃しやり過ごす。 同方向では左折で駐車場へと入る事は、車輌自体の転回のキレ角的に危険でした。 よって、Uターンして右折で駐車場へと進入。 この方が通行する車輌との兼ね合いから格段に安全です。 皆さんは、那珂川市にある「不思議博物館」をご存知でしょうか? 上述の謎の施設、気付いたとしてもちょっとした不気味さも相俟って、どういった建物か知っておかなければ立ち寄ってみようと云う事にはなり難いでしょう。 不意な事から知ってしまったため、探偵さんも謎を謎のままで置いてはおけない性格、現地へ急行、毎月最終日曜日が開館日との事で行ったわけです。 と言うことで、はい、到着しました。 確認する現地の様子は写真の通り。 怪しい雰囲気を醸し出しています。 訪問しようと同施設の戸を開こうとするも開かない。 なぜなのか・・・。 確認すると なんと本日は休業。 話が違うと思いきや、(1月は冬眠)と公式ホームページに予告してありました。 そこで止む無く引き返す事に。 敷地への入り口付近を確認すると、次回開館日は2月23日とまで書いてある。 うーん、痛恨のミス。 これは仕方ありません。 一旦、撤退です。 また改めてお伺いいたします。 そこで帰社しようと移動開始。 西区方面へ移動していると、「軍放出品」と謎の看板がかかっている。 そう、皆さんご存知でしょうか「ガレージオガワ」。 米軍の放出品を取り扱うお店。 軍物系は好きなので良くネットで見る方ですが、こんな近くに大量にあったとは。 お店を訪問するが、誰も店員さんがいない。 店内は電気すら点いておらず、ちょっとお化け屋敷系。 しばらく商品を見ていると、急に階段を下りる音が・・・。 誰か来たっ!と振り向くと・・・眼鏡の店主の方登場。 やさしそうな方で良かったとホッとする。 これは別のうちの探偵さんへ報告せねばと連絡すると、「あっ、そこ知ってるよ」との事。 知らなかったのは私だけと云う事態に。 さらに店内を散策したのですが、とにかく大量に保管されております。 店内の様子は下記の通り。 お値段は比較的高めですが、大量にあるため、中から程度の良い物を購入できると云う点ではありがたい。 不意の発見であったため、本日は偵察のみで撤退となりました。

次の

探偵さんが偵察-不思議博物館と謎の軍事アイテム調達基地

不思議探偵

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 全50話。 第8作目。 最後の作品である。 あらすじ 江南小学校の5年生の仲良し5人組は、の潜水艦を発見し、そこを拠点にじゃあまん探偵団「魔隣組」を結成する。 魔隣組は世紀の大怪盗ジゴマを倒す為に、ジゴマ探知機(ジゴマが近づくと反応する)などの様々な秘密兵器を使いジゴマを追いかける。 解説 前作『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』のヒットを受けて製作された少年探偵団シリーズ第2弾。 前作よりもシュールさを前面に出し、また、謎の転校生雨宮なども作品に独特の面白さを加えている。 から発売された「ジゴマ探知機」などの関連商品も好評だった。 1989年1月1日には、前作『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』の面々と共演する『魔隣組対覇悪怒組』が放送された。 がサブプロデューサーとしてから移動し、最終作の『』までシリーズに関わることになったほか、60年代後半からヒーローものに一貫して携わったの東映における最後のプロデュース作品でもある。 江川ノボル役のはのちになどのとして知られており、本作品は子役時代の伊藤が出演していた番組として紹介されることもある。 