ワイマックス デメリット。 【モバイル】ワイマックス2のSpeed Wi

WiMAX(ワイマックス)のポケットWi

ワイマックス デメリット

毎月3,411円で 使い放題なので満足している。 料金比較して一番安かったことが決めて。 あと地味ですが申込初月はちゃんと日割りにして請求してくれた。 満額請求してくる会社もいるので助かりました。 料金プランが他のWiMAXサービスと比較して秀逸である点が決め手となりました。 他社は時間がたつと料金が上がったり下がったりしてとにかく分かりづらい。 ブロードワイマックスはシンプルで好みです。 初期費用無料の条件にオプションサービス2つを付けなければいけない点がネック。 でも不要なら、商品が届いてすぐ解約すれば「安心サポートプラス」の料金594円だけ支払えばよい。 解約するのがちょっと手間だけど仕方ないかな。 最安値コースで利用していますので毎月3,500円程度で利用することができています。 初期費用は18000円ぐらい掛かるのですが、キャンペーンで無料でした。 インターネット料金は、固定費として毎月出て行くものなので、月額料金は少しでも安いに越したことはないと思います。 月額料金が安くて助かります。 au携帯を使っているのならスマホ料金を割り引いてくれる 「auスマートバリューmine」の割引制度があるので、絶対使ったほうが良いです。 「auスマートバリューmine」は、未対応の会社も多いですがブロードワイマックスは対応しています。 解約は電話でといのは面倒ですね。 といっても解約は1度のことなのでそれほどデメリットと言えるものではないかもしれません。 ブロードワイマックスのメリット WiMAX月額料金の最安値 月2,726円〜 ブロードワイマックスは、WiMAX業界で月額料金が最安値に設定されていることで有名です。 一番安い月額料金で使いたい! そんな方にぴったりのサービスです。 1日換算でわずか91円から、Wi-Fiを上限なく利用できるのでとても安いですね! \急げ!今月は「18,857円割引」実施中/ 3年間の総支払額でもブロードワイマックスは一番安かった 3年間の総支払額もブロードワイマックスが一番安かったです。 結局のところ、料金面で一番おトクなのは、ブロードワイマックスということで間違いありません。 下は、グラフの明細です。 ブロードワイマックスの料金のポイントを解説! 他社WiMAXサービスでは、契約特典として「1年後のキャッシュバック特典」を用意しています。 ブロードワイマックスはキャッシュバック特典はありません。 この点においてブロードワイマックスは魅力なしです。 しかし、見方を変えるとメリットでもあるように思います。 なぜなら、 ブロードワイマックスは「はじめから安いこと」に重きを置いたサービス設計だからです。 キャッシュバックを受け取るためにメールを確認したり、銀行口座を登録することは手間ですよね。 もし忘れでもしたら特典を受け取れず安くなりません(むしろ毎月高い料金を支払っていたので大損!そういう人が本当に多いのです。 ) このような心配をせずに、 手間なく確実に安く使うことを重視したい方は、ブロードワイマックスをおすすめします。 \急げ!今月は「18,857円割引」実施中/ 最新ルーターが0円、そして在庫もたっぷり ブロードワイマックスでは、 最新ルーターを無料提供しています。 ルーターの通信速度やバッテリーの持ち時間は、年々進化しています。 だから最新ルーターを利用できるかで「使い勝手」に大きく影響してきます。 ブロードワイマックスは、常に最新ルーターを揃えています。 ルーターを見れば、サービス提供会社の力の入れ具合が分かる! 注意していただきたい点として、WiMAX事業者の中には、最新WiMAXルーターを揃えていない会社も多くあります。 安く仕入れた型落ちルーターでサービスを提供していたり、売れ残っているから旧型ルーターをずっと売り続けているのです。 そういう会社は力が入っていない証拠です。 やめましょう。 しかし、 ブロードワイマックスは最新ルーターを含めすべてのルーターが「無料」です。 WiMAXの本家、UQコミュニケーションズから申込みをするとルーターは有料で提供されているのでこの点は嬉しいポイントです。 WiMAXを提供するUQコミュニケーションズはKDDI系列の会社ですから、auユーザーに向けに割引に積極的です。 但し、「auスマホ割」は、どこでWiMAXを申し込んでも使えるわけではありません。 未対応のプロバイダーの方が多いぐらいです。 ブロードワイマックスでは当然「auスマホ割」に対応しています。 auスマホ割に対応しているWiMAX事業者は、ざっと半数ぐらいでしょうか。 これはかなり大きいですよね。 但し、UQ mobileセット割は、どこでWiMAXを申し込んでも使えるわけではありません。 未対応のプロバイダーが多いぐらいです。 ブロードワイマックスでは、当然「UQ mobileセット割」に対応しています。 なぜならWiMAXの料金がブロードワイマックスの方が安いからです。 