ジャスティス。 不動産のジャスティス

韓国・中国・台湾ドラマ ジャスティス-検法男女- | BS11(イレブン)

ジャスティス

タンクとしての役割をもっとも体現したヒーローであり、熟練のジャスティス使いは難攻不落の要塞と化す。 味方の防御力を1. 5倍 アビリティ【生きて帰れ これは命令だ!】は、周囲の味方の防御力を約1. 5倍上昇させる。 防御ステータスは、【連・遠】カードや多段ヒットの通常攻撃に対して非常に有効。 ジャスティス自身が長時間生存しやすいため、近くで戦う味方は恩恵を受ける。 ガードとは違い、スタンなどの状態異常を受けてしまうが、【カノーネ】で破壊されるリスクはない。 リリース当初、バリア展開中はミニマップやデッキが非表示になっていたが、アップデートで表示されるようになり、相手の攻撃を受けながら属性変更することも可能になった。 全ポータルへ圧力を掛けるヒーロースキル ヒーロースキル【ユニバーサル ブリッツ】は、ステージの全ポータルに高威力の範囲攻撃をする。 発動するとポータル上に白い光が降り注ぐため非常に分かりやすい。 発動からダメージが入るまで少々時間が掛かるため、狙った相手を倒すことには不向き。 ポータルに触れている相手を引き剥がすことができるため、離れた位置からポータルを守れる数少ないヒーロースキルだ。 味方が倒されてしまった場合の時間稼ぎや、敵ポータル獲得を狙う際のアシストとしても重宝するだろう。 そのほか ポイント タンクということもあり、移動速度が非常に遅く【ドア】のような移動手段を採用することがほぼ必須と言える。 また、【バリア】中に相手から攻撃を受けている間は即座にカードを使うのが難しいので、あらかじめ使っておける持続回復カードは非常に相性が良い。 防御ステータスがグスタフと並び最高値の1. 50だが、体力ステータスが0. 95と比較的低水準。 ほかのタンクよりも【とある家庭用メカの反乱】や【オールレンジ】といった防御貫通カードには注意が必要。 ジャスティスの立ち回り 序盤 【ドア】を使用してC. Dポータルの獲得を狙うことが多い。 ポータルを獲得できたら、持続回復と【バリア】で相手の攻撃を凌ぎ味方の援護を待とう。 中盤 チーム編成にもよるが、良くも悪くも相手に無視されがちなのが玉に瑕。 移動速度の遅さも相まって自陣ポータルの番人をすることが多く、気付けばスキルゲージも溜まっていることが多い。 隙を突いてポータル獲得or奪還を狙って注意を引き付けたり、相手の裏取りに率先して対応したりと、味方の負担を減らす立ち回りを意識しよう。 終盤 スキルゲージが溜まっており【ドア】をいつでも使用できる状況が理想。 倒されたら【ドア】で前線復帰or裏取り対処でポータルを死守しつつ、ピンチのときはヒーロースキルで時間を稼ごう。 【レム】や【エミリア】、【深川まとい】など、即死級ではないが強力な攻撃を仕掛けてくるヒーロースキルに対応しやすいのもジャスティスの利点。 上手く自分にターゲットが向くように立ち回ろう。

