競艇 ネット。 インターネットでライブ放送を見る (インターネット中継について) |競艇

【初心者向け】競艇の舟券をネットで購入する方法

競艇 ネット

ネット投票のやり方は? ネット投票をするには、 テレボートのインターネット投票会員に登録する必要があります。 をして 楽天銀行のメニューからテレボート登録が一番お得でオススメです。 公式サイトにログインすると、その日レースが開催されている競艇場が一目でわかるようになっています。 ここから競艇場を選んでレース一覧のページへアクセスし、 購入したいレースの投票ボタンをクリック! あとは好きな勝式や艇を選び、金額を入力するだけで簡単に購入ができますよ。 手数料は掛かる? 銀行で入金や出金、振り込みといった操作を行うと、 手数料が掛かることがほとんどだと思います。 ではネット投票するためのテレボートへの入金、払い戻し金を受け取るための振り込みに関しても手数料がかかるのか・・・? 安心してください! 銀行とテレボートの間のやり取りに関しては、 ユーザー側には一切の手数料がかかりません! しかも、 何度やり取りをしても手数料は無料となっています。 ただし、 テレボートへ入金するための資金を銀行へ入金する時、 振り込まれた払い戻し金を引き出す時には、ユーザーが手数料を支払うことになります。 ネット投票にかかる税金 宝くじとは違って、 競艇で得た利益には税金がかかります。 これは一時所得として扱われるため、年間で50万円までの特別控除が受けられます。 つまり、この一時所得で得た金額が50万円を超えると、そこから課税対象となるため要注意です! ハズれた舟券は経費にはならない 「高額配当を得たとしても、それまでに負けた金額の方が多いから大丈夫!」 ・・・なんて考えていませんか? 残念ながら ハズれた舟券は経費として計算されないので、的中した舟券の購入額のみが経費として扱われることになります。 極端な例えになりますが、1つのレースで複数の買い目で合計100万円分の舟券を購入したとします。 この中で1万円掛けた買い目が的中して、なんと100万円の高額配当に! すると収支的にはトントンですから、1円も利益を得ていませんよね。 しかし、 この払い戻しで得た100万円は立派な課税対象になるんです! ハズれた舟券は経費として扱われないとしているため、この場合は掛けた1万円のみが経費として扱われ、正確には99万円が課税対象になってしまいます。 これは1レースに限らず、年間に100万円負けていたとしても変わりません。 的中した舟券で得た利益はすべて課税対象になる・・・ということは、しっかり覚えておきましょう! すべてが税金になるわけではない ここまで課税対象という表現をしてきましたが、例に挙げた金額がそのまま税金になるわけではないので安心してください。 そのまま税金になってしまったら、 年間で50万円以上は徴収されてしまいますからね 笑 そこで、これまで説明した 課税対象となる金額から、課税金額を出すための計算方法を説明します。 課税金額の計算方法 1年間で課税対象となる金額が120万円あったとしましょう。 まずこれを得るためにかかった経費を引きます。 仮に経費を20万円とすると、利益は100万円。 ここから特別控除額の50万円を引き、残った50万円から課税金額を求めます。 この計算も簡単なもので、この50万円の半分が課税金額となります。 つまりこの場合は、 25万円が課税金額となるわけですね。 5=課税金額 これが課税金額を算出するために用いた計算式です。 この課税金額は他の所得と合わせて計算し、その年収によって所得税の控除を受ける事になります。 例えば仕事で年収400万円の方なら、一時所得による課税金額の25万円を足して年収が425万円となるわけです。 確定申告する際には、間違えのないように気を付けましょう。 特別控除額の勘違い 特別控除額を勘違いしている方がよくいますが、特別控除額の50万円とは年間であり、一回で得た一時所得ではありません。 一回で得た一時所得と勘違いしている方の場合、 「50万円以下の舟券だから税金はかからない」 と考えてしまっているわけです。 こうした勘違いをしていると、 知らない間に脱税していたなんてことにもなりかねません! ネット投票なら履歴が残る テレボートでネット投票をすると、入出金の情報から舟券の的中、ハズレといった記録までもがネット上に保存されます。 また、お金の動きは銀行の記録にも残ります。 これはマイページからいつでも確認できるので、税金の計算をされる時にはチェックしましょう。 もしかしたら、 自分一人くらい申告しなくてもバレないだろうと思う方がいるかもしれませんが、テレボートや銀行に記録が残っているため、 調べられたら言い逃れはできません。 そのため、キチンと計算をして納税することをオススメします。 予想を仕入れる ただむやみに大穴狙いをしてもうまくいかないのは何度かやっていくとわかります。 そこで利用したいのが一般に競艇予想サイトと呼ばれる競艇予想サービスです。 競艇予想サイトでは、その日のレースの勝敗が決定する要因を解析して大穴が出るレースを洗い出してくれます。 無料情報で勉強して自分で時間を使い場数を踏んで得意な競艇場や勝ちパターンを作ることも大事ですが、競艇予想サイトを活用するのも時間短縮して稼ぐ確率を高める一つの方法です。 3つの競艇予想サイトの予想結果 今回、実際に使った評判のいい競艇予想サイトの 実績結果を掲載します。 2019年9〜10月に実際に競艇予想サイトを使った内容になります。 注意)競艇予想サイトは手を抜いた予想を出してくるところもたくさんありますので、きちんと理論と経験、足を使って調査してくれる予想サイトを選ばないといけません。