しかし、 ブロードワイマックスは原則翌日受け取りが可能。 これ控えめに言ってスゴイ早さ。 でも面倒なのは、 申込み当日に店舗受け取りという点。 しかも、渋谷・秋葉原・大宮・梅田の4店舗しかありません。 本当にお急ぎの方は、ネットで申込みをして店舗で商品を受け取れます。 申込日から利用開始できるのは便利です。 ちなみにこれ業界初らしいです。 通信業界初の「ご満足保証付き」 ブロードワイマックスでは契約後、もし満足がいかなかった場合、あるいは途中で光回線に乗り換えたくなった場合に、 違約金なしで乗換えが可能な満足度保証が付いています。 使うことはあまりないと思いますが、万一のためにあると嬉しいサービスですね。 通信速度が思ったよりも遅かった• 電波が届きづらい• 事情が変わり、光回線でインターネットをしたくなった 上記のようなケースで相談をすると、お話を聞いてくれて環境に合わせて別サービスをご紹介いただけます。 紹介したサービスを契約した場合は、解約に伴い支払うはずのブロードワイマックス違約金が免除される仕組みです。 契約後ならいつでも「ご満足保証」サービスを利用することができます。 \急げ!今月は「18,857円割引」実施中/ 他社のネットサービスからブロードワイマックスに乗り換え! 違約金を負担してくれる! ブロードワイマックスは、おもしろい取り組みをしています。 他社サービス(光回線、ADSL、WiMAX他、すべてのインターネット接続サービス)を利用されている方でサービス利用に満足していない方は、ブロードワイマックスは検討の価値ありです。 今お使いのWiMAXを途中解約すると普通違約金が発生しますよね。 しかし、その 違約金をブロードワイマックスが19000円までなら負担してくれる仕組みがあります。 この仕組みを使うと、本当にオトクに乗換えができますよ! ぶっちゃけ、この仕組みやっているのはブロードワイマックスだけ! もっとアピールしたらいいのに。 ブロードワイマックスが負担してくれるのは違約金の金額実費になります。 違約金負担上限は19,000円となっています(例. 違約金が9,500円だったら、9,500円負担してくれるということ)。 しかし、一般的にWiMAXの違約金は契約初年度に解約しない限り、19,000円以内に収まるので、実質的にほぼ全額負担してくれるということになりますね! \急げ!今月は「18,857円割引」実施中/ エリアが心配でも大丈夫 8日以内ならキャンセル可能 WiMAXのような無線Wi-Fiの契約で心配なことのひとつに 「普段使うエリアでちゃんと繋がるか?」ってありますよね。 あと速度が速いかも大事な点ですよね。 この点、ブロードワイマックスは良心的です。 なんとルーター到着から8日以内ならキャンセルが可能です。 キャンセル申請をして商品を返送すればOKです。 但し、1点だけ注意点としては、キャンセルの場合も事務手数料3,000円は掛かってしまいます。 【要チェック】なぜブロードワイマックスは「キャンセル」ができるの?通信事業者が守るべき法律として「電気通信事業法」があり、2016年の法改正により「初期契約解除に関する規制が強化」されました。 これにより通常使用ができない場合にキャンセルができるようになりました。 ブロードワイマックスはきちんと法律に則ってサービス提供していると言えますね。 一方、世の中にはキャンセルができないサービスもあるかもしれません。 そういったサービスはそもそも法律違反ですから注意が必要です。 速度については、WiMAXは非常に高速通信が可能なので問題となるケースはあまりないと思います。 エリアについては、実人口カバー率で99%以上カバーしているとは言え、 念のため公式サイトで「エリア確認」ページを確認してから申し込みましょう。 そこでブロードワイマックスでは、20カ月以上利用しているお客様限定で、 ルーターの無料交換サービスをしています。 これ最新ルーターに変更できてしまうので、本当におトクでしかありません。 あぁ、なんか速度も遅くなってきたし! 故障しちゃったし! みたいな時に便利ですね。 そしてルーター変更をしても違約金は発生しません。 それどころか上記画像にもあるように、 ルーター変更キャンペーンを利用すると、2年間限定で月額料金が300円(総額7,200円、月額料金換算なら2カ月分)安くなります。 月額料金が下がるのは、他の大手WiMAXプロバイダー(例えば、GMOなど)ではやっていません。 だから普通にトクです。 さらには、3年プランに変更すればLTEオプションも無料になります。 これは利用しないと損とも言える内容ですよね。 なので、 20カ月利用したらその時発売されている最新ルーターに無料変更して快適に使うといいですよ! \急げ!今月は「18,857円割引」実施中/ 公式サイトが分かりやすく充実している ブロードワイマックスのサイトをご覧になったことがあるでしょうか。 僕は、WiMAXについて詳しくて色々な会社のサイトを閲覧しています。 だけど、ブロードワイマックスほど分かりやすい親切なサイトは珍しいんです、これ本当。 