次の

ジャスティス-検法男女-

ジャスティス

解説 第二次大戦下のドイツの捕虜収容所を舞台に、アメリカ人捕虜の殺人事件をめぐって繰り広げられる骨太のサスペンス・ミステリー。 主演は「シックス・センス」「バンディッツ」のブルース・ウィリスと、「タイガーランド」のコリン・ファレル。 2001年製作/125分/アメリカ 原題:Hart's War 配給:ギャガ=ヒューマックス ストーリー 1944年。 ドイツ軍捕虜収容所。 父親のコネで中尉の肩書きを与えられたトーマスはドイツ軍に捕えられ、収容所へ送られる。 そこでのアメリカ兵たちのリーダー的存在は、ナチスからも一目置かれるマクナマラ大佐だった。 エリートとたたき上げ型軍人の2人が互いに反発しているうち、収容序内を揺るがす殺人事件が起こる。 列車で護送中、連合軍の戦闘機に攻撃される。 貨車の中に連合軍捕虜がいることを知らないためだが、この攻撃シーンがすごい迫力。 POW。 Prisoner of Warという短い言葉が彼らを救った。 収容所は『大脱走』のような明るい雰囲気などない。 雪も多い極寒の12月という時期もあるが、いきなりの絞首刑シーンなのだ。 そして「燃料集積所はどこだ?」と拷問に耐えぬけなかったハートの苦悩。 イェール大学2年なのに弁護士役をまかされた苦悩。 そしてブルース・ウィリス演ずる大佐がまた威厳があって怖い。 しかも証言次第では、宿舎内の抜け穴のことがばれる怖れもあるのだ。 殺された兵士ベッドフォードはトンネルでの脱走をチクろうとしてたので殺された!黒人のスコット少尉はスケープゴートだったのだ。 35人を脱走させることと黒人青年1人の命を天秤にかけなければならないハートが最後にとった行動は・・・ ツッコミどころはいっぱいある。 とにかく軍法会議中に脱走させるという計画。 残された者の立場は?しかも終戦が近いという情報はウィリスの大佐も知っている。 何しろ法廷に参加してた者たちは脱走できないのだ。 ハートが「私が殺した」と最後に告白するのもわかりやすいし、それを大佐がほっとくわけがないことも・・・辻褄は合うがカッコつけすぎだ。 ネタバレ! クリックして本文を読む 舞台はWWII 1944-1945のナチスconcentration campです。 収容されたアメリカ黒人捕虜殺害に関する軍事裁判を、camp内で連合国軍が取り仕切り、ナチスが傍聴席に座るという構図。 ナチスの非道は言語道断ですが、戦時中は勿論、つい最近まで黒人の人権を認めていなかったアメリカを皮肉っています。 随分捕虜が優遇されていて、ナチスの大佐も良識ある一軍人として描かれており、ヒーロー的扱いになるアメリカMcNamara大佐のカリスマ性がイマイチ伝わって来ません。 プロットは悪くないと思うのですが…サスペンス色を追求する余り、どっちつかずになってしまった感があります。 一見良い人も悪い奴だったりするし、逆もしかり、人は見かけによらないねという、恐らく作品が意図するテーマとは違う感想を持ちました。 地上波でやってたので鑑賞。 第二次世界大戦末期のドイツ軍捕虜収容所の話。 ブルース・ウィルス演じるマクナマラ大佐は、お坊ちゃん将校の中尉を認めず、やっかい事を押し付けてくる。 そんな中、黒人差別から起こる殺人事件が起こる。 黒人将校の弁護士役になった中尉は、大佐が隠密に進めてきた作戦を知りながら、無実の黒人将校と全ての米兵捕虜のために、自分が犠牲となる事を選ぶ。 それを知ったマクナマラ大佐は、中尉を認め、自らの身をささげる事に。。 この映画、微妙なニュアンスが分からない。 ストレスが溜まる・・・・・ 3日間の尋問で口を割った中尉。 これってやっぱり軟弱なの? 捕虜収容所で初めて大佐と面談。 大佐は何を感じとったの? 引きずる足のクローズアップは、何を示唆してるの? 中尉は、最初は軟弱だったけど、徐々に逞しくなったって事? だとすると、そのきっかけは何?正義感? ドイツ軍大佐とマクナマラ大佐、最後に両方負けだと言ったのは 何故?一方は武器庫を破壊され、一方は死ななくてはならなく なったから? あからさまな人種差別、エリート差別、軍隊での階層、いつも思うが、こういうのが絡むと、なかなか理解出来ない。 平和ボケかな。。。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

ジャスティス・リーグ (映画)

ジャスティス

胸部外科と病理科のダブルボード。 韓国で最も多くの死体を剖検する男。 加えて、完璧主義で自他共に認める実力もトップクラスだ。 主要な事件ではいつも現場を訪れ縦横無尽に捜査する。 医学的、法医学的、そして法科学的知識をすべて兼ね備えた天才だが、生きた人間はフォーカスアウト、もっぱら死体だけに神経を注ぐ。 社会性は皆無、思いやりもなく、その上毒舌まで…目に見える証拠ではなく、見えない真実に執着していて死体の迷路を進みほじくり返すアンチヒーローであり、同時に心の奥に最も複雑で長い迷路を隠している。 死体に残った痕跡、現場に残った痕跡…どれも絶対に逃さない。 父は財界50位内に入る中堅企業代表、母はミ スコリア出身の、引退したタレント。 フォトメモリー能力と無限EQという特別な能力を持った検事が誕生した。 雑犯から痴情、殺人、組織犯罪まで…険しくて忙しいことで有名な刑事8部…彼女はそうして犯罪の最前線に放り込まれる。 完璧な肉体に、ハンサムな顔立ちまで兼ね備えた熱血刑事。 携帯電話の基本画面に常に警察バッジの写真を設定している。 熱血のせいで、見境なく事件に飛びかかる時も度々あるが、責任感はもちろん、義理固く、事件解決に最善をつくす。 イケメン刑事の上、警察としての自負心が溢れていて、ちょっと可愛い見栄まで兼備しているため、女たちが絶えない。 アメリカの名門ジョンズ・ホプキンス薬学部出身の在米韓国人3世。 国立科学捜査研究院の薬毒物学科に入社、国内で薬毒物の第一人者になる。

次の