次の

公営競技|ジャパンネット銀行

競艇 ネット

競艇のインターネット投票の魅力とは インターネットで舟券を購入することができることを知っていますか?とても便利なこの仕組みの魅力を、簡単に説明します。 好きな時間帯にいつでも舟券の購入ができる インターネット投票とは、24時間365日、いつでもどこでも舟券を購入することができるという便利なシステムです。 働いている人にとっては、全国各地の競艇場へ毎回行くことは現実的ではありません。 しかし、インターネット投票を利用すれば、ほぼ毎日行われているレースの舟券を購入することができます。 また競艇は、当日にならないと分からないレースコンディションなどが結果に影響を与えます。 「ギリギリまで検討したい」といっても、競艇場の投票窓口やボートピアなどの場外舟券売場が混雑していて慌ただしいことも多いので、実際に競艇場に行く場合でもインターネット投票は大変便利です。 レース当日の入金と払い戻しが可能 インターネットでの投票すれば、タイムラグはなく即時に反映されます。 投票資金はコンビニATMなどからいつでも入金可能で、的中した場合の払戻金も精算指示を行い次第、すぐ指定する口座に振り込まれます。 インターネット即時投票会員の申し込み方法 競艇ファンにとって魅力的なシステムであるということを紹介しました。 次は、どのように申し込むことができるのかを見ていきましょう。 時間にして15分ほどで申し込みは完了です。 インターネット即時投票会員とは何か 「インターネット即時投票会員」とはパソコンやスマートフォン、携帯電話から、いつでも投票することができるシステムに会員登録した人のことをいいます。 年会費や入会費などの費用は一切かからず、無料です。 日本国内にあるすべての競艇場の舟券を購入できることが何よりのメリットです。 申し込みは以下のリンクから行うことができます。 またインターネット即時投票会員になると、会員専用サイトを閲覧することが可能。 ここではレース直前の情報やオッズなど、レース予想をするための必須情報がまとめられています。 応援している選手の情報をチェックしたり、収支の管理も簡単にできるでしょう。 指定銀行口座があればすぐに登録可能 申し込みには指定銀行いずれかの口座が必要です。 なお、開設していない人は、まず口座開設を行う必要があり、通常2週間前後で開設できます。 ジャパンネット銀行• 楽天銀行• 三井住友銀行• 住信SBIネット銀行• 三菱UFJ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 福岡銀行• 広島銀行• スルガ銀行• じぶん銀行• ゆうちょ銀行 携帯電話から申込む場合は、りそな銀行、埼玉りそな銀行、じぶん銀行は対象外になります。 これらの銀行口座を使用する場合は、パソコンまたはスマートフォンからの申し込みが必要です。 まだ指定銀行口座を持っていない場合や、普段使っている口座を使いたくない人は、ネット銀行(ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行)の口座利用が便利でしょう。 ネット銀行は、コンビニATMなどからの入出金の手数料が無料なことが多く、お得なのでおすすめです。 ぜひ一度、確認してみてください。 インターネットから投票するときの流れ 申し込みが完了したら実際に投票です。 指定銀行口座へ入金後テレボートに入金指示 まずは先ほど紹介した指定銀行のいずれかの銀行口座に入金を行います。 なお普段から使用していて、残高がある場合は改めて入金する必要はありません。 