契約後、何か手続きをしたり、サポートを受けることは1度や2度は少なからずあります。 「公式サイトが分かりやすいこと」は大事です。 些細な点かもしれませんが、「使い勝手」や「安心感」にも繋がりますよね。 実はかなり「サポート」に力を入れている珍しいプロバイダー 今から数年前のネット記事を読むと、ブロードワイマックスのサポートは期待できないといった評判・口コミが目立ちました。 しかし、2020年時点においてはそれほど悪い口コミはありません。 むしろ高評価の口コミが目立ちます。 例えば以下の画像は、ブロードワイマックスの会員サポートページです。 必要な情報がしっかり揃っているので、ネット手続きがすぐできるようになっています。 サポートページすら用意していないWiMAX事業者が多い中、ちゃんとしている方だと思います。 特に家電量販店系のWiMAXとか、サポートページが存在しないので絶対申し込んじゃダメなやつですからご注意を! 出典:ブロードワイマックス それから 「サポート専用のチャット」も用意されています。 メールや電話で問い合わせるのはちょっと面倒とか、恥ずかしいですよね。 そういう時にチャットでささっと質問して回答をもらうチャットですね。 他のWiMAX事業者のサイトでは、新規販売ページにはチャット機能を設けて一生懸命ですが、サポートページにはないのが普通です。 しかし、 ブロードワイマックスは、サポートページでもチャットを用意しているあたり、スゴイと正直思います。 ちなみに僕は、土曜日の夜22時でも普通にチャットで対応してもらいました。 電話サポートを受けたことがありますが、特に問題と思われる点はありませんでした。 話も通じましたし。 少し待たされましたけどね。 でも繋がりましたし、手続きも一回で終わりました。 しかし、 ブロードワイマックスではキャッシュバック特典はありません。 デメリットといえばデメリットですね。 お得感が一切ありません。 しかしこれ、必ずしもデメリットとは言えません。 なぜなら、キャッシュバックをしているプロバイダーは必ず月額料金を高く設定しています。 長く使うとコスパが悪いのです。 その上、キャッシュバックを受け取るための銀行口座登録などの手間がかかります。 手続きは一切不要で自動的に安いことは、ものすごいメリットですよね。 通信サービスは長期間契約して使うものだから、 手間がないこと、そしてずっと安く使えることが僕は大事だと思っています。 キャッシュバック受取率の真実僕はプロバイダー勤務なのでよく知っていますが、 キャッシュバックを実際に受け取れる人は3割程度です。 残り7割は、条件を満たしていない、手続き忘れ等で受け取れていません。 プロバイダー側もそれを見越してキャッシュバックを実施している所もあるので、僕はトータルで数千円の差ならキャッシュバックがない、はじめから月額料金が最安値のプロバイダーを選ぶようにしています。 何の手続きもなく、常に安く使える安心感は相当大きいですよ! 2年契約がない いたたたっ・・・、ブロードワイマックスには2年契約プランがありません。 WiMAX業界全体の流れは3年契約に移行しつつあり、今後はすべてのプロバイダーが3年契約をメインに販売すると思われます。 ブロードワイマックスはすでに3年契約プランのみで提供されています。 そのため、3年は使うつもりで契約しましょう! 携帯電話も、光回線も、ケーブルテレビも今は3年契約、4年契約があたりまえなのはどうかと思いますね。 でもまぁ、仕方ないのかなと思います。 サポートオプションが不要な人にとっては、初回だけ解約の手間がかかる あると便利だけど・・・私は不要だという人もいるはず。 でも大丈夫、すぐ解約してOKなやつです! ブロードワイマックスの初期費用無料キャンペーンを受けるには、ネット申込み(クレジットカード払い)をして その際に 指定オプションへの加入が必須です。 上記画像のオプションサービスに加入する必要があります。 あると絶対便利だけど、不要という人もいるはず! 不要な場合は、商品到着後に解約はいつでも可能です。 お客様向けのサポートサイトから解約ができます。 オプションは解約しても、初期費用(18,857円)割引キャンペーンは受けられます。 不要な場合は、即解約しましょう。 解約してしまえばデメリットではなくなり、単にWiMAXが安く使えるだけ!ということになりますね。 失敗しないルーターの選び方 WiMAXルーターのポジションマップ作ったよ! WiMAXルーターのポジションマップ WiMAXのルーターって色々あって分かりづらい! という人のために、僕の方で一目でわかるポジションマップ的なものを作ってみました。 これ作るの何気に苦労しました(笑) スペック表を見ても、細かすぎて何を比較したらいいか分からなかったりしますよね。 縦軸は「場所」、横軸は「速度」にしました。 Speed Wi-Fi HOME L02は右下に配置してあります。 自宅でのみ使うならホームルーターとして速度も最速ですね。 もし外出先でも使うことがあるなら、自宅と外出先での利用に両対応した「Speed Wi-Fi NEXT WX06」がおすすめです。 