魔隣組アイテム• ジゴマ探知機(探知機)• メタルソナー(金属探知機)• オトタンサー(集音器)• マリンシーバー()• 探偵手帳(秘密手帳)• マリンコマンダー(万能捜査メカ) コンパス、望遠鏡、潜望鏡、ホイッスル、ミニライト、ルーペ、風向計、風力計、メジャー、追跡信号を発射できるシグナル銃• ジャーマンDJ() これらのいくつかは玩具化され発売されている。 ジゴマ探知機にはテレビ画面の点滅に反応するテレビパワー機能が搭載されていた。 大怪盗ジゴマ 大怪盗ジゴマとは、白と黒のコスチュームに身を包んだ大泥棒。 フルネームは フリードリッヒ・シュトロンハイム・フォン・ジゴマIII世。 出自・出生・性別その他全てが謎に包まれている。 正々堂々とした華麗な盗みを信条とし、卑怯な行いを嫌う。 そのため悪辣な犯罪者と戦ったり、傷を負うのを承知で魔隣組を助けたこともある。 リーダーのタカシの伯父である推理作家、斜六郎(通称シャーロックおじさん)も魔隣組に協力をすることがある。 劇中でジゴマの正体はシャーロックおじさんではないか?という指摘が何度かなされているが、明確な答えは出さずに視聴者の想像に任せる形で物語は完結している。 また、最終回では魔隣組の潜水艦魔隣号を「戦争いかん魔隣号」に改名した。 ジゴマの原型は、明治時代最後期から大正時代にかけて日本で上映された『 』からである(ただしこちらのジゴマはなどの凶悪な手段も平気で行う点で、本作のジゴマと異なっている)。 ジゴマのコスチュームは皮膚に密着した全身タイツタイプである。 潜水艦魔隣号 第二次大戦中に日本と同盟関係にあったナチスドイツから派遣された。 しかし東京湾に到着したのはドイツが連合軍に降伏した直後であったため、乗組員は日本軍に捕虜にされ潜水艦は地中に埋め立てられてしまった。 そしてその存在は敗戦のゴタゴタで政府からも忘れ去られてしまい、現代の世になってシャーロックおじさんに誘導された魔隣組の秘密基地となる。 辻タカシ -• 田トシカズ -• 江川ノボル -• 後藤ゲンタ -• 古矢カオリ -• 雨宮タロウ - 河野大輔• 辻雄一(シャーロックおじさん) -• 怪盗ジゴマ - 、沢木ヒロシ• 怪盗ジゴマの声 -• 篠塚先生 -• 辻雄二 -• 辻春江 -• 田敏夫 -• 田和子 -• 江川誠 -• 江川京子 - 曽川留三子• 後藤靖邦 -• 後藤花恵 -• 古矢道子 - 西坂和子• 由美 - スタッフ 前作で監督としてデビューしたは、本作品では長雨の時期に当たり撮影が進まず、スケジュールについて制作担当と対立し、番組を降板した。 企画 - (フジテレビ)、()、()• 原作 -• 連載 - 、、、• 脚本 - 、、掛札昌裕、、中嶋信昭• 音楽 -• - 前岡良徹、鈴木康夫、近藤弘志、峰沢和夫• クレイイラスト -• 操演 - 羽鳥博幸• プロデューサー - ・・西村政行(東映)• 監督 - 、、、、、前嶋守男• 撮影 - 利根川曻、林迪雄 、、• 撮影助手 - 細野正道• 照明 - 大須賀国男、稲葉好治、磯山忠雄、山口利雄、小林芳雄、増川弘邦、石川末八、関口弥太郎、上原福松• 照明助手 - 鈴木英二、土屋克彦、森野茂樹、内田幸之介• 美術 - 北郷久典• 録音 - 相川比登志、郡弘迪、笠原秀樹、曽我薫、小島透• 編集 - 水間正勝• 編集助手 - 柳沼由加里• ネガ編集 - 樽本恵子• 記録 - 井上かずえ、森美禮、川村澪子、佐々木禮子、水平冨喜子、増田実子、宮本衣子、山之内康代、渋谷康子、甲斐哲子• 助監督 - 近藤杉雄、辻野正人、佐々木良文、前嶋守男、河田彰、保坂直輝• 選曲 -• 整音 - 川島一郎• 効果 -• 効果助手 - 柳谷敏典• 計測 - 、小野寺修、茂呂髙志、大沢信吾• 装置 - 石塚仙三、金子光夫• 装飾 - 高橋純一、飯野甲也、湊伸一、飯野大空、遊佐勇人• 