その後、テレボート口座に投票資金を入金します。 テレボート口座とはインターネット即時投票会員に登録すると開設される口座で、投票資金を置いておく専用口座です。 入金受付時間は次のようになります。 通常日 8:15~最終レース締切 ナイターレース開催日 8:15~最終レース締切(20:30前後) 早朝発売日 6:30~最終レース締切 前日発売 ~23:00 (発売開始時間の目安は通常開催時18:00~、サマータイム開催時20:00~、ナイター開催時21:30~[ナイター開催初日の前日のみ20:30~]) 投票サイトへログインし投票を行う 投票サイト()へアクセスし、ログイン後に投票を行います。 投票受付時間は次の通りです。 通常日 8:30~最終レース締切 ナイターレース開催日 8:30~最終レース締切(20:30前後) 早朝発売日 7:00~最終レース締切 前日発売 ~23:00 (発売開始時間の目安は通常開催時18:00~、サマータイム開催時20:00~、ナイター開催時21:30~[ナイター開催初日の前日のみ20:30~]) なお投票の締め切りは『開催本場締切時間の1分前まで』です。 レース終了後の振替方法は2種類から選択 的中した場合の払戻金や投資資金はテレボート口座に蓄積されます。 その後、振替の方法は2種類あります。 すぐに引き出したい場合 投票サイトで「精算指示」を行いましょう。 テレボートの口座から指定銀行の口座に全額振替られます。 すぐに引き出しを行わない場合 上記の「精算指示」をすぐに行わない場合、夜間に自動的にテレボートの口座から指定口座に全額振替られます。 何もしなくても、指定口座に振替られるので安心です。 精算指示の受付は次の時間内になります。 通常日 8:15~17:00 ナイターレース開催日 8:15~20:50 早朝発売日 6:30~17:00(ナイターレース開催日は20:50) 前日発売 ~23:00 (発売開始時間の目安は通常開催時18:00~、サマータイム開催時20:00~、ナイター開催時21:30~[ナイター開催初日の前日のみ20:30~]) サイトやアプリで中継をチェックする方法 情報収拾をしてレースを予想したいですが、残念ながら一般的に競艇の情報はテレビなどでほとんど放映されません。 そこで便利なのが競艇専用メディアです。 レース時は各競艇場の公式サイトから中継 レース中継は文字で読むよりも、やはり映像中継が臨場感が伝わってきます。 各競艇場の公式サイトでは無料で、パソコンまたはスマートフォンから中継を見ることができます。 各公式サイトのトップページに分かりやすくリンクされているので、迷うことはありません。 ラジオアプリradikoで中継を聴く すべてのレースではありませんが、大きなレースの場合はラジオ中継も行われます。 その際に便利なのが、スマートフォンでラジオを聞くことができる「」です。 radikoは、日本のラジオ放送をインターネット経由で同時配信している無料のアプリです。 もちろん競艇以外のラジオ放送も聞くことができるので、ダウンロードしておいて損はないでしょう。 スマホアプリSMART BOATもおすすめ 「SMART BOAT」は競艇に関する情報のみを配信するアプリです。 全国24ボートレース場の競技情報に対応しており、平和島、蒲郡、津、鳴門、下関の5カ所のレースは、ライブ映像を配信しています。 また出走選手や勝率などその他のコンテンツも満載です。 iOSのみ対応のアプリなので、iPhoneをお持ちの方はぜひダウンロードしてみてください。