万能タイプのルーターです。 でもWi-Fi電波の強さはやっぱりホームルーターの方が強いので、利用する割合がどっちが高いかで決めるといいと思います。 各ルーターのレビュー記事も公開していますので参考にしてもらえればと思います。 持ち運び可能なルーター(外出先メインで使用、速度にこだわるならW06) 自宅使用のために特化したホームルーター(家だけで使うならこれです) ルーターの選び方 カンタン動画 各ルーターの選び方をもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしましょう! 外出先メイン・速度重視のSpeed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT W06をおすすめします。 重量も軽く、見た目がスマートフォンのように洗練されていますね。 都市部で利用するのはもちろん、地方に行ったり、地下鉄で移動中に利用する場合にもおすすめです。 自宅利用ならSpeed Wi-Fi HOME L02 !ホームルーターとしての完成度は高い 自宅利用、小規模オフィスで使うなら「Speed Wi-Fi HOME L02」で決まりです。 このルーターは、宅内部利用に特化したルーターです。 WiMAXではホームルーターと呼んでいます。 最高通信速度1,237Mbpsに対応していますし、au 4G LTEも利用できるため安心感がありますね。 1階から2階にWi-Fiを飛ばしたり、部屋をまたいだりしてもWi-Fiを強く飛ばすには、持ち運び可能な小型ルーターではなくこのホームルーターを選びましょう。 ホームルーターとしての基本スペックは十分で、満足できる仕上がりです。 ブロードワイマックスの運営会社ってどんな会社? (株)リンクライフが運営しています。 業界関係者なら100人いたら100人が知っている感じの会社ですね。 契約者も、めちゃくちゃ多いです。 WiMAX界のボス的な感じでしょう。 電気通信事業者の免許も得ていますし約10年近い実績があるので安心できます。 僕は仕事柄馴染みがありますが問題はないですね。 \急げ!今月は「18,857円割引」実施中/ ブロードワイマックスは、あなたにあっている? ブロードワイマックスは、WiMAXの月額料金を極限まで下げたプランを出していますので、 毎月の月額料金を安く抑えたい人に最適です。 インターネットという通信インフラは、「固定費」に該当します。 毎月でていく固定費はできるだけ安い方がいいので、個人ユーザーだけでなく、法人ユーザーの方にもおすすめできますね。 最大通信速度440Mbps(W05で758Mbps対応しています)と高速、かつ持ち運び可能なポケットWi-Fiです。 ポケットWi-Fiひとつであらゆる機器をWi-Fi対応機器を繋ぐことができます。 つまり通信の根幹部分は、UQコミュニケーションズ(株)が担っているということです。 だから、どこでWiMAXを契約しようとも通信品質、電波の入りやすさは同じなんですね。 これが一番賢い人がやる選び方です。 間違ってもUQ WiMAX本家で契約しないでくださいね。 あそこはUQコミュニケーションズ(株)が提供しているサービスなので一番高いです。 おすすめは一番安いブロードワイマックスです。 速度については、同様のポケットWi-Fiサービスよりも高速通信ができますね。 速度制限のゆるさについては他社よりも明らかに緩いです。 これは経験上もそうですが数値的にも緩いです。 あるのは直近3日間の通信量10GBのみです。 10GBを超過したからといって他社のように128kbpsという超低速で使い物にならないというレベルではなく、MAX 1Mbps程度のゆるい制限です。 僕のような ヘビーユーザーには、ありがたいサービスです。 \急げ!今月は「18,857円割引」実施中/ ブロードワイマックスの評判まとめ ブロードワイマックスの評判・口コミ、メリット・デメリットまでをご紹介しました。 その点、ブロードワイマックスはデメリットもありますが、メリットがそれ以上に多いのでお気に入りです。 参考にしていただければ幸いです。 補足:ブロードワイマックスの解約方法と連絡先 12年間、インターネット通信会社に勤務していた経験を持つ「ナオト」と申します。 本ブログは、もともとは通信速度の遅いwifi電波の改善方法を公開するところからスタートしました。 そして現在は、「失敗しないwifi 契約」をするための情報サイトとして運営しています。 これまで僕は、ダイヤルアップ、ADSL、光回線、wifi、格安SIM等を含めあらゆるサービスの利用経験がありますし、これらサービスを開発・提供する側でもありました。 だからこそ提供できる本音の情報、業界裏話的なことも含め、読者様の参考にしていただけるブログを目指して運営しています。 本当におすすめできるwifiサービスだけをご提案していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の