衣裳 - 外川若葉 東京衣裳• 美粧 - 上村恵• アクションアドバイザー - (アクションスタジオ)• キャラクターコーディネーター - 小佐野聡(石森プロ)• 協力 - 、辻事務所、、ヤヒユ航空株式会社、、 世界名作ファンタジー、アニメファンタジー• 衣裳協力 - 、ホームタウン、自由ヶ丘ベネドール• コンピューター協力 - 深野暁雄• 現像 -• 制作主任 - 小迫進• 進行助手 - 高岡博彦• 制作担当 - 鈴木勝政、大櫛敬介• 制作 - 、、(読売広告社のみノンクレジット) 主題歌• オープニングテーマ - 「クエスチョンの冒険」• エンディングテーマ - 「憧れミステリー」 作詞 - 森田由美 作曲 - 編曲 - 歌 - 放送日程 放送回 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 1 1988年 01月10日 いつか会いたいジゴマ 大原清秀 佐伯孚治• 高橋ひろ子• 崎田美也• 2 1988年 01月17日 オレたちの家は潜水艦• 山本龍二 3 1988年 01月24日 父さんはライバル 浦沢義雄 村山新治• 円崎一也 4 1988年 01月31日 ジゴマの森の秘密• 5 1988年 02月 07日 恐怖の実験室 大原清秀 坂本太郎• 沢柳迪子• 6 1988年 02月14日 ジゴマの晩餐• 森篤人• 今西正人• 高山千草• 前野健• 7 1988年 02月21日 フランケンと少女の夢 浦沢義雄 佐伯孚治• 小池栄• 渡辺園子• 北川麻里子• 竹原繭子• 潮上百合子• 原田揚子 8 1988年 02月28日 失なわれた明日香の石• 照本一代• 伊藤卓也 9 1988年 03月 06日 誰がために鐘はある 大原清秀 坂本太郎• 佐藤やよい• 三品淳子• 10 1988年 03月13日 恐怖のP. 石田純子• 上村依子• 酒井麻里 11 1988年 03月20日 先生はジゴマじゃない! 浦沢義雄 佐伯孚治• 岡本まい子• 小甲登枝恵 12 1988年 03月27日 秘宝ゲルマンの血• 13 1988年 04月 03日 ゲンタのスチャラカ社員 大原清秀 小西通雄• 星久美子• 入江正徳 14 1988年 04月10日 Uボートの狼男!• 清水照夫• 甲斐新• 菊地寿幸• ジャックビーズリ• マークオリアニ 15 1988年 04月17日 ジゴマの首をとれ 坂本太郎• 山口純平 16 1988年 04月24日 お寿司の恩返し 浦沢義雄• 平辻朝子• 17 1988年 05月 01日 ジゴマIIIに夢中! 村山新治• 内田タクマ• 須賀良 18 1988年 05月 08日 瞬間キョンシー製造機• 八百原寿子• 稲葉誠• 木沢智之• 高島大輔• 豊田浩之• 男庭邦彦• 奥田英太郎• 近藤光大• 長沢賢一• 21 1988年 05月29日 幻の母 坂本太郎• 西坂和子• 横田ひろみ• 菊地かおり 22 1988年 06月 05日 タカシの指導力 浦沢義雄• 23 1988年 06月12日 赤ちゃん自動販売機! 大原清秀 村山新治• 山口淳史• 高崎蓉子 24 1988年 06月19日 ジゴマ刑務所大脱走!• 田嶋基吉 25 1988年 06月26日 トマトの告訴 浦沢義雄 佐伯孚治• 斉藤勇輔• 小川鉄雅• 柴田正伸• 山中一徳• 大山尚雄• 洪和子• 木村修 26 1988年 07月 03日 蛙の恩返し• 小笹一成• 27 1988年 07月10日 恋はスケボーに乗って 掛札昌裕 坂本太郎• 豊重正紀• 堀江葉月• 石井千穂• 28 1988年 07月24日 排排の逆襲 浦沢義雄• 逸見慶子• 泉福之助• 三輝みきこ• 上野めぐみ 29 1988年 07月31日 ジゴマの血を吸え! 