次の

インターネットでライブ放送を見る (インターネット中継について) |競艇

競艇 ネット

インターネット化が売り上げに貢献 国会ではIR問題で大揺れですが、カジノへ人々の風当たりが強い反面、既存のギャンブル(公営競技)は、ここ数年売り上げを伸ばしています。 そうは言うものの、一時は最盛期だったバブル時代の半分以下にまで売り上げを落とし、窮地に追い込まれた時代もありました。 今の好調の原因は、景気の上向きや競技団体のイメージアップへの努力もさることながら、インターネットを使った投票の伸びが大きく、スマホの普及と共に回復してきました。 中でも競艇の売り上げは、他の競技に比べて伸び率が一番大きく、2018年の数字(2019年11月発表)では、前年比110%で、約1兆3700の売り上げとなり、8年連続の増加となりました。 しかし、どのギャンブルでも同じですが、バブルの最盛期には今では信じられないくらいの売り上げを記録していました。 競艇でも1991年のバブル期には2兆2000億円の売り上げがありました。 しかし、バブルがはじけるとギャンブルも暗い低迷の時代がやってきました。 競艇はついに8000億円台まで売り上げを落としてしまったのです。 ギャンブル人気は景気に左右されるところが大きく、景気が低迷すればそれに伴って売り上げは落ち込みます。 景気が悪くても人気が衰えないと言われていたパチンコさえも売り上げの落ちる時代が続きましたが、2010年を境に上昇基調に転じました。 その要因はインターネットです。 スマホの急激な普及でギャンブルもネットの時代が訪れました。 お店に行かなければできないパチンコと違い、競艇でも競馬でも自宅にいながらレースが楽しめるようになったのが大きな変化でした。 インターネット投票によって売り上げは急激に回復しました。 競艇は現在、売り上げの約40%がネット投票の「テレボート」が占めています。 因みに競馬の売り上げは既にネット投票が競馬場やウインズでの馬売り上げを上回っています。 それでも競艇は全国に24カ所もレース場があり、それが地元に密着した競技と言うこともあって、競艇場に足を運ぶファンはまだ数多くいます。 そして、ナイターレースの開催も平日の昼間に行けないファンにとってありがたく、売り上げにも大きく貢献しています。 イメージアップと女子選手の活躍 以前は、競艇場と言えば新聞を片手に持ったおじさん達の社交場と言うイメージが強く、幾ら施設を綺麗にしても暗い感じがしました。 競馬場と違い場内でお酒の販売もしないほどですから、一昔前の競艇場の雰囲気がお分かりになると思います。 しかし、そのイメージを払拭したのが地上波を使ったテレビCMでした。 競艇の人気選手を起用して作っていた従来のCMを刷新して、若い女性タレントを使ったのがクリーンで明るいイメージを作り出したのかもしれません。 特に、遠藤久美子、優木まおみ、南明奈がイメージを大きく変えました。 それにタレントばかりでなく、女子選手の活躍がファンの獲得に大きく貢献しました。 公営競技で女子選手だけでレースが開催できるのは競艇だけと言うところが、売り上げを増やす大きな要因になったことは間違いありません。 以前、私が公営競技の取材をしていたころ、競艇の担当者から聞かれた「ゴルフのようにアイドルのような女子選手が現れれば、競艇はもっと注目されると思うんです」と言う言葉が忘れられません。 しかし、今はそれが実現し、女子選手目当てに来場するファンも増えています。 女子ばかりでなく最近は男子もイケメンレーサーも多く、女性ファンも多く、トークショーなども積極的に開催しています。 会場別、開催別の売り上げは? 競艇の売り上げが8年連続で右肩上がりに増加していることはお話ししましたが、競艇場ごとに見てみると2018年度は下記のような順位になっています。 1位 住之江 2位 蒲郡 3位 丸亀 4位 桐生 5位 若松 6位 大村 7位 下関 8位 戸田 9位 芦屋 10位 平和島 11位 徳山 12位 浜名湖 13位 尼崎 14位 唐津 15位 多摩川 16位 福岡 17位 江戸川 18位 鳴門 19位 児島 20位 びわ湖 21位 三国 22位 津 23位 宮島 24位 常滑 この順位は、その競艇場で行われたレースに投票した舟券の売り上げです。 SG戦が行われる住之江はネットをはじめ、各地の場外でも販売されるので、その競艇場の売り上げは伸びます。 全国から注目されているレースですからそれも当然です。 また、当てやすいため人気のある競艇場のレースにも投票が増えますから、その場合も売り上げは多くなります。 更にデイレースを開催する競艇場よりもナイターレースを実施しているレース場の方が売り上げが多くなるのもこの順位を見ればわかると思います。 ただ、実際はどの場所で舟券を買っているのかと言えば、会場にはいかない場外で買っているファンが多いので、交通の便がいい、都市近郊の場所が上位にきます。 その順位の上位を上げると次のようになります。 一位 平和島 二位 福岡 三位 梅田(場外発売所) 四位 住之江 五位 江戸川 以下は戸田、蒲郡、浜名湖、尼崎、神戸新開地(場外)となっています。 これが実際にファンが舟券を購入した場所となります。 また、一つのシリーズ(1節)の売り上げを見ると2018年度は住之江で開催された「賞金王決定戦」で、6日間の合計で170億円近い売り上げになりました。 競艇に必勝法は回収率に注目 パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。 競艇にしても同じことが言えます。 回収率100%を超える買い方 以下の回収率をご覧ください。 一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率 75%• 1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率 85・1%• 回収率100%を超えるには 方法は2つ。 鉄板レースの3連単 1つ目は1-2-3が確実に来そうな 鉄板レースの3連単を買うこと。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 インコースが凹むレースの3連単 もう一つは 万舟券のレースを見極める方法。 それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。 インコース勢が凹むパターンとしては 4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。 先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで 554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。 4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。 結果、3号艇服部選手が犠牲になります。 2号艇もバランスを崩して外に。 5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。 4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。 競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ 実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。 選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。 つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。 こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。 予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。 大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。 以下は私が競艇予想サイト で購入した買い目(見事的中!)です。 徳山競艇 12月17日 (初日)10R 競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

次の