WiMAX(ワイマックス)のメリットとは?契約前に確認しておきたい12の重要点!

ワイマックス デメリット

本当は「Pocket WiFi」というのはY! mobileのモバイルWi-Fiルーターの登録商標なんだ。 ポケットに入れて持ち運べるWi-Fiということで、世間ではモバイルWi-Fiルーターのことを「ポケットWiFi」と呼ぶ人が多いです。 厳密に言うと「ポケットWi-Fi」=「モバイルWi-Fiルーター」ではないですが、混同されているのが現状。 正しくは、持ち運び可能なインターネット通信端末を「モバイルWi-Fiルーター」といい、その種類として「WiMAX」や「Pocket WiFi」「その他の回線を利用したモバイルWi-Fiルーター」があります。 各回線を利用しているプロバイダはそれぞれたくさんあり、特にWiMAXのプロバイダは非常に多いです。 当サイトでは「モバイルWi-Fiルーター」や「モバイルルーター」と呼び、説明していきます。 WiMAX7つのメリットを紹介!工事不要・どこでもネットが使える WiMAXにはいろいろなメリットがあります。 なかでも主なメリットは次の7つ。 電波の受信が弱い場合、窓際にモバイルルーターを置いたり、LTEオプションを付けたりすることで解消することもあるよ。 そしてWiMAXには契約期間があることも、デメリットと言えるかもしれません。 ただし「Broad WiMAX」なら、違約金なしで乗り換えすることができるサービスもあります。 Broad WiMAXについては「」の記事を参考にしてください。 また「GMOとくとくBB WiMAX」なら、20日以内であれば解約違約金不要で契約をキャンセルすることも可能。 もしも思っていた使い勝手と違っても、GMOとくとくBB WiMAXならキャンセル可能なので安心です。 GMOとくとくBB WiMAXについて詳しくは「」の記事を参考にしてください。 WiMAXは、家でも外でも高速インターネットが使えるのが最大のメリット。 工事不要ですぐに利用できるので、工事が完了するまで待てないという人や、引っ越しが多い人、引っ越しが近い人にもおすすめです。 メリットが多いWiMAXですが、デメリットもしっかり把握しておきましょう。 複数台のデバイス(端末)で利用する場合や、ゲームなどをダウンロードすることが多い人などは、速度制限がかかってしまうことがあるので注意してください。 また専用のモバイルルーターを持ち歩く必要があり、モバイルルーター自体も充電が必要なので、モバイルルーターをどこかに置き忘れてしまったり充電不足になったりしないようにしましょう。 WiMAXはいつでもどこでも高速インターネットを使いたいという人にオススメですよ。