村山新治• 逸見慶子• 斉藤四郎• 30 1988年 08月 07日 キャンプ場の亡霊• 鈴木よしひろ• 佐川二郎• 浦谷ひづる• 岸本功 31 1988年 08月14日 ロリータの妙薬 坂本太郎• 五十嵐美鈴 32 1988年 08月21日 輝く南十字星伝説• 33 1988年 08月28日 さらば夏のジゴマ 辻野正人 辻野正人• 大野剣友会 34 1988年 09月 04日 不思議少年タロウ 大原清秀• 35 1988年 09月11日 ゲンタの神様 浦沢義雄 坂本太郎• 浅川奈月• 玉井千鶴• 林田和代 38 1988年10月 02日 ホーキから落ちた魔女 大原清秀• 大林丈史 39 1988年10月 09日 ジゴマへの贈り物 辻野正人• 40 1988年10月16日 トシカズ神童となる• 大林丈史 41 1988年10月23日 コスモスの恋 坂本太郎• 村添豊徳• 松永秀一• 矢部なつ代• 市川千里• 大林丈史 42 1988年10月30日 戦国紅葉伝説 浦沢義雄• 43 1988年11月 06日 2050年の魔隣組 中嶋信昭 佐伯孚治• 44 1988年11月13日 ハチ公よりキュー公 大原清秀• 若井慎一• 蒲生淳• 永田博丈 45 1988年11月20日 新 アリとキリギリス 坂本太郎• 46 1988年11月27日 キムチの遺跡の発掘 浦沢義雄• 神田亜矢子• 樋口松之• 熊本俊雄• 47 1988年12月 04日 華麗なる総金歯 前嶋守男• アネット・スワン• 西尾徳• 山中康司• 48 1988年12月11日 不気味なバビロニア人• 手塚秀彰 49 1988年12月18日 泥棒サンタ 大原清秀 佐伯孚治• 神藤一弘• 加賀谷礼奈• 渡辺寛二• フジテレビ(キー局):日曜 9:00 - 9:30• :火曜 16:07 - 16:35• :水曜 15:55 - 16:25• :日曜 9:00 - 9:30• :金曜 7:00 - 7:30• :金曜 16:00 - 16:30• :木曜 16:30 - 17:00• :月曜 17:00 - 17:30• :日曜 9:00 - 9:30(同時ネット) 視聴率• 最高視聴率:19. ソフトゲーム化 1988年11月29日にから用ゲームソフトとして発売された。 1988年連載 作画:井上良平 関連作品• - 前作品。 1987年1月11日から同年12月27日まで全50話が放送された少年探偵団ドラマ。 探偵団スペシャル 魔隣組対覇悪怒組 ジゴマVS魔天郎 - 本作終了後の1989年1月1日の7時30分から8時30分(JST)に放送された、上記の覇悪怒組とのクロスオーバー作品。 大原清秀脚本、佐伯孚治監督。 エンディングで魔隣組の旗をトシカズ 、覇悪怒組の旗をススムが持っていた。 (双方の母親役が柴田理恵という共通点がある) 脚注 [] 注釈• 408• 「スーパー戦隊制作の裏舞台 」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1996 』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年8月9日、32頁。 151. , pp. 134-135. , p. 409. , p. 133. 「スーパー戦隊制作の裏舞台 」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1998 』〈講談社シリーズMOOK〉、2019年2月8日、33頁。 参考文献• 『』下巻、、1990年11月30日。 C0676。 『特撮ヒーローの常識 80年代篇』監修:、、2013年8月11日。 日曜朝9時 - 9時30分枠(1988年1月 - 12月) 前番組 番組名 次番組.

次の