次の

WiMAX(ワイマックス)のポケットWi

ワイマックス デメリット

一人暮らしにネット環境は必須 新生活、特に、一人暮らしを始めるときに、必須のものの一つなのが、インターネットです。 今ならスマホでやれるから大丈夫という人もいるかもしれないのですが、スマホだと限られた機能しか使えない、かつ、大容量を使ってしまうと、思ったよりも高額なデータ通信費を支払わなくてはいけなくなります。 そこで、候補に挙がってくるのが固定回線です。 でも、フレッツ光など、固定回線を引くとなると、最短でも1か月近くは待たされます。 万一、住んでいるアパートがその回線に対応していないとすると、散々待たされた挙句に、キャンセルされてほかのところに契約するということになりかねません。 私も、一度、ソネットの光回線に申し込んで、1か月くらい経った後にやっぱりできないといわれ、他の会社に申し込んだことがありました。 なので、引っ越しなどで、急いでネット回線を作りたい場合に、すぐにインターネット環境を作る場合には、固定回線は向きません。 ただし、家族で大容量の通信を行う可能性がある場合には、スマホなどを使いつつ、固定回線が引けるのをじっくり待つようにしましょう。 そんな一人暮らしの人におすすめできるのがワイマックス2+になります。 ワイマックス2+がオススメな点は、 工事が必要なく、ワイマックスが届いたらすぐに使うことができる モバイルルーターとホームルーターが選べる ギガプランを選べは無制限通信を使える 通信速度が速い 使いこなせば通信料が安くなる といったことがあげられます。 つまり、申し込んでルーターが届いたらすぐに、どこでも使うことができてるのです。 さらに、スマホとWi-Fiで繋げることでスマホの通信費を抑えることになり、通信費の総額を抑えることにつながるんです。 ワイマックス2+のデメリット ワイマックス2+のオススメな点ばかりでは、ワイマックス2+を申し込んでから公開することになりかねないので、ここでデメリットを説明します。 ワイマックス2+のデメリットは、使用通信量が少ない時には割高になってしまうことです。 通信料が少ないなら、格安スマホで、テザリングを用いて使うのが最もコストパフォーマンスが良くなりますね。 そして、頑張れば最もお得になる会社のプランが最も煩雑で、ネットの口コミに悪い評価が多いという事実があるんです。 でも、そのキャッシュバックの金額は魅力的。 なので、一度はそのお得なキャッシュバックに挑戦してみることがオススメなんです。 お得にワイマックス2+を使い続ける方法 お得にワイマックス2+を使い続ける方法は、キャンペーンを確実にもらいつつ、違約金の発生しない契約満了付きに乗り換えてキャンペーンを使って新規契約していくことです。 2年間使えば、ワイマックス2+の会社は十分な利益が出ます。 機種変更を促す会社も出てきましたが、会社にとっては、新規顧客のキャッシュバックがそのまま利益になるので促すのは当然のこと。 あなたが同じ会社で契約し続けることには、全くメリットはありません。 キッチリ2年で契約を完了して、解除、そして、新規に乗り換えるようにしましょう。 2年たてば、ワイマックス2+の機器は最新のものが出ます。 新しい技術が適用されてより快適なプランが出る場合もあります。 同じものにこだわり続けていると、安心感はありますが、お得に使うことはできなくなるのです。 ギガ放題プランのおすすめのワイマックス2+ ワイマックス2+は、たくさんの会社が参入してきて、どれを選んだらいいのかわかりずらくなってきていますが、一つの基準は、キャンペーンのキャッシュバックの価格。 シッカリ高額の会社のワイマックス2+を選んでキャッシュバックをもらってしまいましょう。 また、申し込む際に、余分なオプションをつけて、価格が上がらないように注意しましょう。 GMOとくとくBBワイマックス2+は、最もキャッシュバックの高額な会社です。 キャッシュバックの手続きは、忘れずに行いキャッシュバックを確実に手に入れましょう。 なので、はじめてワイマックス2+を使う人にはおすすめできます。 こちらも、手続きに注意して、シッカリキャッシュバックをもらっちゃいましょう。 上記で紹介したワイマックスの会社は、どこもUQモバイルのワイマックス回線を使っており、通信機器も同じものです。 お得に使っていくためには、2年おきに使っていくことをしっかり理解したうえで実践していく必要があります。 ルール通りに行えばお得になるけど、何もしないと損をしてしまいます。

次の